メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1008

ナショナルズはブライス・ハーパーとの再契約に消極的?  




今季終了後にフリーエージェントとなるワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手。その去就に関しては、ニューヨーク・ヤンキースの移籍説や25歳という若さから長期契約で総額4億ドル(455億円)という巨額の契約金も噂されている。


ハーパーの今季は、オールスター前までは打率.214と低迷したが、オールスターブレイク後は打率.294と復調。シーズン通算では34本塁打を放ち、自身初となる100打点にも到達した。


移籍問題に関して本人は、「ドジャースでプレイすることがどんな感じなのかはわからない。ヤンキースでプレイすることがどんな感じなのかもわからない。僕が知っているのはワシントンD.C.(=ナショナルズ)のことだけだからね」と語っており、プロ入りから8シーズンを過ごしたナショナルズに愛着を感じ再契約に前向きな発言をしている。


ハーパー1


しかし、ここにきてナショナルズのオーナーサイドは再契約に関して積極的ではないとの情報が伝えられている。


CBSスポーツのMLBアナリストであるジム・ボウデン氏が、ナショナルズが、ハーパーと再契約する可能性は低いという見解を示している。MLBでレッズとナショナルズのGM職を務めたことがあるボウデン氏だけに注目の発言だろう。


ボウデン氏によればナショナルズの来季の外野陣は、ライトにアダム・イートン、センターにビクター・ロブレス、レフトにフアン・ソトという選手が揃い、ハーパーがいない編成で固まりつつあるという。


さらに、オーナーサイドのスタンスとして「現実としては、ブライス・ハーパーとの再契約に必要となるような年数と金額を約束する準備はできていないとの話をオーナーサイドから耳にしている。九分九厘、彼はナショナルズを去ることになるだろう」という事も付け加えた。


その上でボウデン氏は、ハーパーの新しい契約先をシカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャース、ニューヨーク・ヤンキース、フィラデルフィア・フィリーズ、アトランタ・ブレーブスといった球団の名前を挙げた。


ハーパーの代理人は敏腕のスコット・ボラス氏、オーナーとはマックス・シャーザーとの契約(7年2億1000万ドル)など巨額の契約をまとめた実績もあり、まだまだ流動的だが、ハーパーが来季にどこのユニフォームを着るのか、そして、その契約金はいくらになるのか、ストーブリーグの大きな話題になることは間違いなさそうだ。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ   


Posted on 2018/10/08 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0927

マックス・シャーザーが年間300奪三振の金字塔、17人目の快挙  




メジャーを代表する右腕マックス・シャーザー(ナショナルズ)が、シーズン300奪三振に到達した。


これは、100年を越えるメジャーリーグの歴史の中で1900年以降で17人目という偉業だ。試合数が増えた近年でも1990年以降でシーズン300奪三振は他にカート・シリング、ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、クレイトン・カーショー、そしてクリス・セールのたった5人しかいなかった。


Dn_pudDX0AAwutM.jpg


2008年にダイヤモンドバックスでデビューしたシャーザー。その凄さは、2009年から10年連続30試合以上に登板、シーズン200イニングを今季も含めて6年連続でクリアしているそのタフさだろう。


先発投手の目標でもあるこうした数値をクリアして、これまでに最多勝とサイ・ヤング賞にそれぞれ3回輝き、2015年には史上6人目となるシーズン2度のノーヒットノーランを達成。最多奪三振のタイトルは16年から2年連続で獲得している。


今季は、WAR9.7という驚異の数値。33試合、220回2/3、18勝7敗、防御率2.53、WHIP0.911、FIP2.65、奪三振率12.2、与四球率2.1と非の打ち所がない成績で3年連続4回目のサイ・ヤング賞も見えてきた。





シャーザーは、節目の300奪三振について「この数字に到達することを夢見ていた。コンスタントにマウンドに立ち、三振を奪うことがいかに難しいかを知っているからね」とコメント。「どうしてもこれをここ、本拠地で成し遂げたかった」とし「ファンの素晴らしいサポートがあった」と感謝の言葉を残した。



Posted on 2018/09/27 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0606

マックス・シャーザーが9球で3者三振!8回13Kで10勝一番乗り  



 メジャーリーグを代表する右腕マックス・シャーザーは5日(日本時間6日)、レイズ戦に先発し、8回2失点の好投で両リーグ通じてハーラー単独トップとなる10勝目をあげた。

6回のピッチングが圧巻だった。わずか9球。3者連続で空振りの3球三振に切って取った。



 相手の下位打線だったが、8番フィールド、9番アローヨ、1番ロバートソンは、バットにかすりもしなかった。この間、フォーシーム5球(最速96.8マイル)、スライダー2球、チェンジアップ2球を投じ、見送りのストライク3球、空振り6球だった。


Lefty Grove (HoF)
Sandy Koufax (HoF)
Nolan Ryan (HoF)
Randy Johnson (HoF)
Max Scherzer (Active)


 シャーザーにとっては昨年に続き2回目の9球3三振だが、MLB公式サイトによると、この記録を3回マークしたのはサンデー・コーファックス、2回がノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、レフティ・グローブとマックス・シャーザーの5人しかいないという。

8回に2失点したが、この日は8回99球(ストライク81)、被安打5、無四球、奪三振13、失点2。これで今季の防御率は1.95(MLB3位)、奪三振数は133でMLB1位。

 試合は4対2でナショナルズが勝利してシャーザーは両リーグ最速の10勝目を圧巻のピッチングで飾った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/06/06 Wed. 12:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

0925

ナッツのシャーザーが10奪三振で16勝目、不安だったブルペン陣もアップグレード  

 


優勝を決めたナショナルズが同地区4位のメッツと対戦。ナショナルズは、先発マックス・シャーザーが6回を被安打3、四球1、奪三振10、失点1で16勝目(6敗)をあげた。

ポストシーズンを見据えた調整登板なのか、シャーザーも6回87球で早々と降板したが、それでも10奪三振は、調子の良さを物語っている。プレイオフの対戦相手になる予定のカブスも手こずりそうだ。

もっともナッツの弱点は、シーズン当初から失敗したクローザーなどのブルペン。これが最後まで影響してブルペンは防御率でMLB20位(前半は29位)。スターターが同MLB4位と比べると不安材料だ。

ただ、夏にもブルペンを中心に下記の選手を補強。


《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
RP ブランドン・キンツラ-
INF/OF ハウィー・ケンドリック


最近の30試合では、ドゥーリトルが11回で防御率0.82と好調。ほかに左腕サミー・ソリスが8回を無失点。マット・アルバースが9回1/3で防御率0.96。マドソンやキンツラーも同2点台と悪くない。

この結果、全体ではMLB6位の投手陣が、オールスター後は3位にアップグレードした。今季は、せめてチャンピオンシップまでは上り詰めたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/25 Mon. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

ナショナルズが地区優勝 2年連続5度目 ストラスバーグが8回10奪三振で13勝目  



メジャーリーグは残り20試合を切ったが、ナ・リーグ(NL)東部地区のワシントン・ナショナルズが10日(日本時間11日)、フィラデルフィア・フィリーズを3対2で破り、地区2位のマイアミ・マーリンズが敗れたため、2年連続5度目の地区優勝を決めた。

88勝55敗(勝率.615)。両リーグの計6地区で最速の地区制覇になった。2位に20ゲーム差をつける独走からの地区制覇だった。

ナショナルズは、この日、8回を投げて無失点、10奪三振で13勝目(4敗)を挙げたスティーブン・ストラスバーグやエースのマックス・シャーザー(14勝5敗、防御率2.32)、ジオ・ゴンザレス(14勝6敗、防御率2.50)の3人を軸にリーグ3位の投手陣がチームをけん引した。

シーズン当初に新クローザーとして指名したブレイク・トレイネン投手が安定せず、結局10人の投手がセーブを記録するというシーズンで、リリーフ陣の防御率4.66はリーグ14位(MLB28位)。

このためオークランド・アスレチックスからショーン・ドゥーリトルとライアン・マドソン、ミネソタ・ツインズからブランドン・キンツラーのリリーバー達を途中で補強している。

打撃陣はブライス・ハーパー外野手を中心に、ライアン・ジマーマン一塁手、ダニエル・マーフィー二塁手、アンソニー・レンドン三塁手など3割打者が4人(規定打席以上)。リーグトップの得点力、打点、リーグ2位の打率.269で、投打がかみ合った。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/11 Mon. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0831

ナショナルズのストラスバーグが完封!スタントンの月間19本塁打は明日に持ち越し?  

 


ナショナルズの右腕スティーブン・ストラスバーグが6安打8奪三振、無失点の完封で11勝目を飾った。ナショナルズは4対0で勝利し、4連勝。今季81勝51敗(勝率.614)で優勝マジックを16にした。

ストラスバーグは打撃面でも活躍し、5回に先制のホームランを自らのバットで叩き出し、7回にもセンター前ヒットで、この日4打数2安打だった。

9回110球(ストライク78)で1四球完封の快投を演じた剛腕は、これで今季23試合の先発で11勝4敗、防御率2.90、WHIP1.07、164奪三振、奪三振率(K/9)10.35。



被本塁打も13本しかなく、9イニング換算(HR/9)で0.82。パークファクターがあるので比べるのはかわいそうな気もするが、ヤンキース田中将大の被本塁打29、HR/9の1.77に比べるとこの数字の素晴らしさが分かるはずだ。

防御率でNL4位、K/9で同3位、奪三振数で同8位。上にクレイトン・カーショー(ドジャース)とマックス・シャーザー(ナショナルズ)がいるので「サイ・ヤング賞」は厳しいが、どの項目でもトップ10にランクインしている。

この好投にさすがのジャンカルロ・スタントンも4打数ノーヒットで、期待されたメジャー月間本塁打記録(29本)の更新はならなかった。(まだ、1試合あるので期待したい)

イチローも代打で8回に登場したが、低めのチェンジアップにタイミングが合わず、空振り三振に倒れた。イチローは代打での年間安打数(28本)のメジャー記録更新まで、あと5安打。打率.253。

マーリンズは3連敗でワイルドカード(WC)争いでもWC2位と5.5ゲーム差に後退してしまった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2017/08/31 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0814

【DL情報】ブライス・ハーパーが左ひざの負傷でDL入り  




ナショナルズの若き主砲ブライス・ハーパーが10日間の故障者リスト(DL)に入った。

ハーパーは、前日のジャイアンツ戦の初回に一塁ベースを踏んだ際に左足を滑らせて転倒した。その際に左ひざを負傷した模様で、診断の結果、左ひざの骨挫傷と診断され、ひざのACLへの損傷はなかったという報道だ。



今季のハーパーは打率.326、29本塁打、87打点と好調で昨年の不振からバウンスバック。チーム打率でMLB2位、OPS2位、得点2位、本塁打数4位のナッツ打線をけん引してきた。

マイク・リゾGMは「今季中の復帰を楽観視している」とコメントしている。主砲の離脱は大きな戦力ダウンだが、地区首位を独走中だけに余裕のコメントかもしれない。

ナッツは、センターのマイケル・テイラー外野手が10日間DLから復帰したばかりで、ハーパーの抜けた外野のポジションには、ブライアン・グッドウィン外野手や23歳のプロスペクト、アンドリュー・スティーブンソン外野手が起用されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/08/14 Mon. 13:41 [edit]

CM: --
TB: --
   

0528

ナッツ首位独走中!ストラスバーグがキャリアハイの15奪三振で6勝目   




ワシントン・ナショナルズは現地27日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発スティーブン・ストラスバーグ投手がキャリアハイとなる15奪三振を記録する活躍をみせ、3対0で勝利した。

ナッツはマイケル・テイラー外野手の4号2ランなどで6回までに3点を奪取。パドレスにそのまま得点を許さずに逃げ切った。

ストラスバーグは7回108球(ストライク76球)、3安打、1四球、15奪三振、無失点で今季6勝目(1敗)を挙げた。これで防御率2.94。

5月は5先発で4勝、防御率2.78。前回登板のアトランタ・ブレーブス戦でも7回2/3を2失点、11奪三振と快投。調子が上がってきたようだ。

ストラスバーグ15K


これでナ・リーグ東部地区で30勝一番乗り、2位のブレーブスに7.5ゲーム差の首位独走中。

ナッツは、2012年に先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーのドラフト全体1位指名コンビが主力に成長。

球団史上初の地区優勝を達成した後は、5年間で3度地区優勝。同地区の盟主の地位を固めつつある。ただ、すべてポストシーズンは地区シリーズで敗退。ワールドシリーズ制覇を目指して16年からは名将ダスティ・ベイカー監督を招へいしている。

負けたパドレスは、昨日もナッツのマックス・シャーザーに13三振を奪われている。パドレスは06年の西部地区優勝以降、地区優勝もポストシーズン進出もなく低迷期が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/28 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0514

B.ハーパーが11号サヨナラ弾!来季の契約も2,162万ドルで合意  



ワシントン・ナショナルズの若き主砲ブライス・ハーパーが現地13日、本拠地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦でサヨナラ11号本塁打を放った。

9回裏、2死一塁の場面で、6人目のエドブレー・ラモス投手の0-1からの2球目(95.1マイルのフォーシーム)をセンターに叩き込んだ。サヨナラ弾はこれで自身5本目となった。



この日、ブライス・ハーパー外野手はナショナルズと2018年の年俸2,162万5,000ドル(約24億5,000万円)で合意したことが報道されていた。

これはフリーエージェント(FA)ではない選手としては1年あたりの史上最高額で、MLB.comによれば、この契約には「最優秀選手賞」を受賞した場合に100万ドルのインセンティブなどが付くという。

今季は1,362万5,000ドル(約15億4,000万円)で年俸調停を回避していた。

ハーパーは2012年にメジャーデビューすると、2015年には打率.330、42本塁打、99打点をマークし、史上3番目の若さ、満票としては史上最年少でナ・リーグ最優秀選手に選出された。

しかし、16年はマークされたうえ、1試合6四球や5月に月間33四死球と勝負を避けられ続け、打率.243と調子を崩した。それでも出塁率.373、長打率.441、OPS.814、盗塁21、敬遠はリーグ最多の20だった。

今後、メジャーリーグの顔として活躍しそうな24歳の若者が、記録にも記憶にも残る「母の日」のメモリアルアーチをかけた。母のシェリーさんにとっては、いろんな意味で親孝行の息子と言えそうだ。

ちなみに彼は、18年シーズン終了後にFAになるが、ここでも紹介したとおり、ヤンキースの主砲として大型FA契約が噂されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/14 Sun. 18:57 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

ナッツのマッド・マックスが11奪三振、Dバックスを粉砕!  



ナショナルズのマックス・シャーザー投手が4日(日本時間5日)、ホームでのダイヤモンドバックス戦で圧巻の投球を披露した。

MLB6位の相手打線を7回2安打、1失点、3四死球、11奪三振の快投で今季4勝目(2敗)を挙げた。シャーザーはこれで40回2/3を投げて防御率2.66、WHIP0.91、被安打率.189、9イニング換算の奪三振数(K/9)は11.29。

防御率はNL8位だが、WHIPはNL3位。被安打率NL2位。奪三振数ではNL1位のスタッツをマークしている。



1試合10三振以上も51試合になり、これは現役メジャーリーガーでは、ドジャースのクレイトン・カーショーの52試合に次いで2位の記録になっている。

シャーザーがメジャーキャリアをスタートさせたダイヤモンドバックスとは、これまでも相性が良く、通算6試合の先発で5勝0敗、防御率2.41だった。

シャーザーといえばリリースポイントの低いサイドスローから繰り出す100マイル近いフォーシームとスライダーが武器。昨年年5月11日のタイガース戦で、9イニングスではケリー・ウッド、ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソンに次ぐMLB最多タイ記録となる20奪三振を記録している。

昨年は、リーグトップの20勝、284奪三振、228回1/3イニングス、WHIP0.97を記録して、自身3度目(ナ・リーグでは初)の最多勝と初の最多奪三振の2冠を達成。2度目のサイ・ヤング賞を受賞している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/05 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド