メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0228

【MLB契約情報】レンジャーズがリンスカムと合意、リリーフでの起用も視野  



現地の複数の報道によればレンジャーズがティム・リンスカム投手とメジャー契約を結ぶことで合意に至ったようだ。

フィジカルチェックを経てに正式契約になる模様だが、地元メディア「ダラス・モーニング・ニューズ」のエバン・グラント氏によれば契約内容は、1年1,000万ドルのメジャー契約。

リンスカムと言えば、独特のフォームや優しい顔に長髪をなびかせるスタイルが人気だった。

2006年のドラフトで1巡10位指名を受けジャイアンツに入団。翌年メジャーデビューを果たすと、最速159kmの速球とスプリッターを武器に7勝を挙げ、翌年には自己最高の18勝をマークした。

その後、14年まで7年連続で10勝以上を達成しているが、その間、10、12、14年の3度ワールドシリーズ制覇に貢献した。

さらに、08、09年には2年連続でサイ・ヤング賞を受賞。2度のノーヒッターも記録。オールスターにも4回選ばれた。

しかし、14年の12勝を最後に故障で戦列を離れた。15年6月、打球を右腕に受け、9月には股関節の手術を受けた。16年にはエンゼルスと1年契約を結んで再起に挑んだが、9試合に先発して2勝6敗、防御率9.16と結果を残せなかった。





華々しい活躍をしながら球速に輝きを失ったリンスカム。

しかし、今季は球威がかつて程ではないものの復活傾向にあるという噂はあった。昨年12月に、リンスカムが復活に向けトレーニングしているという情報が流れた。

ロッキーズのアダム・オッタビーノ投手がインスタグラムにトレーニング施設でグラブをはめて練習するリンスカムの写真を掲載。その後、シアトルにある野球専門のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」の創設者がツイッターに同じ写真を載せて話題になった。

リンスカムのショーケース(公開練習)には、分かっているだけでもレンジャーズ、フィリーズ、ドジャース、ツインズ、タイガース、オリオールズ、ヤンキース、レッドソックス、ブルワーズ、パドレス、マリナーズ、カージナルスのスカウトたちが集まったという。

彼らの前で、リンスカムがトレーニングの成果を見せたのだろう。いくら実績があっても1年1,000万ドルのメジャー契約は高い気がするからだ。

レンジャーズとの契約では、先発ローテ候補というだけでなく、ブルペンでの起用も選択肢となっているらしい。

リンスカムはメジャーで270試合に先発しているが、ゲームの途中から投げたのは08年の1試合と14年の7試合だけ。リリーフは、全くの未知数だが、先発投手のコマ数が足らないレンジャーズが、マット・ブッシュを先発ローテに配置転換して、そのブルペンの穴にリンスカムを起用することも計算に入れているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/02/28 Wed. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1218

【AL西部地区】レンジャーズのここまでの戦力補強状況  




メジャーのストーブリーグはクリスマス休暇まで続くが、18年のスプリングトレーニングに入る前の2月中旬頃まで去就の決まらない選手も多い。

ここでは現地17日までの補強状況をワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区から見ていきたい。


レンジャーズ


まずは、早めに動いたテキサス・レンジャーズ。

2013年 地区2位
2014年 地区5位
2015年 地区優勝、地区シリーズ敗退
2016年 地区優勝、地区シリーズ敗退
2017年 地区3位タイ  



アストロズから地区の覇権を取り戻したいレンジャーズは先発ローテの3番手から5番手クラスの投手を3人獲得。


ダグ・フィスター 
18試合、5勝9敗、防御率4.88

1年400万ドル(350万+50万)、19年はクラブオプション。来季は34歳。11年から15年まで4チームで4年連続2ケタ勝利をマークしたが、直近3シーズンが防御率4.58と悪化、峠を過ぎたイメージがある投手。長身右腕から投げる球はシンカーが中心。


マイク・マイナー
3年2,800万ドル。今季はリリーフ投手というカテゴリーだが、ブレーブス時代に5シーズンで639イニングを先発投手として投げ、12年11勝、13年13勝を挙げている過去の実績から先発ローテという位置づけになると思われる。

29歳の左腕は左肩の故障で2シーズンを棒に振ったが、今季はリリーバーとしてバウンスバック。65試合に登板し、6勝6敗6セーブ17ホールド、防御率2.55の好成績をマーク。

クローザーのケルビン・ヘレーラが不調に陥ったこともあり、シーズン終盤にはクローザーとして6回のセーブ機会をいずれも成功させた。


マット・ムーア 
32試合(内先発31試合)、6勝15敗、防御率5.52。

ジャイアンツからトレードで獲得した左腕。 15敗と自責点107はリーグ最多。来季は29歳だが、トミー・ジョン手術後、球速が著しく低下しており、15年以降のフォーシームの平均球速は約147キロで、約5キロも低下しているという報告もある。


以上が主な補強選手。レンジャーズの先発ローテーションは、エース格の左腕コール・ハメルズ、左腕マーティン・ペレスの2人に上の3人を加えた5人が中心の編成だが、やはり、ダルビッシュ有が抜けた穴は大きい。

レンジャーズは日本のプロ野球帰りの選手を重用する傾向があり、他には10年から6シーズンにわたって東京ヤクルトで活躍した右腕トニー・バーネットとも1年150万ドルで再契約を結んだ。来季、バーネットは、レンジャーズで3年目のシーズンを迎える。

さらに、北海道日本ハムで活躍したクリス・マーティン投手が2年総額400万ドルでメジャー復帰。彼は、大谷翔平投手から、フォークの握りを教わったという。

シーズン後半は変則左腕アレックス・クラウディオが11セーブを挙げたが、クローザーが決まっていない。上の選手以外にもマイナー契約で3Aクラスの投手を4名獲得しているが、MLB28位だったブルペン陣も不安材料が多く、今後も補強は続くと思われる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/12/18 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1206

【MLB契約情報】レンジャーズがブルペン補強!左腕M.マイナー、右腕T.バーネット獲得  



今季は動きが鈍かったストーブリーグだったが、大谷翔平のポスティングが解禁になって各記者が躍起になって報道。MLB関連ニュースでは、この数日間、大谷とスタントンの二人が最大の関心事になっている。

しかし、他の選手の移籍報道もインパクトは小さいながらも水面下での交渉が、ようやく表面化して伝わってきだした。

投手陣の獲得が今オフ最大のウイッシュリストになっているテキサス・レンジャーズが、先日の先発ダグ・フィスターに続いてリリーバー2名を獲得している。

このうちマイク・マイナー投手に関しては、ブレーブス時代に5シーズンで639イニングを先発投手として投げ、12年11勝、13年13勝を挙げている過去の実績から先発ローテの一員としても期待しているという。

29歳の左腕は左肩の故障で2シーズンを棒に振ったが、今季はリリーバーとしてバウンスバック。65試合に登板し、6勝6敗6セーブ17ホールド、防御率2.55の好成績をマーク。クローザーのケルビン・ヘレーラが不調に陥ったこともあり、シーズン終盤にはクローザーとして6回のセーブ機会をいずれも成功させた。

契約金等の詳細は明らかになっていない。ちなみに、ロイヤルズでは2年間で675万ドル(インセンティブ75万ドル含む)の契約だった。

9dca1633.png


2010年から6シーズンにわたってNPBのヤクルトで活躍した右腕トニー・バーネットとも1年150万ドルで再契約を結んだ。

バーネットはレンジャーズで

15年、53試合、7勝3敗、15ホールド、防御率2.09。
16年、50試合、2勝1敗、4ホールド、2セーブ、防御率5.49。

数字を悪化させたことから今季終了後に来季の球団オプション(年俸400万ドル)を破棄され、フリーエージェントとなっていたが、年俸を下げて再契約に至った。

いずれにしてもメジャー契約で、順調にいけば来季も開幕ロースターの可能性が高い。

78勝84敗で地区4位に終わったレンジャーズ。防御率で先発がMLB17位、ブルペンが同28位という投手力の整備に着手しているが、まだまだトップクラスとは言えず、先発1番手から2番手を任せられるフロントスターターの獲得も今後はあり得るだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/12/06 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1130

先発ローテがコマ不足のレンジャーズ、とりあえずD.フィスターと正式契約  

 

ダルビッシュ有を夏にリリースして、これまで以上にコマ不足のレンジャーズ投手陣。合意が伝えられていたベテラン右腕ダグ・フィスター投手との正式契約が結ばれた。

それほどインパクトのあるニュースではないが、大谷翔平やジャンカルロ・スタントンの動向もあってか、動きの鈍いFA、トレード市場で、ある程度の実績ある選手として最初のFA契約になった。

ダグ・フィスターは基本給350万ドル(約3億9,000万円)。これに50万ドル(約6,000万円)のインセンティブが含まれる年俸400万ドル(約4億5,000万円)の1年契約になっている。

2019年については年俸450万ドル(約5億円)の球団オプション、または50万ドルのバイアウト。

来季34歳になるフィスターは、5月にようやくロサンゼルス・エンゼルスと契約。しかし、登板機会のないまま6月に放出され、レッドソックスに加入した。今季は18試合(うち先発15試合)の登板で、5勝9敗、防御率4.88の成績だった。


レンジャーズ


レンジャーズの先発ローテは、これでコール・ハメルズ、マーティン・ペレス、ダグ・フィスターの3枚になったが、エース格でキャリ12年の左腕コール・ハメルズは、5月に故障者リスト入りして6月末に復帰したが、今季は24試合で148イニング、11勝6敗、防御率4.20で、34歳で迎える来期にも不安を残す。

マーティン・ペレスは2017年が185.0イニングで防御率4.82、直近3シーズンの防御率が4.57。

ダグ・フィスターは2017年が90回1/3で防御率4.88、直近3シーズンが防御率4.58という成績に終わっているため、ローテの3から4番手クラス。

同地区ライバルのアストロズがワールドシリーズを制した。脆弱な先発ローテを補強するために今後も先発投手の編成は続くものと思われる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/11/30 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0726

エイドリアン・ベルトレが通算2993安打、偉業まで7本、イチローまで64本  



昨年はイチロー(マーリンズ)のメジャーリーグ通算3000安打が大きな話題となったが、その記録に迫ろうとしている選手がいる。レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ三塁手だ。

blog_import_54ca745572dda.jpg


長いメジャーリーグの歴史でも、昨年のイチローを含めてわずか30人しかいない「3000安打クラブ」に名を連ねようとしている。

ベルトレは19歳でデビューし、ドジャース時代の2004年には48本塁打でナ・リーグの本塁打王にもなった。



ドジャース、マリナーズ、レッドソックス、レンジャーズと移籍して、その間に積み上げた安打数が2942本。残り58本でシーズンを迎えた。

昨年も175安打を放ち、3割、32本塁打、104打点をマークしていることから時間の問題とも思われたが、ふくらはぎのケガで今季の開幕を故障者リストで迎え、3000安打到達に、予想より時間がかかっている。

マリナーズ時代にはイチローとチームメイトだったこともある。ただ、その時の5年間はイチローの活躍に比べて影が薄い印象だった。レンジャーズに移籍して再ブレイクといったイメージが強く、「3000安打」の偉業の次は、イチローとの現役最多安打を争うタイミングが来そうだ。

イチローは今季27安打で、通算3054安打。来季の序盤あたりで、両選手が現役なら面白い記録争いが見られるかもしれない。

この二人に現在2911安打のアルバート・プホルス(エンゼルス)を加えた3人の「3000安打クラブ」メンバーが、来年夏ごろには誕生しているかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/26 Wed. 01:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0509

レンジャーズが深刻な打撃不振!ダルビッシュの去就にも影響  



ダルビッシュ有が所属するテキサス・レンジャーズが打撃不振にあえいでいる。

レンジャーズは、ここまで13勝19敗でア・リーグ西部地区最下位。トップを独走するヒューストン・アストロズとは8ゲーム差が付いている。(現地5月7日時点)

まだまだ、始まったばかりで30試合を消化した時点だが、チームのスタッツを見ると酷い打撃不振に陥っていることが分かる。

  • 得点 13位(4位)
  • 打率 28位(3位)
  • 出塁率 27位(7位)
  • 長打率 22位(4位)
  • OPS 24位(7位)
  • 本塁打 4位(5位)
  • 盗塁 5位(4位)


すべてが上位だった昨年に比べ低迷しているのが良くわかる。本塁打だけが昨年並みだが、もともと本塁打が出やすいパークファクターのためで、そんな中で長打率でも30チーム中22位と下位をさまよっている状況だ。

2010年以降の7年間で、チームは地区優勝4度、プレイオフには5度進出している。しかし、昨年は、アストロズやエンゼルスなど、ライバルチームの失速で優勝が転がり込んだような状態だった。

これまでは不安定な投手力を打者優位の球場で、打線がカバーしていた。その打線もカルロス ベルトラン(OF)、ミッチ モアランド(1B)、イアン デズモンド(OF/IF)を放出した。カルロス ゴメス(OF)と再契約したが、マイク ナポリを補強しただけだった。

2年連続でシーズン中にトレードを連発してプロスペクト(若手有望株)を減らし、年俸総額も上限に近く予算も多くないため、効果的な補強ができないというジレンマに陥っている。

投手陣は防御率で先発が4位。リリーフが29位。セーブ数はわずか3しかなく最下位タイ。

クローザーのサム ダイソンの0勝4敗、防御率12.66が最大の戦犯だが、ここにきて先発陣も左のエース、コール ハメルズが故障者リスト(DL)入りし、最低でも8週間の離脱という最悪の事態に陥っている。

このまま下位を低迷するようであればレンジャーズが「売り手」にシフトして、今季終了後にフリーエージェントになるダルビッシュを夏のトレード要員として放出する可能性が浮上してくる。


参考記事はこちら


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/05/09 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0329

【契約情報】レンジャーズの正二塁手R.オドーアが契約延長  



レンジャーズの打てる二塁手ルーグネッド・オドーアがチームと新たに契約を延長している。

MLB.comが伝えたところによれば契約内容は、6年契約の総額4,950万ドル(約55億1,000万円)。メジャー4年目の今季は年俸56万3,180ドル(約6,300万円)だから、大型契約を勝ち取ったことになる。

WBCでベネズエラ代表としても出場したオドーアは23歳。昨季は、150試合の出場で打率.271、33本塁打、88打点、14盗塁。

2014年から16年の3年間で打率.265、本塁打58、打点197、盗塁24。早打ちのため四球が少なく出塁率は.296と低い。スイッチヒッターだが本塁打は右打席が26本と圧倒的に多い。

守備の22失策は二塁手として両リーグトップ。守備防御点(DRS)も-27と極めて低い。守備の評価は、簡単なようで実は極めてむずかしいが、ダブルプレイは129で肩は強い。守備レンジは狭くないが、補球や送球に難があるタイプだ。

乱闘-オドーア

彼の名前を一躍有名にしたのは、昨年5月15日のブルージェイズ戦での乱闘劇。二塁ベース上で一塁走者のホセ・バティスタのスライディングによる守備妨害を受けた際にバティスタを突き飛ばした後に殴打し、両チーム入り乱れての乱闘に発展した。

これにより退場処分を受け、後日7試合の出場停止処分を受けた。

早打ちで盗塁成功が24に対して盗塁失敗が21もあるところを見ると、積極的だが、頭に血が上りやすい陽気なラテンアメリカンの典型的なタイプかもしれない。

こういう選手は東洋人から見ると愉快で楽しいキャラで、ベンチが盛り上がって楽しいかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/29 Wed. 07:03 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

【DL情報】LADゴンザレス、TEXベルトレイも故障、WBCも欠場濃厚  



日本のMLBファンに球春を知らせるマーリンズ・イチロー(OF)のキャンプインが伝えられたが、心配なニュースもいくつか入って来た。

ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレス(1B)が自主トレで肘を負傷したという。34歳の彼は今後2週間はバットを振ることができず、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も欠場する可能性がある。

ゴンザレス


この時期の故障は、軽傷なら開幕に影響しないが、ゴンザレスは兄が代表監督を務めるWBCメキシコ代表チームでも精神的支柱で代表チームにとっても大幅な戦力ダウンになる。

さらに、レンジャーズ所属でドミニカ共和国代表のエイドリアン・ベルトレ(3B)が自宅でのトレーニング中に左ふくらはぎを負傷していたことが判明。全治3週間の見込みでWBC1次ラウンドを欠場する見通しとなった。

20年目のベルトレはMLB3000本安打まで、あと58本に迫っている。

ただ、両選手とも1次ラウンドを勝ち上がった場合、遅れてチームに合流する可能性は、まだ残されているようだ。

ベテランだけではない。ヤンキースの若手タイラー・オースティン(1B/OF)も左足を骨折していたことが分かった。オースティンは春季キャンプ前の自主トレ中に自打球が当たり左足を負傷したという。

ジラルディ監督が伝えたところによるとMRI検査で同箇所の骨折が判明。練習再開までは6週間を要するようだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/18 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0209

【MLB移籍情報】M.ナポリがレンジャーズ復帰、C.カーター、ヤンキースと合意  



去就の決まらなかったスラッガーたちの契約が決まった。

速報したマイク・ナポリ(1B/DH)は、古巣のレンジャーズへの復帰が決まった。また、昨季のナ・リーグ本塁打王クリス・カーター(1B)がヤンキースと1年契約で合意したというニュースが入ってきた。



 個人的にはレッドソックス時代の2013年にワールドシリーズ制覇をした時のメンバーというイメージがあるナポリだが、それ以前の11年、12年の2年間と15年の後半にレンジャーズに所属。

昨年はインディアンスの主砲としてア・リーグ制覇に貢献した。打率.239、OBP.335、OPS.800、34本塁打、101打点。

以前にレッドソックスとの契約時にも3年3900万ドルと伝えられたが、フィジカルチェックで股関節に問題が見つかり、1年契約に修正されたこともあった。

レッドソックス時代は1年平均1,600万ドル、昨年のインディアンスは1,000万ドル。今回は、35歳という年齢などもあって予想どおり1年850万ドルというやや抑えられた契約になった。契約内容の詳細は不明。

クリス・カーターはヤンキースへ


 一方、昨季のナ・リーグ本塁打王ながら新天地がまだ決まっていなかったクリス・カーターが、ニューヨーク・ヤンキースと年俸350万ドル(約3億9,000万円)の1年契約で合意した。

 契約には打席数に応じた最大50万ドル(約5,600万円)の出来高ボーナスが含まれているもよう。

 30歳のカーターはブルワーズに所属した昨季、ロッキーズのノーラン・アレナド(3B)と並んでナ・リーグ最多の41本塁打(94打点、OPS.821)をマーク。

しかし、打率.222、206三振、キャリア平均打率.218というミート率の悪さが契約のネックになっていた。

 ヤンキースはグレグ・バードを正一塁手、マット・ホリデーを指名打者として起用するという見方もあるが、バードはメジャー2年目の昨年も肩の手術で全休。15年も46試合の出場しかなく実績がない。右打者のカーターに左打者のバードを控えにした2プラトーンでの起用が考えられる。

1,300万ドルも出したDH候補のマット・ホリデーも37歳の峠を越えた選手。オールスター7回選出のネームバリューだけはあるが、昨年も110試合、打率.246、20本塁打、62打点、OPS.782。ほとんどのスタッツでキャリア最低だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2017/02/09 Thu. 00:28 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0208

【MLB移籍情報】マイク・ナポリとレンジャーズの協議が進行中  



 キャンプインを直前に控えメジャーの各球団は最後の補強を模索している。テキサス・レンジャーズがクリーブランド・インディアンスからフリーエージェント(FA)の長距離打者マイク・ナポリと急接近しているとの情報が伝えられた。



 メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」のレンジャーズ担当記者のSNSによれば、レンジャーズはオフシーズン中にマイク・ナポリ(1B/DH)を追いかけており、両者は契約に近づいているようだ。

ファンラグスポーツのジョン・ヘイマンも契約が合意に向けて進行していることを伝えている。



マイク・ナポリは、個人的にはレッドソックス時代の2013年にワールドシリーズ制覇した時のメンバーというイメージがあるが、それ以前の11年、12年の2年間と15年の後半にレンジャーズに所属。

昨年はインディアンスの主砲としてア・リーグ制覇に貢献した。打率.239、OBP.335、OPS.800、34本塁打、101打点。マーケットバリューは1,300万ドルだが、以前のレッドソックスとの契約時にも3年3900万ドルと伝えられたが、フィジカルチェックで股関節に問題が見つかり、1年契約に修正されたこともあった。

今回は、35歳という年齢を考慮して1年契約でサラリーも低く抑えられるかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ








Posted on 2017/02/08 Wed. 02:23 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド