メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1105

今オフFAになる日本人MLBプレイヤーの現状と見通し  





 岩隈は既にマリナーズが、契約オプションを行使





今オフFAとなった主な日本人選手は投手では黒田、松坂、藤川。野手ではイチロー、川崎、青木、田中、中島らがいます。このうち藤川は、カブスが契約オプションを行使しないのでFAになります。



これ以外に注目したいのはマリナーズの岩隈久志。WS終了後、早々とチームが7ミリオン(700万ドル)の契約オプションを行使しました。




岩隈の活躍は、何度も紹介しましたが、今季開幕前の自主トレで右手中指を負傷。初先発は5月3日のアストロズ戦と序盤は出遅れましたが、初球にストライクを取れる制球力と低めにボールを動かす投球術でメジャー自己最多の15勝9敗、防御率3.52とチームのローテーションを支えました。

シアトル・マリナーズの公式ブログで今季の活躍ぶりについて紹介していました。 

記事では、今季の岩隈が達成した2つの球団記録に注目。一つはK/BBと呼ばれる、奪三振数を四球で割った数値。

MLBでは投手の能力の高さを示す指標として定着しており、4.00以上だとトップクラスの投手とされますが、岩隈は7.33を記録しました。この数値はア・リーグ先発投手ではヒューズ(ツインズ)の11.63に次ぐ2位となっている。 

もう一つは、今季の与えた四球の少なさ。21四球はア・リーグの規定投球回数に達した投手の中でツインズのフィル・ヒューズ投手(16四球)に次ぐ、2番目の少なさでした。

9イニングあたりの四球数(BB/9)も岩隈は1.06を記録し、こちらもヒューズの0.69に次いで2位。岩隈の制球力がメジャートップクラスであることを証明した形です。

マリナーズ投手陣では、エースのヘルナンデスが約2300万ドル(約25億5000万円)。岩隈は、その3分の1ですから。岩隈の7ミリオンというのは “格安” というのが大方の見方です。



野球ボールスポーツ紙による
今オフFAになる日本人MLBプレイヤーの現状と見通し


黒田博樹(ヤンキース)移籍市場で上位人気
松坂大輔(メッツ)日本球界復帰が濃厚
藤川球児(カブス)球団が選択権を放棄
イチロー(ヤンキース)ヤ軍との再契約微妙
川﨑宗則(ブルージェイズ)日米球界両方を視野
青木宣親(ロイヤルズ)複数球団が獲得興味
田中賢介(レンジャーズ3A)日本ハムが本格調査
中島裕之(アスレチックス2A)西武、阪神など調査



 



関連記事

Posted on 2014/11/05 Wed. 10:10 [edit]

CM: --
TB: 0
トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1489-92b2737a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド