メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1011

NFL 難病とたたかう選手の娘さんに温かい友情の輪がひろがる!  


病と闘う選手のさんに
 相手チームからも激励の
エールが!



ふだんは敵と味方に別れ、体ごとぶつかり合う激しいNFL選手たちも、プライベートでは、スポーツ選手らしい感動的なエールを交換している。


家族への愛、とくに子供たちへの愛は皆が共通のものがあり、オードリーの番組「NFL倶楽部」でも2週に亘って紹介されたベンガルズのデボン・スティル選手の娘さんの話は、ヒューマンな話題として涙を誘う。



第5週サンデーナイトの試合中継のコマーシャル中に、ペイトリオッツのチアリーダー達が対戦相手であるベンガルズのジャージ着用で登場した。ペイトリオッツのチア達はいずれも背番号「75」を着用。デボン・スティルの番号だ。


アウェイのジレット・スタジアムの大型スクリーンには、生存確率50パーセントと言われるステージ4の小児ガン(神経芽細胞腫)と闘うスティルの4歳の娘リアちゃんの姿が映し出され、ペイトリオッツのファンからはスタンディングオベーションで大歓声が湧き起こった。そして、目に涙を浮かべるスティルの姿もカメラに捕らえられた。


全米では有名な話で、日本でもアメフト専門サイトでたびたび報じられてきた。

シーズン前にハムストリングを痛めたスティルは、開幕ロスターに残れず、一旦ベンガルズから解雇された。娘のリアちゃんの容態を心配する余り、フットボールに集中できなかったのも、解雇される一因となったらしい。

しかし、ベンガルズはスティルを育成枠選手として登録。リアちゃんの医療費がNFLの保険で負担されるよう配慮した。


専門サイトによれば、難病と闘うリアちゃんを支援し、ベンガルズは9月より、スティルのジャージの売上をシンシナティのチルドレンズ・ホスピタルへ寄付するキャンペーンを実施。以後、スティルのジャージは1日の売上枚数でチーム史上最高を記録する売れ行きを見せている。

ベンガルズ@ペイトリオッツ(右)

スティルの娘の話をラジオで耳にしたというニューオリンズ・セインツのショーン・ペイトン監督は、自費で100枚のジャージを購入。売上金額がベンガルズからチルドレンズ・ホスピタルへ寄付されるのみならず、購入したジャージそのものもチルドレンズ・ホスピタルへ寄付した。


ペイトリオッツのロバート・クラフト・オーナーも5日、25,000ドルをシンシナティのチルドレンズ・ホスピタルへ寄付すると発表。試合では、自チームのチアにスティルのジャージを着用させ、リアちゃんやリアちゃんと同じ病を抱える子供たちへの支持を表明した。


ブログランキング・にほんブログ村へ
←アメフトのくわしい情報や話題は
 
関連記事

Posted on 2014/10/11 Sat. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ALCS 青木のロイヤルズとオリオールズがともに3連勝で激突!  |  無料DL コブクロの「大阪マラソン」アンセム きょうの午後3時まで »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1415-f2e7acf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド