メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0127

【MLB契約情報】A.J.ポロックがドジャースと契約  




 2018年オフのフリーエージェント(FA)市場で注目の外野手だったA.J.ポロック(ダイヤモンドバックスからFA)がドジャースと契約した。


 ESPNのバスター・オルニーによれば5年6000万ドル。31歳でフル出場は少ないもののキャリア7年間の実績からすれば、やや低いような印象だ。やはり、FA市場は今季も買いたたかれる傾向があるとみていい。


このオフのポジション別では、センターとしては最高額になっているが、契約内容は、19~22年の4年間で5500万ドル。これには23年のバイアウト500万ドルが含まれている。


最近流行りになりつつある途中で契約を見直すことのできる「オプトアウト」が3年目の21年のシーズン終了時に設定されている。


 また、5年目(23年)は年俸1000万ドルの選手オプションとなっている契約で、ポロックは最大で5年6000万ドルを手にすることができる。予想通り1年775万ドルからアップ。年平均1200万ドルになった。


 A.J.ポロックは、09年の ドラフト1巡ピック(全体17位)。ダイビングキャッチを試みた際に右肘を負傷(11年)、16年にもキャンプ中にスライディングで右肘を負傷し、ほぼ全休。ハッスルプレイのため故障離脱が多いのが残念な選手だ。






《今オフFAの中堅手》
()内は前所属チーム
ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
A.J.ポロック(ダイヤモンドバックス)
レオニス・マーティン(インディアンス) 
アダム・ジョーンズ(オリオールズ) 
ラジャイ・デービス(インディアンス)
オースティン・ジャクソン(メッツ)
デナード・スパン(マリナーズ) 




 センターは、今オフ最大の注目選手、ブライス・ハーパーが残っているが、まだ決まらない。


 ほかにはメジャーキャリア13年のうち11年をオリオールズで過ごしたアダム・ジョーンズ。個人的には地味なイメージの選手だが、オリオールズがザック・ブリットン、ブラッド・ブラックらのリリーフ投手をファイヤーセールしたことにより、彼がチームのトップ評価になってしまった。


 7月末のトレード期限の時には、右打ちの外野手を探していたフィリーズとの間でトレードが合意に達したものの、ジョーンズが10&5 (メジャー・サービスタイム10年以上で、なおかつ直近の5年間同一チームに所属)による全球団へのトレード拒否権を行使したため破談となった。


 外野手だけでなく指名打者としても出場できる可能性のあるア・リーグの球団への移籍であれば検討する様子だという事も伝えられたが実現しなかった。


 ジョーンズがボルティモア残留を選んだのは家族、友人、ファン、自身の行うチャリティなどが大きな理由らしいが、フィリーズの選手起用も気に入らなかったようだ。


 今季の成績は、145試合で打率.281、出塁率.313、長打率.419、OPS.732。本塁打15、打点63、盗塁7。守備防御店DRSは-18と低く、UZR/150も-14.8、WAR0.5と主なセンターとしては最低クラスだ。(FAN GRAPHS参考)


 本人はオリオールズとの再契約を望んでいるという事だが、今季の年俸はベースサラリー1700万ドルとサインボーナスが付いて1733万ドルと高く、来年8月に34歳になることから、再契約出来たとしても抑えられた内容になるものと思われる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2019/01/27 Sun. 11:22 [edit]

CM: --
TB: --
   

1103

【MLB契約情報】ドジャースとカーショーが契約延長で合意  




FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏がドジャースとクレイトン・カーショーが3年9300万ドルの契約延長で合意したことを伝えている。


カーショーの年俸は2019年が3200万ドル、2020年が3300万ドルだったが、新たな契約では2019年~21年の3年間で年俸は各3100万ドル。オプトアウトの条項は付帯していない。これに19年はインセンティブの200万ドルが加わりトータル3300万ドル。


これは先発投手では、ストラスバーグ、シャーザー、グリンキーに次いで4番目。


ただ、各種のオプションが設定されていて登板数に応じて24試合、26試合、28試合、30試合をクリアするごとに100万ドルが加算される内容。





これによってカーショーは、30試合に先発すれば年3500万ドルを受け取ることになる。


さらに、サイヤング賞で150万ドル、サイヤング賞投票で2位か3位の場合でも50万ドルの出来高が加算される内容になっている。


カーショーが実績と実力でメジャーを代表する左腕であることは、誰もが認める事実だろう。そんな選手に対して球団側もオーナー自らが「生涯ドジャースで活躍して欲しい」との希望があり、カーショーも金額に固執するタイプでもないことから、契約交渉は難航せず早い段階で決まったようだ。


08年にメジャーデビューしたカーショーは持病の腰痛などに苦しみ、今季は26試合の登板(9勝5敗、防御率2.73)だった。


ただ、キャリア11年の30歳という若さでrWAR62.1は、現役投手ではバーランダー(35歳)、サバシア(37歳)に続いて3位の貢献度を示している。


個人タイトルも代表的なものでも11、13、14年にサイ・ヤング賞、14年にはリーグMVPを受賞。通算では318試合登板し、153勝69敗、防御率2.39をマークしている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/11/03 Sat. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1018

CSでも好投のクレイトン・カーショーはオプトアウトしてドジャースと契約延長か!?  



ナショナルリーグのチャンピオンシップは、ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーの好投もあってドジャースが3勝2敗とし王手をかけた。


そのメジャーを代表する左腕とドジャースとの契約の話を紹介したい。


MLBの名物記者ジョン・ヘイマンによると、カーショー側が「オプトアウトを行使するということは、ドジャースのフロントを含めたMLB関係者の一般的な認識となっている」という。


カーショーとドジャースの契約は残り2年(6500万ドル)と長くはない。契約金にこだわるタイプの選手ではなく、本人もドジャースというチームに愛着があるという事も伝えられている。


一方のドジャースも、これまでの実績などから、オーナーであるマーク・ウォルターが今春に「カーショーを生涯ドジャースの選手にしたい」という発言からでも分かるように、引き留め交渉をすることは間違いない。このままいけばドジャースの球史に残るようなレジェンドになりうる選手である。


カーショー


来季31歳の若さと、メジャー11年間の実績は、サイ・ヤング賞3度、最優秀防御率が4度、最多奪三振3度、21勝のシーズンが2度という輝かしいものがある。


ベースボール・リファレンスのrWARで64.6。ファングラフスのfWARでも61.6。貢献度を両データサイトでみてもトップクラスだ。


ちなみに殿堂入り確実と言われているイチローのfWARが57.6。


ただ、腰に持病があって、この3年間は、16年149回、17年175回、18年161回1/3。年平均で約160イニングの投球回数にとどまり、先発投手の年200イニング以上というノルマは達成していないので、これまで以上の年俸は期待できない。


大方の予想どおり、最低でも3年間の延長を含む2019年から5年~6年の契約更新で、チームと選手の両方が選択できるオプションをつけた内容に落ち着くような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/10/18 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0416

カーショー、対ダイヤモンドバックス11連敗を12奪三振で止める  

 


MLBを代表する左腕クレイトン・カーショーが4試合目で今季初勝利を挙げた。

ドジャース対ダイヤモンドバックスの同地区対決は、11勝3敗で好スタートをきったダイヤモンドバックス相手にホームのドジャースが7対2で勝利。これで昨年からの対ダイヤモンドバックス11連敗を止めた。

Da3UNbwUwAAiseB.jpg


打撃陣は、3号2ランを含む3打点を叩き出した1番クリス・テイラー外野手の活躍など、5回までに小刻みに追加点を挙げて7対0とリードする展開。

投げては、エースのカーショーが7回100球(ストライク71)、1失点の好投。1失点はポール・ゴールドシュミットの4号ソロだが、6回までの各イニングで2三振を奪う12奪三振で、今季初勝利を飾った。



カーショーは今季1勝2敗、防御率1.73、WHIP0.88、K/BBは31/3。被本塁打が4試合で4本とやや多い気がするが、9イニング換算の三振数(K/9)は10.73と高い数値をキープしている。

スタートダッシュに失敗したドジャースは3連敗中で、カーショーが連敗をストップしたが、それでも5勝9敗でナ・リーグ西部地区最下位にとどまっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/04/16 Mon. 18:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

1020

ダルビッシュと前田健太がワールドシリーズへ ドジャースが1988年以来のWS進出   



ダルビッシュ有と前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースが1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。

ドジャース2017


カブスのホーム、シカゴのリグレーフィールドで行われたナ・リーグのチャンピオンシップシリーズ(NLCS)第5戦は19日(日本時間20日)、エース左腕クレイトン・カーショーが好投してゲームを作ると、打撃陣では、エンリケ・ヘルナンデスが1試合3本のアーチを架けて7打点。

7回には2番手の前田健太が打者3人を完ぺきに抑え、8回はブランドン・モロー、最後はクローザーのケンリー・ジャンセンが締めて、ドジャースがNLCSの対戦成績を4勝1敗としてナショナルリーグを制覇。リーグ王者としてワールドシリーズにコマを進めた。



カーショーは4回1死からカブスの3番クリス・ブライアントにソロ弾を浴びたものの6回89球を投げて3安打、5奪三振、1四球、1失点の好投。

ディビジョンシリーズではダイヤモンドバックスに4発のホームランを許して、チャンピオンシップシリーズ第1戦でも5回を4安打、2失点(被本塁打1)でピリッとしなかったが、ポストシーズン3戦目の登板では完ぺきではないものの、大量点に守られて、エースとしての結果を残した。

この流れではワールドシリーズ第1戦にカーショーが中4日で登板する可能性が強くなった。

前田健太


2番手の前田健太も好投した。わずか10球で3者凡退に仕留める完璧な内容だった。

このポストシーズンでは5回目の登板。計5イニングスを無安打、無四球、無失点の完璧なリリーフでロバーツ監督の起用に応えている。

前田で注目したいのは5試合で15人中、左打者との対戦は1人のみ。応援している側としてはもっと見たい気もするが、対右打者の被打率.214、三振も今季140のうち91三振が右打者。そうしたデータを生かした起用法が功を奏しているのかもしれない。

ワールドシリーズでは、アストロズとヤンキースのどちらになるかわからないが、アストロズでは主力にアルトゥーベ、コレア、スプリンガー、グリエル、ブレグマンなど、コアな選手に右打者が多い。ヤンキースもジャッジ、サンチェス、カストロ、フレイジャーが右打者で、彼らと前田健太との対戦も楽しみだ。

ここまで2017年のポストシーズン2戦2勝のダルビッシュ有の存在も大きい。いまさら紹介するまでもないが、2戦で11回1/3イニングスを投げて失点2の防御率1.59。被打率.195でWHIP0.79だから、2本塁打を献上しているとは言え、それ以外は、打たれたというイメージがない。

アストロズのバーランダーと同様に優勝請負人として夏に補強しただけに、その期待に応えた内容だと言える。

シーズン終了後にはフリーエージェントになるダルビッシュだが、何とか引き留めて契約して欲しいというドジャースファンの声が高まっているという。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/10/20 Fri. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

前田健太はブルペン要員へ ドジャース指揮官が明言  




ドジャースの指揮官デーブ・ロバーツ監督は「今日の健太は中9日の登板という厳しいものだったがよく投げていた」とコメント。「60球を投げられたことが重要だ。今後はブルペンの武器として見ていく」とコメントした。

それでもポストシーズンにロースター入りでればいい方かもしれない。

前田は21日(日本時間22日)、敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦で3回を3安打、2四球、3奪三振、2失点で降板させられた。

過去3勝0敗の相性の良いフィリーズ戦だったが、初回は、球審のストライク、ボールの判定が厳しかった。ストライクとコールしてもいいような場面が3球はあった。メジャーは審判が多いという事もあるが、審判の質にバラつきがある。

前田は初回に2四球を与えるなどして2死満塁のピンチを招いたが、売り出し中の相手4番のホスキンスを三振に取るなど、無失点で切り抜けた。

残念だったのは2点リードで迎えた3回。

3番の新人ウィリアムスの初球(チェンジアップ)が甘く入って左中間に同点2ランを運ばれた。あれは失投だった。不用意にストライクを取りに行った変化球をパワーで持っていかれた。

ドジャースはその後、6回に8月に移籍加入のグランダーソン外野手の25号ソロ、7回にも代打イーシアが2号ソロを放つなど2点を加え、5対4で逆転勝ち。優勝マジックを1にした。

前田健太


前田に勝敗はつかなかった。これで131回1/3、12勝6敗、防御率4.25、WHIP1.14、137奪三振(K/9は9.39)。

他のチームなら堂々たるローテーションの3番手か4番手の数字だが、ワールドシリーズ制覇を狙う(悪くてもリーグ制覇)ドジャースは6人の先発がいて層が厚い。

今季の前田は6月にブルペンに回された。6月9日(同10日)のレッズ戦ではリリーフで4回を1失点。6月23日(同24日)のロッキーズ戦は1回を無失点に抑えた。

その時の経験を首脳陣は覚えているはずで、ロングリリーバーとしてのベンチ入りは十分期待できそうだ。

カーショー、ダルビッシュ、ヒルに続く4番手争いで、前田健太、柳賢振、ウッドの3投手のうち、ウッドと前田をブルペンに残して先発が不調だった場合に早めに前田やウッドを起用することも可能になる。

ただ、ドジャースはブルペンも強固で質が高い。使ってもらえるだけ良いかもしれない。

短期決戦のプレイオフでは、過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。

ちょっと悔しい気はするが、ブルペン要員でもチームに貢献できればいいかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/22 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0915

ダルビッシュ7回零封、ベリンジャー37号場外スプラッシュヒット!  



ポストシーズンでの活躍が期待されるドジャースのダルビッシュ有が、同地区ライバルのジャイアンツ戦に先発。初めてAT&Tパークでのマウンドになった。

ドジャース


1回裏、先頭のハンター・ペンスにヒットを許した嫌な展開になったが、1死から3番ディナード・スパンのピッチャーゴロを上手くさばき飛び出した2塁ランナーを挟み込み2死、その間に二塁を狙ったバッターランナーのスパンも二塁で刺す変則的なダブルプレイで、結果的には3人でこの回をしのぎ切った。

その後は、2回裏二死から7回裏に先頭のパーカーにヒットを許すまで、打者13人をパーフェクトに抑えた。いつもの赤茶のダルビッシュ・モデルのグローブから黒のグローブに変えたこの日のダルビッシュは、どことなく精悍な感じがした。




ダルビッシュは試合後のインタビューで「いいあたりが正面ついたり、相手の走塁ミスもあったりしましたから、結果は良いですけど、(投球内容は)そこまでではなかったです」と答えたように、ラッキーな面や味方の好守備で助けられたシーンもあった。

87球(ストライク59)の球種を比較するとフォーシームが43%、カットボール35%、スライダー17%、ツーシーム3%、カーブ2%という内訳だった。

ドジャース移籍後3勝目。今季通算9勝目(12敗)、防御率4.08、WHIP1.20。奪三振は193で2013年の277には及ばないが、2012年のデビューの年にマークした221に近い数字までは稼げそうだ。

打線は1回にコディ・ベリンジャーのタイムリー三塁打などで先制。ベリンジャーは5回にもライトへ第37号場外ホームラン。これが海(入り江)に飛び込む“スプラッシュヒット”になり、4対1でドジャースが連勝した。

カーショー、ダルビッシュで連勝したドジャースは優勝マジックを7に減らした。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/15 Fri. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0913

ドジャースは11連敗でストップ エース左腕クレイトン・カーショーが17勝目  



ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーが連敗を止めた。

対戦成績の悪い敵地でのジャイアンツ戦に先発したエースは、3回に先制点を許したが、6回を8安打、6奪三振、自責点1に抑えるクオリティスタートで17勝目(3敗)を飾るとともに、11連敗のチームを9月1日以来の勝利に導いた。

4回に味方打線が4点をあげて逆転。7回以降はリリーバーのロス・ストリップリング(ホールド4)、ブランドン・モロー(ホールド8)、8回1死一塁から守護神ケンリー・ジャンセンを投入して5対3で逃げ切った。ジャンセンは37セーブ目をマークしている。



メディアによれば試合後、デーブ・ロバーツ監督は「チームにとって、とてつもなく大きな勝利」とコメントし涙を流したという。

1958年のロサンゼルス移転後ワースト記録だった連敗を11で止めたドジャース。地区2位のダイヤモンドバックスが敗れたため、地区優勝マジックは8に減った。明日はダルビッシュ有の先発で連勝を狙いたいところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/13 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0902

ドジャース、復帰のカーショーが6回2安打無失点で連敗をストップ  




5連敗中だったドジャースは、大黒柱のエース左腕クレイトン・カーショーが復帰登板して連敗を止めている。

カーショーは7月23日以来の登板。故障明けという事で、球数制限があって70球で降板したが、パドレス打線相手に6回を投げて散発の2安打、無四球、7奪三振に抑えた。

カーショー


試合は3番ジャスティン・ターナー三塁手の3安打など9安打(二塁打1)したドジャースだったが好機にタイムリーが出ず10残塁。チェイス・アトリーのセンター前タイムリーで挙げた6回の1点を、カーショーから引き継いだ3投手の継投で1対0で逃げ切った。

ドジャースはカーショーが投げた試合で16連勝中。クローザーのケンリー・ジャンセンに36セーブ目がついている。



なお、2日(日本時間3日)はダルビッシュ有が敵地でのパドレス戦ダブルヘッダー2試合目に先発予定。ダルビッシュは故障者リスト明け2試合目のマウンドになる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/02 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0824

リッチ・ヒル好投も劇的幕切れ!これで前田健太のPOベンチ入りは微妙な立場に  



ドジャースは現地23日、ピッツバーグでのパイレーツ戦に左腕リッチ・ヒルが先発。8回までランナーを1人も出さない完全試合。残念ながら9回にローガン・フォーサイス三塁手がエラーを犯して先頭打者の出塁を許したが、それでもノーヒット・ノーランの好投を見せた。

打線のランサポートもなく、ヒルは力尽きたのか延長10回に、先頭のジョシュ・ハリソン二塁手にカウント2-1からの4球目をレフトスタンドに運ばれて0対1で敗戦投手(今季9勝5敗)となった。

しかし、10回途中まで99球を投げて許した安打はこのホームランのみ、被安打1、無四球、10奪三振、1失点の好投も虚しく悲運の負け投手となった。

DH9Y-lKWsAAk1Jl.jpg


MLB公式サイトによればヒルは、「1球だけ失投してしまってガッカリしているよ。でも、彼ら(パイレーツ)は素晴らしい試合をしたよね」と零封された味方打線を責めることなく、パイレーツの戦いぶりを称賛した。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も「我々は試合を通してランナーを出していた。トレバー・ウィリアムスはしっかり投げ、必要なときにゴロを打たせていたね」と何度もピンチを凌ぎ、8回無失点の力投を見せた相手の先発投手ウィリアムスを称えていた。

ここまではどのメディアも今日のトピックスとして伝えたが、今日のヒルの好投で心配なのが前田健太

ドジャースは次に勝てば90勝。10月のポストシーズン進出は手中にし、1988年以来、29年ぶりのワールドシリーズ制覇に向けて戦力を充実させている。

カーショー、ダルビッシュに続いてアレックス・ウッドも故障者リスト入りしているが、大黒柱のカーショーが10月に戻ってくることは間違いなく、ダルビッシュも次の日曜日に復帰。最短の10日間で戻ってくる。

リュ・ヒョンジンも7月24日の復帰以来、好投を続け、8月は3試合で無失点が2試合、防御率1.59と好調。

そして、今日のヒルの好投。これは首脳陣に与えるインパクトが強く、勝ち星こそ11勝の前田が上回っているものの防御率などの内容では、リュ・ヒョンジンとヒルの方がいい。

前田は、先日の登板で6回の4失点が悔やまれる。5回までは完璧にゲームを支配したが、課題の打者3巡目につかまって6回の1イニングだけで4失点。首脳陣に与える印象は悪い。

短期決戦のプレイオフでは過去にもレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一がメンバーから外された。

短期決戦での先発は3枚。チャンピオンシップやワールドシリーズは7回戦制なので多くて4枚。ドジャースはブルペンも良くて先発がブルペンに回ることは考えにくい。

ハイレベルの話だが、前田の崖っぷちの先発ローテ争いは、まだまだ続きそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/24 Thu. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド