メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0729

【MLB移籍情報】ダルビッシュはドジャース、グレイはヤンキース?  



今夏のトレード市場で最も注目されるエリートスターターのダルビッシュ有(レンジャーズ)、ソニー・グレイ(アスレチックス)、そして剛腕ジャスティン・バーランダー(タイガース)の去就は、リーグに大きなパワーバランスの変化をもたらす。

複数のメディアが報じたところによれば、レンジャーズがダルビッシュ放出の意思を固めたという事だ。レンジャーズのフロントが「売り手」にシフトしたという事になる。

ダルビッシュ

ダルビッシュ有をトレード期限前に放出すれば、クオリファイング・オファーによるドラフト指名権よりも遥かに大きな見返りがあることを考えると、ダニエルズGMは表向きは否定するものの、複数の情報筋が「適切なオファーであれば応じる姿勢で他球団とコンタクトしている」と伝えている。

MLB Networkの記者ジョン・モロシによると「ドジャースがダルビッシュ、ソニー・グレイ、そしてジャスティン・バーランダーの3人のうち1人は獲得できるという確信を得ているようだ」とレポートしている。



FOXスポーツ/MLBネットワークのケン・ローゼンタール記者は関係者の話として「レンジャーズはダルビッシュ放出で質の高いトレードができると確信している。他球団にトレードの意思を伝え、積極的に交換要員の名前を交換している」とツイート。

ダルビッシュのトレード放出に向けて、大きく動き出したと報じた。

その中でもドジャースは、ダルビッシュに強い関心を示していると報じられ、豊富な資金とファーム層では、他球団より一歩リードしているという。

ドジャースをはじめ、ヤンキース、アストロズは、ダルビッシュがトレード拒否権を持つ10球団に入っていない。

ここからは仮定の話だが、もし、ダルビッシュがドジャースへ移籍するとなれば、ジグソーパズルのように、次のピースであるソニー・グレイは、ヤンキースに決まるかもしれない。

次の月曜日まで、メジャーのトレード市場から目が離せない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/29 Sat. 06:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0613

MLBドラフト2017始まる 1位~3位は27年ぶりで高校生が独占  



MLBドラフト2017(新人選択会議)が12日、ニュージャージー州セコーカスで始まり、1巡目ピック(全体1位)でツインズがカリフォルニア州の高校生遊撃手兼外野手、ロイス・ルイスを指名した。

MLBドラフト2017


2位のハンター・グリーン投手(レッズ)、3位のマッケンジー・ゴア投手(パドレス)はいずれも高校生。

全体3位までを高校生が占めたのは、通算468本塁打を放ったチッパー・ジョーンズ(ブレーブス)が全体1位指名された1990年以来、27年ぶりだった。

投手と打者の二刀流で注目されて全体1位指名候補にも挙がっていたブレンダン・マッケイ選手(ルイビル大)は全体4位でタンパベイ・レイズに指名された。



メジャーのドラフト会議は原則として前年の勝率の低い球団から指名する「ウエーバー方式」で、3日間開催される。


MLBドラフト2017

01位 ツインズ ロイス・ルイス (SS/OF)ジェイセラカトリック高校
02位 レッズ ハンター・グリーン (SS/RHP)ノートルダム高校
03位 パドレス マッケンジー・ゴア (LHP)ホワイトビル高校
04位 レイズ ブレンダン・マッケイ (1B/LHP)ルイビル大学
05位 ブレーブス カイル・ライト (RHP)バンダービルト大学
06位 アスレチックス オースティン・ベック (OF)ノースデビッドソン高校
07位 ダイヤモンドバックス パビン・スミス (1B)バージニア大学
08位 フィリーズ アダム・ヘイズリー OF バージニア大学
09位 ブリュワーズ キストン・ヒウラ 2B カリフォルニア大学アーバイン校
10位 エンゼルス ジョー・アデル OF バラード高校
11位 ホワイトソックス ジェイク・バーガー 3B ミズーリ州立大学
12位 パイレーツ シェーン・バズ RHP コンコーディアルーザラン高校
13位 マーリンズ トレバー・ロジャース LHP カールスバッド高校
14位 ロイヤルズ ニック・プラト 1B/LHP ハニントンビーチ高校
15位 アストロズ J.B.ブカウスカス RHP ノースカロライナ大学
16位 ヤンキース クラーク・シュミット RHP サウスカロライナ大学
17位 マリナーズ エバン・ホワイト 1B ケンタッキー大学
18位 タイガース アレックス・ファエド RHP フロリダ大学
19位 ジャイアンツ ヘリオット・ラモス OF リーダーシップクリスチャン高校
20位 メッツ デビッド・ピーターソン LHP オレゴン大学
21位 オリオールズ D.L.ホール LHP バルドスタ高校
22位 ブルージェイズ ローガン・ウォーモース SS ノースカロライナ大学
23位 ドジャース ジェレン・ケンドール OF バンダービルト大学
24位 レッドソックス タナー・ホウク RHP ミズーリ大学
25位 ナショナルズ セス・ロメロ LHP ヒューストン大学
26位 レンジャーズ ババ・トンプソン OF マクギルトゥールン高校
27位 カブス ブランドン・リトル LHP フロリダジュニアカレッジ
28位 ブルージェイズ ネイト・ピアーソン RHP セントラルフロリダジュニアカレッジ
29位 レンジャーズ クリス・サイス SS ウェストオレゴン高校
30位 カブス アレックス・ラング RHP ルイジアナ州立大学






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/13 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0608

ヤンキースの「ジェントル・ジャイアント」アーロン・ジャッジ  


 
オールスター中間発表でもMLBトップのアーロン・ジャッジ

ヤンキースの新人で201センチの外野手がMLBトップの18号本塁打をマーク。ここまで打率.328、OBP.433、OPS1.116という驚異の数字を叩き出している。



先日、このブログでも紹介したが、キャリア初のグランドスラムも記録。ファンからは早くも「MVP!」のチャントも起こったが、本人は「聞かないようにしていた。まだ仕事はあるんだから」と平静にコメントしていた。

自身がホームランを記録した試合でヤンキースは13勝1敗という事実についても「あれこれ言われるが、いま打つことだけを考えているんだ」とコメントした。

ジャッジ


25歳の巨漢は、昨年8月13日にメジャーデビュー。8番・右翼手で先発出場してレイズ先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打をセンターに叩き込んだ。

前を打つ7番打者のタイラー・オースティンも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙だった。

ニューヨークのメディアは、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットの「コア・フォー」が引退し、主砲だったA・ロッドも引退試合をした直後のタイミングだったこともあり、その登場や快挙を書きたてた。

しかし、その後は27試合に出場したが打率は.179と低迷。84打数42三振という三振率で、上では通用せず、結局、故障などもあってマイナー降格でシーズンが終わった。

ヤンキースの今季は、彼をはじめとしたプロスペクトたちが、メジャーレベルにステップアップする育成期間のような意味合いが強かった。しかし、予想に反してジャッジは、オールスター級の活躍で、この名門球団の3番打者に定着しつつある。

ルーキーとしてもずば抜けた成績で、このままで行けば間違いなく「新人王」になるだろう。

ジャッジは「養子」で育てられたという。その生い立ちには、ドラマのような背景もあって、多くの人が彼をサポートしてきた。

以前にも書いたが、この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/08 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0530

【DL情報】マイク・トラウトは予想以上に深刻、手術で長期離脱へ  



現地28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷したエンゼルスのマイク・トラウト外野手の症状が予想以上に深刻なようだ。

トラウトは、二盗を試みた際にヘッドスライディング。その際、ベースにタッチした左手の親指を負傷し、途中交代していた。

X線検査では骨折は認められなかったが、MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。水曜日に手術をすることが報道され、6~8週間の離脱が決定。リハビリ期間も入れれば8月後半ごろの復帰になるかもしれない。



2011年にデビューし、今季7年目を迎えるトラウト。昨季もア・リーグMVPに輝き。25歳の若さでMVP2回、オールスター選出5回などの実績を持ち、今季もここまで打率.337、16本塁打、36打点、10盗塁と好調だった。

トラウトは、メジャーデビュー後初の故障者リスト(DL)入り。 エンゼルスにとっても大幅な戦力ダウンを余儀なくされ、ここまでア・リーグ15チーム中、打率.236(13位)、本塁打数58(10位)、打点211(10位)、216得点(12位)という不振の攻撃陣が、さらに低迷することが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/05/30 Tue. 17:52 [edit]

CM: --
TB: --
   

0529

ヤンキースの「ジェントル・ジャイアント」アーロン・ジャッジが初の逆転満塁本塁打  

 


ヤンキースの新人で201センチの巨漢アーロン・ジャッジ右翼手がMLBトップタイの16号本塁打を放ってチームを勝利に導いた。

3回裏に1点リードされ、2死満塁の場面で打席が回ってきたジャッジは、アスレチックス先発トリッグスの4球目、89.6マイルのツーシームをとらえ、右中間へライナーの逆転満塁本塁打を放った。グランドスラムはキャリア初だった。



ジャッジは、これで打率.321、16本塁打、34打点を記録。本塁打数は、エンゼルスのマイク・トラウトと並んでMLBトップタイに並んだ。

ファンからは早くも「MVP!」のチャントも起こったが、本人は「聞かないようにしていた。まだ仕事はあるんだから」と平静にコメント。

自身がホームランを記録した試合でヤンキースは13勝1敗という事実についても「あれこれ言われるが、いま打つことだけを考えているんだ」と話していた。

ジャッジ


25歳の大砲は、昨年8月13日にメジャーデビュー。そのレイズ戦では8番・右翼手で先発出場して相手先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打を放った。

前を打つ7番打者のタイラー・オースティンも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙で話題になった。

ニューヨークのメディアは、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットの「コア・フォー」が引退し、主砲だったA・ロッドも引退試合をした後のタイミングだったこともあり、その登場や快挙を書きたてた。

しかし、その後は27試合に出場したが打率は.179と低迷。84打数42三振という驚異の三振率。故障などもあってマイナー行きでシーズンが終わった。

この1年は、他の若手同様、メジャーレベルにステップアップする育成期間のような意味合いが強かった。しかし、予想に反してオールスター級の活躍。

ジャッジには「養子」で育てられたという、その生い立ちには、ドラマのような背景もあって、多くの人が彼をサポートしてきた。

この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/29 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0325

メジャーリーグ2017 開幕カードと開幕投手は?  




メジャーの開幕戦は、4月2日(日本時間3日)に3試合が行われる。田中将大投手が在籍するニューヨーク・ヤンキースは、敵地トロピカーナ・フィールドでタンパベイ・レイズと戦う。

ヤンキース vs レイズ
田中将大とアーチャーに決定!

ジャイアンツ vs ダイヤモンドバックス
バムガーナーとグリンキーに決定。

カブス vs カージナルス
レスターとマルティネスに決定。

2017_opening_day_.jpg

その他の試合は翌日からスタート。イチロー選手の所属するマイアミ・マーリンズは敵地ナショナルズ・パークでワシントン・ナショナルズと開幕戦を迎える。試合展開次第では田澤純一のリリーフ登板も期待できる。

マーリンズ vsナショナルズ
ボルケス(決定)とストラスバーグ(決定)、ボルケスは25日に発表された。



《その他の開幕カード》
タイガース vs ホワイトソックス
ブレーブス vs メッツ
パイレーツ vs レッドソックス
ロッキーズ vs ブルワーズ
ブルージェイズ vs オリオールズ
パドレス vs ドジャース
ロイヤルズ vs ツインズ
フィリーズ vs レッズ
インディアンス vs レンジャーズ
マリナーズ vs アストロズ
エンゼルス vs アスレチックス


C7WWUxEUwAAUJHN.jpg

前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースは、本拠地のドジャースタジアムでサンディエゴ・パドレスと対戦する。ドジャースの先発はカーショー。

オフにFAになるダルビッシュ有は契約更改を賭けた勝負の年。そのダルビッシュ所属のテキサス・レンジャーズは本拠地グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで、昨年のリーグ覇者クリーブランド・インディアンスを迎え撃つ。

ダルビッシュ有の開幕投手に期待したい。

岩隈久志のシアトル・マリナーズは、敵地で開幕。球場名物のセンターの丘「タルズ・ヒル」を削って前に出したヒューストン・アストロズのホームグランド、ミニッツ・メイド・パークで開幕を迎える。

アストロズには青木宣親が移籍した。岩隈は、2試合目か3試合目に登板予定で、両者の対決に注目したい。

上の表は現地で取材する若手ライターY.Murata (むーさん)https://twitter.com/ym_mlb から引用させていただいた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/03/25 Sat. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0312

WBC オランダ代表はカリブ諸島出身の若手メジャーリーガーが手強い  



韓国で行われていたWBCソウルラウンドでは、オランダ代表が下馬評通りの強さを見せて2次ラウンドへ進出を決めた。

前回のオランダ代表は2次ラウンドでキューバ代表を2回も撃破し、ベスト4入りした。その実績から考えても1次ラウンド通過は予想通りだった。

7日の韓国戦では、エース格のバンデンハーク(ソフトバンク)が4回無失点と好投し5-0の完封勝ち。打線も11安打と好調だった。

多くのメディアで紹介されているが、オランダ代表といっても、実態は欧州ではなく、カリブ海沿岸のオランダ領アルバとキュラソー島の出身選手が中心。

今回は出ていないがロサンゼルス・ドジャースのクローザーとして君臨するケンリー・ジャンセンは筆頭格。

MLBで本塁打王と打点王を1度、ゴールドグラブ賞を10度獲得した後に東北楽天ゴールデンイーグルスに加入したアンドリュー・ジョーンズ。

日本のNPBで年間本塁打記録を達成したウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)もキュラソー島出身だ。

今回は、そのカリブ諸島出身の若手メジャーリーガーが名を連ねている。たまたまだが、ショートの選手が多いので守備位置をどう変更してくるのか、そこに注目すると面白い。

WBC

1番アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)はメジャー屈指の強肩で知られるゴールドグラブ賞2度の遊撃手。

2番センターのジュリクソン・プロファー(レンジャーズ)は若手の有望株だが、本職はショート。昨年はメジャーに再昇格してユーティリティーで外野もこなした。

3番サードのザンダー・ボガーツ(レッドソックス)は、レッドソックスの中心選手のひとり。

2015年、16年と2年連続でシルバー・スラッガー賞に輝いた。安打数も196本と192本。昨季は打率.294、OPS.802、21本塁打、89打点をマーク、自身初のオールスターにもファン投票で選出されている。彼も本職はショート。

さらに、ヤンキースのレギュラー、ディディ・グレゴリアスもキュラソー島で育った。

ヤンキースではジータ―の後釜で物足りないものがあったが、昨年打撃面で開眼し、20本塁打をマークしている。彼もヤンキースではショート。

今回のWBCオランダ代表は、こうしたカリブ諸島出身のメジャー組が中心で、4年前にマイナーリーグの有望株だった選手たちがメジャーリーガーに成長してさらに強くなった。

この日のラインナップの1-6番打者のうち5人が現役メジャーリーガーだった。


【オランダ代表】
※イスラエル戦のラインナップ
1(DH)シモンズ
2(中)プロファー
3(三)ボガーツ
4(右)バレンティン
5(二)J・スクープ
6(遊)グリゴリアス
7(一)デカスター
8(捕)リカルド
9(左)Ra・オドュベル


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/03/12 Sun. 09:49 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【MLB契約情報】カブスの若き主砲クリス・ブライアントが契約更改  



昨季のナ・リーグMVPに輝いたクリス・ブライアント三塁手がカブスと年俸105万ドル(約1億2,000万円)相当の1年契約を結んだ。

これは、メジャーリーグのサービスタイム(登録期間)が2年未満の選手の年俸としては史上最高額。

これまでは2014年にマイク・トラウト外野手がロサンゼルス・エンゼルスと結んだ100万ドル(約1億1,000万円)。



25歳のブライアントは2013年に大学最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞。MLBドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスに入団。

2015年はスプリングトレーニング中のオープン戦で14試合で打率.425、9本塁打という好成績を残しながら、FA資格取得を遅らせたいという球団の意向からAAA級アイオワで開幕を迎えた。

メジャー1年目は、最終的に両リーグ最多の31二塁打、26本塁打、99打点を記録し、サンフランシスコ・ジャイアンツのマット・ダフィーらを抑えて、史上20人目となる満票での新人王を受賞した。

2年目の昨季は、打率.292、39本塁打、102打点と大活躍し、ナ・リーグMVPに輝くと共にカブスの1908年以来となるワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

新人王受賞の翌年にMVPを獲得したのは、カル・リプケン・ジュニア、ライアン・ハワード、ダスティン・ペドロイアに次ぐメジャー史上4人目の快挙だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/11 Sat. 21:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0227

【球辞苑】今回のキーワードは「ストレート」伝説の剛腕が語る「ストレート」の極意とは?  




毎回ピンポイントに的を絞ったテーマと豊富なデータで野球の奥深さを探求する検証ドキュメンタリー「球辞苑」。

野球好きが集まって、選手・研究者のVTR証言を基に毎回アツく盛り上がるスポーツバラエティー番組だが、前回は「ストレート」という本命的なキーワードだった。

番組の調べでは2016年プロ野球の投手が投じた球種の割合は、

  • ストレート→45.8%
  • スライダー→19.5%
  • フォーク→9.1%
  • シュート→7.3%
  • カーブ→7.0%
  • チェンジアップ→5.5%
  • カットボール→4.8%
  • シンカー→0.9%

ストレートも多様化してツーシームなど、同じストレートでも球質の違う動く球が増えてきたという。

さらに、2016年でストレートの割合が多かった投手BEST3は、

  • 第1位 藤川球児(阪神)67.9%
  • 第2位 南昌輝(ロッテ)67.0%
  • 第3位 松井裕樹(楽天)65.9%
  • 第4位 ジョーダン(中日)65.7%
  • 第5位 バルデス(中日)65.2%

※総投球数1,000球以上(データスタジアム調べ)


縦回転を意識したボールを生み出す握りや秘訣を解説してくれた藤川のインタビューは興味深かった。

しかし、鳴かず飛ばずだった藤川の運命を変えたのはピッチングコーチに就任した山口高志氏(関西大学野球部コーチ)の存在だった。

山口氏は元阪急のクローザー。ホントに早かった。近鉄ファンだったので山口さんの登場は近鉄ファンからすれば敗戦を意味していた。

この恩師の始動で投球フォームを変えて、具体的には「沈みこまず、右ひざを折らないで角度を出す」フォームで、見違えるようになったと振り返った。球威を生み出す山口氏へのインタビューも貴重だった。

藤川球児 

番組では、元中日の速球王。与田剛氏もVTR出演。ストレートの練習法を紹介。アマの指導者も必見の内容だった。

近年注目されるスピードガンの球速よりスピン量「回転数」の話題では、ダルビッシュ有が第3位の2591.1回転/分も紹介していた。

やっぱりここに触れなくては検証は浅いものになる。ちなみに、メジャーの平均は2261.8回転。第2位はサイ・ヤング賞のマックス・シャーザー、第1位は三振王ジャスティン・バーランダーだった。

メジャーのトレンドは球速よりもスピン量ということだ。ここでも以前に紹介したが、上原浩治の2,400回転を超えるストレートはスピードガン表示以上に威力がある事が良くわかる。



 BS-1  2月25日 午後11時00分~午後11時50分

【ゲスト】今中慎二
【司会】徳井義実
【出演】神事努,キビタキビオ
【リポーター】塙宣之
【語り】土屋伸之




にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村






Posted on 2017/02/27 Mon. 19:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド