メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0216

オリオールズに暗雲、エースのC.ティルマンが長期離脱の可能性  



キャンプインしたメジャーリーグだが、さっそく開幕ロースターに影響を与えそうな深刻なニュースが入って来た。

オリオールズの指揮官バック・ショーウォルター監督は現地14日、先発右腕クリス・ティルマン投手がPRP療法(自己多血小板血しょう療法)と呼ばれる注射治療を右肩に受けたと発表した。

この処置により、ティルマンは3月17日まではオープン戦で投げない見通しで、今季のレギュラーシーズン初登板は4月8日以降になるということだ。

しかし、この時期からの治療という事で、軽傷なら大きな問題にはならないが、治療後のリハビリ期間やチームの成績次第では、オールスター以降の後半戦を見据えたスロー調整も考えられ、そうなれば長期離脱の可能性も考えられる。



28歳のティルマンは昨季、16勝6敗、防御率3.77の好成績をマークしたが、シーズン終盤には右肩の滑液包炎で3週間ほど故障者リスト(DL)入りしていた。

ショーウォルター監督は開幕DL入りは避けられる可能性があると話しているが、今回の処置でティルマンの4年連続となる開幕投手は絶望的となった。

オリオールズは、クローザーのザック・ブリトン、セットアッパーのブラッド・ブラック、ほかにダレン・オデイ、マイケル・ギブンズ、ドニー・ハートらのブルペン陣がMLB3位の防御率3.40と大車輪の活躍でワイルドカードに進出した。

しかし、先発陣はMLB24位と不満の残る数字だった。今季もそこがウィークポイントになりそうだ。

オリオールズは、開幕投手とワイルドカードの先発を任された大黒柱を開幕から失うシーズンになった。

ティルマンの離脱により、今季の先発投手陣は、ケビン・ゴーズマン、ディラン・バンディ、ウバルド・ヒメネス、ウィド・マイリーになる予定だが、5番テとしてバンス・ウォーリー、マイク・ライト、タイラー・ウィルソンらがいるが、それぞれ防御率5点台で、ダン・デュケットGMは、ある程度実績のあるベテラン投手の獲得に動くかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/02/16 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1025

肘の故障がMLBで増えている理由。カッター、スプリットという球種が原因!?  



アメリカ・ロードアイランドにあるプロビデンス・ジャーナル紙の記者が、興味ある考察をして話題になった。

2014年シーズンもスプリング・トレーニング開始から2014年4月15日までに主力級の投手がトミー・ジョン手術を受けることになった。

たとえば、パトリック・コービン(ARI)、ジャロッド・パーカー(OAK)、クリス・メドレン(ATL)などのスターター達だ。

「投手のヒジは消耗品」という認識で、球数制限などが厳密なMLBだが、日本よりもはるかに多くの投手が、トミー・ジョン手術を受けている。

以前にも紹介したが、米スポーツ医学誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディスン』に掲載された論文によると、1986~2012年の間にトミー・ジョン手術を施されたプロの投手は216名になるという。

その中で、手術後に復帰できなかったケースはわずか5件。また、復帰を果たした投手のうち179名が再びメジャーリーグの舞台で投げた。

この事から、より身近な外科治療的な感覚で日本よりはシンプルに捉えられている。現に投球技術が未熟な若手選手の間でも手術を受けているケースもあり、20代前半の方が、術後の球威が落ちないというデータもある。

※しかし、1999年から2011年7月までに手術を受けた147人の投手のうち、復帰後、1年に10試合以上登板できた投手は67%。復帰できなかった投手も20%というデータもある。

メジャーに復帰するだけなら90%を超える確率と言われてきたが、実は80%。しかも、1シーズンで10試合以上投げられるまでに復活できた投手は67%しかない。


球種の多様化も原因?


プロビデンス・ジャーナル紙の記者によれば、「カットボール(カッター)、スプリットという球種がトレンドになった事がヒジの故障につながっている」という。

すでに医学的には、スプリットやカッターが肘に負担をかけるという事が明らかであるにもかかわらず、MLBの投手がそれを選び、なぜ首脳陣がそれを許しているのかという疑問が出てくる。

レッドソックスの監督で、元投手であり、投手コーチの経験もあるジョン・ファレルは、「理想はファーストボールとパワーのあるカーブのコンビネーション」だとしていますが、レッドソックスで言えば松井秀喜と好勝負を演じたペドロ・マルティネスやヤンキースの守護神マリアーノ・リベラなど球史に名を残す近年の選手たちはカットボールの使い手として成功した。

スプリットとでいえば、野茂英雄、佐々木主浩、上原浩治、岩隈久志などの日本人メジャーリーガーが有名。

iwakuma0803

アメリカでは投手の球種などのデータが豊富で充実している。それらの数字から分かる傾向として、かつてのようなファーストボールとカーブ主体ではなく、カッターとスプリットが増えていると記事では述べている。

レッドソックスであれば、バックホルツがスライダーからカッターに、ジョン・ラッキー(カブスに移籍)がカーブからカッターに、そしてジェイク・ピービー(現SFジャイアンツ)が新たにスプリットを持ち球に加えている。

カーブやストレートは主に肩に負担がかかり、カッターとスプリットは、肘に負担が多くなることが明らかになっていると述べて、このカッターとスプリットの隆盛が肘の故障が続出する原因となっているのでは?という指摘だ。


ストライクゾーンの変化


MLBの投手がそれを選び、なぜ首脳陣がそれを許しているのかという疑問に対しては、ストライクゾーンの変化やスカウンティング技術の向上などを挙げている。

ストライクゾーンの問題は、ストライクゾーンが以前より厳しくなっているとジェイク・ピービーが述べていることを引用し、それに加えて打者もボールを振らなくなり、曲がりの大きいカーブやスライダーが「ボール」と判定されやすくなっているとしている。


見きわめにくい球種、スプリット、カッター


しかし、一番の原因は、このカッターとスプリットが打者にとって見きわめにくい球種であるということだ。

重要なのは球種ごとに投球フォームやリリースポイントが変わらないことだが、カーブやスライダーは多くの投手にとって微妙な違いまではコントロールしきれない球種。

一方、スプリット、カッター、そして2シームは、4シームと同じような腕の振りとリリースポイントで、かつ回転も落ちにくい上に、打者の手元で変化するので、打者には見分けがつきにくくなる。微妙にバットの芯を外され凡打になる。

黒田博樹がインタビューなどで明かして話題になった「フロントドア」の2シームでも、黒田は左打者の場合、すっぽ抜けてそのままインコースのボールになってもいいと言う感覚で投げるので、危険は少ない球種として使っている。

同じリリースポイントから投げられると、打者には球種の見きわめがつきにくい変化球。そうしたメリットがあって、ヒジに負担がかかってもメジャーの投手たちがカッターやスプリットを持ち球に加えているという考察だ。


記事参考:
http://baseball.information0.com/major-baseball/shifting-pitches-and-tj/




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/10/25 Tue. 02:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1020

マリナーズの先発右腕T.ウォーカーら投手3人が手術  




 シアトル・マリナーズのタイワン・ウォーカー投手は17日、右足首の骨片を除去する手術を受けた。ジェリー・ディポトGMによればリハビリは、すぐに始められる見込みで、来年の春季キャンプには間に合う予定だという。

ウォーカーは、今季25試合に先発、8勝11敗、防御率4.22、WHIP1.24。7月6日から15日間のDL入りしている。マリナーズの先発ローテーションの一角を担う投手で今オフの年俸調停権の有資格者。



 昨シーズンのオフのようにアクティブに動かない方針と伝えられているマリナーズ。

エースのフェリックス・ヘルナンデス(2019年まで)、岩隈久志(2017年契約自動更新)、ジェームズ・パクストン、アリエル・ミランダ(いずれも最低4年はチームがコントロール)とウォーカーの5人に加え、今季開幕時には先発ローテに入っていたネイサン・カーンズの6人で先発陣を形成することになる。

 マリナーズ投手陣ではほかに、シーズン前半はクローザーを務め、4勝6敗25セーブ、防御率2.81をマークしたアンダースロー右腕スティーブン・シーシェック投手(30)も先週に股関節唇断裂の修復手術をうけている。リハビリには4カ月から6カ月かかる見通しのため、春季キャンプに間に合うかは微妙な状況だ。

 リリーフ右腕で2年目26歳のトニー・ザックも先週に右肩の二頭筋腱を手術。こちらは春季キャンプに参加できる見込みだという。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/10/20 Thu. 01:06 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0928

【DL情報】ナッツのW.ラモス捕手がひざのACL断裂で今季絶望  



 現地24日にナ・リーグ東部地区で2年ぶりの優勝をきめたワシントン・ナショナルズの正捕手ウイルソン・ラモスが、右ひざの前十字靭帯(ACL)断裂で、今季絶望になった。ダスティ・ベイカー監督が火曜日の試合前に発表した。



 26日のダイヤモンドバックス戦の6回に負傷退場したもようで、2012年にも痛めた同じ箇所だった。

 29歳のラモスは、ナ・リーグの捕手としてトップタイの打率.307をマーク。22本塁打、80打点はキャリアハイで、オールスターにも選出されたリーグを代表する捕手だ。

 今季終了後にフリーエージェントになり、先日もチームから3年3000万ドルの契約延長を打診されていた。ポストシーズン進出を決めているチームにとっては、正捕手で4番打者を失ったことになる。

 ナショナルズでは、ブライス・ハーパー外野手が、先日痛めた親指のレントゲン検査を行ったところ重傷ではないことが判明している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/09/28 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0919

【DL情報】故障者相次ぐインディアンス、先発カラスコの右手にも直撃弾  

 

 インディアンスの先発右腕カラスコが右手を骨折し、今季中の登板が絶望になったと球団公式サイトが17日に報じている。

カラスコはこの日、タイガース戦に先発。1回に先頭打者キンズラーへの2球目、95マイルの4シームを打ち返した打球が右手を直撃。小指近くの第5中手骨の骨折と診断された。

カラスコは今季、11勝8敗、防御率3.32で、ア・リーグ中部地区首位で2007年以来の優勝を狙うチームを支えてきた。

 インディアンスは、先日も先発投手のサラザールが前腕屈筋の軽い張りで登板を回避しており、ポストシーズンでの復帰が微妙な状況。

 さらに、肩の故障で6週間離脱していたヤン・ゴームズ捕手も復帰直前の16日、マイナーで調整していた際に右手首を骨折。カラスコ同様、今季中の復帰は絶望的と見られる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/19 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0908

【DL情報】ストラスバーグがDLから復帰登板で3回に緊急降板  



今季3度目のDL入り、シーズンエンドか!?

 8月後半に右ひじ痛のため故障者リスト(DL)入りしていたワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグが現地7日、本拠地での復帰登板の3回途中、42球を投げたところでマウンドを降りた。

右腕の詳しい状況は分からないが、ナショナルズは15日間のDLに彼を登録している。

今季3度目のDL。この時期から考えてポスト―ズン進出が有力なチームの戦力にならない可能性がある。



 最初のDLは、背中の張りによる15日間で、この措置は6月16日に遡って適用された。2度目は、右ひじ痛で8月21日から15日間。

 今季は、開幕から無傷の13連勝を飾るなど、この試合まで23試合の先発登板で145.1回、15勝4敗、防御率3.59、WHIP1.11、奪三振179をマークしている。

 2010年にトミージョン手術を受け、昨年は、5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。

 ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は以前に「彼には9月、そして10月を万全な状態で臨んでほしいと思っている」と語っていたが、10月のストラスバーグは見られないかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/08 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0903

【DL情報】ナッツのストラスバーグが復帰間近、メッツはデグロームが登板回避  



 現地2日、右ひじ痛で故障者リスト(DL)入りしているワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手が、ブルペンセッションを始めた。

 MLB.comが伝えたところによれば、右腕は、2日以内に再びブルペンに入る予定。順調ならば、来週にも戦列復帰できる可能性が出てきたという。

ストラスバーグは先月下旬に右ひじの痛みを訴え、15日間のDLに登録された。今季はここまで23試合の先発で、15勝4敗、防御率3.59。

ストラスバーグのナショナルズは79勝55敗で、ナ・リーグ東部地区首位を独走している。

 その首位を追いかける2位のニューヨーク・メッツは、先発右腕ジェイコブ・デグロムが、右前腕の痛みで次の先発予定を回避する見込みであることが分かった。

 デグロムはこの日、MRI検査を受けたが、深刻なダメージは見当たらなかったという。今後は薬物治療を受けることになる。

 キャリア3年目の28歳で、今季は24試合の先発、148回、7勝8敗、防御率3.04、WHIP1.20、143奪三振。昨年と比べて、やや見劣りのするスタッツになっいる。

 先月18日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で5回8失点を喫するなど、ここ3試合は打ち込まれていた。DL登録するかは発表されていない。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/09/03 Sat. 16:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0824

【DL情報】ナッツのストラスバーグが今季2度目のDL入り  



ワシントン・ナショナルズは現地22日、先発右腕スティーブン・ストラスバーグ投手を右ひじ痛により15日間の故障者リスト(DL)に登録した。この措置は21日に遡って適用される。

28歳のストラスバーグは6月にも背中の張りで15日間のDL入り。これで2度目になる。

今季は、開幕から無傷の13連勝を飾るなど、ここまで23試合の先発登板で15勝4敗、防御率3.59、WHIP1.11、奪三振179(MLB6位)をマークしている。

しかし、17日のコロラド・ロッキーズ戦では2回途中9失点と乱れるなど、直近の3試合では0勝3敗、防御率14.66と調子を落としている。

ストラスバーグ

2010年にトミージョン手術。15年5月30日に首の張りで15日間のDL入り。オフには背中の腫瘍(良性)を摘出する手術を受けている。

ナショナルズのダスティ・ベイカー監督は「我々はまだ何も勝ち得ていないし、大局を見ていることを彼に話した」とコメント。

「彼には9月、そして10月を万全な状態で臨んでほしいと思っている」と語った。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/08/24 Wed. 09:47 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0821

【DL情報】カーショーがドジャースの遠征に合流、ブルペンでの投球練習も再開  



現地19日、椎間板ヘルニアで戦列を離れているロサンゼルス・ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーが、シンシナティ遠征中のチームと合流していることが確認された。

地区首位、ワイルドカードでも勝率で上位に立つドジャースだけに10月のポストシーズンに向けて順調にいけばエースの雄姿が見られるかもしれない。

エース左腕はこの日、シンシナティ・レッズ戦の試合前に平地でキャッチボールを行い、約1カ月以上も遠ざかっているブルペンでの投球練習に向けて備えた。



カーショーは、「一歩ずつ前に進むものなんだ。明日はブルペンに入る。それが次のステップだよ。ここ1週間半ずっと投げてきたけれど、何も問題はない」と順調な回復ぶりをアピール。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も、エース左腕について「良い精神状態だ。それは、健康であり、チームメイトのところへ戻って再会できたおかげでもあるだろう」と述べている。

カーショーは、6月26日のピッツバーグ・パイレーツ戦を最後に離脱しており、現在は60日間の故障者リストに登録されている。

サイ・ヤング賞3度選出を誇るMLBを代表する左腕は、離脱までの16試合で11勝2敗、防御率1.79、145奪三振の好成績をマークしていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/08/21 Sun. 07:58 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0815

【DL情報】マーリンズのスタントンが今季絶望 イチローが「1番ライト」で先発  




マーリンズは、主砲ジャンカルロ・スタントン外野手と先発左腕アダム・コンリーを15日間の故障者リスト(DL)に登録した。これに伴いロベルト・アンディーノ内野手と左腕ハンター・セルベンカをメジャー昇格させている。

スタントンの右股関節の故障は、復帰まで最低でも6週間かかり、今シーズンは全休になる可能性が強い。



今季は、ここまで103試合、打率.244、OBP.329、OPS.826、25本塁打、70打点。シーズン序盤、とくに5月は打率.173と不調に陥ったが、7月は打率.305、7本塁打と持ち直していた。

これにより、現地14日の本拠地ホワイトソックス戦ではイチローが「1番・ライト」でスタメンに名を連ねた。

3004本目のヒットは出なかったが、2対2の同点に追いついた直後の5回無死一、二塁の場面では、結果的に二塁走者を生還に導く絶妙なバントを決めるなど、5対4の勝利に貢献した。これでマーリンズは連敗を3で止めた。

ESPNはスタントンの代わりにイチローの出番増を予想。しかし、今後も出場過多とならないような起用法となると見られており、イチローに休養が必要な時は三塁のマーティン・プラドを外野手として起用するだろうと伝えている。

イチローはこの日、2打数無安打、1打点、1死球、1得点で打率.316。主砲が離脱した危機で、ベテラン外野手にかかる期待は大きい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/08/15 Mon. 11:04 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド