メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0209

【WBC2017】WBCの気になる各種ルールは?ポイント解説  




3月に開催の「2017ワールド・ベース・ボールクラシック」の各種ルールがWORLD BASEBALL CLASSIC INC.より 発表された。公式サイトからポイントとなる点を抜粋して紹介する。


延長戦は、ソフトボールで採用されているルールで延長10回を終えて決着がつかない場合、同11回以降は無死一、二塁からタイブレーク制を実施。打順は10回終了時点から引き継ぎ、先頭打者の直前の2人が一、二塁走者となる。

コールドゲームの規定も前回同様に採用されて「7回以降に10点差、5回以降に15点差」がついた場合にはコールドゲームとして試合が終了する。


WBC2017 


その他、気になるポイントは、

①投手の球数制限


1試合につき1次ラウンドでは65球、2次ラウンドでは80球、準決勝と決勝では95球を超えて投げることはできない。ただし、ある打者の打席中に投球数制限に達した場合は、その打席完了まで投球できる。
  • 50球以上投げた場合、次の登板まで中4日をあけなければならない。
  • 30球以上、または2試合連続で投げた場合は、次の登板まで中1日をあけなければならない。

②予備登録投手←NEW


今大会から新たに予備登録投手の登録枠が設けられた。最大10名まで登録可能で大会期間中、次のラウンドに進出した際に2名まで入れ替えができる。
  • ・ただし、最終登録メンバー28人の中に予備登録投手を1人~2人登録し、予備登録投手同士での入れ替えに限る。
  • ・予備登録投手は、一度、他の投手と入れ替わった場合、再登録することはできない。


③ビデオ判定


1次、2次ラウンドでは、本塁打のみビデオ判定を行う。決勝ラウンドにおいては、MLB公式戦におけるビデオ判定方式に従う。ただし、チャレンジは行わない。


④順位決定方法


1次、2次ラウンドでは、勝率が並んだチームは、以下の方法で順位を決定する。
(1)1位と2位が同率の場合:直接対決で勝ったチーム

(2)3チームが2勝1敗で同率の場合、1位を下記の優先順位で決定し、2位および3位はプレイオフを戦う。

  • 1 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ない
  • 2 同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの自責点数が少ない
  • 3 同率チームとの対戦で、打率が高い
  • 4 WBCIによる抽選

(3)3チームが1 勝2 敗で同率の場合、上記優先順位で最下位チームを決定。残り2チームでプレイオフを戦う。


▶MLBpressbox.com
http://www.wbc2017.jp/news/article/20170208_1.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2017/02/09 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド