メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0531

【ASG2017】オールスターのナ・リーグ第1回中間発表、ハーパーが最多得票  

 

7月11日にマイアミ・マーリンズの本拠地マーリンズ・パークで開催される第88回オールスターゲームのファン投票、ナ・リーグの第1回中間結果が発表された。

ポジション別に見るとカブスから3人がトップ。昨年ほどではないが、カブスは4人が2位で追いかける展開で昨年のワールドシリーズ覇者らしい人気だ。


オールスターNL1 


MLBのファン投票は日本と少し異なる。

  • ▶野手のみファン投票を行う。
  • ▶投手は選手間投票および監督推薦によって選ばれる。
  • ▶インターネット投票のみ。
  • ▶34番目の選手候補は開催直前に公表され、インターネット投票およびTwitterのハッシュタグ付きのツイート数で選ばれる。
  • ▶ナ・リーグの指名打者は監督推薦


なお、メジャーリーグ公式サイトでのファン投票は、米国東部時間6月29日午後11時59分(日本時間6月30日午後0時59分)まで続く長丁場。

例年通り、各リーグ最後の1枠「34番目の男」を決めるファイナルボートは、投手とリザーブメンバーを含めたロースターが発表された直後から開始する。

各ポジションの上位は以下のとおり。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/31 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

【DL情報】マイク・トラウトは予想以上に深刻、手術で長期離脱へ  



現地28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷したエンゼルスのマイク・トラウト外野手の症状が予想以上に深刻なようだ。

トラウトは、二盗を試みた際にヘッドスライディング。その際、ベースにタッチした左手の親指を負傷し、途中交代していた。

X線検査では骨折は認められなかったが、MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。水曜日に手術をすることが報道され、6~8週間の離脱が決定。リハビリ期間も入れれば8月後半ごろの復帰になるかもしれない。



2011年にデビューし、今季7年目を迎えるトラウト。昨季もア・リーグMVPに輝き。25歳の若さでMVP2回、オールスター選出5回などの実績を持ち、今季もここまで打率.337、16本塁打、36打点、10盗塁と好調だった。

トラウトは、メジャーデビュー後初の故障者リスト(DL)入り。 エンゼルスにとっても大幅な戦力ダウンを余儀なくされ、ここまでア・リーグ15チーム中、打率.236(13位)、本塁打数58(10位)、打点211(10位)、216得点(12位)という不振の攻撃陣が、さらに低迷することが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/30 Tue. 17:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

イチローの代打成績.240 初球へのアプローチで戸惑い  




NHKスポーツオンラインでイチローの代打成績に関する記事があったので紹介したい。

マーリンズのイチローは現地28日のエンゼルス戦で、1対2の5回に代打で右前へ同点打を放ち1打数1安打1打点で、メジャーでの代打の通算打率は.240になった。

代打で味わう緊張感を先発とは「違う種類のもの」とイチローは表現ている。1打席で結果を求められる状況での出番は、一昨年から増えているが、なかなか慣れるものではないという。


イチロー3000


通算打率の.312を7分以上も下回ることになる。途中出場の場合、初球へのアプローチをどうするかが難しいもの。イチローの初球の通算打率は.366。

ここでの安打数421本が全カウントの中で最も多く、一番得意な攻め手といえる。しかし、代打で起用されたとき、初めて、または久しぶりに対戦する相手の1球目は、この日のように見送ることが多くなっている。

本人は事前のイメージと実際の球質、体感の速さなどをすり合わせている様子で、「できれば1球目で確かめたいですよね。でも代打で待っている余裕はない。見たいけど、いかなきゃいけないという感じ」と、複雑な思いをのぞかせたという。

ちなみにイチローのメジャーでの通算安打数は3040本になった。歴代24位ロッド・カルー(3053本)まで残り13本とした。28日終了時点で打率.161となっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/30 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

風青し、稀代のスポーツジャーナリスト故・山際淳司さん  

 




時を越えてあの時の興奮を伝えてくれる読み物がある。

「江夏の21球」というルポが好きだった。今でもお気に入りの作品だ。

1980年、スポーツグラフィック・マガジン『NUMBER』の創刊号に掲載された山際淳司さんの才能が際立った作品だ。


後に《スローカーブを、もう一球》という、珠玉の8篇を集めた本が出され、日本ノンフィクション賞を受賞している。





取材対象は、1979年11月4日
日本シリーズ第7戦、シーズンの掉尾を飾る最終戦だ。


あの日、私は、大阪球場ライト側の外野席にいた。

だから、このルポを目にした時は、何も考えず、その雑誌を手にしていた。

その場所にいたから。その戦いをどんな風に描くのか。それに興味があった。

子供の頃から熱狂的な近鉄バッファローズのファンだった。

巨人でも阪神でもない。近鉄と広島というマイナーチーム同士の対戦!

ファンからすれば、その球史に残る激闘のドラマを《僅か21球》という視点で捉えた切り口に、衝撃を覚えたものだ。

山際さんのルポは、対象物との確かな距離感。入り込まず、でも、曖昧でもなく。スポーツの読み物にありがちな「汗と涙」の根性モノではない。

サラッとした感覚の、皮膚に付けてベタつかず、それでいて使用後に潤いをもたらしてくれる。

そんな感じの当時としては、洗練されたCOOLで、都会的だった印象がある。

私にとっては、ノンフィクションというジャンルをさらに楽しくさせてくれた作品だった。

私が感じている限り、瞬く間にジャーナリストとしての脚光を浴び、執筆活動と共にNHKのスポーツ番組のキャスターなど活字からテレビにも活躍の場を広げた。90年代半ば頃まで、スポーツメディアの中心にいた。

売れっ子になって、忙しかったのだろう、印刷所の校正室で書いて、それをそのまま活字にするような、そんな多忙な日々が、あったのかもしれない。

凡庸な私では、計り知れないストレスもあったのだろう。

1995年5月29日、山際淳司さんは46歳の若さで急逝した。

ご冥福をお祈りいたします。



※以前にも紹介した記事をリライトしました。


■山際淳司さんの作品


(たくさんの中のほんの一部です)

ノンフィクション
  1. スローカーブを、もう一球(1981年)
  2. たった一人のオリンピック(1981年)
  3. ナックル・ボールを風に:スポーツをめぐる14の物語(1983年) 
  4. エンドレス・サマー(1985年)
  5. ルーキー:もう一つの清原和博物語(1987年)
  6. バットマンに栄冠を(1988年)
  7. スタジアムで会おう(1992年)
  8. 彼らの夏、ぼくらの声(1994年)
  9. 風たちの伝説(1995年)

【フィクション・小説】
  1. 夏の終りにオフサイド(1985年) 
  2. 北北東の風、マイナス三度(1986年)
  3. 海へ、ボブスレー(1987年)
  4. リヴァプール・キャッツの冒険(1989年)
  5. ゴルファーは眠れない(1992年)
  6. ダブルボギークラブへようこそ(1994年)



ブログランキング・にほんブログ村へ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






関連記事

Posted on 2017/05/29 Mon. 16:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

ヤンキースの「ジェントル・ジャイアント」アーロン・ジャッジが初の逆転満塁本塁打  

 


ヤンキースの新人で201センチの巨漢アーロン・ジャッジ右翼手がMLBトップタイの16号本塁打を放ってチームを勝利に導いた。

3回裏に1点リードされ、2死満塁の場面で打席が回ってきたジャッジは、アスレチックス先発トリッグスの4球目、89.6マイルのツーシームをとらえ、右中間へライナーの逆転満塁本塁打を放った。グランドスラムはキャリア初だった。



ジャッジは、これで打率.321、16本塁打、34打点を記録。本塁打数は、エンゼルスのマイク・トラウトと並んでMLBトップタイに並んだ。

ファンからは早くも「MVP!」のチャントも起こったが、本人は「聞かないようにしていた。まだ仕事はあるんだから」と平静にコメント。

自身がホームランを記録した試合でヤンキースは13勝1敗という事実についても「あれこれ言われるが、いま打つことだけを考えているんだ」と話していた。

ジャッジ


25歳の大砲は、昨年8月13日にメジャーデビュー。そのレイズ戦では8番・右翼手で先発出場して相手先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打を放った。

前を打つ7番打者のタイラー・オースティンも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙で話題になった。

ニューヨークのメディアは、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットの「コア・フォー」が引退し、主砲だったA・ロッドも引退試合をした後のタイミングだったこともあり、その登場や快挙を書きたてた。

しかし、その後は27試合に出場したが打率は.179と低迷。84打数42三振という驚異の三振率。故障などもあってマイナー行きでシーズンが終わった。

この1年は、他の若手同様、メジャーレベルにステップアップする育成期間のような意味合いが強かった。しかし、予想に反してオールスター級の活躍。

ジャッジには「養子」で育てられたという、その生い立ちには、ドラマのような背景もあって、多くの人が彼をサポートしてきた。

この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/29 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

レッドソックスのD.プライス代役B.ジョンソン投手がフェンウェイで初完封  




レッドソックスの若手左腕ブライアン・ジョンソン投手が、フェンウェイパークの対マリナーズ戦で、初登板、初完封という離れ業を演じてみせた。これは、ペドロ・マルティネスが1998年に記録して以来の快挙になる。

26歳のジョンソンは傘下3Aポータケットからこの日昇格し、本拠地フェンウェイパークのメジャー公式戦ではデビューのマウンドだった。

メジャーではキャリア3試合目の登板で、今季2度目の昇格。4月18日以来のメジャー先発となったが、平均86.9マイル(約140キロ)のフォーシームを中心にコーナーを丁寧に突き、投げた109球のうち85球がストライクという抜群のコントロールを披露。

味方の好守備にも助けられ9回を5安打、無四球、8奪三振、無失点に抑え、6対0の完封勝利。今季2勝目(0敗)を挙げた。防御率2.57、WHIP1.07。ゴロアウト6、フライアウト8。



2012年のドラフト1巡目(全体31位)指名でレッドソックスに入団。フェンウェイパークでの登板は1A時代の12年以来。その時は先頭打者のライナーを顔面に受け左眼窩(がんか)骨を骨折し、シーズンを棒に振るという苦い記憶がある。

ジョンソンは「前回ここで投げたときは2球で終わった。今日は9回を投げ切れた。気持ち良かったよ」と球団公式サイトにコメント。

レッドソックスの投手による完投勝利は今季初で、完封は昨年8月のスティーブン・ライト以来だった。

しかし、左ひじを痛めて故障者リスト入りしているデービッド・プライス投手が29日に行われるシカゴ・ホワイトソックス戦で復帰するため、この日の1試合だけでジョンソンはマイナーに戻った。

ファレル監督は、マイナー行きについて「野球ではこういうことも起きる」としながらも「今日のピッチングは素晴らしかった。試合を完全に支配していた」とたたえた。

レッドソックスは、前日も先発エドゥアルド・ロドリゲスの好投から最後はクレイグ・キンブレルにつないで完封リレーしている。

レッドソックスはこれで6連勝。前日地区2位に浮上した。首位ヤンキースまで2ゲーム差の追走体制に入った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/29 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0528

ナッツ首位独走中!ストラスバーグがキャリアハイの15奪三振で6勝目   




ワシントン・ナショナルズは現地27日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発スティーブン・ストラスバーグ投手がキャリアハイとなる15奪三振を記録する活躍をみせ、3対0で勝利した。

ナッツはマイケル・テイラー外野手の4号2ランなどで6回までに3点を奪取。パドレスにそのまま得点を許さずに逃げ切った。

ストラスバーグは7回108球(ストライク76球)、3安打、1四球、15奪三振、無失点で今季6勝目(1敗)を挙げた。これで防御率2.94。

5月は5先発で4勝、防御率2.78。前回登板のアトランタ・ブレーブス戦でも7回2/3を2失点、11奪三振と快投。調子が上がってきたようだ。

ストラスバーグ15K


これでナ・リーグ東部地区で30勝一番乗り、2位のブレーブスに7.5ゲーム差の首位独走中。

ナッツは、2012年に先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーのドラフト全体1位指名コンビが主力に成長。

球団史上初の地区優勝を達成した後は、5年間で3度地区優勝。同地区の盟主の地位を固めつつある。ただ、すべてポストシーズンは地区シリーズで敗退。ワールドシリーズ制覇を目指して16年からは名将ダスティ・ベイカー監督を招へいしている。

負けたパドレスは、昨日もナッツのマックス・シャーザーに13三振を奪われている。パドレスは06年の西部地区優勝以降、地区優勝もポストシーズン進出もなく低迷期が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/28 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0528

M.シャーザー、田中将大がともに13Kで復活の狼煙  




昨季のサイ・ヤング賞右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)と田中将大(ヤンキース)がともに今季最多の13奪三振を挙げている。

前回のブレーブス戦では5回までに106球を費やし、3失点で敗戦投手となったマックス・シャーザーだが、この試合ではパドレス相手に9回2死まで投げて3安打、3四死球、シーズンハイの13奪三振、1失点で今季5勝目(3敗)を飾った。

シャーザーはこれで防御率2.77、WHIP0.94、68回1/3で89奪三振。防御率はNL4位、奪三振は同1位。

ヤンキースの田中将大は現地26日、地元でのオークランド・アスレチックス戦に先発登板。7回1/3を投げてキャリアハイの13三振を奪うなど、5安打、無四球、1失点と好投した。

14日のヒューストン・アストロズ戦で2回途中8失点、20日のタンパベイ・レイズ戦では3回途中6失点と打ち込まれていた。とくに、本塁打の被弾が多く14日は4本、20日の試合では3本だった。

しかし、この日は本塁打の被弾ゼロ、ここ2試合の大乱調を払しょくするピッチングを披露した。

この試合のあと、いつも良く出るバッテリーの相性論が、地元メディアで論争になっている。

打撃が売りの24歳のゲーリー・サンチェスとは今季5試合でバッテリーを組み、計18回1/3で1勝3敗、防御率12.27、被本塁打10。

炎上した開幕戦のレイズ戦や前回登板までの2試合でもバッテリーを組んでいた。

一方、この日は、控え捕手のオースティン・ロマインがマスクを被った。ロマインとは今季同じく5試合でバッテリーを組み、計36回2/3で4勝1敗、防御率2.21、被本塁打2と差は歴然だ。

AP通信によれば、ジラルディ監督は試合後に「(ロマインが)次回以降も田中と組むとは言っていない」と起用法の明言を避けた。

ただ、地元紙ニューヨーク・ポスト電子版は「ロマインが田中の専属捕手を務めても不思議ではない」との見出しで記事を掲載し、ESPNのオルニー記者がツイッターで「ロマインが田中の専属捕手を務めるだろう」と見解を示すなど、ロマイン起用の意見は多い。

ただ、これもわずか5試合で、相性があるのは認めるが、田中の好不調は別なところに原因があるように感じる。

この試合前にも投球フォームを丹念に修正チェックした。しかも雨で1日試合が伸びた。この日の13奪三振のうち8三振が小さく縦に変化するスライダーだった。とくに左打者のフロントドアにストライクゾーンからボールへ曲がる縦スラが有効的だった。

この数年、取り組んでいるツーシームもほとんどなく、カーブを数球混ぜていた。この登板前には、力強いフォーシームへの「原点回帰」という報道もあった。今後のピッチングに注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/28 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0527

Rソックス、D.プライスが復帰間近も先発投手と三塁手を物色中  



故障者リストで開幕を迎えたボストン・レッドソックスの主力先発左腕デービッド・プライスが、現地29日のシカゴ・ホワイトソックス戦で今季初登板する。

プライスは、トミー・ジョン手術を受けるおそれもあったが、慎重に経過を見ながら手術を回避した。

レッドソックス移籍1年目の昨季は、メジャー最多となる35試合の先発で、17勝9敗、防御率3.99をマークした。ただ、大型契約の割には、前半戦は物足りないものがあった。

レッドソックスの地元メディア、ボストン・グローブ紙によるとホワイトソックスの左腕ホセ・キンタナのスカウティングを継続しているという。

ただ、クリス・セールの獲得で、ホワイトソックスとは、(ヨアン・モンカダなど)1対4というプロスペクトのトレードを行っているため、同じパターンでトレードが成立するかは疑問視される。

レッドソックスは、ナックルボーラーのスティーブン・ライトがすでに膝の故障でシーズンエンド。

クリス・セール、エドゥアルド・ロドリゲスは好調だが、昨年のサイヤング賞投手のリック・ポーセロは防御率4.35とやや物足りない数字で、ドリュー・ポメランツは4.70。

とくにポメランツは、昨年夏の移籍加入後ピリッとしたパフォーマンスを見せていない。セール、プライスに次ぐ3人目の左腕だが、プライスが復帰後好調ならトレード要員に出される可能性も出てきた。

今夏のトレードには豊富な人材が市場に出ることが予想され、デーブ・ドンブロウスキー社長がトレードを画策することは十分考えられる。

レッドソックスは他にも、三塁手がここ数年の補強ポイント。

三塁手に関しては、パブロ・サンドバルが打率.213、出塁率.269、長打率.377、OPS.646と今年もダメなようで、そろそろ見切りをつけ、メジャー7年目だが実績的には控えクラスのジョシュ・ラットリッジを使いながら、この補強ポイントに代わりの選手を探すことは間違いない。

プロスペクトのラファエル・ディバースの成長待ちだが、ホワイトソックスの三塁手トッド・フレイジャーをスカウティングしているとのことだ。

地区最下位のブルージェイズが売り手になった場合、三塁手には2018年シーズン終了後にFAとなるジョシュ・ドナルドソンが出ることも予想されるので、そのあたりも注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/27 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

アストロズの青木宣親 マルチで「1992」あと8本 バーランダー攻略  




日米通算2000安打へ、あと10本と迫っているアストロズの青木宣親が25日(日本時間26日)、本拠地でのタイガース戦に「9番・レフト」で先発出場した。

相手の投手はMLBを代表する剛腕バーランダー。青木は、これまで対バーランダー20打数6安打、打率3割と相性が良かった。

2試合連続でスタメン起用されたが、昨日のレフトへの犠打で打点を稼ぎ、試合後のインタビューで「今日はいけるかもしれない」と感じたという。その後、14打席ぶりのヒット。

この日も第1打席に内野手とセンターの間にポトリと落ちるラッキーなヒットを放つと、6回裏の第3打席では、二死走者なしで、今度はクリーンなセンター前ヒットで、マルチヒットを記録した。

青木宣親 アストロズ


マルチヒットは4月25日以来、19試合ぶり。2本のヒットはいずれもバーランダーだった。相性の良さはあるものだ。

日米通算安打は1992本になった。残り「8」本。ちなみにメジャーでは708安打(29本塁打、118二塁打、20三塁打)。これで青木は打率.267に上昇した。

試合は7対6でアストロズが勝利。3人目の投手グレガーソンに勝ち星がついて2勝目。クローザーのジャイルズが13セーブ目を稼いだ。

バーランダーは5回2/3、9安打を打たれ、6失点だった。4回に4番コレア、6番ゴンザレス、8番センテーノに3本のホームランを被弾したのが響いた。

移籍した捕手のセンテーノは、昨年のツインズ時代にもバーランダーから右中間にホームランを叩き込んでいる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/26 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

クリス・セール、奪三振の新記録更新ならず 8回途中まで4失点  




現地19日のアスレチックス戦でMLB記録の8試合連続二ケタ奪三振をあげたレッドソックスのクリス・セール投手が24日のレンジャーズ戦に先発、6奪三振にとどまり、期待された二ケタ奪三振の記録更新はならなかった。

クリス・セール


新記録に期待がかかった試合だったが、レンジャーズのマイク・ナポリにビッグモンスター超えの11号ソロを被弾するなど4失点。7回1/3で6安打、1四球、6奪三振、4失点(3自責点)だった。

試合は、レッドソックスがレンジャーズ2番手投手のサム・ダイソンを攻略して7回に7点を奪い逆転。セールに5勝目(2敗)がついた。

二ケタ奪三振の連続試合レコードは、1999年のペドロ・マルティネス(レッドソックス)と2015年のホワイトソックス時代の自身が樹立したメジャー記録に並んでいた。




28歳のセールは、2016年12月6日、ヨアン・モンカダ、ビクター・ディアス、マイケル・コペック、ルイス・アレキサンダー・バサベとの1対4の複数トレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍。

今季は10試合に先発。4月は先発した5試合がすべて7回以上2自責点以下というハイ・クオリティスタート。5月の5試合でも4試合で6回以上3自責点以下というクオリティスタートをマークしている。

ここまで防御率2.34、WHIP0.84、73イニングで奪三振101、9イニングあたりの奪三振数(K/9)は12.45と極めて高い数値をマーク。奪三振数でMLB 1位。K/9で同2位。(規定投球回数以上)

MLBオールスターゲームも5回選出されており、昨年はアメリカン・リーグの先発投手を任された。しかし、オールスター後は失速し、3勝6敗、防御率3.56に終わった。

後半戦へのスタミナが問題だが、レッドソックスは左腕デビッド・プライスの復帰が予定されるし、先発ローテの補強を画策中との噂もあり、セールの負担を軽減できる条件は揃っていると考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/25 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

大谷に次ぐ評価 キューバ亡命の19歳プロスペクト、ルイス・ロベルトはWソックスへ  



ホワイトソックスとキューバ出身の19歳、ルイス・ロベルト・モイラン外野手の入団契約交渉が、最終段階に入ったと、MLB公式サイトが伝えている。

昨年の11月20日には、キューバのメディアが国外亡命と報道していたルイス・ロベルト。

キューバ・リーグ第53期(2013年~2014年)のデビューで、昨年は52試合に出場し、打率.393(178打数70安打)、OBP.520、長打率.674、OPS1.194、39打点、12本塁打(三塁打2、二塁打10)、30三振、37四球、11盗塁、6盗塁失敗という各項目でキャリアハイの成績をマークしていた。

それ以前の3シーズンは打率.276、6本塁打、42打点、OBP.250、長打率.370、OPS.620。

Luis20Robert20MoirC3A1n-thumbnail2.jpg


7月2日より以前に契約すれば新たに発効する25歳未満の選手に対する新労使協定の適用はなく、最低でも総額2,500万ドル(約27億8,000万円)となる見込み。

これは2015年に、3,150万ドルでレッドソックス入りしたヨアン・モンカダ内野手に次ぐ契約総額になる。まだ、1打席もメジャーの打席に立っていない選手に対して破格の数字だ。

右打ちのロベルトは、スピードとパワーを兼ね備え、スカウトからの評価も高く、今年のドラフト対象外の外国人選手では、プロ野球日本ハムの大谷翔平投手に次ぐ2位にランクされたプロスペクト。

ホワイトソックスにはキューバ出身で2013年に6年契約を結んだホセ・アブレイユ内野手が所属し、モンカダも移籍してきた。

ロベルトへのビデオレターに出演したアブレイユは「うちは素晴らしい球団で、キューバ選手に敬意を持って接してくれると伝えた」と地元紙に語ったという。


◇記事参考
http://fanblogs.jp/vivacuba/archive/351/0

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/05/25 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0524

ドジャースのクレイトン・カーショー、痛恨の100球目、完封逃す  



現地23日、ロサンゼルスでのドジャース対カージナルスのナ・リーグ強豪対決は、9回にもつれ延長13回にドジャースが勝ち越して2対1のサヨナラ勝ちを収めた。

しかし、このゲームの主役は二人の先発投手。ドジャースのクレイトン・カーショーとカージナルスのランス・リン

最優秀選手賞や3回のサイ・ヤング賞を受賞し、7年連続2ケタ勝利のメジャーを代表する左腕クレイトン・カーショーが、9回104球(ストライク69)を投げ、3安打、無四球、10奪三振、1失点の力投。

終盤の8回には三者連続で空振り三振を奪って見せたが、1対0のリードで迎えた9回1死からの100球目。これが痛恨の暴投になり二塁走者が生還。自身通算16回目の完封(1対0の完封は3回記録)を逃した。



カージナルス戦は17戦目で6勝5敗とカーショーにしては分が悪く、この日も力投空しく勝ち星が付かなかった。しかし、これで6試合連続のクオリティースタート。7勝2敗、防御率2.01、WHIP0.82、72奪三振。

昨年も開幕からの16登板のうち12登板でHQSを記録した。しかし、6月30日に椎間板ヘルニアによって15日間の故障者リスト入りした後は、8月3日には60日間の故障者リスト(DL)へと移動し、復帰は9月9日までズレこんだ。

これにより、規定投球回数には達しなかったが、今季は、制度改正でDLが15日間から10日に短縮され、現場の首脳陣、選手たちの間でも概ね好評。そうした制度をうまく活用して疲れをとりながら1年を乗り切って欲しい。

DAklXy4XgAABOGN.jpg


一方、カージナルスの先発腕ランス・リンは、今季最多の8回123球を投げて1本塁打による1失点のみ。2安打、10奪三振で今季最高のパフォーマンスをみせた。

今季は9試合で53回1/3、4連勝含む4勝2敗、防御率2.53、WHIP1.03、50奪三振と結果を残している。

2015年11月10日にトミージョン手術を受けて16年は全休。復活をかけたシーズンになる。これで次回登板まで右肘に何もなければ、本人にとってもチームにとっても嬉しい完全復活になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/24 Wed. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0523

アストロズの4投手が1安打完封リレーでタイガースに勝利  



3連敗中だった青木宣親所属のアストロズが、強打のタイガースをホームで1対0、4投手の継投で1安打完封勝利した。

ここまでア・リーグ(AL)西部地区で首位を独走。一時は8ゲーム差をつけていたが、2位のレンジャーズが10連勝するなど差を縮められて5.5ゲーム差になっていた。



この日は、エースで今季無傷の7勝を挙げているダラス・カイケル投手の故障者リスト入りに伴いブルペンから先発ローテの5番手に回った右腕ブラッド・ピーコックが、4回1/3を1安打、2四球、8奪三振、無失点と好投。

リリーフでは、今季12試合に登板し、2勝0敗、16回1/3、防御率1.10と数字を残していたが、2回までしか投げていなかったことを考慮して70球、5回途中の降板となった。ピーコックは、この好投で防御率0.87、WHIP1.04。

29歳のピーコックは、キャリア6年目で2014年には131回2/3を投げている。通算13勝17敗、防御率4.37。

スポット先発のような形だが、夏のトレードデッドラインで先発補強をするまで2カ月間があり、この好投で、あと数試合の先発は考えられる。

アストロズは、この後、クリス・デベンスキー、ウィル・ハリス、ケン・ジャイルズらのブルペン陣がノーヒットリレー。2人目のデベンスキーに3勝目(2敗)がついて、ハリスが8ホールド、ジャイルズが12セーブを挙げている。

もともと派手さはないもののブルペン陣は充実しており、昨年もAL6位、今季も同4位(防御率3.06)、とくに奪三振はAL1位。今日の試合でもタイガースから14三振を奪っている。

これでアストロズは、連敗が3でストップ。試合のなかったレンジャーズとの差を6ゲームに広げた。青木は出場しなかった。

なお、タイガースの先発右腕マイケル・フルマー(5勝2敗、防御率2.55)は、7回を8安打、1失点と好投。前の3試合で3連勝、毎試合7回以上投げる好投を続けている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/23 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0522

【DL情報】好調アストロズ、7勝のD.カイケルに続いてB.マッキャンもDL  



今季絶好調でア・リーグ西部地区の首位を独走状態のヒューストン・アストロズだが、ここに来て主力に故障者が出だした。

アストロズは現地20日、検査で首の神経根圧迫が認められたダラス・カイケル投手を10日間の故障者リスト(DL)に入れた。

29歳のエース左腕は、開幕からここまで負け知らずの7勝。リーグトップタイの数字で不安視された先発ローテーションを支えてきた。

キャリア初のDL入りだが、症状は深刻ではないようで、球団の公式サイトによると、1度だけ先発を飛ばすだけでローテーションに復帰できる見込みだという。

今季からDLの規定が15日間から10日間に短縮され、運用しやすいことから現場からは概ね好評。カイケルの場合も疲れが溜まるこの時期に休養を兼ねてのDL入りかも知れない。

アストロズは21日にも今季新加入の33歳ベテラン捕手ブライアン・マッキャンがコンカッション(脳しんとう)の症状で7日間のDLに入ったと発表した。

直接の原因は不明だが、14日の試合の守備でファウルチップをマスクに受けていた。これも大事を取ってのDL入りかも知れない。

主力の相次ぐ故障が出たアストロズだが、想像以上に軽傷のようだ。

ペナントレースの勝負どころは8月、9月。162試合の過密日程。ポストシーズンを狙うチームにとっては主力を疲れさせず、どう編成していくかも、大事なポイントと言えるかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/22 Mon. 12:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

昨年の奪三振王タイガースのバーランダーがレンジャーズの連勝を止める  




10連勝で首位独走のアストロズを追撃しているレンジャーズの連勝が止まった。

タイガースの本拠地でのレンジャーズ戦は、レンジャーズ先発A.J.グリフィンが4回途中、9失点の乱調で、タイガースが9対3で勝ち、レンジャーズの連勝を10で止めた。

グリフィンは初回、2番アビラ、右わき腹痛から復帰の3番DHカブレラ、4番マルチネスに3連続本塁打を浴びるなど、この日、合計4本塁打を被弾して炎上した。

一方、タイガース先発のジャスティン・バーランダーは、奪三振は5で少なかったが、7回を4安打に抑えて3失点、1四球と好投した。

今季は、ここまで6四球を出す試合があるなど調子に乗れなかったバーランダーだが、昨年のリーグ奪三振王で2011年サイヤング賞のパフォーマンスを徐々に発揮し出した。これで4勝3敗、防御率4.39、WHIP1.34。

タイガース所属の中部地区は、首位ツインズから最下位ロイヤルズまで5.5ゲーム差の混戦で、タイガースも1.5ゲーム差の3位と首位を狙える位置につけているので、エースの復調は明るい材料だろう。

一方、連勝は止まったレンジャーズだが、西部地区首位のアストロズも負けており、その差は6.5ゲームのまま。

ダルビッシュの去就は!?


ダルビッシュ有の契約延長か、他チームへのトレードか、その去就が注目されるレンジャーズは、オールスターブレイクまでに首位との差を3ゲームぐらいまで縮められれば、ポストシーズンへの可能性も残る。

その間に故障中のハメルズも復帰するだろうから、8月から9月の正念場で4年連続の地区優勝の可能性もある。そうなれば、メジャーきってのエリートスターターであるダルビッシュの存在は欠かせないものになる。

ただ、このままのゲーム差で推移すると、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前に、大型トレードを決断するかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/21 Sun. 14:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

主砲フリーマン骨折のブレーブスがM.アダムスをトレードで獲得  




主砲フレディ・フリーマン(1B)が左手首を骨折するという緊急事態に陥ったブレーブス。

これにより主砲の復帰は、最低でも10週間の離脱で、リハビリ期間を入れるとシーズン終盤に間に合うかどうかの状況だと考えられるが、その穴埋めとして現地20日、カージナルスからマット・アダムス(1B)をフアン・イェペス(1B)とのトレードで獲得した。



フリーマンは17日のトロント・ブルージェイズ戦で左腕アーロン・ループ投手からデッドボールを受け、検査の結果骨折が判明。残念なシーズンになったが、今季37試合の出場で打率.341、25打点、メジャー本塁打トップタイの14本塁打と絶好調だっただけに大きな戦力ダウンになる。

28歳のマット・アダムスは、カージナルスではベンチ要員。一塁手の控えで、今季はここまで31試合に出場。打率.292、出塁率.340、長打率.396、OPS.736、打点7、1本塁打。昨年は16本塁打をマークしたが、フリーマンに比べると迫力に欠ける。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/21 Sun. 12:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0520

MLBは夏のトレード市場にエリート先発投手があふれる状況  




MLBは夏のトレード市場がやや早まるかもしれない。

今季は現地6月14日がMLBドラフトの最終日になるが、それ以降、トレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、今季はもう少し早くなるという観測がある。

それでもまだ、1カ月ほどあるので、その間で「売り手」と「買い手」が変動することも考えられるが、ア・リーグではブルージェイズ、ロイヤルズ、ホワイトソックス、ナ・リーグではパイレーツとジャイアンツあたりも「売り手」に回りそうな状況だ。

クエト


昨年ポストシーズンに進出した球団や、今季もそれを狙っていた球団が「売り手」になることでウェーバー公示なしのトレード期限前には、そうそうたる選手たちがリストアップされる状況になる。

ジャイアンツ→ジョニー・クエト、マット・ムーア、ジェフ・サマージャ。

ブルージェイズ→マルコ・エストラーダ、J.A.ハップ。

ロイヤルズ→ジェイソン・バルガス、イアン・ケネディ。

ホワイトソックス→ホセ・キンタナ、デレク・ホランド、ミゲル・ゴンザレス。

パイレーツ→ゲリット・コール、イバン・ノバ。

すでに、こうした選手がリストアップされている。

他にもアスレチックスのソニー・グレイ、フィリーズのジェレミー・ヘリクソン。彼らは毎年リストアップしているような気がする。

日本人選手でも今季終了でFAとなるレンジャーズのダルビッシュの名前も挙がっているが、レンジャーズは10連勝している状況なので、わからなくなってきた。


上記は、ほんの一部で、需要と供給のバランスを考えると「買い手」には選択肢が多くなり、わりと有利な条件で、ポストシーズンを考えたレンタル補強をやり易い状況になる。

「市場のニーズがある間に、多少価格が低くなっても、早々に売り切ってしまおう」という心理が売り手側に起きやすくなるということで、ロイヤルズがそんな状況だという。

すでに16年オフにウェイド・デービスをカブスに、ジャロッド・ダイソンをマリナーズにトレードで放出している。

それに加え今季終了後にはアルシデス・エスコバー、マイク・ムスターカス、ロレンゾ・ケイン、エリック・ホズマーらがFAとなる。

年俸調停を1225万ドル回避した主砲ホズマーは、シーズン中の大型再契約が注目されるが、代理人は敏腕スコット・ボラス氏でマーケットが小さく資金の少ないロイヤルズでの残留は、一筋縄ではいかないかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/05/20 Sat. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0519

上原浩治、9回無死満塁から登板、シビレる移籍後初セーブ   




指揮官に1001勝目をプレゼント

カブスの上原浩治が、昨年9月18日ヤンキース戦以来のセーブを挙げた。ナショナルリーグでは初セーブになる。

頼れるベテランは18日(日本時間19日)、本拠地でのレッズ戦で5点リードの9回無死満塁の大ピンチで登板した。5点リードした場面とはいえ、絶体絶命のピンチ。最低でも1点から2点の失点は覚悟しなければならない場面だろう。

ただ、さすが名将マッドン監督と言えるのは、四球の少ない上原を起用したところ、大量点は与えたくない。しかも三振がとれる。ブルペン投手を消去法で見回しても、ここは上原しかなかっただろう。



この吐き気がするほど緊張した場面で、上原は、2奪三振、無四球の内容で首脳陣の要求に完璧に応えた。10球全てストライクの圧巻の内容で見事に火消し。カブスは9-5での勝利に導いた。

MLB公式サイトのスタッツでは、一人目の打者デュバルは2球連続空振りで追い込み、1球ファウルの後にスプリットでレフトフライ。俊足ハミルトンがタッチアップして1点が入ったものの、最初のアウトを奪った。

スアレスは87マイル(約140キロ)の内角直球で見逃し三振に仕留めると、ターナーも87マイルの直球を振らせて空振り三振でゲームセット。2者連続3球三振というリグレーのファンがガッツポーズ、ハイタッチしたくなるようなアップテンポなピッチングだった。

10球全部がストライクという真骨頂を見せたマウンドだった。



カブスでは初セーブ。ア・リーグからナ・リーグ所属のチームに移って初のセーブだった。慣れない環境で、ここまで18試合に登板。15回2/3で防御率3.45、奪三振18。三振奪取率K/9は10.34で高い数値。9イニング換算の四球数BB/9は1.72でキャリア通算1.37には及ばないものの評判通りの数字をマークしている。

昨日、監督1000勝をマークしたジョー・マッドンに1001勝目をプレゼントした。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/05/19 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0518

田澤純一、故障者リスト入り、前田健太は来週復帰登板  




今季マーリンズに移籍した田澤純一投手が胸の肋軟骨の炎症で10日間の故障者リスト(DL)に登録された。

マーリンズによれば、ろっ骨の軟骨に炎症があることが判明。今月16日にさかのぼり、DLに入れたという。

17日の試合前に取材に応じた田澤は「痛くはないが呼吸がしづらく、胸が苦しくなる。しっかりピッチングも修正して、なるべく早く帰ってきたい」とコメントしている。

先日のヒューストン・アストロズ戦で、ユリエスキ・グリエル一塁手に痛恨の逆転グランドスラムを被弾した田澤。

その試合では先発投手がピッチャー強襲のライナーを利き腕に受けて緊急登板という悲運があったが、味方が1点を先行した場面で、1回を2安打、2四死球、1三振、4失点の乱調で今季初黒星(1勝1敗)を喫し、防御率は6.60となっていた。


前田健太


左太腿裏の張りのためDL入りしているドジャースの前田健太投手は、24日(日本時間25日)にも復帰すると、ロバーツ監督が明らかにした。

ロバーツ監督は「ケンタ(前田)は来週のカージナルス3連戦で投げてもらう。1戦目は(エースの)カーショーが先発する」と話し、24日の第2戦か25日の第3戦で登板させる方針を示した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/18 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド