メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0330

ルーキーのタティスJr.遊撃手(パドレス)が開幕戦デビューで2安打  




 先日も紹介したパドレスの大型新人フェルナンド・タティスJr.遊撃手が開幕ロスター入りを果たしジャイアンツとの開幕戦で2安打デビュー、大器の片鱗を見せている。


MLB.comによると20歳85日でのロスター入りは、1999年のエイドリアン・ベルトレイ(当時ドジャース)の19歳363日に次いでの若いデビューになるという。


タティスは6番でスタメン出場。2回のメジャー初打席でジャイアンツのエース、マディソン・バムガーナーから三遊間をゴロで抜けるレフト前ヒットをマーク。球団最年少安打を記録した。さらに、4回にはサード前にバンドヒットを決めてマルチヒットを記録。





パドレスは相手のエースの前に6安打だったが、投手陣が踏ん張って2対0で勝利。話題のマニー・マチャドは3打数でノーヒット、2三振だった。


ドミニカ共和国出身のタティスJr.は15年にホワイトソックスと契約。16年にパドレスに移って18年はチーム内ランキング1位。夏のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜にも選出された。


その後、7月25日には、骨折した左手親指の手術を受けた為に残りシーズンを全休しているが、今春のオープン戦では21試合に出場して打率.241、2本塁打、4打点、2盗塁、OPS.761をマークしていた。


プロスペクトランキングでMLB全体2位、BP3位の評価。 パドレス内にはMLB.comのプロスペクトランキングで10人の若手がいるが、そのトップをきっての昇格になった。


◆パドレス開幕ラインナップ
1.(二)イアン・キンズラー
2.(左)ウィル・マイヤーズ
3.(三)マニー・マチャド
4.(右)フランミル・レイエス
5.(一)エリック・ホズマー
6(遊)フェルナンド・タティスJr.
7..(中)マニュエル・マーゴット
8.(捕)オースティン・ヘッジス
9.(投)エリック・ラウアー


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/03/30 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0328

パドレスのタティスJr.遊撃手が20歳85日で開幕ロスター  



 ナショナルリーグ西部地区で毎年苦戦しているサンディエゴ・パドレスだが、昨年のエリック・ホズマー、今オフのマニー・マチャドなど再建中のチームにコアとなる選手を補強して巻き返しを図る姿勢だ。


そんなパドレスにチームのプロスペクトランキングでMLB全体2位、BP3位の大型新人フェルナンド・タティスJr.遊撃手が開幕ロスター入りすることが明らかになった。


 MLB.comによると20歳85日でロスター入りすると、1999年にエイドリアン・ベルトレイ(当時ドジャース)が19歳363日で次いでの若いデビューになるという。


ドミニカ共和国出身のタティスJr.は15年にホワイトソックスと契約。16年にパドレスに移って18年はチーム内ランキング1位。夏のオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選出された。その後、7月25日には、骨折した左手親指の手術を受けるため、残りシーズンの全休しているが、今春のオープン戦では21試合に出場して打率.241、2本塁打、4打点、2盗塁、OPS.761をマークしている。


パドレス内にはMLB.comのプロスペクトランキングで10人の若手がいるが、そのトップをきっての昇格になる。





◆パドレス予想開幕ラインナップ
1.(二)イアン・キンズラー
2.(一)エリック・ホズマー
3.(三)マニー・マチャド
4.(左)ウィル・マイヤーズ
5.(右)ハンター・レンフロー
6.(中)フランチー・コルデロ
7.(遊)フェルナンド・タティスJr.
8.(捕)オースティン・ヘッジス


◇記事参考
http://www.mlb.jp/category/news/#25413



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/03/28 Thu. 22:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0306

【MLB戦力分析】マニー・マチャドを獲得した今季のサンディエゴ・パドレス  




 マニー・マチャドを獲得したサンディエゴ・パドレス。2006年の地区優勝以来、下位に低迷しているが、ウエストコーストで日本人スタッフがフロントに多い球団だけにスポットを当てて新戦力やラインナップを紹介したい。


18年オフの補強ポイントは、
①先発投手
②遊撃手
③三塁手
④セットアップマン


▼パドレスの新戦力
マニー・マチャド(三塁手:FA)
ギャレット・リチャーズ(SP右腕:FA)
グレッグ・ガルシア(遊撃手:ウエーバー)
イアン・キンズラー(二塁手:FA)
アーロン・ループ(RP左腕:FA)

アレン・クレイグ(一塁手:FA)マイナー契約
デイトリック・エンズ(左腕:FA)マイナー契約



▼ラインナップ
1.(二)イアン・キンズラー
2.(三)マニー・マチャド
3.(一)エリック・ホズマー
4.(右)ハンター・レンフローorフランミル・レイエス
5.(左)ウィル・マイヤーズ
6.(中)マニュエル・マーゴorフランチー・コルデロ
7.(遊)ルイス・ウリアス
8.(捕)オースティン・ヘッジス

▼先発ローテ/クローザー
SP1:ジョーイ・ルケーシー
SP2:ロビー・アーリン
SP3:ブライアン・ミッチェル
SP4:エリック・ラウアー
SP5:マット・ストラーム
CL:カービー・イエーツ


 ファーム層はMLBランキングで100位以内のプロスペクトが10人、MLBトップクラスの充実ぶり。すでにMLBデビューしている選手も数人いて、21歳のルイス・ウリアス遊撃手あたりは開幕から起用されそうだ。


 昨年は、13年の新人王でフランチャイズの顔ともいうべきウィル・マイヤーズが、DL入りで精彩を欠いたが、今季はフルタイムの外野手に戻ることがすでに発表されている。


その外野手には27歳ハンター・レンフローが4年目だが2年連続で26本塁打をマークして主軸を打てる選手に成長しつつあるのでマチャドを2番にしてレンフローを4番にしてみた。上位打線は破壊力がアップしている。


 昨年のエリック・ホズマーの獲得に次ぐマチャドの加入でMLB全体で27位のチーム打率、30位のOBP、28位の得点、24位の本塁打数は改善されそうだ。


 ただ、先発投手でエンゼルスから獲得したリチャーズは肘の手術で今季は絶望的。MLB全体27位の防御率だった先発ローテはさほど改善されていない。そのためブルペンだった左腕のマット・ストラームやプロスペクトランキングでチーム内5位の23歳右腕クリス・パダックが開幕からローテーション入りする可能性が出てきた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2019/03/06 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0220

【MLB移籍情報】マニー・マチャドがパドレスと3億ドルで合意  




 18年オフのフリーエージェント(FA)市場で注目選手の一人だっだマニー・マチャドの新しい所属先がようやく決まった。ESPN.comのジェフ・パッサン記者が伝えたところによるとマニー・マチャドがサンディエゴ・パドレスと契約合意した。内容は10年3億ドル。





 この金額は、ジャンカルロ・スタントンのマーリンズと交わした13年3億2500万ドルには及ばないが、FA選手の契約としてはアレックス・ロドリゲスが07年にヤンキースと結んだ10年2億7500万ドルを上回り、米国スポーツ史上最高額とみられる。





 さらに、この契約は5年後に契約内容を見直すことができるオプトアウト条項が盛り込まれているという。


 マチャドは26歳。12年にオリオールズでメジャーデビュー。18年途中に移籍したドジャースした。これまでメジャー7年のキャリアで打率.282、175本塁打、513打点、53盗塁、出塁率.335、長打率.487、OPS.822。ファングラフスのWARでは通算30.2(18年6.2)と高い数値を示している選手。


 マチャドの争奪戦に関しては当初、ヤンキースあたりがフィットするという評論家の意見が多かった。ヤンキースは正遊撃手のディディ・グレゴリアスがトミー・ジョン手術で、19年の開幕に間に合わない可能性が高いからだ。


そのグレゴリアスの穴埋めとして起用される予定の若手グレイバー・トーレスとミゲル・アンドゥハー三塁手の守備は不安が多く。アンドゥハーに関しては、その守備の拙さから右翼手での起用も考えられているという。そのためマチャドを遊撃手で起用してグレゴリアスが復帰すればマチャドを三塁手にコンバートする案が考えられた。


マニー・マチャド


マチャド自身もピンストライプのユニフォームを希望しているという噂もあったが、ポストシーズンでの素行の問題やヤンキースは先発投手を補強することが優先事項で交渉は進まなかった。


 先日もホワイトソックスが7年1億7500万ドルの契約をオファーしていたという情報が流れたが、希望金額との差が大きく代理人のスコット・ボラスは首を縦に振らなかった。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/02/20 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

【MLB移籍情報】再建途上のパドレスがエリック・ホズマーと8年1億4,400万ドルで合意  




17年オフのFA市場で注目選手だったエリック・ホズマー一塁手が8年1億4,400万ドルでパドレスと合意した。

ホズマーに関しては、所属していたロイヤルズが7年1億4,700万ドルを提示。これに対してパドレスが7年1億4,000万ドルを提示したという報道が流れていたが、ホズマーは1年でも長い契約を要求。結局、パドレスが8年契約を示して争奪戦に勝利した。




USAトゥデイのボブ・ナイチンゲールによれば総額8年1億4,400万ドルで、オプトアウトの権利が5年目に設定され、オプトアウトが行使できるまでの5年間に1億500万ドルをホズマーが受け取ることになる。

平均すると1,800万ドルは驚くほどの契約額ではないが、最初の5年間に年平均2,100万ドルを受け取るかたちにしているところが、この契約の特長。

こうすることでホズマーとパドレスの両方にメリットがある契約内容と言える。

5年後に32歳になるホズマーが体力が落ちていく時期に残り3年契約3,900万ドルだと、パドレスがトレード放出する時も相手を見つけやすくなる。故障等が出てくる時期に、ホズマーが残留を選んでも、トレードしやすい金額になる。


エリック・ホズマー


ホズマーにとっても、最初の5年間で、さらに実績を作れば残り3年3,900万ドル(年平均1,300万ドル)に上乗せした条件の契約を他球団と交渉してつかみ取ることができる。

7年から1年足した8年という選手の長期契約という要求を受け入れたが、両方のバランスをとった契約内容と言える。

《報道されているサラリーの配分》
契約金500万ドル(サインマネー:5年分割)
  • 2018年(28歳)2,000万ドル
  • 2019年(29歳)2,000万ドル
  • 2020年(30歳)2,000万ドル
  • 2021年(31歳)2,000万ドル
  • 2022年(32歳)2,000万ドル
  • 2023年(33歳)1,300万ドル
  • 2024年(34歳)1,300万ドル
  • 2025年(35歳)1,300万ドル



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2018/02/18 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0115

【MLB移籍情報】パドレスが左腕リリーバーB.ハンドと契約延長  




日本人サブマリン投手、牧田和久を補強したパドレスが、左腕のクローザー、ブラッド・ハンドと契約を延長している。

契約内容は3年1,975万ドルで年平均は約685万ドル。4年目は球団オプションで1,000万ドル。バイアウト100万ドル。17年オフのリリーフ投手では総額で6番目の契約額になる。



メジャー8年目の27歳左腕は、2016年4月にマーリンズからDFAされてウエーバーにかけられ、パドレスに拾われた。

2016年は82試合に登板して4勝4敗、1セーブ、21ホールド、防御率2.92、WHIP1.108、被打率.195。昨季はシーズン途中でクローザーに抜擢され、72試合で3勝4敗、21セーブ、16ホールド、防御率2.16、WHIP0.933、被打率.191と前年を上回る素晴らしい活躍を見せた。



昨日紹介したアディソン・リードと同じで、やや登板過多のような気もするが、リード同様、脂の乗って来る20代後半。今後、球界を代表するようなリリーバーに成長する可能性はある。

MLB公式サイトによるとハンドは「とても興奮しているよ。言葉では言い表せないね。球界では何が起こるかわからない。2年前、パドレスは僕に活躍の場を与えてくれたし、僕のなかに何かを見出してくれた。本当に感謝しているんだ」と喜びを語っている。

A.J.プレラーGMは「間違いなく、彼は大きな舞台で力を発揮できる男だ。この2年間、彼は球界でベストのリリーバーの一人だった。チームのために様々な役割をしっかりこなしてくれたよ」と、オールスター左腕に最大級の賛辞を贈った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/01/15 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0411

パドレスのウィル・マイヤーズがサイクル安打を記録  




サンディエゴ・パドレスのウィル・マイヤーズが球団史上2人目となるサイクル安打を記録した。

マイルハイ(標高1600メートル)で、ボールがよく飛ぶことで有名なデンバーのクアーズフィールドで行われたロッキーズ対パドレスのマンデーナイトゲームで、パドレスの期待の若手ウィル・マイヤーズがサイクル安打を記録。

3番ファーストで出場したマイヤーズは1回、相手の先発左腕チャットウッドから一二塁間をゴロで抜けるライト前ヒット。

3回にはレフトへ二塁打で1打点。6回には、2ストライクからの3球目、チャットウッドの95マイルのフォーシームを捉えてセンターへ3号ソロを叩き込んだ。



そして8回、二人目の右腕エステべスから左中間を破るライナーを放ち、マイヤーズは激走。これが三塁打となってサイクル安打を達成した。

26歳のマイヤーズは2013年にタンパベイ・レイズで新人王に輝くと14年12月に複数トレードでパドレスへ移籍。

故障の影響もあって14年87試合、15年60試合の出場にとどまったが、昨年はほぼフル出場。157試合576打席で打率.259、OBP.336、OPS.797、28本塁打、94打点、28盗塁という好成績を残した。

ウィル・マイヤーズ


2017年が年俸調停の1年目となるため、その契約が注目されたが、パドレスが年俸調停の3年分とFAの3年分を買い取る契約延長に踏み切り6年8,300万ドルの大型契約を結んだ。

予算に制約があるパドレスで、フランチャイズ・プレイヤーとして期待されての契約だが、シーズン当初からその大型契約に応えるような話題を提供したことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/11 Tue. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0219

【MLB移籍情報】メジャー150勝のJ.ウィーバーがパドレスと1年契約  



ウィル・マイヤーズの年俸調停3年分とFAとなった後の3年分を買い取った形で6年8,000万ドルという大型契約を結んだパドレス。

そのパドレスが補強ポイントだった先発投手の補強に動いた。現地18日、エンゼルスからフリーエージェントになっていたジェレド・ウィーバー投手と年俸300万ドル(約3億4,000万円)の1年契約で合意した。

34歳のウィーバーは、2006年のメジャーデビュー以来、エンゼルスの顔だった。2ケタ勝利を10回マークするなど、メジャーキャリア11年間で150勝93敗、防御率3.55の通算成績を収め、最多勝2回、最多奪三振1回、オールスター選出3回などの実績を誇っている。



ただ、13年4月ににライナーをよけた時に肘を骨折し長期離脱。14年は、マックス・シャーザーらと最多勝タイトルを分け合ったが、その年以降、成績は下降し、15年は防御率4.64、16年は同5.06と悪化。

37被本塁打という不名誉なリーグワーストも印象が悪く、先発陣の層が薄かった16年オフのFA市場でも買い手が付かなかった。

過去の栄光より、直近の実績、球威の低下が評価対象になり、16年オフのFA先発投手では12番目の低い契約金だった。バートロ・コロンやR.A.ディッキーの40歳組や36歳リッチ・ヒルよりもはるかに抑えられた契約内容になった。

逆に言えば、ウィーバーがバウンスバックすれば、パドレスにとっては、残り物には福があるといったところかもしれない。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/19 Sun. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0119

パドレスがウィル・マイヤーズとチーム史上最高額で契約延長  

 


 14年オフにA.J.プレラーGMが就任し積極的な補強したパドレス。

 その時は、トレードでデレク・ノリス、ウィル・マイヤーズ、ウィル・ミドルブルックス、ジャスティン・アップトン、マット・ケンプ、ティム・フェデロビッチ、ショーン・ケリー、クレイグ・キンブレル、メルビン・アップトン・ジュニア。

フリーエージェントではジェームズ・シールズ、ブランドン・モローを獲得。イチローや阪神タイガースの鳥谷敬の移籍報道もあった。

 しかし、期待された2015年シーズンは74勝88敗でナ・リーグ西地区4位に終わって低迷。

結局、ファイヤーセールを敢行。クレイグ・キンブレル、マット・ケンプ、ジェームズ・シールズ、ドリュー・ポメランツと次々に主力クラスがロッカーを空けて行った。

 ただ、その時の唯一の遺産でもあったウィル・マイヤーズ一塁手は残し、フランチャイズの顔として球団史上最高額となる6年8,300万ドル(約93億8,000万円)で正式に契約延長した。

 契約の内訳は、下記。
  • 2017年(26歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2018年(27歳)200万ドル+契約金500万ドル 合計700万ドル
  • 2019年(28歳)300万ドル+契約金500万ドル 合計800万ドル
  • 2020年(29歳)2000万ドル
  • 2021年(30歳)2000万ドル
  • 2022年(31歳)2000万ドル

 契約にはサインボーナス1,500万ドル(約17億円)が含まれており、2019年までに分けて支払われる見通し。また、他球団へトレードされた場合はバイアウトとして100万ドルを受け取る内容だ。

 26歳のマイヤーズは、タンパベイ・レイズ時代の2013年に新人王を獲得したが、その後はケガに悩まされていた。

しかし、キャリア最多となる157試合に出場した昨季は、打率.259、OBP.336、OPS.797、28本塁打、94打点、28盗塁と復活。オールスター初選出を果たすなど低迷するパドレスの希望になった。



 A.J.プレラーGMはマイヤーズについて、「彼は可能性に満ちている。チャンピオンシップを争うチームの核となるような選手だ」とコメント。

そして、「ウィルの全盛期を我々が買えたことになればいいね」とマイヤーズの今後の活躍に大いに期待を寄せた。

 ちなみにパドレスのこれまでの契約最高額は、2015年シーズン開幕前にジェームズ・シールズ投手(現ホワイトソックス)と結んだ4年総額7,500万ドル(約84億7,000万円)だった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/01/19 Thu. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1230

パドレスが元広島C.ルイスを補強リストに!GMとは旧知の仲  

 


 日本になじみの深い選手の動向を紹介したい。レンジャーズからフリーエージェント(FA)の先発右腕コルビー・ルイスにパドレスが興味を示している。

 ルイスは、元広島で2年間活躍した後、古巣のテキサスに帰って2010年から6年間で65勝を挙げている。15年には、ダルビッシュらが離脱するなか17勝9敗をあげ地区優勝に貢献した。

 16年シーズンは、6月に右の広背筋を痛めて15日間のDL入り。その後、7月3日になって60日間のDLに移行。

この長期離脱の影響もあって19試合の先発登板に留まったが、防御率3.71、6勝5敗・WHIP1.13と、投げれば安定したピッチングが出来る事を示した。

コルビー・ルイス 

 パドレスのプレラーGMは、14年途中に現職に就くまで、レンジャーズで国際スカウト、GM補佐などを歴任。10年にレンジャーズがルイスと契約した際も一役買った人物で、以前からその能力と人間性を高く評価していた。

 多くのチームがそうだが、パドレスも先発陣の補強が優先事項。あくまでもエンゼルスからFAとなっている34歳右腕ジャレッド・ウィーバーが最有力候補という情報だが、ジェイク・ピービ、コルビー・ルイスらベテラン投手陣も獲得候補リストに名前があるという。
 
 ルイスの16年サラリーは600万ドル、来年8月で38歳になるが、ヘルシーな状態なら1100万ドル程度のマーケットバリューがある。


◇記事参考:
http://www.spotrac.com/mlb/texas-rangers/colby-lewis-6464/market-value/
https://full-count.jp/2016/12/29/post54519/




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2016/12/30 Fri. 08:48 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド