メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0625

RソックスのC.セールが13奪三振で7回無失点!ヤンキースとゲーム差なしで追走  



 ア・リーグ東部地区がレッドソックスとヤンキースの名門2球団によるライバル2強争いになっている。

 24日(日本時間25日)は、レッドソックス先発左腕クリス・セールが7回13奪三振を奪う力投でマリナーズに5対0と勝利して52勝27敗(勝率.658)、レイズに敗れた首位のヤンキース(50勝25敗、勝率.667)をゲーム差なしで追走している。

 セールは7勝目。奪三振も17試合の先発で153のリーグトップ。MLB全体でもナショナルズのマックス・シャーザー(16試合)の奪三振161に次いで2位。奪三振率(K/9)も12.63でリーグトップの数字だ。

 被本塁打も10本と少なく打者有利の球場が多いア・リーグ東部地区のパークファクターを考えても秀逸だ。ちなみに、ヤンキースの田中将大は13試合の先発で16発の本塁打を浴びている。

 セールは投球回数も109イニングで、インディアンスのエース右腕コーリー・クルーバーに次いでリーグ2位とチームに貢献している。

 もともとリーグ屈指の先発ローテーションは、防御率でMLB10位とやや物足りないが、ブルペンが同6位と好調。

クローザーのクレイグ・キンブレルは22セーブ。ほかに、ジョー・ケリー、マット・バーンズとバックエンドを任せられるメンツが揃っている。

さらに、29歳でメジャー2年目のメキシコ人ヘクター・ベラスケスもここまで21試合39回2/3で防御率2.50と結果を残している。


J.D.マルティネス効果で打線も威力増す

 レッドソックスは攻撃陣も好調で、チーム打率はアストロズと並んでMLBトップ、得点数で同2位。本塁打数も同3位と昨年に比べて本塁打数は大幅にアップグレード。

FAで獲得したJ.D.マルティネスは23本塁打でマイク・トラウトらと並んでMLBトップタイ。ムーキー・ベッツも19本塁打で続き、本塁打数で同27位だった昨年の長打力不足を1年で解消している。

 

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/06/25 Mon. 18:14 [edit]

CM: --
TB: --
   

0506

Rソックスの守護神キンブレルがメジャー最速300セーブ到達  

 



 レッドソックスの守護神クレイグ・キンブレルが現地5日のレンジャーズ戦でメジャー通算300セーブをマークした。メジャーリーグの投手で300セーブは29人目。


29歳のキンブレルは、2010年にアトランタ・ブレーブスでデビュー。当時のブレーブスには斉藤隆が所属しており、斉藤の故障者リスト入りに伴ってキンブレルがブルペン投手としてコールアップされた。


DcfA_qwX4AAolPb.jpg


それ以来、11年から4年連続40セーブ以上でナショナルリーグのセーブ王に輝くなど494試合目での到達だった。9シーズン目での300セーブ到達は、メジャーリーグ最速。MLBオールスターゲームにも5回選出されている。


この間の防御率は驚異的な1.78。300セーブ以上をあげた投手で防御率が2点に満たないのはキンブレルだけらしい。





 レッドソックス移籍後の16年7月に左膝の半月板損傷によりDL入りし、その年は31セーブ、防御率3.40と不調に終わったが、昨年は、67試合の登板で35セーブ (ア・リーグ3位)、防御率1.43と復活。69.0イニングで僅か14四球(BB/9は1.8)と制球力が改善し、126奪三振でK/9は16.4を記録した。


昨年の地区制覇、今季の快進撃を支えている一人と言えそうだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/05/06 Sun. 17:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0328

Rソックスは先発3枚が開幕DL入り、NRI選手2名がブルペン入りというサプライズ編成  



ア・リーグ東部地区で2連覇中のボストン・レッドソックス。それを支えた投手陣に赤信号がともっている。

先発ローテーションのうちドリュー・ポメランツ、エドゥアルド・ロドリゲス、スティーブン・ライトの先発クラス3人が故障者リストで開幕を迎えるからだ。

このうち右腕スティーブン・ライトに関しては昨年5月に左膝の手術でシーズンを棒に振り、16年に24試合で13勝(6敗)という実績があるぐらいで、もともとローテーション投手としては懐疑的だが、ドリュー・ポメランツ、エドゥアルド・ロドリゲスという2人の左腕は大きな痛手になり、フロントからすれば誤算だろう。

ドリュー・ポメランツの17年は、32試合に先発登板して防御率3.32、17勝6敗、WHIP1.35を記録。防御率はア・リーグ7位、勝利数は同4位タイという好成績を収めた。

エドゥアルド・ロドリゲスは、25試合中24試合に先発登板し、防御率4.19、6勝7敗、WHIP1.28。投球回数、奪三振数、9イニング換算での奪三振率(SO9)9.8はキャリアハイをマーク。両左腕は、今季も期待できただけに残念だ。

チームは、昨年5月デビューのメキシコ出身29歳のヘクター・ベラスケス(3勝1敗、防御率2.92)。27歳左腕ブライアン・ジョンソン(2勝、防御率4.33)をアクティブに入れて先発4~5番手として起用する。

さらに、ノン・ロースター・インバイティ(NRI)の29歳右腕マーカス・ウォルデンと25歳左腕ボビー・ポイナーの2人のリリーバーが開幕ロースターにコールアップされた。2人ともメジャー経験はないという苦肉の編成になった。

NRIの選手たちが、メジャーリーグの分厚い契約の壁を破って開幕ロースターを勝ち取るのはサプライズ人事で、オープン戦7試合で防御率0.69をマークしたウォルデンと同10試合で防御率0.87をマークしたポイナーの好調さを今季から指揮を執るアレックス・コーラ監督が、自分の色を出すカタチで人事に反映させたと考えることもできる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/03/28 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0201

【MLB契約情報】ムーキー・ベッツが年俸調停1年目で史上2番目の契約  




レッドソックスを支えるコアプレイヤー、ムーキー・ベッツ外野手が、公聴会を経て年俸調停1年目としては史上2番目の1,050万ドルで決着した。

ベッツと球団側は期限までに折り合いがつかず年俸調停は公聴会にゆだねられた。ベッツ側は1,050万ドルを要求。これに対して球団側が出した金額は、750万ドルで両者には開きがあった。



25歳のベッツは、11年のMLBドラフト5巡目(全体172位)でレッドソックスから指名されて14年6月にメジャーデビュー。キャリア4年だが、1年目は52試合だったので、実質3年でオールスターに2回選出されている。

15年にセンターで定位置を獲得。16年からは主にライトを守り、MVP投票でも2位に入る成績を残した。

打撃面だけではなく走攻守の3拍子が揃った選手で、16年、17年とゴールドグラブ賞を獲得。昨年の守備防御点(DRS)は+31、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)も20.5で両リーグトップの数値を示している。

イチローの全盛期(2004年)がDRS+30だったので、それと比べてもベッツのフィールディングの良さが理解できるだろう。

昨年はアベレージで16年の.318から.264と下げたが、4年間で.292、OPS.839。2年連続で100打点、20盗塁をマークしている。


ムーキー・ベッツ


先日発表されたMLBネットワークによるポジション別ランキングでもジャッジ、スタントンに続いて3位だった。


★ライト(RF)トップ10
1. アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
3. ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
4. ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
5. J.D.マルティネス(フリーエージェント)
6. ジョシュ・レディック(アストロズ)
7. アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
8. ドミンゴ・サンタナ(ブリュワーズ)
9. ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
10. デクスター・ファウラー(カージナルス)


ちなみに、年俸調停1年目の最高額は、クリス・ブライアント(カブス)の1,085万ドルが最高額。

メジャーリーグでは、選手はFAの資格を得るまで(6年の経験を積むまで)最低3回の調停申請ができるが、実際に調停が行われるケースは少なく、両者が歩み寄って調停が回避されるケースがほとんど。

今オフのジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)も調停を回避して2,300万ドルで合意。これは年俸調停権を有する選手の最高額で、ブライス・ハーパーも2,162万5000ドルで回避して合意している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2018/02/01 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0106

【AL東部地区】レッドソックスの補強ポイントと進捗状況  

 


ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーが17年オフのFAトップ4と言われているが、いずれの選手も契約が決まらず年が明けた。トレードも含めて移籍市場全体の動きが遅いため、あくまでも途中経過の報告になるが、東部地区を制したレッドソックスのここまでを見ていきたい。

この地区5球団の補強ポイントは下記のとおり。

★AL EAST Team Needs
レッドソックス ヤンキース レイズ ブルージェイズ オリオールズ
指名打者 先発投手 一塁か指名打者 外野手 先発投手
セットアップ 三塁手 セットアップ セットアップ 捕手
   先発投手 外野手



レッドソックスは、左腕のデビット・プライスを15年オフ、クリス・セールを16年オフに獲得したが、17年オフのここまでは静かなものだ。

ミッチ・モアランド、ダグ・フィスターら10人がFAになったが、クラブオプションを行使してクリス・セール、クレイグ・キンブレルらは残留。モアランドとは再契約した。

それ以外は主だった動きはなく、3Aクラスの内野手2名、外野手1名、先発3名の計6名と契約したぐらい。

DHとファーストを任せられる選手とアディソン・リードが抜けたあとのセットアップマンが補強ポイント。ファーストはモアランドだが、チーム内プロスペクトランキングでトップ10に評価されているサム・トラビス(BP8位、BA7位)、ジョシュ・オッキミー(BP10位)がいる。

パークファクターという角度から見ると圧倒的に打者有利のスタジアムが多い東部地区だが、レッドソックスの本塁打数はMLB30球団中27位。OPSでも同22位。

ライバルのヤンキースが本塁打王スタントンを補強しただけに、さらに、長打力では見劣りするラインナップは改善されていない。

そのため主軸の補強はJ.D.マルティネスらの名前が挙がっている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/01/06 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1215

レッドソックスの主軸補強、プランAはJ.D.マルティネスだが、それだけではないらしい  



ライバルのヤンキース同様にレッドソックスも25歳のムーキー・ベッツを筆頭に23歳のアンドリュー・ベニンテンディ、25歳ザンダー・ボガーツ、21歳ラファエル・デバースなど若手が台頭した。

しかし、デビット・オルティーズが抜けた後に心配された長打力不足の課題は解消されていない。MLB30球団で本塁打数は27位。その結果、OPS(出塁率+長打率)も22位と下位に低迷している。

その分、投手力を強化して地区2連覇は達成したが、ヤンキースの中盤の失速に助けられたイメージが強かった。

そのレッドソックスの今オフの課題は破壊力が無くなった主軸打線の強化だろう。

主軸の補強はマルティネスがプランAであるとすれば、プランB(エリック・ホズマー)またはプランC(カルロス・サンタナ)と考えることもできるが、ウィンターミーティングでは、エリック・ホズマーとも交渉を行っていたという事で、マルティネス外野手と2人同時に狙っているとの情報も流れている。

その場合は一説には2億ドル以上と言われているマルティネスと1憶5,000万ドルのホズマーの資金を捻出するために4年8,800万ドルで契約した指名打者ハンリー・ラミレスやブラッドリー・ジュニア外野手を放出する可能性もある。

レッドソックスは18年シーズン終了後に守護神クレイグ・キンブレルとの契約が切れる。19年シーズン終了後にはクリス・セールとリック・ポーセロの先発投手2人とサンドバルの残契約の負担が終り、19年以降は大型契約をマルティネス、ホズマーと同時に結んでも吸収できるという。

ヤンキースのジャッジ、スタントン、サンチェスのクリーンアップに対抗して、ボガーツ、マルティネス、ホズマーのクリーンアップも総合力で比較すると遜色ない。

マルティネスもホズマーも代理人はスコット・ボラス氏。デーブ・ドンブロウスキー社長との交渉に注目したい。


◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/redsox-interested-in-signing-both-jd-and-hosmer/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/12/15 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1019

レッドソックスの主力2人が手術、JDマルティネス待望論もありチーム編成に影響か!?  



レッドソックスの主力選手2人が手術を受けた。

ボストン・レッドソックスの指名打者ハンリー・ラミレスと先発左腕エデュアルド・ロドリゲス投手が現地17日、手術を受けた。MLB公式サイトによると両選手ともフロリダ州ペンサコーラのジェームズ・アンドルーズ医師が執刀した。

このうち復帰まで時間を要するのはロドリゲス。メジャー3年目の今季は25試合(うち先発24試合)に登板し、6勝7敗、防御率4.19。膝の痛みで6月に故障者リスト(DL)に入るまでの11試合は、4勝2敗で防御率3.59。

クリス・セール、ドリュー・ポメランツ、リック・ポーセロらと共にローテーションの一角を担っていたが、オールスターブレイク後に復帰した後は14試合の先発で2勝5敗、防御率4.72と振るわなかった。

もうひとりの主砲ラミレスの方は、左肩の関節鏡視下手術などで、比較的早めの復帰が期待され、来季の開幕には間に合う見通しだという。



33歳のラミレスは今季、キャリアワーストの打率.242にとどまり、23本塁打、62打点。来季は4年総額8,800万ドル(約98億7,000万円)の契約最終年になる。

レッドソックスは、デビッド・オルティーズが引退したことでシーズン前から懸念されていた長打力不足が露呈。前年208本だったチーム本塁打もア・リーグ最低の168本まで減った。

その影響もあり59本塁打を放ったマーリンズのジャンカルロ・スタントンの獲得を期待する声もあるが、巨額の契約が残っている事や平均で121試合しか出場できていない事などが理由で、地元メディアでは獲得に否定的な論評がある。

そこで浮上しているのは17年45本塁打のJ.D.マルティネス。マルティネスは夏にタイガースからダイヤモンドバックスに移籍後に本塁打を量産。ポストシーズン進出へチームをけん引した。

年間トータルで打率.303、出塁率.376、長打率.690、OPS1.066、103打点という数字はオルティーズ引退後の長距離砲として期待でき、スタントンほど高額契約でもないという。

レッドソックスの外野陣はベッツ、ブラッドリー・ジュニア、ベニンテンディの若い3人が今季のレギュラーだったが、やや迫力不足。

そこに、ライトが定位置のマルティネスを一塁や指名打者、外野を併用させてハンリー・ラミレスと併用してはどうかという案が浮上している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/10/19 Thu. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1012

【球団人事】レッドソックス、ジョン・ファレル監督の18年オプション更新せず解任決定  



レッドソックスはジョン・ファレル監督との契約オプションを今季限りで更新しないことを発表した。これでファレル監督の解任が決まった。



投手出身のファレル監督は、2006年オフにボストン・レッドソックスの投手コーチに就任。当時レッドソックス監督だったテリー・フランコーナとは現役時代からの友人で、投手部門をフランコーナ監督から一任され、就任1年目の2007年はチーム防御率がリーグ1位となり、レッドソックスはワールドシリーズ制覇を果たした。

選手との対話を重視するタイプの監督で、4年間の在任中にジョン・レスター、クレイ・バックホルツをリーグを代表する投手に育て上げた。特にカッターの指導には定評があったという。

松坂大輔が同チーム在籍時代の投手コーチだった。そのため、個人的にはそのイメージが強い。

13年にレッドソックスの監督に就任し、シーズン途中から上原浩治をクローザーにするなど、1年目でチームをワールドシリーズ制覇に導いた。その後も在任5年間で3度の地区優勝に輝き、チーム史上初めて16年、17年と地区連覇を成し遂げていた。



デーブ・ドンブロウスキー球団社長がオーナー・グループとミーティングを行い、監督の去就について協議し、今回の決定に至ったことを複数のメディアが伝えているが、2年連続で2億ドル近い投資をしながらALDSで敗退した責任の一端はチーム編成を行ったドンブロウスキー球団社長にもある。

ヤンキースやアストロズは若い伸びしろのある選手たちをベテラン選手たちが良くまとめたとの指摘もあり、レッドソックスはデビッド・オルティーズが抜けたことによるリーダーシップの不在が早い段階で指摘されていた。

球団の監督人事については、メッツ、フィリーズ、タイガースも監督が交代する。当然ながらレッドソックスも新しい指揮官を探すことになる。



◇記事参考
https://baseball.information0.com/major-baseball/other-red-sox-leaders-must-bridge-cultural-divide/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/10/12 Thu. 09:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0921

クリス・セールがシーズン300奪三振 ALでは99年のペドロ・マルティネス以来18年ぶり  



クルーバーになるのか、それともセールか?

サイ・ヤング賞を争うレッドソックスの左腕クリス・セールが20日(日本時間21日)、敵地で行われたオリオールズ戦で今季300奪三振を達成した。

セールは、プレイオフ進出をかけた大事な一戦で8回零封の快投。4安打無四球で13三振を奪う圧巻の内容だった。

年間300奪三振達成は、MLBでは2015年のクレイトン・カーショー(301奪三振)以来、2年ぶりになるが、指名打者制のあるアメリカンリーグ(AL)での同記録は、同じレッドソックスのペドロ・マルティネス(1999年)以来、18年ぶりの快挙になった。

クリス・セール

28歳の左腕は、今季キャリア8年目。昨年はMLB史上最速で通算1500奪三振を達成した。

これまでは15年の273奪三振が自己最多だったが、このままいけばキャリアハイと共に両リーグで年間最多奪三振の記録をマークすることになる。

メディアでは、いろんな記録が飛び交うメジャーリーグだが、1900年以降で年間の最多奪三振は1973年ノーラン・ライアン(アストロズ)の383奪三振。ライアン氏は通算5714奪三振の記録も持っている。

17勝でクルーバーとも並びトップタイ。イニング数ではセールが上回っている。防御率も2.75(AL2位)でクルーバーの2.35(AL1位)に迫っている。年間300奪三振はALで今世紀初の達成ということでインパクトが強い。

個人タイトル争いにも注目していきたい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/09/21 Thu. 13:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0830

レッドソックスのC.セールが15勝目、MLB最速で1500奪三振到達   



レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー野球運営部門社長は、その手腕が評価されている一人だが、2015年オフに大枚をはたいて契約した先発左腕デービット・プライス(7年総額2億1700万ドル=約238億円)は、今季11試合に登板しただけで現在も故障者リストに入り、この2年間で296イニングで、ここまで年俸に見合う結果を出していない。

それに比べて昨年12月にマイナー選手4人と引き換えにホワイトソックスから獲得した先発左腕クリス・セールは、「サイ・ヤング賞」当確のような好投を続け、チームの地区首位に貢献している。

現地29日のブルージェイズ戦では7回を投げて被安打3、奪三振11、無四球、無失点。今季185回1/3イニング、防御率2.77、WHIP0.91。

レッドソックスは3対0で勝利し、セールは15勝目(6敗)を飾ると共に通算1500奪三振に到達した。通算1290イニングでの到達は史上最速記録ということだ。

セールは、この日の11奪三振で今季264奪三振。300奪三振まで、あと34まで迫っている。

この「シーズン300奪三振」も凄い記録で、達成すれば同じレッドソックスの右腕ペドロ・マルティネスが1999年に記録した313奪三振以来18年ぶりになる。

メジャーリーグファンならご存知だと思うが、ナショナルリーグに比べ「指名打者制」があって投手が不利とされているアメリカンリーグ。しかも、東部地区は「バッターズ・ヘブン」といわれるぐらい打者有利の球場が多い。重みが違う数字といえる。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/30 Wed. 18:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド