メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

1031

上原浩治 レ軍と2年1800万ドルで契約延長!来季もフェンウェイであの勇姿が見れる!  



来季もフェンウェイで
あのハイファイブが見れる


ボストン・レッドソックスの公式サイトが、今季もチームのクローザーとしてオールスターにも選出される活躍をした上原浩治投手(RHP)と2年1800万ドル(約19億6000万円)で契約を延長することを発表した。

上原は昨シーズン、レッドソックスに1年契約で入団してシーズン途中から抑えとなり、ワールドシリーズ制覇に貢献。契約を延長した今季も抑えとして活躍し、64試合に登板し6勝5敗、26セーブの成績を残している。



○・・・レッドソックスのジョン・ファレル監督
「来季も残ってほしい。チームも努力を惜しまない」と再契約をあらためて希望。今季夏場に調子を落とし、9月初旬から抑えを外れたが、「どんないい投手でも不振の時期がある。彼はレンジャーズ時代にも同様のことがあった」と説明していた。(この部分、スポニチ引用)






←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ

関連記事

Posted on 2014/10/31 Fri. 06:37 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1031

ベースボールファンを魅了したロイヤルズの機動力野球  


ベースボールの原点を楽しませてくれた
 
2014WS 敗れたロイヤルズにも賛辞を贈りたい。



2014年のワールドシリーズは、サンフランシスコ・ジャイアンツが4勝3敗で、カンザスシティー・ロイヤルズを下してワールドチャンピオンに輝いた。

負けたとはいえベースボールファンをワクワクさせたロイヤルズの戦い方には賛辞が贈られるだろう。今ポストシーズンでのロイヤルズの快進撃を目撃したすべてのファンは、その戦い方にベースボールが本来持っているもう一つの楽しさを味わったのではないかだろうか。

万年Bクラスのチームが、大都市の金満球団にはないドラフトからの育成でチームを作り、ここ数年でその成果を実らせ、29年ぶりというポストシーズンを勝ち上がる姿は、全米の関係者を驚かせた。

多くの延長戦を含む接戦の連続も強力なブルペン陣と機動力で勝ち抜き、ビッグネームをそろえたチームをアップセットしていった。



シャープな打撃でブレイクした1塁手エリク・ホズマー。驚異的な守備範囲でベテラン記者たちをも驚がくさせたセンター、ロレンゾ・ケイン。脚のスペシャリスト、ジャロッド・ダイソン。説明するまでもないがライト、青木宣親




投手陣では、童顔から100マイル(約160キロ)前後の真っすぐを投じたルーキーの
ヨーダノ・ベンチュラ。豪球の連投で名だたるスラッガーたちを震撼させたケルビン・ヘレーラ、ウェード・デービス、グレグ・ホランドのブルペン三銃士などなど。

最後は“王朝時代”といわれるジャイアンツに屈したが、カンザスの若手メジャーリーガー達は、清々しいロイヤルブルーの印象を与えてくれ、ベースボールファンにとっての10月を間違いなく楽しいものにしてくれたといえるだろう。



 
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/31 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1030

WS-G7 青木のロイヤルズ大勝 WS制覇に逆王手!決着は最終戦へ  


青木がWS安打でタイムリー



ロイヤルズ
が、地元で行われたジャイアンツとのワールドシリーズ第6戦に10対0で大勝。先発のルーキー、ベンチュラ投手が7回無失点の快投でした。


打線は15安打10得点の猛攻でベンチュラを援護。ロイヤルズはシリーズの
対戦成績を3勝3敗のタイに戻し、世界一に逆王手をかけました。


そのゲームの動画はこちら

青木は、2番ライトで先発。第1打席は空振りの三振に倒れましたが、2回の第2打席には、1アウト満塁のチャンスで打席が回り、7球目の甘く入った速球を捉えて三遊間を抜くタイムリーヒットを打ちました。WS初安打、初打点。



ワールドシリーズ第7戦 は、ジャイアンツが214勝のハドソンRHP 、 ロイヤルズはガスリーRHPが先発します。

昨日も触れましたが1982年以降のリーグ優勝決定戦、もしくはワールドシリーズでホームチームが第6戦に勝利すると、そのチームは第7戦でも14勝1敗で勝つというデータもあります。このデータでいくと青木のロイヤルズが有利といえそうです。





←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/30 Thu. 05:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1029

青木先発復帰!ロイヤルズが運命のワールドシリーズGAME6  




サンフランシスコ・ジャイアンツが対戦成績3勝2敗と世界一に王手をかけて迎えるワールドシリーズ第6戦。

カンザスシティ・ロイヤルズは、本拠地カウフマン・スタジアムで行われるシリーズ第6戦の先発に、23歳のルーキーRHPヨーダノ・ベンチュラ投手を立てる。

 ベンチュラは22日の第2戦に先発し、6回途中8安打、2失点の内容で勝敗つかず。チームはベンチュラの後にケルビン・ヘレラ、ウェード・デービス、グレグ・ホランドの自慢の救援トリオ“HDH”を投入してシリーズ初勝利を挙げた。

一方、サンフランシスコ・ジャイアンツはベテランのジェーク・ピービー投手RHPが先発する。

 33歳のピービは22日のシリーズ第2戦に先発。しかし6回途中6安打、4失点と課題の残る内容で敗戦投手となった。今年のポストシーズンは3試合の登板で計14回2/3を投げ、1勝1敗、防御率3.68という内容。


27日に記者会見したロイヤルズのヨースト監督は青木を「2番・右翼」で4試合ぶりに先発起用することを明らかにした。第6戦からはDH制に戻るためで、これで8連勝していた時のオーダーが復活する。

1982年以降のリーグ優勝決定戦、もしくはワールドシリーズでホームチームが第6戦に勝利すると、そのチームは第7戦でも14勝1敗で勝つというデータもある。




←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキング
関連記事

Posted on 2014/10/29 Wed. 06:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1028

涙をこらえ亡き友に捧げたタイムリー SFジャイアンツのペレス WS-GAME5  

 突然の報に涙をこらえて出場
 亡き友に捧げるタイムリー
 

WS-GAME5

サンフランシスコ・ジャイアンツが現地26日、地元で行われたカンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズ第5戦に5対0で完封勝ち。対戦成績を3勝2敗とし、2年ぶりのシリーズ制覇まであと1勝とした。

ジャイアンツのファン・ペレスは、このゲームで8回に勝利を決定づけるフェンス直撃の2点タイムリーを放った。



ジャイアンツのダッグアウトには、この試合の途中、ナ・リーグ優勝決定シリーズ(NLCS)で戦ったセントルイス・カーディナルスのオスカー・タべラス外野手が、交通事故により死亡したという訃報が入った。タベラスは22歳の若さだった。

この突然の訃報に、ジャイアンツのフアン・ペレス外野手は、「背後で『タベラスが事故で死んだ』と話しているのが聞こえたんだ、タベラスは親友だった。彼のお母さんやお父さん、兄弟も良く知っている。本当に仲が良かったんだよ」と試合後、声を詰まらせながらコメントした。

ペレスと亡くなったタベラスは、同じドミニカ共和国出身で、母国のWinter Leagueではチームメイトとしてプレーしていた。

ペレスは、あまりの悲しみに試合に集中することができなかったという。

しかし、同郷のホアキン・アリアス内野手に「しっかりしろ、強い心を保つんだ。俺たちは絶対に勝たなければならないだろ」と励まされて、目に涙を浮かべながら6回に代走として出場した。そして、8回に打席が回ってきた。

ペレスはこの一打を亡き親友へ捧げ、「人生、何が起こるか分からない。うまく説明できないけれど、酷いことだ」とその早すぎる死を悼んだという。



交通事故でなくなったカーディナルスの新人オスカー・タべラスは10月12日、セントルイスで行われたジャイアンツとのNLCS第2戦の7回に代打で出場。見事に期待に応え試合を振り出しに戻す同点のソロアーチを放った。



 

←MLBのくわしい情報や話題は

関連記事

Posted on 2014/10/28 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1027

ジャイアンツがエースの完封で連勝、世界一に王手 WS-G5  





 ジャイアンツ3勝、ロイヤルズ2勝



サンフランシスコ・ジャイアンツ
が現地26日、地元で行われたカンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズ第5戦に5対0で完封勝ち。対戦成績を3勝2敗とし、2年ぶりのシリーズ制覇まであと1勝とした。

http://www.sanspo.com/common/css/20120301/images/arrow_cap_001.gif) 0px 0.1em no-repeat scroll transparent;"> ▼ジャイアンツ- ロイヤルズ 第5戦 (AT&Tパーク、09:07、米東部26日 20:07)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ロイヤルズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ジャイアンツ 0 1 0 1 0 0 0 3 × 5




ジャイアンツは、ブランドン・クロフォード遊撃手のタイムリーなどで4回までに2対0とリード。8回にはクロフォードのこの日2本目のタイムリーなどで3点を追加した。



投げては、先発のマディソン・バムガーナー投手(LHP)が、9回4安打、無四球、8三振、無失点と完封した。

ワールドシリーズで完封勝利を挙げるのは、2003年に当時フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)のジョシュ・ベケットが、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズ第6戦で記録して以来、11年ぶりのことだった。バムガーバーはシリーズ驚異のERA0.29。


なお、ロイヤルズの青木宣親外野手は、8回裏にライトの守備で途中出場。この日は守備のみだった。第6戦は王手をかけられたロイヤルズの本拠地カウフマン・スタジアムで28日に行われる。

第6戦の先発はロイヤルズが、ベンチュラRHP。ジャイアンツはピービーRHP





←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/27 Mon. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1025

WS-G3 舞台のサンフランシスコAT&Tパークはライト方向への打球に注目!  

出るか!スプラッシュヒット!! 

WS-GAME3

青木宣親所属の
ロイヤルズと強豪ジャイアンツが激突している2014年のワールドシリーズ(WS)は、1勝1敗で並び、舞台をジャイアンツの本拠地サンフランシスコのAT&Tパークへと移す。

このスタジアムは、イチローが2007年のオールスターゲームでランニングホームランを記録したことで日本の野球ファンにもなじみのある球場。

外野スタンドが左右対称のロイヤルズのカウフマンスタジアムに対して、いかにもメジャー的な特徴のある球場です。


ホームベースからレフト側までが339フィート(約103.3メートル)あるのに対し、ライトは309フィート(約94.2メートル)しかない。

レフトスタンドには大きなコカ・コーラのオブジェとグローブがあり、ライト側は削られていてふくらみが無く、スタンドも小さいため「スプラッシュヒット」と呼ばれるホームランボールがサンフランシスコ湾の入り江に飛び込むという構造になっている。



そのためライト方向のフェンスは高さ25フィート(約7.6メートル)もある。さらに右中間は最深部が420フィート(約128メートル)もあり、これは本塁から中堅までより長い。

この独特の構造と高いフェンス、そして海からの向かい風が相まって、とくに左打者には不利な球場で、2000年の完成以降、30本以上ホームランを打ったのは、わずか3人。左打者ではラリー・ボンズが30本以上を打っているだけ。

「スプラッシュヒット」もホームの選手が68本、アウェイの選手が36本しか出ていない。


ジャイアンツが、「スモールベース」をかかげるチームということもホームランの出にくさと関係しているのかも知れない。

さらに、ふだん慣れてないロイヤルズの外野手たちには、クッションボールの処理などで判断ミスが出ることも考えられ、1点を争うスタイルのチーム同士だけに、その外野守備での判断ミスがゲームの行方を左右する重要なファクターになることも考えられる。


あのオールスターでイチローがダイヤモンドを駆け抜けたように、機動力が武器のロイヤルズに吉と出るか凶と出るか、そんな部分にも注目して第3戦以降を見てみたい。



関連記事

Posted on 2014/10/25 Sat. 05:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1024

フェンウェイパークに、今年も流れた『もぐらの唄』 レッドソックス田澤純一  


田澤純一 崖っぷち人生に拍手!


今季もメジャーで屈指の熱いファンを抱える
レッドソックスのブルペンを支えた
RHP田澤純一

フェンウェイパークのマウンドに田澤純一が上がるたびに、登場曲『もぐらの唄』(EXPRESS)が流れる。レゲエ調のリズムが耳に心地良く、ボストンの地元で問い合わせが殺到したという。




「登場曲を決めるように言われて、日本語の歌がいいなと思って色々探したんです。偶然見つけて、歌詞が気に入って。こんな風になれたら、いいなぁと思って選びました」と田澤。




「おせっかいと言われても、ボストンの人々に歌詞の日本語訳を是非、知ってもらいたい」。というのは田澤と同じように海を渡った一村順子さん(スポーツライター)。

その内容が、まるで、彼の波瀾万丈の野球人生、そのものみたいな歌だからだ。


♪やりたい事やりたいように 燃えてんだ 
まるで太陽のように
出来ない後戻り


「やりたい事やりたいように」。
田澤は、社会人野球から日本プロ野球を経ることなく、
ダイレクトにメジャーを目指した。

「出来ない後戻り」。単身、海を渡った。
その後、日本の球団と契約できないルールまで出来た。

批判も浴びた。誹りも受けた。だが、信念を貫いて海を渡った。
2年目の春には右肘靱帯再建手術。


♪しない脱落 したい活躍 どん底に落ちてもそこからRise Up
思考錯誤 決めた覚悟 3日もたなきゃ それは鼻くそ



田澤は遠征に出る際に、自分のロッカーをそっと整理整頓していた。
万一、遠征中に非情のマイナー行きを告げられた時、
クラブハウスの用具係が荷物を出し易いように。



♪出来ない後戻り 諦めたくないこの思い
不安という名の荷物背負いながら でも立ってんだって今ここに
辞めてたまるか 金が貯まるか 穴にはまるか下がるか 上がるか
勝利の女神俺に笑うか 描いた夢は最後に叶うか



セットアッパーとしてメジャーの名門ボストン・レッドソックスで
揺るぎない地位を確立した田澤。

それでも、不振や故障で戦線離脱する者が、
跡を絶たないこの世界。
バリバリのレギュラーだった選手が、
マイナーでもがき苦しんでいることも、珍しくない。

下がるか、上がるか、日々息詰る勝負を重ねながら、
更にワンランク上を目指して、自らの投球スタイルを築き上る。


田澤の登場は、抑えを務める上原浩治と共に、
“勝利の方程式”の一角を担っいる。
つまり、
『もぐらの唄』は、
本拠地球場に勝利の予感が漂う中で流れる
定番のメロディーということになる。



最後に、何度もリフレインされる印象的なサビの部分を。


♪この先もいろいろあんだろう それならその度にがんばろう
転けそになっても踏ん張ろう そうやって俺は強くなろう
何か残すため Born & Grow 決めたら最後までやり遂げよう
泣いても笑っても人生は一度きり


田澤は、自分の野球人生を「常に崖っぷち」と表現したことがある。

横浜商高時代は、プロはともかく、社会人からも声が掛からず、
野球とは全く関係のない仕事で就職するつもりで、内定も貰っていた。

「たまたま、練習を見に来ていた人が声を掛けてくれて、拾ってもらった」(田澤)、
いわば、”滑り込み”の形で、社会人の新日本石油で野球を続けることができた。

とはいえ1年目は、芽が出ず、キャッチボールの相手にも事欠き、
黙々と壁に向かって投げていたこともある。

社会人で野球で成績が出ず、通常業務にシフトされるのでは、
という危機感は常に背中合わせだったという。

まさに、この歌詞の通り、何度も、何度も、
転けそうになっては、踏ん張り、そうやって強くなってきたのだ。

この先も、色々あるだろう。
疲労が重なったり、不用意な1球を悔やんだり、
試行錯誤は、まだまだ続いている。

泣いたり笑ったりしながら、田澤の心から、
この歌のスピリットが消えることはないだろう。





お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2014/10/24 Fri. 02:12 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1023

WS-G2 ロイヤルズが快勝!舞台はサンフランシスコへ  



 6回にビッグイニング GAME2


◆ GAME 2 ◆ カウフマン・スタジアム 米東部 22日 20:07
123456789
ジャイアンツ1001000002
ロイヤルズ1100051007

青木宣親が出場したジャイアンツとのワールドシリーズ(WS)第2戦は、6回にバトラーのタイムリーなど連打で5点を奪ったロイヤルズが7-2で勝利し、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

ホームで連敗だけは避けたいロイヤルズ。この1勝は大きかった。シリーズの緊張感が解けました。


見どころは、6回でした。2-2の同点。ロイヤルズは、無死1、2塁として、バトラーが1回につづいて再びレフトにタイムリー。4番の役目をこなすと、ペレスの2点二塁打で3点差。さらに、続くインファンテが2ランを放ち、この回だけで一気に5点を奪いました。

ロイヤルズはその後、必勝パターンのヘレーラ、デービス、ホランドの3投手がリードを守り29年ぶりのWS勝利を挙げた。

勝利の方程式であるデービスやホランドが、セーフティリードで肩ならしができたのもシリーズの今後を戦う上で良かったのではないでしょうか。

「2番・ライト」で先発出場した青木は3打数無安打でWS初ヒットはならず、6回の守備から退いた。

第3戦は、1日の移動日をはさんで24日(日本時間25日)、ジャイアンツのホーム、サンフランシスコに舞台を移して行われます。





←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/23 Thu. 16:35 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1023

WS-G1 ロイヤルズはシ-ルズが打ち込まれ打線もバムガーナ―に沈黙  




経験の差が明暗を分けたGAME1

◆ GAME1 ◆ カウフマン・スタジアム 米東部21日20:07
123456789
ジャイアンツ3002002007
ロイヤルズ0000001001

ジャイアンツは、過去5年間でワールドシリーズ(WS)3度目の進出。米メディアでもそんなチームをダイナスティー“王朝時代”と形容している。

この初戦も緊張気味のロイヤルズエース、シールズ(RHP)に対して、ジャイアンツのガムバーガー(LHP)は、2010年、12年に続く3度目の先発。ビッグゲームでのマウンドを知り尽くしている。

直前のリーグ優勝決定シリーズ(NLCS)でも好投して最優秀選手(MVP)を獲得。今季18勝を挙げた25歳左腕が期待通りの投球を見せた。




ロイヤルズもつけ入る隙は十分あった。3回ウラ、無死2、3塁とチャンスをつかむ。

しかし、この得点機に1番エスコバーは空振り三振に倒れ、続く2番青木もハーフスイングをスイングの判定で三球三振に倒れた。(青木は対ガムバーガーは通算15打数ノーヒット)

その後、満塁となってから4番ホズマーもセカンドゴロに打ち取られ、ロイヤルズは絶好の得点機を逃した。 

その直後の4回表、ジャイアンツは無死1、3塁とチャンスを作ると、モースにセンターへのタイムリーを浴び、シールズはここで降板。救援のダフィー(LHP)も乱れ、1死2、3塁から2連続四球の押し出しで、5点差とされた。

この攻防に両チームの経験の差がはっきり出た。これまでのように機動力を生かしきれないロイヤルズに対し、3点リードのジャイアンツは、シールズを引きずりおろし、救援のダフィーが左腕と見るや左のイシカワに替え右打者の代打ペレスを送り、ペレスは送りバンドを決めた。

走者2、3塁とチャンスは拡がりジャイアンツは結果的に2点を追加した。

ロイヤルズは、代名詞の機動力を使い切れず、ジャイアンツはシーズンどおり“スモールベースボール”を実行した。

自分のスタイルで戦えるかどうか、この差が両チームの経験の差といえるのではないか。


 
メジャーリーグ ブログランキングへ


関連記事

Posted on 2014/10/23 Thu. 00:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1022

いよいよWS-GAME1 ジャイアンツ@ロイヤルズ  




王朝ジャイアンツとミラクル・ロイヤルズ




いよいよ現地21日(日本時間22日)、青木宣親外野手が所属するロイヤルズジャイアンツのワールドシリーズ(WS)が開幕する。

史上2度目となるワイルドカード同士の対決ですが、1985年以来となる29年ぶりのリーグ優勝を果たしたロイヤルズに対し、ジャイアンツは最近5年目で3度目のWS進出。しかも、2010、2012年に世界一と圧倒的な強さを見せている。

ロイヤルズは、同一ポストシーズンでの延長戦のゲームを4勝するというミラクルを演じているが、戦い方は、ご存知のように機動力を生かしたスモールベースボールが信条。

その事については多くのメディアで伝えられているので省略するが、今季メジャートップの153盗塁をマーク。ポストシーズンでも13盗塁を決めている。



今季はロイヤルズが3戦3勝


今季の対戦はどうだろう。インターリーグ(交流戦)で8月8~10日に3連戦が組まれており、ロイヤルズが本拠地で3戦3勝。初戦は今季18勝のエースのマディソン・バムガーナーに土をつけ、残り2戦はティム・ハドソンティム・リンスカムを打ち崩している。これはロイヤルズにとっては自信につながるデータだろう。

ただ、敵地サンフランシスコでの対戦ではDH制がなくなるため、戦い方に大きな違いが出てくる。特に、ロイヤルズはポストシーズン(PS)に入ってから、すべて同じスタメンで8試合を戦い、同一PSではメジャーリーグ新記録となる無傷の8連勝と快進撃を続けてきた。

その繋がった線で戦ってきたスタイルが、投手の打席で途切れるためベンチワークが勝敗のキーになるかもしれない。

投手が打線に入らなければいけないサンフランシスコでの戦い方は、1つのポイントになりそうだ。


今季の相性はいい青木の活躍に期待!


2番青木はどうだろうか。最初の2年間はナ・リーグのブルワーズでプレーしていたため、ジャイアンツとの対戦は他の選手より多い。

しかし、レギュラーシーズンの過去3年間で、ジャイアンツ戦は含む16試合に出場し、53打数11安打、1本塁打、5打点、11得点。打率.208は、青木としては非常に低い数字だ。7四球を選んでいるため出塁率は.323となっているが、苦手と言える相手かもしれない。

左打者ながら左腕を得意とする青木だが、バムガーナーには実に13打数無安打と完全に抑え込まれている。ハドソンとは8打数2安打の打率2割5分。7投手と対戦経験があり、トータルで36打数5安打の打率1割3分9厘と低い数字だ。

ジャイアンツには相性が悪そうだが阪神、オリックスでプレーした先発RHPのライアン・ボーグルソンとは、メジャーに来てから3打数無安打ながら、日本時代には2007~2009年の3年間で19打数6安打と打ち込んでいる。

とくに今季の対ジャイアンツ3試合では、7打数3安打の打率4割2分9厘。1打点、2得点を挙げており、3四死球を含めると出塁率は6割と高い数字になっている。



←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/22 Wed. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1018

NLCS SFジャイアンツがサヨナラ勝ちでWS進出決める  



 青木の元同僚イシカワが決勝サヨナラ3ラン



ナショナルリーグのリーグ優勝決定シリーズ(NLCS)は、サンフランシスコ・ジャイアンツが4勝1敗でセントルイス・カーディナルスを破り2年ぶりのワールドシリーズ進出を決めました。


これで、ことしのワールドシリーズ(WS)は、アメリカンリーグ青木宣親選手の所属するロイヤルズとナショナルリーグのジャイアンツの対戦となりました。


ワールドシリーズ進出まであと1勝としたジャイアンツは、1点を追う8回に代打モースのホームランで同点に追いつく。

続く9回裏には、
この回からマウンドに上がったカーディナルス3番手のマイケル・ワカRHPから1死一、二塁の好機を作る。続く打者はトラビス・イシカワ。

イシカワは、ワカの3球目に投じた低めのストレートを完ぺきにとらえると打球はライトスタンドに消える劇的なサヨナラ3ランとなった。


「これまでにワカとの対戦はなかったが、いいストレートとチェンジアップを持っているというのは知っていた。あのホームランはコンパクトなスイングを心掛けた結果。最高だよ。言葉にならない」。 

そう自身初のサヨナラ本塁打を振り返り、満面な笑みのイシカワは曽祖父が日本人の日系4世。

02年にジャイアンツからドラフト22巡目(全体637位)で指名され、09年にメジャーに定着。120試合に出場して打率2割6分1厘、9本塁打、39打点の成績を残し、新人ベストナインに選ばれた。

しかし、その後はメジャーとマイナーを行き来する日々が続き、今季はパイレーツで開幕を迎えるも4月にフリーエージェントとなる。

その後、古巣ジャイアンツとマイナー契約を結んだイシカワは7月にメジャーに昇格すると、62試合に出場して打率2割5分2厘、3本塁打、18打点でチームのポストシーズン出場に貢献した。

ジャイアンツは2年ぶりのWS進出です。ことしのWSは、日本時間の22日にロイヤルズの本拠地カンザスシティーで開幕します。



←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/18 Sat. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1016

ロイヤルズ青木宣親がワールドシリーズへ(日本人12人目)  


【試合終了】 ◇現地10月15日◇開始16時07分◇カウフマン・スタジアム
チーム  計  
http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">オリオールズhttp://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">1http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">0http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg2.gif) 50% 0% repeat-x rgb(255, 253, 216);">1
http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">ロイヤルズhttp://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">http://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg.gif) 50% 0% repeat-x rgb(242, 241, 229);">Xhttp://cache2.nipc.jp/baseball/img/score-td_bg2.gif) 50% 0% repeat-x rgb(255, 253, 216);">

 【ロイヤルズ】
 
○バルガス(1勝0敗)
 
ヘレラ
 
デービス
 
Sホランド(4セーブ)
【オリオールズ】
 
●M・ゴンザレス(0勝1敗)
 
オデイ
 
A・ミラー
 
ブリトン
[本塁打]
 
フラーティ(オリオールズ)1号


青木のロイヤルズナインが試合後のシャンパンファイトで喜びを爆発させた。

ALCS(ア・リーグ優勝決定シリーズ)第4戦はロイヤルズが2-1で勝利。シリーズ4連勝で1985年以来、29年ぶり3度目となるリーグ優勝、ワールドシリーズ進出を決めた。

ポストシーズン(PS)はワイルドカードゲームから無傷の8連勝。同一PSの8連勝はメジャー新記録


青木は2番右翼で出場。第1打席は死球で出塁し、貴重な2点目のホームを踏みました。7回の守備から退き、ベンチで大声を出してチームを鼓舞。9回最後の打者を打ち取るといち早くベンチを飛び出し歓喜の輪に加わった。


日本人選手のワールドシリーズ出場は昨年のレッドソックス上原浩治投手、田沢純一投手に続き、12人目です。

これまではヤンキースの伊良部が1998年にベンチ入り。02年に新庄が初めて試合に出場し、03年以降に松井秀、田口、井口、松井稼、松坂、岡島、岩村がプレーした。09年にはヤンキースの松井秀が日本選手で初となるシリーズ最優秀選手MVPに輝きました。



←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/16 Thu. 09:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1015

ALCS GAME3 ロイヤルズ青木宣親と元中日チェン・ウェインの対決に注目  


カンザスシティーは快晴 どこまで続く快進撃



29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を目指すカンザスシティ・ロイヤルズは、オリオールズとのリーグ優勝決定戦(ALCS)を敵地ボルティモアで2連勝。

ポストシーズン(PS)は、アスレチックスとのワイルドカードゲーム、エンゼルス(西地区優勝)との地区シリーズも含めて6連勝中。(1985年のWS制覇から、まったくPSを経験していないので、通算9連勝)

快進撃が続く青木宣親所属のロイヤルズだが、初戦から6連勝したのは松井稼(現楽天)が所属した2007年のロッキーズ以来、史上4球団目。

しかも敵地2連戦で2勝を挙げたチームは、データ上ではワールドシリーズ進出確率100%らしい。

専門のサイトによれば、リーグ優勝決定シリーズが4戦先勝で勝ち上がりという形式となった1985年以降、敵地で初戦と2戦目に連勝したケースは過去に11回あり、いずれのチームもその後ワールドシリーズ進出を決めているという。


3戦目のオリオールズ先発は、元中日ドラゴンズで、今季16勝のチェン・ウェインLHP。

青木との対戦は、ヤクルト時代のレギュラーシーズン通算成績が30打数12安打、打率・400と相性は抜群。またヤクルト時代のCSでも2試合対戦。いずれもチェンに黒星をつけている。

ロイヤルズは、日系アメリカ人の母を持つジェレミー・ガスリーRHPが先発する。


http://www.sanspo.com/common/css/20120301/images/bg_title_003.gif); background-attachment: initial; background-color: rgb(255, 255, 255); background-size: initial; background-origin: initial; background-clip: initial; background-position: 0% 0%; background-repeat: no-repeat;">リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制、4勝先勝でワールドシリーズに進出)

アメリカン・リーグ ALCS
月日ホームスコアビジター球場現地日本
10/10オリオールズ6-8ロイヤルズオリオールパーク20:0709:07
10/11オリオールズ4-6ロイヤルズオリオールパーク16:0705:07
10/13ロイヤルズ中止オリオールズカウフマン・スタジアム20:0709:07
10/14ロイヤルズ-オリオールズカウフマン・スタジアム20:0709:07
10/15ロイヤルズ-オリオールズカウフマン・スタジアム16:0705:07
10/16ロイヤルズ-オリオールズカウフマン・スタジアム16:0705:07
10/17オリオールズ-ロイヤルズオリオールパーク20:0709:07
10/18オリオールズ-ロイヤルズオリオールパーク20:0709:07
ナショナル・リーグ NLCS
月日ホームスコアビジター球場現地日本
10/11カージナルス0-3ジャイアンツブッシュ・スタジアム20:0709:07
10/12カージナルス5x-4ジャイアンツブッシュ・スタジアム20:0709:07
10/14ジャイアンツ-カージナルスAT&Tパーク16:0705:07
10/15ジャイアンツ-カージナルスAT&Tパーク20:0709:07
10/16ジャイアンツ-カージナルスAT&Tパーク20:0709:07
10/18カージナルス-ジャイアンツブッシュ・スタジアム16:0705:07
10/19カージナルス-ジャイアンツブッシュ・スタジアム19:3708:37
【注】日時はすべてアメリカ東部時間、日本時間は翌日


←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/15 Wed. 06:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1013

広島のマエケン、今オフのメジャー挑戦見送り!?  


前田健太、来季も日本で。FA権獲得は17年。



メジャーリーグから熱い視線が集まる広島東洋カープの絶対的エース前田健太投手(26)のポスティング(入札)制度によるメジャー挑戦を今オフは見送る方針であることが12日、分かった。スポーツ報知が伝えている。


この日、チームはクライマックスシリーズの第1ステージでの敗退が決定。前田は昨年12月に将来的なメジャー挑戦希望を球団に伝えたが、今季の成績などを総合的に判断、球団は来季も残留させる見通しとなった。記事詳細は⇒こちら

前田には、毎試合のようにメジャー関係者が視察していたという。しかし、今季は大事な試合でことごとく勝負強さを発揮できず、特に後半戦は2勝5敗。前田の8年目は
11勝9敗、防御率2.60の数字を残したものの5年ぶりにタイトルを獲得できなかった。

できれば、田中将大のように最高の結果を残して渡米したかったのだろう。本人も「後悔が多いシーズン」と振り返る。

前田の海外フリーエージェント(FA)権獲得は早くても2017年。それまでに挑戦する場合は、球団が権利を持つ現行のポスティング制度を利用するしかない。





関連記事

Posted on 2014/10/13 Mon. 18:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1012

青木のロイヤルズがPO破竹の6連勝 ALCS-G2  


接戦を制しCS連勝!アオキも勝利に貢献

ALCS GAME2 KC6-4BAL


ア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)第2戦。ロイヤルズがオリオールズに6-4で勝利。ロイヤルズ連勝で、このポストーシーズン6連勝。通算では29年前のWS制覇から9連勝。
     

初回、2番青木のレフト前ヒット、4番ホズマーの2点タイムリーでロイヤルズが先制。4回、9番ムスタカスの2号ソロ本塁打で勝ち越しましたが、5回に追いつかれ4-4の同点。

9回、1死二塁から1番エスコバーが一塁線を破る決勝二塁打。さらに、1死一三塁から3番ケインのレフト前タイムリーで、この回2点を入れて試合を決めました。敵地ボルティモアで2連勝。

青木は2番ライトでスタメン。1回はレフト前ヒットで先制点のホームを踏む活躍。第2打席は、センターライナー。第3打席はピッチャ-ゴロ。7回の第4打席はフォアボ-ルで出塁、ここで代走が送られベンチに下がりました。

青木は3打数1安打1四球1得点。2度の出塁やカウント2-3まで粘る打席が目立ち、ロイヤルズの機動力野球「スモールベースボール」のリードオフマンとして活躍しています。

第3戦は日本時間の14日、ロイヤルズの地元カンザスシティーに舞台を移して行われます。


←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/12 Sun. 10:10 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1011

ALCS 青木のロイヤルズとオリオールズがともに3連勝で激突!  



初対戦、パワーのオリオールズ、機動力のロイヤルズ



ALCS=ア・リーグ・チャンピオンシップシリーズ(リーグ優勝決定シリーズ)は、ポストシーズンで初対戦のオリオールズとロイヤルズが対戦する。


レギュラーシーズンでは、4月に3試合、5月に4試合対戦し、ロイヤルズが4勝、オリオールズが3勝とほぼ互角。共に苦手意識はないと思われる。第1戦を前に両チームの戦力を比較してみた。


《守備力》

先発投手陣のシーズン防御率はロイヤルズが3.60、オリオールズは3.61。ポストシーズンでも両チームの6投手が3点台をキープしている。

第1戦の先発マウンドには、ジェームズ・シールズ(ロイヤルズ)クリス・ティルマン(オリオールズ)が上がる。2014年は2人とも、レギュラーシーズンでもポストシーズンでも、それぞれのチームの開幕投手を務めたエースである。

中継ぎでは、ケルビン・ヘレーラウェード・デービスグレグ・ホランドが形成するブルペントリオは安定感がある。


オリオールズも、クローザーのザック・ブリトンがディビジョンシリーズ(DS)で2セーブ&1ホールドを挙げ、奪三振マシンのアンドルー・ミラーがいるが、ブルペン全体ではロイヤルズの方がコマ数が揃っている感じがする。

ロイヤルズはDSで青木を中心に外野陣がピンチを救ったがが、オリオールズもジョナサン・スクープJ.J.ハーディの二遊間コンビが優秀だ。




《攻撃力》

両チームの打線は対照的。オリオールズはパワフル、ロイヤルズは機動力が特徴。オリオールズはリーグ最多の211本塁打を放った一方で盗塁は最少の44しかなく、ロイヤルズは逆に、最少の95本塁打ながら最多の153盗塁を決めた。

ロイヤルズはポストシーズンでも、スピードを存分に生かしている。ワイルドカード・ゲームを含めた4試合で8人が計12盗塁(失敗1)。

3度代走に起用されて3度とも盗塁に成功したテランス・ゴアとともに、アレックス・ゴードンも3盗塁をマーク。足のスペシャリストだ。

この機動力を封じることができるかが、シリーズの行方を左右するかもしれない。初戦で先発のティルマンとコンビを組む捕手ハンドリーのシーズン盗塁阻止率は13.9%しかなく、5月にサンディエゴ・パドレスからオリオールズへ移籍後に限っても18.5%しかない。



ただ、もうひとりの捕手ジョセフの盗塁阻止率は40.4%。相性もあり第1戦は、ハンドリーが起用されるので、ロイヤルズにとっては足を生かすチャンスでもある。

それに対してオリオールズは、2013年に53本塁打を放ったクリス・デービスを薬物陽性反応による出場停止があと5試合残っているため、このCSの25人ロースターにデービスを入れなかった。

それだけに、ディビジョンシリーズと同様に、今季の本塁打王ネルソン・クルーズの打棒が重要となる。DSでも2本塁打。3年前のリーグ・チャンピオンシップシリーズでは、6試合で6本塁打と固め打ちした。




←MLBのくわしい情報や話題は
メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/11 Sat. 08:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1010

20歳の剛腕!大谷翔平にMLBスカウトマンが熱き視線  



日米野球の目玉のひとつが大谷翔平。


11月10日から始まる「日米野球」の日本代表28名が昨日発表されましたが、そのメンバーの一人、日本ハムの大谷翔平投手(20)の特集記事をMLBの専門誌「ベースボール・アメリカ」Webサイトが報じています。

その記事では、「オオタニは今季センセーショナルな活躍を続けている。防御率は2・61で(全体で)6位。155回1/3分を投げ、179奪三振で57四球。ポスティングシステムによりメジャーにやって来るようになるにはあと数年かかると見られているが、彼はすでに日本球界のエース。MLBのスカウトも密着している」と今季の実績を紹介。

さらに、「オオタニは日本の次なる大物だ。彼は日本ハムファイターズで2年目の20歳に過ぎないが、若き右腕に対するワクワク感は、高校卒業後にメジャー球団と契約することを迷ったことからも大きくなる一方だ」と期待を込めている。

大谷は、花巻東高校卒業時にメジャー挑戦を見据えてドジャース、レンジャーズなどと面談した。そのあたりの事情にも触れていることからしても、米メディアの関心の高さがうかがえる。

大谷は、10月5日の楽天戦では、初回先頭の銀次への2球目で162キロをマーク。同誌では銀次に対して投じた一球を動画で紹介。2008年6月1日のソフトバンク戦で当時、巨人のマーク・クルーン投手が記録した162キロと並んだ最速記録まで持ち出して大谷の可能性を高く評価している。

きのうの「侍ジャパン」記者会見で、小久保監督から「初戦の2番手で投げさせて、最終戦の先発」という起用が明らかになりました。最終戦というのは第5戦で、北海道日本ハムのホームで開催されます。この登板は、ひょっとしたらMLBのスカウト達のほうが注目しているかもしれません。







関連記事

Posted on 2014/10/10 Fri. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1009

【日米野球】大谷は投手で起用、初戦の2番手と最終戦 侍ジャパン28人発表  





中田翔、藤波、小川ら20代中心の布陣に


来月開かれる日米野球の日本代表に、日本ハムの
大谷翔平投手などが選ばれ、28人の代表選手が出そろいました。

投手陣では、今シーズン、プロ野球最速に並ぶ162キロを出した20歳の大谷投手や同い年の
阪神・藤浪晋太郎投手が選ばれました。野手では、日本選手の右バッターのシーズン最多安打記録を塗り替えたヤクルトの山田哲人や広島の菊池涼介など、20代の選手が中心となっています。


日本代表は7月に広島の
前田健太投手など6人が発表されていて、これで28人が出そろいました。


大谷投手については
「基本的には投手で使う」として、バッターでの起用は現時点で考えていないことを明らかにし「第1戦に2番手で登板すれば、最終戦(札幌ドーム)で先発になる」と、本拠地での登板予定を明かしました。

また9日は、大リーグのオールスターチームもカブスの
和田毅投手など追加メンバー10人が発表されました。


《 侍ジャパン 》

監督
90 小久保 裕紀
ヘッドコーチ
73 奈良原 浩(西武)
打撃コーチ
41 稲葉 篤紀(日本ハム)
投手コーチ
89 鹿取 義隆
バッテリーコーチ
88 矢野 燿大
内野守備・走塁コーチ
87 仁志 敏久
外野守備・走塁コーチ
83 村松 有人(ソフトバンク)

投手
11 岸 孝之(西武)
12 松葉 貴大(オリックス)
14 則本 昂大(楽天)
15 井納 翔一(DeNA)
16 大谷 翔平(日本ハム)
17 藤浪 晋太郎(阪神)
18 前田 健太(広島)
19 金子 千尋(オリックス)
21 西 勇輝(オリックス)
26 西野 勇士(ロッテ)
29 小川 泰弘(ヤクルト)
35 牧田 和久(西武)
43 高橋 朋己(西武)

捕手
10 小林 誠司(巨人)
22 伊藤 光(オリックス)
37 嶋 基宏(楽天)


内野手
2 今宮 健太(ソフトバンク)
3 松田 宣浩(ソフトバンク)
4 菊池 涼介(広島)
6 坂本 勇人(巨人)
13 中田 翔(日本ハム)
23 山田 哲人(ヤクルト)
33 銀次(楽天)


外野手
1 内川 聖一(ソフトバンク)
7 糸井 嘉男(オリックス)
9 丸 佳浩(広島)
44 柳田 悠岐(ソフトバンク)
60 中村 晃(ソフトバンク)



日米野球特設サイト 
http://www.japan-baseball.jp/nichibei2014/jp/




関連記事

Posted on 2014/10/09 Thu. 16:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1009

プロ野球パ・リーグ入場者数が初の1000万人突破!  


パは3球団最多更新。セは広島球団史上最多


プロ野球はセ、パ両リーグとも7日にレギュラーシーズンが終了しましたが、パ・リーグの全試合の入場者数は、実数発表となった2005年以降、初めて1000万人の大台を超えました。

パ・リーグによりますと、今シーズンのすべての試合の入場者数は合わせて1024万人余り、1試合平均で2万3000人余りとなり、去年と比べて4%増えて、実数発表となった2005年以降では初めて1000万人を超えました。

このうち、シーズン終盤まで優勝争いをしたオリックスの主催試合が合わせて170万人余りで去年と比べて18.4%と大幅に増えたほか、楽天が13.2%、ソフトバンクも2.5%増えて、この3球団の観客数は2005年以降で最も多くなりました。


セも広島、DeNAが大幅増で全体3.4%増

一方、セ・リーグでは、すべての試合の入場者数が合わせて1261万人余り、1試合平均で2万9000人余りとなり、去年と比べて3.4%増えました

このうち、最後まで上位を争った広島の主催試合は合わせて190万人余りで去年と比べて21.7%と大幅に増え、球団史上最多となりました。また、優勝した巨人は12球団最多の301万人余りを集めて去年より0.3%増えたほか、DeNAは9.7%、ヤクルトは0.4%増えて、それぞれ2005年以降では最多となりました。




メジャーリーグ ブログランキングへ
関連記事

Posted on 2014/10/09 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド