メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0830

田中将大、シーズンエンドか!?ポストシーズンの成り行き次第  




ワイルドカード争いでも苦戦するヤンキース


現地29日、右ひじ内側側副靱帯の部分断裂で戦列を離れているニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、前日に行った実戦形式の練習後に、右腕の痛みを訴えていることが分かった。

手術を回避し、リハビリでの復帰を目指している田中は、28日に遠征先のコメリカ・パークで49球を投じた。

本人によれば「ここ2週間ほど本格的に投げていなかったから、投球練習を再開し、球数を増やしたせいだと思う」と通訳を介してコメント。マウンドから遠ざかっていたことが、痛みの原因だとした。



その一方で、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は、「1週間は様子を見たい。まずはキャッチボールなどで調整を行い、今後のことはそれからだ」と慎重な姿勢を見せている。

そして、来月2日に予定していた2度目の実戦形式の練習をキャンセルしたことを明かした。

何週も投げていなかったので、単なる筋肉痛程度でひじの炎症を再発していなければ、10月には間に合うかもしれません。ただし、ヤンキースに10月があればの話ですが・・・。

ヤンキースは首位のオリオールズと7ゲーム差の2位。残り30試合で、地区優勝は絶望的。10月のポストシーズン進出へは、ワイルドカードの2チームに入るしかないが、西部地区の2チームが勝率が高く、そのうちの1チームがワイルドカードに回るため、残りの枠は1つしかない。

その枠を、西部地区3位のマリナーズ72勝60敗(勝率.545)、中部地区2位のタイガース72勝60敗(勝率.545)が争い。その後に3ゲーム差でヤンキースが続いている。

レンジャーズは、勝率で30球団最下位に低迷し、来季の再建に向けてDL入りしたエースのダルビッシュの温存策を選択した。

ヤンキースもよほどの連勝がない限り赤信号。9月からは、マイナーリーグの試合もなくなり、実戦での登板の機会もなくなる。チームの成り行き次第では、このままシーズンエンドも考えられる。



 

関連記事

Posted on 2014/08/30 Sat. 18:52 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 羽生結弦が「24時間テレビ」でアイスショーを披露!  |  ダルビッシュの今季温存というシナリオが現実味 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1280-4eef00ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド