メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0717

【ASG2018】ホームランダービーはB.ハーパーが雪辱  

 


オールスターゲーム前日に行われたホームランダービー。

顔ぶれを見ると若手が中心。 ナショナルズの地元開催ということでブライス・ハーパーが2013年以来5年ぶり2度目となる参戦。その他の7選手はいずれも初出場で、平均年齢26歳、実質メジャー2~3年という売り出し中の選手が多い。

右打者4人、左打者4人。ナ・リーグ7人、ア・リーグ1人。


m8jJ3I4Y.jpg 


出場選手8名は対戦順。①はシード順位、()はレギュラーシ-ズンでの本塁打数。

【1回戦】

①ヘスス・アギラール(ブルワーズ24本)
ベネズエラ出身、5年目の28歳。昨年レギュラーの座を勝ち取り、すでにキャリアハイの24本を記録している。前半戦のナ・リーグ本塁打王。
⑧リーズ・ホスキンズ(フィリーズ14本)
25歳。フィリーズからは14年ぶりの出場選手。昨年8月にデビューして18本をマークした。



②アレックス・ブレグマン(アストロズ20本)
3年目の24歳。彼も昨年19本だったから、前半戦でキャリアハイをマークしている。
⑦カイル・シュワーバー(カブス18本)
4年目だが、2年目の開幕直後に外野の守備で大ケガをしてほぼ1年を棒に振ったので実質3年目の25歳。



③ブライス・ハーパー(ナショナルズ23本)
メジャー7年目でオールスター選出5回のスーパースター。25歳、今季終了後にFAになり、来季は、どこのユニフォームになるか注目の選手。前回のホームランダービーでは決勝で敗れた。
⑥フレディ・フリーマン(ブレーブス16本)
28歳。オールスターのリーグ最多得票。ブレーブス前半戦躍進の中心選手。



④マックス・マンシー(ドジャース22本)
3年目だが、フル出場はなく、今季もマイナー契約で途中からメジャー昇格した27歳。74試合でチーム最多の22本を記録した。
⑤ ハビアー・バイエズ(カブス19本)
25歳。 カブスの二塁手。身体能力の高い選手で、フィールディング・バイブル・アワードを2回受賞している守備の名手でもある。


【ルール】
1ラウンド4分間で、その間に何本打つかで競う。途中45秒間の休憩がとれる(決勝では45秒と30秒の2回)。飛距離440フィート(134m)以上を2本記録すれば30秒延長される。



1回戦では第1シードのアギラールと第8シードのホスキンズの対戦で17本を放ったホスキンズが勝ち上がった。第4シードのブレグマンと第5シードのシュワーバーの対戦は、シュワーバーが16本で、ブレグマン15本で、やはり、長距離ヒッターのシュワーバーに分があったようだ。

第3シードのマンシーと第6シードのバイエズの対戦は、バイエズ16本、マンシー17本でマンシーが勝ち、第2シードのハーパーと第7シードのフリーマンの対戦は、13本対12本でハーパーが勝った。



DiRgWd0UwAAg8Tx.jpg


セミファイナルは、シュワーバー21本で20本のホスキンズを退けた。もう1つのセミファイナルはハーパーが、マンシーを13本対12本で下し、決勝はハーパーが19本対18本でシュワーバーを制してセスペデスに敗れた前回の雪辱を果たした。

ハーパーの投手役は前回同様、父親ロン・ハーパーさんが務めた。8人の選手で合計、221発の花火が首都ワシントンの夜空を彩った。



 今回のホームランダービーは本塁打部門トップのJ.Dマルティネス(レッドソックス29本)やマイク・トラウト(エンゼルス25本)ら上位5選手が辞退。また、昨年の覇者であるアーロン・ジャッジ(ヤンキース25本)も出場を辞退するなど役者不足の感があった。

せめて、夏の移籍が話題のマニー・マチャド。ロッキーズのノーラン・アレナド、レッドソックスのムーキー・ベッツなど、ここまで20本以上の選手たちが出場して欲しかった。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



Posted on 2018/07/17 Tue. 12:03 [edit]

CM: --
TB: --
   

0713

MLBホームランダービーは若手の競演!地元のB.ハーパーが5年ぶり出場  




MLBオールスターゲーム前日に行われるホームランダービー出場者が発表された。

顔ぶれを見ると若手が中心。現地11日終了時点で本塁打部門トップのJ.Dマルティネス(レッドソックス28本)やマイク・トラウト(エンゼルス25本)ら上位選手は辞退している。

また、昨年の覇者であるアーロン・ジャッジ(ヤンキース25本)も出場を辞退している。


Dh6dSiKXUAAkHo5.jpg


ナショナルズの地元開催ということでブライス・ハーパーが2013年以来5年ぶり2度目となる参戦。その他の7選手はいずれも初出場で、平均年齢26歳、実質メジャー2~3年という売り出し中の選手が多い。

せめて、夏の移籍が話題のマニー・マチャド。ロッキーズのノーラン・アレナド、レッドソックスのムーキー・ベッツなど、ここまで20本以上の選手たちが出場して欲しかった。


出場選手8名はシード順の高い順に

m8jJ3I4Y.jpg 

ヘスス・アギラール(ブリュワーズ23本)
ブライス・ハーパー(ナショナルズ22本)
マックス・マンシー(ドジャース21本)
アレックス・ブレグマン(アストロズ19本)
カイル・シュワーバー(カブス17本)
ハビアー・バイエズ(カブス18本)
フレディ・フリーマン(ブレーブス16本)
リーズ・ホスキンズ(フィリーズ14本)



1回戦では第1シードのアギラーと第8シードのホスキンス、第2シードのハーパーと第7シードのフリーマン、第3シードのマンシーと第6シードのバイエズ、第4シードのブレグマンと第5シードのシュワーバーが対戦する。


※トーナメント表におけるシード順は日本時間7月11日時点での本塁打数により決定。同数の場合は同6月16日以降の本塁打数が多い選手が高いシード順を得る。



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




Posted on 2018/07/13 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0710

【ASG2018】マイコラスら初選出!第89回オールスター出場選手発表  




MLBはワシントン・ナショナルズのホーム、ナショナルズ・パークで開催される第89回オールスター・ゲームに出場する選手が下記のとおり発表された。

両リーグ合わせて25人が初選出だが、プロ野球からMLBに移籍して結果を出したカージナルスのマイルズ・マイコラスなどが選ばれた。ダイヤモンドバックスの平野佳寿は、球宴投手のカテゴリーで期待したが選ばれなかった。


マイコラス


オールスターの選出は、当然ながら前半戦の結果が反映されることが多く、好調のブレーブスからは、ナ・リーグ最多の4人。ア・リーグは各地区首位のアストロズ、インディアンス、レッドソックスから各5人が選ばれている。

このなかでアストロズのジャスティン・バーランダーは登板の日程の都合により欠場が決定している。

さらに、各リーグのロースター最終1枠を争う「ファイナル・ボート」(最終投票)の候補者も発表されている。


◆ア・リーグ
「ファイナル・ボート」最終投票候補者
遊撃:ジーン・セグーラ(マリナーズ)
遊撃:アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)
外野:アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)
外野:エディ・ロサリオ(ツインズ)
外野:ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)


◆ナ・リーグ
「ファイナル・ボート」最終投票候補者
一塁:ヘスス・アギラー(ブリュワーズ)
一塁:ブランドン・ベルト(ジャイアンツ)
遊撃:トレイ・ターナー(ナショナルズ)
内野:マット・カーペンター(カージナルス)
内野:マックス・マンシー(ドジャース)


◆ア・リーグ
▶ファン投票による選出
捕手:ウィルソン・ラモス(レイズ)
一塁:ホゼ・アブレイユ(ホワイトソックス)
二塁:ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)
三塁:ホゼ・ラミレス(インディアンス)
遊撃:マニー・マチャド(オリオールズ)
外野:ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
外野:マイク・トラウト(エンゼルス)
外野:アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
DH:J.D.マルティネス(レッドソックス)

▶選手間投票による選出
先発:ゲリット・コール(アストロズ)
先発:コリー・クルーバー(インディアンス)
先発:クリス・セール(レッドソックス)
先発:ルイス・セベリーノ(ヤンキース)
先発:ジャスティン・バーランダー(アストロズ)※
救援:アロルディス・チャップマン(ヤンキース)
救援:エドウィン・ディアス(マリナーズ)
救援:クレイグ・キンブレル(レッドソックス)
捕手:サルバドール・ペレス(ロイヤルズ)
一塁:ミッチ・モアランド(レッドソックス)
二塁:グレイバー・トーレス(ヤンキース)
三塁:アレックス・ブレグマン(アストロズ)
遊撃:フランシスコ・リンドーア(インディアンス)
外野:マイケル・ブラントリー(インディアンス)
外野:ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
外野:ジョージ・スプリンガー(アストロズ)
DH:ネルソン・クルーズ(マリナーズ)

▶MLB機構による選出
投手:トレバー・バウアー(インディアンス)
投手:ホゼ・ベリオス(ツインズ)
投手:J.A.ハップ(ブルージェイズ)
投手:ジョー・ヒメネス(タイガース)
投手:ブレイク・トライネン(アスレチックス)
外野:秋信守(チュ・シンス:インディアンス)


◆ナ・リーグ
▶ファン投票による選出
捕手:ウィルソン・コントレラス(カブス)
一塁:フレディ・フリーマン(ブレーブス)
二塁:ハビアー・バイエズ(カブス)
三塁:ノーラン・アレナード(ロッキーズ)
遊撃:カール・クロフォード(ジャイアンツ)
外野:ニック・マーケイキス(ブレーブス)
外野:マット・ケンプ(ドジャース)
外野:ブライス・ハーパー(ナショナルズ)

▶選手間投票による選出
先発:ジェイコブ・デグローム(メッツ)
先発:マイク・フォルティネビッチ(ブレーブス)
先発:ジョン・レスター(カブス)
先発:アーロン・ノラ(フィリーズ)
先発:マックス・シャーザー(ナショナルズ)
救援:ショーン・ドゥーリトル(ナショナルズ)
救援:ジョシュ・ヘイダー(ブルワーズ)
救援:ブラッド・ハンド(パドレス)
捕手:バスター・ポージー(ジャイアンツ)
一塁:ジョーイ・ボットー(レッズ)
二塁:オジー・アルビーズ(ブレーブス)
三塁:エウヘニオ・スアレス(レッズ)
遊撃:トレバー・ストーリー(ロッキーズ)
外野:チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)
外野:ロレンゾ・ケイン(ブリュワーズ)
外野:クリスチャン・イェリッチ(ブルワーズ)

▶MLB機構による選出
投手:パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)
投手:ケンリー・ジャンセン(ドジャース)
投手:マイルズ・マイコラス(カージナルス)
投手:フェリペ・バスケス(パイレーツ)
捕手:J.T.リアルミュート(マーリンズ)
一塁:ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
二塁:スクーター・ジェネット(レッズ)



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ






Posted on 2018/07/10 Tue. 23:18 [edit]

CM: --
TB: --
   

0613

【ASG 2018】オールスターゲームのア・リーグ第1回中間発表  

 


メジャーリーグは12日(日本時間13日)、MLBオールスターゲーム・ファン投票の第1回中間結果を発表した。

最多得票は、外野手部門のムーキー・ベッツ(レッドソックス)。捕手部門と一塁手部門は僅差の争いになっている。

右肘のじん帯を痛めて故障者リスト入りしているエンゼルスの大谷は、21万8981票で、指名打者部門の3位に入っている。


捕手:ゲイリー・サンチェス(ヤンキース)
一塁手:ホセ・アブレーユ(ホワイトソックス)
二塁手:ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
三塁手:ホセ・ラミレス(インディアンス)
遊撃手:マニー・マチャド(オリオールズ)
外野手1位:ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
外野手2位マイク・トラウト(エンゼルス)
外野手3位:アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
指名打:J.D.マルティネス(レッドソックス)


今夏のMLBオールスターゲームは7月17日(同18日)、ナショナルズのホームで開催されることが決まっている。


ASG2018



MLBのファン投票は日本のNPBと少し異なる。

  • ▶野手のみファン投票を行う。
  • ▶投手は選手間投票および監督推薦によって選ばれる。
  • ▶インターネット投票のみ。
  • ▶34番目の選手候補は開催直前に公表され、インターネット投票およびTwitterのハッシュタグ付きのツイート数で選ばれる。
  • ▶ナ・リーグの指名打者は監督推薦


例年通り、各リーグ最後の1枠「34番目の男」を決めるファイナルボートは、投手とリザーブメンバーを含めたロースターが発表された直後から開始する。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/06/13 Wed. 12:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

【ASG 2018】オールスターゲームのナ・リーグ第1回中間発表  




 メジャーリーグは11日(日本時間12日)、MLBオールスターゲーム2018のファン投票、ナ・リーグ第1回中間結果を発表した。

 来月17日にワシントンで開催される今夏のオールスターゲーム。ポジション別に見ると前半戦好調のブレーブスから1位がフレディ・フリードマン一塁手とオジー・アルビーズ二塁手、3人が選ばれる外野部門でニック・マーケイキスが圏内の2位に入った。

 16年のワールドシリーズ覇者カブスは昨年と同じ4人が2位で追いかける展開。ホーム開催のナショナルズからは外野手部門でブライス・ハーパーが1人だけ入った。


ASG2018


捕手:バスター・ポージー(ジャイアンツ)
一塁手:フリーマン(ブレーブス)
二塁手:アルビーズ(ブレーブス)
三塁手:ノーラン・アレナード(ロッキーズ)
遊撃手:ブランドン・クロフォード(ジャイアンツ)
外野手1位:ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
外野手2位マーケイキス(ブレーブス)
外野手3位:マット・ケンプ(ドジャース)



MLBのファン投票は日本のNPBと少し異なる。

  • ▶野手のみファン投票を行う。
  • ▶投手は選手間投票および監督推薦によって選ばれる。
  • ▶インターネット投票のみ。
  • ▶34番目の選手候補は開催直前に公表され、インターネット投票およびTwitterのハッシュタグ付きのツイート数で選ばれる。
  • ▶ナ・リーグの指名打者は監督推薦


例年通り、各リーグ最後の1枠「34番目の男」を決めるファイナルボートは、投手とリザーブメンバーを含めたロースターが発表された直後から開始する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/06/12 Tue. 13:04 [edit]

CM: --
TB: --
   

0524

大谷翔平のホームランダービーに期待!ジャッジや同僚トラウトは消極的  



 MLBオールスターゲームが6月1日よりファン投票を開始する。日本からもネットでMLB公式サイトから投票可能だが、前夜祭とも言うべき「ホームラン・ダービー」も注目だ。

スタントンやジャッジもこのイベントで全米中に名前が売れた。そして、今季の期待は、100年ぶりにベーブ・ルースの記録を塗り替えることが期待されている「2WAY」大谷翔平の出場だろう。

ここまでの数字を維持すればDHとしてのファン投票では選ばれる可能性が高い。ただ、このホームラン・ダービーに関してはMLBからの出場オファーが必要だ。



 そんな大谷の出場にフォローの風が吹いているという。スポーツ専門サイト『The Score』の記事では、昨年のホームラン・ダービーを制したヤンキースのアーロン・ジャッジが辞退を表明。そのほか、レッドソックスのムーキー・ベッツ、J.D.マルティネスなど有力打者が続々と出場辞退を表明しているという。



 大谷の同僚でメジャー屈指の強打者マイク・トラウトも「あまり考えたことはないが、たぶん(出場は)ないだろう」と出場に否定的な考えを明らかにしており、ア・リーグの出場候補たちが、このイベントに消極的だ。

現地23日時点でア・リーグのホームランキング争いは

ムーキー・ベッツ(BOS)16
マニー・マチャド(BAL)15
J.D.マルティネス(BOS)15
ジョーイ・ギャロ(TEX)14
マイク・トラウト(LAA)14
ホセ・ラミレス(CLE)14
アーロン・ジャッジ(NYY)13
クリス・デービス(OAK)13


などが上位だが、大谷も10本を超えてくると十分にオファーの可能性がある。


 大谷のパワーは、MLB公式サイトやYouTubeで動画配信されており、トロントのロジャーズ・センターではアッパーデッキ(5階席?)に打ち込んだ打撃練習の動画が話題になった。

大谷翔平


マイク・ソーシア監督も大谷のホームラン・ダービー出場には前向きな発言をしているという。

 今季のオールスターゲームは7月17日、東部のワシントンD.Cにあるナショナルズ・パークで開催が決まっている。大谷の出場が決まれば日曜日まで本拠地アナハイムでドジャース戦を戦って、休みなしで西海岸から東海岸へ飛ぶことになる。

観たい気もするが、後半戦は、ホームでのアストロズ戦から始まるので、休んで欲しい気もする。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/05/24 Thu. 17:21 [edit]

CM: --
TB: --
   

0413

MLB 2020年の球宴はドジャースタジアムに決定!  

 


MLB機構は2020年のオールスター・ゲームをドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで開催することを発表した。

ドジャー・スタジアムでの開催は1980年以来、40年ぶりになる。この時は、ナ・リーグが4対2で勝ち、MVPにはケン・グリフィー(レッズ)が選出された。

iStock-613652390.jpg


日本人ファンには、野茂英雄がドジャースでデビューした事からなじみの深いスタジアムでもある。

レッドソックスの1912年開場「フェンウェイパーク」、カブスの1914年開場「リグレーフィールド」に次いで3番目に古い球場(1962年開場)

フィールドがセンターラインを軸にシンメトリーなデザインで、日本では一般的だが、メジャーでは1990年代以降の新築ラッシュの結果、左右対称のフィールドは珍しくなった。

20年ほど前に新婚旅行でドジャースタジアムを訪ねた友人の話では、ロス郊外の高台に立地して、掘り込んだようなスタジアムになっており、上から下にエレベーターで降りて観戦したらしい。4月から11月頃までは、ほとんど雨が降らない気候で、雨天中止はほとんど無い。

ナイターでは霧が立ち込め、その湿気を吸ってボールが重くなり、球足が遅くなるらしい。さらに、センターからホームへ向かって打者からすればアゲンストの風が吹くことが多く、ファウルグラウンドも比較的広いことから投手有利なパークファクターがある。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2018/04/13 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0715

【ASG2017】球界きっての伊達男B.ハーパーが魅せたスーパープレイと友情  




今年のMLB最多得票は、ナショナルズの若きスーパースター、ブライス・ハーパー外野手。ホームランダービーに出場せずにがっかりさせたが、来年の「第89回MLBオールスターゲーム」はナショナルズのホームで開催されるので出場の期待は高まる。

そのハーパー、第1打席でア・リーグの先発クリス・セールからレフト前に詰まりながらも渋いヒットをマーク。2打席目は四球を選んでドジャースの新人コディ・ベリンジャーと交代した。



打撃では見せ場は無かったが、2回の守備では見せてくれた。

2回2死、ランナーは一塁。投手は変則リリーバーのパット・ネシェック。打者は、サルバドーレ・ぺレス。右中間にヒット性の打球が上がると右翼のハーパーが果敢なダイビングキャッチ。

このスーパープレイで相手の先取点を阻んだハーパーだが、このキャッチは、スタットキャストによる計測で、ルート効率97.8%。通常、MLB平均で88.1%だからハーパーの守備における能力の高さを見せつけたシーンだった。

ASG2017


ハーパーはこの試合で、昨年亡くなった今年の開催地マーリンズのエース、フェルナンデス投手が描かれたスパイクを着用。「出来るだけ一緒にオールスターに出て、彼が若い間に出来るだけ投げる姿が見たかった」とハーパーは、かつてのライバルの早すぎる死を悼んだ。

長髪をなびかせてプレイする伊達男が魅せたプレイと友情。いろんな見せ場があったオールスターだった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/07/15 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0713

【ASG2017】08年以来の延長戦、R.カノーの決勝弾でア・リーグが制す  




現地11日、マイアミ・マーリンズの本拠地マーリンズ・パークにて開催された第88回オールスターゲームは、10回にマリナーズのロビンソン・カノー二塁手のソロで勝ち越したア・リーグが2対1で制し5年連続で勝利を飾った。

ア・リーグがクリス・セール(レッドソックス)、ナ・リーグはマックス・シャーザー(ナショナルズ)の先発で始まった球宴は、ともに4回まで無得点の投手戦。



5回表、ナ・リーグ4番手投手のアレックス・ウッド(ドジャース)から2死二塁のチャンスを作ったア・リーグが、ミゲル・サノ三塁手(ツインズ)のライト線へ落ちるタイムリーで1点を先制する。

ナ・リーグも6回、ヤディエル・モリーナ捕手(カージナルス)がアービン・サンタナ(ツインズ)からライトオーバーのソロアーチで同点。


オールスターゲーム2017


その後は両リーグの投手戦が展開され、2008年以来となる延長戦へ。

10回、先頭のカノーが9人目のカブス守護神ウェード・デービスからライトスタンドにソロ本塁打を放ち、その裏を9人目、インディアンスの左腕アンドルー・ミラーが抑え、2対1の投手戦に幕を下ろした。

今年のオールスターゲームは、初選出された新人のヤンキース、アーロン・ジャッジ、ドジャース、コディ・べリンジャーの若手打者に注目が集まったが、2人とも3打数ノーヒットに終わった。

この結果、ア・リーグは、オールスターゲームの対戦成績を43勝43敗2引き分けとした。

MVPには、決勝本塁打を放ったマリナーズのカノーが初めて選ばれた。マリナーズのオールスター戦MVPはケン・グリフィー(92年)、イチロー(07年)に次いで球団3人目。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/07/13 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0711

【ASG2017】ヤンキースのA.ジャッジがホームランダービー優勝  



オールスター前日の恒例イベント「ホームランダービー」が10日開催され、8人が出場。決勝ではアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)が、ミゲル・サノ三塁手(ツインズ)と対戦。11対10で勝利し、初優勝を飾った。


DEa-5e7VoAAdOc7.jpg


ジャッジは、4分間で何本打てるかを争うトーナメント方式で行われた1回戦で、ベアハンドのジャスティン・ボアー(マーリンズ)を23対22で下した。

ドジャースの新人コディ・ベリンジャー外野手は、14対14の同点からラスト5秒で1本を叩き込んでチャーリー・ブラックモン外野手(ロッキーズ)を15対14で下し準決勝進出を果たした。

ベリンジャーは、元メジャーリーガーの父親が投手を務めた。羨ましくなるような親子のシーンだった。

準決勝ではジャッジとベリンジャーが対戦。ジャッジは150メートル弾を連発して13対12でベリンジャーとのルーキー対決を制した。


DEataHMUAAA_gIK.jpg



地元マイアミ開催でホームランダービー連覇を狙うジャンカルロ・スタントン外野手(マーリンズ)は、ゲーリー・サンチェス捕手(ヤンキース)と対戦。

スタントンは、16対17でサンチェスに敗れ、ケン・グリフィー(98、99年)、ヨニエス・セスペデス(13、14年)に続く3人目の連覇はならなかった。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/07/11 Tue. 18:03 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド