メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0920

大ブレイクのレイズ先発左腕ブレイク・スネル、20勝に到達  




 タンパベイ・レイズの先発左腕ブレイク・スネルが20勝に到達した。ジャスティン・バーランダーでもクレイトン・カーショーやクリス・セール、マックス・シャーザー、コーリー・クルーバーでもないメジャー3年目の25歳の若者が偉大な記録を作った。


 現地18日の試合では、レンジャーズ打線を相手に5回92球を投げて被安打1、奪三振5、与四球2、無失点。シーズン200奪三振も同時に達成している。


 レイズの投手としては20勝到達は2012年のデビッド・プライス(現レッドソックス)に次いで球団史上2人目。25歳で20勝は2004年、当時ツインズのヨハン・サンタナ以来のア・リーグ最年少記録らしい。





 勝ち星は、打線の援護やブルペンの強弱によって、投球内容とは別のベクトルが作用する場合が多く、あまり評価の対象にしたくないが、これで防御率も1.97に上昇。


ここまで169イニングとやや投球回数が少ないが、指名打者制度のあるアメリカンリーグで、しかも、打者有利の球場が多い東部地区での1点台は驚異としか言いようがない。


レッドソックス打線を被打率.157に抑え込んでいる点やWHIP0.97、奪三振率10.7は評価できる数値で、ベースボール・リファレンスのWARでも6.7という高い数値を示している。記者投票で決まるサイ・ヤング賞の可能性も十分に出てきた。


これで約54万ドル(約6100万円)だから、今季最もコスパの良い投手かもしれない。


 投手起用法で「オープナー」という新しいトレンドをみせたレイズだが、それによってブルペン陣も活気が出て、総合作用で先発投手ブレイク・スネルの勝ち星が上積みされたと考えることはできないだろうか。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ


Posted on 2018/09/20 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1120

レイズがE.ロンゴリア三塁手や守護神A.コロメを放出して再建モード?  



2010年にヤンキースやレッドソックスを抑えて地区優勝して以来、地区制覇どころか、最近4年間は下位に低迷しているタンパベイ・レイズ。

そのレイズが、オーナーサイドからのきびしい年俸総額の削減要求もあってストーブリーグの成り行き次第では主力のエバン・ロンゴリア三塁手やクローザーのアレックス・コロメ、ウィルソン・ラモス捕手などを放出して、一気に「再建モード」に以降する可能性があると地元紙「タンパベイ・タイムズ」が解説している。



ジェイク・オドリッジ(SP)27歳650万ドル、8勝10敗、防御率4.14
コリー・ディッカーソン(OF)28歳640万ドル、打率.282、OPS.815、27本塁打、62打点
ブラッド・ミラー(2B、SS、OF)28歳440万ドル、打率.201、9本塁打


上の3人はトレード要員として名前が挙がっている。ほかに、アデイニー・エチェバリア遊撃手(年俸調停500万ドル、マーリンズから夏に移籍)も候補らしい。

フランチャイズプレイヤーと誰もが認めるエバン・ロンゴリアは2018年に1350万ドルの年俸で契約が9400万ドル残っている。ウィルソン・ラモス捕手は1050万ドル。クリス・アーチャーは同じく625万ドルで残契約3400万ドル。

DOE7jJLUQAAJyKZ.jpg


ただ、エース格のクリス・アーチャーに関してはエリック・ネアンダーGMが、放出には否定的だという情報もあるが、47セーブのクローザー、アレックス・コロメ(年俸調停1年目)はトレードされる可能性が高いという。

トロピカーナ・フィールドがホームのレイズと言えば05年に所属した野茂英雄はレイズで日米通算200勝を達成した球団。

07年から09年までは岩村明憲、12年には松井秀喜が現役時代に最後に所属した球団でもある。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/11/20 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0730

低予算のレイズがメッツからデューダ一塁手を補強、田中から移籍第1号  



2013年以来のポストシーズン進出に望みをつなぐタンパベイ・レイズは現地27日、2つのトレードを実施。

ニューヨーク・メッツから左打ちのルーカス・デューダ一塁手を獲得。マイナーの右腕ドルー・スミス投手をメッツへ放出している。

さらに、シカゴ・ホワイトソックスから左腕ダン・ジェニングズ投手を獲得ブルペンに厚みを持たせた。レイズはマイナーのケーシー・ギラスピー一塁手をホワイトソックスへトレードした。

DF3jB5fXsAAh4Iw.jpg

31歳のデューダは今季、75試合の出場で打率.246、17本塁打、37打点をマーク。レイズは故障から引退表明のコルビー・ラスマス外野手を今月13日に制限リストに登録したこともあり、左打ちスラッガーを必要としていた。

現地28日、メッツのシティーフィールドではなく、ヤンキースタジアムでの試合に「4番ファースト」で出場。チームが、田中将大から8回、散発2安打、14三振に抑えられたが、一矢を報いる移籍第1号、今季18号本塁打をライトスタンドに突き刺した。



30歳のジェニングズは今季、48試合にリリーフ登板して3勝1敗、防御率3.45。過去にマイアミ・マーリンズにも所属し、通算で12勝13敗、防御率2.86という成績を残している。

レイズはこれで、6人のトレードを実現させている。ただ、ここへ来てヤンキース4連戦で3連敗している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/07/30 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0728

【MLB移籍情報】レイズがメッツからルーカス・デューダを獲得  



ア・リーグ東部地区で今季、レッドソックス、ヤンキースと言った名門球団と熾烈な覇権争いをしているタンパベイ・レイズが、ニューヨーク・メッツからルーカス・デューダ一塁手をトレードで獲得した。

ニューヨークポストのジョエル・シャーマン氏が、そのトレードを公式発表として伝えている。



31歳のルーカス・デューダは今季、打率.246、出塁率.347、OPS.879。本塁打17、打点37。MLB通算では125本塁打でOPS.801。レイズでは指名打者(DH)として起用される。

ルーカス・デューダの移籍に関してはヤンキースの名前も挙がっていたが、同地区ライバルに移籍される前にレイズが抑えたとも考えられる。

レイズは引退を決意したMLB通算165本塁打のコルビー・ラスマス外野手の穴を埋めるロングヒッターが補強ポイントのひとつだった。



一方、メッツにはマイナーのドリュー・スミス投手が移籍する。スミスは98マイルの球速が出る23歳の右腕。今季マイナーで3Aまで昇格している。今季のチーム内プロスペクトランキング30位。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/07/28 Fri. 07:57 [edit]

CM: --
TB: --
   

0325

【MLB移籍情報】レイズが正捕手としてD.ノリスを獲得  



ナショナルズを3月15日に自由契約となったデレック・ノリス捕手をレイズが獲得した。契約は1年契約だが、2年目は球団がコントロールできるオプションが付いている。

デレク・ノリスは、2015年にパドレスでキャリアハイとなる142試合に出場。14本塁打もキャリアハイだったが昨年は振るわず125試合で打率.186、OBP.255、本塁打14、打点42、オフにトレードでナショナルズへ移籍した。



メジャーキャリア5年の28歳。オークランド時代の2014年にはオールスターゲームにも選出されている。その頃から右投手が苦手というデータがある。

レイズでは正捕手での起用が見込まれているが。この地区は打者有利の球場が多く、ノリスの長打力も多少は期待できる。

守備ではキャッチングに難があり、パドレス時代の15年にはリーグ最多のパスボール数を記録。ただ、その年は、リーグで最も盗塁を刺し、盗塁阻止率も34%となかなかの数字でDRS+4をマークしている。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/25 Sat. 05:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0628

レイズ泥沼の11連敗で一気に最下位、過去には14連敗も  




アメリカンリーグ(AL)東地区のタンパベイ・レイズが6月に入って泥沼の11連敗中。31勝43敗で地区最下位に沈んでいる。

最後に勝ったのは15日のマリナーズ戦。16日にマリナーズに敗れて、インターリーグのジャイアンツに3連敗、インディアンスに3連敗、オリオールズに4連敗。

ジャイアンツは、ナショナルリーグの西地区首位、インディアンスは中地区首位で9連勝中、オリオールズも東地区首位でレイズを喰って5連勝中と好調チームと対戦が続いたという日程的な不運もあるが、6月中旬まで5割に近い位置をキープしていたチームは、前半戦終了を前に一気に優勝争いから脱落してしまった。

33278177.jpg 
岩村明憲が在籍した08年には初の地区優勝で、初のワールドシリーズへも進出した。


打てない打線は、チーム打率、総得点などホームラン数を除くすべての部門でリーグ最低。投手部門でもリリーバーがAL12位と低迷している。

11連敗はデビルレイズ時代の1998年、07年にチーム名をレイズに変更してからは09年にも記録している。球団ワースト記録は、02年の14連敗があり、この年は106敗を記録している。

メジャーリーグ記録を調べてみるとフィリーズの23連敗(1961年)がある。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/06/28 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド