メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0430

パイレーツの右腕ニック・キンガムがデビュー戦で快投!NL中部地区は大混戦  




 現地29日、ピッツバーグで行われた同地区対決のパイレーツ対カージナルス戦で、メジャーデビューの26歳右腕ニック キンガムが偉業を達成した。

キンガムは、カージナルス打線相手に7回1死まで20人連続で1人も塁に出さない快投。

惜しくも21人目の3番打者ポール デヨングに三塁線を破られて初安打を許したものの、7回を投げて被安打1、奪三振9、無失点でメジャー初勝利を飾った。

 メジャーデビューした新人投手による初回からの“連続アウト”は、1961年以降では、1970年のウェイン シンプソン(レッズ)と1997年のケン クラウド(マリナーズ)の打者16人連続という記録が残っている。

キンガムは、これを更新し、デビュー戦で20人連続アウトという記録を作った。

Db_C3mXWkAIAaJ0.jpg


「被安打1+無四球+9奪三振以上」という条件で検索すると、2008年4月3日のレッズ時代のジョニー・クエト(現ジャイアンツ)以来、ここ100年間では2人目という。

 キンガムは2010年のMLBドラフトでパイレーツから4巡目指名(全体117番目)を受けた選手。ナショナルズのスーパースター、ブライス ハーパーが全体1位指名を受けた年だ。




マイナーでは昨年、1A+と3A合計で10勝6敗 防御率3.95の成績を残した。そして今季は3Aで4試合に先発し2勝1敗 防御率1.59と結果を出してコールアップされた。

 15年にトミー ジョン手術を受け、昨シーズン途中に復帰。速球の球速は93~94マイルだが、ツーシーム、スラーダー、チェンジアップ、カーブなど、緩急を織り交ぜたスタイルでコマンドよく投げることができるのが特徴。

 今年からダルビッシュ有が、カブスに移籍して、個人的には大注目のナ・リーグ中部地区。

長年、この地区の盟主だったカージナルスも地区3連覇の後、その座をカブスに譲った。弱かったカブスは若手の台頭やマッドン監督の就任で2連覇。

そのカブスは昨年同様、前半戦は調子が出ないチーム状態。大型補強で戦力を整えたブルワーズが絡み、今季は首位のパイレーツから4位のブルワーズまで、わずか1.5ゲーム差の大混戦になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2018/04/30 Mon. 14:19 [edit]

CM: --
TB: --
   

0507

パイレーツのカン・ジョンホ(姜正浩)が復帰戦で2発のアーチ  




メジャー2年目、ピッツバーグ・パイレーツのカン ジョンホ(姜正浩)内野手(29)が昨年9月16日に負ったケガから8カ月ぶりに復帰、その初戦、同地区ライバルのカージナルス戦で2本の本塁打を叩き込み復活の狼煙を上げた。

6番サードで出場したジョンホの1本目は3点リードの6回、1塁にヒットのランナーを置いて左腕タイラー・ライオンズの初球、高めに浮いたバックドアの2シームを右中間に運んだ。

2本目は8回二死、3番手の左腕ケビン・シーグリストのフルカウントからの6球目、94マイルの4シームを左翼席に叩き込んだ。(その動画は下のツイッターからどうぞ)



カン ジョンホ(28)といえば、“韓国のA・ロッド”と呼ばれた大型遊撃手で、昨シーズンよりメジャーへ挑戦。総額1100万ドル(約13億2000万円)の4年契約でパイレーツに入団した。

アジア系内野手ということで厳しい見方も多かった中、1年目から126試合に出場して打率.287、15本塁打、58打点をマーク。



ここでも昨年9月25日にお伝えしたが(http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-2184.html)、ジョンホは、昨年9月16日のカブス戦で、試合中に殺人スライディングを受けMCLを断裂。そのままシーズンエンドを余儀なくされた。

クリーンアップを打つことの多かった彼の離脱は、ポストシーズンを戦うパイレーツにとって大きな痛手となった。

彼を葬ったその選手は、09年に岩村明憲(当時レイズ)にも“併殺崩れ”のスライディングでACLを断裂させた人物。

岩村の当時の監督は現カブスのジョン・マッドン氏で、それが直接の原因ではないが、マッドン監督は昨年オフにその選手をドジャースに放出した。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。

Posted on 2016/05/07 Sat. 17:57 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0925

韓国のA・ロッドも膝のMCL断裂、実は岩村明憲の時と同じ選手だった  

 

これからもアジア出身の内野手は、脚を刈られ続けるのだろうか―。ちょっとショッキングな書き出しで始まったアメリカ在住のスポーツライター、ナガオ勝司氏のコラムが興味深かった。

パイレーツの姜正浩(カン・ジョンホ)内野手が現地9月16日のカブス戦で、シーズンエンドとなる大怪我をした。「内側側幅靭帯断裂(MCL)」と「脛骨の骨折」と報じられいる。

姜正浩(28)といえば、“韓国のA・ロッド”と呼ばれた大型遊撃手で、今シーズンよりメジャーリーグへ挑戦。総額1100万ドル(約13億2000万円)の4年契約でパイレーツに入団。

アジア系内野手ということで厳しい見方も多かった中、1年目から126試合に出場して打率.287、15本塁打、58打点をマークしていた。クリーンアップを打つことの多かった姜の離脱は、ポストシーズンを戦うパイレーツにとって大きな痛手となるだろう。

試合後、姜にスライディングしたコグランの元に取材陣が集まる。

「怪我させようとしてプレーしたわけじゃない。こんなことが起こるのは俺だって嫌だよ」。

コグランはマーリンズでプレーしていた2009年、当時レイズにいた岩村明憲二塁手(現独立BCリーグ福島の選手兼監督)にも、“併殺崩れ”のスライディングで前十字靭帯(ACL)の部分断裂を負わせた。

当時はルーキーで、「もう二度とだれかを負傷させたくはない。岩村の無事を祈っている」とインタビューに答えた後、レイズのクラブハウスまで足を運んで岩村に謝罪に行ったという話も残っていた。

メジャーリーグの激しいスライディングには、日本人選手も苦しめられてきた。09年の岩村明憲に続いて、11年には当時ツインズに所属していた西岡剛(現阪神)が併殺崩しのスライディングをモロに食らって、左足腓骨を骨折している。

「ダーティーなプレーじゃない。(コグランのスライディングは)いいベースボール・プレーだった」コグラン選手の所属するカブスのジョー・マドン監督の試合後のコメントだ。皮肉なことに、当時、岩村の所属したレイズ監督はジョー・マドンである。

姜自身も同じように感じたのかも知れない。怪我した直後に彼が出した声明文にはこうある。

「コグランはそうすべきプレーをした。(自分に)害を及ぼそうとしたわけじゃないだろう」。

これに対して、ESPNのバスター・オルニーのように「本塁上の接触プレーが禁止されたなら、他の塁上もそうすべきではないか?」と書いた記者もいる。個人的にはこの意見に賛同したい。観客が、迫力あるコンタクトプレーを見たいならアメリカンフットボールやラグビーを見ればいい。

しかし、当たり前の話だが、“併殺崩し”のスライディングを浴びてるのは、日本や韓国出身の内野手だけではない。ダスティン・ペドロイア(レッドソックス)やロビンソン・カノー(マリナーズ)といったメジャー代表する内野手も激しいスライディングで地面に転がされている。

それでも彼らが大怪我をしないのは、それを未然に防ぐ術を知っているからだろう。

ナガオ氏がコラムで書いた“併殺崩し”のスライディングが来ると知っていること。それが来た時にどう動くのかを知っておくこと。自分の身を守るため、時には併殺を諦めること。それらはメジャーリーグでアジア出身の内野手が―文字通り―生き残るには、打撃技術や体力以上に必要不可欠なことなのかも知れない。


記事参考
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015092115405401.html


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2015/09/25 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド