メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0322

マエケン、3回以降、打者2巡目からは完璧な内容 指揮官も絶賛  



ドジャース前田健太とマリナーズ岩隈久志のマッチアップが21日(日本時間22日)に実現した。

ドジャースのキャンプ地、カリフォルニア州グレンデールのキャメルバックランチで行われたオープン戦で、岩隈は、4回1/3を投げ、8安打3失点3奪三振、前田は、5回を4安打2失点5奪三振、無四球だった。

CeHNdU_VIAAzNhv.jpg

前田は、初回に1番から3番カノまでに3連打を許し2点を失ったが、4番クルーズを併殺打に打ち取り、その後は好投。試合を作った。2回に2死から安打を許しただけで、3回以降の打者2巡目からは完璧な内容で凡打の山を築いた。

5回を65球。ゴロ系アウトが8、フライ系アウトが2、奪三振5という内容だった。

CeFuQs0UYAAR3E3.jpg



前田のピッチングをドジャースの指揮官デーブ ロバーツも「off the charts(グラフからはみ出すぐらい)凄い、ぶっちぎり」と表現し絶賛している。

というのもドジャースは、前田と同じFAで獲得した左腕カズミアーの球威が落ちて不調が伝えられている。ここへ来て4番手ウッド、5番手のボルシンガーも負傷で登板回避。

もともと3番手だった アンダーソンはヘルニアの手術で早々と長期離脱が決定。リュ ヒョンジン(柳 賢振)も6月以降の復帰とローテーションに故障者が相次いでいる状況で、前田への期待が日増しに大きくなっている。



一方、岩隈は、相手の3番ジャスティン ターナーに3打数3安打(本塁打、2塁打)されたのがひびき3失点。予定の球数に達した(79球)ところでマウンドを降りた。腕は振れている感じだったので、何とか故障のない状態で開幕を迎えたい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/22 Tue. 12:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0322

いよいよOP戦で前田健太と岩隈久志のサムライ対決!  

 


マリナーズ岩隈久志とドジャース前田健太の投げ合いが21日(日本時間22日)に実現する。

この両者は、レギュラーシーズンではリーグが違いインターリーグでの対戦が組まれていないので、この先、オールスターか11月のワールドシリーズまで対戦がない。(どちらも可能性は低いが・・・)

ここまで、3試合に登板し自責点0を続けているドジャースの前田健太だが、ハニーカット投手コーチは、これまでは中4日だった登板間隔を初めて中5日にすることを明言、「余分に休みを取ってもらう」と説明した。

オープン戦4試合目の登板では、これまで最長の5イニングを投げる予定。岩隈と投げ合うことになるが、もう一人の日本人選手、青木宣親が出場すれば前田との対戦が楽しみだが、休養になる予定だ。

この対戦は、CSチャンネルで早朝5時から生中継される予定。



岩隈は前回、3回目の登板で5失点(5自責点)を喫したが、試合後は「正直に言えば、何球かはストライクだったと思うが、今日の審判のストライクゾーンが狭かった。でもこれも野球の一部」とコメント。

そして、「こういうことはレギュラーシーズンでもあるだろう。不利なカウントに多く陥ってしまったことが高く付いた」と語っている。

その一方で「全体的に球離れは良かったと思う」と述べると、「直球に力があったし、ほぼ思い通りに制球できていた」と5失点は気にしていないようすだった。

CeFuQs0UYAAR3E3.jpg

30度を超える気温の中、キャンプからオープン戦の疲れもあったのかもしれない。

球数54球。この時期は結果より開幕第2戦の登板に向けて順調に球数を増やしていくのが目的といった感じだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/22 Tue. 02:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド