メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0916

NFL 波乱の第2週 シーホークス、49ers敗れる  



 NFL第2週 シーホークス、49ersに黒星



今季もNFCで覇権争いをしそうな西地区の2チーム、
シアトル・シーホークスサンフランシスコ・49ersに揃って土がつきました。

49ersは、QBキャパニックが3INTを献上、1ファンブルと併せて4ターンノーバーの乱調で、地元のリーバイスタジアムの杮落としの一戦を白星で飾れませんでした。第4Qに21点を奪って逆転したベアーズですが、ドラフト1巡(全体14位)のCBカイル・フラーの2INTも光りました。


シーホークスは、AFC西地区のサンディエゴ・チャージャースと対戦。どちらもお気に入りチームで、複雑な気分ですが、先週、緊張感の感じられない凡ミスの多かったボルツが、今週は会心の試合展開で攻守とも踏ん張ってアップセットを演じました。

先週のボルツは、昨年のチームタックル数上位5人が、故障や移籍、引退などで抜けたカーディナルス相手に17点しか取れないお粗末なオフェンスでした。

OLユニットは、控えも含めて全員残り、オフェンスに関しては安心していましたが、QBリバースは、相手に合わせてしまうのか、エンジンのかかりが遅いのか、長年コンビを組んだCハードウィックの戦線離脱で奮起したのでしょうか、今週は、チーム全体が別人のようなパフォーマンスで番狂わせを演じました。


シーズン前は評価の低かったディフェンスのほうが良い感じですね。先週2TD、今週はシーホークスを3TDに抑えています。ルーキーのCBジェイソン・べレット(1巡)やOLBのアタオチュ(2巡)も戦力になりそうで、OLBフリーニーOLBイングラム(かつてのドラ1)も完全復活のような存在感がありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/09/16 Tue. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« アウェイの洗礼 アジア大会の若きサッカー日本代表を襲うピッチ外の戦い  |  松山英樹、米PGAプレイオフ最終戦。4日間トータル6オーバー »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1334-5cab05c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド