メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1031

歓喜のマウンドには上原がいた Wシリーズ制覇  





95年ぶり地元ボストンで優勝
歓喜のマウンドには上原 がいた!



St. Louis Cardinals 1

Boston Red Sox 6


 World Series Game 6 10.30.2013
レッドソックス6-1カージナルス
◇ボストン、フェンウェイパーク


Congratulation!Boston Redsox.


上原浩治
投手、田澤純一投手の所属する
ボストン・レッドソックスが07年以来6年ぶり8度目の世界一に輝いた。地元フェンウェイパークでの胴上げは1918年(大正7年)以来、95年ぶり。

あのレッドソックス時代のベーブ・ルース(当時はピッチャー)たちが投げた時代から約1世紀を迎えようとしていた。

昨年、69勝93敗の地区最下位から蘇った赤い戦士たちの姿がそこにはあった。

「これは、ボストン市民のみんながもらった賞だ」―ワールドシリーズMVPを受賞した“ビッグパピ”ことオルティーズのコメントだ。シリーズ16打数11安打、2HR、6打点。何かが乗り移ったかのようにこの巨体が打ちまくった。

あの悲劇の爆破事件の後、チームはひとつになった。そして世界一。両リーグで97勝の最多勝同士がぶつかり合った今季の頂上決戦を制覇した。

最後のマウンドには日本人投手、上原浩治がいた。同じ日本人として誇らしかった。





「BOSTON STRONG」とは、困難に立ち向かうボストン市民の気持ちを表した言葉です。


4月の第3月曜日は、マサチューセッツ州ではペイトリオッツ・デイ
(愛国者の日)として、州の祝日と定められています。


歴史的には、1775年4月19日に米独立戦争が始まったことを記念する祝日であり、事件が起こったボストン・マラソンは、毎年ペイトリオッツ・デイを記念した、ボストン市民にとっては「春の訪れ」を寿ぐ行事のひとつになっています。


「ペイトリオッツ・デイ」のレッドソックス戦は、毎年、午前11時に試合が始められることが伝統となっています。1年に2430ある大リーグの試合(ポストシーズンは除く)の中でも、午前中に試合が始められるのは、
ボストンの「Patriots Day Game」だけ。


なぜ、この試合だけが朝に始められるのかというと、それは、ボストン・マラソンで、フェンウェイパークの近くを通過するランナーたちを試合後に見てもらうためです。


氷点下になる寒い冬をのりこえて、やっと訪れた春を祝う愛国記念日。
そんな日にあのテロ事件は起きました。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
MLB・メジャーリーグランキング

関連記事

Posted on 2013/10/31 Thu. 15:56 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1030

Rソックス上原「事実上のMVP」米メディア PS8セーブ目なるか!?  



 大リーグ公式サイトによると、ポストシーズン7セーブは過去に4人が記録している。1996年のウェッテランド(ヤンキース)、2002年のパーシバル(エンゼルス)ネン(ジャイアンツ)、08年のリッジ(フィリーズ)

野茂が海を渡り、NHKがBSでMLB中継をするようになってからの選手たちだから、MLBファンなら誰もが知るメジャーを代表するクローザーたちだ。

今季の上原は、そうした選手たちと肩を並べたことになる。

■上原といえば・・・


 これは、単なるラッキーではない。先発投手ほど報道されなかっただけで、以前にも書いたが、上原には日本を代表する投手としての輝かしい実績がある。

忘れもしないのが2002年10月10日。日米野球で対戦したバリー・ボンズに3三振を食らわしたあのピッチングだ。

ボンズは、その前年の2001年に年間HR記録を塗り替えた全盛期。前日にも日本人投手から名刺代わりともいえる2本のHRを放ち、そのパワーで日本の野球ファンの度肝を抜いていた。そんなMLB最強打者を上原が、キリキリ舞いにした。

2004年、08年にはオリンピック日本代表。06年の第1回WBCでも奪三振、防御率(1.59)は、トップの成績だった。


 29日付の地元紙のボストン・ヘラルド紙(電子版)は、04年のキース・フォークを紹介上原と同じ移籍1年目の04年に抑えとしてチームを86年ぶりのワールドチャンピオンに導いた彼の活躍になぞらえ、上原の快投をたたえた。

同紙は04年のポストシーズンでは11試合で1失点だったフォークを「事実上のプレーオフMVP」と表現。

上原も同様に、第5戦で2点リードの八回2死二塁から登板して完璧に抑えた。
「彼がいなければ起こりえない」と絶賛。上原が、「これは魔法なのか?」と問いに「いえ。僕は普通の人間です」と答えたことも紹介している。

ここまでポストシーズン全15試合のうち、イニングまたぎ4試合を含む12試合に登板し、失点はわずか1。打撃ではここまでオルティーズが15打数11安打、2HR、6打点と大車輪の活躍を見せているが、守備のMVPは間違いなく上原といえそうだ。





関連記事

Posted on 2013/10/30 Wed. 12:10 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1029

ボストンが王手。上原完璧ハイファイブ!WS GAME5  




3勝2敗でリードしてボストンへ
最後は上原 がイニングをまたいでピシャリ!



Boston Red Sox 3
St. Louis Cardinals 1


 World Series Game 5 10.28.2013
◇GAME5レッドソックス3-1カージナルス
◇セントルイス、ブッシュスタジアム


歓喜
のハイファイブ


マウンドの上原の頬がふくれる。口で大きく何度も呼吸を繰り返す。
「(緊張感で)吐き気がする」「もうしんどいです」。
試合後のインタビューや自身のブログで上原が語ったコメントだ。

日本でのエースとしての経験。オリンピック、WBCなど、あれほどの大舞台を経験した38歳のベテランが心情を吐き出す。ワールドシリーズという舞台が、それだけの大舞台だということだ。

ワールドシリーズ第5戦はセントルイスで行われ、レッドソックスが3―1でカージナルスを下し、3勝2敗で6年ぶり世界一へあと1勝とした。

上原は8回途中から2番手で登板し、1回1/3を無安打無失点。ポストシーズン最多に並ぶ7セーブ目を挙げた。 

上原は3―1のリードした場面の8回2死二塁のピンチで、先発のレスターをリリーフ。代打アダムスを3球オールストライクの空振り三振に斬ると、9回はM・カーペンターを見逃し三振、代打ジェイをファーストゴロ、ホリデーをライトライナーに打ち取って無安打無失点で締めた。

王手をかけた第6戦はレッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークに戻る。2004年と07年のワールドシリーズを制したときの優勝決定は敵地。1912年にオープンした本拠地フェンウェイ・パークでのワールドシリーズ優勝決定は実に1918年にさかのぼる。95年ぶりの悲願達成まで、あと1勝
!!

上原はいつものように名物となったハイファイブ(ハイタッチ)で勝利を祝った!

思い返して欲しい。4月のあの全米を震撼させた悲惨な事件のあと
「BOSTON STRONG」をかかげて戦ってきチームだけに、地元のボストンでなんとしても優勝させてあげたい。



「BOSTON STRONG」とは、困難に立ち向かうボストン市民の気持ちを表した言葉です。

 4月の第3月曜日は、マサチューセッツ州ではペイトリオッツ・デイ
(愛国者の日)として、州の祝日と定められています。

歴史的には、1775年4月19日に米独立戦争が始まったことを記念する祝日であり、事件が起こったボストン・マラソンは、毎年ペイトリオッツ・デイを記念した、ボストン市民にとっては「春の訪れ」を寿ぐ行事のひとつになっています。

「ペイトリオッツ・デイ」のレッドソックス戦は、毎年、午前11時に試合が始められることが伝統となっています。1年に2430ある大リーグの試合(ポストシーズンは除く)の中でも、午前中に試合が始められるのは、
ボストンの「Patriots Day Game」だけ。

なぜ、この試合だけが朝に始められるのかというと、それは、ボストン・マラソンで、フェンウェイパークの近くを通過するランナーたちを試合後に見てもらうためです。

氷点下になる寒い冬をのりこえて、やっと訪れた春を祝う愛国記念日。
そんな日にあのテロ事件は起きました。






にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2013/10/29 Tue. 20:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1029

ビッグパピーの檄でRソックス逆転 WS GAME4  




WS GAME4 


Boston Red Sox 4
St. Louis Cardinals 2


World Series Game 4 10.27.2013
◇GAME4レッドソックス4-2カージナルス
◇セントルイス、ブッシュスタジアム


ブッシュ・スタジアムはGAME3でマークしたスタジアム・レコードの47,432人を塗り替える
47,469人が試合を見守った。

ゲームは、1点ビハインドの 5回に打撃好調オルティーズの二塁打と 2四球で満塁にし、 スティーヴン・ドリューが左犠飛を放って同点。

6回には、ジョニー・ゴームスが起死回生の左越え3ランを放って勝ち越した。

“ビック・パピー”ことオルティーズが、6回にメジャーでは異例のベンチで円陣を組み、檄を飛ばしチームメイトを鼓舞した。

5回にはタッチアップで巨体を揺らしながら激走するなどファイトあふれるプレーでチームを鼓舞した。



■田澤ー上原 日本人投手が“勝利の方程式”

7回ウラの守備は 2死から左中間二塁打と右前安打で 1失点。 さらに四球で一二塁のピンチの場面で、田澤純一が 4番手で登板。

前日の第3戦で三塁線を破る適時打を打たれたマット・ホリデイを 二ゴロに打ち取って失点を阻止した。

シビレル場面、田澤の表情からもいかにこのマウンドにプレッシャーがかかっているかが画面から伝わってきた。4連投、キツイだろうな。


9回は上原浩治が登板し、二ゴロ、右安打、二飛で 2死、 最後は代走の一塁走者を牽制球で刺して「あっ気ない幕切れ」で激戦を締めくくった。 上原は、ワールドシリーズで日本人投手初のセーブ。

「しんどいですけどがんばります!」上原の本音のコメントだろう。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2013/10/29 Tue. 07:36 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1026

NFL2013 第8週の注目カードはこれだ!  





NFL関連のサイトにもトレードのデッドラインの記事が出る季節になりました。早いもので、次週第8週でNFLシーズンもハーフターンします。


先週、二人のQBがデビューしました。一人はテキサンズQBケース・キーナム。先週も紹介しましたが、これがNFL初先発出場試合となるどころか、試合出場登録も初めてというキーナム。

2012年にドラフト外契約でテキサンズ入り。ヒューストン大在学中には、19,217パスヤード、タッチダウンパス155回、パス成功回数1,546回など数々のNCAA最多記録を塗り替え、テキサンズの地元では人気者。

ゲームは16対17で敗れ、最後にプロの洗礼のような痛恨のファンブルロストを献上したが、パス25回中15回成功、271ヤード、1TDと番狂わせまであと一歩と奮闘し、本格派のパサーとしてポケット内での基本動作が出来ているように見えた。

ただし、RBフォスターを欠いたチームは、ランで、2番手RBベン・テイトがラン15回50ヤードに終わるなど不発。「彼1人に戦わせるわけじゃない。チームメイトと一緒にフィールドへ送り出す。彼らのその点は理解している」とコメントしていたキュービアックHCの言葉通りには、初先発の若いQBをフォローできなかった。

そして、もう一人はバッカニアーズの新人QBマイク・グレノン。監督と選手間の内紛が伝えられるチームにあって、初先発でパス44回中26回成功、256ヤード、2TDと健闘。

ノースカロライナ大時代はシアトルで活躍中のQBラッセル・ウィルソンの後輩にあたり、グレノンが1、2年生時にウィルソンが正QBだった。

QBグレノンは健闘したが、バッカニアーズは開幕6連敗。敵陣20ヤード以内のレッドゾーンに4度侵入するも、そこからのTDは1度のみとRBダグ・マーティンを欠いた攻撃陣の決定力不足が敗因となった。ちなみに、バッカニアーズは今週、「木曜夜」のパンサーズ戦にも敗れ7連敗。





第8週は、ジェッツ@ベンガルズ戦。同地区対決のドルフィンズ@ペイトリオッツカウボーイズ@ライオンズ戦が個人的には注目カードです。

ジェッツ@ベンガルズはシブいディフェンス合戦。新しい物好きと思われるかもしれませんが、ジェッツの新人QBスミスとベンガルズの新人RBバーナードに注目しています。

カウボーイズ
@ライオンズは4勝3敗同士。リーグ3位のQBブラッドフォードと4位のQBロモのパサー対決。ハイパーな試合展開が楽しめそうです。この試合はテレビ中継がないのが残念です。

ほかには、8連勝なるか!チーフスのゲームも中継がありません。残念です。

古巣対決で今季初黒星のマニング率いるブロンコスは、ホームでRGⅢのレッドスキンズを迎え撃ちます。



ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2013/10/26 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1023

ブロンコス戦負傷退場のコルツのレジー・ウェインが今季絶望  



第7週サンデーナイトのブロンコス@コルツ戦。残り8分頃に負傷退場したコルツのWRレジー・ウェインが、ACLを断裂し、今季絶望となることが明らかになった。


NFL.comによると、半月板の損傷も併発しており、来月35歳になるウェインは、もしかするとこれで選手生命を終え、そのまま引退するかもしれない。



シックキャッチ! #87レジー!


 2001年のNFLドラフト1巡30番目でインディアナポリス・コルツに入団したウェインは、2001年12月2日のレイブンズ戦以来、189試合連続出場中だった。


先日のチャージャース戦ではキャリア通算レシーブ1,000回をマークした。


昨季、GM以下の要職が全て一新され、QBペイトン・マニングを含めたベテラン選手も一掃されたコルツで、ウェインだけは解雇されず、チームの顔として、また選手たちの間では、精神的支柱のような存在だった。


 この日、ウェインはしばらくフィールドに倒れたまま、起き上がれず、ルーカスオイル・スタジアムの観客からは、「レジー!レジー!」の大合唱が湧き起こった。


テレビ画面には両脇を支えられながらサイドラインに戻ったウェインが、悔しさの余り、ベンチを叩きつける姿が放映されていた。治療の為、ロッカールームへ退場するウェインは涙を流していたという。


 昨年、ルーキーのQBラックが一番頼りにしていたレシーバーがウェインだった。レシーブ106回、1,355ヤード、タッチダウン5回を記録。


新ヘッドコーチのチャック・パガーノが急性骨髄性白血病で入院してから迎えた最初の試合、彼はグリーンベイ・パッカーズ戦で自己ベストの212ヤードを獲得しチームの勝利に貢献。病と闘う指揮官を勇気付けた。



今季も7試合消化でチーム最多のレシーブ38回、503ヤードを記録していた。



※キャリア通算レシーブ1,000回を達成した選手は以下の通り。(現役選手は太字)

①WRジェリー・ライス(元49ersなど)    1,549回
②TEトニー・ゴンザレス(ファルコンズ)   1,275回
③WRマービン・ハリソン(元コルツ)     1,102回
④WRクリス・カーター(元バイキングスなど) 1,101回
⑤WRティム・ブラウン(元レイダースなど)  1,094回
⑥WRテレル・オーウェンス(元49ersなど)   1,078回
⑦WRアイザック・ブルース(元ラムズなど)  1,024回
⑧WRレジー・ウェイン(コルツ)       1,005回
⑨WRハインズ・ウォード(元スティーラーズ) 1,000回


お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/10/23 Wed. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1022

ブロンコスの連勝止まる ラックがマニングの牙城を崩す  








ブロンコスの7連勝が止まりました。日程的にラクなスケジュールといえば、ブロンコスファンに叱られるかもしれませんが、以前の記事で、


「昨シーズン13勝もしている割には、ラクな日程です。カウボーイズ(W5)、コルツ(W7)あたりに、いい勝負を期待しています。」(9/25記事)と期待したとおりの展開で楽しめました。


カウボーイズ戦に続いてこのコルツ戦も終盤まで手に汗握る接戦。ただ、接戦を嫌わないタフな試合展開をものにしてきたコルツのラックはマニングに勝って、好調でスタッツも良いカウボーイズのロモはマニングに敗れました。


ここ一番でチームをまとめる「ゲームマネージメント」や「統率力」がコルツのラックという選手には備わっているのかもしれません。2年目ですが、早くもリーグを代表するQBになりつつあります。


アンドリュー・ラック“持ってる”男です。惜しみない賞賛の拍手を彼に贈りたいと思います。


選手の入れ替わりが激しいNFLの世界ですが、マニングがコルツ時代に築き上げた“勝利のカルチャー”がチームの底流に流れているのかもしれません。


アメフトボール ゲームのダイジェストはコチラで


ゲームに関する詳しくはNFL JAPAN.COMか、このブログのサイドバーのブックマークからESPNの順位表や個人成績が見れます。


関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 07:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1022

息詰まる熱戦に終止符を打ったのは、ルール改正だった!?パッツ@ジェッツ  




今季のルール改正が勝負のかかった場面で影響を及ぼしたゲームがあった。

ご存知のようにスナップを出す動作中のスナッパーは、ディフェンスレスと見なされ、首や頭部へのヒットが禁止されている。FGやPATをブロックするために片側に選手を集める「オーバーローディング」も今季からは禁止になり、そのおもな改正ポイントは

①片側に7人以上並んだ場合のペナルティがイリーガル・フォーメーションで5ヤード。
   ②後ろから味方選手を押して敵のブロッカーに当てた場合のペナルティはアンネセサリー・ラフネスで15ヤードが科せられる。


ジェッツペイトリオッツの同地区対決。

開幕週で対戦し終了間際に乱闘があったカードですが、このブログでも取り上げました(9/14  敗者へのいたわり。「ドアマットのように踏みつけられても」意地がある。 

その第2ラウンド。


27対27からの延長オーバータイム。56ヤードのサヨナラゴールを狙ったジェッツのKニック・フォークのフィールドゴールは失敗。

ペイトリオッツが自陣38ヤードから攻撃権を手にするはずだったが、このプレーの際にそのルール改正が適用された。(上の囲み②)

審判の判定は、フィールドゴール(FG)時に、ペイトリオッツの新人DTクリス・ジョーンズが味方の選手の背中を後ろから押したため、アンネセサリー・ラフネスで15ヤードの反則。

ジェッツからすれば、失敗したはずのFGが15ヤードの前進で、さらに4回の攻撃権を得たことになる。結果、フォークが42ヤードのフィールドゴールを決め、ジェッツが30対27で勝利した。第1ラウンドの借りを返したことになる。

ジェッツがレギュラーシーズンでペイトリオッツに勝ったのは2010年9月19日以来。この年のジェッツは11勝5敗。最後はスティーラーズに負けてスーパー出場は逃したもののプレイオフでは、マニングのコルツとブレイディのペイトリオッツを撃破している。




 ←NFLのくわしい情報や話題は
関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1020

NFL 第7週の注目カードはこれだ!  



Week 7
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 17日 木曜日
シーホークス34-22カーディナルズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 20日 日曜日
ベアーズ vs レッドスキンズ
チャージャーズ vs ジャガーズ
バッカニアーズ vs ファルコンズ
ベンガルズ vs ライオンズ
ラムズ vs パンサーズ
ビルズ vs ドルフィンズ
ペイトリオッツ vs ジェッツ
カウボーイズ vs イーグルス
テキサンズ vs チーフス
49ナース vs タイタンズ
レイブンズ vs スティーラーズ
ブラウンズ vs パッカーズ
ブロンコス vs コルツ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 21日 マンデーナイト
ヴァイキングス vs ジャイアンツ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">オープンデイト
セインツ、レイダーズ

※右がホーム


 今週のサンデーナイトは、まさにプライマリーなゲームです。ブロンコスコルツ。もとコルツのマニングが、古巣との対決―。

マニングがルーカスオイル・スタジアムのフィールドに立つのは、2011年1月8日にジェッツと対戦したワイルドカード・プレーオフ戦以来約3年ぶり。

この対戦には、マニングが建てたと言われるルーカスオイル・スタジアムでもう1回マニングの姿を見たいと切望するファンが押し寄せる模様で、市内はホテル料金が高騰。転売チケット価格も高騰し、一番安い席で150ドル程度。一番高い席では2,500ドル以上の値が付いているらしい。

コルツオーナーのジム・アーセイのマニングに対する挑発とも取れる発言で、古巣対決がさらに波紋を呼び、米メディアもヒートアップ。今季、開幕戦以上に視聴率もアップするでしょう。

もちろん日本でも日テレG+でライブ。NHK-BSでも深夜に放送予定。


チーフス開幕7連勝なるか!

ブロンコスと同じ開幕6連勝のチーフスの試合。テキサンズ@チーフスにも注目したい。テキサンズは、4連敗と不調で、先発QBも負傷のショーブに代わりQBケース・キーナムを先発起用すると発表した。

これがNFL初先発出場試合となるどころか、試合出場登録も初めてというキーナム。2012年にドラフト外契約でテキサンズ入り。ヒューストン大在学中には、19,217パスヤード、タッチダウンパス155回、パス成功回数1,546回など数々のNCAA最多記録を塗り替え、テキサンズの地元では人気が高いが、初先発が、熱狂するカンザスシティのマイルハイとなれば荷が重いだろう。

その他、ペイトリオッツ@ジェッツビルズ@ドルフィンズ、
レイブンズ@スティーラーズも同地区対決だけにどちらが勝つか予想がつかない。

ともに地区優勝のダークホース的存在だったベンガルズとライオンズのカードもベンガルズの強力守備陣対ライオンズのQBスタッフォードの対決が楽しみ。

シーズンも中ほどにさしかかり、ますます目が離せなくなってきました。




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2013/10/20 Sun. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1020

ボストン優勝!上原MVP ワールドシリーズへ  




満塁アーチで逆転!ドラマチック劇場
エンディングはコウジ 登場してドラマに幕を引く



Detroit Tigers   2

Boston Red Sox  5


American League Championship Series 
◇GAME6
レッドソックス5-2タイガース

◇ボストン、フェンウェイ・パーク




ボストン市民の願いを乗せた打球がグリーンモンスターを越える。ワールドシーリーズにつながる逆転のグランドスラム! ボストンの夜空に、市民の心に花火を打ち上げた。

ボストン・レッドソックスとデトロイト・タイガースのALCS第六戦は、6回にタイガースの主砲マルティネスが逆転の2点タイムリー。

7回、今度はレッドソックスのビクトリーノが満塁逆転ホームランを放つ。

そして最後に、ボストンドラマチック劇場に幕を下ろす男、ファイアーマン上原登場!

3万8823人のスタンドが揺れる。

大きな「コウジ・コール」に迎えられて上原が登場。打者に背を向けてセンター方向に15秒間、気持ちの高まりをマウンド後方で抑える上原。見ているこちらも震えが来る。

5対2でリードした場面。打者有利といわれるフェンウェイパークで3点差はセーフティリードではない。

それでも、やってのけた。

先頭打者6番アビラを3球三振(ポストシーズン12個目)。左打者の外角低めに落ちるスプリッター。

7番インファンテ。相手も必死で2球目をセーフティーバンド。しかし、ピッチャーゴロ。2アウト。

8番は二遊間の内安打。

9番、きょう2安打のイグレシアス。2ストライクと追い込んで4球目、右打者の外側。コース、角度とも文句なしの制球されたスプリッターで空振りの三振に仕留めた。


ボストン・レッドソックスは6年ぶり13回目のリーグ優勝。


ベースボールは、投手力。とくに近代野球は、スターターリリーバーといった継投策がチームの浮沈を握る勝利への重要なファクターだ。今季のレッドソックス田澤、上原らのリリーバーが輝き、リーグ制覇の栄冠を得たといえる。

次はワールドシリーズ。ナショナルリーグの覇者はセントルイス・カージナルス。第1戦はボストンのフェンウェイパークからだ。



野球ボール ボストンとセントルイスのWシリーズ対戦成績

①1946 4勝3敗 セントルイス優勝
②1967 4勝3敗 セントルイス優勝
③2004 4勝0敗 ボストン優勝





関連記事

Posted on 2013/10/20 Sun. 17:02 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1019

アーラッカーの後継者たちマイクLB2013  



 ディフェンスチームの花形。2列目の中央、ミドルラインバッカー(MLB)。精悍な黒人プレーヤーも凄みがあり数多くの有名選手がいますが、白人のMLBは少なくて、それだけに印象に残ります。


90年代なら個人的には、ドルフィンズのザック・トーマス。2000年代はベアーズのブライアン・アーラッカーでしょう。


現役選手ならパッカーズのA.J.ホーク。Solidなプレーが好きですが、やや地味なイメージ。テキサンズのブライアン・クッシング
故障から戻ってきました。ダラスはタンパ2のスキームでショーン・リーは、チームリーダーです。昨年の新人王ルーク・キークリー(パンサーズ)は以前に紹介しました。


 ビルズの試合を見ていたときに、肩肘ついて見ていたら思わず起き上がるようなプレーがありました。自陣のゴール前、ダイブしてくる相手のRBに果敢にフライングタックルするプレーヤー。


タッチダウンを阻止しようと身を挺して飛び掛る!迫力満点のタックル炸裂。そんなシーンでした。こいつは誰だと見ていたらビルズのルーキー、キコ・アロンソ(2巡46番目)でした。


これはいつか記事にしたいと考えていたらNFL.JAPAN.COMの「生沢コラム」で紹介されていました。



今年のドラフトで指名されたラインバッカー25人の内、上位指名の選手たちです。


 1 17スティーラーズOLBジャーヴィス・ジョーンズジョージア
 1 30ラムズILBアレック・オグルツリージョージア
 2 38チャージャーズILBマンタイ・テオノートルダム
 2 45カーディナルズILBケヴィン・ミンターLSU
 2 46ビルズILBキコ・アロンソオレゴン
 2 50ベアーズILBジョン・ボスティックフロリダ
 2 52ペイトリオッツOLBジェイミー・コリンズサザンミシシッピ
 2 56レイブンズILBアーサー・ブラウンカンザス州立













第6週終了時点で、アロンソは66タックル、4インターセプト。「カバー2」のスキームなので、インターセプトの数は相手のチームの戦術に影響を及ぼします。


9月だけで5つのテイクアウェイをマークして守備部門の月間最優秀新人選手賞に輝きました。バッファロー・ビルズは、ここが手薄だっただけに救世主になるかもしれません。一度、注目して見てください。







ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています、励みになりますので
お手数ですが、ポチっとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/10/19 Sat. 07:40 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1018

上原完璧!レ軍3勝でワールドシーリーズへ王手  





レッドソックスが王手
ナポリ先制弾!上原ピシャリ!!



Detroit Tigers   3

Boston Red Sox  4


American League Championship Series
◇デトロイト・コメリカパーク



ALCSのGAME5は、デトロイト・コメリカパーク
で行われ、レッドソックスが4対3で勝利しワールドシリーズへ王手をかけた。




シリーズ初戦に手も足も出なかった最優秀防御率のサンチェス相手にナポリがやってくれました。センターバックスクリーンにぶち込むポストシーズン2本目の先制アーチ


打線を組み替えたファレル監督の采配も当たり、起用した打者が結果を出した。ビデオコーチやデータ分析ができているのか、サンチェスの低めに沈む勝負球のチェンジアップ!?を強振せずにスイングしていたのが、好投手攻略につながった。


ファイアーマン上原は、1点リードの8回1死、無走者で早々と登場。このロングリリーフは信頼の証でしょう。


ペラルタ、インファンテを連続空振り三振に打ち取りました。続く9回も登板し、7番からの打順を左飛、中飛、二飛に抑え、ポストシーズン4セーブ目をあげた。


1回2/3を投げ、無安打2奪三振の無失点。


試合後、上原は「これで気持ちよくボストンに帰る飛行機に乗れます。きょうはあっぷあっぷでしたが抑えられて良かったです」と試合を振り返った。


また、レッドソックスのファレル監督は「上原投手、田澤投手、ブレスロウ投手の3人は、このプレーオフ本当にすばらしい投球を続けてくれている。特に上原投手は1点差のぎりぎりの場面で効果的な仕事をしてくれた」と活躍しているリリーバー3人を讃えた。





にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2013/10/18 Fri. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1017

川崎ムネリンの大リーグ解説が楽しい!  



その明るい熱血キャラで、今季トロントのファンのハートをつかんだ“ムネリン”こと川崎宗則が帰国してNHK-BSの解説者としてメジャーリーグのインサイドを発信してくれています。

「川崎宗則が、MLBプレーオフで解説者デビュー!」

これを知ったときには、これは面白くなる!と直感したものです。

持ち前のユーモアだけでなく、現役メジャーリーガーならではの深みある“小ネタ”も惜しみなくはさみ、たのしい解説です。


川崎が尊敬して止まないイチローの話題になると、イチローが日米通算4000本安打を記録した試合でセカンドを守っていた川崎は「(記念のボールを)盗もうと思ったんですよね」と告白。


ニュースで見た方も多いと思いますが、あの時にボールがレフトから川崎に戻ってきた際、こっそり隠そうとしたが、


「審判にダメと言われた。『アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ』と言ってごまかそうとしたんですけど、やっぱりダメでした」とのことだった。


解説した試合は、両軍の先発投手が三振の山を築いていた展開で、「こういう(三振が多い)日は、野手は常に足を動かしていないと動きが固まっちゃう。僕はこういうとき、スクワットしまくっている」


レッドソックスのクローザー、上原浩治の速球については「体感速度が表示できたら165キロいきますよ」と、その凄さを表現した。


根っからの野球少年なんですよ。ボールを追いかける直向な姿勢もトロントのファンたちのココロをつかんだのでしょう。


そんなムネリンのユニーク解説は、17日以降も、シリーズ終了まで(最大第7戦まで)毎試合、NHK BS1で楽しめます。やっぱり人間明るくなくっちゃ~






  
お手数ですが、ポチっとお願いします。ポチッとお願いします。


関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 18:34 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1016

NFL第6週 MNFはチャージャースがコルツに勝利  

WEEK 6
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 10日 木曜日
ジャイアンツ21 vs 27ベアーズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 13日 日曜日
スティーラーズ19 vsジェッツ
イーグルス31 vs20 バッカニアーズ
ライオンズ31 vs17 ブラウンズ
パッカーズ19 vs17 レイブンズ
ベンガルズ27 vs24 ビルズ
ラムズ38 vs13 テキサンズ
レイダーズ 7vs24 チーフス
パンサーズ35 vs10 ヴァイキングス
ジャガーズ19 vs35 ブロンコス
タイタンズ13 vs20 シーホークス
カーディナルズ20 vs32 49ナース
セインツ27 vs30 ペイトリオッツ
レッドスキンズ16 vs31 カウボーイズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 14日 マンデーナイト
コルツvs 19チャージャース
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">バイウィーク
ファルコンズ、ドルフィンズ
※右がホーム 


W6 ブロンコス、チーフス6連勝 



第6週が終了しました。個人的には、ほぼ順当なゲームが多かったように思います。


注目のカード、セインツ@ペイトリオッツは昨日書きました。来週は、セインツがバイウィークなので、暗い2週間になりそうだ、と思っていたら、マンデーナイトでチャージャースがコルツに勝ちました。


パウダーブルーのジャージは勝負服です。


これは個人的にはアップセットでした。チャージャースもフェイバリットなチームなんですが、よくわからないチームです。


今日のようにコルツやカウボーイズに勝てるチームが、前週、同地区のレイダースに負けている。レイダースの新QBプライヤーの出来が良かったという事と同地区対決は油断できないという事でしょうか?


チャージャースは相変わらずOLを中心にケガ人だらけ
(10人)。元プロボウラーの10年目、Cハードウィック以外はOLスターター全員が故障者リストに毎週名前が挙がります。NO.1とNO.2レシーバーが、既にシーズンアウトです。守備陣も主力のILBバトラーと一昨年レイブンズから来たOLBジョンソンも欠場してました。 


ドラ1ルーキーのRT “ボディスラム” フルーカーまでがクエッショナブルな状態。そういえば、ダラス戦でピック6した相手のLBショーン・リーを最後まで追いかけてエンドゾーン手前でかわされ、ケガしそうなタックルをしてました。ファイトだけは認めましょう!


もともとBクラスのチームですから、RBトムリンソンの全盛時代は、攻守でプロボウラーを10人輩出する時期もあって戦力も充実してましたが、ベリチックのチームのような規律に欠けるイメージがあるので、初戦のテキサンズのように大量リードしてもひっくり返される脆さが目立つチームです。


そういう意味で、接戦に強いコルツに勝ったのは、マイク・マッコイ新監督のイズムが浸透してきたのでしょうか。コルツの落球にも助けられました。



■ 全敗は3チームに。テキサンズも4連敗



パッカーズもレイブンズ相手に逃げ切りました。マシューズの離脱で戦力ダウンしてますが、A.J.ホークが3サック。彼もヘルシーならかつての輝きを放ってくれます。新戦力のRBレイシーもラン23回120ヤードで、やっと数字を残しました。


チーフスが6連勝です。レイダース相手に10サックと守備陣が大暴れしました。OLBハリと逆サイドのOLBヒューストンの相乗効果でQBサックを量産しています。


チーフスのQBスミスはパス128ヤード、RBチャールズもラン78ヤードとパッとしない記録ですが、去年までのレイブンズのような強力な守備陣がチームを牽引しています。


今週は、タイタンズ、ジャガーズ、コルツ、テキサンズのAFC南地区の4チームが星を落としました。テキサンズの4連敗はある意味サプライズです。



アメフトボール スティーラーズが今季初勝利したので、開幕連敗チームは3チーム。


ジャガーズ(6連敗)
次週は、ホームでチャージャース

ジャイアンツ(6連敗)次週は、ホームでバイキングス

バッカニアーズ(5連敗)
次週は、アウェイでファルコンズ




ゲームに関する詳しくはNFL JAPAN.COMか、このブログのサイドバーのブックマークからESPNの順位表や個人成績が見れます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています、
励みになりますので、ポチッとお願いします。

関連記事

Posted on 2013/10/16 Wed. 07:30 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1015

ドラマチック劇場INボストン NFLとMLBの2チーム   


「ベリチック=ブレイディ」
帝国に勝利への執念をみた。



海の向こうアメリカでも3連休ということですが、奇しくもボストンを中心フランチャイズに持つ2チーム、NFLのペイトリオッツMLBのレッドソックスがそろって劇的なゲームを繰り広げました。


休日の早朝からの中継で、眠い目をこすって見ていたら、なんと衝撃の結末で、セインツファンとしては放心状態になりました。


それでも、この序盤の決戦を記録に残そうとブログの記事を書いていたら、ぜんぶ書き終わって色をつけたりラインを入れたりしているときに記事が消えてしまうトラブル。ツイてないときはこんなものです。意気消沈の1日でした。


全米注目のエリートQB対決。ブレイディ(ペイトリオッツ)ブリーズ(セインツ)。このレベルの場合、最後にボールを支配した者が試合の幕を引く。勝負の鉄則です。





第4Qに起死回生の逆転タッチダウンパスを決めたセインツのブリーズ。スコアは24対23。残りは3分29秒でした。


ところが、ここからドラマが始まった―。


《ラスト3分29秒》反撃するブレイディの攻撃は4thダウンギャンブルに失敗。


ラスト2分46秒 再びボールは、ブリーズに。タラレバですが、ここからランやショートパスでファーストダウンを更新すれば勝利は手中にできた。


ところが


ブリーズもあっさりと3回でアウト。そこから39ヤードのFG成功。3点を追加したが、結果的には1点差でも4点差でも同じ。時間を消費することがブリーズに与えられた任務だったのに・・・。


ラスト2分24秒 第4Qに過去31回の逆転劇を演じているブレイディに再びボールが。そのファーストプレーでエデルマンに投げたロングパスをセインツがインターセプト。これで万事休すか!


スタンドからペイトリオッツのファンがスタジアムを後にする。残り時間から考えて誰もが終わったと感じたに違いない。


ところが、ところがです。


ここからのブリーズの攻撃もまた、あっさりと3回で終わり。


ラスト1分13秒 そしてブレイディに3度目のボールがー。ここから、味方の落球などもあったが、ブレイディは執念のドライブでゴール前へボールを進める。


ラスト10秒 最後はゴール前17ヤードからTDパスを左奥に決めて、ドラマに幕を引いた。


こんなシナリオ、誰が考えたのか―


しかし考えてみると、あの残り3分29秒から3度もブレイディに攻撃権を与えた、ペイトリオッツ守備選手たちの“折れないココロ”。


セカンドどころか、サードエフォート(3度の努力)が、勝利の女神を呼び寄せたということでしょう!


アメフトボールゲームのダイジェストはこちらで 




ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

Posted on 2013/10/15 Tue. 07:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1014

オルティーズ起死回生の満塁弾  





レッドソックスがサヨナラ勝ち
8回“ビック・パピー”満塁同点弾!


Detroit Tigers   5

Boston Red Sox  6


American League Championship Series
◇ボストン・フェンウェイパーク




ア・リーグの優勝決定シリーズの第2戦は、ボストン・フェンウェイパークで行われ、レッドソックスが6対5でサヨナラ勝ちしシリーズの対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。


昨日のサンチェスに続いてタイガースの最多勝男マックス・シャーザーに5回まで手も足も出なかったレッドソックス。


6回2死からビクトリーノがチーム初安打となるレフト前安打で出塁すると3番ペドロイアのタイムリーツーベースで、1点を返すのが精一杯の展開。



■劇的!フェンウェイ劇場


7回を終わって4点のビハインド。しかし、打者有利のフェンウェイパークでは、やっぱり4点差ぐらいではセーフティリードとはいえなかった。


8回裏。塁を埋めた満塁の場面で、この日の“主役”登場―。


2死満塁から
4番デービット・オルティーズの一振りが、ライナー性の大飛球で右中間方向へ。ライトのハンターがフェンスに飛び込んで得意のホームランキャッチをするかに見えた打球は、グラブをかすめて突き刺さった。


熱狂するボストンファンの思いを乗せた
満塁同点弾。ゲームのモメンタムを完全に引き寄せた。


9回は、その勢いでタイガースの繰り出す中継ぎ陣を攻めて、無死満塁から
サルタラマキアが三遊間を抜くレフト前ヒットを放ち劇的勝利で試合を決めた。


タイガースの
先発シャーザーは7回2安打13奪三振の好投だったが、不安視されたリリーバー、とくにクローザーのベノワが打たれたのは、シリーズの今後に響きそうだ・・・


レッドソックスは、風雲急を告げる展開で「急に告げられた」という上原が同点の場面で登板。相手打者をセカンドフライ。空振り三振。詰まらせたショートフライと完璧に抑えて、最終回のサヨナラ勝ちに望みをつないだ。結果、ポストシーズン初勝利が上原についた


シリーズは、1日の移動日をはさんでデトロイトで3戦目が行われる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2013/10/14 Mon. 14:27 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1013

【ALCS】Rソックス対タイガース 投手比較  





【ALCS】
Rソックス対タイガース 投手比較

 ボストン・レッドソックスデトロイト・タイガースによるア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)が、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで初戦(7回戦制)を迎えました。シリーズ開始を前に、両軍の戦力分析を紹介した記事がありましたので紹介します。


野球ボール先発投手:タイガース優勢

 今季のア・リーグ最優秀防御率のアニバル・サンチェス21勝(3敗)を挙げ最多勝投手に輝くなど、サイ・ヤング賞候補No.1のマックス・シャーザー今季のプレーオフでここまで15イニングをを投げて無失点の豪腕ジャスティン・バーランダーを擁するタイガースの先発投手陣は超強力だ。

一方のレッドソックスも今季15勝(8敗)を挙げたエース左腕ジョン・レスターを筆頭に、クレイ・バックホルツ、ジョン・ラッキーとジェーク・ピービの両ベテランを含め安定感のある投手が4人揃う。しかし、数字でみると、今季ア・リーグベストの先発投手陣がいるタイガースに分がある。


野球ボール中継ぎ:レッドソックス優勢

先発投手に比べると、両チームともに中継ぎ陣はやや不安定な陣容だ。

レッドソックスはランナーを背負ってマウンドに上がったリリーフ投手がどれだけ相手に得点を許すかを表す指標でリーグ全体で下から3番目リリーフ陣のWHIPがリーグ20位の数字。

対するタイガースも中継ぎ陣のWHIPがメジャーで23位にランクされるなど、両者ともに決め手を欠く内容となっている。

しかし、試合終盤にクローザーに繋ぐ場面で登板するセットアッパーを比べると、レッドソックスの田澤純一とクレイグ・ブレスローがタイガースのドルー・シミリー、ホセ・ベラスを若干上回るか。



野球ボールクローザー:レッドソックス優勢

 今やア・リーグのベストクローザーはヤンキースのマリアノ・リベラ(今季限りで引退)ではなく90マイルそこそこの直球と決め球のスプリットでメジャーの強打者を翻弄するレッドソックスの上原浩治といって間違いないだろう。

今季途中からチームの抑えを務めた上原は防御率1.09、WHIPが0.57、K/BB(奪三振と与四球の比率)11.22と神がかり的な数字を残し、24回のセーブ機会で21セーブをマークした。

一方のタイガースは、上原同様シーズン途中からクローザーを務めた36歳のホアキン・ベノアが防御率2.01、24セーブをマークするなど、まずまずの安定感を披露した。

しかし、今シーズン驚異的な数字を残した上原の成績と比べると、どうしても見劣りしてしまい、クローザーはレッドソックスに絶対的な優位がある。

詳しくは、こちらで


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。



お手数ですが、ポチっとお願いします。


関連記事

Posted on 2013/10/13 Sun. 11:15 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1012

NFL 第6週の注目カードはこれだ!  

WEEK 6
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 10日 木曜日
ジャイアンツ vs ベアーズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 13日 日曜日
スティーラーズ vs ジェッツ
イーグルス vs バッカニアーズ
ライオンズ vs ブラウンズ
パッカーズ vs レイブンズ
ベンガルズ vs ビルズ
ラムズ vs テキサンズ
レイダーズ vs チーフス
パンサーズ vs ヴァイキングス
ジャガーズ vs ブロンコス
タイタンズ vs シーホークス
カーディナルズ vs 49ナース
セインツ vs ペイトリオッツ
レッドスキンズ vs カウボーイズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">2013年 10月 14日 マンデーナイト
コルツ vs チャージャーズ
http://www.tsp21.com/jpgif/pyellow.gif); background-color: rgb(255, 255, 0);">バイウィーク
ファルコンズ、ドルフィンズ
※右がホーム 


第6週で一番の注目は、セインツ@ペイトリオッツでしょう。


先週ベンガルズに敗れて今季初黒星を喫したペイトリオッツは、レシーバー陣がコマ不足だったが、先週、アメンドーラが4試合ぶりに復帰。まだまだ起用回数を制限していることもあり、パスターゲット9回でレシーブ4回に終わったが、チーム状況を考えると朗報だ。


さらに、コルツ時代にスロットレシーバーとして出場していた#10WRオースティン・コリーとも急きょ契約。エデルマンの負担を少しでも減らしたいところ。#22RBリドリーの復帰情報もあり多少の戦力アップは見込める。


ただ、お気に入りのターゲット、TEグロンコウスキーはクエッショナブルな状態で復帰は微妙。彼がいなければ昨季の戦力には、まだまだ程遠い感はある。


ここまで、守備陣が奮闘し4勝1敗という好成績を収めてきたが、第4週のファルコンズ戦でアキレス腱を断裂したDTビンス・ウィルフォークを故障者リスト(Injured Reserve)へ登録した。フロントラインの要が戦列を完全に離れることが決定。


前週のベンガルズ戦では、その穴を元レイダースで10年目のトミー・ケリー、ジョー・ベラノ(ドラフト外契約ルーキー)、クリス・ジョーンズ(テキサンズ6巡から解雇)のDT3人で埋め、ジョーンズが1.5サック。ケリーが1サックを決めている。


対するセインツは、開幕13連勝した2009年以来の好調なスタート。報奨金問題で1年間停止処分だったペイトンHCも復帰。攻撃のプレーコールを担当。攻撃陣は安定感がある。


それよりも躍進を支えるのは守備陣。昨年リーグ最低だったが、ライアンDCのもと4-3から3-4隊形に変更。


アグレッシブなプレッシャーを得意とするライアンDCだが、シーズン前には、その核となるのアウトサイドのLBウィル・スミスとビクター・バトラー
(PUPリスト)もACL断裂で失い、フロント7には、ILOクリス・チェンバレン(ACL断裂)、DEケニオン・コールマン(胸筋断裂)など故障者が続出。


それでも、第5週終了時点で、
ポイントでリーグ4位。距離で11位。ラン守備12位、パス守備18位と健闘している。


ブレイディブリーズのエリートQB対決に関心が集まっているが、意外と地味な我慢比べのロースコアで勝負がつくかもしれない。









ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/10/12 Sat. 23:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1010

代表戦に誇りを!「侍ジャパン」小久保監督の課題  




このブログでも10月3日にお伝えしたとおりNPB(日本野球機構)は、日本代表「侍ジャパン」の新監督に小久保裕紀氏が就任することを正式に発表しました。


小久保新監督はプロ野球のみならず日本野球が結束してひとつになる。そのトップチームの監督だという自覚を持って取り組み、強いチームにしていきたい」と抱負を語った。

小久保ジャパンの初陣は11月7~9日、台北で台湾代表との3連戦に臨む。

指導者経験がない中での就任だが「できるかできないではなく、やるかやらないか。勇気を持って決断しました」。小久保氏のプレースタイルを思い出させてくれる頼もしいコメントだ。



日本のスポーツ界の中心である“国技”ともいうべき「野球」。国内で、最も歴史がありステータスがあるプロスポーツ「プロ野球」。

「プロ野球のみならず日本野球が結束してひとつになる。」という言葉のウラには野球界の持つジレンマのようなものが垣間見える。

よく比較されるのが、今年20周年を迎えたJリーグとサッカーというスポーツのひろがり。


◇地域に根ざしたスポーツ文化のひろがり

サッカー「Jリーグの“百年構想”」をご存知でしょうか?

そのひとつに、“サッカーに限らず、あなたがやりたい競技を楽しめるスポーツクラブをつくること”。そして「する」「観る」「支える」、スポーツを楽しみながら世代を超えた触れ合いの輪をひろげる、という理念があります。

ヨーロッパのスポーツ文化をモデルとした構想ですが、自分が住む町に「地域に根差したスポーツクラブ」があれば、こんなスポーツライフを誰もが楽しむことができます。

20年前のJリーグ発足時に当時の川淵チェアマンが「企業名」ではなく、あくまでも「地域名」にこだわったのもそこにある。地域名は、その象徴に過ぎないが、意外と大きな意味を持つ。

ある年、優勝したジュビロ磐田の関係者が「ヤマハという企業名でなく町の名前だったから、これだけ多くの地域のサポーターたちが、弱いときでも支えてくれた」と語ったことがあった。

10クラブでスタートしたJリーグは、このたったの20年間で、活動に共鳴したクラブや町などで約40クラブにまで増えた。

野球文化という素晴らしい伝統と人気がありながら単なる企業の宣伝媒体のひとつとして発展してきたプロ野球との違いはこの理念にある。

その地域に育てられた代表たちが、支えてくれたクラブや地域の人たちのために、たとえ日当1万円でも勝利給10万円でもヨーロッパから馳せ参じて“日の丸”をつける。

「代表として戦うのは応援してくれた人たちのため」(サッカー日本代表の長友選手)


◇日本代表になることが最高の目標に

プロ野球人気は低迷し、20年ぐらい前までは地上波のゴールデンタイムに放送していた「プロ野球中継」もポストシーズンを除くふだんは見かけなくなりました。

野球人口よりサッカー人口の方が多いと聞いたことがあります。

今回の新生・侍ジャパンの船出にあたり、NPBでは「すべての世代で“世界最強”になることを目指して戦います」とのメッセージを発表した。

そのためには、個人的な意見ですが

①「プロ」「アマ」の組織の枠を超えて国内で一致団結できる体制構築

②代表戦が全選手たちの目標となるようなムードとシステムづくりが必要

③プロ野球から企業の名前を外し、地域名を冠したクラブづくり

日本のスポーツ文化も国際化し多様になった分、各競技でプロ化に以降。なにもプロ野球選手にならなくても好きなスポーツで生計を立てられるようになりつつある。その傾向はますます進むだろう。

これぐらいのことが出来なければ次世代の育成はもとより、スポーツ文化における野球界のステータスは“ジリ貧”になる。

野球界全体で「小久保監督が4年に渡ってトップを務める意義が現われる戦略を打ち出すことが求められる」という事が指摘されていました。私もこの意見に共感します。


ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 17:24 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1010

ソチ五輪に被災地の中学生14人を派遣へ  





JOC=日本オリンピック委員会
が復興支援の一環として東日本大震災の被災地で冬の競技に取り組む中学生の選手14人を、来年2月の冬季五輪のソチオリンピック(ロシア連邦)に視察団として派遣する。


派遣されるのは、震災で親族を亡くしたり競技を続けるのが難しくなったりした、宮城、福島、青森、岩手、茨城の中学生合わせて14人。


スキーやスケート、アイスホッケーで、各地域で収めたトップクラスの競技成績や作文などを基に選ばれました。


14人は、ソチオリンピックの期間中の来年2月16日から7日間、現地に派遣され、競技を観戦するほか、出場選手や現地の人との交流も計画されています。


JOCのこうした取り組みは、去年のユースオリンピックとロンドンオリンピックに続いて3回目です。


団長は、アルベールビルオリンピックのスピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した黒岩敏幸さんが務めます。


黒岩さんは「選手たちには現地で感じたものを地元に持ち帰り、その後の競技活動につなげてほしい。また、家族や友達に現地での体験を話し、刺激を受けてもらうことで、復興のきっかけに少しでもなれば」と話しています。


◇日本オリンピック委員会

関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 12:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド