メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0928

シカゴ・カブスが地区連覇、3年連続でポストシーズン進出は109年ぶり  




昨年、108年ぶりにワールドシリーズを制して3度目の世界一に輝いたシカゴ・カブスが、混戦のナ・リーグ中部地区を今季も制した。

カブスの連覇は07年、08年以来。3年連続でポストシーズンに進出するのは1906年から08年に出場して以来109年ぶり。

DKx6fMUXcAIJUfu.jpg


ただ、勝率で1位の西部地区ドジャース、2位の東部地区ナショナルズに次ぐ3番目になり、ディビジョンシリーズ(NLDS)では、ワシントンDCに乗り込んでナショナルズと対戦する可能性が強い。

カブスは、全米にファンを持つリーグ優勝17回のメジャーを代表する人気球団だが、低迷期が長く、1945年以降はリーグ優勝すらできない状況が続いていた。

個人的には、全米第2の大都市にフランチャイズがあって熱狂的なファンがいることから阪神タイガースのイメージがあった。

10年からは3年連続で地区5位に低迷。本格的なチーム再建に取り組み始めた12年には46年ぶりの大台となる101敗を喫し、お荷物球団のようなイメージだった。

そうした事から毎年、セントルイス・カージナルスの後塵を拝するチームだったが、主砲アンソニー・リゾ一塁手やクリス・ブライアント三塁手ら若手選手が次々と頭角を現し、名将ジョー・マッドン監督を迎えた2年目の16年にはベン・ゾブリスト内野手や先発ジョン・レスターらの優勝経験者が持ち味を出して若手をけん引、103勝58敗で地区優勝を果たした。

セオ・エプスタイン社長とジェド・ホイヤーGMの長期戦略が実を結びつつあるようだが、先発ローテは高齢化が進み息切れが心配。クローザーのウェイド・デービス投手も今季で契約が切れる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/28 Thu. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0717

カブスに移籍のホセ・キンタナが7回を3安打無失点、12奪三振の快投  


ホワイトソックスから大型トレードでカブスに移籍した注目の左腕ホセ・キンタナが現地16日、敵地でのオリオールズ戦に登板。7回を投げて被安打3の無四球、無失点。12三振を奪う快投を演じた。

この夏のトレード市場で最初のビッグニュースになったホセ・キンタナを巡るトレード。アストロズ、ヤンキースらが水面下で交渉したが電光石火のトレード劇でカブスが獲得。

2013年から16年の4シーズン連続で200イニング以上、防御率3.35と安定した成績を残したキンタナ。しかし、今季は104回1/3で防御率4.49と本来の調子が出ていない状況だったが、復調傾向と伝えられていたとおりのピッチングを見せた。今季5勝目(8敗)、防御率4.20。121奪三振。

DE4cBw1XoAIucEm.jpg


これでカブスの先発ローテは、ジェイク・アリエッタ、ホセ・キンタナ、ジョン・レスターに間もなく復帰のジョン・ラッキー、マイク・モントゴメリーの順になるものと予想される。

カブスの2017年の先発陣は全体的に低調。ジョン・レスターが防御率4.25、ジェイク・アリエッタが同4.35、ジョン・ラッキーが同5.20。しかもジョン・ラッキー、カイル・ヘンドリクス、ブレット・アンダーソンが故障者リストに入っている。

先発投手は、平均で5.38イニングしか持たず、クオリティスタート率も38.6%でナ・リーグ15チーム中12位と低迷している。

そのMLB16位と不安定な先発ローテにインパクトを与えるピッチングだった。

首位ブルワーズとは5.5ゲーム差の地区2位。勝率5割で、ワイルドカードでも5.5ゲーム差の位置につけている。まだまだチャンスは残されているだけにキンタナの好投は浮上のきっかけになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/17 Mon. 06:42 [edit]

CM: --
TB: --
   

0403

【3分でわかるMLB】カブス王朝築けるのか、投手陣は高齢化が懸念  



今回も先発ローテーションを中心に各チームの戦力を分析してみたい。

ジョン・レスターを軸に下記のような先発ローテーションでシーズンに入るカブス。最優秀防御率のヘンドリクスが5番手というぜいたくな布陣だ。

  1. ジョン・レスター(左)
  2. ジェイク・アリエッタ(右)
  3. ジョン・ラッキー(右)
  4. ブレット・アンダーソン(左)
  5. カイル・ヘンドリックス(右)


レスターとラッキー。2015年サイヤング賞のパフォーマンスからは、やや力が落ちたもののジェイク・アリエッタも再びローテに入った。

穴があるとすれば高齢化。上の3人は30代で、ドジャースからFAのブレット・アンダーソンも29歳で故障あがり。昨年シーズン開幕前の3月に背中の手術を受け4試合に投げただけで不安が残る。

166回2/3を投げたジェイソン・ハメルの穴を埋められるのか、ダメな場合は、マイク・モンゴメリー(4勝5敗/ERA2.52)、エディ・バトラー(2勝5敗/ERA7.17)らがバックアップになる予定。マッドン監督のことだからある程度は織り込み済みかもしれない。

【カブス投手陣2016年スタッツ】
  • 防御率 3.15(1位)
  • 先発防御率 2.96(1位)
  • ブルペン防御率 3.56(4位)
  • セーブ数 38(10位)
  • セーブ成功率 71.70%(4位)

ブルペンは、チャップマンをリリースして、クローザーにはウェイド・デービス、セットアップをヘクター・ロンドン、上原浩治が務める予定。

ただ、デービスは肘に不安を抱えていて、ここでも状態が悪ければロンドンが代役を務めることになる。

野手はベン・ゾブリスト以外、全員20代で、若手が台頭した印象のカブスだが、投手陣は先発、ブルペンともに上原の42歳を筆頭にベテランが多いのが懸念材料だ。

今季も100勝ラインに到達するというメディアやブックメーカーの予想もあるが、カージナルスやパイレーツも黙ってないだろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/04/03 Mon. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0128

カブスが川崎ムネリンらキャンプ招待選手24人を公表  




blog_import_54ca7487bd2dd.jpg

数週間後には、メジャーリーグの厳しい春が始まる。シカゴ・カブスは現地27日、キャンプに招待する24人のノン・ロースター・インバイティー(枠外選手)をSNSで公表した。投手は14人。内野手は5人。外野手3人、捕手2人。

40人枠の選手に、これら選手を加えた各ポジション総勢約60人が開幕25人枠を目指す。

昨季まで毎シーズン、マイナー契約からメジャー昇格を果たしている川﨑宗則も2月18日から始まるカブスのキャンプに参加する。



川﨑は、今季も日本人プレイヤーの野球に対する理解度やチームに対するロイヤリティーを高く評価する指揮官のもとでキャンプインする。

なお、上原浩治らのバッテリー組は、ひと足早く15日からスタートする。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2017/01/28 Sat. 14:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0107

カブスが春季キャンプ日程発表 上原は2月15日から、川崎は18日から始動  

 

2016年のワールドシリーズ覇者シカゴ・カブスは現地6日、スプリングトレーニング(春季キャンプ)の日程を発表。

メジャーでは例年、バッテリー組と野手組が別れてキャンプインするが、バッテリー組は2月14日が集合日で、15日に始動する。野手が加わっての全体練習は18日に始まる。



昨年同様、マイナーで再契約の川﨑宗則(2B/SS)は、ノン・ロースター・インバイティとして18日の練習から参加予定。

カブス

メジャー登録選手の40人枠や開幕ベンチの25人枠入りを目指す熾烈な戦いが始まる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2017/01/07 Sat. 11:57 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1227

川崎宗則の再契約にも影響!? カブスが元ドラ1の二塁手とマイナー契約  



 ハッスルプレイで人気の川﨑宗則(2B/SS)の移籍先が気になる。カブスとの1年契約を終えてフリーエージェント(FA)になった川﨑だが、そのカブスが、ジェマイル・ウィークス(2B)とマイナー契約を結んだ。

 29歳のウィークスは、川﨑と同じポジション。2008年のMLBドラフト1巡目(全体12位)でオークランド・アスレチックスに入団。11年にメジャーデビュー。97試合で打率.303、22盗塁の好成績をマーク。

 しかし、12年は118試合で規定打数に達したが打率.221、16盗塁と成績を落とすと、その後はメジャーでの出場機会が激減した。

 今季はサンディエゴ・パドレスで17試合に出場し、打率.140という内容だった。兄はDバックスからFAのリッキー・ウィークス(2B/OF)。


カブスの正二塁手バエスの控え争い

 カブスは24歳のハビエル・バエスが正二塁手として成長した。16年はキャリアハイの142試合に出場、打率.273、14本塁打、59打点、12盗塁をマーク。

ハビエル・バエス


 プレイオフでもリーグチャンピオンシップのGAME1では本盗を決めるなど、シリーズ6試合で打率.318、5打点の活躍を見せ、同僚のジョン・レスターと共にMVPに選出された。

 しかし、打撃面というよりは、走塁や守備で光るシーンが多かった。とくに、巧みなグラブさばきで、タッチプレーが抜群に巧く、相手の二盗を刺しているシーンが印象的だった。

 そのバエスが4月に15日間のDL入りした時に、その穴を埋める戦力としてマッドン監督は、すかさず川﨑をコールアップした。勝負のかかった9月にも、川﨑は再び昇格し、ワールドシリーズ制覇までチームと帯同した。

川﨑宗則


 カブスにとって指揮官も認める貴重なバイプレイヤーだった川﨑だが、このウィークスの加入で再契約は厳しくなったと考えなければならない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  





Posted on 2016/12/27 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1209

【MLB移籍情報】カブスが上原浩治と1年契約で合意  




今季108年ぶりにワールドシリーズを制覇したシカゴ・カブスが、レッドソックスからFAの上原浩治との契約に合意した。これはボストンヘラルド紙など複数のメディアが伝えている。

MLBウインターミーティング最終日、球団からの公式発表はまだないが、上原の代理人マイク・ピーパー氏は「最低でも6球団が興味を示している。24~48時間の動向を注視している」と、数日中に移籍先が決定する可能性を示唆していた。

カブスは、クローザーでFAとなったチャップマンのあとを若手のホルヘ・ソレア外野手を交換要員として、ロイヤルズの右腕ウェイド・デービスを獲得するトレードを実らせた。

デービスの獲得で、再びヘクター・ロンドンをセットアップに戻すことができることになったカブスだが、デービスは昨年右ひじの故障で7月27日から9月1日まで長期間にわたり戦線を離脱している。




上原も7月19日に右胸筋を痛めて約1カ月半DL入りしたが、9月7日に復帰後は、11試合を無失点に抑えた。2016年は、50試合で2勝3敗、防御率3.45。メジャーキャリア8年で387試合19勝22敗、防御率2.53、WHIP0.86、奪三振522。

CzMT7ETUAAAqglU.jpg


カブスは、左打者に対するブルペンの補強が課題だった。上原は対左打者の被打率.183(右打者は.208)と好成績をマーク。その経験からゲームのバックエンドを任せられるリリーバーとして11年までレッドソックスでGMを務めたテオ・エプスタイン編成本部長の目にとまった。

今後は、メディカルチェックを経て正式契約に至ると思われる。一部の報道では1年450万ドルという契約内容を紹介していたが、正式発表を待ちたい。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/12/09 Fri. 09:33 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1001

【球団人事】カブスのエプスタイン社長らフロント陣が2021年まで契約延長  



 シカゴ・カブスがセオ・エプスタイン野球編成部門社長に加え、ジェド・ホイヤーGM、ジェーソン・マクロード選手育成部門ディレクターと2021年まで契約を延長した。

 ホイヤー、マクロード 両氏は、2011年11月にカブスのフロントへ入閣。先日、契約延長したセオ・エプスタイン野球編成部門社長と共にチーム再建に取り組んだ人物だ。

 カブスは今季、9月29日時点で102勝57敗の両リーグ最高勝率(.642)をマーク。 81年ぶりの100勝シーズンを記録したのはもちろん、1871年創設以来、球団史上3回しかなかった2年連続のプレーオフ進出を果たした。

その原動力は、成長著しいクリス・ブライアントら若手の獲得とベテランのベン・ゾブリストやクローザーのチャップマンの補強。そうした選手たちをポストシーズンに導いたマッドン監督の招聘など、フロントの功績が大きいといえる。

 2012年には101敗(61勝)を喫したカブス。シーズン100敗した球団が4年以内に100勝以上を記録したのは、メジャー史上でも3回目の快挙となっている。

 噂によれば、エプスタイン氏の契約は5年5000万ドル超で、これまでの記録となっているロサンゼルス・ドジャースの野球運営部門社長であるアンドリュー・フリードマン社長の契約を上回って球団フロント幹部としては最高給になったとのこと。

人気は全米一だが、万年Bクラスだったチームが81年ぶり100勝で地区優勝。1908年以来、108年ぶりのワールドシリーズ制覇も見えてきた。

 そう言えばエプスタインは、2004年にレッドソックスGMとして「バンビーノの呪い」を解くワールドシリーズ制覇を成し遂げている。

 当然のことながらワールドシリーズ制覇を果たせば球団の資産価値は急激に上昇する。オーナー側にとってはそれを成し遂げることができる球団幹部をとどめるために資金を使うことは、一番効率の良い投資なのだろう。

 フォーブスの試算によると2014年にサンフランシスコ・ジャイアンツがワールドシリーズ制覇を果たした後に、資産価値が1年前のおよそ2倍となる20億ドル(2100億円)に跳ね上がったらしい。

 エプスタイン社長が、カブスで「ビリー・ゴートの呪い」を解けば、5年5000万ドルも安いと言えるのかもしれない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2016/10/01 Sat. 22:47 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0928

カブスが81年ぶり歴史的100勝に到達 3年目K.ヘンドリクスが16勝目   



 ナショナルリーグ中部地区で優勝を決めているカブスは26日、ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に12対2で勝利し、1935年以来、81年ぶりにシーズン100勝(56敗)に到達した。ちなみに1935年当時は100勝54敗だった。

 試合は先発カイル・ヘンドリクスが6回を被安打7、無失点無四球の好投で16勝目(8敗)、防御率1.99とし両リーグを通じて唯一の防御率1点台になった。

CtUyDdmVIAA7KVG.jpg

 26歳のヘンドリクスは、メジャーキャリア3年目。防御率はもちろん、勝ち星、イニングス185回、WHIP0.97などほとんどのスタッツでキャリアハイのシーズンを送っている。

19勝4敗でもうすぐ200イニングに到達する同じカブスのジョン・レスターと共にサイ・ヤング賞候補のひとりだ。

 オールスターブレイク後は、ヘンドリクスが防御率1.36、左腕レスターが同1.34と驚異のスタッツで81年ぶりのチーム100勝に貢献している。

■ムネリンもヒットで存在感

 川﨑宗則選手も元気な姿で存在感をアピールしている。川﨑は途中出場でヒット1本をマーク。

大量11点をリードした7回、2アウト満塁の場面で代打として起用され、低めの変化球をたたきつけ、この当たりをサードがエラー。その間にランナー1人がホームに還った。

 川﨑は、このあとセカンドの守備につき、9回に回ってきた第2打席はセンター前にヒットを打ち、2打数1安打だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/09/28 Wed. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0915

カブスが地区優勝へ王手、エースのレスター8回無失点、主砲リゾ2本塁打  




 現地14日、ナ・リーグ中部地区で首位を独走しているシカゴ・カブスは、敵地で同2位のセントルイス・カージナルスと対戦。7対0で完勝し、2008年以来、8年ぶりとなる地区優勝へのマジックナンバーを1に減らした。

 カブスは先発の左腕ジョン・レスターが8回を3安打、1四球、8三振、無失点の好投で今季17勝目(4敗)を手にした。一方、アンソニー・リゾ一塁手は2ホーマーで3打点をマークして打線をけん引した。


 93勝52敗、勝率.643。現時点でMLB最高勝率のカブス。明日からはリグレーフィールドでの10連戦がある。名将マドン監督のもと108年ぶりのワールドシリーズ(WS)制覇に向けて視界は良好だ。


がんを克服したふたりの“いのちの絆”


 このチームをけん引してきたエースのレスターと主砲のリゾ。ふたりには共通の話題がある。

 ふたりとも「がん」を克服してグラウンドに戻ってきた選手だ。「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」から復帰した経験を持つジョン・レスター。リゾは「ホジキンリンパ腫」から生還した。

 現地で取材活動を続けているジャーナリストのナガオ勝司さんのコラムによればレスターは06年に発症。07年には復帰してレッドソックスのWS制覇に貢献した。

 あの年のWSは3人の日本人(コロラド・ロッキーズからは松井稼頭央が、ボストン・レッドソックスからは岡島秀樹・松坂大輔が出場)することもあり、日本でも注目された。そのシリーズの優勝を決めた第4戦に登板している。

 リゾは、2008年に体の不調を訴え、精密検査でリンパ腫が見つかった。

 レスターは、病を告知されたばかりのリゾの不安を取り除くため、当時18歳だったリゾに直接会ったという。リゾは当時を思い出し、地元のテレビ局の取材にこう答えている。

「ジョン(・レスター)は僕にこれから何が起こるのかを詳しく話してくれた。抗がん剤の副作用や、治療後はどんな気持ちになり易いかといったことを包み隠さず教えてくれたんだ。そして最後に『心配せず治療に専念すればいい。そして元気になったら、ためらうことなく普通の生活に戻ればいいし、僕のように野球だって出来るようになる』と言ってくれたんだ」

 レスターはNVQT(Never Quit=「決してあきらめない」の意の短縮)、リゾはAnthony Rizzo Family Foundationという慈善事業を立ち上げてがんの治療開発や患者へのサポートを行っている。

CsUbJ63UkAAnq-z.jpg


彼らはそれぞれの個人的な活動と並行して、全米規模のがん撲滅運動『SU2C(Stand Up To Cancer)』にも積極的に参加している。

 今年もメジャーリーグがSU2Cとキャンペーン活動した。レスターとリゾも当然、そのスポークスマンとなって活動した。

 
◇記事参考
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016091212444201.html


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

Posted on 2016/09/15 Thu. 12:33 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド