メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1007

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《二塁手編》  




 メジャーリーグはナ・リーグの西部地区が混戦だが、他はポストシーズン進出チームが、ほぼ確定した。残りのチーム(約20チーム)は、来季に向かってストーブリーグが始まる。


2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。前回は一塁手と三塁手のコーナーインフィルダーを紹介したので、今回は二塁手のスキルプレイヤーを紹介する。


ルーマー



《二塁手》

ジェド・ラウリー(アスレチックス)
イアン・キンズラー(レッドソックス)
アズドゥルバル・カブレラ(フィリーズ)
ダニエル・デズカルソ(ダイヤモンドバックス)
DJレメイヒュー(ロッキーズ)
ブライアン・ドージャー(ドジャース)
ダニエル・マーフィー(カブス)
ローガン・フォーサイス(ツインズ)
ショーン・ロドリゲス
アンドリュー・ロマイン(マリナーズ)
ニール・ウォーカー(ヤンキース)
ブランドン・フィリップス(レッドソックス)




この中では、ナショナルズから夏にカブスに移籍したダニエル・マーフィーが、打率.293ではトップだが、OPS.783で、10本塁打しかなく、守備面を考慮すればランクは下がるだろう。ただ、マーフィー得意のポストシーズンでの爆発力を発揮すれば、価値は上がる。


正二塁手で試合に出ているのはアスレチックスのジェド・ラウリーとロッキーズのDJ・レメイヒュー(ルメイユ)。


ジェド・ラウリーはキャリアハイの成績(打率.274、OPS.826、21HR)。15年に3年2300万ドルでアストロズと契約後、カルロス・コレアが台頭し、16年ににアスレチックスへ移籍。今季の年俸は600万ドル。来季35歳だが、年俸アップは間違いないだろう。



DJ・レメイヒュー(ルメイユ)は、二塁手部門全体で8位(打率.280、OPS.775、14HR)、30歳と若く評価は高い。今季は850万ドルだが、1300万ドル前後の評価はある。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/07 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1007

【ALDS】14年ぶりの名門対決 NYY@BOS 田中はG2の先発  



ア・リーグのディビジョンシリーズ(DS)が現地5日から開幕。


アストロズのバーランダーとインディアンスのクルーバーというサイ・ヤング賞ウィナー同士の対決は、アストロズ打線がクルーバーを攻略して7対2でGAME1をものにした。


このシリーズは、先に3勝した方が、リーグチャンピオンシップへと進出する。


そして個人的な注目は、14年ぶりに実現した東海岸の名門チーム対決。この段階でのライバル対決は、もったいないような気がするが、歴史ある両チームの対戦は、壮絶なドラマを生んできた。


smile (2)




いろんなメディアでも紹介されているが、2003年のプレーオフでは、選手時代のアーロン・ブーン(現ヤンキース監督)が、最終GAME7の延長11回にナックルボウラー、ウェイクフィールドからサヨナラホームランを放っている。ウェイクフィールドはクラブハウスで号泣。そのレッドソックスの悔しさが翌年につながった。


2004年は、リーグチャンピオンシップシリーズ(ALCS)でヤンキースが3連勝してリーチをかけたが、そこからレッドソックスが怒涛の4連勝をあげて奇跡の逆転勝利。86年もの長きに及んだ「バンビーノの呪い」が解けた瞬間だった。


レッドソックスはそのまま、ワールドシリーズでもカージナルスに4連勝。1918年以来のシリーズ制覇を達成した。ポストシーズン8連勝はMLB史上初、4勝0敗でのシリーズ制覇は球団史上初だった。


田中将大は、敵地フェンウェイパークでのGAME2に先発することが指揮官から発表された。


2015年、17年に続いて、3度目のプレイオフ出場で、ポストシーズン通算成績は、4度先発して2勝2敗、防御率1.44と内容がいい。大舞台には強いだけに好投を期待したい。


ただ、あの2015年のワイルドカードでの1発の被弾が印象に残っているので、あの時のように早い回での被弾は避けたい。


とりあえず4回無失点が、短期決戦での先発投手の最低限のノルマだろう。あとは、行けるとこまで投げて、中盤以降はブルペンをフル回転させて継投でつなぐのがシリーズの戦い方の主流だからだ。


ポストシーズンでのリリーフ投手への依存度はたかまり、アスレチックスなど、ブルペンを中心に補強したチームも多い。


過去5年間のポストシーズンの試合でリリーフ投手が消化したイニングの割合を示したデータを紹介しているサイトがあり、それによれば

2013年: 34.8 %
2014年: 40.2 %
2015年: 39.5 %
2016年: 43.2 %
2017年: 46.5 %


2017年に至っては50%近い数字で、リリーフ投手が消化するイニング数は確実に増え、その結果、優秀なリリーバー達の需要が高まり契約年俸も年々アップしている。


ゲームプランで、先発投手を早い回で降板させ、分厚いブルペンで凌ぐパターンが短期決戦の主流になりつつある。


◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/post-season-and-bullpen-180920/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   


関連記事

Posted on 2018/10/07 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド