メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1001

ア・リーグWC 青木のロイヤルズはシールズ、アスレチックスはレスターが先発  


青木、ロイヤルズの天敵
 ジョン・レスターを攻略できるか!


 現地30日にカンザスシティ・ロイヤルズオークランド・アスレチックスが、ロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムにて、ア・リーグ地区シリーズ出場をかけた1試合のワイルドカードゲームを行います。


 1995年の球団拡張までは同じア・リーグ西地区に所属した両チーム。今季は8月に3連戦と4連戦を行い、いずれもロイヤルズが勝ち越しています

 ロイヤルズ先発のジェームズ・シールズ(RHP)は、今季アスレチックス戦で2試合に先発し、計14イニングで5失点、1勝0敗。シールズの対アスレチックス通算成績は15試合の先発で6勝4敗、防御率3.82となっている。対シールズでは、ジョシュ・レディック外野手が22打数で3本塁打をマークしています。


 アスレチックス先発のジョン・レスター(LHP)は、シーズン途中にボストン・レッドソックスからトレード移籍。
アスレチックス移籍後、11試合の先発で6勝4敗、防御率2.35の成績。昨季はレッドソックスでワールドシリーズに出場し、2勝0敗、防御率0.59と、MVP級の活躍で優勝に貢献した。

これまで対ロイヤルズ戦では13試合の先発で9勝3敗、防御率1.84をマークしており、今季先発した3試合すべてで勝ち星を挙げている。対レスターでは、ジェーソン・ニックス内野手が26打数で3本塁打をマークしています。


 日本人で唯一ポストシーズン進出のロイヤルズ青木宣親は、アスレチックス戦に7試合出場し、22打数9安打と4割を超える打率をマーク。一方、アスレチックスのココ・クリスプは、過去3シーズンの対ロイヤルズ戦で打率.111と苦手にしている。1番対決では、青木の方が上回っています。




お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/10/01 Wed. 00:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 青木のロイヤルズ劇的なルーズヴェルトゲームで地区シリーズへ  |  今週も波乱 チーフスがペイトリオッツを圧倒!NFL WEEK4 MNF »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1379-78455a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド