メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0923

タイガース、オースマス監督がクビ、メッツもコリンズ監督が今季限りで引退か  



勝負の世界は厳しいものだ。サッカーほどではないが、メジャーリーグでもシーズン終了とともにスタッフの大リストラが進む。デトロイト・タイガースのブラッド・オースマス監督は退任することが決まった。

2014年に監督就任1年目で地区優勝したが、15年最下位、16年2位。

実績十分のベテランを残して勝負をかけた今季は62勝92敗(現地22日終了時点)。勝率.403では更迭や解雇されても仕方がない結果だろう。

名将ジム・リーランド監督がチームを作り直し24年ぶりに地区優勝を果たした2011年から地区4連覇、しかも11年から3年連続チャンピオンシップに進出するという黄金期を築いたが、リーランド監督が勇退後、オースマス監督に代わってからは過去の遺産で14年は地区優勝したものの強かった面影は今はない。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


メッツを率いて7年目のテリー・コリンズ監督も今季限りで引退する可能性があるという。

コリンズと言えば2007年、オリックス・バファローズ監督に就任。08年以は負けが込んで早々と監督を辞任している。

その後は学生チームの指導者として活動した後、10年からニューヨーク・メッツのマイナーチームを統括する「フィールド・コーディネーター」を務め、2011年からはメッツの監督を務めている。

13年には、サブウェイシリーズでヤンキースに球団史上初のスウィープを果たして話題になった。

若手の育成に一定の成果を挙げており15年にはマット・ハービー、ジェイコブ・デグロム、ノア・シンダーガードらメジャー屈指の若手投手陣が台頭し、若き才能あふれた強力ローテーションでワールドシリーズまで駆け上がった。

16年と今季は、メジャー最高の先発ローテーションと評価された編成に故障者が続出し、アンラッキーな面もあった。

メッツは、66勝87敗(勝率.431)、ワイルドカードでも16ゲーム差の地区4位と低迷している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/23 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0912

タイガース期待の右腕マイケル・フルマーが右肘手術でシーズンエンド  



昨年のア・リーグ新人王でデトロイト・タイガースの先発ローテーション投手マイケル・フルマーが右ひじの手術を受けることが決まった。これによりフルマーの今季は終了した。

複数のメディアによれば今季のフルマーは、シーズン途中から右肘の痺れや痛みに悩まされていたという。フルマーはチームと相談したうえで、この分野の権威ジェームズ・アンドリュース医師の診断を受けた。

アンドリュース医師は、尺骨(しょくこつ)神経障害からくる神経麻痺など様々な症状を緩和するために手術を薦めたようで、この場合は、トミージョン手術のように1年以上かかるものではなく回復まで3~4ヶ月の見込みで来年のスプリングトレーニングには復帰できるという。



MLB.comによると、これは昨年9月にメッツのジェイコブ・デグロムが受けた手術と同じもので、彼はスプリングトレーニングで帰還し、オープン戦でその雄姿を見せた。さらに、デグロムの同僚であるスティーブン・マッツも先月、同じ手術を受けったという。

そういった意味では、最近わりとポピュラーになって来た手術(治療法)かもしれない。

フルマーは今季、25試合に登板して10勝12敗、防御率3.83、WHIP1.15を記録。昨年の防御率3.06、WHIP1.12より下回り、奪三振率(K/9)も昨年の7.47から6.23に低下している。

しかし、ここまで良くチームのローテーションを守り抜いた。昨季の159イニングを上回る164.2イニングを投げ、初めて規定投球回をクリア。クオリティ・スタートも昨季の15度を上回る18度記録し、ゲームを作った。結果として2年連続となる2ケタ勝利をマークしている。

手術は日本時間9月12日に予定されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/12 Tue. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

昨年の奪三振王タイガースのバーランダーがレンジャーズの連勝を止める  




10連勝で首位独走のアストロズを追撃しているレンジャーズの連勝が止まった。

タイガースの本拠地でのレンジャーズ戦は、レンジャーズ先発A.J.グリフィンが4回途中、9失点の乱調で、タイガースが9対3で勝ち、レンジャーズの連勝を10で止めた。

グリフィンは初回、2番アビラ、右わき腹痛から復帰の3番DHカブレラ、4番マルチネスに3連続本塁打を浴びるなど、この日、合計4本塁打を被弾して炎上した。

一方、タイガース先発のジャスティン・バーランダーは、奪三振は5で少なかったが、7回を4安打に抑えて3失点、1四球と好投した。

今季は、ここまで6四球を出す試合があるなど調子に乗れなかったバーランダーだが、昨年のリーグ奪三振王で2011年サイヤング賞のパフォーマンスを徐々に発揮し出した。これで4勝3敗、防御率4.39、WHIP1.34。

タイガース所属の中部地区は、首位ツインズから最下位ロイヤルズまで5.5ゲーム差の混戦で、タイガースも1.5ゲーム差の3位と首位を狙える位置につけているので、エースの復調は明るい材料だろう。

一方、連勝は止まったレンジャーズだが、西部地区首位のアストロズも負けており、その差は6.5ゲームのまま。

ダルビッシュの去就は!?


ダルビッシュ有の契約延長か、他チームへのトレードか、その去就が注目されるレンジャーズは、オールスターブレイクまでに首位との差を3ゲームぐらいまで縮められれば、ポストシーズンへの可能性も残る。

その間に故障中のハメルズも復帰するだろうから、8月から9月の正念場で4年連続の地区優勝の可能性もある。そうなれば、メジャーきってのエリートスターターであるダルビッシュの存在は欠かせないものになる。

ただ、このままのゲーム差で推移すると、7月末のノン・ウェーバー・トレードの期限前に、大型トレードを決断するかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/21 Sun. 14:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0504

DETカブレラ通算450本塁打、LAAプホルスは歴代14位の1840打点  



デトロイト・タイガースの主砲ミゲル・カブレラがメジャー歴代38位となる450本塁打をマークした。

カブレラは右脚の付け根を痛めて10日間のDL入りしていたが、この日は3番ファーストで先発出場。3回にインディアンス先発のコリー・クルバー投手からレフトへ今季4号となるメモリアルアーチを放った。




クルーバーが投じた5球目。フロントドアの93・6マイルのフォーシームをライナーでレフトスタンドへ運んだ技ありの一発だった。クルバーは、「あれこそ、カブレラが自分たちの世代で最高の打者と呼ばれる理由だ」と脱帽していた。

カブレラは、MLB通算で2535安打、打率.320、打点1564打点、OBP.398、OPS.960。2012年のア・リーグ3冠王。




また、ロサンゼルス・エンゼルスのアルバート・プホルス(1B/DH)は、シアトル・マリナーズとの延長11回に決勝打となるMLB通算1840打点目を叩き出し、テッド・ウィリアムズを抜いてMLB歴代単独14位の打点となった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/05/04 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0119

【MLB移籍情報】アップトンがタイガースと6年契約、金額は外野手史上6番目  

 

 デトロイト・タイガースが今オフ注目のFA外野手ジャスティン・アップトン(28)と6年契約に合意。米スポーツメディアが現地時間18日、一斉に報じている。

複数のメディアの報道をまとめると年俸は総額1億3275万ドル(約155億9000万円)。契約には、一部の球団へのトレード拒否条項と17年シーズン終了後にオプトアウトできる条項が盛り込まれている。



アップトンは、クオリファイング・オファー(QO)を提示された20人の選手の一人。

しかし、これを拒否した為、QOを拒否した選手を他球団が獲得した場合、そのチームが勝率の下位10チームであれば2巡目指名権、そうでなければ1巡目指名権を譲渡するという規定があり、アップトンにQOを提示したパドレスは、2巡目の指名権を得ることになる。 



契約は、年平均で2212万5000ドル(約26億円)となり、外野手としては史上6番目となる金額。

  1. 1. ジョシュ・ハミルトン 2500万ドル (2013-17)
  2. 2. ジャンカルロ・スタントン 2500万ドル (2015-27)
  3. 3. マイク・トラウト 2408万3333ドル (2015-20)
  4. 4. ジェイソン・ヘイワード 2300万ドル (2016-23)
  5. 5. マニー・ラミレス 2250万ドル (2009-10)
  6. 6. ジャスティン・アップトン 2212万5000ドル(2016-21)
  7. 7. ハンリー・ラミレス 2200万ドル (2015-18)
  8. 8. ジャコビー・エルズベリー 2185万7143ドル (2014-20)
  9. 9. ライアン・ブラウン 2100万ドル (2016-20)
  10. 10. カール・クロフォード 2028万5714ドル (2011-17)



アップトンは昨季、打率.251、26本塁打、81打点をマーク。オールスターにも3度選出され、メジャー9年間の通算成績は打率.271、190本塁打、616打点。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/01/19 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0929

タイガースが中部地区優勝。A'sが勝ってマリーナーズは13年ぶりのPO逃す  


ロイヤルズも地区優勝ならず


 メジャーリーグは28日、レギュラーシーズン最終戦でタイガースア・リーグ中地区4連覇を果たし、青木の所属するロイヤルズは同地区2位で30日のワイルドカードゲーム(1試合)に進むことが決まりました。

 2位ロイヤルズと1ゲーム差の首位で最終戦を迎えたタイガースは、ツインズに3対0で快勝し、ロイヤルズの試合結果を待たずに7回目の地区優勝を決めました。

 青木は2番・右翼でホワイトソックス戦に出場し、3打数2安打で8試合連続安打をマーク。タイガースの地区優勝が決まった後、五回の守備から退いた。

 ロイヤルズは1985年以来のポストシーズン進出。30日、本拠地カンザスシティーで、アスレチックスとワイルドカードゲームを戦う。

 13年ぶりのポストシーズン進出を争っていたシアトル・マリナーズは、最終戦まで希望をつなげたがアスレチックスがレンジャーズに4対0で勝ったことから、その可能性は消滅しました。

1日おいて明後日からメジャーリーグのポストシーズンが開幕します。



野球ボールア・リーグの各地区優勝チームは
東部地区 オリオールズ
中部地区 タイガース
西部地区 エンジェルス 

野球ボールワイルドカード
ロイヤルズ
アスレチックス





メジャーリーグ ブログランキングへ

Posted on 2014/09/29 Mon. 07:11 [edit]

CM: --
TB: --
   

0815

西高東低のア・リーグ タイガース、ヤンキースにも暗雲  






残り1枠をかけたプレイオフ戦線。
厳しいヤンキース。



2014年の夏は、トレード・デッドラインの7月31日までに多くの選手が動き、特に先発投手の移籍が目についた。各チームがスケジュールの3/4を消化し、いよいよ第4クォーターに入った。


ポストシーズン進出をめざすチームは、この夏、誰を獲得して、どのポイントを補強したのか!?積極的な補強を敢行したチームの主な加入選手を挙げながら、例年になく活発だったトレード市場を振り返ってみよう。


デトロイトタイガース
先発投手 デービッド・プライス(←タンパベイ・レイズ)
救援投手 ホアキン・ソリアー (←テキサス・レンジャーズ)

混戦の地区が多かったなかで、頭ひとつ抜き出ていた中部地区のタイガースだが、好調ロイヤルズの台頭で雲行きが怪しくなってきた。

シアトル・マリナーズを含む三角トレードによって、ジャスティン・バーランダーの不調が響く先発投手陣にプライスを加え、クローザーのジョー・ネーサンが不安定なブルペンにはソリアーを獲得した。

こちらもアスレチックスと同様に、レギュラーシーズンのみならず、その先を睨んでいる。三角トレードでマリナーズへ放出したオースティン・ジャクソンに代わるセンターは、ラージャイ・デービスとエセキエル・カレーラが務める。


■ニューヨーク・ヤンキース
先発投手 ブランドン・マッカーシー(←アリゾナ・ダイヤモンドバックス)
先発投手 クリス・カプアーノ   (←コロラド・ロッキーズ)
三塁手  チェース・ヘドリー   (←サンディエゴ・パドレス)
遊撃手  スティーブン・ドルー  (←ボストン・レッドソックス)
内野手  マーティン・プラード  (←アリゾナ・ダイヤモンドバックス)


ワイルドカードの残り1枠を狙っての終盤戦になる。MLB.JPによれば補強というよりは故障者の穴埋めという評価。マッカーシーは移籍前の防御率が5点台と高く、過去7年とも故障者リストに入っている。カプアーノはレッドソックスで28試合に救援登板して防御率4.55という成績で、7月に入ったところで解雇され、マイナー契約でロッキーズに入団した。

とはいえ、移籍後のマッカーシーは好投している。ヘドリーの加入によって、三塁は攻守ともにレベルアップした。これまで三塁を守っていた2人のうち、ヤンガービス・ソラーテはヘドリーの交換要員としてパドレスへ移り、ケリー・ジョンソンはドルーと交換にレッドソックスへ去った。

ドルーはこれまでの遊撃ではなく、マイナーリーグでも未経験だった二塁を守っている。オフにはヘドリーらとともにFAとなるので、残留してデレク・ジーターから遊撃の座を引き継ぐかどうかはわからない。プラードの契約はあと2年残っており、2015年以降も内外野を守るユーティリティとして重宝しそうだ。


  
MLBのくわしい情報や話題は


Posted on 2014/08/15 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド