メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0213

がんばれ!「スマイルジャパン」バセドー病を克服!床(とこ)選手  

 


 アイスホッケー女子
『スマイルジャパン』


※これは2014年2月の再ポストです。

アイスホッケー女子「スマイルジャパン」。その中で守備の要となっているのが釧路市出身の床 亜矢可(とこ・あやか)選手、19歳だ。

実はここに至るまで、床選手は苦難の道を歩んできた。3年前、甲状腺の病気で体が思うように動かなくなってしまったのだ。 しかし、家族の支えを受けてリスクの高い手術に挑み、見事に復活。そして、いよいよオリンピックという桧舞台に立つ――。


 現在、法政大学1年生の床亜矢可(とこあやか)選手は、鉄壁のディフェンダーとしてスタメン入りしている。昨年2月のソチオリンピックを決めた試合で、ベストプレーヤーの1人に選ばれるなど、日本ディフェンス陣の柱で“守りの要”と言われる存在だ。

 18年間暮らした釧路での生活は、ほぼアイスホッケーに明け暮れていた。元日本代表だった父親の泰則(やすのり)さんのすすめで、4歳の時に、アイスホッケーを始め、中学生の時から日本代表に選ばれ“若手のホープ”と期待されてきた。ところが、3年前の高校1年の冬。まだ16歳だった床さんの体に突然の病が襲った。 

「シャープペンが持てない」「異常に喉が渇く」「身体がだるい」など突然の体調不良。床さんの体を襲ったのは、「バセドー病(甲状腺肥大)」という甲状腺機能亢進症のひとつで、疲れやすく、息切れが顕著になるという症状が表れる。歌手の絢香さんも、この病気のため休業した。

医師から告げられたのは「アイスホッケーをやめて、3年間の投薬治療すること」。幼い頃からの夢が、もろくも遠ざかっていった。

手術すれば早く直る可能性がある、でも10センチもの傷が残る、手術か投薬か。治療の選択肢は2つ

母の栄子さんは、「亜矢可は“少しでも早く代表に復帰したい”と、甲状腺の切除手術を希望しました。私は猛反対でした。もし手術をしたら、首に10cmほどの痕が残るし、薬で治るなら、無理にする必要はないと思ったからです」

口を開けば、けんかの日々。栄子さんが「長い目で見ようよ」と言えば、床は「お母さんはわかってない!」の一点張り。2人の言い分は平行線のまま、3か月が過ぎた。

 ある日、床から手紙を渡された栄子さん。そこには床の、口では言えない素直な気持ちがしたためられていた。

「本当はこのままが良い。でも、テスト勉強中とかに、あの時(手術を)しときゃ良かった、と思いたくない。逃げ場があると、本当に弱い人間だから、すぐ逃げたくなる。言い訳もしたい。病気のせいで失敗したこと、全てなすりつけちゃう。(中略)手術しないで後悔するなら、したいです」

母の栄子さんは「手紙を読んで、亜矢可の思いがすごく伝わってきて、ぐっときたというか。娘の覚悟を目の当たりにして、何があっても、親として背負っていこうと決意しました」。

6時間かけて手術に挑んだ。首元には大きな傷が残ったものの、結果は無事成功。昨年、日本代表メンバーに返り咲いた。




参考
STV「どさんこワイド特集」
女性セブン2014年2月20号




ブログランキング・にほんブログ村へ


お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2017/02/13 Mon. 00:17 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド