メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0907

イチロー、王貞治氏を超える日米通算5863塁打、代打安打にもあと3  

 

イチロー外野手(マーリンズ)が世界のホームラン王、王貞治氏と並んでいた塁打(TB)記録を更新した。

ホームでのナショナルズ戦で5回から代打で打席に立ったイチローは、フルカウントから外角の速球を捉え、あのメジャー初安打のようなセンター前にゴロで抜けていく安打を放った。これで日米通算5863塁打。相手投手は左腕ジオ・ゴンザレスだった。

これで前日まで並んでいた王貞治氏のもつ5862塁打の日本プロ野球(NPB)記録を超えた。



野球ファンならお分かりだと思うが、世界のホームラン王に、世界の安打製造機が並んだわけだが、単純に考えても単打は1、二塁打は2、三塁打は3、本塁打は4で計算するTB(塁打)数で、長距離打者に並ぶのは並大抵のことではない。

メジャー代打安打数も25に伸ばし、これは1995年にジョン・バンダーウォールがマークした28本にあと3本と迫っている。

デイリースポーツの調べでは、イチローは日米通算で2070得点をマークし、すでに王氏のもつ1967得点を抜いている。

そのほか、4349安打(NPB記録は張本氏の3085安打)、3566試合(NPB記録は谷繁氏の3021試合)、571二塁打(NPB記録は立浪氏の487本)、117三塁打(NPB記録は福本氏の115安打)などで日本プロ野球記録を上回っている。

また、メジャー記録ではローズ氏の通算安打数(4256安打)と通算出場試合数(3562試合)を超えている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

【U-18W杯】日本代表の2次ラウンド日程決まる 初戦は7日豪州  



カナダ・サンダーベイで開催中の野球の18歳以下のワールドカップ「U-18W杯」。

日本代表は、1次ラウンドをB組2位の4勝1敗で2次ラウンドに進出。初戦はオーストラリアに決定した。そのオーストラリア戦は7日午前9時30分(日本時間同日午後10時半)から行われる。

第2戦は8日にカナダ(日本時間9日午前6時)。
第3戦は9日に韓国(日本時間10日午前2時)。


この大会は今回で28回目の世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、18歳以下の世界大会。

PC_img (2)

1次ラウンドはA、B各組6チームで総当たり戦を行い、各組上位3チームが2次ラウンド(スーパーラウンド)に進出する。

2次では1次ラウンドで対戦したチーム同士の成績を持ち越した上で、別組の3チームと対戦。わかりにくい方式だが計5試合分の成績により上位2チームが「決勝」へ、3位と4位は「3位決定戦」に進む。

日本が高校日本代表で臨むのは1994年(準優勝)12年(6位)13年(準優勝)15年(準優勝)に次ぎ今回が5度目。


◇記事一部引用
日刊スポーツ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 11:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

Dバックス12連勝で球団タイ、インディアンスも昨年6月28日以来の13連勝  



Dバックスとトライブが連勝を続けている。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスはドジャースとの同地区対決を制して12連勝。球団タイの連勝記録に並んだ。

現地5日の試合は、Dバックスのザック・グリンキーが7回4安打、1失点の好投。ドジャースの先発左腕リュ・ヒョンジンも6回を3安打、1失点に抑える両先発の投げ合い。

両軍のブルペンも踏ん張って試合は延長にもつれたが、10回、ドジャース4人目のペドロ・バイエズ投手が連続四球で乱れ、1死二三塁のピンチを招くと、次の打者の三塁ゴロをターナー三塁手が本塁へ送球。これがランナーに当たる守備の乱れで2失点。

結局、3対1でDバックスが延長戦を制した。Dバックスは4安打で勝利。98イニング先取点を許さないイニングを続けている。ちなみに、メジャー記録は102イニングらしい。

ドジャースは5連敗のあと、エース左腕クレイトン・カーショーで勝って、その後、またも5連敗。6日の試合では先発する前田健太の連敗ストップに期待がかかる。

ドジャースは優勝マジック13で地区5連覇は確実だが、1988年以来のワールドシリーズ制覇には、ポストシーズン最初の地区シリーズで、Dバックスかロッキーズあたりのワイルドカード勝者と対戦する可能性もあり、苦手イメージはつけたくない。

両チームの対戦成績は5日終了時点でDバックスの10勝8敗。

なお、アメリカンリーグでは、トライブ(部族)の愛称で知られるクリーブランド・インディアンスが、昨年6月28日以来の13連勝。

この連勝は1942年、1951年、2016年に続く球団史上4度目。今日6日の試合に勝てば昨年樹立した14連勝に並ぶことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/09/07 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド