メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0130

青木宣親がヤクルト復帰、3年約10億円で合意  




去就が注目された青木宣親が古巣のヤクルト・スワローズに復帰することを複数のメディアが伝えている。


メジャー希望を尊重しながら3年総額10億円(推定)の大型契約と入団時の背番号「23」を用意して待ってくれた古巣への感謝や愛着から、決断に至ったようだ。近日中にも「ヤクルト青木」が復活し、2月の春季キャンプ(浦添)には途中合流することになりそうだ。
引用:ニッカンスポーツによれば



契約内容は、3年10億円程度。

ここで何度も紹介しているが、今季のFA市場は停滞して、ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーなどトップ4と言われる選手でさえ、いまだ決まらない異常事態になっている。

青木宣親 アストロズ


青木は昨季、アストロズ、ブルージェイズ、メッツの3球団で109試合に出場。打率.277、出塁率.335、長打率.393、OPS.728だった。

メジャーキャリア6年間で打率.285、出塁率.350、長打率.387、OPS.738。2012年、13年はミルウォーキー・ブルワーズで150試合以上出場したが、通算33本塁打はメジャーの外野手としては物足りない印象で、3年目以降レギュラー定着はできなかった。

サンフランシスコ・ジャイアンツ時代の15年に1年470万ドル(2年目球団オプション550万ドル)で、第4の外野手の位置からレギュラー争いに勝ったが、オールスターファン投票の中間発表でも外野手部門4位に食い込む活躍だったが、2度のデッドボールで故障者リスト入りしてチャンスを逃した。

青木宣親2000

昨年6月にはヒューストン・アストロズで日米通算2,000安打を達成。夏のトレード・デッドラインでトロント・ブルージェイズに放出されたが9月に移籍したニューヨーク・メッツではレギュラーに定着し、27試合で打率.284と安定した成績を残した。

6年間で7球団に所属したのは、野茂英雄とならんで日本人選手最多タイ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2018/01/30 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0911

「A-OK!」メッツ青木宣親、12試合連続ヒット 新天地で猛アピール  



メッツの青木宣親は10日(日本時間11日)、本拠地でのレッズ戦に「2番ライト」で先発出場。第1打席で二塁打を放ち12試合連続安打をマークした。

無死一塁で打席に立った青木は、相手先発ロマーノの1-1からの3球目スライダーを捉えて一塁線を鋭いゴロで破る二塁打(今季17本目)を放ち、無死二・三塁とチャンスメイクした。

青木の第2打席は三ゴロ、第3打席は一直、第4打席は二ゴロ、第5打席は空振り三振だった。これで今季通算打率.277、出塁率.324、OPS.729、5本塁打、32打点、6盗塁。

青木宣親


メッツ移籍後は、8試合で打率.303と好調。出塁率.361、OPS.785だが、本塁打がまだ無く。メジャーの外野手として何本か本塁打が欲しいところだが、来季4人目の外野手として探しているチームにとっては欲しい選手だろう。

メッツは、これまで日本人選手の在籍が一番多い球団で、青木にとってもフィットしているチームかもしれない。

【メッツに在籍した主な日本人選手】
柏田貴史(1997年)
野茂英雄(1998年)
吉井理人(1998-1999年)
小宮山悟(2002年)
新庄剛志(2001-2003年)
松井稼頭央(2004-2006年)
石井一久(2005年)
高津臣吾(2005年)
高橋尚成(2010年)
五十嵐亮太(2010-2011年)
松坂大輔(2013年-2014年)
青木宣親(2017-?)



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/11 Mon. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0910

青木宣親、11試合連続安打 メジャー残留をかけて果てしない挑戦が続く  



残り20試合になったメジャーリーグ。メッツに移籍の青木宣親外野手が日本時間10日、本拠地でのレッズ戦に「2番ライト」で先発出場し、7回に貴重な追加点を挙げる2点タイムリーを放った。

青木のタイムリーなどでメッツはこの回3点を追加し6対1で勝利した。

DJVCF1FVoAAmsfs.jpg


青木はメッツに移籍後、7戦連続安打で、前所属のブルージェイズからでは11試合連続安打とした。今季の3チームでの通算打率は.279、出塁率.326、OPS.731、32打点、5本塁打。

メッツでの成績は7試合で打率.321、出塁率.387、OPS.816。

青木宣親は、このオフもフリーエージェントになる。非力な外野手という印象を与えないためにも2塁打以上の長打率をアップして、好打者の目安になるOPS.800以上を何とかキープしたい。



青木の活躍をチームの公式ツイッターでも「A-OK!」というキャッチ―なコピーで連日伝えている。

また、「ゴーストバスターズ」の曲で登場する青木に、メッツファンのニューヨーカー達にも好評。地元テレビ局「SNY」の実況は「メッツでノリ・アオキがベリー・ホット・スタートです」と絶賛している。

日本のプロ野球のオリックスで指揮を執ったテリー・コリンズ監督は、青木について「彼はいつだって好打者だった」と称え、活躍ぶりに驚く様子はなかったという。

メッツと契約するかは、微妙な状況だが、両リーグで結果を残している青木宣親。来季のメジャー残留をかけて、果てしない挑戦は続く。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/10 Sun. 16:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0905

メッツ青木宣親、7試合連続安打で好調をキープ  



ニューヨーク・メッツに移籍した青木宣親が好調をキープしている。

現地4日、本拠のフィラデルフィア・フィリーズ戦で「2番ライト」で移籍後3試合連続スタメン出場。これで青木は、移籍後3試合連続のスタメン。

第1打席はセカンドゴロ。3回の第2打席ではレフト線に今季15本目の二塁打を放ち、ブルージェイズ所属時を含め、7試合連続安打をマーク。次打者の本塁打でホームを踏み1得点。

第3打席では無死一三塁からセカンドゴロで走者を返し、打点をあげた。これで打点も2試合連続になった。第4打席は見逃し三振、第5打席はライトフライで5打数1安打1打点。

今季成績は打率.278、出塁率.324。メッツでは3試合出場し、打率.357(14打数5安打)、3打点と好調をキープしている。

メッツは11対7で勝ち連敗を4で止めた。

今シーズンがメジャー6年目の青木選手はヒューストン・アストロズで開幕を迎え、6月には日米通算2000本安打を達成した。

青木宣親

その後、7月末のトレードでトロント・ブルージェイズに電撃移籍。先月28日にブルージェイズは青木を40人枠から外すDFA。

ウエーバー公示された青木だったが、シーズンの残り試合も少ないことから早めの移籍を選択して「解雇」を選び自由契約になってメッツと新たに契約、さっそく試合に出場している。

今季3球団目、海を渡って6年目で7球団目の所属球団。MLBのナ・リーグ、ミルウォーキー・ブルワーズから始まって両リーグの全地区(6地区)でプレイしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/05 Tue. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0902

【MLB契約情報】青木宣親外野手がメッツと契約に合意  




ブルージェイズをDFAになった後に解雇になっていた青木宣親外野手がメッツとの契約に合意したというニュースが入って来た。

メッツやMLB公式サイトでの正式発表はこの時点(日本時間2日17時)ではまだ無いが、複数のメディアが合意したことを伝えている。

青木は、ア・リーグのアストロズで開幕を迎え、7月のトレード期限前にブルージェイズにトレード。その後、ブルージェイズで12試合に出場し先日40人枠を外れウェーバーにかけられた。ウエーバー公示では、どの入団からもクレームがなく、移籍先を求めて解雇を選んだ。

青木宣親


ウェーバー期間中に残り少ないシーズンを無駄にすることが無いよう青木の代理人は「解雇」を選択し、移籍先を模索していた。今回のメッツとの契約が成立すればメジャー6年目で7球団目となる。

今季は82試合、打率.274、本塁打5、打点27、盗塁5、出塁率.319、OPS.721。メジャー通算では打率.285、本塁打33、打点211、盗塁93、出塁率.350、OPS.738。出塁率は高いが、外野手としての長打率.388は低く、そのためOPSが伸びない結果になっている。

メッツは、この夏は「売り手」にまわって有力な外野手2人をリリース。ジェイ・ブルース外野手はインディアンスへトレード。その後、カーティス・グランダーソン外野手をドジャースへトレード。

残った外野手はヨエニス・セスペデス外野手が故障者リスト(DL)に入り、さらに、今夏のオールスターゲームに初選出された若手の成長株マイケル・コンフォルトが8月24日(日本時間25日)、スイングをした際に左肩を脱臼してDL入り、その後のMRI検査によって関節内部の損傷も明らかになって手術を受ける予定でシーズンエンドの可能性が高い。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/09/02 Sat. 20:29 [edit]

CM: --
TB: --
   

0829

青木宣親がDFA 来季は日本球界復帰の可能性もある  




ブルージェイズに電撃トレードされた後も12試合で32打数9安打、打率.281、3本塁打、8打点と活躍していた青木宣親が、突然、40人枠から外された。いわゆるDFA(Designated For Assignment)になった。

ブルージェイズは今後、青木をウエーバー公示して、他球団からクレーム(獲得申し出)があれば、その球団への移籍が決まる。この青木のDFAで代わりに傘下のバッファロー・バイソンズからリオネル・カンポス投手が昇格した。

しかし、この措置は複雑なメジャーリーグ機構(MLB)の制度が影響したもので、単なる「戦力外」ではない。

ご存知の方も多いが、MLBでは、25人枠の選手を40人枠の中から自由に入れ替えることができないという規則がある。MLB在籍3年以上の青木のような実績のある選手は、選手個人の権利が守られていて簡単にマイナーに降格させることができない。だからDFAを行うしかない。


青木宣親


このあたりの複雑なMLB規定やそれに伴う青木の今後の動向は、現地で取材されているスポーツライター、菊池慶剛さんの報告を紹介したい。

だから日本のプロ野球で考えるような「戦力外」ではない。

地元メディアにとっても青木のDFAは予想しない措置で、ファンからは球団SNSに驚きとクレームが多かった。

ジョン・ギボンズ監督の説明では「簡単(な判断)ではなかった。彼はチームのためによくやってくれていた。ただ我々は投手の補強が必要だった。(MLB球界では)こうした事態が繰り返されてきたように、どうしても中継ぎ陣がもう1人必要になった。だが数日後にはロースターが拡大されるからね」ということで、9月のロースター拡大(25人から40人)で、再び戻ってくる可能性は十分ある。

ただ、青木がブルージェイズに戻っても若手の起用を優先するような起用法を首脳陣は考えており、青木の出場機会は減る事が予想される。

青木選手はウェーバーがクリアになった時点でチームに残留する必要は無く、自らの意志でFAになる道も選択できる。

考えてみれば青木の場合は不運だった。あのジャイアンツ時代にも1番レフトでレギュラーを獲得し、オールスターの中間発表で外野手部門4位に選ばれるほど活躍した。しかし、2発の死球で欠場し、故障者リスト入りした。

次の年のマリナーズでは前半不調で定位置を獲得できなかった。16年オフでもアストロズは早々と青木の獲得に乗り出した。

メジャー6年間の通算で打率.285、出塁率.350、OPS.738、33本塁打、211打点、93盗塁は、多くのチームのレギュラー選手と比較しても遜色ない。

たとえば、同じブルージェイズのセンター、ケビン・ピラーはメジャーキャリア5年で打率.263、出塁率.302、OPS.702。守備力ではピラーが上だが、打撃成績では青木の方が上回っている。

レフトのプレイヤーで比べるとヤンキースのブレット・ガードナーはキャリア10年と長いが通算打率.263、本塁打も83本。

青木ほど評価されていない選手も珍しいかもしれない。場合によっては、来季に日本球界復帰もあり得ると予想したい。今後の動向に注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/29 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0801

【MLB移籍情報】青木宣親がブルージェイズへトレード  




アストロズとブルジェイズのトレードが成立した。現地31日、アストロズは青木宣親外野手とマイナー選手、ブルージェイズからはフランシスコ・リリアーノ投手が、もっとそれぞれ移籍する。


青木はポスティングシステムを利用して2012年にブルワーズ入り。ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズを経て今季はアストロズに所属。ここまで71試合に出場し、打率.272、2本塁打、19打点、5盗塁。ブルージェイズがメジャー6球団目の所属となる。


青木宣親


35歳のベテランは地元記者の取材に「びっくりしました」と驚きを隠せないようすで、「(これまでの)記事とかは意識していたけど、まさか自分がそうなると思っていなかったから」と続けた。


さらに、「もちろんこのチームに春のキャンプからきて、優勝を目指してがんばってきたけど、そこに関してすごく残念な気持ちはありますけど、メジャーリーグではこういうことが起こり得ることは十分理解してるんで前向きにがんばっていきたいと思います」とコメントしている。


青木と共にブルージェイズにトレードされたのはドミニカ出身の24歳テオスカー・ヘルナンデス外野手。昨年メジャーデビューしているが、アストロズのチーム内プロスペクト・ランキングで9位に評価されている選手。





一方、アストロズが獲得した33歳のフランシスコ・リリアーノ投手は、今季18試合に先発して6勝5敗、防御率5.88。メジャー12年間のキャリアで102勝をマークしている左腕。


アストロズでは、先発とブルペンをこなす戦力として期待されている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/01 Tue. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0612

青木宣親 日米通算2000本のマイルストーンに到達、地元紙が「名球会」入りを紹介  

 


ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手が現地11日、地元で行われたロサンゼルス・エンゼルス戦で日米通算2000安打を達成した。

日米通算2000本安打にあと2本としていた青木は、9番レフトで先発出場。

3回の第1打席はレフトフライに倒れたが、4回の第2打席は右中間にタイムリー二塁打を放ち、日米通算2000本安打まであと1本に迫った。

6回、先頭打者で迎えた打席では、エンゼルスの左腕ホセ・アルバレス投手から三遊間を破るヒットを記録。メジャーでは716本目。日米通算で2000安打に到達した。



日本で1284安打を放ってメジャーに移籍した青木。アストロズでは2009年の松井稼頭央(現東北楽天)に続く日米通算2000安打。日米での通算2000安打は7人目となった。

この日は8回にもライト前安打を放ち、4月25日以来、今季2回目の1試合3安打をマーク。4打数3安打1打点。

これで今季は打率.269、出塁率.313、OPS.641。4月は打率.300だったが、5月に.212と調子が落ちて、6月はここまで.318と好調だ。あとは1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率のアップに期待したい。

青木2000


地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)は「アストロズのノリ・アオキが日米通算2000安打を記録」とのタイトルで偉業達成を伝え、「名球会」から駒田徳広氏がジャケットを届けにヒューストンまで来たことも伝えている。 

「日曜日、アストロズのノリ・アオキが2000安打を達成し、名球会として知られる日本の殿堂入りクラブへの切符を手にした」と報じている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/06/12 Mon. 16:33 [edit]

CM: --
TB: --
   

0606

アストロズ青木宣親、先制タイムリーで11連勝に貢献「2000」まであと4  




アストロズの青木は現地5日のロイヤルズ戦で先制タイムリーを打ち、日米通算2000本安打まであと4本とした。

9番レフトで先発出場した青木は、2回の第1打席、1死一二塁で先制のライト前タイムリーを打ちました。2試合連続安打で、日米通算1996安打、2000本のマイルストーンまであと4本とした。

4回の第2打席はセカンドゴロ。7回の第3打席は見逃し三振だった。3打数1安打1打点。今季の打率は.258、出塁率.308、OPS.625、9打点、1本塁打、3盗塁。



1番のスプリンガーにつなぐ9番打者として出塁率が低いのが気になりますね。この日も第1打席のヒットでマルチ安打が期待されたが1本だけにとどまった。

試合はアストロズが7対3で勝ち、連勝を11に伸ばし、ア・リーグ西部地区2位のエンゼルスとのゲーム差を14ゲームとした。

アストロズの球団連勝記録は12連勝。これで42勝16敗、勝率.724。58試合で42勝は、MLB最多勝を記録した2001年のシアトル・マリナーズの年間116勝よりも早いペースだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/06/06 Tue. 18:44 [edit]

CM: --
TB: --
   

0526

アストロズの青木宣親 マルチで「1992」あと8本 バーランダー攻略  




日米通算2000安打へ、あと10本と迫っているアストロズの青木宣親が25日(日本時間26日)、本拠地でのタイガース戦に「9番・レフト」で先発出場した。

相手の投手はMLBを代表する剛腕バーランダー。青木は、これまで対バーランダー20打数6安打、打率3割と相性が良かった。

2試合連続でスタメン起用されたが、昨日のレフトへの犠打で打点を稼ぎ、試合後のインタビューで「今日はいけるかもしれない」と感じたという。その後、14打席ぶりのヒット。

この日も第1打席に内野手とセンターの間にポトリと落ちるラッキーなヒットを放つと、6回裏の第3打席では、二死走者なしで、今度はクリーンなセンター前ヒットで、マルチヒットを記録した。

青木宣親 アストロズ


マルチヒットは4月25日以来、19試合ぶり。2本のヒットはいずれもバーランダーだった。相性の良さはあるものだ。

日米通算安打は1992本になった。残り「8」本。ちなみにメジャーでは708安打(29本塁打、118二塁打、20三塁打)。これで青木は打率.267に上昇した。

試合は7対6でアストロズが勝利。3人目の投手グレガーソンに勝ち星がついて2勝目。クローザーのジャイルズが13セーブ目を稼いだ。

バーランダーは5回2/3、9安打を打たれ、6失点だった。4回に4番コレア、6番ゴンザレス、8番センテーノに3本のホームランを被弾したのが響いた。

移籍した捕手のセンテーノは、昨年のツインズ時代にもバーランダーから右中間にホームランを叩き込んでいる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/05/26 Fri. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド