メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0418

オリオールズに悲報!54試合連続セーブ成功の守護神が故障者リストに  



8勝3敗で地区首位を走るオリオールズ。その好発進を支える守護神にアクシデントが発生した。

オリオールズは現地16日、クローザーのザック・ブリットン投手を左前腕の負傷のため10日間の故障者リスト(DL)に登録した。

ブリットンは、14日のトロント・ブルージェイズ戦でカーブを投げた際に痛みを感じたとのこと。この試合は1イニングを投げ切って今季5セーブ目を挙げた。


ザック・ブリットン

2014年の途中からクローザーに転向したブリットンは、

  • 2014年37セーブ、防御率1.64
  • 2015年36セーブ、防御率1.92
  • 2016年47セーブ、防御率0.54


昨年は、5月5日から8月22日にかけて43試合連続自責点ゼロのMLB記録を更新。69試合に登板し、防御率0.54 (7失点・4自責点)、シーズン65イニング以上投げた投手としてはMLB最高という圧倒的なパフォーマンスを示した。

この結果、リーグ1位の47セーブ、史上4人目となるセーブ失敗なしでの40セーブ以上を記録。サイヤング賞投票でも4位。2年連続でオールスターに選出された。

ハードシンカーが武器で、グラウンドボールの割合は約8割。奪三振率も昨年9.9(15年10.8)と高い数値を示している。

さらに、連続セーブは49連続成功を継続してシーズンを終え、今季5セーブで54試合連続(MLB歴代2位タイ)としている。

ただ、今季は5登板のうち三者凡退に抑えた試合が1試合しかなく、被打率.304・WHIP1.67と不安定なピッチングが続いていた。

★歴代の連続セーブ成功記録
  • 1位 エリック・ガニエ(84試合)
  • 2位 トム・ゴードン(54試合) 
  • 2位 ザック・ブリットン(54試合、継続中)
  • 4位 ジェウリス・ファミリア(52試合)
  • 5位 ホセ・バルベルデ(51試合)
  • 6位 ジョン・アックスフォード(49試合)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/04/18 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0412

【DL情報】SFジャイアンツのポージー捕手、マリナーズのセグラ遊撃手がDL入り  




ここに来てメジャーを代表する主力選手たちが故障者リスト(DL)に入っている。

サンフランシスコ・ジャイアンツのバスター・ポージー捕手が、現地10日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、初回にタイワン・ウォーカー投手から頭部直撃の死球を受け、11日から7日間のDLに入った。

選手生命に影響を与えるようなコンカッション(脳震とう)につながらないことを祈りたい。

ポージーは、今季開幕前のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でもアメリカ代表のマスクをかぶり、初制覇にも貢献した。

昨季は、オールスターファン投票捕手部門で、カージナルスのヤディアー・モリーナとの大接戦を演じ4度目の選出。146試合の出場で打率.288、14本塁打、80打点をマークし、ゴールドグラブ賞でもモリーナの8年連続を止めて受賞。人気、力量共にメジャーを代表する捕手になった。



シアトル・マリナーズでは、今季目玉の大型補強で加入したジーン・セグラ遊撃手が10日間のDLに登録された。

セグラの場合は、前日の試合での右ハムストリングの負傷が原因。ここまで打率.313、出塁率.353でリードオフマンとして機能していた。マリナーズにとっては痛い戦力離脱になる。

セグラもハンリー・ラミレスの代替選手として第4回WBCドミニカ共和国代表で選出され出場していた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/12 Wed. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0405

【DL情報】メッツのS.ルーゴ、マリナーズのD.スマイリー、肘の故障で長期離脱  



開幕したメジャーリーグで、いきなり悲報が入って来た。

マリナーズの先発左腕ドリュー・スマイリー投手が、肘の故障で多血小板血漿(PRP)の注射を受ける。メッツの先発右腕セス・ルーゴ投手は、PRP治療を受けた。これは15年オフにヤンキースの田中将大が受けた治療法と同じ。

マリナーズのスマイリーは60日間の故障者リスト(DL)に入った。復帰は早くても6月下旬という事だから、先発ローテーションに戻ってくるのは、実質オールスター後になるものと思われる。

スマイリーはオフにレイズからトレードで加入。

2016年シーズンは30試合175回1/3で防御率4.68、7勝12敗、WHIP1.27という成績だったが、最下位のレイズということもあり、バウンスバックが期待される戦力としてマリナーズのジェリー・ディポトGMが、積極的に動いた選手だった。

これでマリナーズの先発ローテーションは、バックアップのアリエル・ミランダが昇格し、フェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志、ジェームズ・パクストン、ヨバニ・ガヤードになる。



メッツ期待の若手セス・ルーゴは、さっそく多血小板血漿(PRP)の注射を受けたとのことで、今後2週間は投げない予定。

27歳のルーゴは昨季、メジャーデビューを果たすと、先発8試合を含む17試合に登板して5勝2敗、防御率2.67の好成績をマーク。

期待された今季だが、オープン戦では3月27日のナショナルズ戦で5回途中までに8安打、4失点を喫するなど、4試合の登板で防御率5.56と結果が出ていなかった。

トミー・ジョン手術を受けるかどうかは現時点で未定となっている。メッツによると、投球練習を再開したのち、リハビリの様子を見て手術の必要性を判断するという。

昨年から故障者が相次いでいるメッツの先発陣。左腕スティーブン・マッツが左ひじの炎症により5月まで戦線離脱。開幕投手を務めた右腕ノア・シンダーガードは指のマメをつぶして次回登板を1日ずらして登板する。


ランキングに参加しています、
お手数ですが、ポチっとお願いします。↓

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/04/05 Wed. 18:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0318

【DL情報】マーリンズのマーティン・プラドがWBCでハムストリング負傷  



マーリンズでイチローの同僚であるマーティン・プラド三塁手が右脚のハムストリングを負傷した。

ベネズエラ代表としてWBCに参戦しているプラドは、サンディエゴで行われているWBC2次ラウンド・アメリカ戦の第3打席で、ショートゴロを打って一塁に駆け込む際に違和感を覚えたようで、途中退場した。

その後、マーリンズのキャンプ地、南フロリダに飛んで土曜日にはMRI検査を受けるという。

プラドはマーリンズではチームリーダー的存在。メジャー12年目で、通算打率.293。昨シーズンは153試合に出場して打率.305、OBP.359、OPS.775。8本塁打、75打点。



マーリンズでは、同じように捕手のAJエリスが、2月下旬にハムストリングを痛めた。彼の場合は最初は2、3日間の安静で済むと考えられたが、それ以来、エリスはグレープフルーツリーグの試合に出場していない。

ということで、プラドのハムストリング負傷が長引くようであればマーリンズにとっては大きな戦力ダウンになる。

プラドの穴埋めとしては、ミゲル・ロハスまたはデレク・ディートリッヒが考えられる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/03/18 Sat. 06:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0315

【DL情報】RソックスのD.プライスが開幕からDL  




15年オフに大型契約でレッドソックスに移籍した左腕デービット・プライスが、今季は開幕を故障者リスト(DL)で迎えるという残念なニュースが入って来た。

このブログでも3月3日にお伝えしたが、昨年17勝した割には序盤の不調で影の薄かったプライスが、2月末に登板後、左の前腕とひじの痛みのため、予定していたオープン戦への先発登板を回避する状態が続いていた。

ESPNのジム・ボウデン記者が、「デビッド・プライスは左肘のMRIを受けた結果、セカンドオピニオンを求めることになり、次回の先発は回避することになった」ことをツイートしていた。



その後の報道で、手術は行わない方向で投球練習を再開するということだったが、やはり深刻だったようだ。肘への手術に関しては今のところ報道されていない。

プライスは、昨年チーム2位・リーグ4位タイの17勝を記録、両リーグ最多の230イニングを投げた。

レッドソックスのジョン・ファレル監督は、「現時点ではプライスが開幕に間に合わせるのは難しいと思う」と述べると、「実際にマウンドに上がってみるまではなんとも言えないし、それがいつになるかも分からない」と話している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/03/15 Wed. 20:37 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【DL情報】A’sのエースが故障、復帰は早くても4月後半  

 


オークランド・アスレチックスは現地9日、エース右腕ソニー・グレイ投手が広背筋の張りの影響で今後3週間は投げられず、今季開幕を故障者リストで迎えることを発表した。

いくつかのメディアの報道では4月後半の復帰という記事もあるが、アスレチックスのデービッド・フォーストGMによると、具体的な見通しは立っていないという。いずれにしてもアスレチックスにとっては大きな誤算と言えそうだ。



グレイは昨年8月に右前腕部の負傷により離脱。結局22試合の登板に終わり5勝11敗、防御率5.69とキャリアワーストの成績だった。

デビュー2年目の2014年から2年連続で14勝を挙げ、15年にはオールスターゲームにも選出された。メジャーキャリアは4年間で38勝31敗、防御率3.42。

グレイの離脱でアスレチックスの先発投手は多少実績のあるケンドール・グレーブマン、ショーン・マネイア以外は若手のジェラル・コットンの台頭に期待したいところ。その他は、ジェシー・ハン、アンドリュー・トリッグスなど実績に乏しい選手が続く。

ビリー・ビーンが今後、どんな戦力補強を仕掛けてくるかにも注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/03/11 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【DL情報】ロッキーズの若手デビッド・ダール外野手が負傷  

 

昨年7月26日にメジャー初昇格を果たしデビューから17試合連続安打となるメジャータイ記録で話題になったコロラド・ロッキーズの若手有望株デビッド・ダール外野手が第六肋骨を負傷したというニュースが入って来た。

CBSスポーツによれば回復までは最低でも2週間を要する見込みで開幕を故障者リストで迎える可能性もあるという。

4月に23歳になるダールは、2012年MLBドラフト1巡目(全体10位)でロッキーズが指名。

メジャーデビューを果たした昨年は63試合に出場して打率.315、OBP.359、SLG.500、OPS.859。本塁打7、二塁打12、三塁打4、打点24という上出来のデビューを飾った。



今季は開幕からレフトのレギュラーとして定着が期待されていたが残念なスタートになりそうだ。

ロッキーズはダールの代わりとしてジェラルド・パーラをレフトに起用。場合によっては大型契約で加入のイアン・デズモンドを一塁から外野で起用することも考えられる。

ロッキーズでは昨年ルーキーながら開幕戦で2本塁打を記録したトレーバー・ストーリー遊撃手などが話題を集めたが、ダールもそうした若手有望株の一人として注目されていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/03/08 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0303

RソックスのD.プライスが肘のMLI検査、手術になればシーズンエンド  




この春最大の衝撃、プライスはTJ手術の可能性も

昨年17勝した割には序盤の不調で影の薄かったレッドソックスのエース左腕デービッド・プライス投手が、左の前腕とひじの痛みのため、週末に予定していたオープン戦への先発登板を回避するという。

レッドソックスの指揮官ジョン・ファレルによると、プライスは先月28日に実戦形式の練習で2イニング38球を投げたが、次の日の朝に痛みを感じ、同日にMRIを受けた。

プライスが以前の春季キャンプでも前腕とひじに痛みがあった。しかし、「今回は少し痛みが強いようだ」と語っている。

ESPNのジム・ボウデンが、「デビッド・プライスは左肘のMRIを受けた結果、セカンドオピニオンを求めることになり、次回の先発は回避することになった」ことをツイートしている。



この流れで行くと多くの場合が、トミージョン手術を受けることになる。現在31歳のデビッド・プライス。手術を受ければ、15から16カ月は戦列を離脱することになり、この年齢の場合、球威が落ちパフォーマンスが低下する選手が多い。

もちろん個人差があるわけだが、プライスの場合、2015年オフに7年総額2億1,700万ドル(約247億8,000万円)の大型契約でレッドソックスへ移籍している。残り6年で1億8700万ドルの契約が残っており、そのうちの約2年は結果を期待できない。

レッドソックスのスターターは、プライス、移籍のクリス・セール、サイヤング賞リック・ポーセロの3本柱にドリュー・ポメランツ、スティーブン・ライト、エドアルド・ロドリゲスらがいるが、プライスが長期離脱となればドンブロウスキー球団社長が今後、トレードやFAで補強する可能性も出てきた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/03/03 Fri. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

メッツのD.ライトが故障 “キャプテン”は今季も苦しいシーズンに  



ニューヨーク・メッツの生え抜き選手でニューヨーカーに愛されているチームの“キャプテン”が今季もダメかもしれない。

メッツ一筋でキャリア14年目を迎えるデービッド・ライト三塁手が現地2月28日、右肩の故障により2週間はスローイングをしないよう診断を受けていることが報道された。

チームによると、ライトは右肩に違和感を感じて同日に病院で診察を受けたとのこと。2週間後にはセカンドオピニオンを仰ぐ予定で、今後のオープン戦では指名打者として出場する可能性もあるという。

デービット・ライト

ライトで思い出すのは、もうすぐ始まるWBC。2009年と13年の2回、アメリカ代表として活躍。とくに前回の大会は打率.438、10打点 (大会最多) と打ちまくり大会ベストナインにも選ばれるなどアメリカチームをけん引した。

34歳のライトだが、ここ2年は相次ぐ故障で合計75試合しか出場できておらず、昨季は6月に頸椎ヘルニアで15日間の故障者リスト入りすると、リハビリに時間がかかり、レギュラーシーズンでは、わずか37試合の出場にとどまった。

デビッド・ライトは2007年からの14年1億9200万ドルという長期契約を結んだ。残る契約は2016年から37歳となる2020年までの5年8700万ドル(約99億円)となっている。

ブリーチャーリポート(bleacher Report)などは、15年の時点で「長期契約ワースト10」の2番目に彼を選んでいる。

これは憶測だが、前半は無理でオールスター以降のバウンスバックに期待したい。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/03/02 Thu. 06:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0218

【DL情報】LADゴンザレス、TEXベルトレイも故障、WBCも欠場濃厚  



日本のMLBファンに球春を知らせるマーリンズ・イチロー(OF)のキャンプインが伝えられたが、心配なニュースもいくつか入って来た。

ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレス(1B)が自主トレで肘を負傷したという。34歳の彼は今後2週間はバットを振ることができず、3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も欠場する可能性がある。

ゴンザレス


この時期の故障は、軽傷なら開幕に影響しないが、ゴンザレスは兄が代表監督を務めるWBCメキシコ代表チームでも精神的支柱で代表チームにとっても大幅な戦力ダウンになる。

さらに、レンジャーズ所属でドミニカ共和国代表のエイドリアン・ベルトレ(3B)が自宅でのトレーニング中に左ふくらはぎを負傷していたことが判明。全治3週間の見込みでWBC1次ラウンドを欠場する見通しとなった。

20年目のベルトレはMLB3000本安打まで、あと58本に迫っている。

ただ、両選手とも1次ラウンドを勝ち上がった場合、遅れてチームに合流する可能性は、まだ残されているようだ。

ベテランだけではない。ヤンキースの若手タイラー・オースティン(1B/OF)も左足を骨折していたことが分かった。オースティンは春季キャンプ前の自主トレ中に自打球が当たり左足を負傷したという。

ジラルディ監督が伝えたところによるとMRI検査で同箇所の骨折が判明。練習再開までは6週間を要するようだ。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/18 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド