メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0331

メッツ守護神J.ファミリアに15試合の出場停止処分、妻へのDVが原因  

 

きのうメッツの先発ローテーションを紹介したが、クローザーのジェウリス・ファミリア投手が、昨年10月に起こした妻へのドメスティックバイオレンス(DV)容疑で逮捕された件で、メジャーリーグ機構(MLB)のDVに関する規範へ抵触したとして15試合の出場停止処分を科した。

ファミリア昨年10月31日、自宅で妻にケガを負わせたとして逮捕されたが、 ニュージャージー州検察はすでに、起訴を取り下げている。

しかし、メジャーリーグ機構は 、DVに関する新たな規範への違反があった場合、有罪判決を受けていなくても、何らかの処分が科すことを表明していた。

MLBに対するマイナスイメージと子供たちなどへ与える社会的影響力を考慮してのものと思われる。過去には、現ニューヨーク・ヤンキースのアロルディス・チャプマン投手(30試合)、現メッツのホセ・レイエス内野手(52試合)が、不起訴だったもののDV違反により出場停止を言い渡されている。

ロブ・マンフレッド・コミッショナーは声明を発表し、「証拠を吟味した結果、我々はファミリア氏が妻に暴行、もしくは身体的な力を使って妻や他人を脅したり、危害を加えたりしていないと判断した」とコメント。

「しかしながら、ファミリア氏がその夜にとった振る舞いは不適切、かつ規範への違反であり、懲戒に値すると決断した」と述べた。

ファミリアも今回の件に関して、妻に手をあげていないことをはっきりと主張しながらも、「(逮捕された夜の)私の振る舞いは許されないものであり、自分に失望している」と声明文を出している。

ファミリアは昨季、78試合に登板して3勝4敗、防御率2.55、ナ・リーグ最多の51セーブをマークし、キャリア初のオールスター選出された。ここ3年連続で76試合以上に登板、メジャー5年間で通算100セーブ、防御率2.46を記録している。

WBC2017にもドミニカ代表として出場した。

なおメッツでは、ファミリア不在の間のクローザー候補として、通算106セーブのアディソン・リード投手の名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/03/31 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0330

【3分でわかるMLB】メッツ、世にも奇妙な右腕ばかりの先発ローテーション!?  




今季も開幕前の恒例ランキングでNO.1の評価を受けたニューヨーク・メッツの先発投手編成。

しかし、ローテーションに入っていないものの左腕スティーブン・マッツはMRI検査の結果、指揮官テリー・コリンズが開幕戦に間に合わないことをコメントした。マッツは故障者リストで開幕を迎える。



今季のメッツ先発ローテーションは下記のとおりだが、メッツは昨年も先発陣の故障に悩まされた。

シンダガードを軸にデグロム、ハービーがヘルシーなら強力な3本柱になる。ただ、デグロムは昨年9月に右ひじにメスを入れた。オープン戦でも、ここまで4試合、15回1/3しか投げていない。

ハービーもご存知のように2013年10月にトミージョン手術を受けている。右ひじに爆弾を抱える二人が1シーズンもつのだろうか...。

期待したいのは、昨年デビューの23歳右腕グセルマン(8試合/防御率2.42/4勝2敗)とWBCプエルトリコ代表のルーゴ。27歳のルーゴは昨年、8試合に先発、9試合にリリーフ登板。5勝2敗、防御率2.67、WHIP1.09と好投した。

  1. ノア・シンダーガード
  2. ジェイコブ・デグロム
  3. マット・ハービー
  4. ロバート・グセルマン
  5. セス・ルーゴ


この5人にトミー・ジョン手術から復帰予定のザック・ウィーラーが考えられるが、世にも奇妙な右投手ばかりの先発ローテーションになっている。

左腕マッツの離脱は意外と大きいかもしれない。


★メッツ投手陣2016年スタッツ
(リーグ順位)
防御率 3.58(3位)
先発防御率 3.61(3位)
ブルペン防御率 3.53(3位)
セーブ数 55(1位)
セーブ成功率 77.46%(1位)


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0201

メッツ指揮官はN.シンダガードを開幕投手に指名!先発ローテは不安だらけ  



まだ、スプリングトレーニングも始まっていないが、早くもニューヨークのメディアは、メッツの開幕投手の記事をレポートしている。

「ニューヨーク・ポスト」は、メッツの指揮官テリー・コリンズが、正式発表はしていないが4月3日のシティフィールドでの開幕戦にノア・シンダガードを起用する方針という内容の記事を掲載している。

ここでも何度か紹介したが、シンダガードは、金髪のロングヘアーを振り乱して100マイルちかい速球で打者をねじ伏せる姿が、アメリカンコミックのスーパーヒーローである“マイティ・ソー”に似ていることから「Thor(ソー)」のニックネームで絶大な人気がある。

まだ24歳、キャリア3年目だが、昨年は文句のないシーズンを送った。31試合、14勝9敗、防御率2.60、WHIP1.15。

200イニングこそ超えなかったものの、FIP2.29という数字もその内容の良さを証明している。防御率リーグ3位。三振数219は同4位タイ。K/9(9イニング平均の三振数)10.7はリーグ4位だった。

そうしたスタッツもさることながら昨年のワイルドカードゲームでジャイアンツのマディソン・バムガーナーと投げ合い、7イニング2安打完封したピッチングは圧巻だった。

メッツ
▶左からデクロム、ハービー、シンダガード、マッツ


メッツの2016年開幕戦は、マット・ハービーが務めた。そのハービーは7月6日にDL入りし、右肩(胸郭出口症候群)の手術を受けた。順調に回復しているというが、13年のトミージョン手術もあり15年に復活してカムバック賞を受賞したとはいえ無理はさせたくない。

ジェイコブ・デグロムも終盤不振で、利き腕の尺骨神経の損傷と診断され、手術を受けた。無事にキャンプインできる状態だが、前半戦はようすを見ながらのスロースタートにならざるを得ない。

左のスティーブン・マッツ。若手のセス・ルーゴ(防御率2.67)、ロバート・グセルマン(同2.42)。トミージョン手術明けのザック・ウィーラーなどはせいぜい4~5番手争い。

そうした事から、今季はシンダガード中心の先発ローテーションになる。順調に行けばだが、開幕投手は誰が考えても当然だろう。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  


Posted on 2017/02/01 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1130

【MLB契約情報】セスペデスはメッツ残留、再契約に合意  

 


 今季のフリーエージェント(FA)ランキングでトップクラスの評価だったヨエニス・セスペデス外野手と前所属チームのニューヨーク・メッツが現地29日、4年総額1億1,000万ドル(約123億5,000万円)で合意したことがわかった。

セスペデス 


 同選手は、メッツとの間に残る2年4750万ドルの契約を破棄してシーズン後にFAを選択していた。その後、メッツは、クオリファイングオファーを提示したが、同選手はこれを拒否。しかし、メッツは残留交渉を続けていた。



31歳のセスペデスは、2015年途中にトレードでタイガースからメッツへ移籍。インパクトのある活躍でメッツをポストシーズンへ導いた。

今季は、シーズン途中に右大腿四頭筋を痛め調子を落としながらも、132試合の出場で打率.280、OBP.354、OPS.884、31本塁打、86打点で夏のオールスターゲームにも選出された。 



これで、セスペデスの今後の平均年俸は2,750万ドル(約30億9,000万円)となり、デトロイト・タイガースの主砲ミゲル・カブレラ一塁手に次いで野手では第2位。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  




Posted on 2016/11/30 Wed. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1002

メッツがワイルドカード進出を決める、残り1枠はジャイアンツとカージナルス  



 ワイルドカード(WC)の2枠を争うし烈な戦いが続いているメジャーリーグだが、このうちナ・リーグのメッツが、フィリーズに勝って、ワイルドカードの1枠を確保した。

 メッツは終盤4連勝。この日も午後1時7分プレイボールのデーゲームで、ベテラン右腕コロンが5回2失点と好投して15勝目(8敗)。ファミリアが球団新記録の51セーブを挙げている。

8月20日以降、メジャー最高勝率.692の快進撃で、2年連続9度目のプレーオフ出場を果す。WCでの進出は3回目。WCでのホームアドバンテージを獲得した。



 残り1枠を巡っては、ジャイアンツがWC2位。0.5差でカージナルスが追走する展開だが、カージナルスはパイレーツを破っており、最終戦までもつれ込む展開だ。

 ちなみに、ジャイアンツはホームでドジャースと対戦中で、5回裏にパガン外野手が、ドジャース先発のカーショーから12号ソロを放ち1対0でリードしている。



 一方アリーグは、オリオールズが今日のヤンキース戦に勝てばWC進出を決め、残り一枠をブルージェイズ、タイガース、マリナーズが争っている状況。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/10/02 Sun. 06:27 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0922

メッツの右腕デグロームが右ひじを手術 チームは左腕マッツの復帰に期待  



 ニューヨーク・メッツの先発右腕ジェイコブ・デグローム投手が右ひじの手術を受け、今季絶望となることが分かった。

 メジャーリーグ公式サイト「MLB.com」によれば、メッツは当初、17日に行われたミネソタ・ツインズ戦までにデグロームが回復すると見ていた。しかし、同投手が練習中に痛みを訴え、右ひじの尺骨神経損傷との診断を受けたことで事態が急変した。

 デグロームは、今季24試合に先発登板して7勝8敗、防御率3.04という成績。ただし、ラスト3試合は0勝3敗、防御率9.82と球威がなくなっていた。




メッツは穴埋めを、早ければ23日にも戦列復帰する左腕スティーブン・マッツ投手に期待している。

先発左腕スティーブン・マッツは21日、本拠地シティ・フィールドでブルペン練習を実施。1か月ほど実戦から遠ざかっていたことから復帰戦では50~60球程度の球数制限を設ける方針だ。

 25歳のマッツは今季、22試合の先発で9勝8敗、防御率3.40をマーク。しかし、8月14日の登板後に左肩の違和感を訴え、15日間のDLに登録されている。

 これにより順調に行けばメッツの先発ローテーションは、ノア・シンダーガード、マッツ、バートロ・コローンに、セス・ルーゴとロバート・グセルマンのどちらかが続くという形となりそうだ。

ナ・リーグのワイルドカード争いは80勝72敗でメッツ、ジャイアンツ、カージナルスが並んでいる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/22 Thu. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0708

【DL情報】メッツのM.ハービー 検査の結果、手術は不可避の状態  




検査で胸郭出口症候群の疑い、手術は不可避の状態

ニューヨーク・メッツは現地6日、先発右腕マット・ハービー投手を右肩の違和感により15日間の故障者リスト(DL)に登録した。

2014年シーズンに右ひじのトミー・ジョン手術により全休したハービーだが、昨季は29試合に先発し、13勝8敗、防御率2.71をマーク。

メッツの9年ぶりとなるナ・リーグ東地区優勝に貢献すると、ポストシーズンでも4試合に先発登板して2勝を挙げる活躍を見せた。



しかし、今季は5月30日のシカゴ・ホワイトソックス戦を最後に勝利から遠ざかるなど、ここまで17試合の先発登板で4勝10敗、防御率4.86と思うような成績を残せていない。

複数の記者の報告では検査の結果、胸郭出口症候群(thoracic outlet syndrome)と診断され、メッツのGMサンディ・アルダーソンもシーズン終了後に手術を受ける可能性が高いと言及している。

メッツは、ハービーのDL入りに伴い、チーム傘下3Aラスベガスから26歳の右腕セス・ルーゴ投手を昇格させた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/08 Fri. 06:57 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0706

メッツ、移籍加入のJ.レイエスをいきなり「1番サード」で起用  




 現地4日、先月コロラド・ロッキーズから放出され、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだホセ・レイエス内野手が、チームに合流しマイアミ・マーリンズの試合で「1番サード」で出場する。

 昨年7月のトレードで、トロント・ブルージェイズからコロラド・ロッキーズに移籍したレイエスは、10月に妻への暴行容疑で逮捕されると、ドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとして、メジャーリーグ機構から出場停止処分を受けた。



その間、ロッキーズではルーキーが台頭。レイエスは、追い出される形でメッツに移籍した。そのため、今季はいまだメジャーでの出場はない。

メッツのテリー・コリンズ監督は、レイエスを先頭打者、カーティス・グランダーソン外野手を2番打者として起用する可能性はあるかと聞かれ、「2番を打つのはいい役割だと思う」とコメント。「ホセはスイッチヒッターで、グランダーソンは球を引っ張る力があることを考えると、ホセが二塁に出ていればグランダーソンの打力でホームに返すことができる」と期待感を示したという。

なお、メッツはカブスを4連戦スウィープするなど5連勝中。対するマーリンズは昨日のGAME1で6点差を守りきれずメッツに逆転負けしている。

イチローは3戦連続のベンチスタートになった。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/06 Wed. 06:31 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0625

【MLB移籍情報】DV騒動のレイエスが古巣メッツと契約か?  



「キャプテン」の愛称で人気のデビット・ライトを故障で失ったニューヨーク・メッツが、三塁を含む内野手を物色中だが、メジャーリーグ公式サイトがコロラド・ロッキーズから放出されたホセ・レイエス遊撃手を古巣ニューヨーク・メッツが獲得する意向であることを報じている。



33歳のベテラン遊撃手は、メジャーデビューを果たした2003年から9年間メッツに所属。松井稼頭央がメッツに在籍した時期と重なり日本でもなじみの深い選手。ブルージェイズ時代には川﨑宗則ともプレイしている。

オールスターに4度選出され、06年にはシルバースラッガー賞を獲得。メジャー13年間の通算成績は打率.290、118本塁打、621打点、479盗塁をマークしている。

しかしながら今季は、ドメスティックバイオレンス(DV)に関する規範に違反したとしてメジャーリーグ機構から出場停止処分を言い渡され戦列から離れていた。

その間、レイエスにとっては不幸なことに、彼の穴埋めとして出場していたトレバー・ストーリー遊撃手が大活躍。その煽りをくって今月23日にロッキーズから解雇となっていた。

メッツではほかに、元ヤクルトでキューバ人のユリエスキ・グリエル内野手(32)やブルワーズのジョナサン・ルクロイ捕手(30)の名前がデッドライン前の補強候補としてあがっている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/06/25 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0519

雷神“マイティ・ソー”vs.剛腕は奪三振ショー、両軍合わせて20三振  



メッツのシティフィールドで行われたメッツ対ナショナルズ戦は、メッツがノア・シンダーガード、ナショナルズが先日20奪三振をマークした剛腕マックス・シャーザーの投げ合いになった。



アメリカンコミックのヒーロー「雷神マイティ・ソー」の操るThor's Hammer(トールハンマー)のような右腕をもつシンダガードが、ナッツから10三振を奪う好投で7回を無失点(無四球)に抑え2-0でメッツがナショナルズを完封した。

敗れたナショナルズの先発シャーザーもいきなり初球をグランダーソンから先頭打者ホームランを浴びたもののメッツ打線から7回途中まで10三振を奪う好投だった。

先発投手の1試合ごとの貢献度を図る指標GScもシンダガード77、シャーザー66と共に高い数値を表している。

これでシンダガードは4勝2敗、ERA2.19、WHIP0.99、奪三振66、K/9は10.97。

一方のシャーザーは4勝3敗、ERA4.01、WHIP1.15、奪三振76、K/9は11.73。被本塁打が13本でやや多いのが気になる。

CipOAo4VAAALR26.jpg

Thor-The_Dark_World-Chris_Hemsworth-Trailer.jpg


思い出すのは、昨年10月3日。シャーザーはメッツ相手に17奪三振・無四球、相手メッツの先発、マット・ハーヴィーも6イニングで11三振を奪う力投。同時に一人の打者も歩かせない精密なコントロールを見せつけた。

これにより、シャーザーの17奪三振・無四球と合わせて史上6回目の同一試合で両チームの先発投手が、二桁の三振を奪いながら一人も歩かせないという圧巻のゲームを演出している。

しかし、今回は雷神ソーの活躍でメッツに軍配が上がった。



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/19 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド