メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1009

【NLDS】ドジャースもNLCSに進出決定!前田健太も8回に登場  




 ナ・リーグの地区シリーズ(NLDS)の第4戦は8日、アトランタで行われ、ドジャースが6対2でブレーブスに逆転勝ちし、3勝1敗で3年連続のナ・リーグ・チャンピオンシップ(優勝決定シリーズ=NLCS)進出を決めた。


 この大事な一戦には前田健太も5人目の投手として初登場。クローザーにつなぐセットアッパーとして8回のマウンドを託された起用法からして首脳陣の前田に対する信頼度がわかるが、ちょっと危なっかしい内容だった。


 前田は、先頭の5番カマルゴを86.5マイルのチェンジアップで空振りの三振。6番フラワーズもサードゴロと抑えた。ここまでは良かったが二死から、インシアーテとカルバーソンに連続単打を許して2死一、三塁のピンチを作った。


相手は一発のある代打デューダ。ボールが先行するピンチ。3-1からの5球目、インコースやや内よりの92.7マイルのフォーシームをライトにホームラン性の大飛球を打ち返される。一瞬、ヒヤッとしたが、フルカウントからの次の球は、93マイルの厳しいインコースのフォーシームで、つまり気味のセンターフライに抑えた。


NLCS


次の打者が、前の試合でグランドスラムを放ったアクーニャJr.だっただけに見ているこちらも力の入るシーンだった。


 この結果、ワールドシリーズ進出を決めるNLCSには西部地区1位ドジャースと中部地区1位のブルワーズの進出が決定した。この両チームは、ともに163試合目を戦ってDSに進出したチームだ。


とくにブルワーズは、レギュラーシーズンから破竹の11連勝と歴史的なシーズンを送っているだけに、ドジャ-スにとっては手強い相手になりそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/09 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1009

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《遊撃手編》  


 
2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。前回は一塁手と三塁手のコーナーインフィルダーを紹介したので、今回は遊撃手のスキルプレイヤーを紹介する。



ルーマー



《遊撃手》

マニー・マチャド(ドジャース)
ホセ・イグレシアス(タイガース)
エルビス・アンドルース(レンジャーズ)※オプトアウトした場合
ジョーディ・マーサー(パイレーツ)
フレディ・ギャルビス(パドレス)
アデイニー・エチャバリア(ヤンキース)
アルシデス・エスコバー(ロイヤルズ)
エドゥアルド エスコバー(ダイヤモンドバックス)
エリック・ソガード



26歳のマニー・マチャドは、この冬のFA市場のトップランキング。ヤンキースを希望しているとの周囲の声もあるが、ヤンキースにはディディ・グレゴリウス遊撃手がいる。


マチャド本人は、ヤンキースならショートというポジションにこだわらないと思われるが、三塁手には成長著しいミゲル・アンドゥハーがいる。


グレゴリウスをトレードの目玉にしてマチャドを獲得するということも考えられるが、ブライス・ハーパーとヤンキースが相思相愛の関係という事も伝えられ、ハーパーとマチャドの両方は、さすがのヤンキースでも無理だろう。


ヤンキースの外野手にはアーロン・ジャッジやジャンカルロ・スタントンがおり、ハーパーよりもマチャドの方がフィットしている思われるが、どうだろうか。


アルシデス・エスコバー(ロイヤルズ)、ホセ・イグレシアス(タイガース)は、それぞれのチームのトップFA選手との評価がある。32歳と29歳という脂の乗りきった年齢。来季は、再契約か、どこかのユニフォームを着ていることは間違いない。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2018/10/09 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド