メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0510

クローザー受難、Z.ブリットンに加えM.メランソンも故障者リスト  



メジャーを代表するクローザー、ザック ブリットン投手(オリオールズ)が、今季2度目の故障者リスト(DL)に入った。

MLB公式サイトが関係者の談話として伝えたところでは、復帰は未定で45日から60日を要する見込み。オールスター後の8月頃になる可能性もある。

ブリットンといえば、何度か紹介したが歴代2位タイの54連続セーブ機会成功中。15年、16年のオールスターに選出されたメジャーを代表するクローザーのひとりだ。

4月半ばに故障者リスト入りして5月2日に復帰。しかし、2試合に投げた後の5日に前腕部分に違和感を感じていた。今季は、ここまで8試合に登板して5セーブ、防御率1.00、7奪三振だった。




さらに、もう一人のメジャーを代表するクローザー、マーク マランソン投手も利き腕前腕部を痛めて10日間のDL入りになるとジャイアンツのボビー エバンスGMが発表している。

メランソンは、昨年12月に4年6,200万ドルでジャイアンツと契約。有力クローザーが多かった昨年オフの注目の選手だった。

32歳の右腕は、昨年7月30日にフェリペ リベロ、テイラー ハーンとのトレードで、パイレーツからナショナルズへ移籍。移籍後は、30試合で17セーブ、防御率1.82。

シーズン通算では4年連続70試合以上となる75試合登板でリーグ3位となる47セーブを挙げ、防御率は2年ぶりの1点台となる1.64。キャリア通算では174セーブ、54ホールド、防御率2.60、WHIP1.04を記録した。

2015年ナショナルリーグのセーブ王で、オールスターゲームにも13年、15年、16年と3回選出。チャップマンやジャンセンらと共に昨年のFA市場で目玉のクローザーだった。

今季低迷しているジャイアンツは、ブルペン陣の層が薄く、メランソンの故障はこれに追い打ちをかけることになる。

ジャイアンツはオフに、トップクラスのクローザーの獲得に積極的だった。チャップマン、ジャンセンらの代理人にも接触していたが、獲得に失敗。登板過多による故障が懸念されていたメランソンを獲得していた。

皮肉なことに、FA市場で最後まで残っていた元ロイヤルズのクローザー、グレッグ ホランドは、ジャイアンツと同地区ライバルのロッキーズとシーズンイン直前の1月後半に契約。トミージョン手術で16年シーズンを全休していたが、今季見事に復活して13セーブ(失敗なし)、防御率1.29の数字を残している。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



Posted on 2017/05/10 Wed. 11:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0505

【DL情報】エースたちに悲報!TEXハメルズに続いてCLEクルーバーもDL  




メジャーリーグは開幕から1カ月を過ぎてもっとも疲れが溜まってくる時期かもしれない。主力選手たちが続々と故障者リスト(DL)入りしている。



テキサス・レンジャーズは、先発左腕コール・ハメルズ投手を右腹斜筋の張りにより10日間の故障者リスト(DL)に登録。クリーブランド・インディアンスもエース右腕コリー・クルーバー投手を腰の張りのため10日間DLに登録した。


通常、先発投手は5人でローテする場合が多いが、各チームが長いシーズンで故障や不調により8人から9人、多いチームで10人以上起用する。


そのため、ある程度は織り込み済みだが、上の2投手は、ローテの1番手、または2番手のフロントスターターで、よる深刻な状況をチームにもたらすことになる。


ハメルズは、先発予定だった2日のヒューストン・アストロズ戦の試合前に右脇腹の違和感を訴え、急きょ登板を回避していた。


33歳の左腕は今季ここまで5試合に先発し、2勝0敗、防御率3.03の成績。昨季は15勝5敗、防御率3.32。右のエース、ダルビッシュ有と並ぶ左のエース格だ。


31歳のクルバーは、2日のデトロイト・タイガース戦に先発したが腰に違和感を覚えてわずか3イニングで降板していた。


インディアンスは2016年のポストシーズンで先発ローテの2番手、3番手のカルロス・カラスコ、ダニー・サラザーが故障で不在だった。その二人は戻ってきたが、ポストシーズンで6試合34回1/3を投げたクルーバーに反動が来た可能性は十分ある。


インディアンスのテリー・フランコーナ監督はクルバーについて、1試合の先発回避にとどまれば一番良いシナリオだとしている。



レッドソックスのナックルボーラーはひざの手術


ボストン・レッドソックスからも悲報が届いた。現地4日、先発右腕スティーブン・ライト投手が、左ひざの軟骨の修復手術を受ける予定であることを明かした。これによりライトは今季絶望となる見込みだ。


ナックルボーラーの右腕は昨季、13勝6敗、防御率3.33と活躍してオールスターに初選出されたが、今季は5試合の先発登板で1勝3敗、防御率8.25と苦しんでいた。


ただ、レッドソックスに関しては、左ひじのケガで開幕から故障者リスト入りしている先発左腕デービッド・プライス投手の調整が順調に進んでいるもようで、デーブ・ドンブロウスキ野球編成部門球団社長も先発ローテーションを再編成する必要はないとの見方を示している。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/05/05 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0412

【DL情報】SFジャイアンツのポージー捕手、マリナーズのセグラ遊撃手がDL入り  




ここに来てメジャーを代表する主力選手たちが故障者リスト(DL)に入っている。

サンフランシスコ・ジャイアンツのバスター・ポージー捕手が、現地10日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、初回にタイワン・ウォーカー投手から頭部直撃の死球を受け、11日から7日間のDLに入った。

選手生命に影響を与えるようなコンカッション(脳震とう)につながらないことを祈りたい。

ポージーは、今季開幕前のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でもアメリカ代表のマスクをかぶり、初制覇にも貢献した。

昨季は、オールスターファン投票捕手部門で、カージナルスのヤディアー・モリーナとの大接戦を演じ4度目の選出。146試合の出場で打率.288、14本塁打、80打点をマークし、ゴールドグラブ賞でもモリーナの8年連続を止めて受賞。人気、力量共にメジャーを代表する捕手になった。



シアトル・マリナーズでは、今季目玉の大型補強で加入したジーン・セグラ遊撃手が10日間のDLに登録された。

セグラの場合は、前日の試合での右ハムストリングの負傷が原因。ここまで打率.313、出塁率.353でリードオフマンとして機能していた。マリナーズにとっては痛い戦力離脱になる。

セグラもハンリー・ラミレスの代替選手として第4回WBCドミニカ共和国代表で選出され出場していた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/12 Wed. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0311

【DL情報】A’sのエースが故障、復帰は早くても4月後半  

 


オークランド・アスレチックスは現地9日、エース右腕ソニー・グレイ投手が広背筋の張りの影響で今後3週間は投げられず、今季開幕を故障者リストで迎えることを発表した。

いくつかのメディアの報道では4月後半の復帰という記事もあるが、アスレチックスのデービッド・フォーストGMによると、具体的な見通しは立っていないという。いずれにしてもアスレチックスにとっては大きな誤算と言えそうだ。



グレイは昨年8月に右前腕部の負傷により離脱。結局22試合の登板に終わり5勝11敗、防御率5.69とキャリアワーストの成績だった。

デビュー2年目の2014年から2年連続で14勝を挙げ、15年にはオールスターゲームにも選出された。メジャーキャリアは4年間で38勝31敗、防御率3.42。

グレイの離脱でアスレチックスの先発投手は多少実績のあるケンドール・グレーブマン、ショーン・マネイア以外は若手のジェラル・コットンの台頭に期待したいところ。その他は、ジェシー・ハン、アンドリュー・トリッグスなど実績に乏しい選手が続く。

ビリー・ビーンが今後、どんな戦力補強を仕掛けてくるかにも注目したい。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/03/11 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0308

【DL情報】ロッキーズの若手デビッド・ダール外野手が負傷  

 

昨年7月26日にメジャー初昇格を果たしデビューから17試合連続安打となるメジャータイ記録で話題になったコロラド・ロッキーズの若手有望株デビッド・ダール外野手が第六肋骨を負傷したというニュースが入って来た。

CBSスポーツによれば回復までは最低でも2週間を要する見込みで開幕を故障者リストで迎える可能性もあるという。

4月に23歳になるダールは、2012年MLBドラフト1巡目(全体10位)でロッキーズが指名。

メジャーデビューを果たした昨年は63試合に出場して打率.315、OBP.359、SLG.500、OPS.859。本塁打7、二塁打12、三塁打4、打点24という上出来のデビューを飾った。



今季は開幕からレフトのレギュラーとして定着が期待されていたが残念なスタートになりそうだ。

ロッキーズはダールの代わりとしてジェラルド・パーラをレフトに起用。場合によっては大型契約で加入のイアン・デズモンドを一塁から外野で起用することも考えられる。

ロッキーズでは昨年ルーキーながら開幕戦で2本塁打を記録したトレーバー・ストーリー遊撃手などが話題を集めたが、ダールもそうした若手有望株の一人として注目されていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/03/08 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0215

カージナルス期待の有望株アレックス・レイエス投手が右ひじのMRI検査  



2015年と16年にベースボール・アメリカから2年連続でカージナルスのベストプロスペクトに選ばれていた22歳右腕アレックス・レイエスが右ヒジのMRI検査を受けた。

カージナルスのモゼリアックGMがメディアに応えたところによれば、今後、セカンドオピニオンも参考にして、場合によってはトミー・ジョン手術(側副靱帯再建術)を受けるかもしれないという。



レイエスは昨年8月9日のレッズ戦でメジャーデビュー。13日のカブス戦で初勝利を挙げている。

さらに、19日のフィリーズ戦では初セーブを挙げた。昨年は12試合(先発5試合)に登板して46回、4勝1敗、防御率1.57、WHIP1.22、52奪三振、26四球。

平均96マイル超のフォーシームと落差のあるカーブやチェンジアップが持ち味。



今季、開幕前にMLB.comが発表したプロスペクト・ランキングでは全体で6位だった。

カージナルスの先発陣は、5年契約の延長を新たに結んだカルロス・マルティネス。アダム・ウェインライト、マイク・リーク、マイケル・ワカ。その他、トミー・ジョン手術から復帰する見込みのランス・リンらが軸になるが、レイエスはローテーション入りが期待されていた。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/15 Wed. 11:56 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1025

肘の故障がMLBで増えている理由。カッター、スプリットという球種が原因!?  



アメリカ・ロードアイランドにあるプロビデンス・ジャーナル紙の記者が、興味ある考察をして話題になった。

2014年シーズンもスプリング・トレーニング開始から2014年4月15日までに主力級の投手がトミー・ジョン手術を受けることになった。

たとえば、パトリック・コービン(ARI)、ジャロッド・パーカー(OAK)、クリス・メドレン(ATL)などのスターター達だ。

「投手のヒジは消耗品」という認識で、球数制限などが厳密なMLBだが、日本よりもはるかに多くの投手が、トミー・ジョン手術を受けている。

以前にも紹介したが、米スポーツ医学誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・スポーツ・メディスン』に掲載された論文によると、1986~2012年の間にトミー・ジョン手術を施されたプロの投手は216名になるという。

その中で、手術後に復帰できなかったケースはわずか5件。また、復帰を果たした投手のうち179名が再びメジャーリーグの舞台で投げた。

この事から、より身近な外科治療的な感覚で日本よりはシンプルに捉えられている。現に投球技術が未熟な若手選手の間でも手術を受けているケースもあり、20代前半の方が、術後の球威が落ちないというデータもある。

※しかし、1999年から2011年7月までに手術を受けた147人の投手のうち、復帰後、1年に10試合以上登板できた投手は67%。復帰できなかった投手も20%というデータもある。

メジャーに復帰するだけなら90%を超える確率と言われてきたが、実は80%。しかも、1シーズンで10試合以上投げられるまでに復活できた投手は67%しかない。


球種の多様化も原因?


プロビデンス・ジャーナル紙の記者によれば、「カットボール(カッター)、スプリットという球種がトレンドになった事がヒジの故障につながっている」という。

すでに医学的には、スプリットやカッターが肘に負担をかけるという事が明らかであるにもかかわらず、MLBの投手がそれを選び、なぜ首脳陣がそれを許しているのかという疑問が出てくる。

レッドソックスの監督で、元投手であり、投手コーチの経験もあるジョン・ファレルは、「理想はファーストボールとパワーのあるカーブのコンビネーション」だとしていますが、レッドソックスで言えば松井秀喜と好勝負を演じたペドロ・マルティネスやヤンキースの守護神マリアーノ・リベラなど球史に名を残す近年の選手たちはカットボールの使い手として成功した。

スプリットとでいえば、野茂英雄、佐々木主浩、上原浩治、岩隈久志などの日本人メジャーリーガーが有名。

iwakuma0803

アメリカでは投手の球種などのデータが豊富で充実している。それらの数字から分かる傾向として、かつてのようなファーストボールとカーブ主体ではなく、カッターとスプリットが増えていると記事では述べている。

レッドソックスであれば、バックホルツがスライダーからカッターに、ジョン・ラッキー(カブスに移籍)がカーブからカッターに、そしてジェイク・ピービー(現SFジャイアンツ)が新たにスプリットを持ち球に加えている。

カーブやストレートは主に肩に負担がかかり、カッターとスプリットは、肘に負担が多くなることが明らかになっていると述べて、このカッターとスプリットの隆盛が肘の故障が続出する原因となっているのでは?という指摘だ。


ストライクゾーンの変化


MLBの投手がそれを選び、なぜ首脳陣がそれを許しているのかという疑問に対しては、ストライクゾーンの変化やスカウンティング技術の向上などを挙げている。

ストライクゾーンの問題は、ストライクゾーンが以前より厳しくなっているとジェイク・ピービーが述べていることを引用し、それに加えて打者もボールを振らなくなり、曲がりの大きいカーブやスライダーが「ボール」と判定されやすくなっているとしている。


見きわめにくい球種、スプリット、カッター


しかし、一番の原因は、このカッターとスプリットが打者にとって見きわめにくい球種であるということだ。

重要なのは球種ごとに投球フォームやリリースポイントが変わらないことだが、カーブやスライダーは多くの投手にとって微妙な違いまではコントロールしきれない球種。

一方、スプリット、カッター、そして2シームは、4シームと同じような腕の振りとリリースポイントで、かつ回転も落ちにくい上に、打者の手元で変化するので、打者には見分けがつきにくくなる。微妙にバットの芯を外され凡打になる。

黒田博樹がインタビューなどで明かして話題になった「フロントドア」の2シームでも、黒田は左打者の場合、すっぽ抜けてそのままインコースのボールになってもいいと言う感覚で投げるので、危険は少ない球種として使っている。

同じリリースポイントから投げられると、打者には球種の見きわめがつきにくい変化球。そうしたメリットがあって、ヒジに負担がかかってもメジャーの投手たちがカッターやスプリットを持ち球に加えているという考察だ。


記事参考:
http://baseball.information0.com/major-baseball/shifting-pitches-and-tj/




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/10/25 Tue. 02:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0919

【DL情報】故障者相次ぐインディアンス、先発カラスコの右手にも直撃弾  

 

 インディアンスの先発右腕カラスコが右手を骨折し、今季中の登板が絶望になったと球団公式サイトが17日に報じている。

カラスコはこの日、タイガース戦に先発。1回に先頭打者キンズラーへの2球目、95マイルの4シームを打ち返した打球が右手を直撃。小指近くの第5中手骨の骨折と診断された。

カラスコは今季、11勝8敗、防御率3.32で、ア・リーグ中部地区首位で2007年以来の優勝を狙うチームを支えてきた。

 インディアンスは、先日も先発投手のサラザールが前腕屈筋の軽い張りで登板を回避しており、ポストシーズンでの復帰が微妙な状況。

 さらに、肩の故障で6週間離脱していたヤン・ゴームズ捕手も復帰直前の16日、マイナーで調整していた際に右手首を骨折。カラスコ同様、今季中の復帰は絶望的と見られる。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/19 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0804

【DL情報】ロッキーズの新人王候補T.ストーリーが親指靭帯断裂  




コロラド・ロッキーズのルーキーで新人王候補のトレバー・ストーリー遊撃手が現地2日、左手親指の靭帯断裂によりシーズン・エンドになる可能性が高くなった。

ストーリーは痛めた左手のMRI検査で同箇所の靭帯断裂が発覚。数日のうちに手術を受けたいと望んでいるが、術後は復帰までは8週間程度を要する見込みとなっている。

ChhGHzcU4AEr_ei.jpg


23歳のストーリーは、正遊撃手ホセ・レイエスがDV問題で開幕から出場停止処分を受け、その穴を埋める形で出場機会を得た。

メジャーデビューを飾った今季開幕戦では2本塁打を放つなど、好調を維持。4月はナショナルリーグのルーキー史上最多の10本を記録し、4月のルーキー・オブ・ザ・マンスに輝いた。

今季は故障するまで97試合に出場して打率.272、リーグ最多の27本塁打、72打点と好成績をマーク。ナ・リーグの新人遊撃手として歴代最多本塁打を更新していた。

メディアの記事では、ストーリーは「とても失望しているし、腹も立っているよ。タイミングが最悪だ」と落胆を隠せず。

また、ウォルト・ウェイス監督は「彼には同情するよ。特別な、歴史的なことを成し遂げている最中だったからね」と語った。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/08/04 Thu. 00:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0705

【DL情報】カーショーに続いてDバックスもエース右腕グリンキーがDL入り  

 

ドジャースの次はダイヤモンドバックスのエースがDL

アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地3日、エース右腕ザック・グリンキー投手を左わき腹の張りで15日間の故障者リスト(DL)に登録した。この措置は先月29日に遡って適用される。

28日に行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦の2回に犠牲フライを放った際、左わき腹の筋肉を負傷。3回のマウンドに立つことなく緊急降板した。

ダイヤモンドバックスは3日の時点で借金「7」と苦しい位置に立たされている。

開幕前は、グリンキーをライバルのドジャースから球団史上最高額でFA契約。ほかにシェルビー・ミラーを補強するなど課題だった投手力が充実し、ジャイアンツとドジャースの2強に迫る予想が立っていたが、前半戦は5割に満たない結果になった。

首位ジャイアンツとは13.5ゲーム差、2位のドジャースでさえ8.5ゲーム差がついている。

グリンキーは、ここまで17試合に先発登板して10勝3敗、防御率3.62。4月は防御率5.50、5月も同3.82と、その大型契約の割には数字が上がらなかった。

ようやく6月になって本来の調子を取り戻した時期のエースの離脱は、チームにとっては大きな誤算と言える。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2016/07/05 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド