メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0627

【MLB移籍情報】マーリンズが売り手に、正遊撃手エチェバリアをレイズへトレード  



今年は早めに動くのではないかという観測があった夏のトレード期限前の移籍市場。正式決定ではないが、マイアミ・マーリンズとタンパベイ・レイズ間でトレードが合意したと複数のメディアが伝えている。

マーリンズが5月10日から故障者リスト(DL)入りしている正遊撃手アデイニー・エチェバリアをタンパベイ・レイズへトレード。レイズの交換要員はマイナー選手2人。

CoPQlWJUMAAOP73.jpg


28歳のエチェバリアは、今季こそ右腹斜筋のケガでDL入りし、この時点でも復帰していないが、レイズ側はメディカルチェックで深刻なものではないとみているようだ。

エチェバリアに関しては、カージナルス、オリオールズなどが争奪戦に絡んでいると報じられていた。

昨季までの4年間、マーリンズの正遊撃手として活躍。通算640試合出場で打率.255、15本塁打、183打点という成績を残している。ただ、その打撃センスよりも、各チームの注目はDRS+9(15年、16年)という高い水準の守備力にあったみたいだ。

ア・リーグ東部地区のレイズは現在、ヤンキース、レッドソックスに次いで地区3位。しかも首位まで2.5ゲーム差で地区優勝の可能性もあり、ワイルドカード争いにも好位置で絡んでいる。

マーリンズ


一方、マーリンズは、ナ・リーグ東部地区3位。首位ナショナルズとは10.5ゲーム差。ワイルドカード争いでも10ゲーム以上離されて夏の移籍市場で“売り手”になることが予想されていた。

レイズは、昨シーズン中にトレードで獲得したマット・ダフィーを正遊撃手にする編成だったが、故障が続き、復帰の目途が未だ立たたない状況。

今回のトレードでは、エチェバリアの年俸をレイズが全額負担するが、235万ドルとリーズナブルで、資金のないレイズの補強にはもってこいの選手といえそうで、2020年まで契約の残るマット・ダフィーが本来のパフォーマンスを見せれば、エチェバリアは、来季終了後にFAとなるため、再度トレードの交換要員に使える。

マーリンズが獲得したマイナーリーガーは、ブラクストン・リー(Braxton Lee)、イサン・クラーク(Ethan Clark)。共にMLB公式サイトのチーム内プロスペクトランキングで30位以内に入っている選手だ。

水面下で球団売却交渉が続いているマーリンズは今後、夏の移籍市場に投手陣の中からクローザーのA.J.ラモス、セットアップのデビッド・フェルプス、カイル・バラクローらのリリースが噂されている。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/27 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0624

レッドソックスが動いた!補強ポイントの三塁手と先発右腕D.フィスター獲得  

 

ヤンキースとレッドソックスの久々と言える名門球団の首位攻防戦が続くアメリカンリーグの東部地区。

その東部地区でメジャーきってのトレーダー、レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー球団社長が7月末のトレード期限を前に早々とトレード工作を始めている。

今季は夏のトレード市場が早めに動き出すのではないかという観測だったが、メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』によると、現地23日、前ロサンゼルス・エンゼルスの右腕ダグ・フィスター投手と前カージナルスのジョニー・ペラルタ内野手の両ベテランを獲得した。

フィスターは先発ローテーション入りして25日に古巣のエンゼルス相手に登板予定。

33歳のフィスターは2011年から2016年までの6年間に5度の2ケタ勝利をマーク。昨季はアストロズで12勝13敗、防御率4.64という成績を挙げたが、エンゼルス入りした今季はメジャーでの登板機会がなかった。

35歳のペラルタは両リーグ合わせて3度のオールスター選出を誇る選手だが、今季は21試合の出場にとどまり、打率.204で本塁打と打点はゼロ。今月13日にカージナルスから放出されていた。

マイナー契約で当面は3Aポータケットで調整して、好調なら8月から9月の正念場にコールアップする見込みではないだろうか。というのもレッドソックスは、パブロ・サンドバル三塁手がジャイアンツ時代のパフォーマンスを発揮できず完全に不良債権化している。

どこまで戦力になるかは未知数だが、最大の補強ポイントである三塁の穴埋めを期待されているようだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/24 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0610

MLB2017 夏のトレード市場の注目投手たち  




今季は現地6月14日がMLBドラフトの最終日になるが、それ以降、トレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、今季はもう少し早くなるという観測がある。

それでもまだ、1カ月ほどあるので、その間で「売り手」と「買い手」が変動することも考えられるが、ア・リーグではブルージェイズ、ロイヤルズ、ホワイトソックス、ナ・リーグではパイレーツとジャイアンツ、マーリンズあたりも「売り手」に回りそうな状況だ。

そうなればウェーバー公示なしのトレード期限前には、そうそうたる投手たちがリストアップされる状況になる。

ジャイアンツのジョニー・クエト、マット・ムーア、ジェフ・サマージャ

ブルージェイズのマルコ・エストラーダ、J.A.ハップ

ロイヤルズのジェイソン・バルガス、イアン・ケネディ

ホワイトソックスのホセ・キンタナ、デレク・ホランド、ミゲル・ゴンザレス

パイレーツのゲリット・コール、イバン・ノバ


上記は、ほんの一部で、需要と供給のバランスを考えると「買い手」には選択肢が多くなり、わりと有利な条件で、ポストシーズンを考えたレンタル補強をやり易い状況になる。

パイレーツのゲリット・コールは26歳でFAとなるのは最短でも2019年シーズン終了後のため、獲得したチームは、17年、18年、19年の3シーズンでコントロールできる。

ヤンキースは22歳の次世代エース候補、ルイス・セベリーノが好投しているものの、まだシーズンを通じての実績がなく、今季好調のアストロズの場合もダラス・カイケルに次ぐ2番手のマッカラーズ・ジュニアも同じように実績がない。

この2チームが、ゲリット・コールを加えることは、今季のポストシーズンだけではなくて来季以降の編成を考えた場合に必要だという論調も一部でにあるようだ。

他にもアスレチックスのソニー・グレイ、フィリーズのジェレミー・ヘリクソン。彼らは毎年リストアップしているような気がする。

今季終了でFAとなるレンジャーズのダルビッシュの名前も挙がっている。彼のチーム内での存在感やパフォーマンス、トレーニングに対する姿勢などを考えればレンジャーズは手放さない方が良いような気がする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/10 Sat. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0525

大谷に次ぐ評価 キューバ亡命の19歳プロスペクト、ルイス・ロベルトはWソックスへ  



ホワイトソックスとキューバ出身の19歳、ルイス・ロベルト・モイラン外野手の入団契約交渉が、最終段階に入ったと、MLB公式サイトが伝えている。

昨年の11月20日には、キューバのメディアが国外亡命と報道していたルイス・ロベルト。

キューバ・リーグ第53期(2013年~2014年)のデビューで、昨年は52試合に出場し、打率.393(178打数70安打)、OBP.520、長打率.674、OPS1.194、39打点、12本塁打(三塁打2、二塁打10)、30三振、37四球、11盗塁、6盗塁失敗という各項目でキャリアハイの成績をマークしていた。

それ以前の3シーズンは打率.276、6本塁打、42打点、OBP.250、長打率.370、OPS.620。

Luis20Robert20MoirC3A1n-thumbnail2.jpg


7月2日より以前に契約すれば新たに発効する25歳未満の選手に対する新労使協定の適用はなく、最低でも総額2,500万ドル(約27億8,000万円)となる見込み。

これは2015年に、3,150万ドルでレッドソックス入りしたヨアン・モンカダ内野手に次ぐ契約総額になる。まだ、1打席もメジャーの打席に立っていない選手に対して破格の数字だ。

右打ちのロベルトは、スピードとパワーを兼ね備え、スカウトからの評価も高く、今年のドラフト対象外の外国人選手では、プロ野球日本ハムの大谷翔平投手に次ぐ2位にランクされたプロスペクト。

ホワイトソックスにはキューバ出身で2013年に6年契約を結んだホセ・アブレイユ内野手が所属し、モンカダも移籍してきた。

ロベルトへのビデオレターに出演したアブレイユは「うちは素晴らしい球団で、キューバ選手に敬意を持って接してくれると伝えた」と地元紙に語ったという。


◇記事参考
http://fanblogs.jp/vivacuba/archive/351/0

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
続きを読む ⇒
-- 続きを読む --

Posted on 2017/05/25 Thu. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0521

主砲フリーマン骨折のブレーブスがM.アダムスをトレードで獲得  




主砲フレディ・フリーマン(1B)が左手首を骨折するという緊急事態に陥ったブレーブス。

これにより主砲の復帰は、最低でも10週間の離脱で、リハビリ期間を入れるとシーズン終盤に間に合うかどうかの状況だと考えられるが、その穴埋めとして現地20日、カージナルスからマット・アダムス(1B)をフアン・イェペス(1B)とのトレードで獲得した。



フリーマンは17日のトロント・ブルージェイズ戦で左腕アーロン・ループ投手からデッドボールを受け、検査の結果骨折が判明。残念なシーズンになったが、今季37試合の出場で打率.341、25打点、メジャー本塁打トップタイの14本塁打と絶好調だっただけに大きな戦力ダウンになる。

28歳のマット・アダムスは、カージナルスではベンチ要員。一塁手の控えで、今季はここまで31試合に出場。打率.292、出塁率.340、長打率.396、OPS.736、打点7、1本塁打。昨年は16本塁打をマークしたが、フリーマンに比べると迫力に欠ける。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/21 Sun. 12:17 [edit]

CM: --
TB: --
   

0520

MLBは夏のトレード市場にエリート先発投手があふれる状況  




MLBは夏のトレード市場がやや早まるかもしれない。

今季は現地6月14日がMLBドラフトの最終日になるが、それ以降、トレード期限前の動きは7月上旬に始まり、本格的にはオールスターブレイク以降、そして期限直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだが、今季はもう少し早くなるという観測がある。

それでもまだ、1カ月ほどあるので、その間で「売り手」と「買い手」が変動することも考えられるが、ア・リーグではブルージェイズ、ロイヤルズ、ホワイトソックス、ナ・リーグではパイレーツとジャイアンツあたりも「売り手」に回りそうな状況だ。

クエト


昨年ポストシーズンに進出した球団や、今季もそれを狙っていた球団が「売り手」になることでウェーバー公示なしのトレード期限前には、そうそうたる選手たちがリストアップされる状況になる。

ジャイアンツ→ジョニー・クエト、マット・ムーア、ジェフ・サマージャ。

ブルージェイズ→マルコ・エストラーダ、J.A.ハップ。

ロイヤルズ→ジェイソン・バルガス、イアン・ケネディ。

ホワイトソックス→ホセ・キンタナ、デレク・ホランド、ミゲル・ゴンザレス。

パイレーツ→ゲリット・コール、イバン・ノバ。

すでに、こうした選手がリストアップされている。

他にもアスレチックスのソニー・グレイ、フィリーズのジェレミー・ヘリクソン。彼らは毎年リストアップしているような気がする。

日本人選手でも今季終了でFAとなるレンジャーズのダルビッシュの名前も挙がっているが、レンジャーズは10連勝している状況なので、わからなくなってきた。


上記は、ほんの一部で、需要と供給のバランスを考えると「買い手」には選択肢が多くなり、わりと有利な条件で、ポストシーズンを考えたレンタル補強をやり易い状況になる。

「市場のニーズがある間に、多少価格が低くなっても、早々に売り切ってしまおう」という心理が売り手側に起きやすくなるということで、ロイヤルズがそんな状況だという。

すでに16年オフにウェイド・デービスをカブスに、ジャロッド・ダイソンをマリナーズにトレードで放出している。

それに加え今季終了後にはアルシデス・エスコバー、マイク・ムスターカス、ロレンゾ・ケイン、エリック・ホズマーらがFAとなる。

年俸調停を1225万ドル回避した主砲ホズマーは、シーズン中の大型再契約が注目されるが、代理人は敏腕スコット・ボラス氏でマーケットが小さく資金の少ないロイヤルズでの残留は、一筋縄ではいかないかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/05/20 Sat. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0404

モリーナとペレス、メジャーの新旧捕手二人が契約を更新  

 


先のWBC2017でもプエルトリコ代表の中心選手としてチームを決勝まで導いたカージナルスの捕手ヤディア―・モリーナが、3年総額6,000万ドル(約66億8,000万円)で契約を延長した。

ここでも先月の31日にお伝えしたが、FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしていた。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。


モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ


1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

2004年のメジャーデビュー以来、カージナルスひと筋でプレーし、2度のワールドシリーズ制覇に貢献。通算で打率.285、108本塁打、703打点をマークしている。その守備力やキャプテンシー、存在感は特筆すべきものがある。

昨年、イチローが3,000本安打に迫っていた時期にカージナルス戦で敵地セントルイスのファンから温かい拍手が送られたが、モリーナはイチローの打席で空気を読んでその時間を演出した。


インディアンスも現地2日、メジャー4年目の控え捕手ロベルト・ペレスと新たに総額900万ドル(約10億円)の4年契約を結んだ。なお、2021年と2022年については球団が行使権を持つ契約オプションとなっている。

28歳のペレスは昨季、親指の手術もあって61試合の出場にとどまったり、打率.183、3本塁打、17打点と打撃面では振るわなかったが、盗塁阻止率50.0%と強肩を披露した。

またインディアンスは昨シーズン、ペレスが先発マスクをかぶった試合で33勝20敗と大きく勝ち越したデータがある。

正捕手ヤン・ゴームズの故障離脱によってポストシーズンは全15試合に先発し、ワールドシリーズ初戦では2ホーマーを放った。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





Posted on 2017/04/04 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0331

MLB屈指の捕手モリーナがカージナルスと契約延長に合意  




シーズン中の契約延長交渉はしないと発言していたことから、今後の去就に注目が集まっていたMLB屈指の捕手ヤディアー・モリーナが、カージナルスと3年最大6500万ドル(約73億円)で来季以降も契約延長することに合意したという。

FOXスポーツの記者ケン・ローゼンタール氏は、カージナルスとモリーナの契約延長については、3年契約で最高6,500万ドルから最低でも5500万ドル(約61億6000万円)になるとレポートしている。



今年7月で35歳になるモリーナは、今季の年俸が1,400万ドル(約16億円)。来季は選手と球団の双方が行使権を持つ年俸1,500万ドル(約17億1,000万円)の契約オプションになっている。

モリーナは2015年までオールスターに7年連続、ゴールドグラブ賞は8年連続で選出された名捕手。昨季で、それらは途切れたものの、キャリアハイの147試合に出場。打率.307、8本塁打、58打点をマーク。

ビル・ジェームズやジョン・デュワンなどの記録統計アナリストら10人によって選出される「フィールディング・バイブル・アワード」を、2007年から2013年までの間で、2011年を除き毎年受賞している。

モリーナ

1月中旬の時点でカージナルスのジョン・モゼリアクGMが、モリーナとの契約を延長する考えがあることを明らかにしていた。

今季は、守備の強化がチームの方針で、守備の要になるセンターラインには、センターにデクスター・ファウラーを5年8,250万ドルで獲得。セカンドには守備力を重視してコルテン・ウォンの起用が有力的で、30本塁打のジェド・ジョーコとの併用になる見込み。

そして、捕手にはプエルトリコ代表の中心選手として決勝まで導いたモリーナに託すことにしたようだ。

モリーナ

しかし、35歳になるモリーナについては、盗塁阻止率が.212に下がり(15年は.413)、体力の峠を越えた年齢になる事から、セントルイスのファンの間でも様々な意見があった。

22歳のプロスペクト、カーソン・ケリー捕手(3A)を起用してモリーナをトレード要員として先発キンタナの獲得を狙えという意見や、モリーナ退団で浮いた資金でマチャドを狙えという意見などもあり、彼の偉大なリーダーシップを推す声と賛否両論の意見があったという。


◆関連記事
【イチロー伝説】セントルイスの捕手モリーナ、一流だけが知る感覚



Posted on 2017/03/31 Fri. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0325

【MLB移籍情報】レイズが正捕手としてD.ノリスを獲得  



ナショナルズを3月15日に自由契約となったデレック・ノリス捕手をレイズが獲得した。契約は1年契約だが、2年目は球団がコントロールできるオプションが付いている。

デレク・ノリスは、2015年にパドレスでキャリアハイとなる142試合に出場。14本塁打もキャリアハイだったが昨年は振るわず125試合で打率.186、OBP.255、本塁打14、打点42、オフにトレードでナショナルズへ移籍した。



メジャーキャリア5年の28歳。オークランド時代の2014年にはオールスターゲームにも選出されている。その頃から右投手が苦手というデータがある。

レイズでは正捕手での起用が見込まれているが。この地区は打者有利の球場が多く、ノリスの長打力も多少は期待できる。

守備ではキャッチングに難があり、パドレス時代の15年にはリーグ最多のパスボール数を記録。ただ、その年は、リーグで最も盗塁を刺し、盗塁阻止率も34%となかなかの数字でDRS+4をマークしている。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/25 Sat. 05:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0318

WBCの活躍がメジャーへの道?コロンビア代表選手とヤンキースが契約  

 

多くの選手が母国代表の誇りを胸に戦っている野球の国別対抗戦ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だが、メジャー契約でない選手にとってはビッグリーグを目指す自身のショーケースの意味合いを持つ大会になっている。

WBCコロンビア代表として出場していた救援右腕アーネスト・フリーリがニューヨーク・ヤンキースとの契約を勝ち取った。マイナー契約の招待選手だが、メジャーの春季キャンプに参加する。



31歳のフリーリは、2009年にサンディエゴ・パドレスでメジャーデビュー。2013年にはロサンゼルス・エンゼルスで37セーブを記録した実績がある。

昨季はメジャーでの登板機会はなかったが、メジャー通算298試合に投げて11勝13敗73セーブ、防御率3.55という成績を残している。今年のWBCでは1試合に登板し、2イニングを無失点だった。

C7FOj-pW4AAonb-.jpg

ヤンキースの指揮官ジョー・ジラルディは、「フリーリはクローザーとして多くのセーブを挙げた。WBCでの投球も良かったので、彼に機会を与えようと球団内部の複数の人間が思った」と語っている。

なお、コロンビアはWBC1次リーグでアメリカとドミニカを追い詰めたが、延長で敗れ、1勝2敗で敗退している。

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/03/18 Sat. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド