メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0428

フェンウェイが沈黙、田中将大が支配!MLB伝統の一戦、エース対決制す  



田中将大が3安打完封で3勝目

ヤンキースの田中将大は27日(日本時間28日)、敵地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦で、レッドソックス相手に3安打完封劇を演じた。田中将大が完全に試合を支配した投球内容だった。

ライバル対決は、レッドソックスがホワイトソックスから移籍の左腕クリス・セール、ヤンキースが田中将大の両軍のエース対決ということで全米注目の試合だった。

C-ab-ZrVwAEIEJA.jpg


試合は、4回にヤンキース打線がヒックスの右前打とホリデーの左犠飛で1点を先制。9回に2点を加えて3-0でヤンキースが連勝している。

田中はスライダー、スプリットともに低めに集める丁寧な投球で打たせて取り、ゴロアウト15、フライアウト3。97球(ストライク72球)を投げて無四球、3奪三振。5回からは、14打者連続凡退に切って取り、熱狂的なボストンのレッドソックスファンを黙らせた。

田中の完封勝利は、2014年5月14日のメッツ戦以来となる3年ぶりメジャー2度目。これで3勝1敗、防御率は4.20。

ヤンキースは、次のカードで地区首位のオリオールズを迎え撃つ。その後、ブルージェイズ3連戦を経て5月5日(同6日)からはシカゴでカブス戦。リグレーフィールドでの田中将大の姿を見ることができるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ






Posted on 2017/04/28 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0326

WBCで負傷したヤンキースのグレゴリウス遊撃手の穴埋めは?  

 


アメリカの初優勝で幕を閉じたWBC2017。大会の観客動員は2次ラウンドの時点で100万人を動員して一定の成果は収めたといえる。

しかし、選手を出した球団には主力が負傷するというマイナス面もあった。

ここでもマーリンズの中心的存在であるマーティン・プラド三塁手のことを伝えた。真剣勝負である以上仕方のない事だが、プラド以上に深刻なのが、オランダ代表で出場していたヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスだろう。

彼は、WBCの練習試合で右肩を痛めた。すでにヤンキースの故障者リストに登録されているが、開幕に間に合わないだけでなく、復帰が5月にずれ込むことが確実となったという。

グレゴリウスが復帰するまでの間、その穴をどう埋めるのか?

レッズからはザック・コザート、タイガースからはホセ・イグレシアスをトレード獲得しないかとの打診があったとニューヨークポストは伝えている。

しかし、ヤンキースはダイヤモンドバックスのニック・アーメドのトレードに関心を示したとアリゾナの地元紙が報じている。

グレゴリウスは、ジータ―の後釜としては物足りないという評価があったが、昨年、弱かった攻撃面が開花。打率.276、出塁率.304、OPS.751、20本塁打、70打点という好成績を残した。

ただ、守備面では守備防御点(DRS)-9で、規定数に到達した24名のショートの中では21位という下位だった。

ロースターには、24歳のロナルド・トレイエズがいるが昨年は72試合中、ショートでは15試合に出場しただけ。

チーム内の内部昇格では27歳ルーベン・テハーダ。ほかに22歳のテイラー・ウェイドグレイバー・トーレスはプロスペクトとして期待はできるがメジャーでの実績がなく未知数。

セカンドのスターリン・カストロをショートにコンバートしてセカンドにロブ・レフシュナイダーを起用するパターンも考えられるが、どちらも本職ではなく、レフシュナイダーは昨年58試合中、セカンドで8試合しかプレイしていないため、守備面で不安を抱えることになる。

名前の挙がったダイヤモンドバックスのニック・アーメドはメジャー4年目。控えの内野手で、打撃面では打率.218、出塁率.265、OPS.564と落ちるが、守備ではショートが本職。

ショートで90試合出場した昨年は、DRSが13、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が8.6と守備では高い数値を示している。しかも、約52万ドルと格安。レッズのザック・コザート(約530万ドル)、タイガースのホセ・イグレシアス(410万ドル)とは比較にならない。

グレゴリウス復帰までの最長2カ月間のスポット要員として、ヤンキースがショートで誰を起用するのか、マニアックに注目したい。



記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/yankees-interested-in-nick-ahmed/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/26 Sun. 15:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ヤンキース、A.ジャッジ、K.ヒガシオカらが上出来のデビュー!  

 


メジャーリーグ公式サイトがヤンキースの若手有望株アーロン・ジャッジ外野手の特大ホームランをヘッドラインで報じている。

ヤンキースは現地24日、フィラデルフィア・フィリーズと今季初のオープン戦を行い、9対4で快勝。この時期の勝敗はまったく関係ないが、重要なのはその内容。

ヤンキースは初回、若手のリーダー格ディディ・グレゴリアス遊撃手が先制ソロを放つと、5回にはメジャー2年目のジャッジが、左中間のスコアボード最上部を直撃する特大弾を放った。

さらに、7回には日系3世でブルペンでは田中将大の球を受けているカイル・ヒガシオカ捕手がソロアーチをレフトスタンドに叩き込んだ。

その他では、新加入で4番に入った指名打者のマット・ホリデー外野手が2打数2安打。投げては、先発のブライアン・ミッチェル投手が、2回無失点で勝利投手となった。

巨漢201センチのジャッジは、メジャー2年目。MLBのプロスペクトランキング45位(BP63位、BA90位)。

2013年ドラフトのヤンキース1巡目。昨年8月13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾り、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。スタメン出場した第3戦でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

しかし、その後は粗さが目立ち結局、27試合で打率.176、84打数で三振42個と期待外れだった。

ミッチェルは、4年目(実質3年目)の25歳で、15年は20試合、昨年は先発専業となり、5試合全てにスターターとして登板。防御率3.24と、念願のメジャー初勝利をマークに登板している。

カイル・ヒガシオカ捕手は4月に27歳になる選手で、昨年はマイナーの2Aと3Aで102試合に出場。打率.273、21本塁打、81打点。第3の捕手として現時点で25人枠に登録されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2017/02/25 Sat. 21:59 [edit]

CM: --
TB: --
   

1229

ヤンキース、先発左腕ホセ・キンタナ狙い! ロバートソンは誤報か!?  



 現地27日朝に米誌『USA TODAY』が、ヤンキースはキンタナだけでなくロバートソンにも興味を持っていると報じたニュースは、どうやら誤報だったようだ。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』が同日に関係者の話として否定する内容の記事を報じた。

 ヤンキースはアロルディス・チャップマン、マット・ホリデーをFAで獲得し、ブルペンと野手を補強した。

しかし、ヤンキースに限ったことではないが、どのチームも先発ローテはコマ不足で、ヤンキースの場合も田中将大、CCサバシア、マイケル・ピネダの3人は確定しているが、残りの2枠はブライアン・ミッチェル、ルイス・セベリーノ、チャド・グリーンといった実績のない若手が名を連ねている。

ヤンキース


 そうした背景からキンタナに白羽に矢が立ったのかもしれない。明年1月に28歳になるキンタナは、2008年から11年にかけてヤンキース傘下のマイナーでプレーしていた。

 契約は17年が700万ドル、2018年が885万ドル、30歳となる2019年がチームオプションで1050万ドル、2020年もチームオプションで1150万ドルと非常にリーズナブル。

 この一連のトレードは、パイレーツも含めた3球団が絡むものに発展するかもしれないという観測もある。

 考えてみるとヤンキースは、すでにブルペンがアロルディス・チャップマン、デリン・ベタンセス、タイラー・クリッパード、アダム・ウォーレンと揃っているので、2年2,500万ドルの契約が残るロバートソンが、どうしても必要なわけではない。

 このロバートソンもキンタナ同様に2008年のメジャーデビューから14年まで7年間ヤンキースに所属していた。

15年からはホワイトソックスに移籍して7年連続60試合以上の登板を続け、ここ3年はクローザーとして110セーブをマークしている。キンタナ以上にニューヨーカーには馴染みのある選手といえる。

 水面下でのさまざまな駆け引きがあり、ストーブリーグは面白い。
 


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/12/29 Thu. 08:00 [edit]

CM: 0
TB: 0
   

1228

ヤンキースがトレードを拡大?Wソックスの左腕キンタナに加え右腕ロバートソンもリストに  

 


 メジャーリーグは、ここ最近では珍しいぐらいFA市場の人材が乏しかった為、各球団ともトレードによる補強を模索している。

 ニャーヨーク・ヤンキースがシカゴ・ホワイトソックスとのトレードで、先発左腕ホセ・キンタナの獲得を狙っているとの情報が流れていたが、ここへ来て「USA TODAY」誌の記者ボブ・ナイチンゲールの報告によれば、ヤンキースは、リリーバーのデビット・ロバートソンの獲得も狙ったトレード交渉を水面下で展開中とのことだ。



 ホワイトソックスの両投手を獲得できれば、戦力のアップグレードは確実だが、それなりの代償を覚悟しなければならない。

 ヤンキースは16年夏のトレード期限前にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラー、カルロス・ベルトラン、イバン・ノバといずれもチームの主力選手をトレードで放出した。

 その成果として、複数のプロスペクトを獲得。結果、ヤンキースのファームには各ランキングで100位以内の有望株が6~7人に増えた。


ヤンキース

 そして、そのファームからゲーリー・サンチェス(C)がブレイク。ほかにも“ベイビー・ボンバーズ”と呼ばれたアーロン・ジャッジ(RF)、ロナルド・トレイエス(IF)、タイラー・オースティン(1B/OF)などがでた。

 しかし、キンタナとロバートソンといったトレードの目玉選手の獲得には、せっかく充実させたファームシステムからクリント・フレイザー(OF)、グレイバー・トーレス(SS)らのブルーチップをトレード補強のカードにするという代償が伴う。

 ヤンキースの今後はどうなるのか、昨年15年オフにFA補強を唯一しなかったヤンキースだが、今オフは、チャップマンやホリデーらをFAで獲得した。

 ライバルのレッドソックスが、先発左腕クリス・セールのトレードを成功させた。ワールドシリーズを制したカブスは、野手は育成、投手は補強というスタンスをとった。球界での存在感が薄れたとはいえヤンキースの動向が注目される。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/12/28 Wed. 08:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1208

チャップマンがNYに戻る!ヤンキースと5年契約、西海岸への拒否権も  


 FA市場でトップランキングの一人だったキューバ出身左腕アロルディス・チャプマン投手(前カブス)が、ニューヨーク・ヤンキースと5年契約で合意した。

FOXスポーツの名物記者ケン・ローゼンタールによれば、契約は5年8600万ドル。



 契約途中で破棄できるオプションも設定され、3年間の契約終了後にチャップマン側が破棄してFAを選択できるオプションになっている。

この3年間に関しては全球団へのトレード拒否権も有り、最後の2年間は指定した球団へのトレードを拒否できる権利もつけられている。

ヤンキース

 そこには、西海岸の球団、サンフランシスコ・ジャイアンツ、オークランド・アスレチックス、ロサンゼルス・ドジャース、サンディエゴ・パドレス、ロサンゼルス・エンゼルスへのトレード拒否権が付いているのが興味深い。





 現在28歳のチャプマンは、昨年12月28日に行われたトレードでシンシナティ・レッズからヤンキースへ移籍。

今季途中にシカゴ・カブスへ放出されるまで、31試合の登板で20セーブ(セーブ機会21回)、防御率2.01をマークした。

ヤンキースとカブスの2球団合計では4勝1敗36セーブ、防御率1.55としている。

 また、プレーオフでは13試合の登板で2勝0敗4セーブ、防御率3.45を記録し、カブスの108年ぶりとなるワールドシリーズ制覇に貢献した。メジャー7年間の通算成績は23勝21敗182セーブで、オールスターに4度選出されている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2016/12/08 Thu. 13:08 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0917

【MLB移籍情報】ヤンキースがアスレチックス解雇のB.バトラー獲得  



 ニューヨーク・ヤンキースがアスレチックスから9月11日にリリースされたビリー・バトラー(30)と契約。現地15日、ボストン・レッドソックス戦でさっそく5番・DHとして先発起用した。

 バトラーは先月、チームメイトのダニー・バレンシア内野手とクラブハウスで口論となった後、脳振とうで故障者リスト入り。

2017年までの3年3000万ドルの契約だったが、コストに合うパフォーマンスを発揮できず、チームメイトとのトラブルもあって、アスレチックスは来季の1167万ドルの支払い義務が残るにも関わらずリリースを選択した。

デービッド・フォーストGMは「踏ん切りをつけるタイミングだったということ」と説明している。

 ヤンキースとの契約は、前契約の支払い義務とは一切関係がないため、メジャーの最低年俸である50万ドル程度で合意した可能性があるとのこと。

基本的には今季終了まで10数試合での契約。外野手でベイビー・ボンバーズのひとり、アーロン・ジャッジが故障し、今季の戦列復帰は厳しくなった現状で右の指名打者として起用する狙い。

9月1日以降の契約のためヤンキースがプレイオフに進出しても起用できない制約がある。

 新天地デビュー戦では、3回にタイムリーを放ち、3打数1安打、2打点、1三振。なお、この日を含めた6試合のうち5試合で相手先発がサウスポーの予定となっているため右打者のバトラーの出場機会は増えると見られている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/09/17 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0912

エース田中将大とサンチェスら若手の台頭が光るヤンキース  




現地10日のレイズ戦、8回途中で降板する田中将大にカーテンコールが鳴り止まなかった。

地区4位ながら7連勝でワイルドカード争いにも絡んできたヤンキースを田中がけん引していることは間違いない。

トレード期限前にチャップマン、ミラー、ベルトラン、ノバらの主力選手を放出したヤンキース。誰もが予想しなかった9月の躍進をCBSスポーツ電子版の分析を参考にしながら探ってみたい。



その躍進のファクター。第1に挙げているのは、ゲイリー・サンチェスの爆発的な活躍。

若手トリオとして現地メディアが付けたニックネーム「ベイビー・ボンバーズ」。田中とバッテリーを組んでいるサンチェス捕手、マーク・テシェイラの後釜として活躍するタイラー・オースティン一塁手。そして、2メートルを超える大男で、背番号99番のアーロン・ジャッジ外野手。

3人はいずれも、ヤンキースが“内部育成路線”へと転換した8月以降に抜擢されたプロスペクトたちだ。

その中でも光るのがサンチェス。

ヤンキースは、トレードを模索していた捕手のマッキャンをDHにまわし、サンチェスを正捕手に据えた。それ以来、サンチェスは8月の29試合で打率.348、出塁率.423、長打率.713、本塁打11、打点21という成績を残した。

そのインパクトがチーム躍進のファクターになっている。



次に田中将大が相手打線を支配する投球を続けている事を忘れてはいけない。FanGraphsのWARというスタッツではア・リーグでベスト3にランクされている。

ヤンキースはトレード期限後に田中が先発した15試合中13試合で勝ち、田中は45回1/3で防御率2.98という安定感だ。

ブルペンが改善されたことも大きい。チャップマン、ミラーをトレードした後に、ブルペンにアダム・ウォーレンタイラー・クリッパードをトレード期限前に獲得し、彼らが7回と8回の穴を埋めていて、2人の成績を合計すると35イニングで防御率2.08。

クリッパードは来季まで契約が残り、ウォーレンが2018年までチームがコントロールできるため、中長期的にもブルペンの厚みを増すことに成功しているという。

またルイス・セベリーノのブルペンへの配置転換も、かなりうまく機能していると評価もある。

そのほか、スターリン・カストロ二塁手の存在やトレード期限以後の若手先発陣のセッサ、グリーン、ミッチェルら3人の活躍。この3人の成績は、トータル10試合50回1/3で、防御率3.58となっている事などを挙げている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/12 Mon. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0817

若手が躍動ヤンキース A.ジャッジが決勝打、C.グリーンが6回無失点  



トレード期限前にアロルディス・チャップマン、アンドリュー・ミラー、カルロス・ベルトラン、イバン・ノバといずれもチームの主力選手をトレードで放出したヤンキース。そしてAロッドやテシェイラの突然のリタイヤ宣言。

現地16日の本拠地でのブルージェイズ戦では、“再建モード”に入ったヤンキースのニューヒーロー(候補)たちが活躍した。



先発のチャド・グリーン(25)は、重量打線を相手に11三振を奪う力投。6回を散発2安打の無四球、無失点に抑え、メジャー初先発の7月3日以来のクオリティスタートで2勝目(2敗)を飾った。ここまで33回1/3で40奪三振。9試合で先発5試合、防御率4.05、WHIP1.26。

ローテーションのバックエンドやロングリリーフで起用されており、7月24日のSFジャイアンツ戦では初セーブポイントもマークしている。この夏のトレードで野手の補強が目立ったチームにあって貴重な戦力(投手力)になるかもしれない。

2013年ドラフトでデトロイト・タイガース11巡指名という無名選手だが、今季は3Aで16試合に先発。防御率1.52とい好成績をマークして、ここまで5回、3Aとメジャーをシャトルしていた。



この日は、地区首位を相手に1対0で勝利したヤンキースだったが、その貴重な1点を叩き出したのが201センチ120キロ超の巨漢アーロン・ジャッジ(24)。2013年ドラフトのヤンキース1巡目。チームのMLB.comプロスペクトランキング4位。

13日のデビュー戦では、初打席初本塁打をセンターバックスクリーンに放り込んで鮮烈なデビューを飾ったが、次の試合でも第1打席に本塁打を記録。そして、この試合でも決勝打となる二塁打を4回にナックルボウラーR.A.ディッキーから放った。

ヤンキースは、実質1年目のゲイリー・サンチェスも2安打を記録。23歳のサンチェスは、同ランキング5位のルーキーで、打てるキャッチャーとして期待されている。

すでに昨年から話題になっていたプロスペクトたちだが、ヤンキースは、投手のルイス・セベリーノ(22)、ロブ・レフスナイダー二塁手らと共にこうしたルーキーたちがインパクトのあるデビューを飾っている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2016/08/17 Wed. 08:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0814

ヤンキースの新人2人がデビュー戦で初打席連続HR、田中の9勝目を援護  




ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が現地13日、地元で行われたタンパベイ・レイズ戦に先発登板。7回79球(ストライク58球)5安打、無四球、8三振、4失点の内容で今季9勝目(4敗)を挙げた。

田中は、これで、昨年と並ぶ24試合に先発。イニング数で153.1回。先発投手として初の200イニング登板が見えてきた。

防御率3.40、WHIP 1.10。8月に入って3試合で無四球を続けているが、相手の4番ブラッド・ミラーに献上した2発の本塁打が惜しまれる内容だった。

この試合では、ルーキーが華々しいデビューを飾っている。

ヤンキースの2回の攻撃シーン、2死走者なしの場面から、7番タイラー・オースティン一塁手(24)、8番アーロン・ジャッジ外野手(24)のメジャーデビューを果たしたルーキー2人が、連続してホームランを放った。

オースティンはライトポール際最前席に、ジャッジはセンターバックスクリーンに豪快に叩き込んだ。

米スポーツ専門局「ESPN」電子版によると、デビュー戦の初打席で同じ球団の新人2人が本塁打を連続で打ったのは、メジャー史上初の快挙。

ジャッジは「ネクストバッターズサークルで大興奮だったよ。“よし、自分もしっかりバットに当てていこう”と思った」と、オースティンの一発に奮い立ったことを明かした。

身長188センチ、体重100キロのオースティンと、身長201センチ、体重125キロのジャッジ。

長年チームで活躍したアレックス・ロドリゲス内野手が正式に退団し、再出発を図るヤンキースのジョー・ジラルディ監督は、「大柄な選手たちがやってきた。タイラー・オースティンもおそらく102~104キロあると思うが、アーロン・ジャッジと並ぶと小さくすら見えてしまう」と、2人の“大型”ルーキーに期待を寄せていた。

オースティンは2010年ドラフト13巡目でプロスペクトランキングでは無印。昨年オフには戦力外の通告を受けかけたという。ジャッジは、チームのランキング4位。ほかにランキング5位のゲイリー・サンチェスもDHで出場しているが無安打だった。

ゲームはヤンキースが、8対4で快勝。アーロン・ヒックス外野手(26)が勝ち越しの6号3ランを含む2安打、3打点、ディディ・グレゴリアス遊撃手(26)が15号2ランを含む2安打、2打点をマークした。

オースティンとジャッジもそれぞれ4打数2安打、1打点。オースティンは初盗塁を記録し、チームの勝利に貢献した。

ヤンキースは、この夏のトレードで主力クラス5人を出して12人以上を獲得。その半数がプロスペクトで内外野の野手たちだった。

今後は、そうした選手たちと、この日活躍したオースティンやジャッジらで戦う「若手育成路線」に切り替えたという印象的なゲームになった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/08/14 Sun. 14:39 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド