メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0814

【MLB移籍情報】8月末の期限までに移籍が噂されている選手達  




メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンへの出場が可能になる。

8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレーム(獲得申し込み)する球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあるため、本人が同意しなければトレードは成立しない。

MLB公式サイトのジョン・モロシ氏のレポートでは、アストロズが、8月に入ってからデトロイト・タイガースとジャスティン・バーランダーが絡むトレードについて接触しているという。

バーランダー


アストロズは、7月末のトレード期限前に大きな補強はしなかった。フランシスコ・リリアーノ(RP)を獲得して青木宣親などをリリースしたトレードだけだった。

ダラス・カイケルとコリン・マクヒューの2人が復帰した先発ローテは、ブラッド・ピーコック、チャーリー・モートン、マイク・ファイヤーズの5名が揃いレギュラーシーズンは乗り切れる。

だから、よほどのことがない限りこの移籍は考えられないが、10月の短期決戦で強力な3枚を揃えるという意味では、昨年のサイヤング賞投手獲得は大きなインパクトがある。

先発投手では、他にマルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)、アービン・サンタナ(ツインズ)、ジェフ・サマージャ(ジャイアンツ)などの名前が挙がっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/14 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0813

【MLB移籍情報】ブルワーズがメッツからN.ウォーカー二塁手獲得  




ミルウォーキー・ブルワーズがニューヨーク・メッツからニール・ウォーカー二塁手を獲得した。メッツからは、25歳のマイナー選手が交換要員としてトレード移籍する。

今オフにFAになるウォーカーは、今季500万ドルの年俸が残っているが、メッツがどの程度負担するかどうかは不明。



ウォーカーは、前半戦にハムストリングの負傷で6週間離脱。そのため7月末のトレードデッドラインで彼のトレードは成立しなかった。一部、ヤンキースが獲得するのではという情報もあったが、ヘルシーでないという理由から交渉は合意にいたらなかった。

2009年、ピッツバーク・パイレーツでデビューしたウォーカーは、当時、正二塁手だった岩村明憲に代わってレギュラーを獲得。以後、二塁を中心に三塁、一塁と外野も守れるユーティリティ選手として活躍している。

その後、2015年オフにトレードでメッツに移籍。メジャー通算9年間で打率.272、出塁率.339、OPS.775、126本塁打、509打点、29盗塁。スイッチヒッターで右打席の方が成績が良い。

昨年、腰の手術を受けているが、オフにはメッツから1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示され、受諾した。

ブルワーズはどこでも守れてポストシーズンの経験もあるベテラン選手をロースターに追加した。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/08/13 Sun. 14:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0811

【MLB移籍情報】インディアンスとメッツのトレードが成立  



インディアンスとメッツのトレードが成立、インディアンスがメッツからジェイ・ブルース外野手を獲得した。

メッツは先日、ジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になっていた。

インディアンスは現地9日、マイケル・ブラントリー外野手を右足首ねんざのため10日間の故障者リスト(DL)に登録。6月にも同箇所のケガで離脱しているブラントリーは、長期離脱が予想され、今回、その穴埋めとしてブルースの獲得に踏み切った。



ブルースは今季、103試合の出場で打率.256、29本塁打、75打点、OPS.841をマーク。ブルースを獲得したインディアンスは見返りとして、若手右腕のライダー・ライアン投手を放出した。

今季は完全に「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/11 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0807

【MLB移籍情報】マリナーズがヨンダー・アロンソ一塁手を獲得  



シアトル・マリナーズの球界きってのトレーダー、ジェリー・ディポトGMが動いた。

エースのフェリックス・ヘルナンデスが上腕二頭筋の炎症で今季2度目の故障者リスト入りしたマリナーズが、ウェーバー・トレードによる先発投手の補強に動き始めているという情報は流れた。

しかし、トレードで獲得したのはアスレチックスからヨンダー・アロンソ一塁手。30歳のアロンソは今季、100試合に出場して打率.266、出塁率.369、長打率.527、OPS.896、17二塁打、22本塁打、49打点、52得点。

DGkCUJsVwAMCcFI.jpg

出塁率や長打率はキャリアハイの成績でオールスターにも選出された。トレード期限前には一塁手を欲しがったヤンキースへのトレードも噂された。

7月以降、数字を下げたが、今季の年俸は400万ドルとリーズナブルで、今季終了後にFAとなるレンタル選手。

マリナーズの一塁は今季7人の選手を起用したが打率でMLB21位と低迷。補強ポイントのひとつだった。これで、ダニー・バレンシア一塁手をユーティリティとして内外野に起用できることに加え、指名打者のネルソン・クルーズも休ますことができるようになった。

なお、このトレードでアスレチックスへはマイナーのブーグ・パウエル外野手が移籍する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/08/07 Mon. 15:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0807

8月のトレード市場に影響!? 大物選手たちがウェーバーをクリアしてトレード可能に   



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。

ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。

バーランダー


8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレームする球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあって、本人が同意しなければトレードは成立しない。

しかし、それ以前にバーランダーは、前半戦で104回2/3で防御率4.73、WHIP1.52、奪三振率8.4、与四球率4.38、被打率.262で年俸に見合うパフォーマンスではない。

後半持ち直しているものの34歳という年齢を考えて高額年俸を引き取ってでも彼を獲得する球団はないだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/07 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

8月のトレード市場 パイレーツがベテラン2選手を獲得  




混戦のナ・リーグ中部地区で首位のカブスと4.5ゲーム差のパイレーツがベテランの2選手を補強している。

パイレーツは、ジャイアンツがウェーバーにかけたリリーバーのジョージ・コントス投手をクレイムオフ(獲得の申込み)した。32歳の右腕はメジャーキャリア7年間で15勝14敗、307試合、防御率3.05、WHIP1.16のリリーバー。



さらに、ブレーブスからベテランのユーティリティ選手ショーン・ロドリゲスを若手24歳のコナー・ジョー内野手とのトレードで獲得している。

ショーン・ロドリゲスは昨年までパイレーツで活躍した選手だが、昨年オフにFAでブレーブスに移籍したが、スプリングトレーニング前の2017年1月28日、マイアミで盗難された警察車両に追突された。

その事故で右肩を痛め、同乗していた妻と子供2人も重傷を負った。2月には右肩手術を受けたため、今季は絶望になると思われたが、予想以上の回復を見せ、7月17日にはメジャーに復帰、15試合に出場している。



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/06 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ナショナルズ編》  

 


ドラフト全体1位指名コンビの先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーが主力に成長した2012年に地区優勝して以来、3度の地区制覇(12年、14年、16年)と黄金期を迎えているワシントン・ナショナルズ。

しかし、期待されながら過去3回は地区シリーズどまりで、チャンピオンシップまで進めない状況が続いている。しかも、そうした若手も契約更改を数年後に控え、残された時間も少ない。

同地区のメッツも若手投手陣が驚異になり、西海岸のロサンゼルス・ドジャースは近年にない戦力が充実している。

そんな中、どんな補強をしたのかを見ていきたい。

《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
INF/OF ハウィー・ケンドリック
RP ブランドン・キンツラ-


ナ・リーグ東部地区で4回目の制覇は問題がない状況だが、ジョー・ロスが今季絶望となり、スティーブン・ストラスバーグも10日間のDL入りで、リーグトップクラスの先発ローテも陰りが見え始めた。

ただ、懸案事項だったブルペンは3人を補強。シーズン当初からクローザーの選択に失敗し、防御率でMLB29位と低迷するブルペンを強化した。

クローザーにはツインズから28セーブの33歳ブランドン・キンツラ-を獲得したが、やや迫力不足といった感じ。他の選手も全員30代でチームに足りない経験を加えたという感じだが、ヤンキースやドジャースの補強と比べたら見劣りする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/06 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0805

ブルージェイズがホセ・バティスタをウェーバー公示 高額年俸とトレード拒否権で移籍は微妙  



ブルージェイズが現地3日、ホセ・バティスタ外野手をウェーバーにかけた。

36歳のバティスタは、昨年オフにブルージェイズからのクオリファイングオファー(Qオファー)を拒否した。その後、Qオファー拒否と36歳という年齢、故障した履歴が足かせとなって移籍先が、なかなか決まらなかったという経緯がある。

2010年から2年連続で本塁打王に輝き、2015年にも40本塁打をマークしたスラッガーだが、昨季は故障もあって22本塁打に終わり、今季も107試合の出場で打率.216、16本塁打、45打点と低迷している。


バティスタ


MLB公式サイトの記事にも「8月のトレード市場の有力選手リストに名前が浮上していた。

ウェーバー公示だが、今季の残りの契約は650万ドル程度で、2018年は1,700万ドル(約18億7,000万円)、2019年は2,000万ドル(約22億円)の契約オプションが残り、クレーム(獲得申し込み)は厳しいとみられる。

もし、どの球団にもクレームされなかった選手は「ウェーバーをクリア」した選手となり、トレード期限前と同様に全球団と交渉が可能になる。

MLB公式サイトでは、ホセ・バティスタは、マリナーズやブルーワズにフィットするものの、問題は「10-and-5 rights」という条項があって、すべてのトレードを拒否できる権利がある。チーム側からすれば、その条項が、彼のトレードの障害になるという。

実力次第で高額年俸を手にできるメジャーリーグだが、結果を出さなければ複雑で厳しい現実が待っている。

※「10-and-5 rights」とは、メジャー在籍10年、同一チーム5年を経過した選手に与えられるトレード拒否権で、すべてのトレードを拒否することができる条項。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/05 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0803

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ドジャース編》  

 

ダルビッシュを期限10分前の電撃トレードで獲得したドジャース。1988年以来、29年ぶりのワールドチャンピオン目指してドジャースの覚悟が分かる補強だった。そのダルビッシュは背番号「11」から「21」に変わってドジャーブルーのユニフォームに袖を通すことになった。

ダルビッシュ


《獲得選手》
RP トニー・ワトソン
RP トニー・シングラーニ
SP ダルビッシュ有

ダルビッシュが、指名打者制のないナショナルリーグ、しかも比較的本塁打の出にくいと言われているドジャースタジアムに移籍したという事で、これまで以上のスタッツを残すと仮定して、ドジャースの先発ローテはどうなるのだろうか?

とりあえずDL入りしているクレイトン・カーショーとブランドン・マッカーシーが復帰するまで、最近のローテーションは、下記のようになっている。

8/1 前田健太 @ブレーブス
8/2 ブロック・スチュワート @ブレーブス
8/3 アレックス・ウッド @ブレーブス
8/4 ダルビッシュ有 @メッツ
8/5 リッチ・ヒル @メッツ
8/6 柳賢振 @メッツ


カーショーがDL入り後に若手25歳の右腕ブロック・スチュワートをリリーフからスポット先発に組み込んでローテを調整しているが、9月以降に復帰のカーショーとマッカーシーを加えた先発陣は、故障が気になるもののリーグ制覇を狙える布陣だ。

カーショーが復帰すれば、ダルビッシュと左右のエースが揃い、3番手にアレックス・ウッド、4番手にリッチ・ヒル、5番手に柳賢振と前田健太という事になり、前田とマッカーシーがバックアップになることも予想される。

前田は好投を続けないと、ポストシーズンでリリーフか、下手すればアクティブ・ロースターから外されることも予想される。過去にはレンジャーズ時代の上原浩治やレッドソックス時代の田澤純一もプレイオフでベンチ入りできなかった。

充実しているブルペンにもクローザーとセットアップの両方がこなせるトニー・ワトソンを獲得した事で、疲れのたまる夏場にリリーフ陣を休ますこともできる。

ヤンキースにも言えることだが、ドジャースも、チーム内のトップクラスのプロスペクトを交換要員として放出しなかったのも大きい。

元々、ロースターが厚く戦力が整っていただけにヤンキースと比べて数的には少なかったが、確実にポイントは埋めてきたドジャースの補強状況だ。

ヤンキースの田中将大、ドジャースのダルビッシュ有。対戦するとしたらワールドシリーズ。前田健太も含めてワクワクするような10月になるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/03 Thu. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0802

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ヤンキース編》  

 


ウエーバー手続きを経ないトレード期限前の各球団の補強状況をまとめていきたい。

ニューヨーク・ヤンキースは、ブライアン・キャッシュマンGMが「再建モード」を否定したが、大方のシーズン前予想では、若手の成長を待つ我慢のシーズンで、ワイルドカード争いが精いっぱいと見られていた。

しかし、4月には17年ぶりの8連勝で好発進するなど、序盤の好調が貯金になってレッドソックスと地区の覇権をかけたデッドヒートを演じている。

そのヤンキースが、久々に派手に動いた。しかし、今季だけでなく来年以降を見据えた補強という印象がある。

《獲得選手》
RP ギャレット・クーパー
3B トッド・フレイジャー
RP デビッド・ロバートソン
RP トミー・カインリー
1B ライアン・マクブルーム
SP ハイメ・ガルシア
SP ソニー・グレイ


先発、リリーフ、三塁手と実績のある選手を補強。この夏で最もインパクトのある補強をした。クリス・カーターの後釜になる一塁手はマイナー選手の補強に留まったが、チェイス・ヘッドリーを三塁から一塁へコンバートしている。

トミー・カインリー投手


一番の収穫は、先発の二人だが、それ以外にも、総年俸を抑制したいヤンキースは、ホワイトソックスから年俸53万5000ドルという格安のリリーバー、トミー・カインリー投手を獲得。すでにヤンキースで7試合に登板、防御率1.42(2チーム計2.34)と好投している。

MLB.comのスタッツでは平均97.97マイルというフォーシームを武器に奪三振率(K/9)が15.09。WHIP0.92と制球が良くなって安定感が増した投手だ。

27歳のトミー・カインリーは2020年までコントロールできるのも魅力のひとつで、ゲイリー・サンチェス捕手やアーロン・ジャッジ外野手、クリント・フレイジャー外野手らの陰に隠れる形にはなるが、数年後にはヤンキース・ブルペンの中核になれる右腕だ。



アメリカのWWEマットで活躍中のプロレスラー中邑真輔のテーマ曲でマウンドに上がるというファイターでもある。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/08/02 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド