メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0809

岩隈10勝 負傷を乗り越え2年連続の2ケタ勝利!  



負傷で1ヶ月も出遅れた男が、
 その壁を乗り越え 勇気をくれた
10勝目!!



 マリナーズの久志は、ホームでのホワイトソックス戦に今季19回目の先発。7回を散発の被安打5、失点1の安定感で、10勝目(6敗)を挙げた。これで2年連続の2桁勝利となった。

 前回の岩隈は、スライダー28%、スプリッター22%。この2種類で50%の投球内容。低め中心の制球したボールをヨコとタテの変化で配給されたら、そう簡単には打ち崩せない。

初回は2死から現在
ア・リーグの本塁打と打点の2冠王、ルーキーの3番アブレイユにレフト前ヒットを許すが、4番のアダム・ダンをボテボテのキャッチャーゴロに打ち取る。

2回から5回まで毎回ヒットを許すものの要所を締める粘りのピッチング。3回には先頭の9番ニートが内野安打で出塁するが、1番ガルシアの打席で三振ゲッツー。

4回もテンポ良く、3番アブレイユ、
メジャー初ホームランを打たれた4番のアダム・ダンを簡単に打ち取ったが、続く5番ビシエドへ投じた初球がやや甘く入り、ライトスタンドへ運ばれ先制点を許してしまう。

 しかし、5回裏。ここまで好投を見せていたタイガース先発のキンタナが、先頭の6番デノーフィアを四球で歩かせる。続く7番モリソンは簡単にサード後方へ打ち上げてしまうが、これをギラスピーが落球。動揺したキンタナに対し、岩隈の女房役8番ズニーノが、ライトスタンドへの18号3ランを放ち、マリナーズが一気に逆転。この回、マリナーズはさらに1点を加えて4-1とリードを広げた。

ズニーノの18号は、1990年以降のマリナーズ捕手
のホームラン記録としては、2006年の城島と並ぶ2番目の記録。1番が11年のオリーボの19本だから、球団記録を更新するかもしれない。

 3点のリードをもらった岩隈は投球のテンポが上がり、6回、7回と三者凡退に打ち取り、7回を投げきって2失点、ハイ・
クオリティースタート(7回以上を自責2以内)でマウンドを降りた。

野球ボール今季通算成績 (日本時間 8/8 現在)
防御率試合数勝利敗戦セーブ投球回数奪三自責点
2.8619106132 1/310442
WHIP 0.99

 岩隈は、90球を投げてストライクは66球、防御率は2.86。今季19回の登板で11度目のハイ・クオリティースタート(57.9%)、13度目のクオリティースタート(6回以上を自責3以内、68.4%)となった。

岩隈久志
2012年 9勝5敗
2013年 14勝6敗
2014年 10勝6敗


これで、マリナーズは4連勝で61勝54敗。プレイオフの2つ目の席を争う好位置につけている。



関連記事

Posted on 2014/08/09 Sat. 15:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 25歳マキロイ メジャー連勝!松山36位タイ 小田41タイ  |  上原浩治、不屈の雑草魂「プロフェッショナル仕事の流儀」 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takoyaki7985.blog.fc2.com/tb.php/1226-c9c254ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド