メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0318

【MLB開幕戦】メッツは開幕投手にM.ハービーを指名  




メッツの指揮官テリー コリンズが、昨年のワールドシリーズの再現となるカンザスシティ・ロイヤルズとの今季開幕戦の先発投手にマット ハービーを指名している。

今月27日に27歳になる右腕は、2013年10月にトミー・ジョン手術(靱帯移植手術)を受け、15年4月9日、約1年7ヶ月ぶりに復帰したマウンドでは、初回、いきなり時速97マイル(約156km)をマークするなど、手術前と変わらない力強い投球を披露した。



ハービーは、復帰戦を9奪三振、6回無失点で610日ぶりに勝利投手になると、5月8日に初黒星を喫するまで、開幕5連勝の快進撃を続けた。

15年シーズンは、29試合、13勝8敗、189.1回、防御率2.71(リーグ6位)、WHIP1.019(同7位)、被打率.219(同6位)、K/BB 5.08(同6位)。

最速99.4マイル(約160.0km/h)を記録するなど手術前と変わらぬ球威で、カムバック賞を獲得すると共にチームを9年ぶりの地区優勝に導いた。

ハービーにとって今回が、初の開幕投手。ロイヤルズとは昨年ワールドシリーズの第1戦と第5戦に先発。第1戦は6回を3失点(自責点3)。第5戦は8回を失点2(同2)に抑えているが、どちらの試合も延長の末、メッツが敗れている。


ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/18 Fri. 11:09 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0318

前田vs.岩隈、前田vs.青木対決が21日に実現!?  




マリナーズ岩隈久志とドジャース前田健太の投げ合いが21日(日本時間22日)に実現する。

3回目の登板で5失点(5自責点)を喫した岩隈だったが、試合後は「正直に言えば、何球かはストライクだったと思うが、今日の審判のストライクゾーンが狭かった。でもこれも野球の一部」と通訳を介してコメント。

そして、「こういうことはレギュラーシーズンでもあるだろう。不利なカウントに多く陥ってしまったことが高く付いた」と語っている。

その一方で「全体的に球離れは良かったと思う」と述べると、「直球に力があったし、ほぼ思い通りに制球できていた」と5失点は気にしていないようすだった。

30度を超える気温の中、キャンプからオープン戦の疲れもあったのかもしれない。

球数54球。この時期は結果より開幕第2戦の登板に向けて順調に球数を増やしていくのが目的といった感じだ。



一方、3試合に登板し自責点0を続けているドジャースの前田健太だが、ハニーカット投手コーチは試合後に、前田の次回登板が21日(日本時間22日)のマリナーズ戦になると明らかにした。これまでは中4日だったが、初めて中5日となり「余分に休みを取ってもらう」と説明した。

オープン戦4試合目の登板となり、これまでで最長の5回を投げる予定。岩隈と投げ合う可能性が強まったが、岩隈というより青木宣親と前田の対戦が楽しみだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/18 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド