メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0319

【MLB契約情報】アルトゥーベに続いてレッズのスアレスも契約延長  




アストロズのホセ・アルトゥーベがフリーエージェントを待たずして契約延長に合意したが、シンシナティ・レッズの26歳、メジャーキャリア5年目になるベネズエラ出身のエウヘニオ・スアレス内野手が、7年6,600万ドルで契約延長を決めた。

彼の場合もFA市場で自分の評価を確認することなく、選手として脂の乗った時期をレッズでプレイすることになった。

高騰してきた年俸にストップがかかったような17年オフの移籍市場。選手個々に考え方があると思うが、選手(代理人)サイドからすれば移籍市場でビジョンが見えない状況下で、今後は、こういった判断が増える傾向になるかもしれない。

スアレスの契約内容は、2018年から2024年までの7年間で、年俸6,200万ドル、契約金200万ドル、バイアウト200万ドルの合計6,600万ドル。

25年シーズンは、球団側が選択権をもつクラブオプションになっている。


契約金  200万ドル 契約金
2018(26歳)  225万ドル 年俸調停 1年目
2019(27歳)  700万ドル 年俸調停 2年目
2020(28歳)  925万ドル 年俸調停 3年目
2021(29歳)  105万ドル  FA 1年目
2022(30歳)  110万ドル  FA 2年目
2023(31歳)  110万ドル  FA 3年目
2024(32歳)  110万ドル  FA 4年目
2025(33歳)  150万ドル クラブオプション


※2025年はバイアウトした場合200万ドル。


昨年は打率.260、出塁率.367、長打率.461、OPS.828、本塁打26、打点82。守備がメジャーレベルからすると低く、そのため16年に遊撃手から三塁手にコンバート。両リーグワーストの23失策を記録したが、昨年は守備の指標であるDRS+5、UZR+5.8。ともにマイナスからプラスに変わり、大幅に改善している。


◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/reds-extend-eugenio-suarez/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/03/19 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0607

レッズの伏兵が1試合4本塁打、MLB史上17人目の快挙  




シンシナティ・レッズのスクーター・ジェネット内野手が6日(日本時間7日)、本拠地で行われたセントルイス・カージナルス戦でMLB史上17人目の1試合4本塁打を記録した。

ジェネットは、5打数5安打、4本塁打、10打点。この1試合4本塁打はチーム史上初の快挙になった。

DBrzF94XoAAfFY2.jpg


メジャーキャリア5年目の27歳。3月28日にウェイバーでレッズへ移籍した選手で、前所属のブルワーズでは二塁手が多かったが、当初はユーティリティとして控え要員でベンチ入りしていた。

この試合前まで本塁打は、メジャー通算で38本しか打ってなかった。そんな伏兵が、歴史に名前が刻まれるような大仕事をやってのけた。

4本塁打の内訳は、
3回裏の2打席目にグランドスラム。
4回裏の第3打席にはバックスクリーンへ2ラン本塁打。
6回裏の第4打席には高めの直球を逆方向へ。

そして8回裏の第5打席には右翼席へラインドライブの打球を叩き込み1試合で4本塁打というアメージングな夜を演じてみせた。



個人的には、レッズといえばピート・ローズぐらいしか頭に浮かばないなじみの薄いチームだ。それは単純なことで、日本人選手が所属していないMLBで唯一のチームだからだ。

この数年は再建期を迎えている関係で、注目されるのはトレード市場での名前が度々上がっているジョーイ・ボット一塁手、ザック・コザート遊撃手をシーズン中の期限前にトレードに出すかどうかという事。

しかし、調べてみると若手25歳のエウヘニオ・スアレス三塁手は打率.287、OPS.884、10本塁打、36打点と成長。

2021年までコントロールでき、昨年150試合で33本塁打、103打点とプレイクしたアダム・デュバルもここまで打率.272、14本塁打、45打点とフロックでないことを証明。

ほかに、スコット・シェブラー外野手もアクティブロースターに定着。チームが長くコントロールできる若い選手たちが成長してきている。

あとは将来の正捕手候補で2015年ドラフト全体11番目指名のタイラー・スティーブンソン、2016年ドラフト全体3番目指名で、ベースボール・アメリカがMLB全体で9番目にランクするプロスペクトのニック・センゼル内野手らが上がってくれば野手陣は期待が出来そうな編成になってきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/06/07 Wed. 16:03 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

【MLB移籍情報】レッズが元ナッツのクローザー右腕D.ストーレンと契約  



 シンシナティ・レッズは現地3日、元ワシントン・ナショナルズのクローザーで16年オフにシアトル・マリナーズからフリーエージェント(FA)となっていたリリーフ右腕ドリュー・ストーレンと年俸300万ドル(約3億5,000万円)の1年契約を結んだ。この契約には150万ドルのインセンティブが設定されている。

昨季、両リーグワーストの被本塁打数(103)、与四球(297)の不名誉な記録だったリリーフ陣の強化が目的。

ストーレンの加入について同球団のディック・ウィリアムスGMは、今オフで最も意義のあるブルペン補強かもしれないと右腕に期待を寄せている。

 29歳のストーレンは、ワシントン・ナショナルズ時代の2011年に、クローザーとして43セーブをマーク。

今季はトロント・ブルージェイズとマリナーズで主に中継ぎとして起用され、合計57試合の登板で4勝3敗3セーブ、防御率5.23だった。メジャー7年間の通算成績は25勝16敗98セーブ、防御率3.31。



 余談になるが、ストーレンは、カレッジ野球の名門スタンフォード大学出身。同大学のOBでは親子3代がメジャーリーガーのボブ・ブーン(1972-1990)が有名で、彼はレッズのコーチも務めている。

息子のブレッド・ブーンはイチローと同僚で、マリナーズが2001年にマークしたシーズン116勝のメンバーだった。

 さらに、NFLファンには有名な名QBジョン・エルウェイもスタンフォード出身で、日米大学野球のアメリカ代表としても来日している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/01/06 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド