メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0925

MLBこれが見納め日本人選手2014  


黒田、岩隈、田中、和田
 週末までに 今季の見納め最終登板!

これは25日AM7:00時点のDATAをもとに書いています。


○・・・ア・リーグ東部地区2位の
ヤンキースは、首位のオリオールズに9対5で逆転負けし、ワイルドカードによるポストシーズン進出も絶たれました。最終戦は30日(日本時間、以下同じ)のレッドソックス戦イチローのピンストライプのユニフォームが見れるのも30日が最後かもしれません。



黒田博樹・・・今季32試合目の登板が26日に予定されている。
11勝9敗0S、 防御率3.77、 奪三振137 、四球35

田中将大・・・
28日に85球程度の球数制限で登板予定。
13勝4敗0S 、防御率2.47、 奪三振139、 四球19


○・・・レッドソックスは、ヤンキース3連戦が今季の最終戦です。上原、田澤のブルペン陣は今年も数字を残しました。最終戦まで登板の機会があります。

上原浩治
63試合、6勝5敗26S、 防御率2.56、 奪三振79、 四球8

田澤純一
71試合、4勝3敗0S、 防御率2.86、 奪三振64、 四球17


○・・・13年ぶりのプレイオフをワイルドカードの枠で狙ったマリナーズですが、ここ10試合で3勝7敗。しかも、4連敗。岩隈、ヘルナンデスでも負けてワイルドカードでも赤信号です。

岩隈久志・・・
27日のエンジェルス戦に登板予定。
28試合、14勝9敗0S、 防御率3.54、 奪三振150、 四球21


○・・・カブスの和田毅に28日のブルワーズ戦の登板が回ってきました。和田12試合で、4勝3敗、防御率3.22。64.1イニングですので、平均5イニングは投げている計算になり、イニング数は最初の頃の球数制限もあったことなどを考慮しても、来季のローテーションは当確ではないでしょうか!

同じカブスの藤川球児もここまで中継ぎで15試合に登板。防御率4.85なので来季の残留は微妙なところでしょうか。メッツの松坂大輔は、ブルペンで奮闘中。最終29日のアストロズ戦まで登板の機会がありそうです。



ブルージェイズの川崎宗則は、29日のオリオールズ戦が最終戦。マイナー契約から78試合出場。打率は.261ですが、出塁率は.327で評価できる数字です。来季のメジャー開幕ロスター25人枠も期待できる今季の活躍です。


ロイヤルズが29年ぶりにプレイオフ進出が見えてきました。ということで、ロイヤルズの1番、青木宣親だけが、10月のポストシーズン進出と言うことに成りそうです。

青木宣親
打率.284、出塁率.351、134安打、打点41、本塁打1、盗塁17




お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/09/25 Thu. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ジーターのホーム最終戦 26日はカーテンコールに包まれるラストゲーム  |  マー君、ひじ大丈夫!ヤ軍監督「次は28日に登板」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1364-b9495d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド