メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1005

大谷翔平がBAの「Rookie Of The Year」に選出  




野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が今季の「Rookie Of The Year」にエンゼルスの大谷翔平を選出した。


大谷は、渡米1年目で打者として104試合に出場し打率.285、OPS.925、わずか326打数で22本塁打、61打点、10盗塁の好成績を残した。


また、投手としては10試合の登板にとどまったが4勝2敗、防御率3.31、WHIP1.16、奪三振率11.0とメジャーリーグで二刀流として活躍できる可能性を示した。





同誌の電子版によれば、メジャーリーグで大谷は、打者としてポール・ゴールドシュミット、投手としては(防御率、9回あたりの平均奪三振数、WHIPで)ルイス・セベリーノ級の成績だったことに言及。


シーズンが始まって最初のアスレチックス戦での99.6マイルのフォーシームやインディアンスのエースでサイ・ヤング賞投手コーリー・クルーバーから放った400フィートを超えるホームランなどを詳しく解説。大谷の二刀流への懐疑論者を沈黙させたと紹介している。


大谷翔平



大谷は1919年のベーブ・ルース以来、メジャー史上2人目となる15本塁打、50イニング登板をマーク。さらに15本塁打と50奪三振、10盗塁は、大谷がメジャー史上初の選手となった。


同誌は、「不可能といわれた期待に応え、投手と打者の二役を世界最高峰の舞台で演じた大谷こそがベースボール・アメリカの2018年の新人王にふさわしい」と論評している。


「Baseball America」は、1980年に創刊された隔週の野球専門誌で、野球に関する国内外のあらゆるテーマを扱っている。


特にドラフト候補のアマチュア選手やマイナーリーグの若手有望株(プロスペクト)に関する情報が充実。プロスペクトを球団やリーグ毎のランキング形式で公表し、選手たちを評価する上での一つの指標となっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/10/05 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1002

エンゼルス大谷翔平が右肘のじん帯再建手術 エラトロッシュ医師が執刀  




大谷翔平が右肘のじん帯再建手術を受けたことをエンゼルスが発表している。


以前にも紹介したが、大谷の手術を担当したのは「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」で執刀医はニール・エラトロッシュ医師。


あの有名なフランク・ジョーブ博士のクリニックで、エラトロッシュ氏はアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の47代目会長を務めた人物。


ドジャースやNFLのロサンゼルス・ラムズのチームドクターとしても有名。NBA、NHLのチームの整形外科コンサルタントをしている。


エンゼルスの ビリー・エプラーGMの会見では「大谷選手の手術が本日行われ、無事に成功した」と説明した。同医師が執刀したのは大谷を含め9人目らしい。


メディアによると、打者(DH)であれば4~6か月程度で復帰できると医師が証言しているという。10月初旬にメスを入れると開幕まで6カ月間のリハビリ期間があることから打者としては来季の開幕か、5月初旬の比較的早い時期に出場できる可能性もある。


MLB公式サイトの記事では、今年5月にトミー・ジョン手術を受けたコリー・シーガー(ドジャース)などの例を出して紹介。シーガーは、来季の開幕ロースターに名を連ねることが確実視されている。


ほかにも野手では大谷の同僚ザック・コザート(エンゼルス)、ミゲル・サノー(ツインズ)、クリスチャン・バスケス(レッドソックス)といった選手が同じような手術を受けているが、いずれも1年以内に戦列復帰を果たしている。


ただ、投手としての登板を考えた場合は14カ月から16カ月は必要で、監督が誰になろうとオーナー側と球団首脳陣の方針で、来季は打者として起用する方針だが、その場合でも肘のリハビリを最優先に考えて規定打席以下の出場機会に抑えて欲しい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/10/02 Tue. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0926

大谷翔平が今季終了後に右肘の手術 エンゼルスが発表、詳しく解説  




その動向が注目された大谷翔平の「右肘問題」に答えが出た。

エンゼルスが、球団Twitterで大谷翔平がレギュラーシーズン終了後の最初の週にトミー・ジョン手術を受ける予定であることを明らかにした。


エンゼルスの最終戦は9月30日(日本時間10月1日)だが、それを待たずに日本人医師がロサンゼルスに飛んで診察、そのセカンドオピニオンで決断を下したようだ。


大谷の手術を担当するのは「カーラン・ジョーブ整形外科クリニック」のスーパードクター、ニール・エラトロッシュ医師。あの有名なフランク・ジョーブ博士のクリニックでアメリカスポーツ医学整形外科学会(AOSSM)の47代目会長という人物。


ニール・エラトロッシュ医師は、ドジャースやNFLのロサンゼルス・ラムズのチームドクターとしても有名。NBA、NHLのチームの整形外科コンサルタントをしている。


これで大谷が今季挑戦した“二刀流”としての復帰は2020年の開幕になりそうだ。





メディアによると、打者(DH)であれば4~6か月程度で復帰できると医師が証言しているという報道もあり、10月初旬にメスを入れると開幕まで6カ月間のリハビリ期間があることから打者としては来季の開幕か、比較的早い時期に出場できる可能性もある。


MLB公式サイトの記事では、今年5月にトミー・ジョン手術を受けたコリー・シーガー(ドジャース)などの例を出して紹介。シーガーは、来季の開幕ロースターに名を連ねることが確実視されている。


ほかにもザック・コザート(エンゼルス)、ミゲル・サノー(ツインズ)、クリスチャン・バスケス(レッドソックス)といった選手がトミー・ジョン手術を受けているが、いずれも1年以内に戦列復帰を果たしている。


ソーシア監督は会見で「医療スタッフからの情報を待っている。当然のことだが、投手としての復帰よりも先に打者として復帰することになる。執刀医からの情報を得て、リハビリがどのように進んでいくか見極めていく」と話した。


気になる開幕ロースターに関しては、「(来季の)開幕戦に間に合うかどうかに関してだが、変化しやすい要素がたくさんありすぎる状況だ。手術や、執刀医からの許可、リハビリ、理学療法などがどう進んでいくか次第」と慎重な姿勢を崩さなかったという。


大谷は、ここまで打撃でも打率.280、出塁率.361、長打率.564、OPS.925。21本塁打、20二塁打、37四球、打点56をマークしており、WAR3.8という高い数値を示し、新人王候補に挙っている。


打者としてもエンゼルスの中軸を打つことが期待されており、来季は5月から登場しても130試合近い試合に出場できる計算で、打者に専念すればリハビリ状況を見ながらでも今季以上に打席に立てる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   


Posted on 2018/09/26 Wed. 11:32 [edit]

CM: --
TB: --
   

0917

大谷翔平「20本塁打、10登板」は1919年のベーブ・ルース以来2人目、新人王レースに好印象  



大谷は現地15日、本拠地のマリナーズ戦で「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席でセンターオーバーの20号ソロを放った。これを含め、この日は2安打。今季21回目のマルチ安打になった。


20号到達は日本選手ではエンゼルス時代の松井秀喜が2010年に21本塁打を放って以来2人目。これで今季は打者として打率.293、出塁率.371、長打率.593、OPS.964、20本塁打、55打点、9盗塁になった。


わずか316打席(280打数)での20本到達は、「自分ではホームランバッターだとは思っていない」ということだが、大谷の打席を見たマリナーズのイチローは、「初めてのホームランバッターが日本人として(メジャーに)来たなという感じ。今日の20本目がどうかというのは置いておいて、そんな感じがずっとしていた」とコメント。


さらに、「誰が見てもそう。それは僕が説明する必要はない。(この日の本塁打は)ちょっと詰まり気味だった。やっぱりあれがセンターにいくというのはホームランバッターでしょうね初めての」と解説したという。


注目の新人王争いは?




こうなってくれば気になるのは新人王レース。大谷には日本のプロ野球(NPB)でも獲得していないタイトルだ。


NPB時代では本塁打22本が最高だが、残り13試合で、自己最多をマークすれば見えてくるかもしれない。


新人王争いのヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手は552打席(521打数)で打率.299厘、24本塁打、83打点。三塁手として守備の評価は低いが、136試合に出場して規定打席をクリアしている。評価が分かれるところだろう。


DltOkW4U8AENFte.jpg


新人王争いでは、「異色」だがレイズの26歳左腕ライアン・ヤーブロウが14勝5敗、防御率3.79も評価が分かれるところ。


MLBの新しいトレンドだが、ヤーブロは、試合の中盤から登板するロングリリーバー。今季は35試合に登板して先発は6試合のみ。5イニング以上を投げたのは10試合だけ。


勝利数は評価の対象になりにくくあるのも事実だが、セーブ記録で50セーブのクローザーがいるようにレイズの投手起用法にマッチして、このパターンでいけば、リリーバーで来季以降20勝投手が出るかもしれない。150イニング程度で20勝以上も机上の計算上では成り立つ。


ただし、それをどう評価するのか、もう少し見ていく必要はあるだろう。


ちなみに日本選手の新人王は、1995年の野茂英雄(ドジャース)、2000年の佐々木主浩(マリナーズ)、2001年のイチロー(マリナーズ)が受賞している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/09/17 Mon. 05:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

大谷翔平が2度目の週間MVPに選出!ROYに弾み!!  




 エンゼルスの大谷翔平が、ア・リーグの週間MVPに選出された。

大谷の受賞は4月の2日~8日以来、2度目の受賞。出場5試合で3戦連発を含む打率.474(19打数9安打)。出塁率.565、OPS1.263。

4本塁打のうち2本は風の強いシカゴで上手く風に乗って入った本塁打だったが、10打点、1二塁打、1三塁打、2盗塁と打ちまくった。左投手からも結果が出だしたのが収獲だろう。





大谷は、9日(日本時間10日)の敵地ホワイトソックス戦でも8回の第4打席で二塁打を放ち7試合連続安打をマーク。この日は、3打数1安打の活躍で、打率も.291まで上昇している。

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手らと争うROY(Rookie of the Year)にも好印象を与える活躍だ。

一方、ナ・リーグは、ブライス・ハーパー外野手が受賞。6試合で打率.438(16打数7安打)、2本塁打、7打点、12四球、2二塁打をマークした。



Posted on 2018/09/11 Tue. 07:53 [edit]

CM: --
TB: --
   

0907

大震災の北海道に勇気と希望を!大谷が1試合2本塁打を含む4安打の猛打賞  




エンゼルスの大谷翔平が驚異のペースで本塁打を量産している。


5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦で第1打席は四球、第2打席は快足を飛ばして三塁内野安打、第3打席に今季17号2ランを放つと、第4打席には中前打&二盗成功。そして第5打席には日本人メジャー選手1年目の最多記録に並ぶ18号ソロを放った。





8月3日以来、今季2度目の1試合4安打で打率は.287まで上昇した。


大谷が18号を放ったのはシーズン247打数目。城島が18本を記録したのは583打数目。数字に弱い筆者でもその驚異的なペースは容易に判断できる。

デイリースポーツの記事によれば本塁打率13.7(247打数÷18本塁打)は、メジャー1位のクリス・デービス(アスレチックス)の12.5には及ばないもののリーグ7位に相当する。8月以降はペースを上げ、69打数で9本塁打。本塁打率7.7は両リーグ1位らしい。


大谷の長打率.579は、規定打席以上の打者と比較しても打撃ランキングで5位に相当する。打席数は足らないが、出塁率.367、OPS.946、OPS+155、WAR3.5と、どの数値をとってもハイアベレージで、メジャー1年目で、対左投手の数値を除いては、リーグを代表するスラッガーたちと遜色ない。


大谷周辺には、MRI検査による新たな右肘のじん帯損傷問題が発覚した。そうしたうっ憤を晴らすようなパフォーマンスを披露した。


大谷が日本時代にプレイした北海道の大地が揺れた。6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震が発生し、厚真(あつま)町で震度7、むかわ町と安平(あびら)町で震度6強を観測するなど道内各地が強い揺れに襲われた。


道内で大停電が発生し、多くの道民が被災している。大谷の猛打は、そうした大谷の背中を押してくれたファンへのエールのように思えてならない。


私が思い出すのは1995年のオリックス・ブルーウェーブの優勝だ。当時、大阪在住の筆者も神戸の友人知人も被災した。


そんな時に、仰木監督(故人)やイチロー、田口壮らが「がんばろう神戸」を合言葉にパ・リーグを制覇して、被災した神戸の街を勇気づけた。


筆者の経験からして大谷の活躍は、北海道の野球ファンたちを勇気づけることは間違いない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/09/07 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0906

大谷、新たに右肘靱帯を損傷していたことが判明!残りの試合は打者として出場  




今季の“二刀流”としての大谷投手の登板は無くなった。ひょっとすれば、来季も無くなる可能性が出てきた。

エンゼルスは5日(日本時間6日)、大谷の右肘じん帯に新たな損傷が見つかり、医師の判断として「じん帯を修復する手術を勧められた」ことを発表した。

日曜日ごとの先発を発表していたが、8日(同9日)のホワイトソックス戦は登板を回避するという。

投打の二刀流でプレーする大谷は、ことし6月に右肘のじん帯を損傷していることがわかり、治療とリハビリを経て今月2日(同3日)のアストロズ戦で復帰登板した。


大谷翔平


この登板の翌日、大谷は「試合のレベルで投げたので多少張りはあるが、次回の登板に向けてまた調整したい」と話していた。

しかし、大谷の右肘に張りが残っていたことから再検査を受けた結果、じん帯に新たな損傷が見つかり、医師は、じん帯を修復する手術を勧めた。

現在、エンゼルスはロードで、10日(日本時間11日)にはロサンゼルスに戻り、そこで今後のことについて話し合いがもたれるという。

手術を受けた場合、投手として復帰するまでには短くても14カ月から15カ月はかかり、来季は全休する事は確実だが、打者としてなら、もうすこし短く、シーズン後半に復帰が期待できる。

この日、レンジャーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で2試合連発となる17号ソロ本塁打を放つと、8回にも18号2ラン。4打数4安打3打点、4得点1四球の猛打賞だった。

これは、日本選手のメジャー1年目の本塁打数で、2003年の松井秀喜(ヤンキース)の16本塁打を抜き、最多記録の2006年の城島健司(マリナーズ)の18本塁打に並んだ。

セカンドオピニオンも参考にして、シーズン終了後の10月に判断しても、良いような気がする。仮に10月後半に手術しても、20年の開幕まで17カ月ある。

大谷が、どのような決断をするか注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/09/06 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0905

大谷翔平、1年目16本塁打は松井秀喜と並ぶ記念すべき初の左腕からのアーチ  




エンゼルス大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場した。

投手として復活登板してから初の打席に入った大谷だったが、相手の左腕マイク・マイナーのスライダーやナックルカーブに手が出ず、2打席は見逃しの三振に終わった。

しかし、その2打席でマイナーの投げる変化球に目が慣れた大谷は6回の第3打席。2ボール1ストライクからのスライダーを鮮やかに捉えた。





大谷らしい綺麗な弧を描いた打球は右中間へ。今季16本目の本塁打で、左腕からは打ったのはメジャー初。敵地では今季4本目となった。

スタットキャストの計測で打球速度は103マイル(約166キロ)、飛距離413フィート(約125.9メートル)のアーチは右中間の一番深い所へ吸い込まれた。

16本塁打はメジャー1年目の日本人選手としては2003年のヤンキース松井秀喜に並んで歴代2位タイの記録となった。

ただ、大谷の凄いのは、その少ない打席数。

NHKのBSでライブ中継を見ていたが、それによると松井秀喜の場合はヤンキース1年目に144試合目、623打席で16本塁打を放ったが、大谷は打者として81試合目、243打席で16本目を放つハイペース。

日本選手の1年目の本塁打記録は、マリナーズの城島健司の18本塁打(506打席)。

ここまで来れば、あと4本追加して20本。投手として、あと1勝で5勝。防御率3点台をキープすれば、以前にも書いたが新人王争いにも絡んでくるだろう。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



Posted on 2018/09/05 Wed. 19:12 [edit]

CM: --
TB: --
   

0903

大谷翔平、復活の49球!2ラン浴びて2失点2敗目  



予定通り50球前後の復活劇だった。25台のテレビカメラが入り全米中継された。スタンドも静まり返ってベーブ・ルース以来の2wayの復活劇をじっくり見ているように感じた。


右肘のじん帯損傷のため投手としての出場から遠ざかっていたエンゼルスの大谷が2日のアストロズ戦で3か月ぶりに復帰登板し、3回途中までで49球(ストライク30)を投げて1被弾を含む2安打2四球2奪三振2失点(自責2)だった。


結果よりも内容、内容よりも明日の肘を含む体の状態が最大の関心事だが、この日は、初回の4番ホワイトの打席で2球目に最速99.3マイル(約159.8キロ)を計測した。


しかし、2回の先頭打者に打ち返されたゴロを右手(素手)で捕りにいって、指先に当てるハプニングがあり、その影響もあって、それ以降、フォーシームの球速は150キロを切っていた。


3回に入って球速が落ちた大谷は先頭を四球で出したあと、スプリンガーに1ボール2ストライクから5球目77マイル(約123.9キロ)の低めスライダーを捉えられ、左越えの2点本塁打で先制点を許した。次打者のアルトゥーベを二ゴロに打ち取り、球数が49球となったところで降板した。


これで、投手としての大谷は、10試合で51回2/3、防御率3.31、WHIP1.16、奪三振63、K/9は10.97、B/9は3.83。


試合は4対2でエンゼルスが敗れ、大谷に2敗目が付いた。


ソーシア監督は大谷の状態について「初回は非常によかったが、3回に腰の張りがあったのと、打球を右手の薬指の付け根で受けたので、それもあってスピードが出なくなったのはあると思う。でも投げられないような腰の状態ではないし、肘も全然問題なかった。そこはとてもよかった」とコメントしている。


第1段階をクリアした大谷は、肘や腰などの状態を見ながらだが、日曜日ごとに登板する予定で、次は敵地でのホワイトソックス戦。


それ以後は、マリナーズ、アストロズ、最後の日曜日はアスレチックス戦が予定されている。この3チームは熾烈な地区優勝を争う同じ地区の上位3チームだ。







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/09/03 Mon. 17:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0831

大谷翔平「9・2復帰説」が浮上!二刀流がマウンドへ   




大谷翔平の投手としての復帰が秒読み段階に入った。

日刊スポーツが伝えたところでは、エンゼルスのクラブハウス周辺からの取材で、

エ軍関係者の話を総合すると、大谷は投手としての復帰が予定されている9月は、中6日で日曜日に登板するという。直近が2日(日本時間3日)の敵地アストロズ戦。ア・リーグ西地区で首位を走る強敵が相手となりそうだ。



大谷は、9月に投手としての復帰が目標でリハビリを続けてきた。8月27日(同28日)には、3度目のリハビリ登板で50球を投げた。その後、患部である右肘の違和感は報告されていない。


復帰登板は、中6日で日曜日に登板するプランが取材で明らかになっており、具体的には9月2日(日本時間3日)のヒューストンでのアストロズ戦ではないかということだ。当初は9月10日前後という推測もあったが、この記事では1週間ほど早まりそうだ。


確かに、4月、5月の大谷は日曜日にマウンドに立つ「サンデーSHOTIME」でリズムを作ってきた。





9月にはロースター枠も25人から40人に拡大され、

球数制限で仮に早い回に降板となっても、リリーフ陣を次々と投入でき、大谷の「ぶっつけ復帰」を後押しする。



2日に復帰すれば、残り5試合は登板でき、仮に1勝を追加して5勝になれば、本塁打数をあと5本上積みして「5勝20本」なら、新人王争いに絡んでくることは間違いない。


実際にアナハイムの地元紙オレンジ・カウンティー・レジスター電子版は「7月に打者で復帰してからはコンスタントに貢献していると地元のスター選手を持ち上げている。


しかし、地元紙だけではなく、ニューヨーク・ポスト紙の記者ジョエル・シャーマン氏も野球専門局MLBネットワークの番組で「既に先発している9試合のインパクトも含め、大谷の方がふさわしい」と述べており、残りのマウンドで圧巻の投球を1試合、5本塁を上積みすればインパクトは大きい。


とにかく、来季に向けても大谷には「二刀流」としてシーズンを終えて欲しいものだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2018/08/31 Fri. 06:45 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド