メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0331

東海岸の名門2チーム、レッドソックスとヤンキースの投手陣に故障者続出  

 


伝統ある東海岸の2チームにロースター編成を揺るがすようなブルペン陣の故障者が出ている。

まずはボストン・レッドソックス。ボガーツやベッツといった若手の野手が成長した昨シーズンだったが、先発、リリーフ陣はリーグ15チーム中13位と散々な結果に終わった。

懸念されていたエースの不在に加え、上原のアクシデント(打球直撃による骨折)や田澤の登板過多による疲れもその原因のひとつだった。

そこでドンブロウスキー新球団社長は、ローテの柱として左腕デービット ・プライスをFAで獲得。バックエンドも上原浩治の後を任せるクローザーとしてリーグを代表するクローザー、クレイグ・キンブレルを迎えた。

さらに、昨シーズンにマリナーズで70試合(防御率2.31)に登板した26歳のカーソン・スミスを獲得する念の入れようだった。

ところが、そのスミスは、利き腕の負傷で離脱、開幕を故障者リストで迎えることになった。

それだけではなく頼りのベテラン上原もキャンプの疲れから登板を回避していた。ただ、ここへきてオープン戦のマウンドに立ったという報告があったので、最悪の事態は回避できたのかも知れない。


ヤンキースも頼りのリリーバーに惨事


救援左腕アンドリュー・ミラー投手が現地30日、アトランタ・ブレーブスとのオープン戦で右手に打球を受け、骨折したことが分かった。

ミラーはこの日、7回からマウンドに上がると、先頭打者の放ったライナーが右手首上部に直撃。すぐに降板となり、レントゲン検査では異常は見られなかったものの、CT検査で剥離骨折が認められた。


ヤンキースでは、今オフに獲得した守護神チャプマンが、ドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとして、30試合の出場停止処分となっている。そのため、昨季はチームのクローザーとして36セーブを挙げたミラーが、チャプマンの代役を務めるものと見られていた。

先発ローテでも唯一の左腕で復活が期待されているサバシアが安定感を欠き、開幕投手に内定されていた田中将大もピリッとしない状況。

昨日は、両投手が最終オーデションともいえる登板だったが、指揮官からは田中の開幕指名がまだなく、サバシアも場合によっては中継ぎに回る可能性もある。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 19:55 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0331

元ヤクルトのバーネットがレンジャーズ、元阪神ボイヤーもブルワーズで開幕ロースター  




昨季までヤクルトで活躍したレンジャーズの救援右腕バーネット投手(32)が開幕ロースターの25人枠に登録されることが29日、発表された。

バーネットは、2010年に来日するまでマイナー球団に所属し、メジャーでの登板は一度もない。レンジャーズには、元広島のコルビー ルイスや復帰が期待されるダルビッシュ有などのNPB経験者がいる。

バーネットは「特別な日になった。待ちに待っていた」と笑顔で話し「やることは日本でやってきたことと変わらない。与えられた仕事をこなしたい」と意気込んだ。

昨季、ヤクルトで2度目のセーブ王に輝いたバーネットはオフにレンジャーズと2年契約。オープン戦では9試合に登板し、12三振を奪って防御率2・00と結果を残した。

元阪神の救援右腕ブレイン ボイヤー投手も開幕メジャー入りを果たすことが分かった。

34歳のボイヤーは、今オフにツインズからフリーエージェントとなると、今年2月にブルワーズと契約。枠外選手として春季キャンプに参加し、オープン戦では8試合の登板で、防御率6.23の内容だった。

しかし、カウンセル監督は、若手揃いのリリーフ陣においてボイヤーの経験を買って開幕ロースターに登録した。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 09:05 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0330

川崎、開幕メジャーならず!直後に怒りの3ラン  



シカゴ・カブスは現地29日、枠外選手としてチームのスプリングトレーニングに参加していた川崎宗則内野手(34)との契約を解除。

この日、ビクトリーノ外野手(35)、パーラー投手(33)と川﨑の3人をリリースしたカブスは、「開幕時に開幕ロースターに入るか、開幕直前(5日前)になってからリリースした場合、10万ドル(約1,100万円)を支払う」という労使協定があるため、契約をいったん解除し、同日のうちに、新たにマイナー契約を結んだ。



この日、川﨑は、アスレチックスとの試合前にマイナー行きが決まっていた。6回の守備からセカンドで途中出場。そして、8回に迎えた2打席目で右腕ロドリゲスからオープン戦1号となる右翼へ3ラン。満員の観客からはカワサキ・コールが沸き上がったという。

カブスの指揮官ジョー マッドンは、川崎について「これ以上ないというほど、いい春季キャンプを送っていた」とコメント。

また、いずれは昇格させることになるだろうと語ると、「何より、彼はシカゴでプレイしたアスリートの中で、最も人気のある選手の一人となるだろう」と述べている。

CewHocUUsAAKcZK.jpg 

MLB公式サイトはマイナー再契約となった川崎について指揮官が依然として評価していることも紹介。

「彼は優秀な野球選手だ。彼の個性を大きくメディアで取り上げられているが、この男はとても優秀な選手でもあるんだ」と信頼のコメントを残している。

メジャーのロースター(40人枠)登録にならなかった川﨑だが、間違いなく今季もオーディエンスを感動させてくれている。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/30 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0330

川崎ムネリンに今年も厳しい春!開幕メジャーならず  




カブスは現地29日、マイナー契約を結んでスプリングトレーニングにノン・ロースターインバイティ(枠外選手)として参加していたハッスルプレイヤー川﨑宗則内野手(34)をリリースした。

カブスの地元紙シカゴトリビューンの記事によれば、チームは川﨑の他、ビクトリーノ外野手(35)、パーラー投手(33)もリリース。契約内容を見直した上で再契約を模索しているという。




25人枠の中で内外野を守れる23歳のユーティリティー、ハビエル バエズが左手親指の捻挫の影響で、川崎に40人枠登録の可能性が浮上。

ESPNも「バエズがDL(故障者リスト)で開幕を迎える可能性あり」と報じていていたが、メジャー特有の複雑な契約の壁が、今季も川崎の前に立ちはだかった。

11年オフに福岡ソフトバンクからフリーエージェント(FA)となり、シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んで渡米、5年連続でマイナー契約からメジャー昇格を目指している川崎。

しかし、開幕マイナーでも毎年のようにメジャーにコールアップされてきた。

今オープン戦も19試合に出場し、打率・375、出塁率・468をマークして指揮官にインパクトを与えたのは間違いない。カブスの内野手に故障者が出た場合にリグレーフィールドに立つチャンスはある筈だ。


http://www.mlbtraderumors.com/2016/03/cubs-release-shane-victorino-manny-parra-munenori-kawasaki.html



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/30 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0329

【MLB開幕戦】田中将大、2年連続開幕投手への追試は明日  




ニューヨーク・ヤンキースは、エース田中将大の2年連続開幕投手を正式アナウンスしていない。指揮官ジョー・ジラルディは現地28日、田中のオープン戦最後の登板となる29日の結果を見て判断すると明かした。

ご存知の通り田中の前回登板では、ナショナルズに打ち込まれ4回7失点という不本意な結果に終わった。

それだけではない、今季のオープン戦では防御率7.36と、これまでのシーズンで最悪。昨年の大一番でも懸念された被本塁打も3本浴びている。

ただ、GO/AOレシオは、オープン戦で2.67(昨年同時期は2.10)。意図するところはゴロアウトで打ち取るグラウンドピッチャーへの移行を感じさせる数値を示している。

昨年から多投しだした2シームでボールを動かして、少ない球数で打者を打ち取りイニング数を稼ぐ。メジャーでスターターが求められる「年間200イニング」を達成するという田中自身の目標なり方針が伝わってくる。

昨年も規定投球回数に達しなかった田中が、自身のスタイルを模索していると考えられなくもない。

しかし、ジラルディ監督は、田中が春季キャンプを通して安定していないと見ているようで、「開幕戦の先発について本格的に話し合う前にまず、彼の準備が整っていて、本人も状態が良いと感じられていることを確信したい」と語り、開幕投手の正式アナウンスをしていない。



今季ヤンキースのローテーション


ヤンキースの今季の先発ローテは、MLB公式サイトのデプスを見ると田中将大が1番手。次にマイケル ピネダ、ネーサン エオバルディ、ルイス セベリーノが続く。そして、5番手の座をサバシアとイバン ノバが争っている。

FOXスポーツが伝えたところによれば、ノバも結果を残せてないがサバシアよりもはるかにキレがあり、仮に年俸2,500万ドル(約28億3,000万円)のサバシアが、リリーフに回ることになった場合、ジョナサン パペルボン投手(ナショナルズ)を抜いて、最も年俸が高いリリーバーになると伝えている。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/03/29 Tue. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0328

【DL情報】上原(レッドソックス)、スミス(ブルワーズ)、ブラントリー(インディアンス)  



レッドソックスの上原浩治の登板回避が心配だ。26日(日本時間27日)にブルペンでの投球練習を再開させ、状態次第で28日(同29日)のオリオールズ戦でオープン戦3度目のマウンドに上がるということだが、情報が入ってこないので、良くないのかもしれない。

11年からナ・リーグで4年連続セーブ王に輝く守護神キンブレルの獲得で、ブルペンは「メジャー最強」の顔ぶれと言われたが、開幕を1週間前に控えての上原の出遅れは不安要素のひとつだ。

ブルワーズ期待のリリーバー、ウィル スミス(RHP)が右ひざ外側側副靭帯を損傷。手術を受けるかは不明だが、長期離脱が伝えられている。

26歳の左腕は、昨季76試合に登板し、防御率2.70の好成績をマーク。今オープン戦でも、7試合で計7イニングを投げ、2安打、無失点と好調で、今季のクローザー候補として期待されていた。

インディアンスのマイケル ブラントリー外野手(28)が開幕戦に間に合わないことが濃厚。ブラントリーは昨年11月に肩の関節唇の手術を受け、当初から5月中の復帰予定だったが、現実のものとなった。

2014年のリーグMVP候補3位。昨年も打率.310、OPS.859とチームの中心打者だった。

インディアンズは、彼の交代要員として期待していたアルモンテがボルデノンという禁止薬物の使用で開幕から80試合の出場停止処分を受けている。

チームは、新加入のベテラン内野手ウリーベ(37)、ナポリ(34)に加えて外野手も38歳のマーロン バードと18日にマイナー契約。

中古車センターのようなチームになってしまったが、昨年も低予算のチームながらスターター(リーグ4位)やブルペン(同2位)の踏ん張りと若手フランシスコ リンドーア遊撃手(22)などの台頭で守りきって勝ち越した。

覇者ロイヤルズやオフに大補強したタイガースなど強豪ひしめくア・リーグ中地区で、今年も厳しい戦いが予想される。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/28 Mon. 12:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0328

元ソフトバンク李大浩(イ デホ)が40人枠へ!開幕メジャーの可能性も  




2月3日にマリナーズとマイナー契約を結びノン・ロースターインバイティ(枠外参加)としてスプリングトレーニングに参加していた元ソフトバンクの李大浩(イ デホ)内野手(33)が、メジャーの公式戦に出場可能な40人枠に登録される可能性がでてきた。



マリナーズは一塁手としてトレードでブルワーズから移籍のアダム リンド(32)、指名打者にはネルソン クルーズ(35)がレギュラー。

リンドは、メジャーキャリア10年で通算.274、OPS.797。とくに右投手にはOPS.863と非常に強い左打者だが、弱点であるサウスポー対策としてプラトーン起用が考えられ、リンドの交代要員としては、10年から12年までヤンキースでプロスペクトランキング上位だったヘスス モンテーロ(26)と李大浩が争っていた。

どちらもよく似た肥満体型の選手だが、李は130キロを絞り込んでソフトバンク時代とは見違えるほどの体型になった。

一方、守備に難があるモンテーロは、打率.237、OPS.546と打撃も不調。マイナー落ちが確実になった。40人枠として残ってもベンチ要員として開幕ロースターに入る可能性は低い状況。

また、モンテーロは、13年にバイオジェネシスからの禁止薬物問題に絡み50試合の出場停止を受けている。


CekhcvBXIAAb4j6.jpg


李は、マイナー契約から厳しいメジャーの契約の壁を乗り越えて、上手くいけばアクティブ(25人枠)として開幕ロースターに名前を連ねる可能性も考えられる。




ブログランキング・にほんブログ村へ

  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/28 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0327

【MLB開幕戦】覇者ロイヤルズはボルケスを開幕投手に指名   




メジャーリーグの名誉ある開幕投手だが、意外なところでは、パドレスがエースのシールズではなくロス。マーリンズがフェルナンデスの肘の具合も考慮して元中日のチェン ウェインにマウンドを託すことが発表されている。

現地26日には、昨年のワールドシリーズ(WS)を制したカンザスシティ・ロイヤルズのネド ヨースト監督が、ホームで行われるニューヨーク・メッツとの開幕戦に右腕エディンソン ボルケスを指名した。

開幕戦は、ご存知のように昨年のWSの再戦がマッチアップされているが、今回のボルケス投手の指名でWSの初戦と第5戦の再戦にもなった。

メッツは、ボルケスと投げ合ったマット ハービー投手が先発マウンドに上がる予定。

なお、昨季のロイヤルズの開幕投手を務めたヨーダノ ベンチュラはローテーションの3番手となる。


MLB2016開幕投手(予想) 第5弾

( )カッコ内は昨年


ロイヤルズ ボルケス(ベンチュラ) 
メッツ ハービー(コロン)

カージナルス ウェインライト(ウェインライト)
パイレーツ リリアーノ(リリアーノ)


ブルージェイズ ストローマン(ハッチソン)
レイズ アーチャー(アーチャー)

カブス アリエッタ(レスター)
エンゼルス リチャード(ウィーバー)


アストロズ カイケル(カイケル)
ヤンキース 田中将大(田中将大) 


ジャイアンツ バムガーナー(バムガーナー)
ブルワーズ ペラルタ(ローシュ)

ツインズ サンタナ(ヒューズ) 
オリオールズ ティルマン(ティルマン)

マリナーズ ヘルナンデス(ヘルナンデス) 
レンジャーズ ハメルズ(ガヤード) 


レッドソックス プライス(バックホルツ) 
インディアンス クルーバー(クルーバー)

フィリーズ ヘリクソン(ハメルズ) 
レッズ イグレシアス(クエト)

ナショナルズ シャーザー(シャーザー)
ブ レーブス テヘラン(テヘラン)

ドジャース カーショー(カーショー) 
パドレス ロス(シールズ)

ロッキーズ デラロサ(ケンドリック)
ダイヤモンドバックス グリンキー(コールメーター)


ホワイトソックス セール(サマージャ) 
アスレチックス グレイ(グレイ)

タイガース バーランダー(プライス) ジマーマン
マーリンズ チェン ウェイン(アルバレス)



ちなみに昨年は、カブスのジョン レスターとカージナルスのアダム ウェインライトの投げ合いで開幕した。

他にもシールズ対カーショーの対決など、ワクワクする対戦があった。

今季の 開幕戦では3試合が予定されており、他には、カージナルス対パイレーツ戦、ブルージェイズ対レイズ戦が組まれている。そのほかは、4日が開幕戦になる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 
関連記事

Posted on 2016/03/27 Sun. 21:03 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0326

川崎ムネリン、マルチヒットで打率4割絶好調!青木宣親も3試合連続ヒット  

 


マリナーズのリードオフマン青木宣親外野手とカブスのムードメーカー川﨑宗則内野手が25日、ともに開幕が迫った大事な試合で結果を残している。

青木は、アリゾナ州ピオリアで行われたホワイトソックスとのオープン戦に1番・レフトで先発。

第1打席でセンター前へ3試合連続のヒットを放った。2回の第2打席はセンターフライ、5回の第3打席はショートゴロ、8回の第4打席はサードゴロで、4打数1安打だった。

ここまで打率.273の青木は、初めてフル出場。「長かったですね」と苦笑いしながらも、「ヒットを打った打席だけでなくほかの打席の内容も良かった」と手応えを口にした。

一方、カブスとマイナー契約を結んでキャンプに参加している川﨑は、同じアリゾナ州メサで行われたブルワーズ戦に8番・ショートで先発し、3回の第1打席でセーフティーバントを決めた。

5回の第2打席はサードゴロ。7回の第3打席ではフルカウントからの速球をレフト線にはじき返し、二塁まで進む好走塁。 この試合3打数2安打で、オープン戦の打率を.400に上げた。

川崎選手は「走塁もバッティングもよかったし、すごくいい状態だけど、とにかく疲れた。寝るよもう」と冗談を交えてコメントしている。

CcB2wfnUMAAcy_m.jpg

カブスは、アクティブロースター(25人枠)のラステラ内野手がふくらはぎを痛めているため川﨑にも十分チャンスが出てきた。

契約の壁はあるものの、まずは、40人枠に登録されれば、7番目の内野手として地位を固めつつある川﨑が、早い時期にコールアップされる可能性はある。

ブルージェイズ時代の川﨑も開幕直前までチームのロースターに名を連ねていた。

チームの明るい雰囲気を大切にするマッドン監督は、川﨑をできる限りチームに帯同したい考えのようで、この底抜けに明るいムードメーカーの存在に、他の選手も指揮官と同じ気持ちでいるだろうと述べたとのことだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/03/26 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0325

【MLB開幕戦】俺たちのエースはこいつだ!開幕投手予想 第4弾  




  MLB2016シーズンの名誉ある開幕投手の発表が新たに2チームであった。

レンジャーズのジェフ バニスター監督が現地23日、4月4日に地元で行われるマリナーズとの今季開幕戦に、左腕コール ハメルズを指名した。

ハメルズは昨季、フィリーズから7月末のトレードでレンジャーズに移籍。移籍後は12試合に先発登板して7勝1敗、防御率3.66をマークし、レンジャーズのア・リーグ西地区優勝に貢献した。

トロント・ブルージェイズのジョン ギボンズ監督は、若手右腕マーカス ストロマンを4月3日に敵地で行われるタンパベイ・レイズ戦の開幕投手に指名した。


MLB2016開幕投手(予想) 第4弾

( )カッコ内は昨年


ロイヤルズ ベンチュラ(ベンチュラ) ボルケス
メッツ ハービー(コロン)
デクローム

カージナルス ウェインライト(ウェインライト)
パイレーツ コール(リリアーノ)


ブルージェイズ ストローマン(ハッチソン)
レイズ アーチャー(アーチャー)

カブス レスター(レスター)アリエッタ
エンゼルス リチャード(ウィーバー)


アストロズ カイケル(カイケル)
ヤンキース 田中将大(田中将大) 


ジャイアンツ バムガーナー(バムガーナー)
ブルワーズ ペラルタ(ローシュ)

ツインズ ヒューズ(ヒューズ) 
オリオールズ ティルマン(ティルマン)

マリナーズ ヘルナンデス(ヘルナンデス) 
レンジャーズ ハメルズ(ガヤード) 


レッドソックス プライス(バックホルツ) 
インディアンス クルーバー(クルーバー)

フィリーズ ヘリクソン(ハメルズ) 
レッズ ディスクラファニー(クエト)

ナショナルズ シャーザー(シャーザー)
ブレーブス テヘラン(テヘラン)

ドジャース カーショー(カーショー) 
パドレス ロス(シールズ)

ロッキーズ デラロサ(ケンドリック)
ダイヤモンドバックス グリンキー(コールメーター)


ホワイトソックス セール(サマージャ) 
アスレチックス グレイ(グレイ)

タイガース ジマーマン(プライス)バーランダー
マーリンズ チェン ウェイン(アルバレス)



名誉ある開幕投手だが、今季は、パドレスがシールズではなくロス。マーリンズが肘の具合も考慮してフェルナンデスではなくチェン ウェインで行くことが公表されている。

ちなみにMLBの昨季は、カブスのジョン レスターとカージナルスのアダム ウェインライトの投げ合いで開幕した。他にもシールズ対カーショーの対決など、ワクワクする対戦があった。

今季のカードは4月3日の開幕戦にワールドシリーズで激闘を演じたロイヤルズとメッツが対戦する。 開幕戦では3試合が予定されており、他には、カージナルス対パイレーツ戦、ブルージェイズ対レイズ戦が組まれている。そのほかは、4日が開幕戦になる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/25 Fri. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0324

今季ブレイクしそうな若手スターターは?MLB公式サイトが5人を選出  

 

メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』の記事をもとに2016年シーズンにブレイクしそうな投手5人をピックアップしてみた。

MLBファンなら一度は聞いたことのあるプレイヤーばかりだが、その5人とは――。

  • ルイス セベリーノ(ヤンキース)
  • スティーブン マッツ(メッツ)
  • マーカス ストローマン(ブルージェイズ)
  • カルロス ロドン(ホワイトソックス)
  • ライセル イグレシアス(レッズ)

ヤンキースのセベリーノは、MLBファンならご存知の方も多いとは思うが、2015年シーズンのプロスペクトランキング1位。

ドミニカ出身の21歳で、昨年8月にメジャーデビューを飾ると、11試合の先発登板で5勝3敗、防御率2.89をマーク。

平均速度95.90マイル(約154キロ)の4シームを軸に、62回1/3を投げて56個の三振を記録するなど、本格派右腕としての片鱗を披みせた。

この数年、相次ぐ故障離脱に見舞われたヤンキースの「リハビリ先発陣」の中で、ブレイクしそうなフレッシュな人材だ。


Steven_Matz_1280_fzfs8r9p_cagqz4of.jpg 

6月28日にメジャー初昇格した24歳の左腕スティーブン マッツは6試合で4勝(0敗)、防御率2.27。

ポストシーズンでも3試合に登板。今季のメッツ先発陣には左腕がいないだけに貴重な戦力になる。

ブル-ジェイズのストローマンは、昨年スプリングキャンプ中に左ひざのACLを切って戦列を離れたが、シーズン後半に復帰。

4試合で4勝(ERA1.67)をマーク。14年シーズンには11勝を稼いでおり、25歳になる今年は、順調に入れば一昨年以上の期待がかかる。

ホワイトソックスの左腕ロドン(写真下)は23歳。14年ドラフト1巡ピックで全体でも3位というプロスペクト。15年は26試合で9勝6敗、ERA3.75とすでに結果は残している。

6dfa8c33.jpg 


レッズのイグレシアス(RHP)は、キューバ・青年の島出身という変わった経歴の持ち主。国交回復前のキューバからの亡命組の一人だ。15年は16試合に先発し3勝7敗、ERA4.15だった。

4シームの平均球速は91.57でそれほど速くもないが、K/9が9.82と高い数値だけに切れの良いシンカーが持ち球の投手と言えそうだ。BB/9の2.64が向上すれば大化けする可能性もある。WHIP 1.14も悪い数値ではない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2016/03/24 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0324

野球賭博に対する罰則規定 メジャーリーグはコンプライアンス委員を常設  




MLB(メジャーリーグ)の野球賭博に対する罰則規定は以下の通りだ。

「選手、審判、球団幹部や職員らがいかなる野球の試合に対していかなる金額の賭け事をしても、賭けをした者がその試合に参加する職務を負わない場合、1年間の出場停止処分を受ける。賭けをした者がその試合に参加する職務を負う場合、永久追放処分を受ける」。

賭けをした試合に出場しうる立場にあったかどうかで、1年間の出場停止か永久追放かに分かれる。




メジャーリーグガイド瀬戸口 仁さんの「日本球界が見習うべきMLBの野球賭博のチェック法」というコラムによれば、MLBも1989年、当時レッズの監督を務めていたピート・ローズ氏が野球賭博に関わっていた問題の発覚により、窮地に立たされた苦い過去があるという。

もっと歴史をさかのぼれば1919年のワールドシリーズでホワイトソックスが八百長に関与した「ブラックソックス事件」を契機にコミッショナー制度が生まれ、8人が永久追放となった。

野球賭博の歴史を紹介する記事ではないので短く説明したが、それを踏まえ、以降は全球団に複数人の「コンプライアンス(法令遵守)委員」を常設し、自軍の所属選手ならびにスタッフ、関係者に監視の目を常に光らせている。

毎年必ずMLBで数日間にわたる厳しいコンプライアンス講習を受けている各球団の同委員たちは、シーズンの開幕前に必ず所属選手らにコンプライアンス遵守を徹底させるべく個人面談まで行っている。

ある委員は「日本プロ野球界が行っているコンプライアンスのチェック方法とは比較にならないほど我々のものは厳しい」と言い切っている。

NPBも毎年春に開催される新人研修会で暴力団排除対策の講習会を開き、秋には秋季教育リーグに参加中の選手に対し、同講習会を行っている。





しかし、瀬戸口氏も書いているように今後はMLBを見習って、各チームに「コンプライアンス委員」のような複数の監視人を設け、チェック体制を強化していくべきだろう。

もちろん、それは球団職員がやるような生ぬるいものではなく外部の機関に委託するか、場合によっては創設するなどして厳しい監視の目を光らせることが大事だ。

これらは野球界に限ったことではないにしろ、野球人気の低下を防ぎ、回復に向かうためにも、最優先で取り組むべき問題である。

素人では、この程度の提案しかできないが、もっとプロ野球に携わる人たちの専門的で、建設的な意見を聞きたいものだ。


記事引用
http://allabout.co.jp/gm/gc/459698/


にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/24 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0323

MLBが17年ぶりハバナでキューバ代表と歴史的一戦  



アメリカとキューバの国交回復を記念して、キューバの首都ハバナで22日、バラク オバマ大統領とラウル カストロ国家評議会議長が観戦するなか、メジャーリーグのタンパベイ・レイズとキューバナショナルチームの親善試合が開催された。

この親善試合は、去年7月にアメリカとキューバの国交が回復したことを受けて開催が決まり、キューバに近いフロリダ州がフランチャイズのタンパベイ・レイズが、メジャーリーグの球団として1999年のボルチモア・オリオールズ以来、17年ぶりにキューバを訪れた。

首都ハバナのラティーノアメリカーナ球場には5万人の市民が招待され、アメリカの大統領として88年ぶりにキューバを訪問したオバマ大統領と、カストロ国家評議会議長も観戦。

MLBinCuba

オバマ大統領が観衆に向かって手を振ると、大きな歓声と拍手が起きる感動のシーンがあった。



試合はレイズが4回のツーランホームランなどでリードし、レイズが4対1で勝利した。試合後、両チームの選手たちはグラウンド上でユニフォームを交換して、お互いの健闘をたたえ合った。

野球が国技のキューバは、多くの優れた選手が国家公務員として扱われているが、高額年俸のアメリカンドリームを夢見て現在もメジャーリーグでのプレイを希望する選手の亡命が続いている。

MLBinCuba

ここでも何度か紹介しているが、昨年、メジャーリーグでキューバ出身選手は3番目多い18人(14年は19人)が開幕ロースターだった。

AFPの記事では、冷戦時代の1961年にキューバ制裁が発動して以降、100人以上のキューバ人選手がメジャーリーグでプレイしてきたが、その多くは米国に亡命している。 この問題は、解決に向けて両国の話し合いが続いている。



◆関連記事
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-1912.html

◆参考記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3080577



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2016/03/23 Wed. 14:16 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0323

【DL情報】負傷者続出のドジャース 今度は主力外野手A.イーシアが右足の骨折と判明  



負傷者続出のドジャースにまた悲報が入った。現地22日、アンドレ イーシア外野手(33)が右足の脛骨(けいこつ)骨折のため、10~14週間の離脱となることが分かった。

レフトのレギュラーで、ドジャース一筋12年目のイーシアは、18日のオープン戦で自打球がすねに当たって負傷。

その日のレントゲン検査で問題は見つからなかったが、22日に受けたCTスキャンで骨折が確認された。なお、手術は必要ないとのことで完全骨折ではなく部分骨折(ひび)とみられる。

イーシアは昨季、142試合の出場で打率.294、出塁率.366、OPS.852、14本塁打、53打点の成績でチームの地区3連覇に貢献している。

ドジャースは、若手プロスペクトのコーリー シーガー(21)が、ひざの故障で離脱中。開幕には間に合うみたいだが、先日の前田、岩隈の日本人投手が投げあった試合にも出場していなかった。

ドジャースの外野手は、ライトにキューバ出身のプイーグ、センターに若手のピーダーソン、そしてレフトにイーシアという今季の布陣だったが、イーシアの長期離脱で史上最高に高い年俸の控え外野手といわれているクロフォード(2年2,175万ドル)に存在感が出てきた。

足の骨折といえば、昨年のSFジャイアンツ時代の青木宣親のデッドボールを思い出す。あの場合は脛骨ではなく細いほうの腓骨(ひこつ)骨折だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/23 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0323

MLBが歴史的一戦を前にキューバの首都ハバナで「少年野球教室」を開催  




首都ハバナで、レイズのコーチとキューバの往年の名選手たちが合同で地元の小学生を指導する野球教室が開催された。

アメリカ合衆国のオバマ大統領は20日、現職大統領として88年ぶりにキューバを訪れ、歴史的な訪問を開始した。

大統領専用機がキューバの空港に着陸するとすぐに自身のツイッターで「キューバ、元気かい」とスペイン語で投稿。その事はSNSなどを通して世界中に配信された。



これに合わせてキューバに近い地域、フロリダ州でフランチャイズ展開するMLB(メジャーリーグ機構)の球団タンパベイ・レイズが、キューバの首都ハバナでキューバ代表と親善試合を行った。

さらに、この歴史的ともいえる親善試合を前に、21日には、MLBとキューバ野球連盟が合同で「少年野球教室」を開催している。

このイベントに参加したのは、ハバナ市内の9歳から10歳のクラスの少年野球大会で上位に入った4チームの合わせて約60人。

各チームごとに、レイズのコーチとオマール リナレス氏などの元キューバ代表選手たちが1人ずつサポートして、バッティングやピッチング、そして守備の指導を行った。

MLBと選手会は昨年12月にも、キューバを親善訪問する活動を行っている。その時は、アブレイユ内野手(ホワイトソックス)やプイーグ外野手(ドジャース)ら、亡命後初めて故郷に戻った現役選手が野球教室を開催した。



なお、歴史的一戦となるキューバ代表チームとタンパベイ・レイズとの親善試合は日本時間の23日2時30分から始まった。

i.jpg

試合前のセレモニーにはヤンキースの元スター選手、デレク・ジーター氏らが参加。MLB球団がキューバで試合を行うのは1999年のオリオールズ以来となる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
関連記事

Posted on 2016/03/23 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0322

マエケン、3回以降、打者2巡目からは完璧な内容 指揮官も絶賛  



ドジャース前田健太とマリナーズ岩隈久志のマッチアップが21日(日本時間22日)に実現した。

ドジャースのキャンプ地、カリフォルニア州グレンデールのキャメルバックランチで行われたオープン戦で、岩隈は、4回1/3を投げ、8安打3失点3奪三振、前田は、5回を4安打2失点5奪三振、無四球だった。

CeHNdU_VIAAzNhv.jpg

前田は、初回に1番から3番カノまでに3連打を許し2点を失ったが、4番クルーズを併殺打に打ち取り、その後は好投。試合を作った。2回に2死から安打を許しただけで、3回以降の打者2巡目からは完璧な内容で凡打の山を築いた。

5回を65球。ゴロ系アウトが8、フライ系アウトが2、奪三振5という内容だった。

CeFuQs0UYAAR3E3.jpg



前田のピッチングをドジャースの指揮官デーブ ロバーツも「off the charts(グラフからはみ出すぐらい)凄い、ぶっちぎり」と表現し絶賛している。

というのもドジャースは、前田と同じFAで獲得した左腕カズミアーの球威が落ちて不調が伝えられている。ここへ来て4番手ウッド、5番手のボルシンガーも負傷で登板回避。

もともと3番手だった アンダーソンはヘルニアの手術で早々と長期離脱が決定。リュ ヒョンジン(柳 賢振)も6月以降の復帰とローテーションに故障者が相次いでいる状況で、前田への期待が日増しに大きくなっている。



一方、岩隈は、相手の3番ジャスティン ターナーに3打数3安打(本塁打、2塁打)されたのがひびき3失点。予定の球数に達した(79球)ところでマウンドを降りた。腕は振れている感じだったので、何とか故障のない状態で開幕を迎えたい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/22 Tue. 12:50 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0322

いよいよOP戦で前田健太と岩隈久志のサムライ対決!  

 


マリナーズ岩隈久志とドジャース前田健太の投げ合いが21日(日本時間22日)に実現する。

この両者は、レギュラーシーズンではリーグが違いインターリーグでの対戦が組まれていないので、この先、オールスターか11月のワールドシリーズまで対戦がない。(どちらも可能性は低いが・・・)

ここまで、3試合に登板し自責点0を続けているドジャースの前田健太だが、ハニーカット投手コーチは、これまでは中4日だった登板間隔を初めて中5日にすることを明言、「余分に休みを取ってもらう」と説明した。

オープン戦4試合目の登板では、これまで最長の5イニングを投げる予定。岩隈と投げ合うことになるが、もう一人の日本人選手、青木宣親が出場すれば前田との対戦が楽しみだが、休養になる予定だ。

この対戦は、CSチャンネルで早朝5時から生中継される予定。



岩隈は前回、3回目の登板で5失点(5自責点)を喫したが、試合後は「正直に言えば、何球かはストライクだったと思うが、今日の審判のストライクゾーンが狭かった。でもこれも野球の一部」とコメント。

そして、「こういうことはレギュラーシーズンでもあるだろう。不利なカウントに多く陥ってしまったことが高く付いた」と語っている。

その一方で「全体的に球離れは良かったと思う」と述べると、「直球に力があったし、ほぼ思い通りに制球できていた」と5失点は気にしていないようすだった。

CeFuQs0UYAAR3E3.jpg

30度を超える気温の中、キャンプからオープン戦の疲れもあったのかもしれない。

球数54球。この時期は結果より開幕第2戦の登板に向けて順調に球数を増やしていくのが目的といった感じだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/22 Tue. 02:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0321

【MLB開幕戦】マーリンズはエースのフェルナンデスではなくチェン ウェインが開幕投手に  



イチロー所属のマーリンズの今季開幕戦をかつて中日で活躍したマーリンズのチェン ウェイン投手が任されることになった。

チェンは、メジャー5年目。MLBオープニングデーの栄光あるマウンドに台湾出身の選手として2008年の王建民(当時ヤンキース)以来の開幕投手となる。

チェンは、予想もしていなかったという自身初の大役に、「マッティングリーが知らせてくれた時、自分が開幕投手を務めることに驚いた」と通訳を介してコメント。「でも、これは先発投手として望んでいたチャンスだ」と喜びを示した。

サプライズな発表だったが、マッティングリー監督は、エースのホセ フェルナンデス投手を敢えて翌日の2試合目に指名した。

MLB公式サイトの記事では、要約すればエースの代理人スコット ボラス氏らと協議の結果、トミージョン手術明け2年目の負担軽減を考慮しての判断だったという。

エース右腕は、昨季途中にトミージョン手術から復帰するも、シーズン終盤に上腕二頭筋を痛めて離脱。

エースの投球制限については、球団首脳と代理人のボラス氏、執刀医らが協議。最終的に、今季は180イニングを目処とすることに決まったと記事では説明している。

チェンを1番手にして、フェルナンデスをローテーションの2番手に据えることで、同監督は「もしローテーション通りに進めば、彼は半分以上の登板で長めの登板間隔になる」と述べ、負担を軽減するための決断である事を語った。

しかし、イニング制限は、エースがシーズン終盤でも活躍できるようオールスター周辺でチームの状況に合わせて再検討されるという。


MLB2016開幕投手予想 第4弾

( )カッコ内は昨年


ロイヤルズ ベンチュラ(ベンチュラ) ボルケス
メッツ ハービー(コロン)
デクローム

カージナルス ウェインライト(ウェインライト)
パイレーツ コール(リリアーノ)


ブルージェイズ エストラーダ(ハッチソン)ストローマン
レイズ アーチャー(アーチャー)

カブス レスター(レスター)アリエッタ
エンゼルス リチャード(ウィーバー)


アストロズ カイケル(カイケル)
ヤンキース 田中将大(田中将大) 


ジャイアンツ バムガーナー(バムガーナー)
ブルワーズ ペラルタ(ローシュ)

ツインズ ヒューズ(ヒューズ) 
オリオールズ ティルマン(ティルマン)

マリナーズ ヘルナンデス(ヘルナンデス) 
レンジャーズ ハメルズ(ガヤード) 


レッドソックス プライス(バックホルツ) 
インディアンス クルーバー(クルーバー)

フィリーズ ヘリクソン(ハメルズ) 
レッズ ディスクラファニー(クエト)

ナショナルズ シャーザー(シャーザー)
ブレーブス テヘラン(テヘラン)

ドジャース カーショー(カーショー) 
パドレス ロス(シールズ)

ロッキーズ デラロサ(ケンドリック)
ダイヤモンドバックス グリンキー(コールメーター)


ホワイトソックス セール(サマージャ) 
アスレチックス グレイ(グレイ)

タイガース バーランダー(プライス) 
ジマーマン 
マーリンズ チェン ウェイン(アルバレス)


ちなみにMLBの昨シーズンは、カブスのジョン レスターとカージナルスのアダム ウェインライトの投げ合いで開幕。他にもシールズ対カーショーの対決など、ワクワクする対戦があった。

今季は4月3日(日本時間4日)に開幕。ワールドシリーズで激闘を演じたロイヤルズとメッツの再戦が実現する。

開幕戦では3試合が予定されており、他には、カージナルス対パイレーツ戦、ブルージェイズ対レイズ戦が組まれている。

そのほかは、4日(同5日)が“オープニングデー”になる。



ブログランキング・にほんブログ村へ

  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/21 Mon. 12:14 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0321

【引退】05年の盗塁王C.フィギンズがエンゼルスで引退表明  




かつてマリナーズ時代にイチローと1、2番コンビを組んだショーン フィギンズ(38)が引退を表明した。LAエンゼルスと一日契約を結びエンゼルスのの一員として引退する。

フィギンズは1997年に、ドラフト4巡目でコロラド・ロッキーズから指名を受けプロ入り。2002年にエンゼルスでメジャーデビュー。スピードが武器のユーティリティとして、キャリア12年間で打率.276、出塁率.349、OPS.712、341盗塁をマークしている。



09年まで所属したエンゼルスでは、05年に盗塁王(62盗塁)を獲得するなどチームのリードオフマンとして活躍。オールスターにも1度選出されている。

10年にエンゼルスから同地区のシアトル・マリナーズへ4年総額3,600万ドル(5年目はオプション)で移籍、その年は42盗塁、17犠打、出塁率.340をマークしたが打率は徐々に下降線をたどり、11年と12年は2割にも満たない打率だった。

テレビで見るマリナーズ時代のフィギンズは、いつも打てない選手というイメージだった。14年にLAドジャースに移籍したが38試合の出場にとどまり、それ以降は、メジャーでの出場機会はなかった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2016/03/21 Mon. 10:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0320

【MLB移籍情報】カージナルスが手術のぺラルタに代わる遊撃手を獲得  




3月8日の記事で紹介した正遊撃手が離脱のカージナルスが現地19日、先日ニューヨーク・メッツからリリースされたばかりのルーベン テハダ遊撃手(26)を獲得している。

契約内容は1年で年俸は150万ドル(約1億7,000万円)。

正遊撃手のジョニー ペラルタが左手親指の手術を受けて復帰するまで10~12週間の穴埋めとみられるが、テハダと言えば昨年10月10日に行われたナショナルリーグの地区シリーズで際どいスライディングを受けて右足腓骨を骨折。そのままポストシーズン残りの全試合を欠場した。

117043.jpg


骨折した右足の状態については「5、6週間経ったころには完治したと感じられていた」と述べ、全快をアピール。

春季キャンプにも参加。オープン戦にも8試合に出場していたが、メッツがFAでアズドルバル カブレラを昨年12月に獲得した事からポジション争いに敗れたテハダが16日にリリースされた。



昨年は116試合に出場して打率.261、3本塁打、28打点。メジャーキャリア6年間の成績は打率.255、出塁率.338、10本塁打、148打点。

ベテランの正遊撃手ぺラルタと比較して昨年の成績をセイバー的な各分野の数値で比べると攻守ともにやや見劣りする。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2016/03/20 Sun. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド