メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1002

Dバックス平野佳寿がフル回転、75試合は日本選手最多登板の快挙  




34歳オールドルーキーの1年目が終わった。

今季、オリックスからダイヤモンドバックスへ移籍した平野佳寿は、同じ腕の振りから繰り出されるフォーシームの制球力とスプリットを武器に、日本投手のシーズン最多登板記録となる75試合に登板した。

これは、メジャーリーグで約800人が登板したリリーバーの中で7位タイの記録だった。

スタッツは、、66回1/3、4勝3敗、32ホールド、3セーブ、防御率2.44、WHIP1.085、59奪三振(奪三振率8.01)、23四球(与四球率3.12)、FIP3.69。

チームの貴重なセットアッパーとして奮闘した。それを物語るのが、平野が投げる場面だ。

平野は、チームがリードした場面で52試合(セーブ機会でも7試合)、同点の場面で16試合と計75試合中68試合でシビレる場面に登場してメジャーの打者を仕留めていった。

ボールが飛びやすいと言われるこのディビジョンでHR/9も0.81、被打率.207はデータ好きの方なら、どれだけ凄いかお分かりだろう。

平野は「ポストシーズンを戦いたかった。最後に失速したのは残念だった」とチームの終盤の失速を残念がったが、個人的には首脳陣を納得させるものだった。

これまでこのチームに所属した日本選手は斉藤隆と平野だけだが、日本人投手の質の高さを納得させたに違いない。

しかし考えてみると、驚くことではないだろう。

オリックスのクローザーとしてWBCの日本代表選手にも選出され、2011年はパ・リーグ新(当時)の43ホールド・49ホールドポイント、2014年はリーグ新(当時)の40セーブを記録したことを称えてリーグ特別表彰を2回 受賞している(2011年、2014年)。その実力をメジャーリーグでも証明しただけかもしれない。

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

エンゼルス大谷翔平が右肘のじん帯再建手術 エラトロッシュ医師が執刀  




大谷翔平が右肘のじん帯再建手術を受けたことをエンゼルスが発表している。


以前にも紹介したが、大谷の手術を担当したのは「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」で執刀医はニール・エラトロッシュ医師。


あの有名なフランク・ジョーブ博士のクリニックで、エラトロッシュ氏はアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の47代目会長を務めた人物。


ドジャースやNFLのロサンゼルス・ラムズのチームドクターとしても有名。NBA、NHLのチームの整形外科コンサルタントをしている。


エンゼルスの ビリー・エプラーGMの会見では「大谷選手の手術が本日行われ、無事に成功した」と説明した。同医師が執刀したのは大谷を含め9人目らしい。


メディアによると、打者(DH)であれば4~6か月程度で復帰できると医師が証言しているという。10月初旬にメスを入れると開幕まで6カ月間のリハビリ期間があることから打者としては来季の開幕か、5月初旬の比較的早い時期に出場できる可能性もある。


MLB公式サイトの記事では、今年5月にトミー・ジョン手術を受けたコリー・シーガー(ドジャース)などの例を出して紹介。シーガーは、来季の開幕ロースターに名を連ねることが確実視されている。


ほかにも野手では大谷の同僚ザック・コザート(エンゼルス)、ミゲル・サノー(ツインズ)、クリスチャン・バスケス(レッドソックス)といった選手が同じような手術を受けているが、いずれも1年以内に戦列復帰を果たしている。


ただ、投手としての登板を考えた場合は14カ月から16カ月は必要で、監督が誰になろうとオーナー側と球団首脳陣の方針で、来季は打者として起用する方針だが、その場合でも肘のリハビリを最優先に考えて規定打席以下の出場機会に抑えて欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

NL地区優勝決定戦はブルワーズがカブスに勝利、7年ぶり4度目の中部地区制覇  




 史上初の2地区による「地区優勝決定戦」が行われたナ・リーグ(NL)。その第1試合は中部地区のカブスとブルワーズで争われ、ブルワーズがクリスチャン・イエリッチの3安打、1打点の活躍などで制し、2011年以来の地区優勝を飾った。





カブスの本拠地リグレーフィールド行われた試合は、3回にイエリッチのセンター前タイムリーでブルワーズが先制。


5回にカブスが4番アンソニー・リゾの25号ソロで追いついたが、8回に無死二、三塁のチャンスにブルワーズのロレンゾ・ケインがセンタ―前にライナーのタイムリーを放って試合を決めた。


投げては、先発のジョーリス・チャシーンが6回途中まで1安打に抑え、ブルワーズが5人の継投でカブス打線を3安打1失点に抑えた。


この結果、ナ・リーグの最高勝率はブルワーズ。勝率2位がカブスとなった為、カブスは敗れたが、地元に戻ってホーム・アドバンテージを得た上で1試合のみのワイルドカード・ゲームに臨むことになる。


3冠王の可能性があったクリスチャン・イエリッチだが、4打数3安打1打点と猛打賞の活躍をして、確定していた首位打者のタイトルは手中にしたが、打点では110打点で、この時点でトップのハビアー・バエズに1打点足りなかった。


また、本塁打数でもロッキーズのノーラン・アレナドの37本に1本足らない36本だった。日系3世のイエリッチは、この秋の日米野球でもMLB代表の一員として来日を予定している。



関連記事

Posted on 2018/10/02 Tue. 06:37 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド