メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0628

Dバックス平野が球団タイ記録達成!次は上原浩治の27試合連続無失点  



34歳のオールドルーキーが今日もチームの勝利に貢献。球団記録に並ぶ活躍をしている。

 ダイヤモンドバックの平野佳寿が27日(日本時間28日)の敵地マイアミでのマーリンズ戦2番手としてにリリーフ登板。1イニングを三者凡退に切って取る好投で、球団タイ記録の登板24試合連続無失点を達成した。

 平野(18ホールド)、ブラッドリー(21ホールド)、ボックスシンガー(19セーブ)が今季の勝利の方程式。

その方程式通りこの日の試合では、1―0とリードの7回から登板。

先頭の4番ブリンソンを3球続けてスプリットから最後は92マイルのフォーシームでセカンドゴロに打ち取った。続く5番ディートリッチに対してはカウント2ボール2ストライクから投じた5球目のスプリットで空振り三振。6番ロハスを82.9マイルのショートゴロに切って取り、12球の危なげないマウンドだった。

 試合はダイヤモンドバックスが2―1で勝利。平野は、開幕からここまで39試合、33イニング、2勝18ホールド、防御率1.25、WHIP0.97、33奪三振とオールスターゲームに選出されてもおかしくないピッチングを披露している。

これで2008年にライオン、2012年にはプッツがマークした球団記録に並んだ。

ちなみに、日本人リリーバーの記録は、下記の記録だが、試合数ではなくイニング数では、上原浩治の連続イニング無失点(30回1/3)を既に上回っている。


2013年 上原浩治(レッドソックス)27試合
2003年 長谷川滋利(マリナーズ)24試合
2018年 平野佳寿(Dバックス)24試合
2004年 高津臣吾(Wソックス)23試合


ナ・リーグ西部地区は、ジャイアンツが3連勝で、首位Dバックスから2位ドジャース、3位ジャイアンツまでが5ゲーム差という混戦状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/06/28 Thu. 14:11 [edit]

CM: --
TB: --
   

0615

Dバックス平野佳寿が18試合15イニングス連続無失点で13ホールド目  




首位から最下位までが5.5ゲーム差にひしめくナ・リーグ西部地区で首位に立つダイヤモンドバックス(Dバックス)。

そのDバックスに移籍したリリーバー平野佳寿投手が大活躍している。平野は14日(日本時間15日)、本拠地メッツ戦に2番手で登板して1イニングを無失点に抑えた。これで18試合連続無失点だ。

平野佳寿


テレビでも中継されて、そのピッチングをライブで観戦したが、腕が良く振れている印象が強かった。19球を投じたが、メジャーの審判はくせが強いので、観ていて首をかしげたくなるシーンもあった。それでも物怖じせず、堂々と空振りで切って取ったから誰にも文句を言わせない圧倒的なマウンドだった。

平野は、1点リードの7回にマウンドに上がった。今季33試合に登板しているが7回の登板が一番多い。「SU=セットアッパー」という試合の終盤に出てきてクローザーにつなぐ重要なポジションだ。

先頭のバティスタには3球連続ボールが先行したが、日本でもクローザーを任せれて修羅場を凌いできた平野は落ち着いたものだった。

結局、フルカウントからのスプリットで空振り三振。続くスミスもスプリットで二ゴロに抑えると、メソラコには粘られたものの、9球目のスプリットで空振りの三振に仕留めた。

最速は92.5マイル。2三振を奪った決め球のスプリットは82.2マイルと84.9マイルだった。アウトローに球を集める制球の良さと、高めに投げ込んでファウルでカウントを整える4シームの威力が効いていた。

5月6日(同7日)のアストロズ戦から1か月以上、失点をしていないのも理解できる内容だった。

平野佳寿

平野佳寿


これで、13ホールド、防御率1.50、WHIP0.90。標高が高いマイルハイに位置し、平地よりボールが9%も飛ぶという打者有利の球場を本拠地としながらも被本塁打2、被打率0.176という好成績だ。

34歳の“オールドルーキー”の活躍は、オールスター級といえるだろう。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/06/15 Fri. 14:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

0429

平野が好救援で2勝目 Dバックスは111年ぶりの9カード連続勝ち越し  




日本人リリーバーが勝負のターニングポイントで好投、チームの歴史的快挙に貢献している。

先日も紹介したダイヤモンドバックスが現地28日、ナショナルズ戦に延長戦の末、逆転勝ちして3連戦2勝目を飾り、開幕から9カード連続の勝ち越しを決めた。

これは、1907年にカブスが記録して以来、111年ぶり。次のカードは、4月30日からの同地区ライバルドジャース戦。これに勝ち越せばメジャー新記録になる。

ダイヤモンドバックス


この試合で、平野佳寿はチームが同点に追いついた直後の9回に4人目で登板した。

ここで、6番アダムスをピッチャーゴロ、7番サンチェスを2球スプリットで追い込んで3球目、高めのフォーシーム(92・4マイル)で空振り三振。8番セベリーノをフルカウントからセンターライナーに抑えた。

これで平野は、13試合で防御率1.46。リードした場面で9試合に起用され、チームの快進撃を支えるブルペン陣のセットアッパーとして活躍している。

球団創設20周年のアリゾナ・ダイヤモンドバックスはこれで19勝7敗で、ナ・リーグ最高勝率。

その快進撃を支えているのが、先日も紹介したブルペン陣。MLB30球団中、防御率、WHIP、H/9、HR/9で1位をマーク。防御率は唯一の1点台(1.62)


★Dバックスの主なブルペン陣
(現地4月28日終了時点)

平野佳寿
 13試合 12回1/3 防御率1.46

ホルヘ・デラロサ 12試合 9回 防御率1.00

アンドリュー・チェイフィン 11試合 9回 防御率1.00 左投げ

フェルナンド・サラス 13試合 15回2/3 防御率1.72

アーチー・ブラッドリー 14試合 15回1/3 防御率1.76





 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/04/29 Sun. 18:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0427

平野佳寿のダイヤモンドバックスが8カード連続の勝ち越し メジャーで41年ぶり  




 球団創設20周年のアリゾナ・ダイヤモンドバックスが開幕から好スタートを切っている。

 現地4月27日、敵地でのフィリーズ戦に8対2で勝利。開幕から8カード連続で勝ち越しを決めている。その原動力は、日本から移籍したメジャー1年目の平野佳寿を含むブルペン陣の健闘が見逃せない。


DbvK77MVwAAqK3D.jpg


★Dバックスのブルペン陣

平野佳寿 11試合 10回1/3 防御率1.74
ホルヘ・デラロサ 12試合 9回 防御率1.00
アンドリュー・チェイフィン 10試合 8回 防御率1.13 左投げ
フェルナンド・サラス 12試合 15回1/3 防御率1.76
アーチー・ブラッドリー 12試合 13回1/3 防御率2.03


 先発陣は、シェルビー・ミラーが開幕前に故障。タイワン・ウォーカーも開幕後の4月15日に故障者リスト入り。エースのザック・グリンキーは防御率4.80で苦戦しているが、ブルペンのリリーバー達は、上で紹介した彼らを中心にMLB30球団中、1位の防御率1.77をマークしている。

 先発とブルペンのトータルでも防御率はMLB4位。あの豪華な先発ローテーションのアストロズ、インディアンス、レッドソックスに次ぐを数字をマーク。投手陣は、ここまで、24試合を終了時点で10奪三振以上を15試合で記録。これは、メジャー最多タイで球団記録。

 ちなみに、平野佳寿は、11試合に登板しているが、リードした場面で8回、同点で2回、リードされた場面で1回起用されている。

 打線は、打率が26位、OPS 17位、得点数14位、本塁打数15位とやや湿り気味だが、ポール・ゴールドシュミットやA.J. ポラックなど、昨年も総得点でMLB 8位のメンバーが残り、調子が出てくれば破壊力はある。

 開幕から8カード連続勝ち越しはナ・リーグでは1977年のドジャース以来41年ぶり。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2018/04/27 Fri. 17:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0908

止まらないDバックス、首位ドジャースをスイープして球団新の13連勝  



ダイヤモンドバックスが日本時間7日、同地区ライバルのドジャースから3連戦3連勝。球団連勝記録の新記録となる13連勝を飾った。

9月も7勝0敗で5失点した1試合を除けば、1失点だけという勝ちゲームが続き、その間のチーム防御率は1.47でMLBトップ。98イニング連続で相手にリードされず、先取点をあげて逃げ切るパターンで勝利している。

ちなみに、この試合で1回に先制点を取られMLB記録の102イニングは更新できなかった。

ダイヤモンドバックス


ドジャースは前田健太が好調ダイヤモンドバックス相手にチームの連敗ストップをかけて先発。5回85球を投げて、4安打、1四球、8奪三振、1失点(自責点0)と好投したが1対3で敗れ、今季初の6連敗。

プレイオフのナ・リーグ地区シリーズで対戦する可能性があるDバックスとドジャース。今季の対戦成績は11勝8敗でDバックスがリード。しかも、Dバックスが6連勝するという結果になった。

しかも、ドジャースタジアムでも5勝5敗。ホームでは6勝3敗とリードしており、ゲーム差は依然11.5ゲーム差でドジャースの地区5連覇は揺るぎないが、5試合の短期決戦では、どちらが勝ち上がってもおかしくない。

ドジャースは5連敗して、クレイトン・カーショーが連敗を止めてから、6連敗という泥沼状態が続いている。先発陣はMLB全体で1位の防御率(9月は防御率5.14で19位)、リリーフ陣も2位と好調を維持しているが、オフェンスのアベレージが悪くMLB19位、本塁打数も11位。とても92勝で勝率.662のチームに見えない状態が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/08 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

Dバックス12連勝で球団タイ、インディアンスも昨年6月28日以来の13連勝  



Dバックスとトライブが連勝を続けている。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスはドジャースとの同地区対決を制して12連勝。球団タイの連勝記録に並んだ。

現地5日の試合は、Dバックスのザック・グリンキーが7回4安打、1失点の好投。ドジャースの先発左腕リュ・ヒョンジンも6回を3安打、1失点に抑える両先発の投げ合い。

両軍のブルペンも踏ん張って試合は延長にもつれたが、10回、ドジャース4人目のペドロ・バイエズ投手が連続四球で乱れ、1死二三塁のピンチを招くと、次の打者の三塁ゴロをターナー三塁手が本塁へ送球。これがランナーに当たる守備の乱れで2失点。

結局、3対1でDバックスが延長戦を制した。Dバックスは4安打で勝利。98イニング先取点を許さないイニングを続けている。ちなみに、メジャー記録は102イニングらしい。

ドジャースは5連敗のあと、エース左腕クレイトン・カーショーで勝って、その後、またも5連敗。6日の試合では先発する前田健太の連敗ストップに期待がかかる。

ドジャースは優勝マジック13で地区5連覇は確実だが、1988年以来のワールドシリーズ制覇には、ポストシーズン最初の地区シリーズで、Dバックスかロッキーズあたりのワイルドカード勝者と対戦する可能性もあり、苦手イメージはつけたくない。

両チームの対戦成績は5日終了時点でDバックスの10勝8敗。

なお、アメリカンリーグでは、トライブ(部族)の愛称で知られるクリーブランド・インディアンスが、昨年6月28日以来の13連勝。

この連勝は1942年、1951年、2016年に続く球団史上4度目。今日6日の試合に勝てば昨年樹立した14連勝に並ぶことになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/07 Thu. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0905

Dバックス11連勝 J.D.マルティネスが史上18人目となる1試合4本塁打  



ダイヤモンドバックスのJ.D.マルティネス外野手がドジャース戦でMLB史上18人目となる1試合4本塁打を記録した。

タイガースから夏に移籍してきたマルティネスは、第1打席でドジャース先発の左腕リッチ・ヒルから空振りの三振に倒れたが、4回の第2打席で2-2から外角のフォーシームを左中間中段へ先制の31号ツーラン。

2対0でリードして迎えた7回の第3打席では、救援右腕ペドロ・バイエズの96.8マイルの外角のフォーシームをライトへ32号ソロ。




8回の第4打席では救援右腕ジョシュ・フィールズの2-0からの3球目、真ん中やや外寄り95.6マイルのフォーシームを右中間へ33号ソロ。

第5打席では右腕ウィルマー・フォントの0-1から真ん中に入ったスライダーを捉えてレフトスタンドへ34号ツーランを運んだ。

マルティネスは、移籍後18本塁打。4番のゴールドシュミット一塁手の33本を抜いて2チーム合計だが、チーム最多本塁打になった。これまで1試合3本塁打はあったが4打席連続本塁打はキャリア初。4人の投手から4本。一人で13得点中、6打点を叩き出した。

ダイヤモンドバックス先発の左腕ロビー・レイは8回途中まで3安打の零封、14奪三振の好投で、投打のかみ合ったチームは、13対0で11連勝を飾った。

敗れたドジャースは、プレイオフ第1シードの可能性が強く、ダイヤモンドバックスとは地区シリーズであたることも考えられる。先発リッチ・ヒルは6回2安打2失点と好投したが、相手打線とロビー・レイの攻略法を検討する必要があるかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/05 Tue. 18:43 [edit]

CM: --
TB: --
   

0221

中後の強力なライバル加入?Dバックスがベテラン左腕とマイナー契約  



 フロリダ州とアリゾナ州で各球団がキャンプインしたメジャーリーグだが、アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地19日、コロラド・ロッキーズからフリーエージェントとなっていたベテラン左腕ホルヘ・デラロサ投手とマイナー契約を結んだ。

 メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によれば、35歳の左腕はメジャー昇格を果たせば年俸225万ドル(約2億5,000万円)となり、さらにリリーフとしての成績に応じて60万ドル(約6,800万円)のインセンティブがつく契約になっている

 昨季まで9年間、ロッキーズの先発だったデラロサは、昨年、27試合(先発24試合)に登板して8勝9敗、防御率5.51、108奪三振の成績だった。

ただ、2009年と2013年にはキャリアハイの16勝を挙げるなど、メジャー13年間で通算101勝84敗、防御率4.64という成績を残している。

 ただし、『MLB.com』によると、ダイヤモンドバックスではリリーフとしての活躍が期待されているということで、メジャー昇格が期待される元ロッテで2年目の挑戦になる中後悠平投手にとっては、強力な左のライバルが加入したことになる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/21 Tue. 06:24 [edit]

CM: --
TB: --
   

1017

【球団人事】Dバックスが新GMにレッドソックスのマイク・ヘーゼン氏を招聘  




 現地16日、今季69勝93敗でナ・リーグ西地区4位に終わったアリゾナ・ダイヤモンドバックスは、新GMとしてボストン・レッドソックスでGMを務めていたマイク・ヘーゼン氏を招聘した。

ダイヤモンドバックス

 レッドソックスの筆頭オーナーであるジョン・ヘンリー氏は、昨年8月、タイガースのGMだったデーブ・ドンブロウスキー氏を野球運営部門の社長職として招聘。マイク・ヘーゼン氏は、その下でGM職に内部昇格していた。

 40歳のヘーゼン氏はスカウトやGM補佐として11年間、レッドソックスに所属。同氏がいる間にレッドソックスは、5度のプレーオフ進出と2度のワールドシリーズ制覇を達成。昨年9月にGMに昇格した。
 
 今季のレッドソックスは、10月1日に24歳になったザンダー・ボガーツ(打率.294、21本塁打、89打点)、10月7日に同じく24歳になったムーキー・ベッツ(打率.318、31本塁打、113打点)、26歳のジャッキー・ブラッドリーJr.(打率.267、26本塁打、87打点)ら、“3B”と言われている若手が台頭。若干22歳のアンドルー・ベニンテンディもシーズン後半にインパクトを残した。

 Dバックスは、昨オフの大型補強が失敗に終わって今季も低迷。その責任をとってチップ・ヘール監督とデーブ・スチュワートGMをレギュラーシーズン終了後に解任。

その後任人事として内部育成やファーム(下部組織)の充実に実績を残したヘーゼン氏をレッドソックスからGM職より上級ポストを用意して迎え入れた。 

 ヘーゼン氏をGM兼上級副社長待遇で迎えることに、マネージング・ゼネラル・パートナーのケン・ケンドリック氏は「マイクの評判は申し分なく、彼の優勝経験は抜群の信頼感を我々に与えてくれる」との声明を出して歓迎している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/10/17 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1004

【球団人事】Dバックス、D.スチュアートGMとC.ヘイル監督を解任  




 シカゴ・ホワイトソックスのロビン・ベンチュラ監督、コロラド・ロッキーズの指揮官ウォルト・ワイスに続いてアリゾナ・ダイヤモンドバックスも副社長兼ジェネラルマネージャー(GM)のデーブ・スチュワートとチップ・ヘイル監督を解任すると発表した。

 デーブ・スチュワートは、2014年9月25日にDバックスのGMに就任。GM職は初の就任だった。選手時代にはアスレチックスなどで168勝を挙げた名投手。



 Dバックスは、その年の5月17日に名将トニー・ラルーサを編成部門の最高責任者、チーフ・ベースボール・オフィサーとして招聘している。

 スチュワートがラルーサ氏の下で働くのは、今回が初めてではない。彼らは、1986年~1992年と1995年に、オークランド・アスレティックスで監督と選手という間柄だった。

 「スモーク」のニックネームを持つスチュワートは、ラルーサが指揮を執るチームでエースとして活躍した。1987年から4年続けて20勝以上を挙げる大車輪の活躍で1988年からのリーグ3連覇に大きく貢献。

アスレティックスが最後のワールドチャンピオンとなった1989年にはワールドシリーズMVPに輝き、翌年はリーグ・チャンピオンシップシリーズMVPを受賞した。



記事参考
http://bylines.news.yahoo.co.jp/unenatsuki/20140926-00039446/



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/10/04 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド