メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0705

ヤンキースの新人捕手 日系4世 カイル ヒガシオカが珍記録  




 先日、メジャー初安打初本塁打を放ったヤンキースの日系4世カイル・ヒガシオカがデビューから3安打がすべてホームランという珍記録を作った。

 28歳のヒガシオカは2008年のドラフト7巡指名でヤンキースに入団。昨季メジャーデビューするまで9年もかかったオールドルーキー。西海岸のカリフォルニア州オレンジカウンティ出身。

 ヤンキースの捕手は、正捕手のゲイリー・サンチェスが10日間の故障者リスト入り。2番目捕手は7年目のオースティン・ロマイン。3番目の捕手が2年目(サービスタイム0.031)のヒガシオカという布陣。

 現地6月1日、同地区ライバルで首位争いを繰り広げているレッドソックス戦で左腕プライスからメジャー初安打となるソロを放ち、3日のブレーブス戦でも第2号を記録。そして4日のブレーブス戦でもスタメンでマスクを被り、第2打席で左越えにソロホームランを放った。




メジャーで自身3本目の安打もホームランは、MLB.comによればヤンキースではアルフォンゾ・ソリアーノ(元広島)に次いで史上2人目ということだ。

 もともと長打力のあるヒガシオカは、2016年にマイナーで21本塁打を記録。2番手のロマインが7年間で11本塁打(今季4本)しか記録しておらず、このままコンスタントに長打が出ると2番手でメジャー定着も考えられる。

ヤンキースには2Aにも日系捕手で昨年R5(ルール・ファイブ)ドラフトで獲得した25歳のチェイス・ヌマタも所属している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/07/05 Thu. 16:38 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

ヤンキースのG.トーレスが4試合連続9号、A.ジャッジが2捕殺で先勝  




見どころ満載だったGAME1  
トーレス、セベリーノ、そしてジャッジ



投打の二刀流で21世紀のベーブ・ルースと全米が注目の大谷翔平がニューヨークに初上陸。

ということで話題の3連戦。ヤンキース対エンゼルスのGAME1はヤンキースが2対1で制した。

 大谷翔平は、試合前の打撃練習で32スイング中14本がフェンスを越える打球を放ち、そのうちの数本はアッパーデッキへ打ち込むなど大物の片りんをヤンキースタジアムでも見せた。

 その大谷だが、試合では3打数ノーヒット、1四球だった。浴びせられる大ブーイングが実力の証かもしれない。第4打席は快速球のクローザー、アロルディス・チャップマンとの「100マイル」対決だったが、二塁ベースの右にシフトを敷いていたショート正面のゴロに終わった。この日は、同じような当たりがもう1本あった。

 ヤンキースの先発はア・リーグトップタイの7勝をあげているルイス・セベリーノ。この日は、4四球を出したが、エンゼルス打線を被安打4、マイク・トラウトの16号ソロによる1失点に抑えた。

守備でもアーロン・ジャッジ右翼手がレーザービームで2アシスト(捕殺)を決めた。



 しかし、この日のヒーローは4試合連続の9号ソロ本塁打を放ったヤンキースのグレイバー・トレス内野手。21歳での4試合連続はア・リーグ最年少記録。

ヤンキースのNO.1プロスペクトというだけでなく、MLB公式サイトはMLB全体でNO.1、ベースボール・アメリカが同NO.3にランクするメジャーでも屈指の有望株。

現地4月22日にトーレスがメジャーに昇格してからのヤンキースは21勝6敗と好調だ。ここまで28試合に出場して打率.333、9本塁打、24打点。出塁率.393、長打率.646、OPS1.038。

DeFk0QmVMAAvu1O.jpg

 ヤンキースは、ジーターなどの“コア4”と呼ばれる主力選手たちが引退して再建期かと思われていたが、長期間低迷することなく順調に若手が台頭している。

昨年は、アーロン・ジャッジがア・リーグ新人王を獲得してMVP投票ではホセ・アルトゥーべに続く2位となり、投手ではルイス・セベリーノがサイヤング賞投票で3位、さらにゲーリー・サンチェスがシルバースラッガー賞を獲得するなど、今後のチームのコアとなる20代の選手たちが活躍。

そして、今季もトーレスや23歳のミゲール・アンドゥハー三塁手(打率.291、5本塁打、OPS.811)も成長している。

新人賞レースで、大谷翔平の強力なライバル達が現れた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/05/26 Sat. 14:55 [edit]

CM: --
TB: --
   

0430

ヤンキースが大谷不在のエンゼルスを3連戦スイープで9連勝  



エンゼルスが好調ヤンキースをホームに迎えた3連戦は、大谷翔平と田中将大の日本人対決などで注目されたが、GAME1の第2打席で大谷が左足の足首を負傷。

結局、終わってみればヤンキースが3連戦スイープ。詰めかけた日本人観光客やテレビの前で期待していたファンをがっかりさせる結果になった。





GAME1は、延長の末、グレゴリウスの決勝弾でヤンキースが先勝。

GAME2は、田中将大が相性の良いエンゼルス相手に6回を投げ切り被安打2、失点1、9奪三振の好投で4勝目(2敗)。打線もエンゼルスのエース格リチャーズを早々と攻略。リチャーズは2回持たずに9失点で降板した。

GAME3は、メジャーリーグサービスタイム17.000の大ベテラン、CC.サバシアが7回を被安打5、失点1、4奪三振のハイクオリティスタートで今季2勝目。通算239勝目(146敗)を挙げた。

DcAJoGaW0AEf-jT.jpg


大谷が、GAME1の第1打席でセベリーノのフロンドアの豪速球を見事に捉えて弾丸ライナーの先制4号ソロを叩き込んだあの打席だけが、エンゼルスの唯一の見せ場だった。

大谷は、そのポテンシャルを最初の20試合で見せつけた。それだけに、レッドソックス戦での右手のマメによる2回ノックアウトといい、この先、故障に悩まされるメジャー生活だけは避けて欲しい。

第1打席の本塁打で、モチベーションが上がっていたのかもしれないが、あのセカンドゴロで全力疾走して一塁ベースを踏み損ねる走塁は、残念としか言いようがない。

今後も、たとえば塁に出て牽制球による帰塁の際の利き手の負傷など、考えられるケアは十分対策を取って欲しい。

二刀流の最大の敵は、そうしたアクシデントかもしれない。

これでヤンキースは9連勝。両リーグ20勝一番乗りのレッドソックスを2ゲーム差で追いかける展開になっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/04/30 Mon. 20:27 [edit]

CM: --
TB: --
   

0406

田中将大 7回途中3失点、タイミング遅れた投手交代  




 ヤンキースの田中将大が現地5日、ニューヨークで行われたオリオールズ戦に先発登板。7回途中、3失点で降板した。6回1/3を投げて6安打、7奪三振と好投したが、痛恨の逆転2ランを7回に浴びて今季初黒星を喫した。



ヤンキースの新監督アーロン・ブーンは投手交代のタイミングを誤ったのかもしれない。

アーロン・ジャッジの先制弾で1点をリードした7回。先頭のスクープを塁に出した時点で81球。変化球のキレは鈍くなっていたように見えた。前回は6回79球で交代していた。

シーズン序盤を考えると無死で先頭打者を出した時点で交代するのが妥当なタイミングだった。

メジャーでは、本当の闘いはオールスター後の8月、9月が正念場。今季が契約更改年でFAになる選手の場合は、スタートダッシュが必要かもしれないが、複数年契約が残るエリート・スターターと言われる先発ローテのトップクラスの選手たちは、夏頃から秋のポストシーズンにピークを持っていくのが定石だ。

この時期に球数を投げさせるのは、162試合の長丁場を考えた場合に考えられない。

狭いヤンキースタジアム。昨年ALワースト3位の35本塁打を献上した田中のスタッツが頭に入っていれば6回を投げきった時点で交代させても早くないぐらいだ。

田中は、これまで対オリオールズ戦は8試合投げて6試合でクオリティスタート。防御率3.58は悪くはない。

ただ、ホームランを打たれたアダム・ジョーンズに対しては、この試合の前までレギュラーシーズンで21打数7安打、打率.333。二塁打1、本塁打1本を打たれていて相性は悪い。

メジャーで388人の打者と対戦して、20打席以上対戦している打者は25人いるが、5番目に打たれているのが、アダム・ジョーンズだった。

前監督のジョー・ジラルディだったら、先頭のスクープを出した時点で交代していただろう。

ブルペンにはクローザーのチャップマンはじめ、ベタンセス、ケインリー、ウォーレン、グリーンなど、昨年30球団中3位のリリーバー達が控えているからだ。

結局試合は、5対2でオリオールズが勝った。痛恨の逆転弾を許した田中は1勝1敗、防御率2.92。12回1/3で15奪三振、2試合で2本塁打を献上しているが、全体的には、まずまずの内容だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/04/06 Fri. 16:46 [edit]

CM: --
TB: --
   

0314

ニール・ウォーカーの加入でヤンキース打線はアップグレードに成功!?  

 


16年オフにメッツからのクオリファイング・オファーを受諾して年俸1,720万ドルでプレイしていた二―ル・ウォーカー二塁手が、予てより噂のあったヤンキースと合意した。

その契約内容は、ベースが1年400万ドル。それに打席数に応じてインセンティブが付いて最高で50万ドルを受け取るといった内容らしい。

昨季のウォーカーは、メッツとブリュワーズで計111試合に出場し、打率.265、14本塁打、49打点、OPS.801をマーク。2ケタ本塁打は8年連続8度目、OPS.800超えは2年連続4度目。

MLBネットワークによるポジション別ランキングでは、二塁手部門で9位。そこそこパンチ力のある内野手で、しかも一塁、二塁、三塁の3ポジションをこなせるユーティリティ選手という評価だ。


MLB.comによるヤンキースの2月後半時点での開幕スタメン予想は、

1. Brett Gardner, LF
2. Aaron Judge, RF
3. Greg Bird, 1B
4. Giancarlo Stanton, DH
5. Gary Sanchez, C
6. Didi Gregorius, SS
7. Aaron Hicks, CF
8. Brandon Drury, 3B
9. Tyler Wade, 2B


これにニール・ウォーカーが加入することによって下記が予想される。


1.ブレット・ガードナー(LF) 本塁打21本
2.アーロン・ジャッジ(RF) 同52本
3.ジャンカルロ・スタントン(DH) 同59本
4.ゲーリー・サンチェス(C) 同33本
5.ディディ・グレゴリウス(SS) 同25本
6.アーロン・ヒックス(CF) 同15本
7.ニール・ウォーカー(2B) 同14本
8.グレッグ・バード(1B) 同9本(48試合)
9.ブランドン・ドルーリー(3B) 同13本


ウォーカーはスイッチヒッターという事で打線のライナップに柔軟性ができる。しかも左打席で13本塁打、OPS.842と数字が良く、ライトの狭いヤンキースタジアムでは、14年、16年にマークした23本塁打前後も十分期待できる。

これにより18年シーズンのヤンキース打線は(各選手が額面通り活躍すれば)、歴代最多記録である1997年マリナーズの264本塁打を上回る可能性も十分にあるということだ。

レッドソックスから覇権を取り戻したいヤンキースの開幕ラインナップは、2番ジャッジから4番サンチェスまで右打者が3人続くので、相手の投手によってはグレゴリウスか、調子が良ければ若手有望株のグレッグ・バードあたりを挟みたいところだが、バードはスプリングトレーニングで打率.130と低迷していることから下位打線にした。

6番から以降は調子次第で流動的とみたい。

いずれにしてもヤンキースは、二冠王スタントンとのトレードでスターリン・カストロが抜けた二塁と、ここ数年の補強ポイントである三塁がウォーカーとブランドン・ドルーリーの獲得でアップグレードに成功した。しかも“ぜいたく税”の限度額以内で・・・



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/03/14 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0104

【AL東部地区】ヤンキースの補強ポイントと進捗状況  




ワールドシリーズの覇者アストロズや大谷翔平が移籍して注目のア・リーグ西部地区の気になるチームの補強状況を紹介したが、今回は東部地区のヤンキースから見ていきたい。

ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。トレードも含めて移籍市場全体の動きが遅いため、あくまでも途中経過の報告になる。

そうした状況の中で、この地区の補強ポイントは下記のとおり。

★AL EAST Team Needs
レッドソックス ヤンキース レイズ ブルージェイズ オリオールズ
指名打者 先発投手 一塁か指名打者 外野手 先発投手
セットアップ 三塁手 セットアップ セットアップ 捕手
   先発投手 外野手



ヤンキースは、指揮官が交代したのが最大のトピックスだが、指名打者マット・ホリデー、トッド・フレイジャー三塁手、先発マイケル・ピネダとハイメ・ガルシアがFAでチームを去った。このうちピネダはツインズと契約している。

先発投手はC.C.サバシアと再契約した。これでローテーションは、田中、セベリーノ、グレイ、モンゴメリー、サバシアの5人だが、トレードでパイレーツの先発右腕ゲリット・コールの交渉を進めているとの情報もある。

ストーブリーグでは、トレードで本塁打と打点の二冠王スタントンをマーリンズから獲得したが、ここまで、スタントン以外にはマイナー契約で投手3人、捕手、外野手の計5人と契約しただけにとどまっている。

フレイジャーの抜けたサードとカストロが守っていたセカンドあたりも今後の補強ポイントかもしれない。つけ加えれば、26歳タイラー・オースティン、25歳のグレッグ・バードでは名門チームのファーストとしては物足りない。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/01/04 Thu. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1202

【球団人事】ヤンキース新監督にOBのアーロン・ブーン氏が内定  




先日も現役を引退したばかりのカルロス・ベルトラン氏が6人目の候補者として面接を受けたヤンキース新監督人事だが、MLB公式サイトは1日、ヤンキースの新監督にOBのアーロン・ブーン氏が就任すると伝えた。

米国の複数メディアが報じたところによればジョー・ジラルディ前監督の後任として就任するアーロン・ブーンは、44歳でヤンキースOB。



2003年のシーズン途中に加入。その年のレッドソックスとのALCS(ア・リーグ優勝決定戦)では、第7戦に劇的なサヨナラ本塁打を放ってチームをワールドシリーズに導き、松井秀喜らとワールドシリーズを制している。

09年限りで現役を引退。その後は解説者を務め、これまでに指導者としての経験はない。

ヤンキースは、10年間指揮を執ったジラルディ前監督を10月26日に解任し、それ以降は新指揮官の人事に1か月以上を費やしていた。

球団からの正式発表はまだないが、地元紙ニューヨーク・デーリーニューズ(電子版)などが、ブーン氏とジャイアンツのベンチコーチを務める50歳のヘンスリー・ミューレン氏に絞られたと報じていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/12/02 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1027

【球団人事】ヤンキースのジョー・ジラルディ監督が今季限りで退任  



ヤンキースの指揮官ジョー・ジラルディが今季限りで退任することが複数のメディアで報じられている。

MLBネットワークのジョン・ヘイマンによるとジラルディは10月26日の木曜日にブライアン・キャッシュマンGMと会談の場を設け、今後について話し合った。



そこでヤンキースのキャッシュマンGMはヤンキースを10年間率いたジラルディ氏に意思を確認し、来季以降の契約を結ばないことを伝えたと思われる。

キャッシュマンGMは「熟慮の末、来季の監督について他の選択肢を取ることにした。10年間、監督を務めてくれて感謝している」との声明を出した。 

DNEqZIrVAAA9neL.jpg


ジラルディ氏も「球団が私を戻さない決断をしたことに心が沈んでいる」としながらも、スタインブレナー家やキャッシュマンGM、ファンや選手、チームスタッフに感謝しながら。特にプレイオフでの戦いぶりについて「永遠に私の心に残るだろう」とコメントしている。

捕手出身のジラルディ氏は53歳。2003年に現役引退後、06年にはフロリダ・マーリンズの監督を務めナ・リーグの最優秀監督賞にも選ばれた。

08年からは10年間ヤンキースを率い、プレイオフに6度、チームを導いた。その間、09年にはワールドシリーズを制覇した。ヤンキースの監督としては歴代6位となる通算910勝710敗。ポストシーズンは28勝24敗の記録を残している。

健康管理には厳しく、クラブハウスからアイスクリームやソーダなどの甘いものを全て撤去したという逸話が残っている。

ジラルディ監督のもとでは、松井秀喜、黒田博樹、イチロー、田中将大らがプレイしている。

ワシントンポスト紙は「ジラルディはヤンキースを去るが、ナショナルズの監督職がちょうど空いている」という見出しをつけて、退任したジラルディ監督が、ナショナルズの監督に電撃就任する可能性があることを報じた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/10/27 Fri. 01:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0926

A.ジャッジが50号弾、新人本塁打記録を30年ぶりに更新 年間50本はヤンキース5人目  




25歳のアーロン・ジャッジがルーキーの年間本塁打記録を更新した。

ジャッジは、本拠地でのロイヤルズ戦の3回に49号を放ち、1987年のマーク・マグワイア(アスレチックス)に並ぶ。7回にはトレバー・ケーヒル投手の2-1から投げた84.3マイルのチェンジアップをレフトスタンドに運び新記録を樹立した。

ヤンキースではベーブ・ルース、ミッキー・マントル、ロジャー・マリス、アレックス・ロドリゲスに続くシーズン50本塁打に到達したことになる。



ジャッジは、昨年8月にデビュー。チームの主軸だったアレックス・ロドリゲスが退団した次の8月13日の試合で、デビューを果たした。

このデビュー戦では、7番タイラー・オースティン一塁手、8番アーロン・ジャッジ外野手が、ルーキー連続の初打席初本塁打というメジャー史上初の快挙を演じてセンセーショナルなデビューを飾った。

しかし、その後は不振に陥り84打数42三振、打率.179、4本塁打でマイナー落ちしていた。

今季は開幕8番でスタメンデビュー。4月~6月に3カ月連続でルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、6月にはプレイヤー・オブ・ザ・マンスを初受賞した。前半戦のみで打率.329、30本塁打、66打点と打ちまくった。

前半だけでジョー・ディマジオのヤンキース球団新人本塁打記録を更新した。

オールスターにも初選出。ホームランダービーでも活躍したが、球宴以降は不振に陥り、とくに8月は打率.185で3本塁打だった。



9月は調子が戻り、ここまで月間13本塁打。2試合連続のマルチ本塁打で終盤に来て固め打ちしている。

これで、今季の打率.283、108打点、50本塁打、8盗塁、出塁率.418、長打率.620、OPS1.038。三振も多く203三振はMLB最多。

若手育成路線で我慢の年になるはずだったヤンキースだが、ワイルドカード進出と大型新人の台頭で、実りある1年になった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/26 Tue. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0716

先発M.ピネダがトミージョン手術へ 補強か内部育成か、ヤンキースの今後は?  



ヤンキースの先発マイケル・ピネダ投手が、右肘靭帯の部分断裂により故障者リストに入ることになった。チームはトミージョン手術を受けさせる方針だが、いずれにしてもピネダには気の毒だが、シーズンエンドになった。

ピネダは、最近の7試合では防御率6.14と打ち込まれていたが、それ以前は防御率3.32と好調で、ルイス・セベリーノとともにヤンキースの首位快走を支えていた。

ヤンキースは、ここ7カードで負け越し、6月12日の時点であった貯金15が3に減り、首位のレッドソックスとは4.5ゲーム差の3位に沈んでいる。



もともと若手育成イヤーだったヤンキース。今後の補強にも慎重に対応することをキャッシュマンGMがメディアに語っているが、セベリーノのこれまで通りの活躍、田中将大の完全復活に期待して、C.C.サバシアの状態を見ながらの補強になると思われる。

先発ローテは、すでに17試合に登板し、ローテの一角を担う左腕ジョーダン・モンゴメリー(6勝4敗、防御率3.78)を含め、ブライアン・ミッチェル、ルイス・セッサ、チャド・グリーンなどが穴埋めしている。

さらに、3Aに昇格した右腕チャンス・アダムスあたりも昇格する可能性が出てきている。

ヤンキース ロゴ


クリッパード、セベリーノ、チャップマンの勝利の方程式で6月中盤まで首位を快走していたヤンキースだが、ここに来てそのブルペン陣も揺らぎ始めた。

ワイルドカードによるポストシーズンへの希望が残るヤンキースだが、若手投手陣の成長を待つ内部育成でいくと思われるが、田中将大、サバシアのパフォーマンスが気になるところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
















Posted on 2017/07/16 Sun. 07:07 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド