メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0716

先発M.ピネダがトミージョン手術へ 補強か内部育成か、ヤンキースの今後は?  



ヤンキースの先発マイケル・ピネダ投手が、右肘靭帯の部分断裂により故障者リストに入ることになった。チームはトミージョン手術を受けさせる方針だが、いずれにしてもピネダには気の毒だが、シーズンエンドになった。

ピネダは、最近の7試合では防御率6.14と打ち込まれていたが、それ以前は防御率3.32と好調で、ルイス・セベリーノとともにヤンキースの首位快走を支えていた。

ヤンキースは、ここ7カードで負け越し、6月12日の時点であった貯金15が3に減り、首位のレッドソックスとは4.5ゲーム差の3位に沈んでいる。



もともと若手育成イヤーだったヤンキース。今後の補強にも慎重に対応することをキャッシュマンGMがメディアに語っているが、セベリーノのこれまで通りの活躍、田中将大の完全復活に期待して、C.C.サバシアの状態を見ながらの補強になると思われる。

先発ローテは、すでに17試合に登板し、ローテの一角を担う左腕ジョーダン・モンゴメリー(6勝4敗、防御率3.78)を含め、ブライアン・ミッチェル、ルイス・セッサ、チャド・グリーンなどが穴埋めしている。

さらに、3Aに昇格した右腕チャンス・アダムスあたりも昇格する可能性が出てきている。

ヤンキース ロゴ


クリッパード、セベリーノ、チャップマンの勝利の方程式で6月中盤まで首位を快走していたヤンキースだが、ここに来てそのブルペン陣も揺らぎ始めた。

ワイルドカードによるポストシーズンへの希望が残るヤンキースだが、若手投手陣の成長を待つ内部育成でいくと思われるが、田中将大、サバシアのパフォーマンスが気になるところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
















Posted on 2017/07/16 Sun. 07:07 [edit]

CM: --
TB: --
   

0714

今季注目のアーロン・ジャッジ、2016年と今年のスイングの違いを解説  



パワーヒッターが揃ったオールスターゲームのホームランダービーを制したアーロン・ジャッジ。

ジャッジ

評判通りの201センチ、128キロが弾き返す弾道は、スタットキャストが細かくとらえていたが、500フィート(152.4メートル)超を4発も掲示。凄まじいパワーを見せつけた。

2013年にフレズノ州立大学からMLBドラフト1巡目(全体32位)でニューヨーク・ヤンキースがピック。2017年の前半戦終了時点で、打率.329(リーグ3位)、30本塁打(同1位)、66打点(同2位)の成績を残した。



30本塁打は、ジョー・ディマジオが1936年にマークした29本のヤンキース新人最多本塁打記録を81年ぶりに塗り替えた。

しかし、そのジャッジも昨年は後半にデビューしたものの打率は.179、84打数42三振という惨たんたる成績だった。




なぜ、彼が覚醒したのか、よく言われるのは、アラン・コックレル打撃コーチと共に下半身を安定させることに取り組んだということだが、それだけではない。カリフォルニア州立大学フレズノ校時代の打撃フォームと比較しながら『MLB Japan』がSNSで紹介している。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted on 2017/07/14 Fri. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0706

ヤンキースのA.ジャッジがルーキー29号弾、ディマジオと並ぶ  



ヤンキースの大型新人アーロン・ジャッジが両リーグトップの29号2ラン本塁打を放っている。

ヤンキースは現地5日、ホームにブルージェイズを迎えたデーゲームで2番ジャッジが、ブルージェイズ先発のマルコ・エストラーダから4回にセンターオーバーの今季29号本塁打を叩き込んだ。



これで、ジョー・ディマジオが1936年のルーキーイヤーに記録した本塁打記録29本と並んだ。

ジャッジの29号は、この時点で両リーグトップ。打率も.332、65打点(MLB2位)になった。7月11日にマイアミで開催される第88回オールスターゲームでもア・リーグトップの448万8702票を集め、ヤンキースでは松井秀喜氏以来のルーキーで球宴に選出されている。

なお、この試合でヤンキースの韓国出身選手、崔 志萬(チェ ジマン26歳)が7番ファーストで今季初出場し、5回に1号2ランをマークした。

崔は先日DFAになったクリス・カーター一塁手に代わってアクティブロースター入りしていた。昨年はエンゼルスで54試合に出場。打率.170、OPS.611、5本塁打、12打点だった。

試合は、続いており、7回を終わって6対6の同点。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/07/06 Thu. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0703

ヤンキース新人フレージャー外野手がデビュー弾含むマルチ安打   



ヤンキースの新人クリント・フレージャー外野手がデビュー戦で初本塁打を含む2安打をマークした。

3Aから昇格した直後の22歳の新人は、敵地でのアストロズ戦に9番ライトで先発出場。3回の第1打席は空振り三振に倒れたものの、6回の第2打席ではレフトへの二塁打を放ち、メジャー初出場で初ヒットをマーク。

さらに第3打席ではレフトポール際の最前列に飛び込む記念すべきメジャー第1号ソロを放った。



ヤンキースの過去100年間で、新人がデビュー戦で2塁打と本塁打をマークしたのは、これが史上初だという。

フレイジャーは、2013年のMLBドラフト1巡目(全体5位)でクリーブランド・インディアンスから指名された逸材。昨年夏のトレードで、アンドリュー・ミラーと1対4の複数トレードでヤンキースへ移籍した。

パワー&スピードが特長の外野手で、昨年はマイナーのオールスターゲームにも選出されていた。どの媒体でも上位にランクインしているトッププロスペクトである。


DDr4tIpWsAApux2.jpg

数日前には、デビューした新人ダスティン・ファウラー選手が同じライトのポジションで1回にファウルボールを追いかけてフェンスに激突。右脚の膝蓋腱(しつがいけん)の断裂で長期離脱を余儀なくされた。

ヤンキースのライトで明と暗が別れるデビューになった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/07/03 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0619

ヤンキース6連敗でAL東は最下位まで5.5ゲーム差の混戦  




ヤンキースが敵地でアスレチックスに敗れて6連敗。これで、2位のレッドソックスとは1ゲーム差、地区最下位のブルージェイズまで5.5ゲーム差になってアメリカンリーグ(AL)東部地区は混戦模様になって来た。

前の試合でエース田中将大が、3被弾5失点で7敗目を喫し5連敗だったヤンキースだが、この日は、2回にマット・ホリデーの14号ソロで先制。

3回にもアーロン・ジャッジのタイムリーで2対0とリードしたが、若手の先発ルイス・セッサが4回にクリス・デービスに18号2ランを献上するなど4点を奪われて逆転を許し、アスレチックスの継投策に5回以降打線が沈黙。結局、MLB30球団中3位のチーム打率、1位の得点数、OPS、本塁打数をマークしている強力打線が、散発6安打に抑えられて6連敗になった。

先週は同地区対決のレッドソックスに2勝1敗、オリオールズに3連戦3連勝して6連勝した後に西海岸に遠征。エンゼルスに1勝2敗と負け越して、アスレチックスには4連戦4連敗して最悪のウェストコースト・シリーズになってしまった。


ヤンキース ロゴ


先発左腕C.Cサバシアがハムストリングスの故障で10日間DLに入り。昨年9月にも試したチャド・グリーン、ルイス・セッサを先発ローテに編入しているが、結果が出ていない状況だ。

田中、セッサ、ピネダ、モンゴメリー、セベリーノの5人のローテーションに、チャド・グリーンを加えたローテだが、もう1枚、ポストシーズンをにらんでインパクトのある夏のトレードに打って出る可能性が出てきた。

ブルペン陣はMLB防御率で4位、奪三振3位、被打率1位と各スタッツで高水準をキープしている。クローザーのチャップマンもこの日から復帰。

チャップマン、ベタンセス、クリッパードの勝利の方程式があるだけに先発陣の奮起、とくに夏場に強い田中将大の復活に期待がかかる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/19 Mon. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

規格外のパワー、A.ジャッジが特大アーチ!「裁判官執務室」も大騒ぎ  



201センチ、128キロの巨漢、ヤンキースのアーロン・ジャッジ右翼手。MLBの選手というよりNFLのディフェンスエンドのような体型だ。

そのジャッジがホームでのオリオールズ戦でMLBの両リーグトップとなる20号、21号本塁打を放っている。

とくに6回の相手2番手ローガン・ベレット投手から放った20号ソロは、496フィート(約151メートル)の特大弾だった。

DCEL9BqXoAUjBme.jpg


この距離は、『ESPN』が独自に本塁打の飛距離の計測を始めて以来、2009年にウラディミール・バレンティン外野手(現・東京ヤクルトスワローズ)が記録した495フィート弾を超え、衝撃の歴代最長ロング弾らしい。


DCEIIp7XsAAguml.jpg


開幕スタメンを見た時には正直言って驚いた。昨年は84打数で42三振。打率.179の大型扇風機だったからだ。「ベイビーボンバーズ」と、もてはやされたが、捕手のゲイリー・サンチェスの後半53試合での20本塁打という活躍にかすんでいた。



この日2本塁打を放ったジャッジは、4打数4安打3打点と活躍。シーズンの打撃成績を打率.344、21本塁打、47打点として現時点でリーグ三冠王。

コースに逆らわないスイングで、21本中、センターに8本塁打、ライト・センター間に2本、ライトに2本と12本がセンターから右にアーチを架けている。アーチというより弾丸ライナーも多く、前日には、史上最速の121マイル(約195キロ)の打球速度を記録する本塁打も叩き込んだ。

この大活躍に右翼後方のスタンドの一角に作られた「ジャッジズ・チェンバーズ」のファンたちは連日大喜び。

これはジャッジ(裁判官)という名前にちなんで「ジャッジズ・チェンバーズ(裁判官執務室)」という特別席(全18席)に陣取る黒い裁判官用ガウンを着たファンたちだ。




以前にも書いたが、この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


▶関連記事:http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-3270.html



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/12 Mon. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0428

フェンウェイが沈黙、田中将大が支配!MLB伝統の一戦、エース対決制す  



田中将大が3安打完封で3勝目

ヤンキースの田中将大は27日(日本時間28日)、敵地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦で、レッドソックス相手に3安打完封劇を演じた。田中将大が完全に試合を支配した投球内容だった。

ライバル対決は、レッドソックスがホワイトソックスから移籍の左腕クリス・セール、ヤンキースが田中将大の両軍のエース対決ということで全米注目の試合だった。

C-ab-ZrVwAEIEJA.jpg


試合は、4回にヤンキース打線がヒックスの右前打とホリデーの左犠飛で1点を先制。9回に2点を加えて3-0でヤンキースが連勝している。

田中はスライダー、スプリットともに低めに集める丁寧な投球で打たせて取り、ゴロアウト15、フライアウト3。97球(ストライク72球)を投げて無四球、3奪三振。5回からは、14打者連続凡退に切って取り、熱狂的なボストンのレッドソックスファンを黙らせた。

田中の完封勝利は、2014年5月14日のメッツ戦以来となる3年ぶりメジャー2度目。これで3勝1敗、防御率は4.20。

ヤンキースは、次のカードで地区首位のオリオールズを迎え撃つ。その後、ブルージェイズ3連戦を経て5月5日(同6日)からはシカゴでカブス戦。リグレーフィールドでの田中将大の姿を見ることができるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2017/04/28 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0427

ヤンキースの巨漢A.ジャッジがバースデイ7号弾!フェンウェイ初アーチ  

 


100年以上続いている伝統の一戦、レッドソックス対ヤンキースの2017年シーズンの第1戦は、全米最古のボールパーク、フェンウェイパークで始まった。

昨年8月13日(日本時間14日)、初打席でセンターにメジャー初本塁打を叩き込んだ“ベイビーボンバーズ”のひとり、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が、そのクラシックなダービーで先制のホームランをライト打席に運んだ。

しかも25歳の誕生日を自ら飾るバースデイアーチだった。



2013年のMLBドラフト1巡目追補(全体32位)でヤンキースに入団したジャッジ。メジャーデビューとなった昨年8月13日のタンパベイ・レイズ戦では「8番ライト」で先発出場し、初打席初ホームランをマークした。

ジャッジの前を打つ7番のタイラー・オースティンもメジャー初打席で初ホームランを放った事から、1試合2本のメジャー初打席初ホームランというMLB史上初の快挙だった。

ヤンキースは7月末のトレードデッドラインで主力を放出し、主砲アレックス・ロドリゲスも8月12日に電撃引退した事から、13日のこの連続初打席初ホームランは、新生ヤンキースの到来を感じさせるセンセーショナルな出来事だった。

ジャッジ

しかし、ジャッジは、9月になると故障もあって27試合で打率.179、4本塁打という低調な数字に終わった。

同じく8月に昇格したゲイリー・サンチェス捕手が、最終的に53試合の出場で打率.299、OPS1.032、20本塁打、42打点。捕手では史上初のプレイヤー・オブ・ザ・マンス (月間MVP) とルーキー・オブ・ザ・マンス (月間最優秀新人) の同時受賞を達成。

そのサンチェスの陰に隠れた存在だった。

それが不思議なもので、2017年シーズンが始まるとサンチェスは右上腕二頭筋の負傷で出遅れ、オースティンもキャンプ前の自主トレで自打球を左足に当てて骨折。60日間の故障者リストに入って開幕を迎えた。

結局、若手では、昨季95打席で、84打数42三振という粗削りだったジャッジだけが、この試合前まで打率.279、出塁率.343、OPS.983、本塁打6、打点13と結果を出しているから分からないものだ。

試合は3-0でヤンキースがリードして続いている。ジャッジは、学生時代に練習でフェンウェイのピッチに立ったが、メジャー公式戦では初登場。ボストンの熱烈なレッドソックスファンに強烈な印象を残した一撃だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/04/27 Thu. 10:49 [edit]

CM: --
TB: --
   

0409

ヤンキース移籍のマット・ホリデイがMLB通算2,000本安打達成  




オフにカージナルスからフリーエージェントになりヤンキースと1年1,300万ドルで契約したマット・ホリデイ外野手が、オリオールズ戦でメジャー通算2,000本安打を達成した。

37歳のホリデイは、メジャーキャリア13年で、通算打率.303、295本塁打、1,153打点(1共に2016年終了時点)。ロッキーズ時代の2007年には首位打者と最多打点のタイトルを獲得。シルバースラッガー賞4回。オールスターゲームに7回選出されている。

16年は指の骨折など長期離脱の影響で110試合426打席にとどまり、打率.246、本塁打20、打点62、出塁率.322、OPS.782という成績に終わっている。



カージナルスの本拠地であるブッシュ・スタジアムは、パークファクターで見ると投手有利のデータがある球場だが、ヤンキースタジアムは打者有利の球場で、アメリカンリーグが採用している指名打者制は、守備面での衰えが見えるホリデイにとってはバウンスバックが期待できる条件が揃う。

ヤンキースは今季、ヤングボンバーズを育成する我慢の一年になるが、そんな中でもカージナルスの主砲として知名度や実績のあるベテランの存在は欠かせないものになるだろう。

なお、ホリデイの2,000本安打は現役7位。

  • 1位 イチロー 3,030
  • 2位 エイドリアン・ベルトレ 2,942
  • 3位 アルバート・プホルズ 2,826
  • 4位 カルロス・ベルトラン 2,622
  • 5位 ミゲール・カブレラ 2,519
  • 6位 ロビンソン・カノー 2,214



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/09 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0326

WBCで負傷したヤンキースのグレゴリウス遊撃手の穴埋めは?  

 


アメリカの初優勝で幕を閉じたWBC2017。大会の観客動員は2次ラウンドの時点で100万人を動員して一定の成果は収めたといえる。

しかし、選手を出した球団には主力が負傷するというマイナス面もあった。

ここでもマーリンズの中心的存在であるマーティン・プラド三塁手のことを伝えた。真剣勝負である以上仕方のない事だが、プラド以上に深刻なのが、オランダ代表で出場していたヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスだろう。

彼は、WBCの練習試合で右肩を痛めた。すでにヤンキースの故障者リストに登録されているが、開幕に間に合わないだけでなく、復帰が5月にずれ込むことが確実となったという。

グレゴリウスが復帰するまでの間、その穴をどう埋めるのか?

レッズからはザック・コザート、タイガースからはホセ・イグレシアスをトレード獲得しないかとの打診があったとニューヨークポストは伝えている。

しかし、ヤンキースはダイヤモンドバックスのニック・アーメドのトレードに関心を示したとアリゾナの地元紙が報じている。

グレゴリウスは、ジータ―の後釜としては物足りないという評価があったが、昨年、弱かった攻撃面が開花。打率.276、出塁率.304、OPS.751、20本塁打、70打点という好成績を残した。

ただ、守備面では守備防御点(DRS)-9で、規定数に到達した24名のショートの中では21位という下位だった。

ロースターには、24歳のロナルド・トレイエズがいるが昨年は72試合中、ショートでは15試合に出場しただけ。

チーム内の内部昇格では27歳ルーベン・テハーダ。ほかに22歳のテイラー・ウェイドグレイバー・トーレスはプロスペクトとして期待はできるがメジャーでの実績がなく未知数。

セカンドのスターリン・カストロをショートにコンバートしてセカンドにロブ・レフシュナイダーを起用するパターンも考えられるが、どちらも本職ではなく、レフシュナイダーは昨年58試合中、セカンドで8試合しかプレイしていないため、守備面で不安を抱えることになる。

名前の挙がったダイヤモンドバックスのニック・アーメドはメジャー4年目。控えの内野手で、打撃面では打率.218、出塁率.265、OPS.564と落ちるが、守備ではショートが本職。

ショートで90試合出場した昨年は、DRSが13、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が8.6と守備では高い数値を示している。しかも、約52万ドルと格安。レッズのザック・コザート(約530万ドル)、タイガースのホセ・イグレシアス(410万ドル)とは比較にならない。

グレゴリウス復帰までの最長2カ月間のスポット要員として、ヤンキースがショートで誰を起用するのか、マニアックに注目したい。



記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-interested-in-nick-ahmed/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/26 Sun. 15:54 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド