メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0201

メッツ指揮官はN.シンダガードを開幕投手に指名!先発ローテは不安だらけ  



まだ、スプリングトレーニングも始まっていないが、早くもニューヨークのメディアは、メッツの開幕投手の記事をレポートしている。

「ニューヨーク・ポスト」は、メッツの指揮官テリー・コリンズが、正式発表はしていないが4月3日のシティフィールドでの開幕戦にノア・シンダガードを起用する方針という内容の記事を掲載している。

ここでも何度か紹介したが、シンダガードは、金髪のロングヘアーを振り乱して100マイルちかい速球で打者をねじ伏せる姿が、アメリカンコミックのスーパーヒーローである“マイティ・ソー”に似ていることから「Thor(ソー)」のニックネームで絶大な人気がある。

まだ24歳、キャリア3年目だが、昨年は文句のないシーズンを送った。31試合、14勝9敗、防御率2.60、WHIP1.15。

200イニングこそ超えなかったものの、FIP2.29という数字もその内容の良さを証明している。防御率リーグ3位。三振数219は同4位タイ。K/9(9イニング平均の三振数)10.7はリーグ4位だった。

そうしたスタッツもさることながら昨年のワイルドカードゲームでジャイアンツのマディソン・バムガーナーと投げ合い、7イニング2安打完封したピッチングは圧巻だった。

メッツ
▶左からデクロム、ハービー、シンダガード、マッツ


メッツの2016年開幕戦は、マット・ハービーが務めた。そのハービーは7月6日にDL入りし、右肩(胸郭出口症候群)の手術を受けた。順調に回復しているというが、13年のトミージョン手術もあり15年に復活してカムバック賞を受賞したとはいえ無理はさせたくない。

ジェイコブ・デグロムも終盤不振で、利き腕の尺骨神経の損傷と診断され、手術を受けた。無事にキャンプインできる状態だが、前半戦はようすを見ながらのスロースタートにならざるを得ない。

左のスティーブン・マッツ。若手のセス・ルーゴ(防御率2.67)、ロバート・グセルマン(同2.42)。トミージョン手術明けのザック・ウィーラーなどはせいぜい4~5番手争い。

そうした事から、今季はシンダガード中心の先発ローテーションになる。順調に行けばだが、開幕投手は誰が考えても当然だろう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2017/02/01 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0201

米メディアも反応!大谷翔平のWBC「投手辞退」表明  




メジャーのスカウト大注目の剛腕・大谷翔平が、投手としてのWBC出場を辞退することになった。

アリゾナ州ピオリアで現地31日、大谷は会見を行い「残念な気持ちはある。状態をぎりぎりまで上げるようにやってきたけど…」というコメントを残している。

栗山監督は「非常に残念。去年の日本シリーズで痛めた(右)足首の影響もあるので、投手はできない、とジャパンに伝えました」と明かした。

シーズン前とはいえメジャーの一線級が各国代表として顔をそろえる大会で、大谷にとってもその真価を披露できるショーケースの意味合いもあった。

しかし、考え方を変えれば、日本ハムのフロントは賢明な判断だったかもしれない。

故障がなくても上原、田澤、岩隈、ダルビッシュ、田中、前田と本来なら日本代表の先発ローテーション投手およびセットアッパー、クローザーが軒並み代表入りを辞退。

しかし、彼らを責めることはできない。誰もが理解していることだが、野球の場合、打者と違って投手は負担とリスクが大きい。わざわざ球数制限というルールがあるのが、その証左といえる。

少しでも不安があるなら大会前の早い時期にアナウンスしたのは当然の判断だった。



この発表を受け、米メディアもすかさず反応し、MLB公式サイトや「スポーツ・イラストレイテッド」、「ファンラグ・スポーツ」などが、その記事を掲載している。

アメリカ代表も参加表明していたマックス・シャーザーが故障で辞退しているし、各チームのエリートスターターは、ルール改正で、スポットで出る可能性はあるものの、打者と違って顔ぶれは落ちる。

打者でも、若手のマイク・トラウトブライス・ハーパーは、早くから不参加を表明している。

ハーパーに関しては、代理人スコット・ボラス氏が彼を出場させない方針で「選手たちに大事なのはルーティンを守ることだ。ハーパーにとっては調整を重ね、シーズンに備える大事な時期になる」と昨年11月、ニューヨークポスト紙にコメントしている。

日本ハムにとってもペナントレースを勝ち抜く大黒柱でもあるし、大谷が海を渡る場合に、前田の例でも分かるように多額の譲渡金が球団に入る。そんなビジネスライクなことを言えば批判があるかもしれないが、戦略的には当然だろう。打者として辞退しても納得できる。

WBCに関しては、いろんなウワサがあって、中には今大会が最後かもしれないというウワサもある。

ESPNのクリスチャン・モレノ記者が昨年11月に「今大会で十分な利益があげられない限り、ワールド・ベースボール・クラッシックの大会が終了する可能性のあることを、複数のニュースソースから聞いた」とツイート。これを受けてCBSスポーツやヤフースポーツが報じていた。


http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2927.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000001-wordleafs-base

http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3033.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/02/01 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド