メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1002

Dバックス平野佳寿がフル回転、75試合は日本選手最多登板の快挙  




34歳オールドルーキーの1年目が終わった。

今季、オリックスからダイヤモンドバックスへ移籍した平野佳寿は、同じ腕の振りから繰り出されるフォーシームの制球力とスプリットを武器に、日本投手のシーズン最多登板記録となる75試合に登板した。

これは、メジャーリーグで約800人が登板したリリーバーの中で7位タイの記録だった。

スタッツは、、66回1/3、4勝3敗、32ホールド、3セーブ、防御率2.44、WHIP1.085、59奪三振(奪三振率8.01)、23四球(与四球率3.12)、FIP3.69。

チームの貴重なセットアッパーとして奮闘した。それを物語るのが、平野が投げる場面だ。

平野は、チームがリードした場面で52試合(セーブ機会でも7試合)、同点の場面で16試合と計75試合中68試合でシビレる場面に登場してメジャーの打者を仕留めていった。

ボールが飛びやすいと言われるこのディビジョンでHR/9も0.81、被打率.207はデータ好きの方なら、どれだけ凄いかお分かりだろう。

平野は「ポストシーズンを戦いたかった。最後に失速したのは残念だった」とチームの終盤の失速を残念がったが、個人的には首脳陣を納得させるものだった。

これまでこのチームに所属した日本選手は斉藤隆と平野だけだが、日本人投手の質の高さを納得させたに違いない。

しかし考えてみると、驚くことではないだろう。

オリックスのクローザーとしてWBCの日本代表選手にも選出され、2011年はパ・リーグ新(当時)の43ホールド・49ホールドポイント、2014年はリーグ新(当時)の40セーブを記録したことを称えてリーグ特別表彰を2回 受賞している(2011年、2014年)。その実力をメジャーリーグでも証明しただけかもしれない。

続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2018/10/02 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0627

オールドルーキーの逆襲!平野佳寿が23試合連続無失点、球団記録まで「1」  




混戦のナ・リーグ西部地区で首位を走るアリゾナ・ダイヤモンドバックス。その躍進を支えているのはMLB30球団中、防御率で1位のブルペン陣だ。そして、その中核が、今年、日本から海を渡った平野佳寿だろう。

平野は26日(日本時間27日)の敵地マイアミでのマーリンズ戦に8回から登場。

平野佳寿


平野7回(17ホールド)、ブラッドリー8回(20ホールド)、ボックスバーガー9回(18セーブ)というのが勝利の方程式だったが、最近は8回を任される試合も増えた。

この日の平野はピンチの場面を何とかしのいだ。先頭のブリンソンをライトフライに打ち取ると、ホラデーには死球を与え1死一塁。続く代打・メイビンをフルカウントから90.1マイルのフォーシームで見逃し三振。

このまま終わると思えたが、1番ディートリッチにセンター前ヒット、アンダーソンにはセカンドへの内野安打を許し2死満塁のピンチ。しかし、冷静に3番ボーアを83.6マイルのスプリットでセンターフライに抑えた。この日は、1回を21球、被安打2、死球1と荒れた内容だったが、何とか記録を更新した。

これで38試合35イニング、防御率1.29、32奪三振。連続無失点試合を23に伸ばし、2008年にライオン、2012年にはプッツがマークした球団記録まであと1試合に迫った。

ちなみに、日本人リリーバーの記録は、下記の記録があるが、試合数ではなくイニング数では、上原浩治の連続イニング無失点(30回1/3)を既に上回っている。


2013年 上原浩治(レッドソックス)27試合
2003年 長谷川滋利(マリナーズ)24試合
2004年 高津臣吾(Wソックス)23試合


ナ・リーグ西部地区は、ドジャースが4連勝で2位に浮上。ロッキーズが連敗で4位に後退したが、首位から4位までが4.5ゲーム差という混戦状態になっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/06/27 Wed. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0623

オールスター級の活躍!平野佳寿が記録更新中!!球団記録まで、あと3試合  





 ナ・リーグ西部地区の首位ダイヤモンドバックスのブルペンを支える34歳の“オールドルーキー”が球団記録に迫っている。

 今季、プロ野球のオリックス・バッファローズから移籍した平野佳寿が22日(日本時間23日)、敵地でのパイレーツ戦に登板。Dバックスの先発コービンとパイレーツ先発ノバの投手戦のあとを受けて8回から0対0の場面で登場した。

この痺れるシーンで平野は、先頭打者をショートライナー。2人目を四球で歩かせたが、次の打者をショートゴロ併殺に打ち取り、3人を12球で料理し、連続無失点試合を21試合に伸ばした。

 平野は、これまで7回の登板が一番多く、36試合中、リードした場面で24試合、同点で8試合に登板している。いかに、チームの勝利に貢献しているかが分かる数字だ。

36試合2勝0敗、32回2/3イニング、防御率1.38、WHIP0.98。

何試合かライブ中継を見たが、腕が良く振れている印象が強い。フォーシームとスプリットのフォームが同一軌道から変化する。球審の厳しい判定と戦いながらアウトローへの制球も一級品だった。


平野佳寿


 前回の試合で2011年のピーダーソン、15年のチャフィンの持っていた新人球団記録の19試合を抜いていたが、これで球団記録の2012年プッツ、2008年リオンの24試合に、あと3まで迫ってきた。

 ちなみに、日本人リリーバーの記録は、下記の記録があるが、試合数ではなくイニング数では上原の連続イニング無失点(30回1/3)を既に上回っている。


2013年 上原浩治(レッドソックス)27試合
2003年 長谷川滋利(マリナーズ)24試合
2004年 高津臣吾(Wソックス)23試合


 調べてみると、記録が整備された1951年以降でマイク・マイヤーズ(ヤンキース)が1999年から2000年にかけて作った37試合連続無失点があるが、彼の場合は左のサイドスローでワンポイントでの起用が多く、19回1/3イニングしか投げいない。平野は32回2/3を投げている。

もっと凄い記録があるかもしれないが、リリーバーとしては2008年、ブラッド・ジーグラー(マーリンズ)がアスレチックス時代に39イニングの連続無失点記録を作っている。これは、デビューからの球団連続無失点記録でもあるらしい。

先発投手では有名なドジャースのオーレル・ハーシュハイザー(1988年)の59イニング連続無失点記録がある。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/06/23 Sat. 13:07 [edit]

CM: --
TB: --
   

0107

大谷、平野に続いて牧田もメジャー移籍決定!パドレスと2年契約で最終段階  

 


前田健太のロサンゼルス・ドジャースと同じナ・リーグ西部地区に所属するサンディエゴ・パドレスに牧田和久がポスティング移籍する。

パドレスと埼玉西武がポスティング交渉の締結間近で、複数のメディアによれば契約は、2年総額400万ドル(約4億5200万円)。詳細は今後、明らかになるはずだ。

Yahooスポーツのジェフ・パッサン氏もツイートで伝え、牧田は、既に渡米してメディカルチェックを済ませているという。

大谷翔平の代理人はCAAスポーツ。そのハリウッド4大エージェンシーのCAA(Creative Artists Agency)と09年から業務提携しているよしもとクリエイティブ・エージェンシーが、牧田とマネジメント契約を締結したと発表。



牧田のメジャー移籍交渉をよしもとCEが代理人となって進め、契約交渉も含めて、米国における活動を全面的にサポートすることになる。

33歳のサブマリンは、10年のNPBドラフト2巡で埼玉西武が指名。11年に開幕ロースター入り。中継ぎ陣の不調から、交流戦明けからクローザーを務めた。

WBC日本代表にも第3回と第4回の2度選出され、昨年は58試合に出場して3勝3敗28ホールド、 防御率2.30の成績を残した。

昨年11月23日にポスティングシステムでのメジャーリーグ挑戦を目指すことを表明。12月11日に球団が容認し、NPBにポスティング申請していた。

この地区は、ドジャース、ダイヤモンドバックス、ロッキーズがポストシーズンに進出。パドレスは首位ドジャースと33ゲーム差の地区4位だった。

これまで大塚晶則、井口資仁が在籍したチームで、現在は野茂英雄氏や斎藤隆氏がアドバイザーとして加わっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2018/01/07 Sun. 18:05 [edit]

CM: --
TB: --
   

1129

中後悠平が来季もメジャー挑戦!今季はマイナーで50試合に登板  



大谷翔平やダルビッシュ有の動向が気になるストーブリーグだが、日本人のメジャーリーグフリークとして忘れてはならない存在が昨年からメジャー挑戦中の中後悠平だ。

すでに帰国して来季に向けてのトレーニング中だが、2018年シーズンも今季と同じダイヤモンドバックス傘下のマイナーリーガーとしてメジャー40人枠を目指すというスポーツ紙の報道があった。

2年目の今季はメジャーの春季キャンプに招待されたが、多くの選手がそうであるように厳しい40人枠には残れなかった。

ただ、手応えはおおいにあった1年だという事をインタビューでも応えていた。

2Aと3Aで計50試合に登板し防御率2.53。2Aでは、初体験という長時間のバス移動など過酷な環境の中、日米通じて自己最多の試合数とイニング数(67回2/3)を記録した。

2Aでは、わずか4ヶ月間で140試合を戦う過酷なアメリカ南東部のサザン・リーグ・北地区のジャクソン・ジェネラルズ(テネシー州ジャクソン)に所属。

月間防御率で、

4月2.84
5月4.50
6月1.32
7月1.42

と推移し、前半は苦しんだが、後半は手応えのあったシーズンだった。フォームが安定しフォーシームが良くなった結果、左腕投手が課題の右打者に対してもツーシームやチェンジアップを使って、ファウルにならずにゴロで打ち取れるようになってきたという。

クローザー、セットアッッパー、ロングリリーフなど、チームが要求する様々な役割をこなしながら、チーム最多タイの48試合に登板した。そうした内容が評価され3Aリノのプレイオフにもロースター入りした。

中後悠平


ダイヤモンドバックスのマイク・ヘーゼンGMも「よく投げてくれていた。ユニークな投げ方の左腕。貴重な武器になってくれる」と評価。別の関係者によれば再びメジャーキャンプ招待の可能性もあるという。

メジャーのベンチ入り25人枠の中で左投げリリーバーの登録は多くても2人。ダイヤモンドバックスには傘下マイナーも含めて2A以上のレベルで9人の左投げリリーバーがいる。3A以上に絞れば5人。

このストーブリーグで多少の入れ替えはあるが、2年間の経験と実績は十分評価されるはずだ。来季、チャンスの順番が中後に訪れることに期待したい。


◇記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170802-00074050/



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/11/29 Wed. 17:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0429

田中将大だけじゃない大家友和もメジャーで「マダックス」完封していたァァァ!  

 


すでに紹介したがヤンキースの田中将大投手がメジャー2度目の完封ショーを、わずか97球で演じた。今季パッとしなかっただけに明るいニュースになった。

日刊スポーツが面白い記事を掲載していた。100球未満の完封は殿堂入り名投手にちなんで「マダックス」と呼ばれているが、田中は今季初のマダックス達成者となった。

しかし、それよりも驚きはブルワーズ時代の大家友和も完封劇、しかも「マダックス」を演じていた。


◆MLBの日本人投手100球未満完封勝利


(1)黒田博樹(ドジャース)91球
(08年7月7日、3-0ブレーブス=9回1安打6三振四死球0)

(2)田中将大(ヤンキース)97球
(14年4月27日、3-0レッドソックス=9回3安打3三振四死球0)

(3)大家友和(ブルワーズ)98球
(05年6月14日、4-0デビルレイズ=9回9安打6三振四死球1)


大家は、ボストン・レッドソックスで99年よりメジャーキャリアをスタートさせ、この年(2005年)、所属したモントリオール・エクスポズが、本拠地移転によりワシントン・ナショナルズと名称を変更。開幕から先発で起用されたが、前年までの通算で2.31だった与四球率が5月上旬までで5.70と制球が乱れ先発を外される。

6月4日のフロリダ・マーリンズ(現マイアミ)戦では降板を要求する監督のフランク・ロビンソンに背を向けたため罰金1,000ドルを科せられる。

その影響もあって6月10日にリリースされてミルウォーキー・ブルワーズにトレード移籍。 6月14日のタンパベイ・デビルレイズ戦で移籍後初先発し、自身初の完封勝利を挙げる。

大家友和


前半戦を5勝4敗、防御率3.62、WHIP1.32で折り返し、9月5日のシンシナティ・レッズ戦で10勝に到達。与四球率も移籍後は1.99と復調した。この年が大家にとっ10勝以上した最後の年になった。

その後、07年トロント・ブルージェイズで2勝5敗。09年クリーブランド・インディアンスで1勝5敗。この頃にはリリーバーとして起用されることが多くなった。10年にNPBの横浜ベイスターズと契約。独立リーグでもプレイした。

41歳ナックルボーラーとして再起をかけた大家は16年10月2日にメジャーリーグの公開トライアウトを受け、12月15日にマイナー契約を結び、AAA級ノーフォーク・タイズに配属された。マイナーキャンプにも参加したが17年3月28日に自由契約となった。

何か味わい深い侍メジャーリーガーだ。そうか、大家友和というメジャー51勝(NPB8勝)を挙げた投手がいたことを忘れていた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/04/29 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0306

中後悠平、開幕メジャーならずマイナーキャンプへ   




中後悠平の開幕メジャーの夢は潰えたようだ。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの春季キャンプに招待選手として参加していた中後悠平投手が現地5日、マイナーのキャンプ行きを通告された。

メジャーの春季キャンプは40人枠選手とマイナー契約のノン・ロースター・インバイティ―(枠外招待)選手、若手のプロスペクトら、合わせて70人近い選手が参加。その中からふるいにかけて、週ごとロッカーが開いていく厳しい春だ。

3試合に登板した中後だったが、注目していただけに、やや早と感じるマイナー行きとなった。3試合、3イニングを1安打、2四球、3奪三振、1失点。

1回目と3回目の登板が無失点だっただけに、2回目の登板が悔やまれる。その試合では先頭打者から8球連続ボールで、連続四球を出した。

マイク・ブッチャー投手コーチは中後について、昨季は非常に成長したと評価しながらも、今後の課題として、特にストレートの制球難を指摘しているようだ。

ただ、ダイヤモンドバックスのトーリ・ロブロ監督は、中後を今季中にコールアップする可能性があるということもMLB.comでは伝えている。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。

16年は、最終的には3Aまで昇格。3Aのリノ・エーシズでは13試合連続無失点で9月のコールアップも期待されたがメジャーでの登板は果たせなかった。今季は秋季キャンプに初参加、開幕メジャーが期待された。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/06 Mon. 16:47 [edit]

CM: --
TB: --
   

0302

中後悠平、2度目の登板は1回2四球の制球難で1失点  



マイナー契約からメジャーを目指すダイヤモンドバックスの中後悠平が現地1日、ホワイトソックス戦に2度目の登板。1回1失点だった。

2-1の6回から6番手で登板した中後は、先頭打者をストレートのファーボール。次の打者にもストライクが取れず8球連続のボールという立ち上がりだった。

3人目の打者が初球を打って1塁ゴロが犠打になり、走者二、三塁からセンター前タイムリーを浴びて失点した。真ん中高めの初球を狙われた。二塁走者が本塁でタッチアウトとなり2死。最後は空振り三振に打ち取った。

早打ちの打者に対する初球の入り方と制球に課題の残ったマウンドだった。結局、1回を1安打1失点、1三振2四球。40人枠登録へ不安の残る内容だった。

中後は、「自分が課題にしていて、一番やってはいけないことをやってしまった。ボールは悪くなかったが、先頭の四球がすべてだった。次にチャンスがあるかどうかも分からないが、次の試合があるのなら絶対に結果を残したい」とコメントしている。


  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 



Posted on 2017/03/02 Thu. 20:54 [edit]

CM: --
TB: --
   

0226

メジャーへ!中後悠平2年目の春、OP戦初登板で好スタート  



メジャー2年目の挑戦となるダイヤモンドバックスとマイナー契約の中後悠平投手が現地25日のオープン戦に初登板、1回を無難に切り抜けた。

アリゾナ州スコッツデールで行われているダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに初参加している左腕は、オープン戦の初戦となったロッキーズ戦で4点ビハインドの8回、7人目として登場した。

8回の頭からマウンドに上がった中後は、8番打者相手にボールが2球先行。

1球目はインコースのフォーシーム、2球目はアウトコースのスライダーが外れた。3球目、やや内よりの89.0マイルのフォーシームでセンターライナーに打ち取った。

2人目は右バッターとの対戦。89.1マイルのフォーシームで詰まらせてショートライナー。

3人目は昨シーズンのレギュラーだった1番デビット・ダール(LF)を1球目の88.9マイルのフォーシームでファーストゴロに打ち取った。

8球の内訳はフォーシムが6球、スライダー1球、チェンジアップ1球だった。最速は90.6マイル(約146キロ)だった。

中後投手は「オープン戦でも大リーグのマウンドは初めてだったので、準備はしていたつもりだったが緊張した。最初の2球は力の入れ方がわからなかったが、3球目からリズムがつかめた。抑えられてよかった」とコメント。

気になる首脳陣の評価は、「いいスタートだった。また次のチャンスもあるだろう」とトリー・ロブーロ監督。今後もチャンスを与える考えを示したという。

中後悠平

22日のシート打撃の登板では、ロブーロ監督の横でマイク・ヘーゼンGMも中後の登板を見守った。若手有望選手でもない招待選手の打撃練習登板に、監督、GMが揃って最初から最後まで注視するのは滅多にないことだという。

打撃練習登板でいずれも捕手を務めたメジャー在籍8年のジョシュ・トーリ選手は、メジャーでも十分に通用する投球だと褒め称えた。

「彼の真っ直ぐは浮き上がるように伸びてくる。スライダーも曲がりが鋭いし、きちんと両サイドに投げ分けることができる。チェンジアップもスライダーに負けないくらい通用する変化球だ。特に左打者に対しては内角をツーシーム、真っ直ぐ、スライダーで攻めることができる。十分にメジャーの左打者でも効果的な投球ができると思う」。

総勢70人から開幕25人枠を争う厳しいメジャーの春。毎週ロッカーが開いていく現実が待っているが、とりあえずは、好スタートを切ったといえる。



◆記事参考
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20170224-00068049/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/26 Sun. 18:56 [edit]

CM: --
TB: --
   

0114

元ロッテの中後悠平がDバックスのキャンプに!リリーフ陣は弱くチャンスあり  




元ロッテでダイヤモンドバックス傘下3Aリノ・エーシズに所属した中後悠平投手が、メジャーキャンプに参加することが決まった。現地9日、球団公式ツイッターが発表した。

この日、Dバックスは、球団公式ツイッターで、メジャーキャンプに参加招集するマイナー契約の14選手を発表。

中後の背番号は「64」。 昨年は、ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビュー。そうした経緯から今年が初めてのメジャーキャンプになる。



 
ここでも昨年8月20日に紹介したが、中後は、そのマイナーデビュー戦が鮮烈だった。

6月22日、4番手として8回表、2アウト、ランナー2塁の場面からマウンドに立った。まず、最初の打者を空振りの三振に仕留めて8回を無失点。

9回も1安打を許したものの後続を三者連続三振に打ち取った。1回1/3を被安打1、奪三振4の上出来のデビューだった。

というのも標高の高いマイルハイの乾燥地帯に本拠地を構える3Aリノは、通常よりもボールが飛ぶ打者有利なヒッターズパーク。

Dバックスの同地区にはデンバーのマイルハイに位置するコロラド・ロッキーズなどが所属しているので、三振の獲れる投手は優遇される。

そうしたパークファクターに中後はハマった。

3A昇格後は、貴重なリリーバーとして13試合連続無失点で自信をつけた。9月には40人枠に広がるメジャーで、カブスの川﨑宗則のようにコールアップされる可能性もあった。


中後悠平


今回キャンプに呼ばれた「招待選手」と日本では紹介されているノン・ロースター・インバイティー(ロースター枠外選手)は中後を含め14人。うち投手は10人。

メジャーのブルペン登録は通常7人。左腕のリリーバーは1人から2人。この枠を先発ローテーションの投手を外した約15人の40人枠登録のリリーバーと、この招集された10人の投手で争うことになる。

Dバックスの補強ポイントは、リリーフ投手。リリーフ陣のスタッツはMLBで27位。

クローザーは、3月に40歳になるフェルナンド・ロドニーをFAで獲得したが、70試合に登板したダニエル・ハドソンがFAでパイレーツに移籍。50試合以上を投げたのはランドール・デルガド、ジェーク・バレットの2人だけ。

とくに左腕のリリーバーはスティーブ・ハサウェイが14回2/3で防御率4.91、アンドリュー・チャフィンが22回2/3で同6.75と弱く中後にも十分にチャンスはある。

まずは、40人枠のメジャー登録が目標。そして開幕メジャー25人枠のアクティブ・ロースター目指してスプリングキャンプに参加することになる。


中後 悠平 (なかうしろ・ゆうへい)

近大新宮高(和歌山)から近大を経て2012年にドラフト2位でロッテに入団。変則左腕としてロッテでは実働3シーズンで計37試合に救援登板し、2勝2敗6ホールド、防御率5.68だった。 しかし、15年は1軍登板なし、オフには戦力外通告を受けた。

プロ野球選手の最後の復活チャンスとなる「12球団合同トライアウト」でも結果は出せず、地域リーグのBCリーグ・武蔵ヒートベアーズ(埼玉県)に入団した。

しかし、その一部始終が、TBS系列の人気ドキュメンタリー「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男」の2015年版で取り上げられ、その番組を見たメジャーのスカウト達の目に止まった。

メジャー3球団から招待選手としてスプリングキャンプへオファーを受ける中、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約に至った。 ビザ取得が遅れてスプリングキャンプには参加できず、ルーキーリーグが始まった6月にデビューしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ 




続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2017/01/14 Sat. 06:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド