メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0404

モリーナとペレス、メジャーの新旧捕手二人が契約を更新  

 


先のWBC2017でもプエルトリコ代表の中心選手としてチームを決勝まで導いたカージナルスの捕手ヤディア―・モリーナが、3年総額6,000万ドル(約66億8,000万円)で契約を延長した。

ここでも先月の31日にお伝えしたが、FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしていた。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。


モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ


1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

2004年のメジャーデビュー以来、カージナルスひと筋でプレーし、2度のワールドシリーズ制覇に貢献。通算で打率.285、108本塁打、703打点をマークしている。その守備力やキャプテンシー、存在感は特筆すべきものがある。

昨年、イチローが3,000本安打に迫っていた時期にカージナルス戦で敵地セントルイスのファンから温かい拍手が送られたが、モリーナはイチローの打席で空気を読んでその時間を演出した。


インディアンスも現地2日、メジャー4年目の控え捕手ロベルト・ペレスと新たに総額900万ドル(約10億円)の4年契約を結んだ。なお、2021年と2022年については球団が行使権を持つ契約オプションとなっている。

28歳のペレスは昨季、親指の手術もあって61試合の出場にとどまったり、打率.183、3本塁打、17打点と打撃面では振るわなかったが、盗塁阻止率50.0%と強肩を披露した。

またインディアンスは昨シーズン、ペレスが先発マスクをかぶった試合で33勝20敗と大きく勝ち越したデータがある。

正捕手ヤン・ゴームズの故障離脱によってポストシーズンは全15試合に先発し、ワールドシリーズ初戦では2ホーマーを放った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/04/04 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0404

川崎ムネリン、復帰初戦をFOXスポーツが生中継!  

 

福岡ソフトバンク・ホークスと1年契約を結んで日本球界に復帰した川﨑宗則が、4月4日のウェスタンリーグのオリックス・バファローズ戦に出場予定。この試合をCSのFOXスポーツで12時55分から生中継する。





川﨑のNPB初出場は、2001年10月3日、グリーンスタジアム神戸のオリックス戦、2番・遊撃手として先発出場。

翌年6月15日、大阪ドームの近鉄戦、9番遊撃で先発し、6回表にジェレミー・パウエルからライト前タイムリー。これが1軍初安打。
03年には、ほぼレギュラーとして定着した。

以後の活躍は、ご存知の通りだが、シアトル・マリナーズの1年目(2012年)、あの年にもう少し数字を残していれば、メジャーのロースターに定着したと思うと残念だ。

川﨑宗則


彼は、そのポジティブな性格でトロントでもシカゴでも絶大な人気を誇った。シャイな日本人が多いなかで、スポーツエンターテイナーとして大事なものを持っている選手だ。





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/04/04 Tue. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド