メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1129

アスレチックスがオークランドのウォーターフロントに新球場建設を発表  




好き嫌いはあるかもしれないが、新球場は樹木に囲まれた緑の濃い斬新なデザインのボールパークになる。


メジャーリーグのアスレチックスは28日、現在本拠地を置くカリフォルニア州オークランドに新球場を建設する計画を発表した。

新球場はオークランドとサンフランシスコを結ぶベイブリッジ近郊の「ハワード・ターミナル」と呼ばれているウォーターフロントに建設する予定。





開場は2023年。収容人数は3万4000人程度とメジャーの球場では最少の規模となる。


現時点ではダウンタウンとウォーターフロントを結ぶ大規模な輸送手段がないため、アスレチックスとオークランド市は市街地と湾岸地区を結ぶゴンドラの建設を計画しているという。


MBO8D3pw.jpg

DtGMip5WwAEc3p0.jpg

DtGLr4VXQAEJs9g.jpg


現在使用中のオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム(以下、コロシアム)は、毎年、選手のロッカールームで下水が逆流したというニュースが流れるほど老朽化が目立っていた。


コロシアムは、1962年に「レイダーズの新本拠地」と「メジャーリーグ球団誘致」を目的に建設を開始。1966年に完成し、9月18日、レイダーズの新本拠地初試合が開催された。


また、アスレチックスがミズーリ州カンザスシティからオークランドに移転してきたため、1968年からはメジャーリーグの試合も開催していた。


大学時代にアメフトをしていたので1970年代からブラック&シルバーのオークランド・レイダースはお気に入りのチームだったが、アスレチックスは、一時期に黄金期を作ったものの個人的には影の薄いチームだった。


レイダースは2017年3月にラスベガス移転が承認され、すでにストリップ南端にあるマンダレイベイ西側の土地を購入した。


NFLのレイダースがオークランドを去るの事になりオークランド市もアスレチックスの引き留め工作に躍起になったに違いない。


ただ、2017年のデータでコロシアムの1試合平均の観客動員数は1万8446人。稼働率は3万5067人のキャパの52.6%で30球団中28位。年間動員数も29位と最低レベル。


新しく、近代的な施設を備えたスタジアムは集客能力が高く、収益増大に直結するが、現状で観客席の5割が空いている状況なので3万4000人程度のキャパも納得がいく。ちなみに、MLB最古のボストンのフェンウェイパークが3万7731人だから、あれより小さいということになる。


同じ年のスタジアム稼働率トップは97.3%で対岸のサンフランシスコ・ジャイアンツなので寂しい限りだが、NFLとの併用もなくなりこのぐらいが適度の規模なのかもしれない。


17億ドルの建設費でラスベガスにレイダースの全天候型ドームが完成するのは早くても2020年で、それまでアスレチックスとレイダースとの併用が続くのだろうか...。たぶん、レイダースはオークランドのファンからブーイングを浴びるだろう。
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2018/11/29 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0819

【AL-WEST】アスレチックスが直接対決2連勝で首位に並ぶ  



ア・リーグ西部地区の首位攻防戦、アスレチックス対アストロズは、2位のアスレチックスが、同地区首位のアストロズに2連勝し、74勝49敗で同率首位に並んだ。

オークランドへ移転して50周年のアスレチックス。6月15日時点で34勝36敗と負け越し、首位から11.5ゲーム差の4位と低迷。

しかし、その後両リーグを通じてトップの40勝13敗という驚異の快進撃で地区首位のアストロズを猛追。

現地時間8月17日から始まった直接対決のGAME1では、9回に追いついたアスレティックスが10回に先頭の5番オルソンの23号ソロでサヨナラ勝ち。

GAME2も先発投手トレーバー。ケーヒルが、アストロズの強力打線を7回1安打無失点の好投で制し連勝。ついに昨年のワールドチャンピオンを捉えて同率首位に立った。





アスレチックスのビリー・ビーン副社長は、チームの状況に応じて積極的な補強を行う姿勢で、年7月21日にはウィル・トフィー、ボビー・ウォールと、インターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)をプラスしたトレードでジェウリス・ファミリアをメッツから獲得。

8月に入ってもナショナルズからショーン・ケリー投手、タイガースから後日指名の選手もしくは金銭と交換で先発投手のマイク・ファイヤーズを獲得している。

ファミリアは、クローザーとしても実績十分でブルペンに厚みが増した。

ファイアーズは、移籍前にキャリアベストと言えるシーズンを過ごしていて21試合119回で防御率3.48、7勝6敗、WHIP1.24、奪三振率6.6、与四球率2.0という結果を残している。移籍後も2試合で5回1/3、1失点。6回2失点と好投している。

エース格に成長したショーン・マネイア(4月21日ノーヒット・ノーランを記録)についでローテーションの2番手を担っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/08/19 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0422

アスレチックスの左腕ショーン・マナイア、今季メジャー初のノーヒットノーラン達成!  




オークランド・アスレチックスのショーン・マナエア投手が21日(日本時間22日)、ボストン・レッドソックス相手にノーヒットノーラン(無安打無得点試合)を達成した。

今季メジャー初の快挙で、アスレチックスの投手としては、球団史上12度目。オークランドにフランチャイズを移してからは10年のダラス・ブレイデンの完全試合以来、6度目の快挙らしい。


DbW0LqoV4AAWZ3R.jpg


マナイアは、9回108球で、2四球、10奪三振。昨季12勝を挙げたが、抑えた相手が凄い。相手のレッドソックスは、前節で大谷翔平のエンゼルスを3連戦スイープするなど7連勝中。今季17勝2敗の最強レッドソックス相手に演じたノーヒッターはインパクトがある。

26歳のメジャー3年目で、13年のMLBドラフト1巡目追補(全体34位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。15年7月28日にベン・ゾブリストとのトレードで、アーロン・ブルックスと共にアスレチックスへ移籍した。

16年4月にメジャー初昇格。この年は、25試合24先発で7勝9敗、防御率3.86、WHIP1.19。17年は29試合全てに先発して12勝10敗、防御率4.37、WHIP1.40。





今季は5試合先発で3勝2敗。防御率はメジャートップの1.23。長身の左腕でサイドスローが特徴。球自体の球威は無く、この試合の前まで奪三振率K/9は通算で7.72だった。

アスレチックスの先発陣は、MLB30球団中27位の防御率だったが、BB/9(9イニング換算の四球率)は良くて、同2位。

マナイアは、開幕投手のケンドール・グレイブマンに次ぐ先発ローテーションの2番手投手。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/04/22 Sun. 13:40 [edit]

CM: --
TB: --
   

1201

【MLB契約情報】アスレチックスがFAでブルペン補強  



大谷翔平がロサンゼルスに到着、いよいよ本格的な交渉が始まる。12月10日からのMLBウィンターミーティングでも話題の中心となりそうだが、フリーエージェント(FA)市場も水面下の動きが表面化してきたようだ。

The Athletic/FOX Sportsのケン・ローゼンタールによると、アスレチックスがエンゼルスからFAとなっていたユスメイロ・ペティットと2年1000万ドルで合意した。この契約には2020年の球団オプションが付いており、身体検査を経て正式に発表される見込みとなっている。



アスレチックスは、シーズン中に再建モードへ移行し、ブルペンの軸であったショーン・ドゥーリトルやライアン・マドソンを放出した。

今回の補強は手薄になったブルペンのためのもので、契約内容は、18年の年俸が350万ドル、19年の年俸が550万ドル。20年の契約は年俸550万ドルの球団オプションあるいはバイアウト100万ドル。2年間で1000万ドルが保証される。

33歳の右腕は、ジャイアンツ時代の14年にスポット先発・ロングリリーフでワールドシリーズ制覇に貢献した。

その後、ナショナルズからエンゼルスと渡り歩いて17年春にはWBCベネズエラ代表に選出された。

エンゼルスでは招待選手から開幕ロースター入りして60試合91回1/3で5勝2敗4セーブ、防御率2.76、WHIP0.95。

91回1/3で101奪三振、奪三振率(K/9)9.95、与四球率(BB/9)1.8という自己最高をマークした。

若手先発陣を支えるブルペンの中核として期待されるが、2年目に契約金を多く配分していることから、来季の前半に活躍した場合に、夏の移籍市場で1年半の契約が残る選手として高く売ることもできるという。

同じ西海岸でも「ラグジュアリー税」を払っている財政豊かな球団と違い「スモール・バジェット(低予算)」のアスレチックスならではの球団経営が垣間見える。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/12/01 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0930

アスレチックスがボブ・メルビン監督との契約を2019年まで延長  




オークランド・アスレチックスは28日(日本時間29日)、ボブ・メルビン監督との契約を2019年シ-ズンまで1年延長することを発表した。

メルビン監督は、1981年のドラフトでデトロイト・タイガースから1巡目指名を受け入団。10年間で8球団、692試合に出場している。

引退後は、指導者の道を選び、ミルウォーキー・ブルワーズ、タイガース、アリゾナ・ダイヤモンドバックスのコーチを経て2003年、シアトル・マリナーズの監督に就任し2年間務めた。

個人的には、マリナーズ監督2年目の04年に前年93勝69敗(.574)のチームを地区最下位の63勝99敗(.389)に降下させたことから、あまり良いイメージの監督ではない。

同地区のアスレチックスを11年途中から指揮。12年からア・リーグ西部地区2連覇、14年はワイルドカードでのプレイオフ進出を果たした。

その後は2年連続で最下位に沈み、今季も74勝85敗(29日時点)で最下位となっている。

アスレチックスでの成績は535勝532敗で、同球団の指揮官としてはトニー・ラルーサ(798勝)、アート・ハウ(600勝)の両名将に次ぐ歴代3位の勝利数。通算では1,028勝1,040敗で史上64人目の1,000勝監督となった。

弱小球団を任せられることが多く、そうした意味では監督14年間で3度の地区優勝は評価できる。ダイヤモンドバックス時代の07年とアスレチックス時代の12年には最優秀監督賞に選出されている。


◇記事参考
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000211-ism-base


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/30 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0626

史上初、アスレチックスのルーキー3人が同一試合でメジャー初ホームランを記録  



アメリカンリーグ西部地区で最下位のアスレチックスで、3人のルーキー選手が同一試合でメジャー第1号を放つという珍記録を作った。

現地24日、シカゴでのホワイトソックス戦に出場したアスレチックスのマット・オルソン右翼手、ジェイコブ・ブラグマン中堅手、そして二塁手フランクリン・バレートがメジャー第1号を記録。これは、MLB史上初の出来事になった。




マット・オルソン右翼手は2番で出場、1回にメジャー134勝のジェームス・シールズ投手から右中間へ先制の2ランをマークした。

8番ジェイコブ・ブラグマン中堅手は2回、同じくシールズから左中間へソロホームランを叩き込んだ。

そして3回、7番フランクリン・バレート二塁手は、シールズの6球目、2-2からの81.9マイルのチェンジアップを捉えて2ランホームランをマークした。

アスレチックス


試合は、この3人のルーキーの活躍でアスレチックスが10対2で勝利している。

また、アスレチックスは右腕のダニエル・ゴセットが、6回を5安打、2失点(自責点0)、5奪三振でメジャー3試合目の登板で初勝利を飾っている。

地区トップのアストロズとは17.5ゲーム差。来季以降をにらんで再建モードのチームが、若手を積極に起用している状況だからこそできた珍記録といえるかも知れない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/06/26 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【DL情報】A’sのエースが故障、復帰は早くても4月後半  

 


オークランド・アスレチックスは現地9日、エース右腕ソニー・グレイ投手が広背筋の張りの影響で今後3週間は投げられず、今季開幕を故障者リストで迎えることを発表した。

いくつかのメディアの報道では4月後半の復帰という記事もあるが、アスレチックスのデービッド・フォーストGMによると、具体的な見通しは立っていないという。いずれにしてもアスレチックスにとっては大きな誤算と言えそうだ。



グレイは昨年8月に右前腕部の負傷により離脱。結局22試合の登板に終わり5勝11敗、防御率5.69とキャリアワーストの成績だった。

デビュー2年目の2014年から2年連続で14勝を挙げ、15年にはオールスターゲームにも選出された。メジャーキャリアは4年間で38勝31敗、防御率3.42。

グレイの離脱でアスレチックスの先発投手は多少実績のあるケンドール・グレーブマン、ショーン・マネイア以外は若手のジェラル・コットンの台頭に期待したいところ。その他は、ジェシー・ハン、アンドリュー・トリッグスなど実績に乏しい選手が続く。

ビリー・ビーンが今後、どんな戦力補強を仕掛けてくるかにも注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/03/11 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0319

ビリー・ビーン氏がオランダのサッカーチームのアドバイザーに就任!  


 今度はマネーフットボール!? 



オランダ・エールディビジ(1部リーグ)のサッカークラブAZは17日、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスでゼネラルマネージャー(GM)を務めるビリー・ビーン氏をアドバイザーとして迎え入れると発表しました。

ビリー・ビーン氏は、元メジャーリーガーでアメリカ出身の52歳。独自の理論で米大リーグを席巻する敏腕GMとして知られ、彼の半生を描いた『マネーボール』は、ブラット・ピット主演で映画化され、世界的大ヒットを記録しています。

ビリー・ビーンの功績として「統計学的見地」から野球を分析するセイバーメトリクスを世界中に広めた他、スポーツに客観的な分析を持ち込んだ意味では他のスポーツ競技への影響も大きい。

マネーゲーム 

この20年以上前にMLBを席巻した「マネーボール」の手法もすでに各球団が導入しているため形骸化したと言われていますが、今のアスレチックスはさらに緻密な戦術を導入している。

例えばアメフトのようなツープラトーンシステムという昔からある手法の進化系、相手のピッチャーでオーダーも出場選手も大きく替えていく戦術などもその一例。

全盛期のダルビッシュでも完全に読まれているというくらいアスレチックスを苦手としているのは有名な話だ。

公式サイトでビーン氏は、「AZのコンサルタントに加わることが出来て非常にうれしく思う。私はサッカーが大好きで、偉大なステップだと考えている」とコメント。大型異色コラボの今後の行方に大注目だ。


AZとは?・・・AZ(Alkmaar Zaanstreek)は、オランダの西部、北ホラント州の都市アルクマールに本拠地を置くオランダ1部リーグのサッカークラブ。AZは現地の発音では、カタカナ表記でアーゼットとなる。



ブログランキング・にほんブログ村へ


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2015/03/19 Thu. 05:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0903

アダム・ダンが名刺代わりの1発で新天地デビュー!  



ダン1発でA's連敗4で止める


 アスレチックスは、前日にシカゴ・ホワイトソックスとのトレードで加入した指名打者アダム・ダンが、移籍後初打席でライトへの21号先制2ラン(通算461号)を放つなど、1回に一挙5点を先制。先発ジェーソン・ハメルも好投し連敗を4で止めた。

 ダンは、3打数2安打2打点1得点と大活躍の新天地デビューだった。アスレチックスで自身初となるポストシーズン出場を狙う34歳のダン。アメリカン・リーグ西部地区で、エンゼルスに首位決戦4連敗していただけに貴重な一発だった。

 チームは、7月のトレードで主砲セスペデスをレンジャーズにトレード。その代わりとして補強したダンの一撃は、今季、世界制覇を狙うビーンGMにとっても手応えのある補強だったといえますね。


 一方、ワイルドカードで残りの1枠を目指すマリナーズにとっては痛い敗戦。中部地区2位のタイガースが勝利しているため、その差は1.5ゲーム差に開いた

ただ、3番手として投げた有望株T・ウォーカーが6回を6安打、2四球、5三振、1失点と好投したのは、明るい材料と言えそうです。


←MLBのくわしい情報や話題は

Posted on 2014/09/03 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

B.ビーンが狙うのはワールドチャンピオン【アスレチックス】  




投手陣に重厚な布陣。緻密な野球も見逃せないチーム


 2014年の夏は、トレード・デッドラインの7月31日までに多くの選手が動き、特に先発投手の移籍が目についた。各チームがスケジュールの3/4を消化し、いよいよ第4クォーターに入った。

ポストシーズン進出をめざすチームは、この夏、誰を獲得して、どのポイントを補強したのか!?積極的な補強を敢行したチームの主な加入選手を挙げながら、例年になく活発だったトレード市場を振り返ってみよう。


■オークランド・アスレチックス■
  • 先発投手 ジェフ・サマージャ(←シカゴ・カブス)
  • 先発投手 ジェーソン・ハメル(←シカゴ・カブス)
  • 先発投手 ジョン・レスター (←ボストン・レッドソックス)
  • 外野手  ジョニー・ゴームズ(←ボストン・レッドソックス)
  • 外野手  サム・フルド  (←ミネソタ・ツインズ)

名GMビリー・ビーンが、ワールドチャンピオンを射程圏内にロックオンしたトレードに出た。

7月上旬にサマージャとハメルを一挙に獲得したのにとどまらず、月末にはポストシーズンにめっぽう強い左腕ジョン・レスターも手に入れ、前半戦にリーグ1位の防御率3.13を残した先発投手陣をさらにグレードアップした。


30歳にして開花したジェシー・チャベスをブルペンに回し、新加入の3投手にソニー・グレイスコット・カズミアーが並ぶローテーションは圧巻だ。こうなれば、狙いはワールドチャンピオンしかない。

レスターらを得たトレードで、レフトを守っていたセスペデスを放出したが、攻撃の穴埋めにはゴームズ、守備の穴埋めにはフルドを加えている。

フルドは4月下旬にウェーバー経由でツインズに移るまでアスレチックスでプレーしており、3カ月で出戻った。ゴームズも2012年をアスレチックスで過ごしている。昨年のワールドシリーズ第4戦での値千金の逆転3ランは記憶に新しい。



 

MLBのくわしい情報や話題は


Posted on 2014/08/15 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド