メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0517

ダルビッシュ、日本人投手で最速のMLB通算50勝  





レンジャーズのダルビッシュ有投手が16日(日本時間17日)、日本人投手最速でMLB通算50勝を飾った。本拠地でのフィリーズ戦で7回を4安打、1失点と好投し、今季4勝目(2敗)を挙げた。

ダルビッシュの好投で5-1で勝利したレンジャーズは、これで7連勝となり、5割復帰を果たした。

ダルビッシュは強風の中、スライダーを中心に組み立て、95球中70球がストライク。

本塁打の出やすいスタジアムで、1発を警戒しながら、ゴロアウト7、フライアウト2という内容。奪三振は、2ケタには届かなかったが、2回以降は、毎回の9三振を奪った。

5回までわずか51球。5回表の2死までは12人連続で打ち取り、初対戦の相手を支配した。

6回、7回に球数を費やしたが、最速98マイルのフォーシームと強風で一段と変化の鋭かったスライダー、ブレーキングカーブが相手の打撃陣を翻弄した。

これで5試合連続でクオリティースタート、自身3試合ぶりに勝ち星がついた。



またメジャー通算109試合目の登板で節目の50勝目(32敗)に到達。日本人投手では野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)、岩隈久志(63勝)、松坂大輔(56勝)、大家友和(51勝)に続き、6人目となった。


この夏、ウエイバー公示なしトレードの注目の一人になっているダルビッシュ。好調ヤンキースが獲得するのでは、という可能性まで噂されたが、ここにきてレンジャーズがアストロズとの差を詰めていけば、レンジャーズも手放せないはずだ。

いずれにしても、このオフに契約が終了し、フリーエージェントになるダルビッシュ。その前に実績を積み重ねていくことは大切だろう。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ







Posted on 2017/05/17 Wed. 12:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0430

ダルビッシュ、この時期異例の125球!苦しいブルペン事情を支えたエースの力投  




レンジャーズのエース、ダルビッシュ有は29日(日本時間30日)、テキサス・アーリントンでのエンゼルス戦で今季3勝目(2敗)をマークした。この試合で今季のメジャー最多となる125球を投げ、6回3安打、10奪三振、2失点(自責1)と力投した。

ここまで5連勝と勢いに乗る同地区ライバルを力でねじ伏せたエースの力量に拍手を送りたい。

ダルビッシュは、先日のロイヤルズ戦に続く好投で今季の防御率を2.79、WHIP1.06、奪三振数をリーグ3位の41まで伸ばした。10奪三振は、これでMLB30回目となった(今季は2回目)。

味方打線が逆転してくれた後の6回には先頭2番カルフーン、3番トラウトへ2者連続四球を与えた。球数も100球を超えた場面での続投。4番プホルスとの対戦はシビレるシーンだった。

その後も1死満塁とピンチを作ったが、後続を打ち取ってリードを守り、勝利につなげた。微妙な判定も多かった。4四球は低めに厳しかった判定も関係していると言いたい。




24試合を消化してレンジャーズのブルペンは防御率でリーグ15球団中11位と悪い。18日(同19日)のアスレチックス戦では、同じようなピンチを迎えた場面で降板を命じたバニスター監督。

しかし、この場面では投手交代を行わずにダルビッシュに続投させた。そこには、そんなブルペン事情もあって、球数制限のあるメジャーで4月に125球という異例の続投を命じたのかもしれない。

不調のクローザー、サム・ダイソンはDLから復帰したが、この日も最終回はブッシュが投げた。

C-n_OaQVwAAUsKd.jpg


なお、この試合でレンジャーズのカルロス・ゴメス外野手が自身2度目のサイクルヒットを記録した。チームでは10度目の記録達成だった。

ゴメスは、1打席目レフトへの二塁打から始まって、セカンドへの内野安打、タイムリー三塁打、センターオーバーの4号2ランだった。

サイクル安打達成は今季3人目。4月10日にサンディエゴ・パドレスのウィル・マイヤーズ一塁手、25日ワシントン・ナショナルズのトレア・ターナー遊撃手が達成している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/04/30 Sun. 16:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0414

ダルビッシュ、好調エンゼルス相手に7回10K無失点で今季初勝利!  



レンジャーズのダルビッシュ有が現地13日、開幕から好調のエンゼルス相手に7回103球、被安打5、10奪三振、2四球で今季初勝利を飾った。これで3試合1勝1敗、防御率2.33になった。

エンゼルスは打撃好調。ここまでア・リーグトップのチーム打率.282。序盤は得点圏にランナーを背負い3回終了時点で球数58球と苦しいピッチングだったが、ランナーを背負いながらも得点を許さなかった。

7回以外は、1回から6回まで毎回奪三振を奪い、ピンチの場面で三振に打ち取るシーンが印象的だった。2回のカルロス・ペレスを三振に切り取ったフォーシームは97マイル(156キロ)を計測。バックドアへのスライダーにもキレがあった。ゴロアウト4、フライアウト4だった。

ダルビッシュ


味方打線は6回までに11安打8得点と大量リードでダルビッシュを援護したが、リリーバーは相変わらず悪く、この日も終盤に3点を献上。リリーフのスタッツは、ア・リーグ15チーム中13位の防御率6.35になっている。

レンジャーズのリリーフ陣は開幕前からウィークポイントだった。クローザーのサム・ダイソンはWBCアメリカ代表として出場。WBC5試合で6イニング無失点、被安打0と好調だっただが、開幕4試合で3度も大量失点、防御率33.00と酷く、開幕からセーブもない状態。

そのためセットアッパーのマット・ブッシュを新クローザーにする予定だが、こちらも右肩に不安を抱えた状態で、元ヤクルトスワローズのトニー・バーネットがクローザーとして登板する可能性も出てきた。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2017/04/14 Fri. 08:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0326

ダルビッシュがレンジャーズの開幕投手に指名される  




レンジャーズ vs インディアンス
ダルビッシュとクルーバーに決定!


テキサス・レンジャーズが開幕戦のマウンドをダルビッシュ有に託す。 ダルビッシュはメジャーでは初の開幕投手。

所属のレンジャーズは本拠地グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで、昨年のリーグ覇者クリーブランド・インディアンスを迎え撃つ。オフにFAになるダルビッシュ有は契約更改を賭けた勝負の年の大事な一戦を託された。



2017_opening_day_.jpg 


メジャーの開幕戦は、4月2日(日本時間3日)に3試合が行われる。田中将大投手が在籍するニューヨーク・ヤンキースは、敵地トロピカーナ・フィールドでタンパベイ・レイズと戦う。開幕日の3試合は下記のとおり。

ヤンキース vs レイズ
田中将大とアーチャーに決定!

ジャイアンツ vs ダイヤモンドバックス
バムガーナーとグリンキーに決定。

カブス vs カージナルス
レスターとマルティネスに決定。


その他の試合は翌日からスタート。イチロー選手の所属するマイアミ・マーリンズは敵地ナショナルズ・パークでワシントン・ナショナルズと開幕戦を迎える。試合展開次第では田澤純一のリリーフ登板も期待できる。

マーリンズ vsナショナルズ
ボルケス(決定)とストラスバーグ(有力)、ボルケスは25日に発表された。ストラスバーグはまだ正式発表されていない。


《その他の開幕カード》
タイガース vs ホワイトソックス
ブレーブス vs メッツ
パイレーツ vs レッドソックス
ロッキーズ vs ブルワーズ
ブルージェイズ vs オリオールズ
パドレス vs ドジャース
ロイヤルズ vs ツインズ
フィリーズ vs レッズ
マリナーズ vs アストロズ
エンゼルス vs アスレチックス



前田健太が所属するロサンゼルス・ドジャースは、本拠地のドジャースタジアムでサンディエゴ・パドレスと対戦する。ドジャースの先発はカーショー。

岩隈久志のシアトル・マリナーズは、敵地で開幕。球場名物のセンターの丘「タルズ・ヒル」を削って前に出したヒューストン・アストロズのホームグランド、ミニッツ・メイド・パークで開幕を迎える。

アストロズ

アストロズ

アストロズには青木宣親が移籍した。岩隈は、2試合目か3試合目に登板予定で、両者の対決に注目したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/03/26 Sun. 02:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0225

ダルビッシュが伝家の宝刀をハメルズに伝授!?  




多彩な変化球を同じフォームから繰り出すことで高い評価を受けているレンジャーズのダルビッシュ有。

そのトレーニング方法や栄養管理など、“ダルビッシュ・メソッド”ともいうべき独自の理論がありそうな彼が、スプリングトレーニングでチームメイトに伝家の宝刀ともいうべきスライダーの投げ方をレクチャーしている。

チームメイトとは左腕のコール・ハメルズ。昨年はレンジャーズで開幕投手を務めたメジャー136勝の左のエースだ。

左利きのハメルズのために左手にボールを持ち替えてスライダーの投げ方を伝授している姿がファンのSNSで伝えられている。

その後には、ダルビッシュがハメルズからチェンジアップを教わったという写真を自身のインスタグラムにアップしていた。



ダルビッシュは、MLBのPITCH FXのシステムで判定されているだけでもフォーシーム、シンカー、チェンジアップ、スプリット、スライダー、カーブ、スローカーブ、カットボールがあるという。

その持ち球の中で被打率が悪いのがシンカー(ツーシーム)とチェンジアップで、それぞれ被打率が.292、.333となっている。

チェンジアップは、長打につながることも多く被長打率は.600とかなり打たれているので、今回ハメルズに教えを乞うたのかもしれない。

その一方で、肘の負担も考えて封印していたスプリットは、被打率.211、被長打率.253と良いデータが残り、スライダー、カーブに次ぐ効果的な球種になっている。

左右のエースが持ち球を教えあう、お互いがリスペクトしていなければできない風景。両雄が順調に仕上がって地区3連覇に向けてオープニングデイを迎えて欲しい。


◆記事参考
http://baseball.information0.com/major-baseball/darvishs-splitter-20170221/

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/25 Sat. 00:30 [edit]

CM: --
TB: --
   

0102

ダルビッシュが、日本ハムの大谷らと始動!今季は大型契約延長に注目  




 2日、テキサス・レンジャーズのエース右腕ダルビッシュ有投手がインスタグラムでトレーニングの始動を発信している。

「年明けはこのメンバーで始動です!」と日本ハムの後輩、大谷翔平投手杉谷拳士内野手とのトレーニング風景をアップした。

 昨年12月13日には、「今日はイチローさんの所にお邪魔して鳥取ワールドウイングの小山さんに初動負荷マシーンの使い方を教えていただきました。 ムネリンとペアを組んでやりましたよ^_^…」と報告。

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手に練習法を指導する鳥取県のトレーニング研究施設「ワールドウィング」の小山裕史(やすし)代表に教えを請い、カブスからフリーエージェント(FA)となった川崎宗則内野手とトレーニングに励んだ。

レンジャーズ


 ダルビッシュ有といえば2017年シーズン終了後にFAとなる契約の行方が話題になった。

 MLB公式サイトが現地12月26日、「ユウがメジャーと結んだ最初の契約の最終年を迎える」というタイトルで紹介。

記事を書いたサリバン記者によれば、来年オフに初のFAとなるダルビッシュがレンジャーズと契約延長をした場合、総額で5年前にかかった1億700万ドル(現レート約125億円)を超える可能性が高いと予想した。

 30歳のダルビッシュは、2015年はトミー・ジョン手術のために投げることができなかったが、レンジャーズで100試合に先発し、46勝30敗、防御率3.29、WHIP1.19、K/9は11.32の数字を残している。

メジャーのエリートクラスのスターター(先発投手)は、年俸の高騰もあって年平均額が3000万ドル(約35億円)に達している投手が4人いる。

ダイヤモンドバックスのザック・グリンキーが3400万ドル(約39億8000万円)で最高額。
レッドソックスのデービッド・プライスが3100万ドル(約36億円)。
ドジャースのクレイントン・カーショーが3070万ドル(約36億円)。
ナショナルズのマックス・シャーザーが3000万ドル(約35億円)。

レンジャーズサイドには、当然のことだが、ダルビッシュが、FA権利を得る前に契約延長をする考えもあるという。オールスターまでの結果次第で、再契約の交渉が大きく進展する可能性がある。

 「もし、彼が過去3年のうち、サイヤング賞を獲得していたならば、来季の契約に有利だっただろうが、そうはならなくて、彼は肘を手術した。200イニング以上投げたのは2013年だけ」と記事にはあったが、前半戦でその不安が一掃される成績をあげれば、先の4人並みの年俸3000万ドル(約35億円)、5年1億5000万ドル以上の大型契約も夢ではないだろう。

 そして、「7月31日のトレード締め切り日までにチームが優勝争いから脱落していれば、トレードの可能性はある。だが、2017年シーズンやそれ以降を戦う上で、レンジャーズにとってダルビッシュを残留させることが優先事項だ」と結び、噂されているトレード説を否定している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/01/02 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0612

ダルビッシュが肩の張りで登板回避 14日に精密検査  




レンジャーズのダルビッシュ有投手が右肩と首の張りで精密検査を受けることになり、13日(日本時間14日)のアスレチックス戦で予定されていた次回先発を回避することが決まった。

地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「深刻さを増してきた。ユウ・ダルビッシュは肩の張りで予定されていた月曜日の登板を回避」とのタイトルでセンセーショナルに報道。

何事でも大げさに騒ぐのが特徴だが、記事によると、ダルビッシュは12日(同13日)にシアトル遠征中のチームを離脱し、ダラスに戻る予定。その後、チームドクターのキース・マイスター医師の診断とMRI検査を受けるという。

Darvish.jpg

ダルビッシュの精密検査への過程は「奇妙」と同紙は指摘。8日(同9日)のアストロズ戦では右肩の張りで5回76球で降板。その後、マイスター医師が診断して問題なしだったという。

10日には軽めにブルペンで21球の投球練習を行い、ジェフ・バニスター監督がダルビッシュの13日先発を発表していた。

ダルビッシュは球団を通じて、「トミー・ジョン手術を受けた選手にこういう問題がよくあると聞いていた。今は無理をして悪化させたくない。あくまで予防。深刻でないこととすぐに復帰できることを祈っている」と声明を発表した。



本人は軽症を強調しているが、復帰後に圧巻のピッチングを披露してきたエースの異変を受け、地元メディアには不安が広がっている。

トミージョン手術は、移植した部分がしっくりと腕になじむまようになるまでには2シーズンぐらいかかると言われている。首位争いをしているレンジャーズにとっては痛手だが、15日間のDLに入っても後半戦の事を考えると賢明かもしれない。





❏記事参考
http://full-count.jp/2016/06/12/post35116/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/06/12 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0604

ダルビッシュと青木対決は3タコ1三振、バーネットから1安打  



テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が現地3日、地元で行われたシアトル・マリナーズ戦に先発登板。

6回途中、88球を投げたところでマウンドを降りた。被安打6、与四球1、奪三振5、失点3。前回ほど支配的なピッチングとは思えなかったが、球威は感じられた。

88球を投げて56ストライク、味方打線のランサポートもあって今季2勝目(0敗)を挙げた。防御率は3.38。

CkAvXvrUgAAr2VI.jpg

1番センターで先発出場した青木宣親外野手との日本人対決は3打数ノーヒット(1三振)でダルビッシュに軍配が上がった。

青木は7回、元ヤクルトの守護神で今季からレンジャーズに加入、貴重なリリーバーとして活躍しているトニー バーネットとも対戦。

2死2-0のカウントから92マイルのシンカーをセンター前に弾き返した。ア・リーグ西部地区の首位決戦は7対3でレンジャーズがGAME1を制し再び首位に立った。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted on 2016/06/04 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0530

ダルビッシュ、肘の異常なし!地元紙もチームへの帰還をたたえる  



トミー・ジョン手術から復帰したレンジャーズのダルビッシュ有が、一夜明けても「問題なし」という情報が入った。

全米が注目したダルビッシュの本拠地でのパイレーツ戦。2014年8月9日以来658日ぶりにメジャーのマウンドに立った右腕はここでも紹介した通り圧巻の球威を披露した。

本拠地グローブライフ・パークを埋めた満員のファンから「Yuuuuu」のスタンディングオベーションで迎えられたダルビッシュ。その堂々たる姿に「エース復活」を感じたに違いない。

一夜明けたこの日、試合前にメディアの取材に応じ、「体の張りとか反応はマイナーで投げた後と変わらないです」と全く問題がないことを明かした。「マイナーで投げたときも楽しかったけど、やっぱりメジャーはまた違った感じで楽しめましたね」と復帰戦をあらためて振り返った。

祝福のメッセージは「ちょいちょい来てた」と言い、「川崎さんと岩隈さんからも連絡があったけど、サプリをあげている青木さんからはなかったな」と笑わせた。

当然のことだが、テキサスの地元紙もエースの復帰を大歓迎した。

ダラス・モーニング・ニューズ紙は総合1面の右下に「お帰り!」とボードを持ったファンの写真を掲載し、スポーツ1面では「予想通りの復帰」との見出しで「切れ味鋭い復帰登板により、ダルビッシュはレンジャーズに強力なローテーションをもたらす」と報じた。

フォートワース・スター・テレグラム紙も総合1面の左肩で「ダルビッシュが2014年以来の勝利を稼いだ」と伝えた。

さらにスポーツ面では「新しい有は相手を圧倒し、支配し、ダルビッシュした」とたたえ、チームへの帰還をたたえた。

最も気になった登板翌日の右ヒジの状態については「異常なし」を強調した。

バニスター監督は次回登板の予定を明言しなかったが、中5日で6月3日(日本時間4日)の首位決戦マリナーズ戦が有力視されている。そうなれば青木との対戦が楽しめる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/30 Mon. 12:22 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

ダル復帰戦で勝利、5回1失点、肉体改造がもたらした快速98マイル  



プランどおり順調な回復ぶりの
ダルビッシュ復活劇
肉体改造がもたらした快速98マイル


昨年3月、右ひじ靱帯再建手術を受け、2014年8月9日以来となるメジャー復帰を果たしたレンジャーズのダルビッシュ有投手が、670日ぶりの勝利を飾った。

相手はリーグNO.1のパイレーツ打線。5回を投げて被安打3、奪三振7、与四球1、失点1(自責1)だった。目安の85~90球が迫ってきたところでの予定どおりの交代だった。

前日、レンジャーズ投手陣に4本塁打を浴びせた好調打線を相手にシングルのみの散発3安打に抑えた。

以前も書いたが、相手の1番ジェイソには、アスレチックス時代から4割を超える打率と本塁打も2本被弾しているが、案の定、いきなり先頭打者でシングルを許した。しかし、残りの2打席は三振に切って取った。




初回に味方打線から3点のランサポートをもらい危なげないマウンドに見えた。初回、3番ポランコの打席では1ボール2ストライクからの4球目で、この日最速となる98マイル(約158キロ)をマークした。

ダルビッシュの勝利は2014年7月28日のホームでのヤンキース戦以来。長期離脱からの復帰戦でメモリアルな1勝になった。


内訳は、19人の打者に81球(ストライク51)

ゴロアウト4
フライアウト2
ラインアウト2
三振7(空振り5)
安打3(全てシングル)
四球1


※ゲームスコア63


次回はスケジュール通りなら、6月3日(日本時間4日)に本拠地でのマリナーズ戦で先発予定。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/29 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド