メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0714

エンゼルスが急逝したスキャッグス投手の追悼試合で継投によるノーヒッター  

 


 エンゼルスは7月1日に遠征先のテキサスで急逝したタイラー・スキャッグス投手(享年27)をしのび、本拠地初戦となった試合前に追悼セレモニーを行った。

この日は、エンゼルスナインが全員、スキャッグスの背番号「45」のユニホームを着用。生前の映像が流され両軍が、黙とうをささげた。




 エンゼルス打線は初回から奮起した。先発右腕マイク・リークを1回に早々と攻略。2番マイク・トラウトの29号追悼弾で火が付いた打線は、いきなり打者一巡の13人の猛攻で7点を奪った。

3番大谷も1回だけで2度打席が回り、1打席目には左前安打を放ってメジャー自己最長8試合連続安打をマークすると、2打席目は四球を選んだ。

エンゼルスは7回までに13得点を奪うと、投手陣も2回を投げたタイラー・コール、3回から投げたフェリックス・ペーニャが無安打の継投で、2人の投手による継投のノーヒットノーランを記録した。


劇的、奇跡の数字が並んだ!

 メディアは、この劇的な試合の「奇跡の数字」を紹介。スキャッグスは7月13日が誕生日。翌日には28歳のバースデーを迎えるはずだった。誕生日を前にした追悼試合で、エンゼルス打線は初回に“7”得点を奪い、計“13”安打“13”得点で圧勝。

試合後、トラウトも「信じられないよ。初回に7点入れ、13点で勝利した。タイラーの誕生日は7月13日なんだ。明日だよ。13点、13安打、もちろん明日は13日。彼は間違いなく僕たちのことを見ているね」と驚きを口にしていた。

 さらに継投でのノーヒットノーランはMLB史上“13”度目のことで、ここにも“13”が。

また、米データ分析会社「STATS」は公式ツイッターで「前回カリフォルニア州で継投でのノーヒットノーランが達成されたのは? 1991年7月13日のオークランドでのアスレチックス対オリオールズ戦だったらしい。




 試合後、エンゼルスナインは着用していた背番号「45」のユニホームを脱ぎ、マウンドへ。その光景にファンはしばらく帰らず、スタンディングオベーションで勝利を祝福した。

 オースマス監督は「すごく特別だった。25年、メジャーのフィールドにいる中で、もっとも特別な瞬間の1つ。みんなでつないだノーヒッター。スキャッグスが達成したようなノーヒッターとも感じる」と感慨深そうに振り返った。

 無安打無得点試合は球団では2012年の5月2日以来7年ぶり11度目で、継投で達成は1990年の4月11日以来29年ぶり2度目。メジャー全体ではドジャースが昨年5月4日に達成して以来、13度目の継投でのノーヒットノーランとなった。






◇記事参考
https://full-count.jp/2019/07/13/post438707/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/07/14 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド