メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0615

エンゼルスが日本人大リーガー初、大谷翔平のサイクル安打達成ボールを公開  




エンゼルスではトラウト外野手に続き、史上7人目


 大谷翔平がエンゼルスでは、2013年5月21日のマリナーズ戦で達成したマイク・トラウト外野手に続き、史上7人目(8度目)のサイクル安打を達成した。メジャーでは、これまでに326人が記録。指名打者では6人目の記録だった。

【エンゼルスのサイクル安打達成者】
  1. Shohei Ohtani, today
  2. Mike Trout, 5/21/13 vs. SEA
  3. Chone Figgins, 9/16/06 at TEX
  4. Jeff DaVanon, 8/25/04 vs. KC
  5. Dave Winfield, 6/24/91 at KC
  6. Dan Ford, 8/10/79 vs. SEA
  7. Jim Fregosi (2回達成): 5/20/68 vs. BOS、7/28/64 vs. NYY


 イチロー、松井秀喜でも達成していない記録で、日本人メジャーリーガーとして初のサイクル安打達成だった。

 5回の第3打席、フルカウントから右翼線への三塁打で期待が高まった。初回の打席で左中間への弾丸ライナーの8号3ラン。2打席目に二塁打を放っていたからだ。

ドキドキしながら見守った第4打席。3ボール2ストライクから2球ファウルで粘り、期待が高まる中、8球目の86.6マイルのスライダーを捉えた。



試合は、5対3でエンゼルスが勝利。エンゼルスは6安打だったが、プホルスのエンゼルス移籍後200本目になる今季12号アーチと大谷の3ランで効率的に得点。エンゼルスの6安打のうち4安打が大谷のものだった。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/06/15 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

大谷翔平、今季初アーチは特大の130メートル弾  




今季は打者に専念する大谷翔平に待望の今季初アーチが出た。

エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、、敵地ミネアポリスで行われたツインズ戦でメジャー復帰後7試合目で初の本塁打を放った。昨年9月26日の本拠地でのレンジャーズ戦以来、229日ぶりの一発だった。



MLB公式サイト「MLB.com」でもヘッドラインで伝えている。打球角度31度、打球初速111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)だったこの特大アーチを「First BIG FLY」と形容している。ターゲットフィールドのセンターバックスクリーン右の液晶画面のはるか上を直撃するまさにビッグ・フライボールだった。

大谷は9回の第5打席にも相手の左投手から泳がせられたがライト右側に落ちる安打を記録。この日は3打数2安打、2四球で打率を.250に上げている。

打球に角度が出るようになってきた大谷だが、好調ツインズのエース右腕べリオスを攻略した今季第1号本塁打は価値ある一打だった。試合は5対4でエンゼルスが勝利している。大谷が打点を挙げた試合は4勝無敗。復帰後は5勝1敗。」



大谷は試合前に投手練習を再開し、最長で110フィート(約34メートル)の距離で70球のキャッチボールを行った。

エンゼルスのエプラーGMは、順調に行けば大谷の投手復帰を「9月にブルペン入りし、10月には打者と対戦する」というプランを公表している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/05/14 Tue. 11:58 [edit]

CM: --
TB: --
   

0512

大谷翔平2安打1打点、打球に角度が出てきた  



エンゼルスの大谷翔平が11日(日本時間12日)、敵地オリオールズ戦で今季2回目のマルチヒットを記録した。


「3番・DH」でスタメン出場した大谷。前試合の最終打席で今季初の外野フライでアウトになったが、敵地ボルチモアのカムデン・ヤーズでいい感触を思い出したのかもしれない。

この日の試合では、対戦した全投手が右ピッチャーだたが、これまでのような追い込まれてからのゴロアウトではなく、積極的に初球からスイングし、打球もラインドライブ性の当たりが多く今季初アーチを期待できそうな雰囲気を漂わせる内容だった。


第1打席も初球のバックドア高めフォーシームを叩いたがセンター正面のライナーだった。3回の第2打席は3-1のバッティングカウントから真ん中高めのフォーシームにタイミングが遅れてレフト浅めのフライだった。





そして6回の第3打席。先頭打者として打席に入った大谷は相手の2人目右腕イーノアが投じた外寄り93マイルのフォーシームをレフトに弾き返した。ラインドライブの鮮やかなヒットは11打席ぶりだった。


7回の第4打席はレフトフライに倒れたが、4点リードとなった9回1死二塁での5打席目は3-1からの5球目、真ん中低めのチェンジアップを右中間へライナー性のタイムリーヒット。二塁走者のシモンズが生還した。


この日は5打数2安打、1打点、1得点だった。今季はこれで21打数4安打、打率.190、3打点、3死四球(1死球)、7三振になった。


2安打は積極的に叩きにいった結果で、ファーストストライクを打ちに行く姿勢が好結果につながったと見たい。全打席で打球に角度が出て外野フライが出だしたので、今季第1号アーチも予感できる打席が多かった。


試合は4番アルバート・プホルスが2打席連続(第7号・8号)のホームランを放ち7対2でエンゼルスが勝利。プホルスは通算59回目のマルチ・ホームラン。チームは3連勝。大谷の復帰後5試合で4勝1敗とし、5割復帰まであと1勝になった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2019/05/12 Sun. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0509

大谷2試合目も快音無し、空を切るバット、フィットしないヘルメット  




 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地デトロイトでのタイガース戦に昨日の復帰第1戦と同じ「3番・DH」で出場した。結果は3打数無安打1死球で2試合連続の無安打に終わった。

これで9打席7打数無安打、昨年も多かった三振は、今年もこれで4三振。このペースでいけば400打数で200三振くらいしそうなペースだ。

 おそらくどのメディアも書かないような視線で大谷をウォッチすれば、はっきり言って調整不足だろう。

それも全部織り込み済みかもしれない。なぜならば今日のような状態が続けば10試合ぐらいは、慣らし運転のリハビリ期間と割り切って1割台か2割そこそこの打率になる。それでも大谷が復帰するまでの繋ぎのような存在で獲得したジャスティン ボーアも打率.169だから、それと天秤にかければ、大谷を慣らし運転でも出場させた方が、そのあとのバウンスバックを考えればチームにとってプラスになるからだ。

 ボーアは、イチローとの同僚だった男で、イチローからもらったジュラルミンのバットケースを誇らしげに持ってる気立てのいいナイスガイだが、いかんせんメジャー6年間で通算.255と三流の域を出ない選手。それに比べれば大谷をリハビリさせながら出した方が良いということだ。



 最初の相手ダニエル・ノリスは先発5番手クラスの左腕。今日はローテーションの1番手でしかも左腕マシュー・ボイド。今の大谷には厳しと感じたがその通りになった。

リハビリ出場は織り込み済みとしても今日の第1打席は見逃しの三球三振。あまりにも消極的な打席だった。

昨日から全て追い込まれている。試合に出た喜びでボールを少しでも多く見て実践感覚を取り戻したいのはわかるが、それなら傘下のマイナーリーグに出場させるべきだろう。この季節のデトロイト、ボルチモア、ミネソタと寒い地域のロードはリハビリの負担になる。

昨年のメジャー初打席で初球を叩いたあの積極さを見たい。メジャーでは実戦不足の選手にバッティング練習のように甘い球を投げてくれない。

初球の甘い球を叩けず、悪球に手を出して空振りやファウルでカウントを悪くしているパターンがほとんどだ。今日は手術したひじにボールをぶつけられて冷っとするシーンもあった。

 まず、初球にスイングすること。ファウルでもいい。空振りでもいい。初球を力強く叩くというミッションを大谷には託したい。明日は今季デビューの左腕ライアン カーペンターをぶつけてくる予定だから甘い球がくるかもしれない。でもスイングしなければ当たらないのは、大谷も分かってるはずだ。

 それともう一つ、あのヘルメットはどうにかして欲しい。本人以上に見ているこちらも気になってくる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2019/05/09 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1122

大谷翔平のドキュメンタリー放送!全ヒット、全勝利を振り返る永久保存版   



 22日、都内で凱旋帰国の記者会見を行った大谷翔平。そのようすは国内の各メディアが報道したが、NHK-BS1で22日夜7時より「祝!新人王 大谷翔平 “二刀流”デビュー 全記録!」と題したドキュメンタリー番組を放送する。


大谷翔平


メジャー1年目の全ヒット、全勝利をまとめた大谷ファン必見の番組だろう。


◇チャンネル
【初】2018年11月22日(木) 午後7時00分(110分)
【再】2018年11月23日(金) 午前10時00分(110分)






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/11/22 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1113

大谷翔平が01年のイチロー以来17年ぶり4人目の「新人王」受賞  




大谷翔平が全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票によるアメリカンリーグ(AL)の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」(新人王)を受賞した。


MLBでは、12日(日本時間13日)から18年シーズンの各賞を発表していくが、その最初の発表でうれしい朗報が届いた。





日本人では、1995年の野茂英雄投手(ドジャース)、2000年の佐々木主浩投手(マリナーズ)、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)に続いて4人目。イチローの受賞から17年ぶりになる。


大谷の今季は、打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点、OPS.925、10盗塁。投手として10試合に投げ、4勝2敗、防御率3.31、51回2/3で63奪三振という成績をマーク。


BASEBALL-REFERENCEのデータでWAR(チームへの貢献度示す総合評価指標)は、打者として3.9という高い数値を示し、投手としても1.2だった。2位のミゲル・アンドゥハーのWAR2.2よりも総合的に上回っている。


1919年のベーブ・ルース以来となる「15本塁打&50イニング登板」、メジャーリーグ史上初の「20本塁打&50奪三振」、「10試合登板&20本塁打&10盗塁」などインパクトのある記録を達成したことは特筆に値するが、データでも大谷のほうが上だった。


メジャーファンなるご存知だと思うが、アンドゥハーの三塁守備は同ポジションでは最低レベルで、外野へのコンバートも噂されているくらいだ。記者たちの目は節穴ではないので、世紀の“二刀流”を評価しながら、こういった部分も考慮したに違いない。


30人の記者による投票では25人が大谷を1位として投票し、トータルでは2位に大差がついた。


受賞後に出演した「MLBネットワーク」のインタビューで大谷は、投手と打者、どちらか選ばなければいけないかと聞かれると「最初はピッチャーだと、高校卒業したときは思っていたので、どちらかといったらそうなるのかなと思ってやってきたんですけど、バッターの方も楽しくて続けてきたので、なかなか難しいかなと思います」と苦笑。


さらに、今季を振り返り「数字だけ見ればバッターのほうが貢献できたのかなと。大事な時期でピッチャーで抜けてしまったので、そこだけが心残りかなと思います」と話した。


なお、ナショナルリーグは日米野球で来日中のロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)が受賞した。



【AL投票結果】

大谷(エンゼルス)
1位25票 2位4票 3位0票 計137ポイント

アンドゥハー(ヤンキース)
1位5票 2位20票 3位4票 計89ポイント

トーレス(ヤンキース)
1位0票 2位3票 3位16票 計25ポイント

ウェンドル(レイズ)
1位0票 2位3票 3位8票 計17ポイント

パルカ(ホワイトソックス)
1位0票 2位0票 3位1票 計1ポイント

ヤーブロー(レイズ)
1位0票 2位0票 3位1票 計1ポイント



◇記事参考
https://www.baseball-reference.com/players/o/ohtansh01.shtml






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/13 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1107

米「USA TODAY」紙は大谷翔平を新人王に選出!  




ゴールドグラブ賞も発表されたMLBだが、注目の個人賞がこれから発表されていく。


大谷翔平の「新人王」が個人的には最大の注目ポイントだが、そうした発表に先駆けてアメリカの全国紙「USA TODAY」のWEBサイトで大谷が「新人王」に選ばれた。


9人の選考委員による投票で、1位票を6票集めザル内野と言われているヤンキースのアンドゥハーを上回った。


大谷は、先月発表された野球専門誌「BASEBALL DIGEST」(ベースボール・ダイジェスト)でもア・リーグの新人王に選出されている。


★ア・リーグ新人王
ミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)
大谷翔平(エンゼルス)
グレイバー・トーレス(ヤンキース)



☆ナ・リーグ新人王
ロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)
ウォーカー・ビューラー(ドジャース)
フアン・ソト(ナショナルズ)



各賞は、全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票によって決定される。発表は11月12日(日本時間13日午前8時)の「新人王」から始まる。


大谷がア・リーグの新人王に選出されれば、日本人選手としては1995年の野茂英雄(ドジャース)、2000年の佐々木主浩(マリナーズ)、2001年のイチロー(マリナーズ)に次いで史上4人目となる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2018/11/07 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1005

大谷翔平がBAの「Rookie Of The Year」に選出  




野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が今季の「Rookie Of The Year」にエンゼルスの大谷翔平を選出した。


大谷は、渡米1年目で打者として104試合に出場し打率.285、OPS.925、わずか326打数で22本塁打、61打点、10盗塁の好成績を残した。


また、投手としては10試合の登板にとどまったが4勝2敗、防御率3.31、WHIP1.16、奪三振率11.0とメジャーリーグで二刀流として活躍できる可能性を示した。





同誌の電子版によれば、メジャーリーグで大谷は、打者としてポール・ゴールドシュミット、投手としては(防御率、9回あたりの平均奪三振数、WHIPで)ルイス・セベリーノ級の成績だったことに言及。


シーズンが始まって最初のアスレチックス戦での99.6マイルのフォーシームやインディアンスのエースでサイ・ヤング賞投手コーリー・クルーバーから放った400フィートを超えるホームランなどを詳しく解説。大谷の二刀流への懐疑論者を沈黙させたと紹介している。


大谷翔平



大谷は1919年のベーブ・ルース以来、メジャー史上2人目となる15本塁打、50イニング登板をマーク。さらに15本塁打と50奪三振、10盗塁は、大谷がメジャー史上初の選手となった。


同誌は、「不可能といわれた期待に応え、投手と打者の二役を世界最高峰の舞台で演じた大谷こそがベースボール・アメリカの2018年の新人王にふさわしい」と論評している。


「Baseball America」は、1980年に創刊された隔週の野球専門誌で、野球に関する国内外のあらゆるテーマを扱っている。


特にドラフト候補のアマチュア選手やマイナーリーグの若手有望株(プロスペクト)に関する情報が充実。プロスペクトを球団やリーグ毎のランキング形式で公表し、選手たちを評価する上での一つの指標となっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/10/05 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

エンゼルス大谷翔平が右肘のじん帯再建手術 エラトロッシュ医師が執刀  




大谷翔平が右肘のじん帯再建手術を受けたことをエンゼルスが発表している。


以前にも紹介したが、大谷の手術を担当したのは「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」で執刀医はニール・エラトロッシュ医師。


あの有名なフランク・ジョーブ博士のクリニックで、エラトロッシュ氏はアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の47代目会長を務めた人物。


ドジャースやNFLのロサンゼルス・ラムズのチームドクターとしても有名。NBA、NHLのチームの整形外科コンサルタントをしている。


エンゼルスの ビリー・エプラーGMの会見では「大谷選手の手術が本日行われ、無事に成功した」と説明した。同医師が執刀したのは大谷を含め9人目らしい。


メディアによると、打者(DH)であれば4~6か月程度で復帰できると医師が証言しているという。10月初旬にメスを入れると開幕まで6カ月間のリハビリ期間があることから打者としては来季の開幕か、5月初旬の比較的早い時期に出場できる可能性もある。


MLB公式サイトの記事では、今年5月にトミー・ジョン手術を受けたコリー・シーガー(ドジャース)などの例を出して紹介。シーガーは、来季の開幕ロースターに名を連ねることが確実視されている。


ほかにも野手では大谷の同僚ザック・コザート(エンゼルス)、ミゲル・サノー(ツインズ)、クリスチャン・バスケス(レッドソックス)といった選手が同じような手術を受けているが、いずれも1年以内に戦列復帰を果たしている。


ただ、投手としての登板を考えた場合は14カ月から16カ月は必要で、監督が誰になろうとオーナー側と球団首脳陣の方針で、来季は打者として起用する方針だが、その場合でも肘のリハビリを最優先に考えて規定打席以下の出場機会に抑えて欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/10/02 Tue. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0926

大谷翔平が今季終了後に右肘の手術 エンゼルスが発表、詳しく解説  




その動向が注目された大谷翔平の「右肘問題」に答えが出た。

エンゼルスが、球団Twitterで大谷翔平がレギュラーシーズン終了後の最初の週にトミー・ジョン手術を受ける予定であることを明らかにした。


エンゼルスの最終戦は9月30日(日本時間10月1日)だが、それを待たずに日本人医師がロサンゼルスに飛んで診察、そのセカンドオピニオンで決断を下したようだ。


大谷の手術を担当するのは「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」のスーパードクター、ニール・エラトロッシュ医師。あの有名なフランク・ジョーブ博士のクリニックでアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の47代目会長という人物。


ニール・エラトロッシュ医師は、ドジャースやNFLのロサンゼルス・ラムズのチームドクターとしても有名。NBA、NHLのチームの整形外科コンサルタントをしている。


これで大谷が今季挑戦した“二刀流”としての復帰は2020年の開幕になりそうだ。





メディアによると、打者(DH)であれば4~6か月程度で復帰できると医師が証言しているという報道もあり、10月初旬にメスを入れると開幕まで6カ月間のリハビリ期間があることから打者としては来季の開幕か、比較的早い時期に出場できる可能性もある。


MLB公式サイトの記事では、今年5月にトミー・ジョン手術を受けたコリー・シーガー(ドジャース)などの例を出して紹介。シーガーは、来季の開幕ロースターに名を連ねることが確実視されている。


ほかにもザック・コザート(エンゼルス)、ミゲル・サノー(ツインズ)、クリスチャン・バスケス(レッドソックス)といった選手がトミー・ジョン手術を受けているが、いずれも1年以内に戦列復帰を果たしている。


ソーシア監督は会見で「医療スタッフからの情報を待っている。当然のことだが、投手としての復帰よりも先に打者として復帰することになる。執刀医からの情報を得て、リハビリがどのように進んでいくか見極めていく」と話した。


気になる開幕ロースターに関しては、「(来季の)開幕戦に間に合うかどうかに関してだが、変化しやすい要素がたくさんありすぎる状況だ。手術や、執刀医からの許可、リハビリ、理学療法などがどう進んでいくか次第」と慎重な姿勢を崩さなかったという。


大谷は、ここまで打撃でも打率.280、出塁率.361、長打率.564、OPS.925。21本塁打、20二塁打、37四球、打点56をマークしており、WAR3.8という高い数値を示し、新人王候補に挙っている。


打者としてもエンゼルスの中軸を打つことが期待されており、来季は5月から登場しても130試合近い試合に出場できる計算で、打者に専念すればリハビリ状況を見ながらでも今季以上に打席に立てる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   


Posted on 2018/09/26 Wed. 11:32 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド