メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0102

ダルビッシュが、日本ハムの大谷らと始動!今季は大型契約延長に注目  




 2日、テキサス・レンジャーズのエース右腕ダルビッシュ有投手がインスタグラムでトレーニングの始動を発信している。

「年明けはこのメンバーで始動です!」と日本ハムの後輩、大谷翔平投手杉谷拳士内野手とのトレーニング風景をアップした。

 昨年12月13日には、「今日はイチローさんの所にお邪魔して鳥取ワールドウイングの小山さんに初動負荷マシーンの使い方を教えていただきました。 ムネリンとペアを組んでやりましたよ^_^…」と報告。

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手に練習法を指導する鳥取県のトレーニング研究施設「ワールドウィング」の小山裕史(やすし)代表に教えを請い、カブスからフリーエージェント(FA)となった川崎宗則内野手とトレーニングに励んだ。

レンジャーズ


 ダルビッシュ有といえば2017年シーズン終了後にFAとなる契約の行方が話題になった。

 MLB公式サイトが現地12月26日、「ユウがメジャーと結んだ最初の契約の最終年を迎える」というタイトルで紹介。

記事を書いたサリバン記者によれば、来年オフに初のFAとなるダルビッシュがレンジャーズと契約延長をした場合、総額で5年前にかかった1億700万ドル(現レート約125億円)を超える可能性が高いと予想した。

 30歳のダルビッシュは、2015年はトミー・ジョン手術のために投げることができなかったが、レンジャーズで100試合に先発し、46勝30敗、防御率3.29、WHIP1.19、K/9は11.32の数字を残している。

メジャーのエリートクラスのスターター(先発投手)は、年俸の高騰もあって年平均額が3000万ドル(約35億円)に達している投手が4人いる。

ダイヤモンドバックスのザック・グリンキーが3400万ドル(約39億8000万円)で最高額。
レッドソックスのデービッド・プライスが3100万ドル(約36億円)。
ドジャースのクレイントン・カーショーが3070万ドル(約36億円)。
ナショナルズのマックス・シャーザーが3000万ドル(約35億円)。

レンジャーズサイドには、当然のことだが、ダルビッシュが、FA権利を得る前に契約延長をする考えもあるという。オールスターまでの結果次第で、再契約の交渉が大きく進展する可能性がある。

 「もし、彼が過去3年のうち、サイヤング賞を獲得していたならば、来季の契約に有利だっただろうが、そうはならなくて、彼は肘を手術した。200イニング以上投げたのは2013年だけ」と記事にはあったが、前半戦でその不安が一掃される成績をあげれば、先の4人並みの年俸3000万ドル(約35億円)、5年1億5000万ドル以上の大型契約も夢ではないだろう。

 そして、「7月31日のトレード締め切り日までにチームが優勝争いから脱落していれば、トレードの可能性はある。だが、2017年シーズンやそれ以降を戦う上で、レンジャーズにとってダルビッシュを残留させることが優先事項だ」と結び、噂されているトレード説を否定している。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




Posted on 2017/01/02 Mon. 22:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0612

ダルビッシュが肩の張りで登板回避 14日に精密検査  




レンジャーズのダルビッシュ有投手が右肩と首の張りで精密検査を受けることになり、13日(日本時間14日)のアスレチックス戦で予定されていた次回先発を回避することが決まった。

地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「深刻さを増してきた。ユウ・ダルビッシュは肩の張りで予定されていた月曜日の登板を回避」とのタイトルでセンセーショナルに報道。

何事でも大げさに騒ぐのが特徴だが、記事によると、ダルビッシュは12日(同13日)にシアトル遠征中のチームを離脱し、ダラスに戻る予定。その後、チームドクターのキース・マイスター医師の診断とMRI検査を受けるという。

Darvish.jpg

ダルビッシュの精密検査への過程は「奇妙」と同紙は指摘。8日(同9日)のアストロズ戦では右肩の張りで5回76球で降板。その後、マイスター医師が診断して問題なしだったという。

10日には軽めにブルペンで21球の投球練習を行い、ジェフ・バニスター監督がダルビッシュの13日先発を発表していた。

ダルビッシュは球団を通じて、「トミー・ジョン手術を受けた選手にこういう問題がよくあると聞いていた。今は無理をして悪化させたくない。あくまで予防。深刻でないこととすぐに復帰できることを祈っている」と声明を発表した。



本人は軽症を強調しているが、復帰後に圧巻のピッチングを披露してきたエースの異変を受け、地元メディアには不安が広がっている。

トミージョン手術は、移植した部分がしっくりと腕になじむまようになるまでには2シーズンぐらいかかると言われている。首位争いをしているレンジャーズにとっては痛手だが、15日間のDLに入っても後半戦の事を考えると賢明かもしれない。





❏記事参考
http://full-count.jp/2016/06/12/post35116/


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/06/12 Sun. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0604

ダルビッシュと青木対決は3タコ1三振、バーネットから1安打  



テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が現地3日、地元で行われたシアトル・マリナーズ戦に先発登板。

6回途中、88球を投げたところでマウンドを降りた。被安打6、与四球1、奪三振5、失点3。前回ほど支配的なピッチングとは思えなかったが、球威は感じられた。

88球を投げて56ストライク、味方打線のランサポートもあって今季2勝目(0敗)を挙げた。防御率は3.38。

CkAvXvrUgAAr2VI.jpg

1番センターで先発出場した青木宣親外野手との日本人対決は3打数ノーヒット(1三振)でダルビッシュに軍配が上がった。

青木は7回、元ヤクルトの守護神で今季からレンジャーズに加入、貴重なリリーバーとして活躍しているトニー バーネットとも対戦。

2死2-0のカウントから92マイルのシンカーをセンター前に弾き返した。ア・リーグ西部地区の首位決戦は7対3でレンジャーズがGAME1を制し再び首位に立った。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted on 2016/06/04 Sat. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0530

ダルビッシュ、肘の異常なし!地元紙もチームへの帰還をたたえる  



トミー・ジョン手術から復帰したレンジャーズのダルビッシュ有が、一夜明けても「問題なし」という情報が入った。

全米が注目したダルビッシュの本拠地でのパイレーツ戦。2014年8月9日以来658日ぶりにメジャーのマウンドに立った右腕はここでも紹介した通り圧巻の球威を披露した。

本拠地グローブライフ・パークを埋めた満員のファンから「Yuuuuu」のスタンディングオベーションで迎えられたダルビッシュ。その堂々たる姿に「エース復活」を感じたに違いない。

一夜明けたこの日、試合前にメディアの取材に応じ、「体の張りとか反応はマイナーで投げた後と変わらないです」と全く問題がないことを明かした。「マイナーで投げたときも楽しかったけど、やっぱりメジャーはまた違った感じで楽しめましたね」と復帰戦をあらためて振り返った。

祝福のメッセージは「ちょいちょい来てた」と言い、「川崎さんと岩隈さんからも連絡があったけど、サプリをあげている青木さんからはなかったな」と笑わせた。

当然のことだが、テキサスの地元紙もエースの復帰を大歓迎した。

ダラス・モーニング・ニューズ紙は総合1面の右下に「お帰り!」とボードを持ったファンの写真を掲載し、スポーツ1面では「予想通りの復帰」との見出しで「切れ味鋭い復帰登板により、ダルビッシュはレンジャーズに強力なローテーションをもたらす」と報じた。

フォートワース・スター・テレグラム紙も総合1面の左肩で「ダルビッシュが2014年以来の勝利を稼いだ」と伝えた。

さらにスポーツ面では「新しい有は相手を圧倒し、支配し、ダルビッシュした」とたたえ、チームへの帰還をたたえた。

最も気になった登板翌日の右ヒジの状態については「異常なし」を強調した。

バニスター監督は次回登板の予定を明言しなかったが、中5日で6月3日(日本時間4日)の首位決戦マリナーズ戦が有力視されている。そうなれば青木との対戦が楽しめる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/30 Mon. 12:22 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

ダル復帰戦で勝利、5回1失点、肉体改造がもたらした快速98マイル  



プランどおり順調な回復ぶりの
ダルビッシュ復活劇
肉体改造がもたらした快速98マイル


昨年3月、右ひじ靱帯再建手術を受け、2014年8月9日以来となるメジャー復帰を果たしたレンジャーズのダルビッシュ有投手が、670日ぶりの勝利を飾った。

相手はリーグNO.1のパイレーツ打線。5回を投げて被安打3、奪三振7、与四球1、失点1(自責1)だった。目安の85~90球が迫ってきたところでの予定どおりの交代だった。

前日、レンジャーズ投手陣に4本塁打を浴びせた好調打線を相手にシングルのみの散発3安打に抑えた。

以前も書いたが、相手の1番ジェイソには、アスレチックス時代から4割を超える打率と本塁打も2本被弾しているが、案の定、いきなり先頭打者でシングルを許した。しかし、残りの2打席は三振に切って取った。




初回に味方打線から3点のランサポートをもらい危なげないマウンドに見えた。初回、3番ポランコの打席では1ボール2ストライクからの4球目で、この日最速となる98マイル(約158キロ)をマークした。

ダルビッシュの勝利は2014年7月28日のホームでのヤンキース戦以来。長期離脱からの復帰戦でメモリアルな1勝になった。


内訳は、19人の打者に81球(ストライク51)

ゴロアウト4
フライアウト2
ラインアウト2
三振7(空振り5)
安打3(全てシングル)
四球1


※ゲームスコア63


次回はスケジュール通りなら、6月3日(日本時間4日)に本拠地でのマリナーズ戦で先発予定。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/29 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0529

全米注目!ダルビッシュがMLBに戻ってきた  




右肘靱帯再建手術(トミー ジョン手術)を経て、ダルビッシュ有がMLBのマウンドに立った。実に14年8月9日以来、658日ぶり。ホームのアーリントンでのマウンドという事では7月28日のヤンキース戦以来の復活マウンドになる。

この放送は全米中継されるという。MLB.comのヘッドラインで紹介している。

1年間かけて楽しみながらじっくりとやった肉体改造で、体重は過去最大の107キロまで増量。フォームに安定感が増し、リハビリ登板時ですでに98マイル(約158キロ)を計測している。

相手は、現在ナ・リーグ最高のチーム打率.286を誇るパイレーツだ。1番のジェイソには、以前のレイズ時代から対戦成績も悪く4割以上、ホームランも2本打たれている。



大方の予想に反してレンジャーズの先発ローテーションは数字がいい。5月27日現在で、レンジャーズ先発防御率3.43。これはアメリカンリーグNo.1。

デプスを見れば左腕エースのハメルズを筆頭に、若手のペレス、もと広島東洋カープに所属したルイス、おなじくトミー ジョン手術から復活組ホランドが大健闘。チームのQS(クオリティースタート)数も32(リーグ2位)を記録し、抜群の安定感を誇っている。

ちなみにブルペンには、あの元ヤクルトで今季レンジャーズに加入のトニー バーネットもここまでリリーバーとして19試合、3勝2敗、ERA2.33と健闘しているが、ブルペンは救援防御率5.35とリーグ最低になっている。

さて、どんなマウンドになるか。トミー ジョン手術は、なじむまで2年はかかる。あまりハードルを上げずに今季はリハビリの1年ぐらいの感覚で見てあげたい。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/29 Sun. 07:30 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0523

ダルビッシュ最終リハビリ登板は23日、早朝6時からCS中継も  




地元メジャーリーガーの登場にテキサスの田舎町が熱狂の渦に巻き込まれたという。

トミー・ジョン術からの復活を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手(29)が17日、傘下AAフリスコの一員として敵地でのミッドランド戦に先発。

ダルビッシュ


スポーツニッポンの記事よれば、AAの試合に定員の2倍近い観客が殺到したという。公称収容4,709人の球場に史上2番目に多い8,488人だから凄い。

ダルビッシュは5回を3安打1失点(自責0)と格の違いを見せつけた。これまでAAで2試合、AAAラウンドロックで2試合の計4試合に登板。14回で15三振を奪うなどERA1.29。96マイルから97マイルが出たという報告で、順調な調整ぶりがうかがえる。

あと1回のリハビリ登板を経て、順調なら27日(同28日)のパイレーツ戦でのメジャー復帰が有力だ。



そのダルビッシュ投手の次回登板試合を緊急生中継されることが決まった。期待を込めて日本のCSスポーツチャンネルが中継する。

スプリングキャンプならキャンプ地の小さなスタジアムから中継することもあるが、ダルのリハビリ登板とはいえAAの公式戦を中継するのは珍しい。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



Posted on 2016/05/23 Mon. 01:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0522

ダルビッシュ有、順調なら29日(日本時間)のホームでメジャー復帰登板  

 


球団公式サイトが21日、伝えたところによれば、右肘手術から復活を目指すレンジャーズの右腕ダルビッシュ有のメジャー復帰登板が、28日午後6時15分(日本時間29日午前8時15分)開始予定の本拠地アーリントンでのパイレーツ戦になることが分かった。

ダルビッシュは22日にチーム傘下AAフリスコの試合で最後の調整を行う予定。6回90球程度を投げる予定。

ダルビッシュ


同サイトは、その試合の投球内容と登板後の状態など全てが順調であれば、28日のメジャー復帰登板になるとしている。

ダルビッシュは、昨年3月17日に右肘のトミー・ジョン手術を受け、昨季を全休。今月1日にマイナーでのリハビリ登板を開始すると、ここまで傘下マイナーで計4試合に先発し、防御率1.29、被打率.125、WHIP(1イニングあたりのヒット+四死球)0.79をマークしている。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/22 Sun. 18:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0508

【動画】ダルビッシュが2度目のリハビリ登板、復帰戦は5月下旬パイレーツ戦?  




昨年3月に受けた右肘靱帯(じんたい)再建術からの復帰を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手(29)が6日、傘下3Aラウンドロックの一員として、ニューオーリンズ戦で2度目のリハビリ登板に臨んだ。



チケット完売、1万3000人の観衆が「ユー」の大合唱の中、背番号75番の右腕は3回を2安打、3奪三振、与四球1で失点1(自責1)だった。

地元紙ダラス・モーニング・ニュース電子版では、前回に続き、この日も速球は最速97マイル(約156キロ)を計時したと伝えている。

この日は、50球のうち速球系41球。そのうち27球が95・3マイル(約153キロ)を超えた。データサイト「ファングラフス」によると、手術前の3年間で、速球の平均球速は92・7マイル(約149・2キロ)だった。

スピードガンは、球場によってばらつきはあるものの、少なくとも術後の経過は順調に来ていることをうかがわせる数値だ。

昨年3月から始まったリハビリ。

スポーツ報知の記事では、野球ができない時間を「栄養の勉強だとか、体を変えるとか、そういうことをできる状態」とポジティブに捉えたというダルビッシュ。

「選手だったらオフの間は2、3か月しかない。まともに力つける時間もない」。1年がかりで計画した肉体強化に適切な栄養補給が加わり、体重は自身最大の107キロまで増えた。動画を見れば一目瞭然でそれが分かる。

3度目のリハビリ登板は、11日(同12日)に傘下3Aラウンドロックで行われるオクラホマシティ(ドジャース3A)戦が有力。

「チームの出すスケジュールに沿っていけば、あと2、3週間くらいかな」とメジャー復帰にも言及した。最有力は27日(日本時間28日)からのパイレーツ3連戦。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/05/08 Sun. 08:09 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0503

ダルビッシュ、実戦復帰!注目の初球は94マイル、最速97マイル  




観客の大歓声の中、ダルビッシュが1年2ヵ月ぶりの実践のマウンドに立った。


テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地1日、チーム傘下2Aフリスコの一員としてテキサス州でのコーパスクリスティ戦に先発。トミー・ジョン手術後初の実戦登板に臨んだ。

注目の初球は94マイル(約151キロ)を計測した。


初回の結果はライトフライ、空振り三振、四球、サードフライ。最速は97マイル(約156キロ)で、3人目の打者の時に2度計測した。

2回は先頭打者が三塁手の失策で出塁したが、そこから見逃し三振、ライトフライ、センターフライと抑え、最速は97マイル。力強いボールが捕手のミットを鳴らし、予定のイニングを無難に終えた。





実戦復帰のリハビリ登板は、2回32球で、被安打0、1四球、2奪三振、無失点という上々の内容だった。

次回登板は7日のマイナー戦 レンジャーズが発表した。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/03 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド