メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1229

プレイオフチームが決定 Win or Go home! NFL2014  


AFCプレイオフ進出チーム】  
昨年と比べ、第1と第2シードが入れ替わりました。インターカンファレンスでNFC南地区から勝ち星を稼いだAFC北地区の3チームがプレイオフ(PO)に進出しています。

逆に強豪チームが多いNFC西地区と対戦カードが組まれたAFC西地区は、昨季3チームがPOに進みましたが、ブロンコスだけになりました。そのブロンコスも4敗のうち2敗が、NFC西地区のシーホークスとラムズから喫しています。

レイブンズは、昨年も熾烈な第6シード争いで、わずかに届きませんでしたが、今年は最終戦に大逆転劇を演じくい込みました。PO1回戦は同地区のライバル対決です。


第1シード ニューイングランド・ペイトリオッツ (12勝4敗)  東地区優勝
第2シード 
デンバー・ブロンコス (12勝4敗)西地区優勝1回戦シード
第3シード ピッツバーグ・スティーラーズ(11勝5敗)北地区優勝
第4シード インディアナポリス・コルツ (11勝5敗)南地区優勝
第5シード 
シンシナティ・ベンガルズ (11勝5敗)ワイルドカード
第6シード ボルチモア・レイブンズ(10勝6敗)ワイルドカード




NFCプレイオフ進出チーム】
シーホークスは昨年に続き第1シード。パンサーズは、最終週でファルコンズに34-3で圧勝し、毎年覇者が入れ替わっていたNFC南地区で初の地区連覇を果たしました。トータルでは負け越しですが、チームとしても史上初のプレイオフ2年連続進出を果たしました。


第1シード シアトル・シーホークス(12勝4敗)西地区優勝 
第2シード
 グリーンベイ・パッカーズ (12勝4敗)北地区優勝 1回戦シード
第3シード
 ダラス・カウボーイズ (12勝4敗)東地区優勝
第4シード
 カロライナ・パンサーズ(7勝8敗1分)南地区優勝
第5シード
 アリゾナ・カーディナルス(11勝5敗)ワイルドカード
第6シード
 デトロイト・ライオンズ(11勝5敗)ワイルドカード


2014年もお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。良いお年をお迎えください。




お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/29 Mon. 13:33 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1227

黒田の心意気に拍手!高額オファーけって古巣へ復帰!広島で日米通算200勝めざす  


最後は育ててくれた広島の地でユニフォームを脱ぐ! 
  男・黒田の心意気!!  



ヤンキースからフリーエージェント(FA)となり、去就が注目されていた黒田投手が、8年ぶりに古巣・広島への復帰を決めました。


広島からFA宣言し、07年12月にメジャーリーグのロサンジェルス・ドジャースに入団。メジャー在籍7年間で通算79勝をマーク。今季はニューヨーク・ヤンキースで唯一先発ローテーションを守り抜いた。






野茂がマークしていた5年連続規定投球回数(162イニング以上)日本人投手で初の偉業となる5年連続2桁勝利(11勝)を挙げた


メジャーでも今季注目のFA先発投手としてシャーザーシールズなどと並び黒田の去就が注目されていました。それだけに異例の決断だった。


おそらく、いつでもユニフォームを脱ぐ覚悟はあったに違いない。それだけに自分を育ててくれた第2の故郷・広島の地に戻って、自分を心の底から待っていてくれるファンの前でユニフォームを脱ぎたかったのだろう。


本当の真意はわからない。うがった目で見るのではなくて彼のとった行動で判断したい。スポーツには、ストレートに清々しく評価する部分があっていい。


とにかく、あと18勝に迫った200勝、そして、広島に“感謝”の優勝という大仕事が、
来年2月に40歳になるメジャーリーガーにはある。男・黒田の決断に拍手喝采!!



野球ボール関連記事
男の生きざま「39歳黒田博樹」 被災地広島に送る1勝
http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11942701957.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2014/12/27 Sat. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1227

イチローの去就は?青木、鳥谷は?MLBホットストーブ  


MLBは稀にみる大移動で、日本人FA選手の契約に影響。 



例年になく活発な動きをみせたMLBのストーブリーグ。サンディエゴで開催されたウィンターミーティング期間だけでも12件、79人の移籍が決まりました。


何度かここでも紹介しましたが、前後して、カブスホワイトソックスパドレスをはじめとする多くのチームが複数の主力選手を獲得する大補強を敢行しています。

FAでは、
ジョン・レスター(前アスレチックス)がカブス
ハンリー・ラミレス(前ドジャース)と
パブロ・サンドバル(前ジャイアンツ)がレッドソックスに移籍、

トレードでは、パドレス
マット・ケンプ

ウィル・マイヤーズ

ジャスティン・アップトン
の外野手3人を獲得。

さらにパドレスは、その中のウィル・マイヤーズ(2013年の新人王)と交換にフィラデルフィア・フィリーズのエース、
コール・ハメルズのトレードを画策しているとの報道もあります。


メジャー9年間で108勝、今季最下位のフィリーズでもコール・ハメルズは、204.2回で防御率2.46、奪三振198、WHIP 1.15の好成績を残しています。


打線の強化に加えて彼が加入すれば、ナ・リーグ西部地区の王者ジャイアンツ、ドジャースなどをパドレスが脅かす存在になります。新GMのA.J.プレラーが就任して以来、積極的な補強をみせています。


和田毅が所属するシカゴ・カブスは先発左腕ジョン・レスター(16勝11敗・防御率2.46)の獲得に成功。


そのカブスと同じぐらい注目されたのが、同じ街に本拠地を置くシカゴ・ホワイトソックスです。12月9日、オークランド・アスレチックスからエース格の右腕ジェフ・サマージャ(7勝13敗・防御率2.99)をトレードで獲得。


さらに翌日にはニューヨーク・ヤンキースからFAとなったクローザーのデビッド・ロバートソン(4勝5敗39セーブ・防御率3.08)と4年総額4600万ドル(約55億円)で契約しました。


わずか2日間で先発と抑えを一度に補強。ホワイトソックスには「メジャー屈指の左腕」と呼ばれるクリス・セールがいるので、左右の先発の軸が整いました。


そのほか、レッドソックスは、ラミレスとサンドバルの打線強化以外に、軸はいないものの先発の頭数は揃えました。


それよりも日本人プレイヤーは!?



この活発だったトレードが日本人FAプレイヤーの去就に大きく関わっています。


イチローは、新代理人が影響力の強いパドレスへの移籍説がありましたが、上の主軸3人の獲得で可能性は激減しました。


このオフに外野手のネルソン・クルーズ(マリナーズ)、ニック・マーカーキス(ブレーブス)がFAで退団したオリオールズが、イチロー(ヤンキースからFA)、青木宣親(ロイヤルズからFA)の獲得に興味を持っていると報じられました。


しかし、ここにきてオリオールズは、FAとなっていたデルモン・ヤング外野手と年俸225万ドル(約2億7000万円)の1年契約で合意、残留が決まったことから、残るレギュラー枠はひとつです。

3年間で3割5分3厘という高い出塁率を誇る青木の方が有利かもしれません。青木にはシンシナティ・レッズも獲得を検討しているとの報道もありました。


鳥谷は、パドレスとブルージェイズと交渉中との報道がありました。パドレスは「遊撃手」、ブルージェイズは「二塁手」でオファーを出したようです。


ブルージェイズの場合、鳥谷はマイセル・イズタリス、ライアン・ゴインズ、デボン・トラビス、スティーブ・トールソンといったチーム内の二塁手候補とポジション争いが考えられ、ここに2年間在籍の人気者、川崎宗則の再契約が加わる可能性もあります。


彼らとほぼ同等と目されているとすれば、契約条件もかなり低く抑えられ、契約は難航することが予想されます。そうなると阪神残留も可能性がないわけではありません。


野茂英雄が海を渡って約20年。今では多くの日本人プレイヤーがメジャーリーグでも活躍しています。ストーブリーグでも日本人の名前がメディアをにぎわす時代になりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/12/27 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1225

川崎ムネリン 今年も病院慰問で子供たちにエール!  



メジャーリーグのブルージェイズからフリーエージェント(FA)になった“ムネリン”こと宗則内野手(33)が25日、福岡県久留米市の久留米大病院を慰問し、サンタクロースの衣装を身にまとって入院中の子どもたちとじゃんけんゲームなどでふれあった。


また、注目が集まる来季の所属チームについては「久留米大病院に決まりました」と冗談でかわした。
 

川崎は、子どもたちに古巣のソフトバンクの選手たちから集めたというプレゼントも手渡した。「楽しかった。(子どもたちは)いつも生きる力を持っている。元気をもらいました」と笑顔で話した。






川崎サンタは、昨年も12月27日に同じ久留米市の聖マリア病院小児病棟を訪れ、子どもたちと交流している。




ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/25 Thu. 22:22 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1225

【MLB】シーズンオフにFAとなった先発投手の移籍・契約情報  



MLB2014オフ、主な先発投手の移籍先  
例年になく活発な今オフのストーブリーグ。ウィンターミーティング期間だけでも12件のトレードで79人が移籍したといわれています。

さらにフリーエージェント(FA)になった選手を入れるとどれだけの選手が、来シーズン違うロッカーでプレイするのでしょうか?

以前に合意が伝えられたサンフランシスコ・ジャイアンツが現地23日、今オフにチームからFAとなっていた先発右腕ジェーク・ピービ投手と、総額2400万ドル(約28億9000円)の2年契約を結みました。 


ピービは、2002年にサンディエゴ・パドレスでメジャーデビュー。2007年に19勝6敗、防御率2.54、240奪三振をマークし、ナ・リーグの投手主要3部門のタイトルとサイ・ヤング賞を獲得しました。

13年間の通算成績は139勝111敗、防御率3.53で、球宴には3度選出されています。 

今シーズンは、ボストン・レッドソックスで開幕を迎え、20試合の先発で1勝9敗、防御率4.72と不調でしたが、7月のトレードでジャイアンツに移籍すると復調。

12試合の先発で6勝4敗、防御率2.17の好成績をマークし、チームのワールドシリーズ制覇に大きく貢献しました。←ランキング


主な先発投手(SP)の移籍先
LHP=左投げ
選手名状況
ジョン・レスター(31歳LHP)CHCと6年1億5500万ドルで合意(12/9)
BOS、CHCをはじめ6チームが獲得に(11/14)
アービン・サンタナ(32歳)MINと4年5500万ドルで合意(12/11)
クオリファイングオファーを拒否
・5年目は1400万ドルの自動オプション
ブランドン・マッカーシー(31歳)LADと4年4800万ドルで合意(12/10)
・NYYが再契約に意欲も複数球団が接触(11/14)
・NYY、BOS、PITなどの争奪戦の末にLADへ(12/10)
フランシスコ・リリアーノ(31歳LHP)PITと3年3900万ドルで再契約
クオリファイングオファーを拒否
ジェイク・ピービー(34歳)SFと2年2400万ドルで再契約
ジェイソン・ハメル(32歳)CHCと2年2000万ドルで合意
3年目1000万ドルのチームオプション(200万ドルバイアウト)
エディンソン・ボルケス(30歳)KCと2年2000万ドルで合意
ブレット・アンダーソン(26歳LHP)LADと1年1000万ドルで合意
COLがオプション破棄(1年1200万ドル)
ジャスティン・マスターソン(30歳)BOSと1年950万ドルで合意(12/11)
A.J.バーネット(38歳)PITと1年850万ドルで合意
PHIとの選手オプション破棄(1年1275万ドル)
ジョン・ラッキー(36歳)STLが1年50万ドルのオプション行使
チェン・ウェイン(29歳LHP)BALが1年475万ドルのオプション行使
J.A.ハップ(32歳LHP)TORが1年670万ドルのオプション行使
・マリナーズにトレード
クリス・カプアーノ(36歳LHP)NYYと1年500万ドルで合意
ガビン・フロイド(31歳)CLEと1年400万ドルで合意
コルビー・ルイス(35歳)TEXと1年400万ドルで合意
マックス・シャーザー(30歳)クオリファイングオファーを拒否
ジェームズ・シールズ(33歳)クオリファイングオファーを拒否
黒田 博樹(40歳)

シャーザーシールズ、そして黒田。残るビッグネームはこんなところでしょうか?←
(表が間違っていたらごめんなさい。)




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/12/25 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1222

野球が彼らの希望になった!バンクーバー朝日軍、その栄光の軌跡  


差別や貧困と戦いながら、
海を渡った日本人とその子孫に
勇気と誇りと希望を
与えた野球チームがあった




逆境を乗り越えたカナダ日系移民の

「サムライ・ベースボールチーム」が存在した!



今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームの物語である。


フェアプレーに徹し、洗練されたプレーと白熱したゲームが白人ファンの心をつかみ、やがて人々から熱狂的に迎えられた。


しかし、太平洋戦争によって選手たちは「敵性外国人」となり、強制移住させられてチームは解散を余儀なくされる。


それから60星霜――。

2002年5月15日、カナダのトロント。
地元ブルージェイズがシアトル・マリナーズを迎えたゲームで、イチローや佐々木、長谷川選手が見守るなか、マウンドに颯爽と登場したのは東洋人と思われる5人の老人。


彼らがボールを投げると観客は一斉に湧き、球場はスタンディングオベーションに包まれた。


彼らこそ戦前バンクーバーに実在した伝説の日本人野球チーム「バンクーバー朝日軍」の選手たちだった。


その栄光の記録と不滅の光彩によって2003年にカナダの移民社会、野球文化への功績が認められ、カナダ野球殿堂入りを果たしている。


テレビのドキュメンタリー番組「NONFIX」でも2010年3月に「僕たちには野球があった。伝説のバンクーバー朝日軍」というタイトルで紹介されました。



平均155センチの小さな朝日軍の中で、ひときわ目立つ大柄の少年。バンクーバー生まれのテディ・フルモトさんは身長170センチの恵まれた体格で、運動センスは群を抜いていた。


やがてフルモトさんは初代のエースに。そのテディ・フルモトさんのご子息は神奈川県逗子市に在住でバンクーバー朝日軍の本を出版されています。

1935年5月24日、結成直後の東京ジャイアンツが北米遠征した際に、朝日軍と対戦しています。


バンクーバー朝日軍VS東京ジャイアンツ。結果は、沢村投手らの東京ジャイアンツが朝日軍に勝利したということです。


この朝日軍を題材にした「バンクーバーの朝日」が全国公開しました。


この作品に続いて、2015年の1月17日からは、元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いた『アゲイン 28年目の甲子園』が公開される。


また1月24日からは、日本統治時代の台湾から甲子園の全国中等学校優勝野球大会に出場した嘉義農林学校野球部を描いた映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』が全国ロードショーされます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/22 Mon. 23:59 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1221

新GMが積極補強を続けるパドレス、外野の強打者3選手を補強  




外野の強打者3人でイチロー移籍はトーンダウン 



ウエストコーストに本拠地を置くチームの中で、これまで日本人にはなじみの薄かったサンディエゴ・パドレスが新GMのA.J.プレラーが就任して以来、積極的な補強を仕掛けている。

打線が30球団中30位の得点力のパドレスは、ドジャースからマット・ケンプ外野手とレイズから13年の新人王ウィル・マイヤーズ外野手、そしてブレーブスから強打者ジャスティン・アップトン外野手をトレードで獲得しました。

先の二人は先日紹介しましたが、アップトンはメジャー8年で今季は、打率.270、本塁打29本、打点102、出塁率.342、長打率.491、OPS.833という好成績を残しています。本塁打はナ・リーグ4位、打点は同3位、長打率.491は同6位と、リーグ屈指の強打者です。

これで強打の3人が中軸を打つことになります。さらに、ボストン・レッドソックスとのトレードでウィル・ミドルブルックス三塁手を獲得。

見返りとして、ライアン・ハニガン捕手を放出しました。ハニガンは、この日行われた11人が絡む大型トレードで、タンパベイ・レイズからウィル・マイヤーズ外野手とともにパドレスへ加入したばかりでした。


この他にもアスレチックスから長打力のある捕手のデレク・ノリスを獲得していますので、打線はかなり厚みのあるものになりました。

しかし、補強した選手は全て右打者で、バランスを考えると左打者、もしくはスイッチヒッターを揃えたいところです。

イチローの新代理人が、パドレスと太いパイプがあることからイチローのパドレス移籍が取りざたされていましたが、ケンプ、アップトン、マイヤーズがいて4人目の外野手扱いでは、3000本安打にあと156本と迫っているイチローとしては、これまでの実績を考えても、そう簡単にはサインしないでしょう。

同地区には、ワールドシリーズの覇者ジャイアンツがいることもあり万年Bクラスのパドレスでは、優勝争いが出来てプレイオフ進出が期待できるチームという基準から考えても、食指が動かないこともわかります。

イチローの可能性はトーンダウンしましたが、ただ、ショートのアレクシー・アマリスタ(打率.239、出塁率.286)は左打ちですが数字が物足りなく、今後、鳥谷敬内野手の獲得に動くことは十分考えられます。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2014/12/21 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1219

相馬こどもドーム 完成!プロ野球楽天球団が中心となって福島県相馬市にドーム寄贈  



東日本大震災、東京電力福島第一原発事故で被災した福島の子どもたちにプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの選手らが熱いエールを送った
 

福島県相馬市の相馬光陽ソフトボール場で18日、「相馬こどもドーム」完成披露イベントが行われました。

このドームは球団が中心となり、約2億円の募金を集め、約1200平方メートルのテント型施設を建造。

完成後に市に寄贈され、早くも22日から一般利用が始まる。地域団体のスポーツ活動や学校活動などで幅広く使われる見込みで、学校が休みの日の午前中は、個人利用者に優先的に開放し、多くの子どもが利用できるような運用方法を考えているという。 

式典には、楽天の三木谷オーナーや岡島、則本、内田の3選手も出席。子どもたちと交流した楽天の岡島豪郎選手は「またチャンスがあれば訪れたい」と再会を約束し、則本昂大投手は「いつか一緒にプレーできるような選手がこの施設で育つのを楽しみにしている」と願った。

いわき市出身の内田靖人選手は「地元の子どもと楽しいひとときを過ごせた」と振り返った。
 

記事参考:福島民報Webサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/19 Fri. 18:03 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1218

イチロー移籍にも影響?パドレスが2013年新人王のウィル・マイヤーズを獲得!  




パドレス、ナショナルズ、レイズの3チームによる三角トレードか!?


 イチロー外野手や鳥谷敬内野手の名前が挙がるなど、ウエストコーストでもこれまで日本人にはなじみの薄かったサンディエゴ・パドレスが新GMのA.J.プレラーが就任して以来、積極的なホットストーブをみせています。

将来有望なプロスペクトの一人、マイヤーズ。イケメンですね。


 そのパドレスを含む、ナショナルズ、レイズの3チームによる三角トレードで計11名が動き、2013年のア・リーグ新人王を受賞した外野手ウィル・マイヤーズ(24歳=タンパベイ・レイズ)も名前が挙がる大型トレードが実現しそうです。


今オフにドジャースから外野手マット・ケンプ(写真下)を獲得する大型トレードを敢行したパドレスでしたが、ウィル・マイヤーズの加入が実現すれば、レフトとライトの両翼の外野手を獲得したことになります。




これにより代理人交代でパドレス移籍の噂があったイチロー移籍の可能性が激減しました。


パドレスには、セス・スミス(RF)、カルロス・クエンティン(LF)、キャメロン・メイビン(CF)、ウィル・ベナブル(RF/CF)と外野手がいますので、(どの選手もイチローほどの実績はありませんが)今後編成が進むものと思われます。


打線は得点、打率、出塁率、長打率などが両リーグ最低の30位に沈むパドレス。積極補強はこのためです。NFLのチャージャースは人気チームですが、来季はMLBのパドレスも注目ですね。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




関連記事

Posted on 2014/12/18 Thu. 10:03 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1216

海外FAの鳥谷敬内野手にSDパドレスが「遊撃手」でオファー  



ブルージェイズからは「二塁手」、
 
パドレスからは「遊撃手」でオファーが! 
 



阪神から海外FA権を行使しメジャー移籍を目指す鳥谷敬内野手(33)の移籍先にパドレス説も浮上している。

先日、スポーツ報知「ブルージェイズ移籍が最有力」と報じたが、今日になってサンスポパドレスが遊撃手でのメジャー契約を提示していることを報道。さらに、ニッカンスポーツが地元紙スターレジャー電子版の報道からメッツが獲得を検討していることを紹介している。

ウインターミーティングの期間中に、鳥谷の代理人スコット・ボラス氏が取材に応じ「メジャー数球団と話をしている。トリ(鳥谷)は大リーグに適応しやすいタイプだ。ほとんどの球団が二塁手として注目している」と明かしているが、メッツはもともと韓国プロ野球の大砲、姜正浩内野手(27=ネクセン)の獲得を狙っており鳥谷は、ダメだった場合のセーフティネットとしての扱いかもしれない。

報知によればブ軍に加え、オリオールズ、ナショナルズ、遊撃手としてアストロズなどが獲得に乗り出しているらしい。



サンディエゴ・パドレスの本拠地・ペトコパーク


ブ軍は「二塁手」としてのオファーだが、サンスポ報道では、パドレスが「遊撃手」として契約提示しているということで、パ軍は遊撃のレギュラーを務めてきたカブレラが12月にFAになり再契約の見込みはなく、退団が確実。

12月上旬にはパイレーツFAのクリント・バームス内野手(35)を獲得したが、今季出場48試合、打率・245、0本塁打、7打点というベテランで、ユーティリティーとしての意味合いが強く正の遊撃手としては物足りない。

二塁には今季から6年契約のジェド・ジャーコ内野手(26)、三塁にはヤンヘルビス・ソラーテ内野手(27)とプロスペクトがいるが、遊撃の穴は埋まっていない。そこで、鳥谷が浮上したというサンスポ説は最も説得力がある。

パドレスか?ブルージェイズが? いずれにしてもアメリカでは、あと1週間でクリスマス休暇に入る。イチローの代理人がパドレスに影響力を持つことから「イチロー・パドレス説」もあり、あと1週間、日本人選手の動向にも目が離せない。




メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/12/16 Tue. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1215

華麗なる外国人QB対決は富士通フロンティアーズが制す 【JAPAN X BOWL】  


富士通フロンティアーズ 悲願の初優勝



5回のターンノーバーで主導権を握ったフロンティアーズが圧倒!
    http://blog.ameba.jp/ucs/entry/); background-color: rgb(0, 0, 0); background-position: 0px 0px; background-repeat: repeat-x;">1Q http://blog.ameba.jp/ucs/entry/); background-color: rgb(0, 0, 0); background-position: 0px 0px; background-repeat: repeat-x;">2Q http://blog.ameba.jp/ucs/entry/); background-color: rgb(0, 0, 0); background-position: 0px 0px; background-repeat: repeat-x;">3Q http://blog.ameba.jp/ucs/entry/); background-color: rgb(0, 0, 0); background-position: 0px 0px; background-repeat: repeat-x;">4Q http://blog.ameba.jp/ucs/entry/); background-color: rgb(0, 0, 0); background-position: 0px 0px; background-repeat: repeat-x;">OT total 
富士通フロンティアーズ 1位  16 7 7 14 44
IBMビッグブルー 2位  0 7 3 0 10


アメリカンフットボールの国内最高峰の決戦。第28回「JAPAN X BOWL」は15日、東京ドームで行われ、6回目の決勝進出となる富士通フロンティアーズが、IBMビッグブルーを44対10で圧倒し悲願の初優勝を遂げました。富士通は、来月3日に東京ドームで行われる「ライスボウル」で、学生王者の関西学院大と日本一をかけて対戦します。


共に今季、リーグを席巻した本場NCAAの1部校でプレー経験のあるQB同士。富士通の新加入QB コービー・キャメロン(ルイジアナ工科大)は8試合でパス202回中139回成功(68.8%)、2124ヤード(2位)、24TD、3INT。

対するIBMのQB ケビン・クラフト(UCLA)は8試合262回で177回成功(67.6%)。リーグ1位の2494ヤードを獲得。31TD、11INT。日本で3年目、日本のアメフト界にとって黒船QBともいうべき存在。オフェンスのコーディネーターも兼任している。

この両者、10月にリーグ戦で対戦しており、その時は富士通フロンティアーズが勝っています。

試合は、IBMのファーストシリーズで、いきなり富士通がDB三木慎也のインターセプトTDで先制。三木は今季チームトップの4INTをマークしています。

その後も今季DLオースティン・フリン(アーカンソー大)などを補強した富士通のDL、LB陣が速さで圧倒。クラフトにプレッシャーをかけ5ターンノーバーを奪い、そのチャンスに大会MVPに輝いたRBジーノ・ゴードンが16回のランで112ヤード、4TDを獲得。ゲームのモメンタムを引き寄せた。

IBMビッグブルーは途中、LBジェームズ・ブルックス(アリゾナ州立大)やルーキーの大型DB中谷祥吾を中心に富士通の攻撃を止めていただけに第1Qの立ち上がり10分間で失点した16点が痛かったですね。

リーグ戦で平均48.5得点、8.8失点の富士通が、いつも通りの試合をしたのに対して、IBMはチームとしての経験の差が出たのでしょうか。

しかし、アメリカ人QB対決は華やかでした。スパイラルの美しい弾丸パスは見事でした。社会人リーグということもあって
マンデーナイトに大人のフットボールはエキゾチックな雰囲気がしました。


富士通フロンティアーズ

【今シーズンの成績】
<1st Stage>
第1節 ○68-0● ハリケーンズ
第2節 ○55-7● 明治安田パイレーツ
第3節 ○77-10● 東京ガスクリエイターズ
第4節 ○41-13● IBMビッグブルー
最終節 ○7-0● ノジマ相模原ライズ
※EAST1位として2nd Stage Super9進出

<2nd Stage Super9>
第1節 ○65-0● アサヒビールシルバースター(CENTRAL3位)
最終節 ○48-24● パナソニックインパルス(WEST2位)
※Super9 1位としてFinal Stage進出

<Final Stage>
準決勝 ○27-17● オービックシーガルズ(Super9 4位)


IBMビッグブルー

【今シーズンの成績】
<1st Stage>
第1節 ○72-14● 明治安田パイレーツ
第2節 ○69-7● 東京ガスクリエイターズ
第3節 ○30-21● ノジマ相模原ライズ
第4節 ●13-41○ 富士通フロンティアーズ
最終節 ○70-0● ハリケーンズ
※EAST2位として2nd Stage Super9進出

<2nd Stage Super9>
第1節 ○37-10● アサヒ飲料チャレンジャーズ(WEST3位)
最終節 ○38-10● LIXILディアーズ(CENTRAL1位)
※Super9 2位としてFinal Stage進出

<Final Stage>
準決勝 ○69-54● LIXILディアーズ(Super9 3位)





ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/15 Mon. 22:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1214

米カレッジのハイズマン賞はオレゴン大のQBマーカス・マリオタが受賞  


オレゴン大から初選出。ハワイ出身者でも初。  



大学最優秀選手に贈られるハイズマン賞の受賞者が発表され、オレゴン大のクォーターバック(QB)マーカス・マリオタが選ばれました。

オレゴン大の選手がハイズマン賞を受賞したのはマリオタが初めて。また、マリオタはハワイ生まれの選手で初のハイズマン受賞者となりました。

マリオッタはこのほか歴史に満ちた「カレッジオブジイヤー」のマクスウェル賞。ウォルター・キャンプ全米プレーヤーオブジイヤー賞に輝き、さらに全米QB賞のダベイ・オブライエン賞。ジョニー・ユナイタス黄金の腕賞といった、QBを対象にした数々の賞を獲得した。 


マリオッタは今季のパスレーティングで全米1位の186.2をマーク。トータルオフェンスでは同5位の平均342.5ヤードを記録しました。


2位は
RBメルビン・ゴードン(ウィスコンシン大)
3位はWRアマリ・クーパー(
アラバマ大)
4位はテキサスクリスチャン大のQBトレボン・ボイキン
5位はオハイオ州立大のQB J.T. バレット


マリオタは
全投票数の88.1%に当たる788票の1位投票を受け、最大得点2,787点中、2,534点を獲得。2位とは倍以上のポイント差がつきました。


ちなみに昨年のハイズマン受賞者フロリダ州立大のQBジェイミス・ウィンストンは6位でした。

そのウィンストンの
フロリダ州立大とマリオタのオレゴン大は、2015年1月1日に行われるローズボウル出場権をかけて対戦することが決まっており、この“ハイズマン賞QB対決”には注目したい。



関連記事

Posted on 2014/12/14 Sun. 16:14 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1214

2015「甲子園ボウル」 関学vs.日大でキックオフ!  




今でもそうかもしれませんが、日本のアメリカンフットボールは、カレッジが支えていました。

とくに関西では人気が高く、大学日本一を決めるチャンピオンシップが関西の甲子園球場で開催されてきたこともあって関西学院大の故・武田健教授(元学長さん)率いるファイターズが、レジェンドであり日本の“ロンバルディ” 篠竹監督の日本大学フェニックスと雌雄を決する東西対決は、アメフト界の関が原ともいうべき一大スポーツイベントで、関西では冬の風物詩でした。


の伝統の対決」その歴史は

「甲子園ボウル」69回の歴史の中で、日大は2年連続33回目、関学大は4年連続49回目の出場。
両校の対決は昨年に続き2年連続で大会最多の28回目の対戦となる。この両校が日本におけるアメリカンフットボールの歴史を築き、東と西で牽引してきました。

過去の対戦成績は日大の16勝9敗2分。最近の両者の対戦は、07年、11年、13年と日大が苦杯をなめているだけに4連敗は避けたいところ。
日大は1990年以来となる24年ぶり21回目、関学大は73~77年の5連覇以来となる4年連続27回目の学生日本一を狙う。


今年の勝負の見どころは

昨年は、リーグ戦で強敵立命館を完封した関学守備陣がゲームを終始コントロールしていました。日本代表にも選ばれたハードタックラーLB池田の負傷欠場に危機感を感じたのか、主将のDL池永を中心に日大攻撃陣にプレッシャーをかけ続けた。しかし、彼らが卒業した今季はどうなるのか。

関学守備陣の要LB小野が西日本代表決定戦で負傷したことで、プロバブルな状態なら出場できますが、本来のパフォーマンスが発揮できるかが、鍵を握りそうです。

逆に昨年、関学の攻撃をゴール前1ヤードでハネ返した日大の大型DLラインは今季も健在。主将のDL宮田を中心に平均110キロをラクに超える超大型ラインと関学OLラインとの激突は間近で見てみたい。

昨年MVPのQB斎藤がプレッシャーを受けながらパスをWR陣にデリバリーできるかも注目です。



歴史を刻んだカレッジ頂上決戦「パナソニック杯第69回甲子園ボウル」は12月14日、午後1時5分キックオフです。


1970年以降の甲子園ボウル
251970年12月13日 日本大6-34関学大
261971年12月12日 日本大28-22関学大
271972年12月10日 法政大34-20関学大
281973年12月9日 日本大7-24関学大
291974年12月8日 日本大20-28関学大
301975年12月14日 明治大7-56関学大
311976年12月12日 明治大22-29関学大
321977年12月11日 日本大20-51関学大
331978年12月10日 日本大63-7関学大
341979年12月9日 日本大48-0関学大
351980年12月13日 日本大42-7関学大
361981年12月13日 日本大42-31関学大
371982年12月12日日本大65-28京都大
381983年12月11日日本大14-30京都大
391984年12月9日日本大42-42関学大史上3回目の両校優勝
(ライスボウルへは日本大が出場)
401985年12月8日明治大46-48関学大
411986年12月14日日本大28-49京都大
421987年12月13日日本大17-41京都大
431988年12月11日日本大35-28関学大
441989年12月17日日本大45-14関学大
451990年12月16日日本大34-7京都大
461991年12月15日専修大20-25関学大
471992年12月13日法政大7-17京都大
481993年12月19日日体大10-35関学大
491994年12月18日法政大22-24立命館大
501995年12月17日法政大17-24京都大
511996年12月15日法政大21-28京都大
521997年12月20日法政大21-21関学大史上4回目の両校優勝
(ライスボウルへは法政大が出場)
531998年12月19日法政大17-25立命館大
541999年12月19日法政大13-52関学大
552000年12月17日法政大28-21関学大
562001年12月16日法政大6-24関学大
572002年12月15日早稲田大14-51立命館大
582003年12月21日法政大6-61立命館大
592004年12月19日法政大17-38立命館大
602005年12月18日法政大17-14立命館大
612006年12月17日法政大45-43関学大
622007年12月16日日本大38-41関学大甲子園の改修のため
長居陸上競技場
「毎日甲子園ボウル in Nagai」
として開催
632008年12月21日法政大8-19立命館大同上
642009年12月13日法政大38-50関西大「全日本大学アメリカン
フットボール選手権大会」
の決勝戦へ移行
652010年12月19日早稲田大21-48立命館大
662011年12月18日日本大3-24関学大
672012年12月16日法政大17-20関学大
682013年12月15日日本大9-23関学大
通算成績:関東/東日本代表校27勝、関西/西日本代表校37勝、4引き分け



関連記事

Posted on 2014/12/14 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1213

【MLB】藤川球児がレンジャーズと契約間近!ダルビッシュとチームメイトに  



テキサス・レンジャーズが現地12日、シカゴ・カブスからFAとなっていた藤川球児投手との契約に合意しました。『NBCスポーツ』のウェブサイトが報じています。

さらにレンジャーズの地元紙『フォートワース・スター・テレグラム』には、1年契約(オプション付き)であることが報じられています。


藤川は、海外FA権を行使して2012年12月にカブスと2年契約。しかし、メジャー初年度となった2013年に右肘の痛みを訴え、6月に靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。メジャー2年間で1勝1敗2セーブ、防御率5.04と不本意な成績に終わっていました。


藤川はダルビッシュのチームメイトに


投手陣から野手といった順に決まっていきますが、残っているFA先発投手ではマックス・シャーザー、ジェームズ・シールズ、黒田博樹、ジェイク・ピービ、エディンソン・ボルケス、ブレット・アンダーソン、アーロン・ハラングなどとなりました。

イチロー外野手がパドレスなどの噂がありますが、青木外野手、川崎内野手、鳥谷内野手など
クリスマスまでに動きがなければ越年の可能性も出てきました。



MLBのくわしい情報や話題は


関連記事

Posted on 2014/12/13 Sat. 23:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1212

シーホークス守備陣復活のキーマンはLBボビ-・ワグナー  


シアトル・シーホークス
期待通り
LBワグナーの復帰でDFの威力が甦る。  



注目したとおりLBボビー・ワグナーの復活で見違えるようにシーホークスのディフェンスは復活しました。

「Legion of Boom」(L・O・B)と呼ばれるセカンダリーはブラウナーが抜けましたが、本来、このチームの強さはLB陣が支えていました。その速さは各チームに脅威の存在です。その中心がMLB
#54ボビー・ワグナーです。

ワグナーは第6週のカウボーイズ戦で足の指を負傷。以後、5試合に欠場しました。その間、シーホークスは3勝2敗。ラムズとチーフスに敗れました。とくに、真ん中を破られる不甲斐ないシーンが多かった。

W07 ●ラムズ戦 ラン喪失
102、平均3.8。
W08 ○パンサーズ戦 ラン喪失
114、平均3.7。
W09 ●レイダース戦 ラン喪失37、平均2.1。
W10 ○ジャイアンツ戦 ラン喪失54、平均3.2。
W11 ●チーフス戦 ラン喪失
190、平均6.3

ちなみに、ワグナー負傷前のレッドスキンズ戦では、ラン喪失32ヤード、平均1.9ヤード。ブロンコス戦でも36ヤード、平均1.8ヤードに抑え込んでいます。

彼が復帰後のシーホークスのディフェンスは、カーディナルス戦と49ers戦で失点を3に抑え、今季最小を記録。イーグルス戦では失点こそ14でしたが、平均得点でリーグ4位のイーグルス攻撃陣を総喪失ヤードを139ヤード(ラン22ヤード)に抑え、これも今季最小となっています。


DEやセイフティなどとの連携も良く集散が早いのもシーホークス守備陣の特徴。難解なスキームやギャンブル的なブリッツも多用しない。各ポジションにサイズとスピードで圧倒できる人材を配置し、シンプルな戦術ながらタックルの正確さや強さといったファンダメンタルが持ち味。

専門サイトを見ているとボビー・ワグナー(2012年2巡指名)、K.J. ライト(2011年4巡指名)、マルコム・スミス(2011年7巡指名)、ブルース・アービン(2012年1巡指名)の先発要員が揃って新人契約下にあるという。

若手選手が高年俸ベテラン選手とのロスタースポット争いを勝ち抜き、スーパーボウル史上5本の指に入る平均年齢の若さで頂点に立ちました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/12 Fri. 15:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1209

イチローはSDパドレスと契約!?MLBウィンター・ミーティング始まる。  



現在の戦力、チームの環境、
 そして
新代理人とチームとのパイプ…  


先日もお伝えしましたが、MLBの各球団関係者、選手の代理人、各メディアの記者などが集まって行われるウィンター・ミーティングが12月8日から11日の4日間にわたってカリフォルニア州のサンディエゴで開催されます。

ジョン・レスターの大型契約先やマックス・シャーザー、ジェームズ・シールズFA投手の去就など、注目のポイントはあるようですが、やっぱり日本人選手の動向が注目です。

たとえば、イチローの場合、新しい代理人ジョン・ボッグスの存在がポイントになりそうですね。

2001年のシアトル・マリナーズ入団から14年間、イチロー選手はトニー・アタナシオに代理人業を依頼していましたが、今オフからボッグスと新たなに契約しました。

MLB関連の専門サイトを調べているとこんな記事がありました。そこには、あるメジャー球団の上層部のコメントとして「最近のFA選手のトレンドは、まず自分の行きたい球団を決めることだ。すると自分が希望する球団に強いパイプを持つエージェントは絞られる。あとはそのエージェントとタッグを組んで、交渉するだけさ」。


イチローの新代理人は
パドレスと太いパイプを持つ人物。


イチローが新たに契約した代理人ボッグスという人物は、メジャー通のジャーナリスト福島良一さんによれば1983年からエージェント業をはじめ、多くの選手を抱えている腕利きの代理人ということです。

その中でも一番有名な選手は、今年54歳の若さで亡くなったトニー・グウィンでしょう。1982年のメジャーデビューからサンディエゴ・パドレスひと筋で20年間プレイし、首位打者8回、通算3141安打を記録した安打製造器です。

そのサンディエゴを本拠地とするパドレスは、最下位ランクの貧打線です。打率2割6分以上、100安打以上をマークしたのは、わずか2選手。その結果、チームの打撃成績は、打率.226、出塁率.292、長打率.342、535得点、1199安打……、いずれもメジャー30球団で最低の数字でした。

特にひどかったのが、1番・2番バッターです。1番バッターに合計8選手を起用して、平均打率.241、平均出塁率.292は30球団中29位。71得点は29位タイ、17盗塁は24位タイと、誰も1番バッターとしての役割を果たしていませんでした。

今オフのパドレスの補強ポイントは、間違いなく攻撃力のアップです。その中でも、スピードのある攻撃が必要とされています。


さらに2004年にオープンした本拠地ペトコ・パークは、外野が広くて本塁打が出にくいため、パドレスはスピード重視の野球を目指しました。


現在の戦力、チームの環境、そして新代理人とのパイプ…。このことからイチローが、西海岸のパドレス移籍を視野に入れて代理人を変更したと考えることができそうです。

メジャーで通算2844安打をマークしているイチローは、通算3000安打にあと156本まで迫っています。パドレスなら出場機会が増えて、その可能性は高まります。



MLBのくわしい情報や話題は
関連記事

Posted on 2014/12/09 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1208

野球・ソフト“五輪復活”なるか!?きょうIOC臨時総会  


注目は、オリンピック開催都市に
 競技種目を提案させるという試み


IOC(国際オリンピック委員会)の臨時総会が、日本時間8日、モナコで開催されている。
今回、競技種目数の見直し案などが審議され、その結果によっては、2020年の東京五輪の野球やソフトボールなどの“復活”が新たに追加される可能性も出てくることから注目を集めている。

28の競技数の上限の撤廃や、五輪開催都市が実施種目を提案できる項目を盛り込んだ中長期改革「五輪アジェンダ2020」が審議されるもようで、承認されれば、2020年東京五輪での野球・ソフトボールの追加が有力視され、来年7月のIOC総会(クアラルンプール)で同競技の復活が決まる。 

競技数の上限はなくなるが、一方で競技種目は310種目、1万500人を超えない範囲という規定を設け、五輪規模の大幅な拡大には一定の規制をかけるというもので、「空手」などは14種目ある。

いずれにしても開催都市が、実施競技を追加提案できるようにするという規定に変えられるというのは画期的な試みといえそうだ。

さらに改革案では、開催地以外の都市や国の既存の施設を活用する分散開催を認め、サッカーなどの人気種目が全国で開催できる可能性が広がるということで、その意味でも審議に注目したい。

改革案が承認されれば、野球・ソフトボールは空手やスカッシュと並んで追加候補に挙がり、最終決定することが濃厚な来年7月の総会で正式に選ばれる可能性が高いという。


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2014/12/08 Mon. 16:45 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1208

メジャーリーガー川崎ムネリン「恩返し夢教室」を福島飯館村で開催  



「恩返し夢教室」と題した野球教室を開催。  


ブルージェイズからFAとなっている川崎宗則内野手(33)が7日、東日本大震災の復興支援活動として「野球教室」を開催した。

これは、スポーツイベントを実施しているダブルエディケーション(東京都)が主催し、東京電力福島第一原発事故で全村避難した村の子どもたちを励まそうと企画されてもので、福島県飯野町にある飯舘村の仮設飯舘中体育館で催された。


(写真、記事共に福島民報参考)


これには、飯舘中と同市にある飯野中の野球部員ら約40人が参加し、川崎選手とキャッチボールやランニング、ストレッチに取り組んだ。

川崎選手がキャッチボールで正確な制球を披露すると、中学生は歓声を上げて見入っていたという。首を振りながら変化球を投げるコミカルなしぐさも見せ、明るい川崎選手のキャラが、会場を楽しい雰囲気に包み込み、参加者から笑顔が絶えなかった。

川崎は、「野球が楽しくなるような練習に取り組むことが大切だ」と呼び掛けた。




スポーツ紙によれば、川崎はシーズン終了以来、「日本もアメリカも両方視野に入れている」「フィフティー・フィフティー(50:50)」と話し、オリックスなどが獲得に興味を示していた。


しかし、この日は「トゥエンティー・エイティー(20:80)」と発言。「どちらかは言えないので予想してください」と続けたが、複数の関係者によれば、メジャー残留に気持ちが固まりつつある。


トロント・ブルージェイズのホーム、ロジャースセンター


いよいよ日本時間の明日9日からサンディエゴでウインターミーティングが始まるが、川崎は、今季メジャー3年目で自己最高の打率.258をマーク。堅実な守備でも貢献。地元トロントでもその明るいキャラクターで絶大な人気を誇ることから、ブルージェイズでの契約更新が有力視されている。



←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/12/08 Mon. 15:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1207

アメフト京大が2部降格の危機!きょう入れ替え戦  




しかも、あの闘将水野氏率いるチームと対戦!  


関西学生アメリカンフットボールリーグの1、2部入れ替え戦が7日、神戸市王子スタジアムで行われ、京大(1部7位)追手門学院大(2部A1位)が対戦します。

あの強かった京大ギャングスターズがまさかの入れ替え戦。多くのメディアがとりあげた事でもわかるように日本のフットボール界にも衝撃的なニュースです。

今では、社会人リーグが充実してきましたが、長い間、日本ではマイナースポーツのアメリカンフットボールは、カレッジが支えていました。

とくに関西では人気が高く、関西学院大の故・武田健さん率いるファイターズが東京のチームを撃破する大学日本一をきめる「甲子園ボウル」は、冬の風物詩でした。

その私立の王者関学に挑んだチームが、スポーツ推薦もない国立大ながら奮闘する京大ギャングスターズでした。

東大と並ぶ最高学府でありながら日本一を目指すチームがあるということで関西のフットボール人気に火をつけたのが京大でした。

伝説の「雨の日生球場」はテレビ初中継が行われたほどで「大学行ってアメフトやりたい」という人も多かったと思います。私もその一人でした。

1982年、あの初の単独優勝を決めた全勝対決「関京戦」は、私も2部リーグでプレーする現役の選手でしたが、チームの皆で応援に行きました。京大RB松田さんが全盛期で、松田さんに走路を開けていたFBの藤田さんが不慮の事故で亡くなられて、その為かスタンド全体が京大を応援していました。

その後、QB大社さんが率いて日本一になり、QB東海の時代には、黄金期を迎えました。そんなチームが、入れ替え戦に臨みます。

しかも、相手は、その京大黄金期を作った闘将・水野弥一さん率いる追手門学院大。1977年を最後に1部から遠ざかっている追手門学院大は今春、水野氏を総監督に招聘してチームを立て直しました。

京大を6度大学日本一導いた手腕でチームを強化。2部リーグを制し、入れ替え戦出場にこぎつけた。聞いたところによると半分以上の練習時間を基本のタックル練習に費やしたとか。「守備を中心に」基本を徹底して叩き込むスタイルです。

わかる気がします。アメフトは、やっぱりディフェンスが面白い。いいタックルは一生涯忘れません。自分の成功体験としても心に強く残る。自信につながる。

この一戦「因縁の師弟対決」は11時からキックオフです。




しかし、京大ギャングスターズを見てもわかるように4年で選手が卒業するカレッジでは、長くチームのレベルをキープするのは至難の技といえます。母体である大学側のスポーツ活動(部活)への理解や支援、OB組織の充実などが単純に考えても必要です。

アメリカでは、スポーツの一大ブランド「ナイキ」の創業者フィル・ナイトが出身校のオレゴン大学に多額の寄付をしています。寄付には税金面で軽減措置がとられることもありOB達が後輩のチームを支えるという風土が出来上がっています。

日本でも一歩進んだ包括的なスポーツ振興策を進めて欲しいものです。「スポーツ庁」の創設もそのひとつかもしれませんが、役所をひとつ増やし、予算の分配をするだけなら意味がありません。民間の力を前面に出して制度面の見直しなどで行政が後押しする。当たり前のことですね。

すべてのスポーツは、する人、応援する人の“活力”につながる。そう思いますが、どうですか!?




↑お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2014/12/07 Sun. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1206

【MLB】テキサス・レンジャーズがダルの同僚で元広島C.ルイスと1年の再契約  



いよいよ来週からMLBウィンターミーティング
日本人選手たちの移籍先は?  



MLB各球団のGM、監督や選手代理人の集う「2014ウィンターミーティング」が、現地時間12月8日~11日に米カリフォルニア州サンディエゴで開催されます。

それを前にテキサス・レンジャーズが現地4日、このオフにチームからフリーエージェント(FA)となっていたコルビー・ルイス投手と年俸400万ドル(約4億8000万円)の1年契約を結びました。

2008年と2009年には広島東洋カープでも活躍した35歳の右腕は、今季10勝14敗、防御率5.18の内容。

それでも先発登板数29試合と投球回数(170回1/3)はチーム最多で、球宴明けは4勝8敗ながら防御率3.86とチームの先発ローテーションをキープしていました。


レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは「コルビーが戻って嬉しく思う。彼はストライクが投げられるし、たくさんのイニングを稼いでくれる。我々の若手選手が見習うべきタイプのピッチャーなんだ」と述べています。 

一方のルイスも「僕の気持ちはテキサスに戻ると決まっていた。だから(合意まで)時間がかからなかったんだ」とコメント。FAとなったことで他チームと交渉することもできたが、チームとの再契約以外は考えていなかったとコメントしています。

なお、レンジャーズは同日、先日にチームからノンテンダー(Non-tender)となっていたマイケル・カークマン投手とマイナー契約。同選手はメジャーの春季キャンプに招待選手として参加します。


日本人プレイヤーたち。イチロー外野手、黒田投手、青木宣親外野手、川崎ムネリンも気になりますね。渡米した元阪神の鳥谷選手の契約はどうなるのか?注目したいですね。



関連記事

Posted on 2014/12/06 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド