メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

1127

野茂が米野球殿堂に日本人初ノミネート!  





野茂がアメリカ野球殿堂に日本人初ノミネート


 米野球殿堂(National Baseball Hall of Fame)は26日、2014年の殿堂入り候補者36人を発表し、米大リーグのドジャースなどで活躍した野茂英雄氏(45)が日本人選手として初めてノミネートされた。 


 殿堂入りは、原則として大リーグで10年以上プレーし、現役引退から5年経過後に資格を得る。全米野球記者協会(BBWAA)に10年以上在籍する記者による投票(最大10人)で、75%以上の票を得ることが条件となる。その年に選ばれなくても5%以上の票を獲得すれば、最長で15年間、候補者として残る。 


新たに候補入りしたのは、野茂氏や通算355勝を挙げた
グレグ・マダックス氏(47)ら19人。


そうそうたるメンバーが名前を連ねているが、ブレーブスなどで活躍したマダックス氏は1992年から4年連続でサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得。17年連続で15勝以上をマークするなど精密機械のような制球が持ち味だった。最優秀防御率 4回。ゴールドグラブ賞 18回。


そのほかに通算305勝の
トム・グラビン氏、通算521本塁打のフランク・トーマス氏らが含まれた。13年の選考から残った17人を合わせた36人が選考対象となる。


野茂は近鉄から1995年にドジャース入りし、この年に最多奪三振(通算では2度獲得)と新人王を獲得。その後、ノーヒットノーランを2度達成するなど、メジャー通算123勝109敗、防御率4・24、1918奪三振の成績を残して08年に引退した。


米野球殿堂入りの一つの目安は投手では300勝以上とされ、ハードルは高い。「メキシコの怪童」と呼ばれた173勝の
フェルナンド・バレンズエラ氏も入っていない。前回(今年の1月)の投票では、17年ぶりにひとりも選ばれなかった。ちなみに、その時の最多はアストロズ一筋で通算3060安打を放ったクレイグ・ビジオ氏の388票(68・2%)だった。


余談だが、前回は大リーグの禁止薬物使用の実態を調査した「ミッチェル・リポート」で名前が挙がった
バリー・ボンズ氏、ロジャー・クレメンス(通算354勝)両氏がノミネートされ投票結果が注目された。


ジャイアンツなどで通算762本塁打の大リーグ最多記録をマークしたボンズが9位の36・2%。クレメンスが8位の37・6%。両氏と同じくノミネートされ、薬物疑惑が報じられたことのある通算609本塁打の
サミー・ソーサは17位だった。


123勝の野茂は通算記録では及ばない。今回選ばれる可能性もないと思われるが、
名を連ねただけでも偉大なことであり、日本選手のパイオニアとしての功績が評価されている証左といえるだろう。結果は来年1月8日(日本時間9日)に発表される。



アメリカ野球殿堂
「野球殿堂」は殿堂博物館とその関連施設だけでなく、そこに名前を刻まれた選手、監督、コーチ、審判、そのほか野球の発展に寄与した人々の記念碑的な意味合いもある。
1936年にタイ・カッブ、ベーブ・ルース、ホーナス・ワグナー、クリスティ・マシューソン、ウォルター・ジョンソンの5人が初の殿堂入り選手に選ばれてから、2013年度の表彰が終わった時点で72人の投手、165人の野手、20人の監督、10人の審判員、33人の野球発展貢献者の合計300人が殿堂に名前を刻んでいる。






←ポチッとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/11/27 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1126

川崎ムネリンがメッツに!?どこでもいいから早く決まって~  


メッツムネリン検討中!?


 タイガースの主砲フィルダー1塁手とレンジャーズのリードオフマン、キンズラー2塁手の大型トレードは全米の話題になりましたが、今季のストーブリーグで目玉の一人だったタイガースのジョニー・ペラルタ遊撃手(31)が4年契約総額5200万ドルで(約52億円)でカーディナルスへの移籍で基本合意に達しました。


 ペラルタは今季こそマイアミの禁止薬物使用(Peds問題)で名前が上がり、使用を認め50試合の出場停止処分となりました。そのため107試合の出場に留まったが、2012年は150試合に出場。2011年にも146試合出場。SSとしてはメジャー実力ナンバーワンの選手。


マイナーからじっくり選手を育成することで定評のあるカーディナルスが、コズマという若手がいるのに獲得したぐらいですから、その実力は折り紙つき。




 ということで、各報道をまとめてみると遊撃手のマーケットが、ガゼン活性化してきました。あの男、そうです「川崎ムネリン」ファンにも朗報ではないでしょうか!


ペラルタに関しては、当初はニューヨーク・メッツが、契約問題で不満を抱えている今季打率2割5分9厘のルーベン・テハダ遊撃手(24)に代わる新戦力として、フロリダ州オーランドで行われたGM会議でペラルタサイドと極秘裏に会談していたという。だが、カーディナルスへの移籍合意により破談となった。


 24日付ESPNニューヨーク版によると、ここにきてメッツは補強候補にブルージェイズからFAとなった
川崎宗則内野手(32)を挙げているという。


有力なFA選手であるレッドソックスのスティーブン・ドリュー遊撃手(30)は予算面でメッツと折り合いが付かない公算が大きい。最新のメッツ遊撃手の補強候補には
川崎以外に、メッツに2012年シーズンの1年間在籍したロニー・セデーニョ内野手(30=パドレス)らの名前が挙がっているという。
 

 今季、打率2割2分9厘でブルージェイズと契約更新に至らなかった
川崎だが、守備や走塁の技術の高さ、そしてムードメーカーとしてトロントのファンには絶大な評価を得ており、先日もブ軍番記者2人による共著の表紙を川崎が飾っていることでも、いかに川崎がトロント市民に愛されていたかを計り知ることが出来る。


トロントでは、今も
川崎の去就には注目が集まっている。現状ではブルージェイズも条件を見直して再契約のオファーを出すことを検討中だが、今後のマーケットの推移を期待をもって見守りたい。ファイトだムネリン!(オフですけど・・・)





こちら 励ましのポチッとお願いしますお願い

読者登録してね
関連記事

Posted on 2013/11/26 Tue. 15:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1126

【MLB移籍情報】大砲フィルダーがダルビッシュのレンジャーズに!  





ダルビッシュに頼もしい大砲!


 メジャーで“ストーブリーグ”が加熱している。GMミーティングも終わり名GMとしても名高いタイガースのデーブ・ドブロウスキーレンジャーズのジョン・ダニエルズの間で、大型のトレードが成立しタイガースのプリンス・フィルダー内野手(29)レンジャーズのイアン・キンズラー(31)<のトレードが成立し、先日発表された。


フィルダーはお父さんが日本の阪神タイガースでもプレーしたことでMLBを知らない日本のオールドファンにもなじみのある選手。キンズラーは、ダルビッシュが入団以後、レンジャーズのゲームが、毎日のように日本でも中継され名前を聞いたことがある人も多いはず。

情報は事前に一切、漏れることがなかったことで、米国内でも衝撃的なニュースとして取り上げられている。メジャーリーグならではのサプライズだろう。

昨日もNFLの中継を見ていて感じたことだが、氷点下のマサチューセッツからオールシーズン半そでのフロリダやサンディエゴまで、狭い日本では考えられないぐらいアメリカは、国土が広い。だからだろうか、文化も多様で、日本で考えられないような大型トレードが成立することが多い。

昨年も8月に成立したレッドソックスとドジャースの超大型トレードで、レッドソックスはエイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォード、ジョシュ・ベケット、ニック・プントを放出し、ジェームズ・ロニーと若手4選手を獲得。

当初は疑問視されたあのトレードも、今季の結果を見ると正解だったと言える。オーナー交代で金満球団となっていたドジャースに大型契約の選手を引き取ってもらったレッドソックスは、その余剰資金で、オフにマイク・ナポリ、ジョニー・ゴームズ、そして上原浩治ら適材適所の補強を行い、見事にチームを立て直してワールドシリーズを制覇した。

ドジャースも、トレードの最大の目的はゴンザレスの獲得だったとされていた。そのゴンザレスを加えた打線が機能し地区優勝。25年ぶりのワールドシリーズ進出にもあと1歩と迫った。

オーガニゼーションという言葉があるが、人や物を適切に、または秩序だって配置したり処理したりする活動や結果のことだが、チーム作りもGMのオーガニゼーションが問われる。


■フィルダーとキンズラーのこのトレードはどのような意味を持つのか?

 まず、レンジャーズは明らかに打線の強化が必要だった。ダルビッシュへの援護も今季は少なかった。数年前のレンジャーズとは明らか違い、長距離砲がエイドリアン・ベルトレイだけという打線の貧弱さがネックとなり、プレーオフ進出を逃した。そのことから考えて今オフの補強ポイントは強打の一塁手だった。

今季、この条件にあてはまるFA選手はおらず、タイガースからのトレード打診に即答したという。フィルダーは最近、数字的にやや物足りないとはいえ、まだ29歳と若く、強打の1塁手という理想的な選手を獲得できたと言える。


左打者の本塁打が出やすく、メジャー屈指の「ヒッターズパーク」として知られるレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンに行けば、フィルダーの能力は存分に発揮される。

しかも、代わりに出したキンズラーは現地の報道でも放出候補に挙がっていた選手。球団は、二塁に有望株のジュリクソン・プロファーを固定したいと考えており、内野に穴は空かず、むしろ余剰戦力を整理した印象だ。

逆に、タイガースはオマール・インファンテFAとなり、二塁が空いていた。機動力という点でチーム盗塁数35個でリーグ最低に終わっただけに、スピードのあるキンズラーの加入は弱点の補強になるはずだ。脚に不安を抱えるカブレラを三塁から一塁に戻す場合にフィルダーと被ることもなくなる。

メジャー通の意見では、この大型トレードは、大成功に終わる可能性が高いだろうという。ともにチームの主力中の主力でありながら、これほど理にかない、両球団が「Win-Win」となる可能性の高い選手交換は珍しいという。

さらに、資金の工面が出来たことがタイガースには大きい。フィルダーは2020年まで7年契約を残しており、タイガースは3000万ドル(約30億円)を負担するものの、残りの総額1億3800万ドル(約138億円)はレンジャーズが引き継ぐ。

キンズラーが残す4年6200万ドル(約62億円)の契約を差し引いても7600万ドル(約76億円)が浮いた計算となり、チーム強化に充てられる。 

現地では、このお金は今季のサイ・ヤング賞投手マックス・シャーザーとの契約更新に回される可能性が高いと報道されている。球界屈指の右腕の残留が、この大型トレードにより資金面で可能になった。 


ちなみに、今季は援護不足に苦しんだダルビッシュ有にとってもプラス材料が多いという分析もある。

実はフィルダーは対戦相手としてダルにとっては苦手の打者だったからだ。9打数3安打1本塁打3打点で、わずか13度の対戦ながら4つも四球を与えている。投げづらい相手だったと言う裏返しだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ









関連記事

Posted on 2013/11/26 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1123

岩隈選手がきょう石巻で「東日本大震災・被災地支援イベント」に参加  

 



MLB日本公式サイトによれば
シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が、きょう11月23日(土)に宮城県石巻市総合運動公園にて行われる地元の人たちを対象とした「東日本大震災・被災地支援イベント」に参加します。 


今季、チームの主力スターターとして14勝を挙げるなど大活躍を見せ、オールスターにも選出された岩隈は、MLB Japanが主催するこのイベントでトークショーや地元の子供達とふれあうピッチングアトラクション体験イベント、サイン/握手会を行う。


なお、今回のイベントは石巻市総合運動公園・場外エリアにて、11時から15時まで開催される予定だ。


 MLBとMLB選手会は東日本大震災の復興支援活動の一環として、石巻市総合運動公園の野球場の改修工事を行い、球場は2012年12月にリニューアルされた。

昨年はオールスター選手のカーティス・グランダーソン外野手が参加し、野球場リニューアル式典や野球教室が行われた。




野球ボールくわしくはこちらで
野球ボール岩隈選手公式ブログ





関連記事

Posted on 2013/11/23 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1111

MLB 伝説のクローザー、マリアーノ・リベラ引退  




歴代最多の通算652セーブを誇る史上最高のクローザー、マリアーノ・リベラが引退した。

異動の激しいメジャーでヤンキースひと筋19年、野茂が海を渡った頃からメジャーを見はじめた私にとって、ヤンキースの勝利の方程式といえば、9回のマリアーノ・リベラの登場だった。 





そのリベラ最後の日、9月26日は感動的だった。今季ヤンキースタジアム最終戦のタンパベイ・レイズ戦。

リベラの最後の雄姿を見ようと、4万8000人を超えるヤンキースファンが見守る中、試合は始まりました。そして、ついにその瞬間が・・・。

8回一死、1、2塁の場面で守護神リベラの登場。その後、9回ツーアウトまで4人を打ち取ると、なんとあと一人の場面で、ベンチから出てきたのは、ジョー・ジラルディ監督ではなく、長年一緒にプレイしてきたキャプテンのデレク・ジーターと、今シーズンで引退を表明した同期のアンディ・ペティットの二人。


粋な演出でしたね。かっこ良かった。ゲームをそのまま終わらせずに、大観衆が見守るなか盟友ふたりがマウンドに歩み寄って、リベラに交代を告げた。


リベラはペティットに抱きつき、しばらく号泣したあと、ファンのスタンディングオベーションの中、ヤンキースタジアムの最後のマウンドを降りていった。


ジャッキー・ロビンソン(黒人初のメジャーリーガー)のデビュー50年を記念して、1997年に30球団すべての背番号42が永久欠番となったため、それまで42を付けていたリベラだけが許されて「42」を付けていましたが、彼の引退によって、現役で42番の選手はゼロになりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/11/11 Mon. 23:10 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1108

オルティーズが2年ぶり6度目の受賞MLBシルバースラッガー賞  


MLBが、ア・
リーグ、ナ・リーグの打撃のベストナインに相当する「シルバースラッガー賞」を発表した。

ワールドシリーズを制したレッドソックスの指名打者、D・オルティーズが2年ぶり6度目の受賞を果たした。

カノ、カブレラ、マウアーはそれぞれ5度目、トラウトは新人だった昨季から2年連続の選出。

アで本塁打、打点の2冠を獲得したデービスら9選手が初選出となった。同賞は各球団の監督、コーチの投票で決まる。


野球ボール AL  シルバースラッガー
捕手 ジョー・マウアー ツインズ
1塁手 クリス・デービス オリオールズ
2塁手 ロビンソン・カノー ヤンキース
3塁手 ミゲール・カブレラ タイガース
遊撃手 J.J.ハーディー オリオールズ
外野手 マイク・トラウト エンゼルス
外野手 アダム・ジョーンズ オリオールズ
外野手 トリー・ハンター タイガース
DH デビッド・オルティーズ レッドソックス 


野球ボール NL  シルバースラッガー
捕手 ヤディア・モリナ カーディナルズ 
1塁手  ポール・ゴールドシュミット Dバックス
2塁手  マット・カーペンター カーディナルズ 
3塁手  ペドロ・アルヴァレス パイレーツ
遊撃手 イアン・デズモンド ナショナルズ
外野手 アンドリュー・マカッチェン パイレーツ
外野手 マイケル・カダイヤー ロッキーズ
外野手 ジェイ・ブルース レッズ
投手 ザック・グレインキー ドジャーズ


この後、MLBでは11日に新人賞、12日に最優秀監督賞、13日にサイ・ヤング賞、14日にMVPが発表される。ア・リーグのサイ・ヤング賞にはダルビッシュ岩隈がノミネートされている。今季21勝(3敗)で最多勝のシャーザー投手(タイガース)と争う。


 277奪三振で、アの奪三振王のタイトルを獲得したダルビッシュは今季13勝9敗、防御率2.83の成績。岩隈はリーグ3位の防御率2.66で14勝6敗だった。ナの候補はカーショー(ドジャース)らが名を連ねている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


関連記事

Posted on 2013/11/08 Fri. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1103

ダルビッシュ、上原に投票を!メジャーのGIBBY賞  


GIBBY賞 に投票を
(Greatness in Baseball Yearly Awards)


野球ボール・・・日本人選手の二人がノミネートされています。投票は簡単。MLB公式サイトの「GIBBY賞」コーナーの「Vote」をクリックするだけ。何の登録も要りませんでした。


ダルビッシュ
 ・Starting Pitcher 部門
 ・Pitching Performance 部門

上原浩治
 ・Closer 部門

の部門にノミネートされました




GIBBY賞とは:MLB公式HPにおいて2002年から始まった、その年最も輝いた選手を部門ごとに「ファン投票」によって決める賞です。




下記URLから、

http://mlb.mlb.com/mlb/awards/y2013/gibbys/





【Starting Pitcher】【Closer】



【Pitching Performance】



に掲載されているダルビッシュ有(Yu Darvish)と上原浩治


 

の横にある「Vote」



をポチッとクリックしてください。
クリック!

たったこれだけで、GIBBY賞への投票が完了します



ログインやパスワード認証等は無く、『何回でも』投票できますので、
日本人選手の活躍をたたえましょう
 宜しくお願い致しますお願い



関連記事:
野球ボールメジャーリーガー川崎ムネリン「アイム・ジャパニ~ズ!」で受賞http://ameblo.jp/osakalove50/entry-11727374744.html


お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

Posted on 2013/11/03 Sun. 20:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1103

川崎ムネリンが自由契約に。黒田、松坂もFA  




 シーズンが終了したことを受けて、メジャーリーグの選手会はFA=フリーエージェントになった147人の選手を発表しました。

この中には、ヤンキースの主軸で5年連続で打率3割以上を記録しているロビンソン・カノー選手や、ワールドシリーズを制したレッドソックスの外野手ジャコビー・エルズベリー選手などが入っています。

日本の選手では、
ヤンキースの黒田博樹投手メッツの松坂大輔投手の2人がFAとなりました。

FAとなった選手たちは、11月4日まで今シーズン所属した球団との独占交渉の期間が設けられ、この間に交渉がまとまらなければ、5日から全球団と交渉が可能になります。


 また、ブルージェイズは1日、川崎宗則内野手(32)をリリース。川崎に対する来季契約の選択権を行使しないと公式サイトで発表しました。

これで川崎はフリーエージェント(FA)となり、日米の全球団との交渉が可能になります。 

川崎は今季マイナー契約でブルージェイズに入り、メジャーに昇格した。遊撃や二塁などで96試合に出場し、打率2割2分9厘、1本塁打、24打点、7盗塁をマークした。

そのポジティブな明るい性格でチームに溶け込み、ファンや地元メディアの人気者となった。

野球ボール 詳しくはこちらで




ブログランキング・にほんブログ村へ
 
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/11/03 Sun. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1102

ボストンレッドソックス上原浩治手記   

野球ボール・・・ MLBにその爪あとを残したボストンレッドソックスの上原浩治
WS最終戦、そして激動の1年を語っています。




  やりましたぁ\(^o^)/ ついに世界一です。ワールドチャンピオンです(#^.^#)

何とも言えないこの気持ち。もちろん嬉しいんだけど、休みたい!!
これが本音だよなぁ^^;

今シーズン86試合に投げました。よく投げたよ。よくもったよ。自分の身体に感謝。

トレーナー、スタッフ、自分を助けてくれた人たちに感謝しないとね。

ずっと痺れる場面だったけど、最後は少し余裕のある場面での登板。

ゆっくりとマウンドまで走っていって、周りを見る余裕があったからね(o^^o)

一人目は、スプリットで左フライ。

二人目は、スプリットで左フライ。二人とも同じような球だった。ちょっと外に逃げていくような球筋。いやらしい二人だったけど、フライを打ってくれて助かったよ。

三人目は、スプリットで空振り三振。これが今シーズン最後の投球。

狙ったわけではないが、雰囲気的に空振りしてくれたような...。

地区優勝の時、ディビジョンの時、リーグチャンピオンの時、ワールドシリーズの時、全てが空振り三振で終わった。本当に偶然だけど、終わってみれば嬉しい終わり方。

打者の方も気を使ってくれた部分はあったと思うけど...(^-^)/

スプリット...。これが今シーズンの自分を助けてくれた球だね。

半分がスプリット。肩、肘の故障につながりやすいって言われてるけど、自分はこれが生命線。スプリット無しでは、プロの世界では生きていけないだろう。

ファストボールが速いわけでもないし、他に変化球が投げれるかといえば...。

あとはコントロール! もっともっと、より上のレベルにいけるはず。

とりあえずは、休もう(#^.^#) 何も考えずに...。睡眠薬も飲まずに、胃薬も飲まずに、寝たいだけ寝よう。

今シーズン応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました(^o^)
おかげ様で素晴らしい一年を過ごせました。まだ来年のことは何も考えてないです。

いまは疲れを取ることを第一に考えて、身体が動きたくなったら動こうかと...。





「優勝で、この1年が報われた。最高の気分です。メジャーに来たときは5年プレーできればいいという気持ちだった。(昨オフは)いろんな球団から話を頂いたけど、レッドソックスが自分を必要としてくれていると一番感じたから選んだ。貢献できて良かった。」 と1年をふり返る上原。

昨年の12月3日、テネシー州ナッシュビルで4日間のMLBウインターミーティングが開幕した。

当時レンジャーズからFAとなった上原には、リリーバーとして多く球団が興味を持ち、再契約を望むレンジャーズオリオールズフィリーズは既に条件提示まで済ませていたという。

レッドソックスのベン・チェリントンGMは
「あの時、コージを獲得して本当に良かった。彼なしで、ここ(世界一)にはいなかった」と語る。

この時、レッドソックスでは、上原は獲得リストの上位にはいなかった。「右のブルペン投手は必要な補強ポイントではなかった。ただ、うちのスタッフがコージを気に入っていたので、とりあえず代理人と連絡を取ろうという話になった」という。

代理人と会い、上原自身がレッドソックスを希望していることが分かると、ライバル球団より200万ドル近く上回る年俸425万ドル(約4億1650万円)の好条件を速攻オファー。同6日に電撃合意が発表された。もっとも遅く争奪戦に参入しての獲得だったという。


レッドソックスのジャージは着たものの上原自身は、最初から抑えを目指そうとは考えていなかった。
「とにかく1年間投げようと。6月21日に監督室に呼ばれてクローザーに指名されたときは胃が痛くなった。抑えて当然、打たれると叩かれる。中継ぎ以降の立場は一緒なので」同じリリーバーという気持ちでやってきた。

「自分は先発、中継ぎ、抑えを経験してきたから分かる。中継ぎは厳しい場面で投げて、苦しみしかない。タズ(田沢)も走者がいる場面でずっと出て、こんなにしんどいところはないと思う。」

1年間で86試合という激務に耐えた上原だが、
「この1年間は精神的にきつかったし、肉体的にも本当に危ない時期もあった。何とかうまいことごまかして乗り切った。」

今のポジションを聞かれると
「連続無失点とかいろんな記録をつくって注目されたけど、周囲が騒いでいるだけで「だから何」という感じだった。逆に、記録をつくらないと注目されないポジションだとあらためて感じた。」

40歳位近くなる上原だが、これまでの野球人生を振り返って
「年齢は考えたところでどうにもなるものでもない。契約のときに一番感じる。年齢が高いから年俸は高くならないし、1年契約になる。それでも、もっと早くメジャーに来ていればとは思わない。巨人での10年があるから今がある。」

これからは、
「来年も安泰だとは思っていない。監督には球の速い人がクローザーというイメージがあると思う。それは仕方ない。自分は言われたところでやるしかない。駄目だったら、首になるわけだから。大変な舞台だけど、メジャーは凄い打者と対戦できて楽しい。一年でも長くプレーしたい。ぶれずにやっていきます。」


野球ボールニュースソース:関連リンクはこちら
野球ボール上原浩治ブログ





 
お手数ですが、ポチっとお願いします。
関連記事

Posted on 2013/11/02 Sat. 12:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド