メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0915

田中将大、メジャー51勝目は節目の日米通算150勝 ジャッジも祝砲の2打席連続アーチ  



田中将大が節目となる日米通算150勝目を飾った。

日本時間15日、本拠地でのオリオールズ戦に先発した田中は、7回を102球(74ストライク)8安打、8奪三振、2四球の2失点。今季9回目のハイクオリティースタートで日米通算150勝目という自身のマイルストーンに到達した。


田中将大


試合は3回にジャッジが42号3ランで追加点を挙げると、6回にもジャッジが2打席連続となる43号3ラン。さらにはサンチェスが31号ソロ。この球場らしい両軍合わせて7本の本塁打、26安打が飛び交う乱打戦になったが、13対5でヤンキースが制した。




せっかくの田中の好投に水を差すようだが、6回1死からオリオールズの新人マンシーニに、真ん中高めの89.1マイルのカットボールを右翼2階席まで運ばれる24号ソロを許したのは余計だった。

というのも田中将大は28試合の登板で32本の本塁打を献上。これはMLBで5位タイのワースト記録。

ヒッターズパークが多いア・リーグ東部地区という事を差し引いてもチームメイトのセベリーノが被本塁打19本(28試合)、サバシア18本(24試合)と比べても突出して多い。

過去4年間でも奪三振率(K/9)を除いて防御率、WHIP、被本塁打、被打率など、ほとんどのスタッツがキャリアワーストになっているのが気になるところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/15 Fri. 12:45 [edit]

CM: --
TB: --
   

0903

田中将大、ライバル対決で好投、節目のメジャー50勝  




ヤンキースの田中将大投手が現地2日、本拠地でレッドソックス戦ダブルヘッダーのGAME1に先発。7回0/3を投げて97球(ストライク66球)、5安打、2四球、3奪三振、1失点の好投。

首位レッドソックス相手に5対1で勝って節目になるメジャー50勝をマークした。

勝ち星は、味方打線のランサポートによって変わってくるので比較にはならないが101登板で50勝は、日本人投手で最速らしい。

今季26試合11勝10敗、防御率4.54、WHIP1.23、158奪三振。

夏場に強い田中だったが今季は10日間の故障者リスト(DL)入り。しかし、それが逆に休養になったのか、本来の調子を取り戻し8月は防御率2.63と好調。DL明けでは3試合連続で7イニング以上を投げ、3連勝している。

今季は29本も献上している本塁打もこの間は1本に抑えて、完全復活の印象を与えているが、ただ、この日も危ない打球もあり、「ジキルとハイド」とテレビ解説者がコメントしていたように、今季は試合ごとに期待を裏切ってきた部分もあるので、もう少しこの好調を維持して欲しい。

メディアによればジラルディ監督は試合後の会見で「これまでの先発10試合、彼は本当に素晴らしかった。過去2~3年間、彼は選手を率いてきた。彼は復調した」と、入団以来の田中のエースとしての存在感に賛辞を贈った。

さらに指揮官は、この日のピッチングにも触れ「素晴らしい球を投げているよ。コントールが非常に良かった。スライダーは素晴らしかった。スプリッターも今日、本当に良かった。ファストボールを低めに、効果的に投げていた。本当に素晴らしいコントロールだった」と分析した。


《田中将大》
2014年 13勝5敗
2015年 12勝7敗
2016年 14勝4敗
2017年 11勝10敗



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/09/03 Sun. 11:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0828

田中が今季10勝目!苦手のデイゲームでやっと勝利  




現地27日、ヤンキース田中将大投手が日曜日のデイゲームで好投、10勝目をあげた。

本拠地でのマリナーズ戦で7回を投げて被安打6、10奪三振で1失点(自責1)というハイクオリティースタート。苦手だったデイゲームで、今季8回目の登板で初勝利だった。



田中は今季25試合目の登板。そのうちナイターでは、ここまで17試合の登板で、9勝4敗、防御率3.24。それに引き換えはデイゲームでは、ここまで7試合で0勝6敗、防御率11.81と散々なスタッツだった。

ヤンキースが前半戦好調だった時は目立たなかったが、前半戦が終わッた時点での田中は、7勝8敗で負け越し、防御率5.47と規定投球回数以上の投手の中で最低クラスの成績だった。その大きな原因がデイゲームでの極端に打ち込まれるパフォーマンスだった。


DIPkdWMXcAAIK4O.jpg


しかし、故障者リストから復帰後は2試合で合計14イニング投げて4失点。四球1、被本塁打1。デイゲームでも勝利して10月に向けて明るい兆しが出てきた。

区切りとなるこの勝利で、メジャーデビューから4年連続2桁勝利を達成。メジャー通算100試合目の登板で通算600奪三振も記録した。

ヤンキースは相手のミス絡みで勝利したが、これで4連敗の首位レッドソックスに2.5差まで詰め寄っている。ワイルドカード争いでは断トツのトップだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2017/08/28 Mon. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0224

ヤンキースの開幕投手に指名された田中将大、手ごたえ感じる74球  

 


ジョー・ジラルディ監督から開幕投手に指名されている田中将大。指揮官は「不測の事態が起こらない限り、彼が開幕の日にいないということはない」とキャンプ前に公言した。

フロリダ州タンパで行われているスプリングトレーニングでは、打者を立たせたシート打撃に登場。ブレット・ガードナー、チェイス・ヘドリーらのレギュラークラス相手に30球、ブルペンでも40球を投げた。

田中将大2016


メディアによれば、対戦したヘドリーは「キレが良さそうに見えた」と田中の仕上がり具合を評価。田中本人は、ひじの手術明けだった昨季と比べ、「去年の今頃よりも体の調子が良い。トレーニングを開始したのも去年より少し早かったから」と通訳を介して語っている。

また、日系人捕手のカイル・ヒガシオカも日本人右腕について「彼は全ての球種を投げていた。三振も何回か奪っていた。調子は良さそうだね。カットボールもいい。スライダーもいい。スプリットは本当にえげつない。コントロールもこれまで通り最高。彼は本当にいい状態に見えるよ」と称賛したという。

田中は2015年、そして昨年と2年続けて開幕投手を務めており、これで3年連続の大役に。無事に実現すれば、2年連続で並ぶ野茂英雄(2003~04年/ドジャース)を抜いて日本人史上初の快挙になる。

昨年は、31試(199回2/3)で14勝4敗、防御率3.07はア・リーグ3位。WHIP1.08は同5位。登板した試合でのヤンキースは23勝8敗だった。

サイ・ヤング賞の投票では7位だったが、あと3勝、勝ちが転がって入ればベスト3には入っていただろう。ただ、奪三振率は7.4で3年連続低下。FIPも3.51で初年度の3.04からすれば後退。2シームを多投した試行錯誤の1年で、凄みはトーンダウンしている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2017/02/24 Fri. 20:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

1228

田中将大が東京・秋葉原のAKB48劇場へ 自身プロデュース公演が千秋楽  




 ヤンキースの田中将大投手が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場を訪れ、AKB48の特別公演『僕がここにいる理由』の千秋楽を鑑賞した。観劇後は、AKB48メンバーとカメラに収まった。

 アイドル好きを公言している田中だが、帰国後も、日本のアイドルシーンを席捲している「ももいろクローバーZ」や「乃木坂46」のクリスマスライブに顔を出していた。

 この日は、日本の国民的アイドルグループAKB48を4人の著名人がプロデュースする特別公演の第4弾として田中自身がセットリストやメンバーのロースターをプロデュースした特別公演を劇場ライブで楽しんだ。

この特別公演は、昨年11月8日に開幕し、この日が9回目の上演。田中投手が劇場に来場したのは3度目だが、自身が手がけた公演を観覧するのは初となった。



 グループ総監督の横山由依が冒頭のMCで「きょうはご本人も来てくださっていますが、ついに千秋楽を迎えさせていただくことができました。ありがとうございます!」と田中投手が来場していることを紹介すると、どよめきが起こった。

 田中投手が選曲した公演は、2012年に自身の登場曲として使用した「ファースト・ラビット」でスタート。

 メンバーの田野優花は田中投手と何度も目を合わせようとしたものの「全然目が合わなかった」と明かし、「次こそは目を合わせるぞ!」と気合を入れるも、田中投手が照れてうつむいてしまう一幕もあったという。


AKB48

 アンコールはファンから後押しされ、田中投手が発動。通常の倍以上のコールが沸き起こった。

 横山は「千秋楽って寂しいなぁ。マー君、第2弾も作ってください! お願いします!」と次の公演をおねだり。最後にはキャップをかぶった横山が出演メンバー全員のサインが書かれたサインボールを投げ入れ、ファンの「ストライク!」のコールで公演の幕を下ろした。

 観劇後に田中は「公演をプロデュースするという貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。公演を考えるにあたっては、この曲順だと体力的にキツくならないか? とか、ファンの皆さんも一緒に盛り上がれる曲なのか? とかを妻の意見も聞きながら構成したので、メンバーの皆さんの意見も聞きたいですね」と、カントリー・ガールズのスーパーバイザーを務める妻・里田まいの助言を受けていたことを告白。

AKB48


 「この劇場に来たのは3回目ですが、やっぱり自分がプロデュースさせていただいたこの公演が一番印象に残りました。今日の千秋楽ですばらしいパフォーマンスを見ることができて本当に良かったです」と大満足していた。

 千秋楽には横山、田野のほか、樋渡結依・相笠萌・阿部マリア・島田晴香・向井地美音・武藤十夢・茂木忍・湯本亜美・加藤玲奈・木崎ゆりあ・達家真姫宝・伊豆田莉奈・小嶋真子・高橋朱里が出演した。


※セットリスト等はこちら
http://akb48note1208.blog.fc2.com/blog-entry-2885.html




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  



Posted on 2016/12/28 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

1001

田中将大がシーズンエンド、防御率のタイトル逃す!?   



田中将大のタイトル争いに悲報!
でも、まだ最終戦に期待したい

期待していただけに悲しい知らせだ。こんなに割り切れるものかというのが感想。

 ヤンキースのジラルディ監督は9月30日、田中が今季の残り試合に登板しないことを発表した。今季最終先発する可能性のあった現地時間1日にホームで開催するオリオール戦には登板せず、代わりにルイス・セベリーノ投手を先発させることを指揮官が正式に伝えた模様だ。

田中は現地9月21日の敵地レイズ戦で先発後に右前腕の張りを訴え、26日のブルージェイズ戦の先発を回避していた。

 チームは29日にプレーオフ進出の可能性が完全に消滅。ジラルディ監督は「田中は今季3年目で最も多い試合、イニング数を投げた。体調に問題はないが、投げさせる意味がなかった」と説明した。

 複数のメディアの情報では、今期最終登板に田中本人も意欲的だったことを伝える内容が多かった。

というのもア・リーグの防御率部門で一時はトップに立ち、9月30日時点でもマイケル・フルマー(タイガース)、アーロン・サンチェス(ブルージェイズ)に0.01差で3位につけている。

 額面通り受け取れば、球団は、プレーオフ進出の可能性も消滅し、田中が前回登板を回避した以上、0.1%でもリスクを冒したくなかったという事だろうが、個人賞のタイトルがかかっている以上、納得できない気がする。



 開幕投手を務めた3年目の今季、田中は先発陣の柱として31試合に登板し、メジャー自己最多の14勝4敗。防御率3.07。目標だった200イニング到達は、199回2/3でほぼ達成した。

田中将大

 あと1イニングを自責点0で、防御率3.05でトップに立った。ただ、現在トップのサンチェスやこのままでは規定投球回数に達しないフルマーも残りの試合で登板する可能性もあり、奪三振のような積み上げるタイトルではない以上、変動する数値に振り回されるよりも危険を回避した球団の判断はわかる気もする。

 往生際が悪いと思われるかもしれないが、あとは、最終戦に先発投手が打たれ、田中がタイトルを賭けて1回だけ登板するとか、そんな粋な計らいに期待したい。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  

Posted on 2016/10/01 Sat. 15:45 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0923

田中将大、次回登板回避 「軽傷」だが状況次第ではシーズンエンドか  

 


 ヤンキースの田中将大が、右前腕部の張りで次回26日のブルージェイズ戦を登板回避する。

 MLB公式サイトなどによるとジョー・ジラルディ監督が、22日のレイズ戦の前に発表。田中が自己ワーストなる4本塁打を浴びたレイズ戦の後に張りを訴えたことや、22日にMRI検査を受けたことを紹介している。

 ヤンキースはワイルドカード進出圏内に2.5ゲーム差につけており、逆転での進出に望みをつないでいるが、その差が開くようなこの先の状況次第では、田中はシーズンエンドになる可能性もでてきた。

 通常のローテーションなら残り11試合で2度登板するチャンスが巡ってきて、残り1/3イニングとなった投球回数200イニングの大台を超える予定だった。



 指揮官は軽傷を強調し、ラリー・ロスチャイルド投手コーチも、今回の登板回避は田中がルーキーイヤーの2014年に部分断裂と診断された右肘内側側副靭帯とは無関係なことや、レイズ戦の登板が原因ではないと語ったことも紹介している。

 田中はここまで31試合、14勝4敗、防御率3.07、WHIP 1.08で、防御率でリーグトップ、その他の細かいスタッツでもチームトップの数字をマーク。

 この夏に主力を大量放出したチームが、プレイオフ争いを演じる立役者としてサイ・ヤング賞候補にも名前が上がる活躍を見せてきた。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


Posted on 2016/09/23 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0711

田中4回炎上、課題の中4日で今季ワーストの7失点、被安打10  



悪夢の5回、1イニング6失点


ヤンキースの田中将大は現地10日、オールスターブレイク前の最終戦に7勝目をかけて登板した。

10点リードの5回、田中は先頭のサンタナに二塁打を許すと、1死後に3連打を浴びて2点を失い、さらに2死二、三塁から遊撃手の失策で2点を失う。

味方打線の11点のランサポートで、ここで抑えれば7勝目が転がり込んだ田中だが、2死一塁から8番のナキンに痛恨の右越え2ランを浴びて計6失点。11対7と4点差に迫られたところでジラルディ監督から交代を命じられた。

4回2/3を投げて今季ワーストの10安打7失点(自責3)で降板した。

CmpshPmUsAAfJpb.jpg 

対戦相手のインディアンスは苦手な対戦相手。さらに今季あまり数字が良くない中4日の登板間隔。

今季、中4日の登板では1試合平均4失点、1勝2敗で、打たれた本塁打も9本のうち7本が中4日の登板の試合。

中5日の間隔では5勝0敗で無失点試合が3試合あり、1試合平均の失点が1.22で、本塁打を許した試合はわずか1試合。

データでは中4日登板は苦戦しているのが分かる。またインディアンズ戦は、過去2戦2敗、防御率5.68と相性の悪い相手だった。

インディアンスは、6月1日から7月1日まで球団記録の14連勝するなど好調で、混戦だったア・リーグ中部地区で6月初めに首位に立ってから現在も地区トップを守っている。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/07/11 Mon. 05:14 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0607

田中将大 7回2失点の力投 4戦連続のQS、指揮官「何とか試合を作ってくれた」  




今季不振のヤンキースを象徴するかのような打線の援護を我慢して待ついつもの展開だった。

ヤンキース田中将大が現地6日、本拠地でのエンゼルス戦に先発し、7回6安打2失点と力投。勝敗は付かなかったが、チームは田中の力投に応え8回に逆転勝利した。

懸念された2戦連続で中4日のローテーションだったが、初回と3回に最少得点を許し、6回に走者を背負うシーンがあったものの、それ以外の4イニングは相手の打線を封じ込めた。



ヤンキースは6回までエンゼルス先発のマット・シューメーカーに完封されていたが、7回2死走者なしから5番ブライアン・マキャンの8号ソロ、6番スターリン・カストロの8号ソロと連続アーチが飛び出し、一気に同点に追いつく。

すると続く8回には3番カルロス・ベルトランが14号3ランホームランを放ち、勝ち越しに成功。5対2でヤンキースが勝利した。

CkTSqzBXAAAKu1w.jpg

試合後、ジラルディ監督は「スプリットもスライダーもベストの状態ではなかった。その中で戦い抜いて、何とか試合を作った」と評価。

田中は4戦連続のクオリティスタート(QS)、7回91球(ストライク62球)、最速95マイルを計測していた。これでERAもリーグ8位の2.76。WHIPは3位の1.01まで上昇した。



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/06/07 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: 0
   

0528

エース復活!田中将大7回を2安打零封、無四球で3勝目  



この日もプレートの立ち位置を一塁寄りに変更する新スタイルで結果を出した。

ヤンキース田中将大投手は、現地27日、敵地でのレイズ戦に先発し、7回を投げて2安打無失点で、今季3勝目を飾った。

立ち上がりから4イニングは完璧だった。46球。初めてのランナーは5回だった。

味方打線が3点を先制してくれた直後の6回は、2死からガイヤーに右翼への二塁打を許した後、暴投で2死三塁。だが、ここでも落ち着いた投球でスプリットを打たせ、投手ゴロに打ち取った。



7回は再び3者凡退に締めくくり、82球を投げて53ストライクで降板。中継ぎミラー、イエーツ、チャップマンとつなぎ、ヤンキースは4対1で勝利。田中のERAは2.89まで回復した。

前回、34日ぶりの2勝目から2試合連続で結果を出した。軸足の右足をかけるプレート位置を、これまでの三塁側から中央へ移動。前回からは、さらに一塁側へ移して球筋をアレンジした。

日刊スポーツの記事では、打者の内角へのスライダーは、これまでの三塁側よりも角度がないため、ストライクゾーンに投げづらくなる。「今までの軌道とは違うので、しっかりとイメージを持ちながら投げることが必要かなと思いました」という田中のコメントを載せていたが、左打者のフロントドアの2シームは効果的で、右打者にも2シームが、シンカーというよりシュート気味に食い込むように見えた。

もちろん好投の理由はそれだけではない。中5日のローテーションはいつも紹介されているようにERA1点台。打線のランサポートもこれまでは無かったが、1割台だった打率のロドリゲスにも693号やベルトランにも一発が出た。

レフトのガードナーやセカンドのカストロの好守備も田中を支えた。開幕投手同士のエース対決は、見ごたえのある投手戦だった。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

Posted on 2016/05/28 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: 0

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド