メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1027

【球団人事】モリター解任のツインズが新監督として37歳のバルデッリが就任  




衝撃のポール・モリター監督の解任だったツインズは、ロッコ・バルデッリが新監督として就任したことを発表した。37歳での監督就任は現時点ではメジャー最年少の監督になる。


バルデッリ氏は2003年3月31日にデビルレイズ(現レイズ)の2番センターとしてメジャーデビュー。レギュラーとして定着したが07年ごろに筋肉の異常により疲労が取れにくいという「ミトコンドリア病」を発症。これが原因で、30歳を前に引退。


メジャー7年間で打率.278、60本塁打、60盗塁、OPS.766だった。現在は、その症状からも回復し、健康状態は良好だという。これまでに監督経験はない。


ツインズ


ツインズは、16年103敗を喫して最下位だったチームをワイルドカードに導き、17年の最優秀監督賞を受賞したポール・モリター氏と今季から新たに3年契約を結んでいたが、今季は78勝84敗の成績に終わり、シーズン終了後に契約を2年残してモリター氏を解任していた。


モリター氏は、ブルワーズで15年、ツインズで3年など、現役生活21年間で3319本の安打(メジャー歴代10位)をマークし、野球殿堂入りを果たしている名選手。


ツインズの本拠地ミネソタ州の地元で育った“ホームグロウン”の監督として、長期政権が予想されたが、電撃解任だった。


これは推測だが、昨今は、昔ながらの監督スタイルは姿を消し、選手の起用法など、データ分析担当を重用するのがトレンド。監督はクラブハウスで兄貴分のようなコミュニケーション能力が求められる。


選手としてはレジェンドのモリター氏も、考えてみればキャリアの大半はミルウォーキー・ブルワーズ。62歳の年齢から考えてもエンゼルスを退任した59歳マイク・ソーシア監督やブルージェイズ監督だったジョン・ギボンズ氏(56歳)などと同じ「オールド・スクール」の監督だったかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/10/27 Sat. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0403

ツインズのべリオスが初完封勝利、FAで獲得したリンは6四球5失点の乱調  

 


2016年の59勝103敗から昨年見事にV字回復、85勝77敗でア・リーグ中部地区2位、ワイルドカードでポストシーズン進出を果たしたミネソタ・ツインズ。

今季は地区2連覇のクリーブランド・インディアンスを捉えて2010年以来の地区優勝を果たしたいところだが、23歳右腕のホセ・べリオスが日曜日の東部地区ボルティモア・オリオールズとの試合で快投を演じ、開幕カードの3連戦を2勝1敗と勝ち越した。

メジャー3年目のべリオスは、8回までに許した走者は1人だけ、9回裏一死から2安打と1四球で満塁のピンチを背負ったものの、後続を抑えてメジャー初完投&初完封を演じた。

9回107球(ストライク71球)、被安打3、奪三振6、与四球1の完ぺきな内容だった。



べリオスは昨年、14勝8敗、防御率3.89、WHIP1.23、BB9(9イニング換算の四球数)3.0、SO9(9イニング換算の奪三振数)8.6とブレイクしてローテーションに定着した。

ツインズは2月にエースのアービン・サンタナが利き手の指を骨折。復帰まで10週から12週かかるとの診断で、故障者リストで開幕を迎えた。

そのため、2月にレイズとのトレードでジェイク・オドリッジ(開幕投手)を獲得。3月にはFA市場に残っていたランス・リンと1年1200万ドルで契約した。

そのリンは、現地2日の今季4戦目、ピッツバーグ・パイレーツ戦に先発。4回で5失点(6四球)という乱調で試合を落としている。リンは、契約が遅れ、3月中旬からチームに合流、調整が遅れているのかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/04/03 Tue. 14:35 [edit]

CM: --
TB: --
   

0312

【MLB契約情報】ツインズがランス・リンを1年1200万ドルで獲得  



17年オフのFA市場でダルビッシュ有やジェイク・アリエッタと共に注目されていたランス・リンが、ツインズと1年1,200万ドルで合意した。報道では、この契約には出来高200万ドルが付いて、最大で1,400万ドルになるという。

30歳のランス・リンは昨年、トミー・ジョン手術から復活。手術後のリハビリで全休した16年を除いてキャリア6年で5年間30試合以上に先発登板しているイニング・イーター。通算72勝47敗、防御率3.38、WHIP1.29。




オフにカージナルスから年俸1,740万ドルのクオリファイングオファー(QO)を提示されたが拒否していた。彼もこのオフの犠牲者の一人で、結局、スプリングトレーニングの開始時期を過ぎても移籍先が決まらず、しかもQOより低い契約条件を飲まざるを得なくなった。

しかし、ダルビッシュの争奪戦に敗れたチーム目線でみると、エース格のアービン・サンタナが故障で開幕が間に合わない状態で、トップクラスのスターターをリーズナブルな価格で獲得できたことは大きい。

昨年は、地区2位でポストシーズン進出を果たしたツインズだったが、ワイルドカードゲームでは4対8でヤンキースに敗れポストシーズンの連敗が13になった。

攻撃力では得点でMLB7位。OPSでも9位。同地区首位のインディアンスとも総得点で、ほぼ互角だったが、投手力の差が際立った。

投手陣は、スターターが防御率でMLB19位、ブルペンが同20位と低迷。そのためにオフは、先発投手を中心とした投手力の整備が補強ポイントで、先発投手はジェイク・オドリッジを獲得。ブルペンは、フェルナンド・ロドニー、アディソン・リード、ザック・デュークらを加えて整備している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/03/12 Mon. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0207

ツインズのアービン・サンタナが開幕絶望!どうするツインズの先発ローテ  



16年の最下位から昨年は地区2位と躍進したミネソタ・ツインズだが、スプリングトレーニングを前に昨年16勝のエース右腕アービン・サンタナが右手中指の手術で戦線を離脱することがわかった。

復帰までには10~12週間を要し、開幕投手どころか、5月中旬までずれ込むことになりそうだ。


ツインズ


昨年ポストシーズンに進出したものの先発ローテーションのコマ不足が課題だったツインズ。

ヤンキースからFAの右腕マイケル・ピネダと2年1,000万ドル(2018年200万ドル、2019年800万ドル)で契約を結んだが、ピネダも昨年7月にトミー・ジョン手術を受けており復帰は夏以降になるとみられ、オフの補強ニーズだったスターターは、依然として足りない状況が続いている。

とりあえず計算できるのは、昨年14勝のホゼ・ベリオス、同12勝のカイル・ギブソンの2名ぐらい。

デプスには24歳で実質2年目の左腕アダルベルト・メヒア(17年4勝7敗、防御率4.50)、25歳で208センチの大男アーロン・スレジャース(17年4試合0勝1敗)がいるが、実績が無い。

マイナーには、チーム内プロスペクト10位以内の23歳右腕フェルナンド・ロメロ、23歳左腕スティーブン・ゴンサルベス(17年2Aと3Aで9勝5敗)といった若手がいるものの即戦力としては計算できない。

31歳でキャリア88勝のフィル・ヒューズ(4勝3敗、防御率5.87)が名前としてはリストアップされているが、ヒューズもヤンキースからツインズに移籍して14年16勝、15年11勝を挙げたが、16年からはリリーフに転じ、昨年8月には腕から手にかけてのしびれで胸郭出口症候群と診断され60日間の故障者リストに入っている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/02/07 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0114

【MLB契約情報】ツインズがアディソン・リード投手を獲得  




ミネソタ・ツインズがブルペンの補強に動いた。アディソン・リード投手と2年1,675万ドルで契約したことを複数のメディアが伝えている。

リードは、昨年夏のトレード・デッドライン前にポストシーズンを狙うボストン・レッドソックスがニューヨーク・メッツから獲得。その後、フリーエージェント(FA)になっていた。



17年のリードは、2チームで77試合(76イニング)2勝3敗、15ホールド、19セーブ、防御率2.84、WHIP1.05、76奪三振。セットアップマンとクローザーの経験がある。


DTcK2U0WAAImcbR.jpg


17年オフのリリーバーの契約状況は、代表的な選手で、

  • ウェイド・デービスが3年5,200万ドルでロッキーズと契約
  • ブランドン・モロウが2年2,100万ドルでカブス
  • マイク・マイナーが3年2,800万ドルでレンジャーズ
  • ブライアン・ショーが3年2,700万ドルでロッキーズ
  • ジェイク・マギーが3年2,700万ドルでロッキーズ


リードは、キャリア7年だが16年にメッツで80試合投げるなど2年間で157試合、153回2/3を投げており、やや登板過多かもしれない。

そのあたりの健康面での心配が影響しているのか、年平均でいうとリリーバーで8番目の金額で、30代の投手が多いなかで、脂の乗りきった29歳のリードは、やや抑えられた気がする。

ツインズは、先発陣が17年MLB19位(防御率)、リリーフが同20位で、投手力強化、とくにクローザーとセットアップマンが補強ニーズで、クローザー候補で18年シーズン中に41歳になるフェルナンド・ロドニーとも契約している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/01/14 Sun. 12:39 [edit]

CM: --
TB: --
   

0725

【MLB移籍情報】ツインズがブレーブスから先発左腕ハイメ・ガルシア獲得  



ツインズは、ブレーブスからハイメ・ガルシア投手とアンソニー・レッカー捕手を獲得した。

メキシコ出身の左腕ハイメ・ガルシアは、カージナルスで先発ローテーションの一角を担い16年オフにブレーブスにトレード移籍。在籍4カ月ほどで首位争いを繰り広げるア・リーグ中部地区にトレード移籍することになる。

ガルシアの今季は18試合に先発して4勝7敗、防御率4.30、WHIP1.32。

ブレーブスは今季、新球場サントラスト・パークへの移転に合わせて最下位になった16年のような大幅な負け越しを避けるために先発ローテにバートロ・コロン、R.A.ディッキーといった大ベテランをFAで獲得。31歳のガルシアをトレードで補強した。



その結果、現時点で47勝50敗と地区2位の位置につけているが、首位のナショナルズとは12ゲーム差をつけられ地区優勝の望みはなく、ワイルドカードでも8.5ゲーム差があり、コロンやガルシアの放出に踏み切った。

このトレードでブレーブスは、ツインズからマイナー選手で19歳のドミニカ出身右腕イノア投手と金銭を得ることになる。

一方のツインズは、今季大健闘。インディアンス、ロイヤルズと首位争いを繰り広げている。

メジャーのトップクラスのファーム層を誇り、その中から3年目のミゲル・サノ三塁手、同じく3年目エディ・ロザリオ外野手、2年目ホセ・べリオス投手、アダルベルト・メヒア投手がメジャークラスに成長した。

さらに、ファームにはニック・ゴードン遊撃手やタイラー・ジェイ投手、ステファン・ゴンソルブス投手などのトッププロスペクトが控えているが、そのレベルは、今回のトレードでは温存したようだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/07/25 Tue. 07:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

1123

【MLB移籍情報】再建期のツインズが正捕手としてJ.カストロと3年2450万ドルで契約  



 ミネソタ・ツインズがジェイソン・カストロ捕手と3年2450万ドルで契約した。複数のメディアが伝えている。

 正捕手だったカート・スズキが、このオフにチームで唯一のフリーエージェント(FA)になっていたチームは、25歳の若手J.R.マーフィーと同じく25歳でメジャー経験のないミッチ・ガーバーが40人枠に登録されているだけだった。



 アストロズからFAのカストロはメジャーキャリア6年の29歳。今季は113試合の出場で、打率.210、OBP.307、OPS.684、11本塁打、32打点。

 アストロズの2008年ドラフト1巡(全体10位)指名。13年の打率.276、18本塁打が最高で、打率は、年々下降。本塁打は4年連続10本塁打以上をマークしている。

 守備では、15年が1失策・守備率.999・DRS +11・盗塁阻止率36%だったが、16年は4失策・守備率.996・DRS +4だった。

ジェイソン・カストロ


 今季は、開幕9連敗を喫した後、浮上することはなく1961年以来の100敗越え(59-103)となったツインズ。この為、長年GMを務めていたテリー・ライアンが解雇され、新たにインディアンスでアシスタントGMを務めていたデレク・ファーベイ(Derek Falvey)が上級副社長兼ベースボールチーフオフィサー(野球運営部門・フロントの最高責任者)に就任し、チームの編成を担当することなった。

 予算規模が大きくないチーム(年俸総額1億ドル前後)で、メジャートップクラスの評価を受けているファームからの選手を育成することがデレク・ファーベイに課せられている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2016/11/23 Wed. 09:43 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0719

【球団人事】ミネソタ・ツインズがテリー・ライアンGMを解任  



ミネソタツ・ツインズのテリー・ライアン副社長兼ゼネラルマネージャー(GM)が解任された。複数のメディアが伝えている。

ツインズは今季、ワシントン・セネターズ時代も含めて116年ぶりの開幕9連敗を記録。17日(日本時間18日)時点で33勝58敗(勝率.363)と低迷している。



ライアンGMは1994年から2007年までの任期中にツインズをア・リーグ中地区屈指の強豪球団に押し上げた功労者だった。

若手の育成には定評があり、スモールマーケットの弱小球団だったツインズを改革。2000年代の黄金期を作り上げた。

一時はGM職を離れたが後任を託した人物の失脚の責任を取ってGM代行として11年に復帰、崩壊したチームの“再建”を託されていた。

オーナーのジム・ポーラッド氏は、1カ月ほど前から来季の契約を結ばない方針であるとライアン氏に伝えていたという。

ライアン氏は、「ポーラッド家から、リーダーシップを発揮するチャンスを与えられたことに感謝している」と話し、「30年のキャリアの大半で、ツインズの一翼を担えたことは大きな誇りだ」とコメント。

また、ポーラッド氏は、「時には難しい決断をしなければならない」と語り、悩み抜いた末、球団の功労者との決別に至ったと明かした。

なお、暫定のGMとしてGM補佐のロブ・アントニー氏が就任する。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/19 Tue. 05:40 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0307

ツインズ移籍のパク ビョンホが満塁弾!移籍初アーチ   

 


昨年12月2日の記事でも紹介した韓国KBOのネクセン・ヒーローズからミネソタ・ツインズへ移籍したパク ビョンホ(朴 炳鎬)が、オープン戦で早くも閃光を放っている。

パクは現地6日、フロリダ州で行われたタンパベイ・レイズとのオープン戦に6番1塁手として先発出場。

1回表、2死満塁で相手先発ジェイク オドリッジの1-1からのストレートをたたき左中間に移籍第1号を運んだ。パクはこの日、3打数1安打(1HR)、4打点、2得点を記録し、チームの勝利に貢献している。



パクは「オープン戦のためタイミングを合わせるのに努めたが、それがよかった。練習から風が右側に吹き、打球がうまくいかないことが分かっていた」とコメントしている。

29歳のパクは15年、韓国で140試合に出場し、打率.343、53本塁打、146打点を記録。シーズン後、ポスティングフィー1,285万ドルを提示。交渉権を得たミネソタと4年で1,200万ドル、オプションを含み5年で最大1,800万ドルで入団契約を結んだ。

2月にCBSスポーツが発表していたMLB指名打者ランキングでも10位に選ばれていた。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/03/07 Mon. 12:14 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1202

韓国の主砲パク・ビョンホがツインズと4年1200万ドルで合意  



4年連続二冠王、韓国プロ野球(KBO)初の2年連続50本塁打以上をマークした朴炳鎬(パク・ビョンホ)が、ミネソタ・ツインズとの契約に合意した。



ツインズは1日、ポスティングシステム(PS)で独占交渉権を得たKBOネクセンの朴炳鎬(パク・ビョンホ)内野手(29)と4年総額1200万ドル(約14億8000万円)で契約合意した。AP通信などが伝えた。

パクの今季は打率.343、長打率.714、53本塁打、146打点。KBO在籍9年間でMVP2回、オールスター3回選出。ゴールデングローブ賞も3度受賞している。

11月に日本と台湾で行われた国際大会「プレミア12」では韓国代表の主軸として優勝に貢献した。

なお、球団に支払われるPS入札額はKBOの場合は1285万ドル。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
お手数ですが、ポチっとお願いします。


Posted on 2015/12/02 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド