メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0515

マリナーズ 主力のR.カノ骨折で暗雲 二塁にはG.ベッカムをコールアップ  



 マリナーズの主力打者ロビンソン・カノ二塁手の骨折で注目されたマリナーズの二塁手だが、ゴードン・ベッカムが入ったようだ。

カノは13日のタイガース戦、3回の第2打席で死球を受けて、そのまま退場。

 マリナーズは14日、カノを10日間の故障者リスト(DL)に入れ、代わりに傘下3Aタコマからゴードン・ベッカム内野手をメジャーへ昇格させた。

 メジャーリーグ公式サイトによると、右手小指の骨折と判明し、手術を受けるという。これにより、カノは少なくとも6週間から8週間は戦列を離れる。リハビリ期間を考えると8月以降にずれ込む事が考えられる。

DdGz2gDXcAAYR7-.jpg


 オールスターゲームに7回選出の主力選手を失ったマリナーズにとっては大きな戦力ダウン。ここまで、なんとかアストロズやエンゼルスに続く位置で、プロチームとしては最も遠ざかっている17年ぶりのプレイオフ進出を目指してスタートしていただけに、攻守にわたる中心選手の長期離脱はマイナス要因になる。

 31歳のゴードン・ベッカムは2009年から14年途中まで在籍していたホワイトソックスで正二塁手だった。

 メジャー10年目の今季は、1月にマリナーズとマイナー契約で再契約し、スプリングトレーニングに招待選手として参加。3月に一旦、自由契約となったが、再びマイナー契約を結んでいた。

メジャー通算打率.239、出塁率.303、長打率.369、OPS.672、通算本塁打74本。335打点、31盗塁。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/05/15 Tue. 18:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0509

マリナーズの左腕パクストンがノーヒッター カナダ人投手としては73年ぶり  




 マリナーズで“キング”ヘルナンデスを凌ぐパワーピッチングで、今やエース格の風格も漂うジェームズ・パクストンが、カナダのトロントに本拠地を置くブルージェイズ戦でノーヒットノーランの偉業を達成した。

カナダ出身の29歳左腕が母国に錦を飾ったことになる。

 バックもカイル・シーガー三塁手の好守備などで左腕を盛り立てた。4回に4番ジャスティン・スモークに四球を与えたあとは打者16人をパーフェクトに抑える完璧な内容だった。99球、7奪三振、3四球。



 今季は、開幕から2試合連続で5回途中6失点と不本意な内容だった。その後、調子を上げて8試合の先発でクオリティスタート5試合、前回は7回16奪三振の快投を演じていた。

これで2勝1敗、防御率3.40。昨年、キャリアハイの24試合で12勝5敗、防御率2.98をマークした調子が戻りつつあるようだ。


Dcuau-DXcAAbqbg.jpg

これまでマリナーズでのノーヒットノーランは、

  • ランディ・ジョンソン(1990年)
  • クリス・ボジオ(1993年)
  • フェリックス・ヘルナンデス(2012年:完全試合)
  • 岩隈久志(2015年)

に続いて球団史上5人目。(2012年の継投によるノーヒッターをいれると6回目)


 カナダ人投手によるノーヒットノーランは、1945年9月9日にフィラデルフィア・アスレチックスのディック・ファウラー投手以来、実に73年ぶりらしい。

 今季だけに限ると、先日も紹介したショーン・マネイア(アスレチックス)とドジャースの継投によるノーヒッターに次いで両リーグで3度目。これまで年間7度が最多記録だが、ペース的には今季が最速らしい。


DcuavHaX4AAAHJ2.jpg

マリナーズの先発ローテーションは、エラスモ・ラミレスがDL入りで

  1. フェリックス・ヘルナンデス
  2. ジェームズ・パクストン(左)
  3. ウェイド・ルブラン(左)
  4. マイク・リーク
  5. マルコ・ゴンザレス(左)

 このうち、実績があるのはヘルナンデスとリーク、パクストンの3人。ルブランはブルペン要員からのシフト、ゴンザレスは26歳の若手。このためレッドソックスから左腕ロエニス・エリアスをトレードで呼び戻した。

 エリアスは、元マリナーズのローテーション投手で、マリナーズ時代は55試合(先発50試合)に登板して279イニング、防御率3.97だった。今後、ルブランやゴンザレスに代わってローテ入りが予想できる。

あとは、球宴後あたりの時期に岩隈久志の復活に期待したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







Posted on 2018/05/09 Wed. 17:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【MLB契約情報】マリナーズがイチローと正式契約 1年2ミリオン  




古巣マリナーズと正式契約を交わし、米アリゾナ州ピオリアのキャンプ施設内で記者会見を行ったイチロー。今季への思いについては「僕が今まで培ってきたすべてをささげたい」と語った。

イチロー


気になる契約内容は1年200万ドル(約2億1,000万円)ということが報じられている。当初は、一部のメディアが、メジャー最低保障の54万5,000ドル(約5,800万円)になると伝えていた。

ただ、その詳細は判明しておらず、インセンティブ(出来高)を含めて2ミリオンではないかという報道だ。

デイリースポーツでは関係者からの情報として年俸は75万ドル(約8,000万円)で打席数などに応じた出来高は125万ドル(約1億3,000万円)になるという事を伝えている。




イチローは50歳までプレーしたい意向で、そうなれば金銭的なことは優先順位が低い。

イチローの17年オフの契約経緯については代理人ジョン・ボッグス氏が1月に「メッツの可能性もあった。でも彼らはブルース(インディアンスFA)と契約した。もしレッズがハミルトンを放出すれば、イチローが行く可能性もあった。でもそれは実現しなかった。我々は今、待っているところだ。ずっと『連絡するから』と言われ続けている。6球団くらいから」と話していた。

これからのスケジュールは、現地8日(日本時間9日)からチームのスプリングトレーニングに合流。数日間ほど調整し、その後、オープン戦に出場する予定。

また、例の“メッセージTシャツ”を捉えた報道が楽しみになって来た。







 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/03/08 Thu. 16:51 [edit]

CM: --
TB: --
   

1229

【AL西部地区】マリナーズのここまでの戦力補強状況  

 


現地27日までの補強状況をワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区から見てきたが、今回は、16年連続でプレイオフ進出を逃したマリナーズを紹介したい。

ジェリー・ディポトGMは、MLBきってのトレーダーで就任以来、多くのトレードを成立させているが、2017年は先発陣の故障に苦しめられた。


2013年 地区4位
2014年 地区3位
2015年 地区4位
2016年 地区2位
2017年 地区3位


何度か紹介したように盗塁王ディー・ゴードン二塁手をマーリンズから獲得。外野の中堅手として起用するプランだ。

11月15日にトレードでアスレチックスから、26歳のリオン・ヒーリー一塁手を補強。一塁手は期待のプロスペクトが育たず、この数年の補強ポイントだった。ヒーリーは、昨年2年目で打率.271、25本塁打とブレイクしただけに期待できそうだ。

他には、11月にウェーバにかけられたところをクレームしたアンドリュー・ロマインが内外野のユーティリティとしてベンチ入りが濃厚。

先発に比べブルペンの補強が目立ち、カージナルスからFAで獲得のフアン・ニカシオは、試合の後半を任せられることになりそうだ。ほかにショーン・アームストロングをインディアンスからトレード、マイク・モーリンをロイヤルズからウェーバで獲得している。

マイナー契約では3Aクラスの外野手3名など、投手・野手含めて12名を追加している。

一番気になる故障の多い先発陣は、ここまで特に補強はなかったのが気になる。

先発ローテは、ジェームズ・パクストン、フェリックス・ヘルナンデス、マイク・リークの3人を軸に。4、5番手は、右腕エラスモ・ラミレスと左腕マルコ・ゴンザレスが契約の関係でロースターに残る。

しかし、春キャンプの成績次第で4、5番手は左腕アリエル・ミランダらを起用することも考えられる。岩隈久志はここでも紹介したように本格的な稼働はオールスター以降になると思われる。

余談になるが、17年はルーキーの外野手3名が台頭したが、先発投手では、下記の2名の投手がプロスペクトで、次に来るかもしれない。

23歳右腕アンドリュー・ムーア(BP5位、BA6位)
24歳右腕マックス・ポブセ(BP4位、BA8位)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/12/29 Fri. 08:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0826

マリナーズに移籍のアロンソが延長11回にチャップマンから代打決勝本塁打  



チャップマンがまた打たれた!

ヤンキースがホームにマリナーズを迎えた試合で、延長11回にマリナーズの代打ヨンダー・アロンソが決勝弾を放って2対1でマリナーズが勝った。マリナーズは、ワイルドゲームでのプレイオフ進出に望みをつなぐ価値のある1勝になった。

ヤンキースは、守護神チャップマンが今季3本目の本塁打を献上。しかも、勝負を決める決勝弾になってしまった。

今月だけで3本の本塁打を献上しているチャップマン。過去にはレッズ時代の13年に7本の本塁打を許したことがあるが、そのシーズンは68試合でのこと。

今季は、ここまで20試合のセーブ機会に登板して4回失敗している。41試合で防御率もワーストの4.23と悪化。昨年の2チームで防御率1.55、36セーブと比べると明らかに低いパフォーマンスといえる。

奪三振率(K/9)も12・21と、ふつうの投手ならハイレベルだが、彼にとってはキャリアワーストの数字になっている。

昨年12月に5年8600万ドルのリリーバーとしては史上最高額で契約しただけに、物足りない結果と、叩かれても言い訳できない数字といえる。

チャップマンは5月に左肩回旋筋腱板の炎症で故障者リスト(DL)に入って5週間近く戦線を離脱。そうした事も影響しているものと思われるが、今後の起用法にも影響するかもしれない。


DIICh41XcAAQa2A.jpg

一方、マリナーズにとっては新加入の嬉しい一発になった。

8月のトレードでアスレチックスから獲得したヨンダー・アロンソ一塁手。30歳のアロンソは今季、115試合に出場して打率.272、出塁率.368、OPS.887、20二塁打、24本塁打、58打点、61得点。

出塁率や長打率はキャリアハイの成績で、この夏のオールスターにも選出された。トレード期限前には一塁手を欲しがったヤンキースへのトレードも噂されていた。

7月以降、やや数字を下げたが、8月は打率.300、出塁率.375と好調。マリナーズの一塁手は、アロンソ獲得前までは、7人の選手を起用したが打率でMLB21位と低迷し、補強ポイントのひとつだった。

アロンソの今季年俸は400万ドルとリーズナブルで、シーズン終了後にFAとなる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/26 Sat. 17:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0816

パクストン離脱のマリナーズがブラジル人右腕チアゴ・ビエイラをコールアップ  




7月に球団新記録の月間6勝を挙げた左腕ジェームス・パクストンが故障者リスト入りしたマリナーズ。今季は、ヘルナンデス、岩隈ら先発陣の相次ぐ故障に泣かされたシーズンだったが、ブラジル・サンパウロ出身の24歳右腕チアゴ・ビエイラをコールアップした。

今夏のマイナー・オールスター「フューチャーズゲーム」の世界選抜にも選出された逸材で、14日(日本時間15日)のオリオールズ戦の9回に3番手としてメジャー初登板を果たし、1回を無失点に抑えた。



MLB公式サイトによると最速102マイル、一部メディアの報道では最速104マイルを計測したという。

同サイトの報告では、マイナー通算与四球率4.62という制球難は大きな課題だが、先発からリリーバーに転向してから安定し、今後出場機会が増えるものと思われる。

マリナーズでは、昨年デビューして、現在クローザーとして活躍中のエドウィン・ディアスの前を投げるセットアッパーとして期待されている。マリナーズは、60勝61敗でワイルドカード圏内まで1.5ゲーム差の位置につけている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/16 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0511

マリナーズは岩隈が大事をとってDL入り 先発ヘルナンデス、パクストンらは近々復帰予定  




マリナーズの岩隈久志が、右肩の炎症で10日間の故障者リスト(DL)入りした。これで、先発投手は4人目のDL入りになる。

今季は、ここまで6試合に登板し、四球が多く0勝2敗、防御率4.35だった。ただ、以前にも紹介したが、例年、4月は悪い。

岩隈の4月のメジャー通算成績は、20試合に登板し(18試合で先発)、2勝7敗、防御率4.24。4年連続で4月は0勝だ。昨年も初勝利が5月3日だった。

最近の岩隈は、4月28日にMLBを代表する投手バーランダーと投げ合って好投。5月3日(同4日)の本拠地エンゼルス戦では、打球が左膝付近に直撃、ヒヤリとさせた。

しかし、5回0/3を投げて6安打、1四球、4奪三振、3失点(自責3)と力投した。予定されていた次回登板は、インターリーグ戦で打席に入ることなどを考慮して登板を2日間延期し、トロントでのブルージェイズ戦の初戦に先発予定だった。

岩隈は「膝に打球を受けたこともあり、ここで無理してチームに迷惑をかけるよりは、いま、しっかりと検査を受けた方が良いかなと思った」とコメントしている。

マリナーズの先発ローテは岩隈の離脱前から崩壊している。

ドリュー スマイリーが開幕に間に合わず、エースのフェリックス ヘルナンデス、プロスペクト左腕ジェームズ パクストンと3選手がDL入りしている。



岩隈で4人目の先発投手のDL入りだが、そんな中でも明るい材料もある。離脱中の選手たちが復帰してくるからだ。

ブルペンには、クローザーも務めた下手投げのスティーブ シシェックが今週末に復帰予定。先発はヘルナンデス、パクストンのふたり。外野手で売り出し中のミッチ ハニガーが5月15日から21日の本拠地での連戦中に復帰する見込みだ。

マリナーズの所属のア・リーグ西部地区はアストロズが独走状態だが、マリナーズは17勝17敗の地区2位と、ここまでは健闘している。

シーズンオフに36名が動く13のトレードを成立させたディポトGMが、トレードで獲得してきたミッチ ハニガー、ベン ギャメル、ギジェルモ エレディア、テイラー モッターなどが野手では活躍。

投手では実績のなかったアリエル ミランダチェイス デヨングが、ローテの空席を埋めている。

最初は、知らない選手ばかりで戸惑ったが、そのMLB予備軍だった選手たちの積極起用を見ていると、ディポトGMの制約された中でのトレーダーぶりが評価できる。

彼らが成長してカノ―、クルーズ、シーガーや移籍加入のセグラなどと上手くかみ合えば、長く遠ざかっているポストシーズンを狙える体制が数年で整うかもしれない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/11 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

マリナーズはエースが肩の炎症で離脱、好調のM.ハニガーもDL入り  



ジェリー・ディポトGMがマメに動いて地道な補強をした割には、ここまで9勝13敗と結果が出ていないシアトル・マリナーズ。同じく積極補強を仕掛けたヒューストン・アストロズ(14勝7敗)とは好対照だ。

残念ながら、そんなマリナーズの負の連鎖ともいうべき主力の離脱が発生している。

マリナーズの絶対的エース、フェリックス・ヘルナンデス投手が26日(日本時間27日)、右肩の炎症により10日間の故障者リスト(DL)入りした。

先発ローテ5人のうち、ドリュー・スマイリーが60日間DLに入っているマリナーズだが、エースの離脱は致命的な戦力ダウンになる。

球団公式サイトによれば、サービス監督は「ウォーミングアップから感覚がよくなかったようだ。(中略)2イニング目を投げた時、腕の感覚が感じられなくなった。鋭い痛みがあるわけではないが、ボールが走らず、いい感覚がしなかったようだ」と状態について説明したという。

メジャー13年間でDL4回だけという故障が少なかったエースだが、疲労で腕に力が入らなくなるデッドアームのような症状だと思われたが、検査の結果、肩の炎症が確認されたと地元紙タコマニューストリビューンが伝えている。

MLB NETWORKのジョン・モロシ氏も戦線離脱は”最低”でも2週間から3週間のになるだろうとしている。

2枚が抜けた先発ローテには、アリエル・ミランダとクリス・ヘストンが昇格したが、ヘストンは、結果を出せず早々とマイナーに降格した。

マリナーズのデプスチャートを見るとチェイス・デヨングが先発5番手でローテに入り、ディロン・オバートンがロングリリーフの担当で入っている。

さらに、開幕から打率.338と大活躍していたメジャー2年目のミッチ・ハニガー外野手も右腹斜筋のグレード2の張りと診断され、DL入りした。

ハニガーは2016年オフに右腕タイファン・ウォーカー投手、ケーテル・マルテ外野手とのトレードで、ジーン・セグラ内野手らと共にシアトル・マリナーズへ移籍した若手。これもマリナーズにとっては痛手と言えるだろう。

ただ、明るいニュースもありリードオフマンとして移籍してきたジーン・セグラ遊撃手がここへ来てDLから復帰。

28歳の左腕ジェームズ・パクストンも4月は3勝(0敗)、防御率1.39とヘルナンデス、岩隈に次ぐ次世代エースとして台頭してきている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/04/28 Fri. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0217

マリナーズ、キャンプイン! 岩隈らフロントファイブの映像届く  



メジャーもバッテリー組からキャンプイン。さっそくブルペンセッションが始まっている。

岩隈久志が所属するシアトル・マリナーズも例年と同じアリゾナ州フェニックスのぺオリアでスプリングトレーニング(キャンプ)を開始した。

主力先発投手たち“フロントファイブ”の映像がさっそく入って来た。



映像(下のツイート↓)ではフェルナンデス、岩隈、パクストン(LHP)、トレードで移籍してきたガヤード、スマイリー(LHP)の姿が確認できる。



【投手陣12名】

▶スターター
フェリックス・ヘルナンデス
岩隈久志
ジェームズ・パクストン
ヨバニ・ガヤード
ドリュー・スマイリー


▶ブルペン
エドウィン・ディアス(CLoser)
ニック・ビンセント(Setup)
エバン・スクリブナー(Setup)
ダン・アルタビラ(Mid)
マーク・ゼプチンスキー(Mid)←LHP
ケイシー・フィーン(Mid)
クリス・ヘストン(Long)


ブルペンはゼプチンスキーだけが左投手なので、先発経験もある左腕アリエル・ミランダが入る可能性もある。

キューバ出身のミランダは、昨年7月31日にウェイド・マイリーとのトレードで、マリナーズへ移籍加入。移籍後は8月4日にメジャー昇格すると、先発ローテーション入りした。

マリナーズでは11試合に登板し、うち10試合が先発登板。防御率3.54・5勝2敗・WHIP1.09という安定した成績を残した。

なお、オリオールズでの1登板を加えると、防御率3.88・WHIP1.12という数字になる。

ジェリー・ディポトGMが積極的に動いたチーム編成では十数件のトレードやFA契約でマイナーも含め65人の選手が動いた。その結果、球団のペイロールも2016年の1億5,100万ドルから1億5,500まで膨れ上がった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/17 Fri. 07:01 [edit]

CM: --
TB: --
   

0125

エドガーの「11」がマリナーズの永久欠番に  



18年間シアトル・マリナーズひと筋に活躍したエドガー・マルティネス(52)がつけていた背番号11番が、彼の功績を讃えてマリナーズの永久欠番になった。

テレビ中継を見ていると「EEEEEEEDDDGAARRR!」の声がスタンドからいつも聞こえてきた。

野茂英雄が海を渡った頃が、彼の全盛期だったと思う。イチローがマリナーズに入って日本のファンにも身近な存在になった。

1992年、打率.343で自身初・マリナーズ球団史上初となる首位打者を獲得。93年にハムストリングを痛め94年ごろから徐々に指名打者(DH)として起用される。



95年は、ストライキの影響もあり短縮シーズンで行われたが、145試合全てに出場し、リーグトップの打率.356、出塁率.479、対左投手打率.433、121得点、52二塁打、OPS1.107を記録。

2度目の首位打者とDH部門のシルバースラッガー賞、自身初となる最優秀指名打者賞を獲得した。その年はポストシーズンでも活躍し、「史上最強のDH」と呼ばれるようになった。

C2-EpmCW8AMXESX.jpg

マルティネスが活躍するまでは、DHは好打者の例が少なく、DHのイメージを変えた選手でもある。彼の引退後、MLBは敬意を表し、最優秀指名打者賞を「エドガー・マルティネス賞」と改称した。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/01/25 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド