メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1207

レッドソックスが先発右腕ネイサン・イオバルディの残留工作に成功  




ボストン・グローブのニック・カファード氏の記事では、少なくとも9チームがネイサン・イオバルディに関心に示しているということだったが、残留が決まってボストニアンたちは胸をなでおろしたに違いない。リーグのライバルチームに移籍すれば脅威を与えるからだ。


レッドソックスは6日、ワールドシリーズ制覇に貢献した右腕ネーサン・イオバルディ投手が4年6800万ドル(約75億円)で残留することで合意したと発表した。





28歳のイオバルディは、これまでに2回、右ひじにメスを入れているが、今季のポストシーズンでその懸念を払しょくする活躍を見せた。


夏のノンウェーバー期間である7月にレイズとのトレードでレッドソックスに加入した後は、3勝3敗、防御率3・33の成績をマーク。特にライバルのヤンキース戦では先発計4試合で1勝1敗、防御率1・93の高成績を残しボストニアンたちの信頼を勝ち取った。


ポストシーズンでも輝きを増した。先発したア・リーグ地区シリーズ(ALDS)第3戦でも7回1失点で勝利を収めた。リリーフに回ったワールドシリーズ(WS)では、第1戦と第2戦の8回をそれぞれ無安打無失点で抑えた。


延長12回から登板した第3戦では、最後にサヨナラ本塁打を許したものの6イニングを3安打2失点と歴史に残る延長戦の好投で、むしろ株を上げた。


DtxHKAiXgAI3Dmc.jpg



今季は2チームで22試合、6勝7敗、防御率3.81、WHIP1.126、与四球率1.6と制球も安定。100マイルをコンスタントに超えるフォーシームはバックエンドのリリーバーとしても使えることが証明された。


ヤンキース時代には2年間で48試合に先発して23勝11敗も記録しており、その投手がリーグ内のライバルチームに引き抜かれることを考えると、プラスマイナスで考えても今回の残留は、エリートクラスのFA投手を獲得したことと同じような意味を持つ残留だったように感じる。



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



Posted on 2018/12/07 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0922

レッドソックスが地区3連覇、球団最多勝1912年の105勝まであと1勝  

 


ボストン・レッドソックスが敵地ニューヨークでアメリカンリーグ東部地区3連覇を決めた。


ヤンキースの先発投手・田中将大を攻略。一時はスタントンの35号グランドスラムで逆転されたもののベッツが8回に逆転の30号3ランで試合を決めた。





リーグMVPの有力候補ベッツは、田中から2本の二塁打を含む3安打、8回にはダメ押し本塁打で、4安打5打点の活躍。打率も339に上昇。出塁率とOPSではリーグ2位(1位はトラウト)で、ここまで打点王の同僚JD.マルティネスを上回っている。


本塁打を30本の大台に乗せた事で、キャリア初の30本塁打、30盗塁まで、残り2盗塁に迫った。


DnlwPQTV4AI-e65 (2)



就任1年目のアレックス・コーラ監督は「最高の気分だ。このチームはすばらしい」と選手を称えた。


☆Most Wins in Red Sox History:
105 (1912)
104 (1946)
104 (2018)
101 (1915)


レッドソックスは10度目の地区優勝だが、地区3連覇は球団史上初。また、この試合での勝利が今季104勝目となり、1946年と並ぶ球団歴代2位タイの数字となった。


球団記録はフェンウェイパークが開場した1912年の105勝で、あと1勝に迫っている。われわれは、106年ぶりに球団記録を塗り替える歴史的瞬間を観ることができる。


Posted on 2018/09/22 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0914

レッドソックスが100勝到達、新指揮官アレックス・コーラの「6つのフィランソロピー」とは  




ボストン・レッドソックスが球団史上4回目の100勝に到達した。16試合が残っているので1912年の105勝(47敗)を抜いて球団最多勝利は間違いないだろう。


1912年 105勝47敗
1915年 101勝50敗
1946年 104勝54敗


レッドソックスは地区2連覇をしているもののポストシーズンで早々と敗れ去ったことからデーブ・ドンブロウスキー社長は指揮官をジョン・ファレルからアストロズでベンチコーチをしていた42歳の若いアレックス・コーラに交代させた。加えてベンチコーチにブルワーズで監督経験もある62歳のロン・レニキーを迎えた。

チームを率いて1年目で100勝を越えた指揮官は2003年のフェリペ・アルー氏(ジャイアンツ)以来、15年ぶり。

監督経験のない指揮官が、メジャーでの監督初年度で100勝以上を達成したのは、1993年のダスティー・ベイカー(ジャイアンツ)以来、26年ぶりになる。

ワールドシリーズを制覇したアストロズの戦略やクラブハウスの雰囲気を知るベンチコーチのアレックス・コーラ。現役時代から戦略眼を備え、将来の監督候補として名前が挙がっていた人物をハンティングしたデーブ・ドンブロウスキー社長の球団編成を評価したい。

ただ、地区優勝だけならファレル監督の時代と同じで、ポストシーズンでの采配が注目だ。


o1200080014174920024.jpg



地元メディアの一つであるプロビデンスジャーナルのティム・ブリットンが、アレックス・コーラの監督就任時に指揮官としての「6つのフィランソロピー」を紹介していた。

1. 選手とより近い関係を築く
2. データによる解析を進んで活用するが、その奴隷とはならない
3. 詳細なところまで注意を払う
4. ハードヒットできるボールに対して攻撃的に
5. 賢明に攻撃的な走塁をする
6. 内野の守備を改善する



それによれば、4番目の「ハードヒットできるボールに対して攻撃的に」という考え方では、「初球からでもその姿勢でボールにアプローチすることが重要」であることを強調。

アストロズ打線が、初球を打つ割合がレッドソックスよりも60%も多く、初球を本塁打にしたのはアストロズが55本に対して、レッドソックスは17本だったデータを引き合いに出して、「ザンダー・ボガーツとムーキー・ベッツにはもっとアグレッシブにあるように話すつもりだ。すべての選手が多くの球数を投げさせることに気をつかう必要はない」と話した。

メジャーリーグファンの方ならよくお分かりだとおもうが、多くのチームが「マネーボール」以降、「出塁率を高める」ことを重視しているため、四球を多く選ぶことを打者に求めているが、レッドソックスもその方針だったという。

しかし、それが裏目に出てしまうと打者不利のカウントを招き、相手投手のフィニッシングボールや難しいコースを打たざるをえない状況につながる。

こうしたアドバイスが功を奏したのか、今季のムーキー・ベッツは打率で.264から.340に上昇。本塁打も24本から現時点で29本。その他も数値も大きくアップした。

ザンダー・ボガーツも本塁打10本から21本、OPSも.746から.883に上昇。打席でのアグレッシブな姿勢が好結果につながっている。

ただし、これはデータを無視するという訳ではなく、コーラはレッドソックスで監督になるにあたり、フロントを説得し、クオリティ・コントロールコーチというデータや映像を統括して提供する部門を新しく設置することも忘れていない。


コーラ監督は就任1年目での100勝について、「100勝したことは間違いない。しかしさらなる大きな目標がある。それらに向かって近づいていくだけだ」と喜びは控えめだったという。


◇こちらの記事を一部引用しています。
https://baseball.information0.com/major-baseball/alex-coras-managerial-philosophy/




▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ


Posted on 2018/09/14 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0625

RソックスのC.セールが13奪三振で7回無失点!ヤンキースとゲーム差なしで追走  



 ア・リーグ東部地区がレッドソックスとヤンキースの名門2球団によるライバル2強争いになっている。

 24日(日本時間25日)は、レッドソックス先発左腕クリス・セールが7回13奪三振を奪う力投でマリナーズに5対0と勝利して52勝27敗(勝率.658)、レイズに敗れた首位のヤンキース(50勝25敗、勝率.667)をゲーム差なしで追走している。

 セールは7勝目。奪三振も17試合の先発で153のリーグトップ。MLB全体でもナショナルズのマックス・シャーザー(16試合)の奪三振161に次いで2位。奪三振率(K/9)も12.63でリーグトップの数字だ。

 被本塁打も10本と少なく打者有利の球場が多いア・リーグ東部地区のパークファクターを考えても秀逸だ。ちなみに、ヤンキースの田中将大は13試合の先発で16発の本塁打を浴びている。

 セールは投球回数も109イニングで、インディアンスのエース右腕コーリー・クルーバーに次いでリーグ2位とチームに貢献している。

 もともとリーグ屈指の先発ローテーションは、防御率でMLB10位とやや物足りないが、ブルペンが同6位と好調。

クローザーのクレイグ・キンブレルは22セーブ。ほかに、ジョー・ケリー、マット・バーンズとバックエンドを任せられるメンツが揃っている。

さらに、29歳でメジャー2年目のメキシコ人ヘクター・ベラスケスもここまで21試合39回2/3で防御率2.50と結果を残している。


J.D.マルティネス効果で打線も威力増す

 レッドソックスは攻撃陣も好調で、チーム打率はアストロズと並んでMLBトップ、得点数で同2位。本塁打数も同3位と昨年に比べて本塁打数は大幅にアップグレード。

FAで獲得したJ.D.マルティネスは23本塁打でマイク・トラウトらと並んでMLBトップタイ。ムーキー・ベッツも19本塁打で続き、本塁打数で同27位だった昨年の長打力不足を1年で解消している。

 

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/06/25 Mon. 18:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0506

Rソックスの守護神キンブレルがメジャー最速300セーブ到達  

 



 レッドソックスの守護神クレイグ・キンブレルが現地5日のレンジャーズ戦でメジャー通算300セーブをマークした。メジャーリーグの投手で300セーブは29人目。


29歳のキンブレルは、2010年にアトランタ・ブレーブスでデビュー。当時のブレーブスには斉藤隆が所属しており、斉藤の故障者リスト入りに伴ってキンブレルがブルペン投手としてコールアップされた。


DcfA_qwX4AAolPb.jpg


それ以来、11年から4年連続40セーブ以上でナショナルリーグのセーブ王に輝くなど494試合目での到達だった。9シーズン目での300セーブ到達は、メジャーリーグ最速。MLBオールスターゲームにも5回選出されている。


この間の防御率は驚異的な1.78。300セーブ以上をあげた投手で防御率が2点に満たないのはキンブレルだけらしい。





 レッドソックス移籍後の16年7月に左膝の半月板損傷によりDL入りし、その年は31セーブ、防御率3.40と不調に終わったが、昨年は、67試合の登板で35セーブ (ア・リーグ3位)、防御率1.43と復活。69.0イニングで僅か14四球(BB/9は1.8)と制球力が改善し、126奪三振でK/9は16.4を記録した。


昨年の地区制覇、今季の快進撃を支えている一人と言えそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/05/06 Sun. 17:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0418

チケット完売の頂上決戦は大谷からベッツが先頭弾 アナハイムが静まり返る  




大谷にメジャーの洗礼!?


 MLB公式インスタグラムには強烈なコメントが相次いだ。熱狂的で知られるボストン・レッドソックスファンのコメントだ。




 東西両地区の首位決戦は、平日にもかかわらず4万4,822人の観客でチケットは完売になったという。

 大谷を弁護するわけではないが、結果は御存じのように右手のマメの影響や中6日の登板間隔が寒波でスライドしたスケジュール調整、ホームでのナイター初登板など外的要因が幾重にも重なり、大谷翔平にとっては環境に順応するまでの厳しい状況が見て取れた一戦だった。

 結果論だが、1番ムーキー・ベッツとの対戦で5球目のスプリットが普段通りに投げれていれば、さらに、6球目のライトへのファウルフライがアウトになっていれば状況は一変したかもしれない。

 おそらく中指だが、マメの影響で制球が乱れた。とくに66球中13球投じたスプリットの制球がひどかった。
 
 フォーシームはパワーのある左打ちの5番デバースを詰まらせてサードへのファウルフライに打ち取ったシーンなどもあり力負けはしていない印象を受けた。

 大谷の3度目の登板は、2回で失点3、奪三振1、与四球2。メジャーでの様々な環境に慣れるまで、もう少し時間(経験)が必要ということだ。それに慣れれば、ポテンシャルは問題ない。

 ただ、指先のマメは、こちらが考える以上に深刻な場合が多く、くせになる場合もあり、ドジャースの先発左腕リッチ・ヒルも2年連続でマメが原因で故障者リスト入りしている。

大谷の場合も、指先をコーティングしているという報道もあったが、打者としての出場もあり、今後の対応に注目だ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2018/04/18 Wed. 15:50 [edit]

CM: --
TB: --
   

0328

Rソックスは先発3枚が開幕DL入り、NRI選手2名がブルペン入りというサプライズ編成  



ア・リーグ東部地区で2連覇中のボストン・レッドソックス。それを支えた投手陣に赤信号がともっている。

先発ローテーションのうちドリュー・ポメランツ、エドゥアルド・ロドリゲス、スティーブン・ライトの先発クラス3人が故障者リストで開幕を迎えるからだ。

このうち右腕スティーブン・ライトに関しては昨年5月に左膝の手術でシーズンを棒に振り、16年に24試合で13勝(6敗)という実績があるぐらいで、もともとローテーション投手としては懐疑的だが、ドリュー・ポメランツ、エドゥアルド・ロドリゲスという2人の左腕は大きな痛手になり、フロントからすれば誤算だろう。

ドリュー・ポメランツの17年は、32試合に先発登板して防御率3.32、17勝6敗、WHIP1.35を記録。防御率はア・リーグ7位、勝利数は同4位タイという好成績を収めた。

エドゥアルド・ロドリゲスは、25試合中24試合に先発登板し、防御率4.19、6勝7敗、WHIP1.28。投球回数、奪三振数、9イニング換算での奪三振率(SO9)9.8はキャリアハイをマーク。両左腕は、今季も期待できただけに残念だ。

チームは、昨年5月デビューのメキシコ出身29歳のヘクター・ベラスケス(3勝1敗、防御率2.92)。27歳左腕ブライアン・ジョンソン(2勝、防御率4.33)をアクティブに入れて先発4~5番手として起用する。

さらに、ノン・ロースター・インバイティ(NRI)の29歳右腕マーカス・ウォルデンと25歳左腕ボビー・ポイナーの2人のリリーバーが開幕ロースターにコールアップされた。2人ともメジャー経験はないという苦肉の編成になった。

NRIの選手たちが、メジャーリーグの分厚い契約の壁を破って開幕ロースターを勝ち取るのはサプライズ人事で、オープン戦7試合で防御率0.69をマークしたウォルデンと同10試合で防御率0.87をマークしたポイナーの好調さを今季から指揮を執るアレックス・コーラ監督が、自分の色を出すカタチで人事に反映させたと考えることもできる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/03/28 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0220

【MLB移籍情報】FA市場注目のJ.D.マルティネスがRソックスと5年契約で合意  




17年-18年オフのFA市場では、ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、エリック・ホズマー、J.D.マルティネスがトップクラスの評価を受けていたが、その中のひとり、J.D.マルティネスがレッドソックスと総額1億1000万ドルの5年契約を結ぶことで合意した。

敏腕スコット・ボラス氏が代理人のマルティネス。ファンラグスポーツのジョン・ヘイマンによると、5年契約の間に2度オプトアウトするかどうかを選択できる内容らしい。


18年 2,500万ドル
19年 2,500万ドル
(オプトアウト)
20年 2,200万ドル
(オプトアウト)
21年 1,900万ドル
22年 1,900万ドル


30歳のマルティネスは昨年、タイガースとDバックスで打率.303、45本塁打、104打点、OPS1.066のキャリアハイをマーク。4年連続でOPS.870を超えている。

特に7月に移籍してからは62試合で29ホーマーを放つなど長打力を発揮し、Dバックスのポストシーズン進出に貢献している。

もともと、アストロズやタイガースといったアメリカンリーグでのキャリアが長く、指名打者などの制度にもフィットしやすいと考えられる。このオフは、比較的静かな方だったレッドソックスだったが、ここへ来て大きな買い物をしたことになる。

レッドソックスはミッチ・モアランド、エドゥアルド・ヌニェスと再契約を結び、さらにマルティネスをロースターに追加した事で、スタントンが加入した同地区ライバルのヤンキースとも対抗できるオフェンス力になった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2018/02/20 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0201

【MLB契約情報】ムーキー・ベッツが年俸調停1年目で史上2番目の契約  




レッドソックスを支えるコアプレイヤー、ムーキー・ベッツ外野手が、公聴会を経て年俸調停1年目としては史上2番目の1,050万ドルで決着した。

ベッツと球団側は期限までに折り合いがつかず年俸調停は公聴会にゆだねられた。ベッツ側は1,050万ドルを要求。これに対して球団側が出した金額は、750万ドルで両者には開きがあった。



25歳のベッツは、11年のMLBドラフト5巡目(全体172位)でレッドソックスから指名されて14年6月にメジャーデビュー。キャリア4年だが、1年目は52試合だったので、実質3年でオールスターに2回選出されている。

15年にセンターで定位置を獲得。16年からは主にライトを守り、MVP投票でも2位に入る成績を残した。

打撃面だけではなく走攻守の3拍子が揃った選手で、16年、17年とゴールドグラブ賞を獲得。昨年の守備防御点(DRS)は+31、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)も20.5で両リーグトップの数値を示している。

イチローの全盛期(2004年)がDRS+30だったので、それと比べてもベッツのフィールディングの良さが理解できるだろう。

昨年はアベレージで16年の.318から.264と下げたが、4年間で.292、OPS.839。2年連続で100打点、20盗塁をマークしている。


ムーキー・ベッツ


先日発表されたMLBネットワークによるポジション別ランキングでもジャッジ、スタントンに続いて3位だった。


★ライト(RF)トップ10
1. アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
3. ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
4. ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
5. J.D.マルティネス(フリーエージェント)
6. ジョシュ・レディック(アストロズ)
7. アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
8. ドミンゴ・サンタナ(ブリュワーズ)
9. ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
10. デクスター・ファウラー(カージナルス)


ちなみに、年俸調停1年目の最高額は、クリス・ブライアント(カブス)の1,085万ドルが最高額。

メジャーリーグでは、選手はFAの資格を得るまで(6年の経験を積むまで)最低3回の調停申請ができるが、実際に調停が行われるケースは少なく、両者が歩み寄って調停が回避されるケースがほとんど。

今オフのジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)も調停を回避して2,300万ドルで合意。これは年俸調停権を有する選手の最高額で、ブライス・ハーパーも2,162万5000ドルで回避して合意している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/02/01 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

【AL東部地区】レッドソックスの補強ポイントと進捗状況  

 


ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。トレードも含めて移籍市場全体の動きが遅いため、あくまでも途中経過の報告になるが、東部地区を制したレッドソックスのここまでを見ていきたい。

この地区5球団の補強ポイントは下記のとおり。

★AL EAST Team Needs
レッドソックス ヤンキース レイズ ブルージェイズ オリオールズ
指名打者 先発投手 一塁か指名打者 外野手 先発投手
セットアップ 三塁手 セットアップ セットアップ 捕手
   先発投手 外野手



レッドソックスは、左腕のデビット・プライスを15年オフ、クリス・セールを16年オフに獲得したが、17年オフのここまでは静かなものだ。

ミッチ・モアランド、ダグ・フィスターら10人がFAになったが、クラブオプションを行使してクリス・セール、クレイグ・キンブレルらは残留。モアランドとは再契約した。

それ以外は主だった動きはなく、3Aクラスの内野手2名、外野手1名、先発3名の計6名と契約したぐらい。

DHとファーストを任せられる選手とアディソン・リードが抜けたあとのセットアップマンが補強ポイント。ファーストはモアランドだが、チーム内プロスペクトランキングでトップ10に評価されているサム・トラビス(BP8位、BA7位)、ジョシュ・オッキミー(BP10位)がいる。

パークファクターという角度から見ると圧倒的に打者有利のスタジアムが多い東部地区だが、レッドソックスの本塁打数はMLB30球団中27位。OPSでも同22位。

ライバルのヤンキースが本塁打王スタントンを補強しただけに、さらに、長打力では見劣りするラインナップは改善されていない。

そのため主軸の補強はJ.D.マルティネスらの名前が挙がっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/01/06 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド