メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0917

インディアンスがAL中部地区 2年連続9回目の地区制覇  

 

ア・リーグ(AL)中部地区で優勝マジックを2としていたクリーブランド・インディアンスが16日、ロイヤルズに8対4で勝ち、2位のツインズが敗れたため、2年連続の地区優勝を決めた。

92勝57敗。勝率では、あの歴史的22連勝で西部地区のアストロズを抜いて現時点では第1シードをキープしている。



AL中部地区と言えば機動力野球で魅了したロイヤルズが14年、15年と制覇し、ワールドシリーズ制覇まで駆け上がった。そのチームを抑えて16年に地区を制したインディアンスもリーグを制覇してワールドシリーズで、あと1勝まで迫った。

今季もサイ・ヤング賞候補のコーリー・クルーバー(16勝4敗、防御率2.44)を軸にMLB4位の先発陣を形成。アンドリュー・ミラー(49試合、防御率1.62)、守護神コディ・アレン(27セーブ、防御率2.52)を擁するリリーフ陣もMLBトップのスタッツでディフェンスは強い。

オフェンスはリーグ4位の134を記録した盗塁数こそ81と減ったが、エドウィン・エンカーナシオン(34本塁打、90打点)やジェイ・ブルース(34本塁打、94打点)らを補強し、長打力がアップ。

23歳のフランシスコ・リンドーア、25歳のホセ・ラミレスら、チームのコーナーストーンとも言うべき若手も成長している。

それに加えチームカラーであるフランコーナ監督のスモールベースボールが浸透し、繋ぐ野球は健在。勝つ味を知ったチームがどこまでいくのか楽しみだ。


《チームデータ》

★1901年創設

★在籍した日本人選手
多田野数人(2004〜2005年)
小林雅英(2008〜2009年)
大家友和(2009年)
福留孝介(2011年)
村田透(2015〜2016年)

★ワールドシリーズ優勝(2回)
1920 1948

★リーグ優勝 (6回)
1920 1948 1954 1995 1997 2016

★地区優勝 (9回)
1995 1996 1997 1998 1999 2001 2007 2016 2017

★ワイルドカード (1回)
2013



個人的には弱小球団のイメージしかなかったインディアンスだが2013年、、指揮官にテリー・フランコーナ氏を迎え、ワイルドカードで2007年以来となるプレイオフ進出を果たした。

2016年には9年ぶりとなる地区制覇を成し遂げると、1997年以来のワールドシリーズでは3勝1敗と王手をかけながら、カブスに無念の3連敗を喫した。今季は1948年以来のワールドシリーズ制覇が目標になる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/17 Sun. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0914

インディアンスが歴史的勝利!逆転勝ちで21連勝  




エース右腕コーリー・クルーバーの完封勝利でア・リーグ記録(2002年アスレチックスの20連勝)に並んだクリーブランド・インディアンスが日本時間14日、本拠地でのデトロイト・タイガース戦に逆転勝利で21連勝のリーグ新記録を達成した。



勢いに乗るインディアンスは、1回に1点を先制されたが、その裏に5番ジェイ・ブルースの34号3ランで逆転。1点差に迫られたあとの7回には、9番ロベルト・ペレスの6号ソロ本塁打で追加点をあげて5人の継投策で逃げ切った。

先発右腕マイク・クレビンジャーが5回2/3を失点3(自責点1)で10勝目(5敗)。コディ・アレンが27セーブを挙げている。

これでインディアンスのア・リーグ中部地区優勝マジックは4になった。

メディアによればインディアンスのテリー・フランコーナ監督は、ア・リーグの連勝記録樹立は「特別な快挙」だとチームをたたえ、「当然のごとく選手たちは喜んでいる」とコメント。

一方、大砲ジェイ・ブルース外野手は連勝にとらわれていないと述べると、「俺たちが気にしているのは毎日球場に来て、試合に備えること。それ以外にない」と淡々としていたという。

ア・リーグの連勝記録をこうした訳だが、MLB公式サイトによれば、1935年にシカゴ・カブスがマークした史上2番目の連勝記録に並んだ。MLB連勝記録は1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(1引き分けを挟む)。

インディアンスは90勝56敗(勝率.614)。現時点でア・リーグ最高勝率。このままいけばポストシーズンでは第1シードでディビジョンシリーズ(5回戦制)のホーム開催が決まり。勝てばチャンピオンシップ(7回戦制)でもホームで初戦を戦えるアドバンテージを得ることになる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/14 Thu. 11:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0913

進撃のインディアンスが20連勝 C.クルーバーが完封で16勝目  



クリーブランド・インディアンスが20連勝。これで、2002年にオークランド・アスレチックスが記録したア・リーグの連勝記録に並んだ。

メジャーリーグの連勝記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年のシカゴ・カブスの21連勝が最長記録。2位は2002年のアスレチックスの20連勝。なお、これが、アメリカンリーグの最長記録でインディアンスは、これに並んだ。

クルーバー


この日は、エース右腕コーリー・クルーバーがデトロイト・タイガースを完封し、2対0で勝利、ハーラートップに並ぶ16勝目を挙げた。

クルーバーは9回を113球、5安打無四球、8奪三振で16勝4敗。防御率2.44でリーグトップ。WHIPも驚異の0.87。

今季はワールドシリーズまで投げた昨年の疲れが出て前半に10日間の故障者リストに入ったが、すぐに復帰し、2年連続のオールスターに選出。

この勝利は2014年以来、2度目のサイ・ヤング賞受賞につながる完封劇だった。

昨日も紹介したが20連勝中、完封勝ちが、これで7試合。先発陣だけではなく、ブルペンもMLBトップクラスのスタッツで、MLB公式サイトが今季から始めた「週間最優秀ブルペン」でも第23週の最優秀ブルペンにはインディアンスのリリーフ陣が選出された。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/13 Wed. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0912

インディアンスが危なげない勝利で19連勝 1947年のヤンキースと並ぶ  

 

クリーブランド・インディアンスが、破竹の19連勝している。

本拠地に同地区のデトロイト・タイガースを迎えた3連戦のGAME1に11対0で勝利。日本時間8月25日のレッドソックス戦から始まった連勝を「19」に伸ばしている。

連日紹介しているが、この連勝記録は1935年のカブス21連勝、2002年のアスレチックス20連勝に続き、1947年のヤンキースに並ぶメジャー3位タイの記録になった。なお、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年、シカゴ・カブスの21連勝が最長記録。

試合展開は、先発カルロス・カラスコが6回を7安打、9奪三振の無失点に抑えて15勝目(6敗)。MLB.comによれば、この19連勝の間に、インディアンス先発陣は117回1/3を投げ、防御率1.84、121奪三振でチームの連勝を支えている。

また、19連勝の中には完封リレーも6試合あり、先発ローテのひとりだったダニー・サラザー 投手をブルペンに回してリリーフ陣もMLB1位の防御率をマークしている。

MLB公式サイトが今季から始めた「週間最優秀ブルペン」でも第23週の最優秀ブルペンにはインディアンスが選出された。




打撃陣もこの日はフランシスコ・リンドーア遊撃手が三塁打を含む2安打4打点、ホセ・ラミレス二塁手が26号2ランなどで11点を奪う危なげない勝利だった。

1番リンドーアは、この19試合で打率.365、8本塁打、18打点。3番ラミレスは同じく19試合で打率.383、8本の二塁打、8本塁打と絶好調だ。

次のタイガース戦GAME2はエースのコーリー・クルーバーが先発する。トライブのファンではないが、こうなったら歴史的瞬間も見たいような気がしてきた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/12 Tue. 12:46 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

インディアンスが怒涛の18連勝、ドジャースは泥沼の10連敗  

 


ア・リーグでは昨年のリーグ覇者クリーブランド・インディアンスが18連勝を飾った。一方、ナ・リーグ西部地区のロサンゼルス・ドジャースは10連敗を喫している。

インディアンスは10日(日本時間11日)、本拠地でボルチモア・オリオールズを3対2で下し18連勝。球団の連勝記録をさらに更新する歴史的シーズンになっている。

メジャーの球団連勝記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年、シカゴ・カブスの21連勝が最長。

メジャーリーグ解説者の福島良一さんによれば1935年カブスの21連勝、2002年アスレチックスの20連勝、1947年ヤンキースの19連勝、1904年ジャイアンツ、1953年ヤンキースの18連勝に次ぐ5球団目らしい。

昨年も6月中旬から14連勝したトライブ。今季は終盤の連勝で2年連続のア・リーグ優勝、1948年以来のワールドシリーズ制覇に期待がかかる。

一方のドジャースは、本拠地のロッキーズ戦で1対8で敗れ1992年6月以来25年ぶりの10連敗となった。本拠地での9連敗も1987年8~9月以来30年ぶりらしい。

この16ゲームで1勝15敗のドジャースは、その間、チーム打率.200、平均得点2.4と打線が低迷。1点しか取れなかった試合が5試合、完封負けも2試合あり。打線の奮起に期待したい。

11日(同12日)は敵地に乗り込んでのジャイアンツ戦に前田健太が先発登板。ゲームを支配するような投球でチームの連敗ストッパーになってプレイオフのロースター入りをアピールしたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/09/11 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0909

トライブの勢いが止まらない!1977年のロイヤルズと並ぶ16連勝  



昨日、エース右腕のコーリー・クルーバーが7回、13奪三振の好投で11対2と快勝。球団新記録の15連勝を飾ったクリーブランド・インディアンスが、日本時間9日の本拠地でのオリオールズ戦GAME1にも5対0で勝利。16連勝を飾った。



インディアンスは、若手26歳のマイク・クレビンジャーが先発。6回を3安打無失点で9勝目(5敗)。4人の継投策で完封リレーだった。エンカーナシオンが1回に34号先制3ランを放っている。

なお、メジャーの球団連勝記録は、1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ)の26連勝(27試合)があるが、引き分けを挟まない連勝は1935年、シカゴ・カブスの21連勝。

1961年以降では、2002年のアスレチックスの20連勝が最長で、16連勝は1977年のロイヤルズと並ぶ2位タイの連勝記録になる。

昨年も6月中旬から14連勝したトライブ。今季は終盤の連勝で2年連続のリーグ優勝、1948年以来のワールドシリーズ制覇に期待がかかる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/09 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0904

インディアンスが怒涛の11連勝 ホセ・ラミレスが笑える2本塁打と3二塁打の珍記録  



クリーブランド・インディアンスは現地3日、敵地でデトロイト・タイガースと対戦し、11対1で勝利して11連勝を飾った。

インディアンスは、これで今季80勝56敗。2位のミネソタ・ツインズに9ゲーム差をつけア・リーグ中部地区首位をがっちり固めている。昨年も6月中旬から7月にかけて14連勝しているが、その時の勢いが出てきたと言えそうだ。

この試合までのスタッツで先発陣がMLB4位の防御率。リリーフ陣が2位。その他のディフェンス各部門でトップ5に入るスタッツで、昨年リーグを制した名将テリー・フランコーナ監督の「スモールベースボールで先制して守りを固めて逃げ切る」スタイルを続けていることがわかる。

ア・リーグでは西部地区のアストロズが83勝53敗でプレイオフの第1シードだが、アストロズとも3ゲーム差に迫っている。

インディアンスの3番打者ホセ・ラミレス二塁手は、この試合で5打数5安打3打点と大暴れ。

2本塁打と3二塁打をマークして、それだけなら猛打賞でメジャー史上13人目の1試合5長打ということだが、この2本塁打が笑える珍記録で、MLBの珍プレイを切り取った動画「Cut4」でもそのホームランを紹介している。



ラミレスは1回に右打席でホームラン性の当りを放つ。この打球はフェンスの最上部に当たってグラウンドに戻ってきた。ふつうなら二塁打ぐらいのプレイだった。

しかし、レフトのマイ・マートックが右手で取りにいったのが裏目に出た。このボールがレフト後方のブルペンに飛びこむホームランになってしまったのだ・・・。相手の選手に献上してもらったホームランだった。

メディアによればラミレスは6回の左打席でもライトに大飛球。これが、なんとライトのアレックス・プレスリーが差し出したグラブに当たってスタンドイン。

1試合で、レフトとライトの選手に2本塁打をアシストしてもらった世にも珍しいホームランになった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/04 Mon. 12:42 [edit]

CM: --
TB: --
   

0423

インディアンスのC.クルーバーが今季初完封勝利  




ホセ・キンタナとコーリー・クルーバーのエース対決になった現地21日のホワイトソックス対インディアンス戦は、インディアンスのコーリー・クルーバーが今季初完封を飾っている。

クルーバー


投手戦になった試合は、3回にキンタナのワイルドピッチでインディアンスが先制。4回にもインディアンスのブランドン・ガイヤーの1号2ランが出て3-0とリード。この3点をクルーバーが守りきってインディアンスが勝利した。

クルーバーは110球(ストライク73球)、被安打3、9三振を奪って四球2、失点0だった。



昨年のワールドシリーズでは、2011年のクリス・カーペンター以来となるシリーズ3度の先発でチームをけん引したクルーバー。この日の夜は、高速スライダーとクルーバー自身がブレイキングボールと呼んでいるカーブが効果的に決まった。

完封勝利はサイ・ヤング賞を獲った14年に1度、昨年2度記録、今回で4度目になった。(完投は過去10度記録)

今季は4試合に先発して2勝1敗、防御率4.28、WHIP1.13。27回1/3で27奪三振。

14年から16年まで3年連続で32試合以上に先発しているので疲れが出ないかが心配だが、エースの奮闘でチームは4連勝し、アメリカンリーグ中部地区で首位に立った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/04/23 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0401

【3分でわかるMLB】インディアンス、先発ローテーションと強力ブルペンは健在  

 


球団新の14連勝でトライブ(Tribe)旋風を巻き起こした昨季。

リーグ最多の134盗塁とリーグ3位の31犠打など名将フランコーナ監督のスモールベースボールが開花して9年ぶりの地区優勝、1997年以来、19年ぶり6度目のリーグ優勝を果たした。

インディアンス

今季は大砲エンカーナシオンを獲得して破壊力も増した打線だが、このチームの躍進を支えたのはMLB4位の強力ブルペンだろう。

ヤンキースから夏に加入した左腕ミラーやクローザーのアレンも健在。MLB7位だった先発ローテーションもメジャートップクラスと言える。

クルーバー、トムリンの2人と、ドローンの整備で指を負傷したオタク右腕バウアーの3人に、カラスコとサラザーが復帰するのも朗報で、ヘルシーな状態がキープできるのなら過去の実績があるだけに大きい。


★予想ローテーション
  1. コーリー・クルーバー
  2. カルロス・カラスコ
  3. ダニー・サラザー
  4. ジョシュ・トムリン
  5. トレバー・バウアー


ただ、MLB公式サイトのAnthony Castrovince氏によれば、懸念されるのはポストシーズンでクルーバーとトムリンに大きな負荷をかけてしまったことによる疲労や故障らしい。

さらに、スプリングトレーニングでカラスコの肘が腫れたこと、サラザーの昨年の離脱の理由となった肘の問題が大事に至らないかという懸念材料がある。

しかもバックアップの候補であったコディ・アンダーソンはトミー・ジョン手術を受けている。日程の緩やかな4月は、復帰のカラスコやサラザーの様子を見ながらの投手編成になる。


【2016年スタッツ】
  • 防御率 3.84(2位)
  • 先発防御率 4.08(2位)
  • ブルペン防御率 3.45(2位)
  • セーブ数 37(13位)
  • セーブ成功率 77.08%(2位)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/04/01 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1106

インディアンス、T.フランコーナ監督と2020年まで契約延長  



 現地4日、クリーブランド・インディアンスがテリー・フランコーナ監督との契約を2020年まで延長した。これは球団側が選択権を持っていた2019年と2020年の契約オプションを行使したもの。

 今季のインディアンスは、球団記録となる14連勝を記録するなど、NBAキャバリアーズの勢いを受け継ぐ形で快進撃を続けたが、途中、先発投手のカラスコやサラザールなどが相次いで故障離脱。

外野手もマイケル・ブラントリー外野手がシーズン絶望。アブラハム・アルモンテ外野手も薬物規定違反のためプレーオフ出場禁止の制裁が科されたが、8月31日に36歳のココ・クリスプ外野手をアスレチックからトレードで獲得。

そうした補強も功を奏し、走・攻・守のバランスのとれたスモールベースボールで、レッドソックスやブルージェイズといった重量打線相手に勝ち上がった。

 指揮を執って4年目となるフランコーナ監督は、そうしたチーム状況の中、94勝67敗でア・リーグ中部地区を制覇した。さらに1997年以来となるワールドシリーズ進出を果たした。

インディアンス


 テリー・フランコーナ監督は、「我々はいつも言っていた。もしこのチームで成し遂げることができたら、それはとても特別なものになるだろうと」と家族のように親しいというメンバーでのリーグ制覇に喜びをあらわにした。

 インディアンスのクリス・アントネッティ野球編成部門社長は、「我々が目指す究極とまではいかないが、すでに素晴らしいチームになっている」とコメント。そして「見事に仕事をやってくれたよ」と指揮官の手腕を評価していた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/11/06 Sun. 21:48 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド